FC2ブログ

2020.6.8「今年も梅の季節が到来 毎年、恒例の梅酒づくり」

「今年も梅の季節が到来 毎年、恒例の梅酒づくり」

今年も梅の収穫の季節が訪れました。
毎年、作り続ける梅酒の梅も自家製無農薬の梅にしたいと3年前に植えた梅の南高梅、白加賀ともに、初めて花が咲きました。さらに、南高梅には実も付きましたが、梅酒を作るほどの量でもなく、また、コロナ騒動で遠出もできず、地元のスーパーで和歌山県産の南高梅をゲット。
早速、ホワイトリカーと氷砂糖も購入して梅酒づくりにかかります。2016年の梅酒が美味しかったので、そのレシピを使いました。

IMG_6626_convert_20200608101505.jpg

IMG_7196_convert_20200608101200.jpg
南高梅は花が咲き、いくつか実もなりました。

IMG_6624_convert_20200608101447.jpg
白加賀はたくさん花が咲きましたが実はなりませんでした。

自家栽培の梅を使用しての梅酒づくりももうすぐです。来年あたりにはなんとかしたいものです。

■材料(標準量)
  南高梅     1kg
  氷砂糖     900g 甘目がお好みなら氷砂糖は1kgぐらいまでなら。
  ホワイトリカー 2.0リットル
  5リットルビン 1個
  楊子 2~3本  梅のヘタを取るのに使う

9_convert_20200609034102.jpg
1キロ 9713円。和歌山県産南高梅。

8_convert_20200609034039.jpg
ホワイトリカーと角砂糖。飯山のスーパーではこの時期は果実酒に必要なものはコーナーに山積みされます。

いよいよ、梅酒づくりに。

① ビンを煮沸
  ビンに熱湯を少し注いで傾け、回す
  フキンで水気をふき取り、ビンの口を下にして、完全に乾燥。
   ※水気が残っているとカビが生え安い、完全に乾燥させる。

10_convert_20200609034121.jpg

②梅をきちんと洗う
  流水で洗うのがいちばんいい。

7_convert_20200609034021.jpg

③梅のアク抜きをする
 洗ったらたっぷりの水(2リットル以上)に漬けてアク抜きをする。
 2時間程度が目安、これをおろそかにすると梅酒に渋みが出ます。
 熟れた実は、樹で熟す間に青梅の中に含まれるエグ味の成分が消えるので、アク抜きはいりません。

5_convert_20200609033941.jpg
水につけて2時間。

④水気は丁寧にふき取る
 アク抜きが終わったら、きれいなタオル等で水気をふき取る。

4_convert_20200609033923.jpg

3_convert_20200609033905.jpg

⑤梅のヘタは一つ一つ丁寧に取る
 水気をきれいにふき取ったら、楊枝を使ってヘタを一つ一つ丁寧に取る
楊枝を使う理由は梅は金気(金属)を嫌うといわれているから。
きれいに取れば取るほど梅酒にエグ味がなくなりさわやかな味わいになります。

6_convert_20200609034001.jpg

⑥梅と氷砂糖は交互に入れるのがポイント
半分に分けて2回分にして、2回に分けてビンに入れていきます。

1.梅を入れます。放り込むとつぶれちゃいますから丁寧に。
2.氷砂糖を入れます。上から降りかけるような感じで入れます。
3.残りの梅を入れます。先ほどと同じで丁寧に入れます。
4.残りの氷砂糖を入れます。これも先ほどと同じで振り掛けます。

2梅酒_convert_20200609033842

⑦ホワイトリカーを注ぎ入れる
後は梅酒が出来るのを待つだけ! 梅と氷砂糖をビンに入れる

1梅酒_convert_20200609033816

⑧梅酒を漬け込んだら、あとはきっちりとフタをして温度差のなるべく少ない涼しい場所で保存。
約1年後から飲める。1年半ぐらいたったら、梅の実を取り出して梅酒をこしてから長期保存します。

毎年つくり、慣れているので。あく抜き時間を除けばあっという間。作業開始から3時間弱で完成。

11_convert_20200609034145.jpg

◎南高梅(ウィキペディア)
梅の品種のひとつ。主たる生産地が和歌山県の白梅で、その果実は最高級品とされる。2006年10月27日には地域団体商標制度の認定第一弾として、南高梅は地域ブランドとして認定。読みは「なんこううめ」。

2020.1.6「国産レモンがたくさん手に入ったのでレモン酒づくり」

「国産レモンがたくさん手に入ったのでレモン酒づくり」

群馬県渋川市にある道の駅で、広島レモンの詰め放題を発見。400円でビニール袋に詰め込んだだけもらえます。丁度、11個ほどをゲット。見かけは悪いものも混ざるけど、国産レモンはレモン。国産レモンは高価なだけに、こんなにたくさん購入する機会はないと、早速、レモン酒づくりに取り掛かりました。
基本の作り方は皮をむき、白い綿を果肉から取り除き、果肉を等分に切って、氷砂糖とホワイトリカーに漬けるだけです。半年から1年ほどたつと飲み頃ということで楽しみです。

〇材料
国産レモン    6個
氷砂糖      500g
ホワイトリカー  1.8ℓ

IMG_5335_convert_20200111003450.jpg

〇作り方
①広口瓶を熱湯消毒して、良く乾かします。

IMG_5339_convert_20200111003513.jpg

②レモンの皮をむきます。レモンの皮は使用するので取っておきます。

IMG_5342_convert_20200111003550.jpg

③レモンの皮が剥けたら、果肉に着いた白い綿を丁寧にとります。これが付いたままつけると苦味が出ることがあるためです。

IMG_5345_convert_20200111004122.jpg

④果肉を4等分程度にカットします。

IMG_5347_convert_20200111004058.jpg

⑤氷砂糖を瓶底に敷き詰め、レモン、氷砂糖の順に交互に瓶に入れます。

IMG_5349_convert_20200111004159.jpg

⑥詰め終わったら、取っておいたレモンの皮を蓋をするようにかぶせます。

IMG_5350_convert_20200111004237.jpg

⑦ホワイトリカーを注げば、レモン酒づくりの仕込みは終了。レモンの皮は10日ほどたったら取り出します。
  だいたい、半年から1年後が飲み頃です。

IMG_5352_convert_20200111004739.jpg

IMG_5353_convert_20200111004755.jpg


2019.10.24「はじめてのかりん酒づくり」

「はじめてのかりん酒づくり」

稲刈が終了したので、久々に道の駅の野菜直売所に行ってみた。そこで、「かりん」を発見。2個180円。すぐに買います。前々から「かりん酒」を作りたいと思っていたためです。早速、一般的なレシピに従い作ります。
飲み頃は1年後、そのころ、実を取り出します。

〇材料
 かりん  800g
 氷砂糖  300g
 ホワイトリカー 1.8ℓ

IMG_4095_convert_20191025075437.jpg

〇作り方
①ボトルを熱湯消毒。乾いたらホワイトリカーを内側からぬりアルコール消毒しておきます。

IMG_4117_convert_20191025080634.jpg

②かりんはぬるめの湯でたわしで川を洗います。細かい皮の繊維が取れて、なんと茶系から美しい黄色になりました。2日間、ざる  に入れて乾かしました。

IMG_4098_convert_20191025075521.jpg

IMG_4099_convert_20191025075813.jpg
たわしでこすると真っ白に。

IMG_4100_convert_20191025080233.jpg
2-3日乾かします。

③その後、かりんの表面に蜜状のねばねばが出てくるので、水で洗い流します。その後、2-3センチの輪切りにします。

IMG_4118_convert_20191025080849.jpg
2日間乾かしましたがぬめりは発生しませんでした。

④ボトルにかりん(種も)と氷砂糖を入れて、ホワイトリカーを注げはできあ上がり。

IMG_4119_convert_20191025081221.jpg

IMG_4120_convert_20191025081601.jpg

出来上がりまとした。飲み頃は1年後。よく熟成して美味しいお酒となってくれ。

IMG_4122_convert_20191025081852.jpg

◎かりん(ウィキペディア)
未熟な実は表面に褐色の綿状の毛が密生する。成熟した果実は楕円形をしており黄色で大型、トリテルペン化合物による芳しい香りを放ち、収穫した果実を部屋に置くと部屋じゅうが香りで満たされるほどである。このため中国では「香木瓜」とも呼ばれる。10〜11月に収穫される。実肉には果糖、ビタミンC、リンゴ酸、クエン酸、タンニン、アミグダリンなどを含む。
花・果実とも楽しめ、さらに樹皮・新緑・紅葉が非常に美しいため家庭果樹として最適である。語呂合わせで「金は貸すが借りない」の縁起を担ぎ庭の表にカリンを植え、裏にカシノキを植えると商売繁盛に良いとも言われる。

2019.10.20「長野県中野市の老舗の酒屋 善光寺屋」

「長野県中野市の老舗の酒屋 善光寺屋」

我が家のある飯山市から30キロほど走った隣町の中野市。東京からの稲刈りの助っ人を送りがてら、中野市を散歩。元の天領だけあり、たくさんの寺社仏閣や史跡が残っています。また、酒蔵も市内に4つほどあります。酒蔵巡りもしたいと思い歩いていると、超レトロな看板を掲げる酒屋を発見。吸い込まれるように店内へ。「善光寺屋酒店」。

IMG_4034_convert_20191023021446.jpg
大正年間の創業。レトロな看板にひかれて、店内に。三代目のご主人が迎えてくれます。

IMG_4036_convert_20191023021902.jpg

IMG_4037_convert_20191023022211.jpg
地元の酒はもちろんのこと全国の有名銘柄の酒が並びます。日本酒だけでなく、ワインも豊富。

IMG_4038_convert_20191023022704.jpg
本日は地元の志賀泉酒造の「一滴二滴」の特別本醸造 しぼりたて無濾過生原酒を購入しました。2585円。
使用米:信州木島平産 ひとごこち 精米:58%、日本酒度:+4 酸度:1.8、使用酵母:長野C、濾過・火入れ・加水:なし(無濾過生原酒)、アルコール:18度

「ソフトな梨・桃系の香り、スッキリしたコクの中に香りを含んだ旨味が程よく広がります。適度な透明感、穏やかなフルーティさ、スッキリしていながら強さもあるフレッシュなお酒」とのうたい文句に魅かれました。。冷酒や常温で。

常温で、キムチ鍋と一杯となりました。食中酒として肴との相性は抜群です。

〇志賀泉酒造
創業 昭和38年
長野県中野市東山 3番1号
☎ 0269-22-3322
昭和35年(1960年)に信濃中野税務署管内の 蔵元11社が集まり、清酒共同瓶詰場として発足。現在の代表者の祖父は 童謡:「シャボン玉」・「てるてる坊主」・「砂山」などを作詞した「中山 晋平」。

◎善光寺屋酒店
長野県中野市中央2丁目4-10
☎ 0269-22-2211
営業時間 9:00~20:00
定休日 月1回 日曜日不定休
駐車場 近所に無料駐車場有

2019.6.15「八ヶ岳山麓の別荘で昔の上司・同僚と懇親」

「八ヶ岳山麓の別荘で昔の上司・同僚と懇親」

八ヶ岳山麓に住む昔の上司に一昨年から毎年、旧交を温めるために点呼がかかり、当時の営業企画のグループ員が参集します。会社時代は厳しい上司でしたが、すっかり好々爺になられ、本日も上司のあたたかいもてなしに感激しつつ、昔話に花が咲きました。食事はバーベキュー。その前に、上司の手作りの燻製がふるまわれ、美味しい。早速、アマゾンで燻製機と桜チップを購入しました。

IMG_1630_LI_convert_20190627034719.jpg

IMG_1631_convert_20190627034738.jpg
ご機嫌な面々。手作りの燻製を囲んで、燻製談義。

IMG_1632_convert_20190627034755.jpg

IMG_1638_convert_20190627034918.jpg
わざわざ、上司が函館に注文して取り寄せてくれた海の幸も美味しい肴となります。

IMG_1636_LI_convert_20190627034858.jpg

IMG_1639_convert_20190627034946.jpg

IMG_1646_convert_20190627035112.jpg
早速、火を起こして、バーベキュー。

IMG_1648_LI_convert_20190627035134.jpg
すっかり、酔っぱらった参加者。会えば、すぐに昔に戻ります。

IMG_1641_convert_20190627035025.jpg

IMG_1644_convert_20190627035045.jpg

IMG_1632_convert_20190627034755.jpg
美味しい肴が次々と。上司と同僚に感謝です。

IMG_1634_convert_20190627034832.jpg

IMG_1633_convert_20190627034814.jpg
本日のお酒。チリワインに日本酒は大吟醸「福」。芳醇な香りのすっきりしたお酒でした。

旧交を温める機会を毎年ご提供していただける上司に感謝しつつ、その夜はいつの間にか轟沈。

〇福乃友 大吟醸 福
★秋田県限定販売★ 地元産酒造好適米「美山錦」を丁寧に磨き「AKITA雪国酵母」との組み合わせにより、米本来の旨味を十分引き出した、柔らかいタッチの味と芳醇な香りが特徴の大吟醸です。
原料米 / (麹)美山錦・(掛)美山錦
味のタイプ / (香り)華やか・(味わい)やや濃醇
精米歩合 / 50%
アルコール度数 / 17.0
日本酒度 / +4.0
酸度 / 1.4
おすすめの飲料温度 / 常温
使用酵母 / AKITA雪国酵母(UT-1)

・福乃友酒造株式会社
創業 1913年(大正2年)
秋田県大仙市神宮寺字本郷野82-6福の友酒造


プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR