2018.4.21「ドイツの戦争犯罪を裁いたニュルンベルグ裁判所に行ってみた」

「ドイツの戦争犯罪を裁いたニュルンベルグ裁判所に行ってみた」

ニュルンベルグに来た目的の一つ。ドイツの戦争犯罪を裁いたニュルンベルグ裁判所に行ってみました。ニュルンベルグ駅から地下鉄U1に乗って、 Bärenschanzstr.下車。Sielstrasse出口から出るFürther Strという大きな通り。この道に沿って歩けば5分。しかし、なんと、出口をあやまり、逆方向に0.5時間も歩いてしまった。1時間のロス。やっと、たどり着いたときは3キロ近く歩いてしまい、ヘロヘロ。地図読みは慎重に。ニュルンベルグ裁判所に併設されるように当時使用された600号法廷のあった建物がニュルンベルグ裁判の解説・展示とともにニュルンベルク裁判記念館としてありました。 

DSC_0395_convert_20180610050920.jpg
Fürther Strからニュルンベルグ裁判所 左 とニュルンベルク裁判記念館 正面

DSC_0369_convert_20180610045851.jpg

DSC_0370_convert_20180610045952.jpg

DSC_0371_convert_20180610050018.jpg
ニュルンベルク裁判記念館の入口

DSC_0373_convert_20180610050111.jpg
入口から入ると受付があります。
 
DSC_0375_convert_20180610050200.jpg

DSC_0379_convert_20180610050256.jpg

DSC_0380_convert_20180610050340.jpg
ニュルンベルグ裁判の行われた600号法廷は建物の3階にありました。当時使用されたままに残されています。意外と狭いのに驚きました。歴史のすすんだ場所に居合わせ、その当時の感覚に襲われます。被告として24名が告発され半数の12名が死刑を宣告されました。

DSC_0382_convert_20180610050430.jpg

DSC_0383_convert_20180610050503.jpg
写真やビデオを効果的に使って、裁判の経過や評価が詳細に展示されている。展示の中には生々しい刺激的な写真も事実を正確に伝える意図から展示されているので注意。

DSC_0391_convert_20180610050757.jpg

DSC_0386_convert_20180610050640.jpg
展示のコーナーには「東京裁判」のコーナーもあり、興味深い。

DSC_0393_convert_20180610050838.jpg
館内の窓からニュルンベルク裁判所を見ます。

ナチ党大会の会場からニュルンベルク裁判所と回り、ナチの発展と消滅を知る一日でした。ドイツが二度とこの悲惨な戦争を起こすまいとの決意をしれる場所でした。日本も教育方法からもう一度考えることに気づかされる場所でもあります。ニュルンベルグに行かれたら郊外ですが訪れることをお勧めします。

◎ニュルンベルク裁判(ウィキペディア)
第二次世界大戦においてドイツによって行われた戦争犯罪を裁く国際軍事裁判である(1945年11月20日 - 1946年10月1日)。国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)の党大会開催地であるニュルンベルクで開かれた。日本の極東国際軍事裁判(東京裁判)と並ぶ二大国際軍事裁判の一つ。

◎ニュルンベルク裁判記念館
ニュルンベルク裁判の軍事法廷は隣接する裁判所で現役の裁判所です。セキュリティチェック前のエントランスまでは誰でも入ることができ
実際に裁判が行われた場所で、裁判についての情報を伝えています。
600号陪審法廷のオリジナル被告席の一部や歴史的な音声・映像記録により、裁判の経過がリアルに紹介されているのです。 ナチス政権の主要責任者に対するニュルンベルク裁判は、司法パラストの600号陪審法廷で、1945年11月20日に始まりました。 そして21人の被告人が、戦争犯罪と「平和に対する罪」および「人道に対する罪」の責任を負うものとされたのです。

■Memorium Nürnberger Prozesse
住所:Bärenschanzstraße 72 90429 Nürnberg
営業時間:火曜以外10:00~18:00(最終入場17時)
休館日:火曜、12月24日、25日、31日
入場料:6ユーロ
英語の音声ガイドあり。無料。
行き方 地下鉄U1 Bärenschanzstr.下車、Sielstrasse出口からFürther Str.に沿って約5分


2018.6.10「春の定番 集落の楽しい竹の子パーティー」

「春の定番 集落の楽しい竹の子パーティー」

6月になると山菜取りの最後の楽しみ「根曲がり竹」の採取時期となります。集落でも山に根曲がり竹を採りに行き、その後、全員で調理して、春の恵を肴に飲み会が開催されます。今年は全員の歩調が合わず山菜採りのベテランに採取はお任せして、調理から全員参加で実施されました。当家に生えていた「八チク」も3本ばかり、刈り取り提供しました。美味しい郷土料理の「根曲がり竹入りの鯖缶汁」を食べながら大いに盛り上がり、集落のつながりを確認できる一日でした。

IMG_2547_convert_20180612032522.jpg
集落の有志が朝4時起きで採取してきた根曲がり竹

IMG_2553_LI_convert_20180612032649.jpg
集落の人が集まり、皆で根曲がり竹の皮を剥きます。

IMG_2552_convert_20180612032630.jpg

IMG_2549_convert_20180612032605.jpg
皮むき専用の器具があり、すいすいと剥きやすいように縦に切込みを入れます。

IMG_2548_convert_20180612032547.jpg
古民家の敷地内で採れたハチクを寄付します。根曲がり竹同様に食べれます。

IMG_2555_convert_20180612032705.jpg
根曲がり竹を細かく切って、あとは鯖の水煮缶を入れるばかり。

IMG_2556_convert_20180612032722.jpg
本日のメイン「根曲がり竹汁」が出来上がりました。

IMG_2565_convert_20180612032828.jpg
とても美味しいです。五杯は食べました。

IMG_2557_convert_20180612032736.jpg
根曲がり竹の味噌和え。美味しいですよ。

IMG_2558_convert_20180612032751.jpg
エシャレット

IMG_2559_convert_20180612032806.jpg
新鮮なトマト、きゅうり、赤かぶ漬けなどが並びます。

IMG_2570_LI_convert_20180612032850.jpg
筍汁を肴に、ビール、日本酒を3升も開けた面々。いつものように席は崩れ、カラオケ大会となりました。今時珍しい8トラックのカラオケ。故障がちでなかなかうまくうごきません。それでも、歌自慢が多く、歌いだします。

集落では節目節目に集落全体の懇親会が行われ、老若男女が集い、大いに盛り上がります。この人のつながりなしに、豪雪の地では生活できません。

◎根曲り竹(ウィディペギア)
チシマザサ(千島笹、学名:Sasa kurilensis)は、イネ科タケ亜科ササ属(英語版)に分類される、大型のササ(笹)の一種。稈の基部が弓状に曲がっていることからネマガリダケ(根曲竹、根曲がり竹)の別名があるほか、コウライザサ(高麗笹)、アサヒザサなどとも呼ばれる。チシマザサの筍(タケノコ)は5- 6月に収穫でき、山菜として特に人気がある。新暦(太陽暦)の5- 6月は旧暦(太陰暦)ではおおよそ夏であり、したがって伝統的には本種の筍は夏の食べ物であった。 灰汁が少ないので、皮を剥いて灰汁抜きせずに味噌汁や煮物にしたり、皮付きのまま焼いたあと皮を剥いて食べたりする。

◎ハチク(淡竹)(ウィディペギア)
直径は3~10cm、高さは10~15m程だが高いものは20mになるものもある。節の輪は2個で節間は20~40cm。若い桿には白い粉があり、各節から枝が2本出る特徴を有する。
細く割れるため茶筅などの茶道用具、花器に利用されるほか、枝が細かく分枝するため竹箒として利用される。 正倉院の呉竹笙、呉竹竿、彫刻尺八、天平宝物の筆などはハチク製と鑑定されている。 また、内側の薄皮は竹紙と呼ばれ、笛の響孔に張り音の響きを良くするほか、漢方薬としても使用される。
ハチクの筍(タケノコ)は食用で径が約3~10cmで、最盛期は3月半ばから5月上旬、皮は紫色で まばらに毛がある。掘り出したばかりの筍はクセが無く、モウソウチクとは異なりあく抜き無しで生食が可能。だが時間の経過とともにえぐみが発生するため通常はぬかを入れて茹でるあく抜きが必要となる。



2018.6.5「梅雨直前のマイガーデンの花々 Ⅱ」

「梅雨直前のマイガーデンの花々 Ⅱ」

6月前半。梅雨前線が太平洋側に停滞していたのがジョジョに北上。明日からは雨模様の天気予報。梅雨前の最後の晴天に農作業の合間を縫って我が古民家周辺をぶらり。最高の気分転換には花々をみて歩くのもおすすめ。田圃周辺や庭の花々。

IMG_2466_convert_20180608020859.jpg
ゴールド・バニー。

IMG_2468_convert_20180608020828.jpg
カクテル。

IMG_2356_convert_20180529081627.jpg

IMG_2369_convert_20180608021145.jpg

IMG_2358_convert_20180608021316.jpg
シャクヤク。飯山ではシャクヤク栽培も盛んです。野辺でも多くのシャクヤクがこの時期見られます。

IMG_2357_convert_20180608021258.jpg
昨年からお借りし、今年、本格的に耕した畑の脇に咲くアヤメ。

IMG_2355_convert_20180608021225.jpg

IMG_2368_convert_20180608021129.jpg

IMG_2417_convert_20180608021044.jpg
ジャーマンアイリス。アヤメの一種で、勇気や知恵の象徴とされています。私の住む地域には野生化したジャーマンアイリスがいたる所で咲いています。色合いがたくさんあり、美しい。

IMG_2384_convert_20180529081751.jpg

IMG_2354_convert_20180608021209.jpg
この花もこの時期、地域を彩る花です。フランスギク。集落はこの花で埋め尽くされます。

IMG_2515_convert_20180612191612.jpg

IMG_2516_convert_20180612191637.jpg

IMG_2587_convert_20180612192112.jpg
もうひとつ。この花も集落で咲き誇っています。ムシトリナデシコ。3枚目のピンボケ写真の茎の部分は粘着質で虫が這いあがろうにもここで足が捕られて上がれません。

IMG_2518_convert_20180612191727.jpg
当家の家の周りはギボウシの花で埋め尽くされます。

IMG_2517_convert_20180612191656.jpg


一年を通して、次々と色鮮やかな花が咲きます。癒され、励ましてくれる花々です。

20018.4.21「ナチ党大会会場 Doku-Zentrum(ドク・ツェントゥルム) に行ってみた」

「ナチ党大会会場 Doku-Zentrum(ドク・ツェントゥルム) に行ってみた」

ニュルンベルグに来た一つの目的である「ナチ党大会会場 Doku-Zentrum(ドク・ツェントゥルム)」に行くためにニュルンベルグ駅前のトラムに乗り、行ってみました。ニュルンベルク駅から10分ほどでDoku-Zentrum駅に到着。降りるとそこには巨大な建物がそびえます。ここでナチ党大会がたびたびおこなわれました。
建物内は博物館となっており、ナチ党の結党から終焉までをビデオや写真で効果的に展示しています。展示の中には東京裁判の写真も展示されていました。多くの見学の人たちが音声ガイドに耳を傾けている姿が印象的でした。

DSC_0321_convert_20180605224623.jpg

DSC_0360_convert_20180606230640.jpg

DSC_0362_convert_20180606230736.jpg
Doku-Zentrum駅に到着。駅前には大会会場しかありません。目の前にあります。

DSC_0320_convert_20180605224227.jpg

DSC_0322_convert_20180605224659.jpg

DSC_0359_convert_20180606230519.jpg
入口に向かいます。徒歩1分。

DSC_0327_convert_20180605230030.jpg
入口にはこの長いエスカレーターで。

DSC_0323_convert_20180605224739.jpg
5階ぐらいの高さまで運ばれました。エスカレーターを降りると博物館も兼ねた入口。

DSC_0337_convert_20180605230138.jpg
写真や映像を中心としたナチの創成期から破滅までが詳細に展示されています。

DSC_0329_convert_20180606225343.jpg
善良な市民も知らず知らずにヒットラーに引き込まれていく様が語られます。

DSC_0338_convert_20180606225454.jpg

DSC_0339_convert_20180606225527.jpg

DSC_0343_convert_20180606225733.jpg
1933年のナチ党の権力掌握以来、一貫してニュルンベルクで党大会が開催され、ドイツ民族とナチ党の結合を象徴させるための一大プロパガンダとして利用されました。

DSC_0352_convert_20180606230212.jpg

DSC_0354_convert_20180606230314.jpg

DSC_0356_convert_20180606230412.jpg
半円形のドームの建物がそのまま残っていました。会場を走るバスを見るとその大きさがわかります。

DSC_0340_convert_20180606225800.jpg
ナチの政治に危機を持った人々が破壊行為を数々おこなっていたことも明らかになっています。

DSC_0347_convert_20180606225905.jpg
ニュルンベルグはナチの本拠として連合軍の徹底的な爆撃目標となり、壊滅的に破壊されています。

DSC_0348_convert_20180606225951.jpg

DSC_0349_convert_20180606230121.jpg
ナチの戦争犯罪を裁いたニュルンベルグ裁判にも多くの展示がなされていました。

二度とこの悲惨な戦争を起こすまいとのドイツの決意をしれる場所のひとつです。この後、ニュルンベルグ裁判所に行きました。いったん、ニュルンベルグ駅に戻り、裁判所に向かいました。日本も教育方法から考えるべきことに気づかされる一日でもありました。

◎ナチ党大会会場 Doku-Zentrum(ドク・ツェントゥルム) (ウィキペディア)
ドイツの政党国家社会主義ドイツ労働者党(以下ナチ党)が1923年から1938年にかけて行っていた党大会である。1933年のナチ党の権力掌握以来、一貫してニュルンベルクで党大会が開催されていたため、ニュルンベルク党大会と呼ばれることが多い。ニュルンベルクでの党大会は、ドイツ民族とナチ党の結合を象徴させるための一大プロパガンダとして毎年9月初めに開催されていた。

住所:Bayer str.110 90478 Nyuernberg
アクセス:ニュルンベルク中央駅からトラム8番で終点「ドク・ツェントゥルム」下車すぐ
電話番号:(+49) (0)911 231 5666
開館時間:月~金 9:00-18:00、土日10:00-18:00(最終入場17:00)
入館料:大人6ユーロ(約800円)その他:英語またはドイツ語のガイドフォン付き



2018.5.19「八ケ岳、南アルプスの最高の展望台 美しの森」

「八ケ岳、南アルプスの最高の展望台 美しの森」

八ヶ岳の山々は冬も含めて何度も登った山。しかし、最初に、八ヶ岳山麓で登ったのが、若かりし頃、サークルの合宿で仲間とワイワイガヤガヤで登ったのが美しの森。八ヶ岳登山では登路にも下山路でも通過する場所。主峰赤岳にのぼった後、アルバイトの長い真教寺尾根の下りで使います。ここから見た八ヶ岳は美しく、忘れがたい。愉快な仲間と昨年に続き、行ってみました。晴天の日で、八ケ岳、南アルプスが美しく見えました。当然、ここの名物ソフトクリームも食べました。

IMG_2046_convert_20180604213830.jpg
駐車場に車を止めて、階段を上ります。

IMG_2048_convert_20180604214015.jpg
青空の下、清々しい風が吹き、とても気分が良いです。

IMG_2049_convert_20180604214047.jpg
この看板があゆみを早めます。

IMG_2051_convert_20180604214122.jpg
美しの森に到着。天気のおかげで素晴らしい景色が楽しめます。正面八ケ岳連峰。

IMG_2133_convert_20180604214153.jpg
美しの森周辺は三つ葉つつじが満開。

IMG_2134_convert_20180604214220.jpg
美しの森からは360度の山々が楽しめます。

IMG_2136_convert_20180604214401.jpg

IMG_2135_convert_20180604214340.jpg
権現岳方面を臨む

IMG_2138_convert_20180604214446.jpg
南アルプスの山々。正面△の山は北岳。右の大きな山は甲斐駒ヶ岳。

IMG_2151_convert_20180605064414.jpg
北岳に続く白峰三山。農鳥、間ノ岳。

IMG_2137_convert_20180604214426.jpg
南アルプスの山々。正面△の山は北岳。右の大きな山は甲斐駒ヶ岳。

IMG_2144_convert_20180604214554.jpg
空を仰げば群青。

IMG_2147_convert_20180604214626.jpg

IMG_2148_convert_20180604214652.jpg

IMG_2139_convert_20180604214519.jpg
美しの森のゲストハウスで、有名なジャージー乳のソフトクリームを買います。ソフトクリームは行列のできる清泉寮が有名ですが、ここは看板にあるように同じもののようです。250円とコスパもよいです。

IMG_2152_convert_20180604214856.jpg

IMG_2151_convert_20180605064414.jpg
昔は厳しかった上司もいまや好々爺。南アルプスの白峰三山を見ながらパチリ。

八ケ岳はもとより、南アルプスなどの展望が簡単に得られ、遊歩道も整備されているのでお勧めの散策路です。

◎美しの森(日本大百科全書の解説)
山梨県北杜市北部にある輝石安山岩の小丘。標高1543メートル。八ヶ岳の主峰赤岳から南東に延びた真教寺尾根の最下部に相当する。小丘上のレンゲツツジの群落、南方約500メートルの地の国指定天然記念物「美森)の大ヤマツツジ」(花期6月中旬)は、頂上からの展望とともに著名。八ヶ岳中信高原国定公園に含まれ、付近には観光諸設備が備わり、八ヶ岳東麓観光の中心地となっている。JR小海線清里駅からバス
IMG_2005_convert_20170815023444.jpg

プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR