FC2ブログ

2020.1.30「記録的な小雪の冬 飯山の冬の風物詩 かまくら祭り」

「記録的な小雪の冬 飯山の冬の風物詩 かまくら祭り」

飯山の冬の風物詩といえば「雪まつり」と「かまくら祭り」。今冬は記録的な小雪で、古老も記憶にないというほどの雪のない風景が広がります。平年なら1-2メートルは普通にある地域。
冬の風物詩の「かまくら祭り」も例年なら、雪が多すぎて、除雪しながらのかまくらづくりが、雪が全くないので、山から雪を運んでの大変な作業が続きます。せっかく作ったかまくらも昼間の温かさで溶け出すようで、維持するのも大変そうです。
「ひと冬の積雪量は同じ」といいますから、2月の声とともに冬将軍が襲来し、大雪を降らして、かまくら祭りが例年の姿に戻ることを祈るばかりです。

IMG_5840_convert_20200130205939.jpg
かまくらが並ぶところにだけ雪があります。

IMG_5841_convert_20200130210315.jpg
雪が無い中、よくここまで作ったとその努力に大拍手。

IMG_5843_convert_20200130210552.jpg

IMG_5844_convert_20200130211058.jpg
内部には名物「のろし鍋」が食べられるようにテーブル配置され。寒くありません。

IMG_5845_convert_20200130211146.jpg

IMG_5846_convert_20200130211247.jpg
しかし、会場周辺には、現在は、まったく雪がありません。いつもは、田圃は雪の下で、大雪原となり、スノーモービールの試乗会も行われる場所もこのとおり。。

<参考>2019年のかまくら祭り

IMG_8229_convert_20190205093130.jpg

IMG_8272_convert_20190205093255.jpg


◎20回飯山かまくら祭り
開催期間 令和2年2月8日(土曜)、9日(日曜)
開催会場 飯山市外様地区 レストランことぶき村周辺
内容    雪原に、たくさんのかまくらが並びます。
       各イベントの最新情報は、公式ホームページにてご確認ください。
詳しくは「第20回かまくら祭り」公式サイトをご覧ください。
公式サイトURL http://shinanodaira.web.fc2.com/



20201.12「福井の恐竜博物館はその展示に感動もの」

「福井の恐竜博物館はその展示に感動もの」

福井は恐竜の骨が発見されることで有名。福井県勝山市にある恐竜博物館は世界3大恐竜博物館の1つと言われています。
福井にフグを食べに来たついでに、立ち寄りました。私としては2度目の訪問です。生憎の雨で、発掘体験はできませんでしたが、3連休ということもあり、館内は親子連れであふれていました。
恐竜の展示は精巧に作られたロボット恐竜からたくさんの骨格標本や実際の発掘現場の再現など、これでもかというほどの展示があり、恐竜好きにはたまらない博物館となっています。
一度、訪れる価値は十分にあります。

DSC_0416_convert_20200120113338.jpg

DSC_0434_convert_20200121100741.jpg
駐車場に車を停めれば、そこは恐竜一色です。

DSC_0417_convert_20200120114108.jpg

DSC_0433_convert_20200121100156.jpg
入口の門松の中にまで恐竜が。

DSC_0427_convert_20200120145528.jpg

DSC_0431_convert_20200120143501.jpg

DSC_0432_convert_20200120150033.jpg
建物は恐竜の卵をモチーフに建造されており、入口から長いエスカレーターで地下3階に下り、展示を見ながら、地上に戻るように工夫されています。

DSC_0420_convert_20200120132241.jpg

DSC_0425_convert_20200120141052.jpg

DSC_0424_convert_20200120140636.jpg
展示もなかなか迫力があります。

子供はもちろんのこと、大人も楽しめる内容になっていると思います。

◎恐竜博物館
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
☎ 0779-88-0001
開館時間 午前9:00~午後5:00(入館は午後4時30分まで)
入館料   一般720円、高・大学生410円、小・中学生260円、未就学の幼児、70歳以上の方は無料
団体割引 30名以上
設備    車椅子・ベビーカー貸出 身障者用トイレあり
駐車場   400台
休館日   第2・第4水曜日、年末年始(12月29日~1月2日)、
交通機関  永平寺大野道路 勝山IC→一般道路 車で約30分

2020.1.13「金沢で新鮮な魚なら 金沢港いきいき魚市」

「金沢で新鮮な魚なら 金沢港いきいき魚市」

新年早々に会社時代の悪友を訪ねて、金沢に。記録的な暖冬のおかげで雪は全くない。お土産の海鮮は「近江市場」が観光名所となっているが、地元の人に言わせれば観光客値段で価格が高いとのこと。むしろ、金沢港近くの「金沢港いきいき魚市」がお勧めとのことで行ってみました。
10店ほどの海鮮、干物、乾物などの店が集まっていました。
確かに、漁港近くということもあり、三連休最終日でしたが、当日に水揚げされた新鮮なものが並んでいます。
水ダコの足700円とカレイの干物6匹1300円を購入しました。
早速、家に帰って、タコは刺身と茹でタコで美味しく食べました。
店の数が少ないのと海鮮以外の店がないので、土産という観点では「近江市場」と合わせて訪問する、良いとこどりが良いものと思われます。

IMG_5624_convert_20200115104533.jpg
広い駐車場があります。

IMG_5625_convert_20200115104636.jpg
市場に入るとこの一本道の両側に店が並びます。

IMG_5626_convert_20200115104810.jpg
軒先には水揚げされたばかりの近海魚が並びます。

IMG_5628_convert_20200115105220.jpg
大きなブリも。寒ブリ、美味しそう。

IMG_5629_convert_20200115105330.jpg

IMG_5634_convert_20200115105848.jpg
旬はズワイガニ。すでに、漁も終わりの「香箱がに」もありました。

IMG_5630_convert_20200115110243.jpg
まだ、動いている水ダコ、手前の足を購入しました。

IMG_5631_convert_20200115105421.jpg
金沢の名物「のどぐろ」。新鮮で安い。

IMG_5633_convert_20200115105806.jpg
深海魚でグロテスクな「ゲンゲ」。コラーゲンぷりぷりで美味しい。

IMG_5635_convert_20200115105918.jpg
カレイの干物。これを購入しました。

<余談>タコは新鮮なうちに、飯山に帰り次第、刺身と茹でて食べました。

IMG_5654_convert_20200115110013.jpg

IMG_5665_convert_20200115110120.jpg

◎金沢港いきいき魚市(ホームページ)
北陸・金沢を代表するズワイガニ、甘えびなどの新鮮な海の幸をこの石川の地で魚を獲る漁師さんたちがお店を開き、販売しています。もちろん一般の消費者の皆さんに直接販売も致します。日本海でも有数の好漁場に恵まれた石川県・金沢で本物の「地」の魚をお買い求めください。

石川県金沢市無量寺町ヲ52番地
営業時間:午前9時〜午後4時
定休日:水曜定休日

2019.12.12「ロンドン ハイドパークのクリスマスマーケットに驚愕」

「ロンドン ハイドパークのクリスマスマーケットに驚愕」

イギリスのロンドンはクリスマス一色。有名な公園ハイドパークのクリスマスマーケットに行って、そのスケールに驚愕。ディズニーランドもびっくりのテーマパークと化し、入口ではテロ対策で手荷物検査が行われ、ペットボトルを没収されてしまいました。しかし、さすが、地球をまたにかけて活躍した大英帝国の末裔のやることはすごい。その規模とアトラクションに大拍手。
寒さも忘れて、エールビールを飲み、ドイツビールを飲み、時間も忘れて楽しい時間を過ごしました。この時期にはお勧めのクリスマスマーケットです。

DSC_0264_convert_20191218205049.jpg
クリスマスマーケットの入口。何カ所かありました。

DSC_0267_convert_20191218205312.jpg
入園無料ですが、入口の手荷物検査で長蛇の列

DSC_0268_convert_20191218205859.jpg
クリスマスマーケットのワゴンが入口からずらりと並びます。まだ、16時過ぎですが、既に、暗くなってます。まだ、観客もまばら。

DSC_0269_convert_20191219091028.jpg
シャボン玉を販売するワゴンもあります。たくさんのシャボン玉が夕闇の中・・・。

DSC_0278_convert_20191219091202.jpg

DSC_0311_convert_20191219110741.jpg

DSC_0315_convert_20191219111603.jpg

DSC_0318_convert_20191219172923.jpg

DSC_0320_convert_20191219112819.jpg

DSC_0323_convert_20191219113241.jpg
移動遊園地のスケールはディズニーランドも真っ青

DSC_0282_convert_20191219103450.jpg

DSC_0289_convert_20191219104939.jpg

DSC_0298_convert_20191219105727.jpg

DSC_0291_convert_20191219105345.jpg
バーバリアンコーナも半端なく広い。それだけでテーマパークのような広さ。バイエルン州のクリスマスマーケットが丸ごと移動したよう。イギリス料理とビールに飽きていたので、ここのレストランで、ドイツビールを飲みながら、ソーセージとザワークラフトのてんこ盛りをドイツ民謡の演奏を聴きながら、アイン、ツバイ、ドライ。乾杯。

DSC_0327_convert_20191219114038.jpg
屋台の中には空中の天板の上にたくさんのソーセージを乗せて、火の上で回転させて焼いているものもあり面白い。

この時期のイギリスは各地で、クリスマス一色で朝から夜まで楽しく過ごせます。

◎ハイドパーク
ロンドン中心部ウェストミンスター地区からケンジントン地区にかけて存在する公園。ロンドンに8つ存在する王立公園の1つ。
住所 London W2 2UH, England
 

2019.11.13「群馬のこんにゃくバイキングにびっくり」

「群馬のこんにゃくバイキングににびっくり」

こんにゃくについて知りたければ、日本一の生産地群馬にある「こんにゃくパーク」に行くことをお勧めします。群馬県は全国のこんにゃくの生産量の92%を生産しているのでびっくり。
こんにゃくパークではこんにゃくの栽培から製品化までの一連の工程が理解できるのと同時に「こんにゃくバイキング」のコーナーでこんにゃく料理を無料で味わえます。こんにゃく工場を利用して、生産、加工、食、土産までの一貫したものを提供するアイデアに拍手。ここまで、徹底しているのはなかなか見れません。特に、こんにゃくの多岐の利用方法にびっくり。
もちろん、観光バスから乗用車まで広い駐車場は満車状態でした。

IMG_4420_convert_20191122072934.jpg
広い駐車場の先には大きなこんにゃくのテーマパークが広がります。

IMG_4421_convert_20191122073633.jpg
こんにゃくテーマパークの入口。入場は無料。こんにゃくバイキングの無料チケットをもらえます。

IMG_4424_convert_20191122073847.jpg

IMG_4426_convert_20191122074036.jpg
まずはこんにゃくの生産ラインの見学コーに。

IMG_4422_convert_20191122073659.jpg

IMG_4423_convert_20191122073806.jpg

IMG_4425_convert_20191122073934.jpg
コースはゼリーの生産ラインとこんにゃくの生産ラインに分かれています。途中途中にわかりやすい解説も展示されています。

IMG_4427_convert_20191122074243.jpg
こんにゃくバイキングの会場に来てみると長蛇の列。並ぶのは面倒と思いましたがメニューを見て、興味がわきます。

IMG_4428_convert_20191122074310.jpg
こんにゃくラーメン、レバ刺し風、から揚げ・・・・・・?

IMG_4431_convert_20191122074500.jpg

IMG_4429_convert_20191122074620.jpg
トレイを取って、興味のあるものを取ります。16種類はトレーにはのりません。

IMG_4445_convert_20191122074648.jpg
こんにゃくラーメン、すき焼き風こんにゃく、レバ刺しこんにゃくなど変わったものをとりましたが、味付けでそれ風にしているだけで、こんにゃくにはかわりありません。美味しかったのは味噌田楽、玉こんにゃくの煮物という定番のものでした。

学生時代にダイエタリーファイバーで糖尿病予防の研究をしていた関係で、大変興味深くみました。

こんにゃくバイキングを経験に一度は訪れてみたいテーマパーク。

◎こんにゃくパーク
日本の伝統食材である”こんにゃく”を、和食文化の一つとして100年後も食べられる日本であるように、こんにゃくの美味しさと文化を多くの方にお伝えする施設。
施設内は、こんにゃく・白滝工場ZONE、ゼリー工場ZONE、バイキング・おみやげZONEの3つのゾーンがつながっており、特に無料のバイキングコーナーが人気。足湯もあります?

開館:9:00~18:00 (最終受付17:00)
群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡204-1
☎ 0274-60-4100
交通アクセス 富岡ICから車で10分

プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR