FC2ブログ

2017.12.「知る人ぞ知る長野の銀鱈粕漬けの名店に行ってみた」 

「知る人ぞ知る長野の銀鱈粕漬けの名店に行ってみた」

長野県長野市に銀鱈の粕漬けが絶品の店があるというので、集落の愉快な仲間と行ってみました。銀鱈といえば脂がのっていればこれほど美味しいものはありません。シーズンになると予約であっという間に売り切れる店とのこと。国道19号に平行に走る旧道ですれ違いも難しいような狭い道沿いにその店はありました。「三井昭商店」。外見からは小さな八百屋?看板がないとその店とおもえません。案の定。銀鱈の粕漬けはすでに売り切れ。銀鱈の切り落としの粕漬けならあるとのことで折角きたので購入。それでも、1300円という良い値段です。とりあえず、味見はできると愉快な仲間も満足。当然、集落に帰り、肴に酒宴となりました。

IMG_5522_convert_20171221102826.jpg

IMG_5517_convert_20171221102639.jpg
旧道の狭い道沿いに店はあります。店先には野菜が並んでいます。「本当にこの店?」。半信半疑で車を降ります。

IMG_5519_convert_20171221102718.jpg
看板がありました。これがないと分かりません。

IMG_5520_convert_20171221102744.jpg
店内はさらに「この店は何の店」というように、種々雑多な商品が並んでいます。しかし、店の真ん中に冷蔵ケースがドンと置かれ、銀鱈やイカの粕漬け、サバ・サケ・マグロ・メカジキの西京漬けもあります。

IMG_5521_convert_20171221102806.jpg
銀鱈の切り落としの粕漬けをゲット

IMG_5867_convert_20171221102856.jpg
早速、焼いて食べてみます。切り落としのため身も少なくなんとも言えません・・・・・・。

海なし県の長野県ならではの店でした。

◎三井昭商店
長野市安茂里大門1272
☏026-226-1980
【営業】8:30〜18:30
【休み】日曜
【P】5台


2017.9.2「飯山と東京の往復で気になるイタリアレストラン フィオーリ」

「飯山と東京の往復で気になるイタリアレストラン フィオーリ」

飯山と東京の毎週の往復で新潟周りルートの赤城高原に気になるイタリアンレストランがありました。大抵、店前を通過するのが食事時でなかったため、酔ったことがありませんでした。たまたま、この日、お昼時に店前に。当然、店前の駐車しぱょうに車を滑り込ませました。なかなか、イタリアを意識して、おしゃれな店内。客層を見ると意外や意外。ガテン系の若い人が多い。これは、量が多くて、美味しい証拠。期待に胸、いや、腹が膨らみます。

IMG_3173_convert_20170906223742.jpg
イタリアレストランといえばパスタ。おすすめがでてました。

IMG_3176_convert_20170906223824.jpg

IMG_3175_convert_20170906223806.jpg
店内は期待せずに入ったら、意外とおしゃれ。

IMG_3177_convert_20170906223840.jpg
IMG_3178_convert_20170906223859.jpg
IMG_3179_convert_20170906223913.jpg
メニューにはパスタ、ピザの定番から、ハンバーグ等なんでもあかな。

IMG_3181_convert_20170906223943.jpg
私はオーソドックスに好きな海鮮ドリアを注文。850円。ムール貝、ほたて、エビ、カニと盛りだくさんの具。中でもイカがこれでもかと入っていました。悪くはありません。

IMG_3180_convert_20170906223928.jpg
愉快な仲間はこれを注文。とにかく量にびっくり。これでパスタです。「トスカーナ スパゲティ」とあったので美味しいパスタを想像していたら。

IMG_3183_convert_20170906224003.jpg
なんとパスタを重ねてお好み焼き風にしたものの上にミートソースがかかった代物。まずは量も多いいが、決して美味しいとは言えない。ソースが美味しいだけにパスタをお好み焼きの焼きそば替わりにはなりません。残念。670円。

しかし、値段の割に具材や量は多いいので、女の子はパスタなら一つ頼んでシェアで十分かも。

ちなみに、フィオーリとはイタリア語で「花」の意味。

◎イタリアンレストラン フィオーリ
☏ 0279-56-4555
群馬県渋川市赤城町北上野206-1

IMG_3172_convert_20170906223704.jpg

2017.4.24「今年の初コゴミをいただく」

「今年の初コゴミをいただく」

集落のみなさんにはいつも旬の美味しいものをいただきありがたい限りです。本日は前の家から「こごみ」のおすそ分け。知人が山に採取したものをいただきました。今年、初コゴミ。まずは定番の茹でて醤油マヨネーズでいただきます。とにかく「こごみ」はアクがないので、料理に手間がかからないのが良いですね。

DSC_0722_convert_20170425053823.jpg
別名「クサソテツ」。まさに、ソテツのようです。

材料 こごみ 50本  マヨネーズ 大さじ2 醤油 小さじ2

①こごみは水洗。丸まった中に虫等が入っている場合もあるのでごしごし。長い茎は固いので切り落とします。

DSC_0724_convert_20170425053917.jpg

DSC_0723_convert_20170425053853.jpg

②沸騰したお湯に、塩小さじ1を入れてこごみを茹で、サッとかき混ぜて色が鮮やかになったところでザルにあげて水にさらします。
時間にして2-3分の湯で時間。

DSC_0725_convert_20170425053940.jpg

③水気を切って、マヨネーズに醤油を加え、和え衣を作りこごみと和える。

DSC_0726_convert_20170425054007.jpg
できました。パクパク。まいうー。

残ったコゴミは天ぷらにします。


2017.3.17「地元で評判の洋菓子店 パティスリー・ヒラノ」

「地元で評判の洋菓子店 パティスリー・ヒラノ」

長野県飯山市にはスィーツの店が多く、スィーツマップがあるくらいです。特に、冬には「バナナボート」というお菓子を全店が作って、美味しさを競っています。
その中でも、ダントツの評判の店が「パティスリー・ヒラノ」。いつ行ってもお客で混んでいます。カフェも併設されていて、その場でケーキを楽しむこともできます。同じ通りにある田中屋酒造店の飯山の地酒『水尾』を使ったケーキもあります。

IMG_1932_convert_20170320051849.jpg

IMG_1936_convert_20170320052045.jpg
店内に入るとショーケースの向こうにパティシエがケーキを作っているのが見えます。

IMG_1937_convert_20170320052111.jpg
喫茶コーナー。ケーキセットを楽しめます。

IMG_1933_convert_20170320051925.jpg

IMG_1935_convert_20170320052023.jpg
ショーケースに並ぶケーキはとても美味しそう。また、価格も決して高くなく、300円台中心。東京のケーキのような700円なんて価格設定はありません。美味しさや材料は変わらないと思います。

IMG_1934_convert_20170320051952.jpg
ヴェルジョワーズブリュンのかかったリンゴパイ。ヴェルジョワーズ・ブリュンは甜菜糖のこと。使用するとコクがあって独特の香りがお菓子のアクセントになります。シュクレ生地にフランベしたリンゴをのせて、ヴェルジョワーズをふって焼くだけで、ノルマンディー風のタルトができます。

IMG_1943_convert_20170320052147.jpg
マロンロール

IMG_1944_convert_20170320052229.jpg
チョコレートケーキ

IMG_1946_convert_20170320052350.jpg
ティラミス

IMG_1945_convert_20170320052306.jpg
紅茶シフォンケーキ

飯山にいらしたて、コーヒータイムに訪れるにはお勧めです。

◎パティスリー・ヒラノ
長野県飯山市中央橋通り2228
☎  0269-62-2316
営業時間 9:00~19:00
定休日 毎週水曜日、年末年始(1/1)
最寄駅 JR飯山駅
駐車場 20台(無料)

IMG_1942_convert_20170320052413.jpg

2017.3.19「東京で気軽に博多うどんをたべるなら よかよか」

「東京で気軽に博多うどんをたべるなら よかよか」

東京の有楽町の交通会館には全国の郷土名物のアンテナショップがたくさんあります。同様に全国のうまいものが食べれる場所も多い。たまたま、有楽町に出た日に腰のないふにゃふにゃの博多うどんを食べるために「よかよか」に行きました。立ち食いも、座って食べることもできるお店です。しかし、九州など関西以西ではなんでこんなふにゃふにゃなうどんになったのだろう。うどん県の香川のうどんは腰があるのに。つゆは透明で、煮干、サバ節、鰹節、アゴ、昆布などを使ってだしをとっているだけあり美味しい。どんぶりの真ん中にどんと座す「丸天」も良し。

IMG_1718_convert_20170315075304.jpg
交通会館の地下一階のわかりにくいところにありますが、知る人ぞ知るで、結構混んでいます。

IMG_1721_convert_20170315075506.jpg
店内はカウンター席、テーブル席、立ち食い席があります。カウンターに座りじっくり食べます。

IMG_1720_convert_20170315075414.jpg
丁度、ランチ時でかしわ飯のついたランチセットを注文。うどんの具はいろいめトッピングできます。

IMG_1722_convert_20170315075527.jpg
博多うどんの基本「丸天うどん」です。口にいれるとふにゃふにゃのうどん。やはり、腰があったほうがいいなあと思いつつ、だしはとても美味しい。あごのだしがよく効いています。

IMG_1723_convert_20170315075553.jpg
すり身をあげたねりものの丸天もとてもおいしいです。うどんはふにゃふにゃなので汁の中でうどんが泳ぎます。


○博多うどんの特徴(ウィディペギア)
博多うどんの大きな特徴はその麺である。博多うどんではふわふわしたコシの弱い麺を用いる。その理由は前述のものに加、九州のうどん粉に原因があるともいわれる。九州のうどん粉は他のものと比べてタンパク質が少なく、コシが出づらいのだという>
つゆは透明で、煮干、サバ節、鰹節、アゴ(トビウオ)、昆布などを使ってだしをとり、薄口しょうゆを入れて仕上げている。特徴的な具にはゴボウ天(ゴボウの天ぷら。太いものやかき揚げ状のものなど、店によっても特徴がある)と丸天(すり身をあげたねりものの一種)、肉(いわゆる「肉うどん」の具。九州の醤油を使った甘辛い味付けとなっている)がある。


◎博多うどん よかよか 有楽町店
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F
交通手段 有楽町駅から100m
営業時間 11:00~15:00、15:00~21:00
定休日   日曜日(※冬季休業あり) 









プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR