スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.6.14「タイ探訪 タイ旅行の必須携行品 水」

「タイ探訪 タイ旅行の必須携行品 水」

タイ旅行は11月頃の乾季が雨も少なくベストとのことですが、乾季から雨季に移行する5月の下旬にタイに行ってみました。スワンナプーム国際空港を降りると途端に蒸し暑さの洗礼を浴びます。急いで、バスに移動します。観光バスは大型が中心ですが、この時期のバスは雨漏りに注意です。下手に窓側に座ると頭の上に雨漏り。これは乾季の暑さで防水のゴムが伸びるためだそうで、タイのバスは雨季を迎える前にゴムの張替えをするとのこと。我々の乗ったバスがまだゴムの張替え対応をしてなかったためのようです。いたるところで悲鳴が上がっていました。
蒸し暑いので、観光の時に「水」は必需品。タイには水道が完備されていますがそのまま飲むとお腹をこわすこともあるとのことでペットボトルが必需品。ミネラルウォーターのペットボトルは600ml 7バーツ(約22円)くらいです。

さらに、ありがたいことに、主なる観光地にはタイ最大のミネラルウォーターメーカー「タイ・ビバレッジ」が提供している無料の配水所がありました。「タイ・ビバレッジ」はビール銘柄「チャーン」も提供し、タイのミネラルウォーター市場の50%を占めているメーカーです。場所によって紙コップやハーフボトルのものが配られていました。まさに、タイ旅行では砂漠のなかのオアシスでした。

s_DSC_0704.jpg
空港からのバスの車内。現地ガイドがスケジュールについて話している最中に、乗客が「ざわざわ」。雨漏り。

s_DSC_0703.jpg
バスの屋根から水がポタポタ

s_DSC_0702.jpg
雨は亜熱帯地方特有のザーザー降り。しかし、あっという間に雨が上がり、虹が出ました。

s_DSC_0836.jpg
この蒸し暑さの中、水は必需品。観光地にこの施設を見ると「砂漠の中のオアシス」。ミネラルウォーターの無料配水所。

s_DSC_0834.jpg
早速列に並んでいただきます。

s_DSC_0835.jpg
タイではおなじみのchangの象マークのカップ。ハーフボトルを配っているところもありました。

タイ旅行では「水」にはご注意を。

◎タイの水
カルシウムとマグネシウムの量によって硬水と軟水に水は分類
(硬度が120ml以上の水が硬水、硬度が120ml未満の水が軟水)
日本の水道水の平均値は50~60mg/1L
タイの水道水の平均値は120mg/1L以上
アメリカやヨーロッパの水道水の平均値は200~400mg/1L

スポンサーサイト

2017.6.11「国道117号線津南町に美味しい蕎麦屋あり とみざわ」

「国道117号線津南町に美味しい蕎麦屋あり とみざわ」

国道117号線を六日町から飯山に向かう途中の津南町に美味しい蕎麦屋を発見したのが2年前。その後、ANAの機内誌にも紹介されていたのを搭乗中に発見。自分の舌の確かさを再確認。
新潟県といえば「へぎ蕎麦」が有名。津南町は長野県との県境の町。そのためか、長野県飯山市富倉が発祥の地のオヤマボクチをつなぎに使う富倉蕎麦を提供する蕎麦屋も少なくない。つなぎに山ごぼう (オヤマボクチ) の茸毛 (葉の繊維) を使った蕎麦です。十割蕎麦にも通じる香りの良さやコシが強くのど越しの良い麺が特徴です。

本日はそんな蕎麦屋の一軒の津南町にある「とみざわ」に山の愉快な仲間を連れて立ち寄りました。もちろん、へぎ蕎麦もあります。

IMG_0142_convert_20170617041505.jpg
店内はお昼時でテーブル席、座敷席ともに埋まっていました。少しまって、席を得たら、早速、座る前にメニューをめくります。

IMG_0143_convert_20170617041525.jpg
この店では冬は乾燥した分葱、春からは分葱そのものを蕎麦受けにおいてあります。蕎麦が来るまでかじります。

IMG_0144_convert_20170617041650.jpg
天ぷらそばの大盛り。1780円+200円。

やはり、ここは100%地粉の手打をお勧めします。飯山の富倉蕎麦に負けず劣らず美味しいです。山菜の時期は過ぎていますが、アスパラが旬。アスパラの天ぷら、海老、ピーマン、ナスの天ぷら。かりっと揚がって美味しい。蕎麦はこしがあり、つるつる。「手打ち」と」「細切り蕎麦」がありますが手打ちがおすすめです。細切り蕎麦は機械打ちです。

愉快な仲間も満足して店を出ると入口には「手打ちそば終わりました」の看板。さすが、人気店。

◎とみざわ
TEL  025-765-2535
住所 新潟県中魚沼郡津南町大字下船渡丁7842-1
交通手段 JR飯山線津南駅 徒歩20分
       津南駅から1,533m
営業時間 時間:11:00~19:00(売り切れ次第閉店)
定休日  木曜日 (金曜日と連休する事が有)

IMG_0137_convert_20170617041432.jpg

DSC_0681_convert_20150204034838.jpg

DSC_0675_convert_20150204034449.jpg

2017.7.12「はるちゃんの米作り三年目⑨ 田植え後の除草対策 Ⅱ」

「はるちゃんの米作り三年目⑨ 田植え後の除草対策 Ⅱ」


6月中旬から始めた除草。ほぼ無農薬状態の田圃では雑草がとってもとってもはびこります。毎日、田圃に入り、7月の中旬になっても、腰をかがめて、手で抜き取る厳しい作業が続きます。
雑草のうち、特に、稗が多く、稲と遠目には見分けがつかないため、稲の生育がよいと錯覚するほど稗が生えています。

7月3日の日の除草時の壱の田圃です。

s_IMG_0900.jpg

s_IMG_0904.jpg
稲はしっかり分げつしてすくすく育っています。「分げつ」とは植物の根元付近や切り株から伸びた新芽を蘖(ひこばえ)と言いいますが、蘖が伸びて株が増える事を分げつと言いいます。稲は成長時に分げつして株が増えて大きくなるので、間隔を開けて苗を植えます。

s_IMG_0903.jpg
バルタン星人とよんでいる矢じり型の葉をつけるオモダカ。種子のほかに塊茎でも繁殖するため、難防除性の水田雑草です。

s_IMG_0901.jpg
稲のまわりに稲と似た形で生えているのが稗。昔は主食で、健康志向で人気も出ていますが、田圃には困った侵入者。真ん中にすっと伸びて葉を広げているのは「イボクサ」。ツユクサ科の一年生雑草。茎は下の方で枝分かれして地面を這いながら伸び、先端は立ち上がり、9~10月にピンク色の花を咲かせます。

s_IMG_0907.jpg
クログワイ。多年草。成長期間6~11月。塊茎で繁殖。水田にはびこり強害草として問題。塊茎より発生しはじめ細い針金状の茎が発生し続いて中空の太い茎に変わる。発生深度は深く、また、発生期間も長い。太い茎が伸びはじめると地下茎を伸ばしその先に新しい株ができて増えるので早く抜き取る必要あります。

s_IMG_1265.jpg
ウキクサ。1年草。生育期間4~11月。水面に浮かぶ小形の水草。水田で密生すると水温の上昇を妨げるので問題。卵形の葉が2~数枚ついているように見えるが、これは葉ではなく茎の変形したもの。上部は緑色で光沢があり、裏面は紫色、この中央から多数の細い根がたれ下がっている。

s_IMG_1264.jpg
ギザギザの葉はセリ。あぜに多い。畦近くの田圃にこのように侵入します。繁殖力が強く、ほふく茎は切断されても節から芽と根を出して再生する。紫の茎でとがった葉はアシカキ。畦畔から水田に侵入。数mに及ぶ長い稈を伸ばし、節から発根して繁茂して立ち悪い。

s_IMG_1273.jpg
稗。葉の中心あたりに黄色い線が稲との見分け方。

s_IMG_1263.jpg
稲は葉に輪状の毛があります。

安全・安心・美味しいを実現するには気の遠くなる労力が必要になります。もっとも、多くの人がいればいるほど作業時間も作業労力も減りますが。私は愉快な仲間と2人で手で抜いているので、結果的に毎日、除草のために田圃に入ります。

◎田植え後の除草(全農農業協同組合新聞ホームページ)
水稲用除草剤の上手な使い方を整理。
第1に健全な苗を育て、代かきを十分に行ってデコボコのない均平な田んぼにする。
第2に発生している雑草の状況(発生の種類、発生の時期)を把握し、それにあった除草剤を選択する。
第3に、使用する除草剤の適用内容や注意事項をよく読んで、選択した除草剤が最も効果を発揮できる時期を逃さずに使用量や使用条件を守って、きっちり均一に散布する。
第4に除草剤散布後の水管理(7日間止水など)を着実に実行する。




2017.6.19「はるちゃんの米作り三年目 ⑧田植え後の除草対策」

「はるちゃんの米作り三年目 ⑧田植え後の除草対策」


田植えが終わっても、田圃の水管理や雑草駆除の仕事が残っています。田圃の雑草は初期の段階で除草剤をまく必要があります。減農薬栽培を目指しますが最低の対応だけはします。少しでも薬を使わないと雑草が繁茂して良い米がとれません。それでも、「最低限の除草剤しかまかない」、「田圃の水持ちが悪いため除草剤が十分に拡散しない」ために、結果的に無農薬栽培に近い稲作となっています。そのため、稗を中心に雑草がはびこります。毎日、除草を人力でやるしかありません。腰をかがめての作業で、きつい仕事です。

DSC_0107_convert_20160530210817.jpg
しっかりと水をはりました。

DSC_1028_convert_20160531051206.jpg
除草剤は初期剤と言われるこれを使用しました。マスク、使い捨て手袋の完全防備でまきます。基本は農薬を使用しませんが、この処理と稲が成長したあとのイモチ病とカメムシ対策の薬剤はまわりの田圃に迷惑をかけないためにまかざる負えません。

DSC_0108_convert_20160530210855.jpg
畔から「雑草は外 稲は内」と大きくまきます。

DSC_0109_convert_20160530212722.jpg
「えい、やー」

DSC_0110_convert_20160530212816.jpg
結構、きれいにまくことができましたが、やはり、真ん中あたりが十分に届きません。

結局、日々の除草はやるつもりです。これが結構つらい仕事なんですが。もちろん、人力です。

DSC_1034_convert_20160531051014.jpg
作業に夢中になっていたら、いつの間にか陽が傾いていました。本日も一日が早いなあ。

◎田植え後の除草(全農農業協同組合新聞ホームページ)
水稲用除草剤の上手な使い方を整理。
第1に健全な苗を育て、代かきを十分に行ってデコボコのない均平な田んぼにする。
第2に発生している雑草の状況(発生の種類、発生の時期)を把握し、それにあった除草剤を選択する。
第3に、使用する除草剤の適用内容や注意事項をよく読んで、選択した除草剤が最も効果を発揮できる時期を逃さずに使用量や使用条件を守って、きっちり均一に散布する。田植え後、すぐに播きます。
第4に除草剤散布後の水管理(7日間止水など)を着実に実行する。




2017.6.19「梅酒づくり3年目 青梅で梅酒づくり」

「梅酒づくり3年目 青梅で梅酒づくり」

今年も梅の収穫の季節が訪れました。スーパーでは梅酒づくりに必要な梅、ホワイトリカー、氷砂糖が並びます。たまたま立ち寄った飯山市内のスーパーに群馬産の青梅が一袋だけあったので購入。毎年は南高梅で作りますが。早速、ホワイトリカーと氷砂糖も購入して梅酒づくりにかかります。

IMG_0384[1]_convert_20170617102421
0.85キロ 420円。群馬県産。

■材料(標準量)
  青梅      850g
  氷砂糖     600g 甘い目がお好みなら氷砂糖は800gぐらいまでなら。
  ホワイトリカー 1.8リットル
  5リットルビン 1個
  竹串 2~3本  梅のヘタを取るのに使う
IMG_0383[1]_convert_20170617102338

いよいよ、梅酒づくりに。

① ビンを煮沸
  ビンに熱湯を少し注いで傾け、回す
  フキンで水気をふき取り、ビンの口を下にして、完全に乾燥。
   ※水気が残っているとカビが生え安い、完全に乾燥させる。
IMG_0380[1]_convert_20170617102151

②梅をきちんと洗う
  流水で洗うのがいちばんいい。

IMG_0385[1]_convert_20170617102505
良く洗う。流水で。

③梅のアク抜きをする
 洗ったらたっぷりの水(2リットル以上)に漬けてアク抜きをする。
 2時間程度が目安、これをおろそかにすると梅酒に渋みが出ます。
 熟れた実は、樹で熟す間に青梅の中に含まれるエグ味の成分が消えるので、アク抜きはいりません。

IMG_0386[1]_convert_20170617102551
水につけて2時間。

④水気は丁寧にふき取る
 アク抜きが終わったら、きれいなタオル等で水気をふき取る。
IMG_0389[1]_convert_20170617102751

⑤梅のヘタは一つ一つ丁寧に取る
 水気をきれいにふき取ったら、楊枝を使ってヘタを一つ一つ丁寧に取る
楊枝を使う理由は梅は金気(金属)を嫌うといわれているから。
きれいに取れば取るほど梅酒にエグ味がなくなりさわやかな味わいになります。
IMG_0391[1]_convert_20170617102911

⑥梅と氷砂糖は交互に入れるのがポイント
半分に分けて2回分にして、2回に分けてビンに入れていきます。

1.梅を入れます。放り込むとつぶれちゃいますから丁寧に。
2.氷砂糖を入れます。上から降りかけるような感じで入れます。
3.残りの梅を入れます。先ほどと同じで丁寧に入れます。
4.残りの氷砂糖を入れます。これも先ほどと同じで振り掛けます。

IMG_0392[1]_convert_20170617103002

⑦ホワイトリカーを注ぎ入れる
後は梅酒が出来るのを待つだけ! 梅と氷砂糖をビンに入れる
IMG_0393[1]_convert_20170617103059


⑧梅酒を漬け込んだら、あとはきっちりとフタをして温度差のなるべく少ない涼しい場所で保存。
約1年後から飲める。1年半ぐらいたったら、梅の実を取り出して梅酒をこしてから長期保存します。
IMG_0396[1]_convert_20170617103148

毎年つくり、慣れているので。あく抜き時間を除けばあっという間。作業開始から3時間で完成。。早く熟成しておいしく飲みたい。

IMG_0398[1]_convert_20170617103229

◎南高梅(ウィキペディア)
梅の品種のひとつ。主たる生産地が和歌山県の白梅で、その果実は最高級品とされる。2006年10月27日には地域団体商標制度の認定第一弾として、南高梅は地域ブランドとして認定。読みは「なんこううめ」。
プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。