FC2ブログ

2020.1.31「妙高市の山懐の酒 鮎正宗」

「妙高市の山懐の酒 鮎正宗」

長野県飯山市から富倉峠を越えて、新潟県妙高市を結ぶ国道292号線が峠越えを終えたところに銘酒「鮎正宗」の鮎正宗酒造があります。妙高に行くたびに立ち寄ろうと思っていましたがなかなか機会がありませんでしたが、初めて、鮎正宗を購入するために寄りました。国道の下に造り酒屋はありました。やさしそうなご主人が応接してくれました。酒の話を始めたら止まらないとまらない。日本酒造りに掛ける情熱を感じました。聞けば杜氏は娘さんが務めているとのこと。女性杜氏のやさしいまろやかな日本酒を期待しました。

IMG_5858_convert_20200220203519.jpg
国道292号線沿いに看板の横に3台ほどの駐車スペースあります。

IMG_5860_convert_20200220210112.jpg
道路下に造り酒屋はありました。

IMG_5861_convert_20200205130156.jpg
ずらりと銘柄が鎮座しています。

IMG_5862_convert_20200205130940.jpg
燗酒といっていたら、こんなものが利き酒で出てきました。本醸造と特別本醸造の鮎正宗。特別本醸造は「キレとコクを備えつつ、口に含むとやわらかな旨味が広がりました」。アルコール分 15%、精米歩合 58%。

IMG_5864_convert_20200205130450.jpg

IMG_5865_convert_20200205130553.jpg
本醸造「鮎正宗」を購入。お燗で飲みます。なめらかな口当たりと、スッキリとした飲み口がよいです。甘口。アルコール分 15%
精米歩合 70%。

◎鮎正宗酒造(ホームページ)
新潟県妙高市(旧新井)の市街地から国道292号で長野県境に向かい6キロ。
深い緑に包まれた山あいの里・猿橋の地に当酒蔵があります。
創業は、明治8年(1875年)。初代飯吉彦左衛門が枯渇することを知らない良質の湧き水で酒を醸したことが始まりです。
鮎正宗という酒名は、昭和の初めに当酒蔵に程近く保養地として有名な妙高高原町の赤倉に滞在された京都伏見の若宮博義殿下から、この地で鮎釣りをした際に命名していただきました。

新潟県妙高市大字猿橋636
TEL:0255-75-2231

2019.12.27「道の駅 雷電くるみの里 食事処 湯の丸」

「道の駅 雷電くるみの里 食事処 湯の丸」

県道79号線通称「アルプスライン」を軽井沢から東御方面に走ると道の駅「雷電胡桃の里」があります。文字通り、江戸時代の有名な相撲取り雷電為衛門の出身地。生家も道の駅からすぐ近くにあります。道の駅特有の野菜直売所や食事処以外に雷電為衛門の展示館(入場無料)も併設しています。飯山に行く途中、長野周りの時は必ず立ち寄ります。多くは野菜の買い入れですが、本日は、二度目となる「食事処 湯の丸」で昼食のために立ち寄りました。

IMG_5177_convert_20200114231414.jpg
雷電為衛門の原寸大の立派な銅像もたっています。

IMG_5178_convert_20200114234120.jpg
食事処「湯の丸」。広い店内ですが昼をかなり過ぎていることもあり、空いています。

IMG_5180_convert_20200115000713.jpg
すべて、セルフサービスです。

本日は、焼き魚定食を注文。薄いサンマの干物でしたが、550円なのでしょうがないなあ。まあ、価格との見合いでは良しとしたいと思います。
愉快な仲間の「おはぎ定食」は写真を撮ったのに、自分の焼き魚定食はよほどお腹が空いていたのか取ってないことに後で気づきました。「おばぎ定食」のおはぎが焼き魚に変わったと思ってください。

IMG_5179_convert_20200115000408.jpg
愉快な仲間は「おはぎ定食」。もちろん、くるみ入り。420円。

胡桃を使用した定食やそば類をメニューに並べて特色を出しています。しかし、道の駅の普通の食堂です。

◎道の駅 ライデンくるみの里
長野県東御市滋野乙4524-1
☎ 0268-63-0963 

2019.11.3「国際学生ボランティア団体と連携した地域活性化プロジェクトがスタート」

「学生ボランティア団体との地域活性化プロジェクトがスタート」

高齢化した我が集落活性化のために、学生ボランティア団体IVUSAと連携したプロジェクトがスタート。台風19号の爪痕の残る水路の復旧に活躍してもらいました。また、うれしかったのは高齢者の皆さんが若い人達との出会いを楽しんでくれたこと。元気をいただき明るい集落の未来がみえました。

IMG_4285_convert_20191107122259.jpg
集落の人たちと一緒に作業の指示を神妙に受けるメンバー。皆さん、真剣です。感謝。

IMG_4288_convert_20191107122359.jpg
水路が詰まり、あふれた水が斜面を流れ下の水路を埋めてしまいました。土砂をかき出します。

IMG_4293_convert_20191107122531.jpg
水路の桝の土砂の書き出しを学生ボランティアに任せました。全員で協力してきれいにしてくれました。

IMG_4296_convert_20191107122914.jpg
その後、水路の川からの水の取入口の土砂の撤去と流されてしまった水路づくりのあとに、最後はなべくら高原に上る道の水路のの除去にも活躍してくれました。

夜行バスでそれぞれの家に帰宅するまでの時間、時を惜しんで復興作業をしていただき感謝、感謝。


本日からスタート

はるちゃんでは「山登り」、「ジョギング」、「旅行」、「日本酒の上手い店」などの紹介をします。

山登りは学生時代から、ジョギングは昨年から、ジム通い(有酸素運動)は3年前から週1-2回。旅行はキャンプも含めてずーと。

写真や風景画 うーん うまくない。が、好き。

過去も含めてランダムに紹介します。

突然の信条 「座右の銘」

親鸞の歌「明日あると思う心の仇桜 夜半に嵐のふかぬものかわ」

日本酒 三重の酒 親鸞の言葉「而今」

強調文    「継続は力なり」

そして、今年加わったのが「村上春樹」走る本の巻頭の言葉

「PAIN IS INEVITABLE. SUFFERING IS OPTIONAL」
 
走っていて「ああきつい、もう駄目だ」と思ったとしても「きつい」は避けられない事実。「もう駄目」は本人の裁量。
プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR