FC2ブログ

2020.3.25「群馬 水上うどん 和風レストラン しんりん」

「群馬 水上うどん 和風レストラン しんりん」

国道17号を新潟に向けて走り、みなかみ町に入ると真田氏の居城跡の名胡桃城跡をすぎると、すぐに、比較的大きなレストラン「しんりん」があります。前々から通るたびに気になっていましたが、ちょうど夕食時で入店しました。コロナ騒ぎもあり、空いていました。
とんかつ、天ぷら、うどんが一押しのようですが、普通なら、とんかつフリークとして、とんかつと行きたいところですが、やはり、水上といえば「うどん」が有名。うどんをいただきました。
うどんは中太麺で腰が強い麺。だしは黒い汁で一口飲むとしょっぱかったのですが、食べるに従い、天ぷらが程よく溶けて、絶妙の良い味となり、完食しました。
レストランは和食というより、洋風の室内で、以前は洋食屋であったような気がします。

IMG_6516_convert_20200328194819.jpg

IMG_6506_convert_20200328101527.jpg
比較的大きな建物で、幟もかなり立っているので目立ちます。

IMG_6507_convert_20200328105120.jpg

IMG_6514_convert_20200328170758.jpg
室内は和風というより、洋風です。

IMG_6509_convert_20200328105759.jpg
注文したのは「天ぷらうどん」 968円。エビ天2匹、ナス天、しそ天がのってます。

IMG_6510_convert_20200328105946.jpg
愉快な仲間は「ともえうどん」 968円。山掛うどん、天ぷらうどん、山菜うどんの小どんぶりの組み合わせのうどん。

IMG_6515_convert_20200328171213.jpg
最後に、コーヒーがサービスでありました。洋食屋の名残を思わせるコーヒーカップ。

◎和風レストラン しんりん
☎  0278-62-1122
群馬県利根郡みなかみ町下津3375-5
営業時間 11:00~14:30 18:00~21:00
定休日 年末年始

IMG_6504_convert_20200328100647.jpg

2020.1.12「福井の行列のできる蕎麦屋 けんぞう蕎麦」

「福井の行列のできる蕎麦屋 けんぞう蕎麦」

年始早々に金沢の悪友たちと福井の若狭でふぐを肴に飲み会。福井若狭と金沢の往復500キロの道すがらにいろいろと立ち寄りました。帰路の途中で、お昼に行列のできる蕎麦屋「けんぞう蕎麦」に立ち寄ります。行列に加わり、1時間待ちます。せっかちな私でも待つ価値のある蕎麦屋です。蕎麦そのものよりも蕎麦汁がとても美味しい店です。食べ方は2種類。蕎麦汁の入った器に、蕎麦を一合(蕎麦はボッチ盛りになっていてひとつを1合、2つなら2合といってます)入れて、辛み大根、はながつお、きざみねぎをのせて食べる「おろしそば」。これは絶品。もう一つは、蕎麦猪口に入った辛み大根に蕎麦汁を好みで入れて、蕎麦を浸けてすする「けんぞうそば」です。
私は「おろしそば」が美味しく好きです。蕎麦汁と「おろしそば」が蕎麦の美味しさ以上に人気店になっている秘密だと確信しました。
それにしても、せっかちな私がよく我慢したと蕎麦よりもそちらに感心。

IMG_5579_convert_20200116070102.jpg

IMG_5580_convert_20200116070129.jpg
出入り口の周りに順番を待つ人がたくさん。店内に待つ人もいます。1時間待ち。

IMG_5590_convert_20200116091748.jpg
店内はすべてテーブル席。それもいろいろなテーブルが使用されています。

IMG_5583_convert_20200116085706.jpg
やっと呼び込まれて、ぎゅうぎゅうの席にやっと座り込みました。奥は調理場。

IMG_5585_convert_20200116085745.jpg
メニューは「おろしそば」か「けんぞう蕎麦」のみです。我々は6人であったので1人2合食べられるように6合セットを2つ頼みました。追加は1合660円なので、十合6000円に2合追加で7320円に税です。

IMG_5587_convert_20200116090001.jpg
6合盛りが来ました。この一つ盛が一合です。

IMG_5586_convert_20200116085836.jpg
おろしそばの薬味と蕎麦にかける大根おろしの入った蕎麦汁

IMG_5588_convert_20200116090047.jpg
「おろしそば」。何せおいしい。食べた後もそば湯を入れて飲めば絶品。

IMG_5589_convert_20200116090337.jpg
けんぞう蕎麦はお猪口に入ったおろし大根に蕎麦汁を好みで入れて、そばをすすります。

一度は、並んでも食べてみる価値はあります。

◎けんぞう蕎麦
☎ 0776-61-1481
福井県吉田郡永平寺町松岡春日3-26
交通手段
・北陸自動車道福井北インターから車で5分
営業時間 [火~木] 11:00~14:00(L.O.13:50、売り切れ仕舞い) [金] 11:00~14:00(L.O.13:50) 16:00~18:00(売り切れ仕舞い)
[土・日・祝] 11:00~17:00(売り切れ仕舞い)
日曜営業
定休日  月曜(祝日の場合は翌日休)(新年1/6~の営業)

2020.1.7「初詣のついでに深大寺門前の蕎麦 鈴や」 

「初詣のついでに深大寺門前の蕎麦 鈴や」 

冬と思えない大雨の中、深大寺に初詣。参道を歩きはじめて、ほどなく、雨が急に止み、青空が広がりました。良い年明けを感じました。
深大寺と言えば、蕎麦。門前の蕎麦屋で、ねずみ男に見られながら蕎麦をすすります。

IMG_5474_convert_20200110191127.jpg
門前には蕎麦屋が数軒ありますが、価格はここが比較的安価です。

IMG_5473_convert_20200110191348.jpg

IMG_5456_convert_20200110191046.jpg
席は屋外と屋内にありますが、この日は雨模様であったので屋内に席を取りました。

IMG_5471_convert_20200110191247.jpg
私は天ぷらそば。1000円。海老天がどんと真ん中に。だし汁は東京らしく辛目ですが、天ぷらと食べれば適度な甘さのあるだし汁でよい。ただし、蕎麦は手打ちとはいい難し。機械製麺と思われる整然さ。蕎麦の風味はだし汁にかき消されます。

IMG_5472_convert_20200110191321.jpg
愉快な仲間はとろろそばの卵抜き。1000円。

IMG_5461_convert_20200110191206.jpg
我々が蕎麦をすするのをじっとみる視線を感じ、顔を上げると年男?の「ねずみ男」が「鬼太郎」と一緒に・・・・。

門前のそばで価格重視の向きにはお勧め。

◎鈴や
☎ 042-482-8904
東京都調布市深大寺元町5-13-3
営業時間 平日:10:00~17:00 土日:10:00~17:00
定休日   金曜日


2019.11.13「群馬の水沢うどんなら 田丸屋」

「群馬の水沢うどんなら 田丸屋」

移住先の集落の愉快な仲間と群馬県四万温泉に恒例の秋の旅行の際に水沢のうどん街道に。この街道には13軒のうどん屋が軒を連ねて圧巻。水沢うどんといえば讃岐うどん・稲庭うどんと並んで、日本三大うどんのひとつ。
今回は水沢うどんの元祖といわれる創業1,582年(天正10年)の「田丸屋」でうどんをいただきました。
水沢うどんといえば「ざる」。麺は若干細めでコシと弾力があり、ところどころ透き通るつるつるした白い麺で、のど越し良し。ざるうどんにかき揚げ(2個つき)をつけて1300円はコスパ良し。さすがに、水沢うどんランキング一位の店でした。

IMG_4459_convert_20191119041500.jpg
水沢寺から4キロほどにうどん店が軒を連ねるうどん街道。

IMG_4446_convert_20191118211044.jpg
人気の水沢うどん元祖を謳う「田丸屋」。

IMG_4447_convert_20191118211132.jpg
店先には大きな布袋様が鎮座しています。

IMG_4450_convert_20191118211509.jpg

IMG_4449_convert_20191118211438.jpg

IMG_4448_convert_20191118211226.jpg
さすがに、人気店。お昼頃ということもあり、たくさんのお客が待っていました。もっとも、店が大きいので開店は良いです。メニューを見ながら待ちます。

IMG_4453_convert_20191118211845.jpg
広い座敷の部屋に通されました。

IMG_4454_convert_20191118212231.jpg

IMG_4456_convert_20191118213241.jpg
私はもちろんざるうどんの大盛 1000円に、かき揚げ(2個)600円をシェアーして注文。1300円。のど越しの良い、腰のあるつるつる感が最高。だしも薄味でかき揚げによく合います。

IMG_4455_convert_20191118212329.jpg
愉快な仲間は「うま煮麺 源」。熱い煮込み麺のセット。1600円。愉快な仲間によれば、ざるうどんにすればよかったとのこと。

IMG_4457_convert_20191119041342.jpg
さらに、「舞茸の天ぷら」をビールのおつまみに注文。600円。舞茸の天ぷらは水沢では名物のようです。

IMG_4452_LI_convert_20191119055124.jpg
愉快な仲間もすっかり満足。

IMG_4460_convert_20191119041951.jpg
お腹いっぱいで満足して店を出ると隣の店「清水屋」には水沢うどんの「始祖」とありました。400年余り続くとありますから、田丸屋と良い勝負です。

IMG_4461_convert_20191119042037.jpg
店先に当時の写真がありました。明治のころでしょうか。この隣に田丸屋があったと思われます。

次回は「清水屋」でざるうどんをいただき、比較しようと思いながら水沢を後にしました。 

◎田丸屋
☎ 0279-72-3019
一般席のご予約は平日のみ10名様以上から40名様まで承ります。
群馬県渋川市伊香保町水沢206-1
営業時間 9:00~15:30(売り切れ次第終了)
日曜営業
定休日 不定休

2019.8.25「戸隠蕎麦の穴場  宝光社門前 つる家」

「戸隠蕎麦の穴場  宝光社門前 つる家」


山の仲間を連れて、戸隠神社の奥社、中社、宝光社とめぐる途中、お昼となりました。戸隠といえば「蕎麦」。出雲、わんこそばとともに日本三大蕎麦の地。当然、蕎麦屋にお連れします。人気のあるのは中社の門前にある「うずら屋」、奥社と中社を結ぶ道路沿いにある「そばの実」。しかし、どちらも混んでいたので、穴場の宝光社の門前の「つる家」にお連れしました。ここはコスパが良いです。戸隠そばの天ざるが1000円でいただけます。

IMG_3018_convert_20190830160001.jpg
右側の赤い車のある所は宝光社の駐車場。5-6台停められます。左側が宝光社入口。手前が門前の蕎麦。

IMG_3019_convert_20190830160956.jpg
蕎麦屋「つる家」の入口。

IMG_3020_convert_20190830161548.jpg
メニュー。大盛は100円増し。

IMG_3021_LI_convert_20190830162018.jpg
宝光社参拝後にそばを待つ愉快な仲間。

IMG_3023_convert_20190830162840.jpg
ざるそば 800円。戸隠そばの特徴のおろしもつまみとともに鎮座。ぼっち盛りに、根曲がり竹で作ったざる。冬瓜の煮物、ナスの煮びたし、トマトが付け合わせ。まさに。戸隠そばの王道。

IMG_3024_convert_20190830163124.jpg
天ざる蕎麦の大盛。1100円。大盛はぼっちが一つ多いだけ。比較的付け合わせも多いので普通盛で十分かな。

有名な蕎麦屋が混んでいるときは宝光社の門前蕎麦「つる家」がお勧め。

〇戸隠そばの特徴(ウィキペディア)
・挽きぐるみ(ソバの甘皮を取らずに挽く)の蕎麦粉を使用すること。中には玄そばまで挽き込むこともある。
・延すとき、四つ出し(四角く伸ばす)をせず、丸延しすること。
・麺棒は一本のみ。
・水を殆ど切らずに出すこと。
・「ぼっち盛り」と呼ばれる独特の盛り付けをすること。「ぼっち盛り」とは、一つのざるに5ないしは6束、開口部のつぶれた馬蹄形
 状に盛る形式をいう。ぼっち(束)の数は戸隠内の地域で変わる。
・根曲り竹で編まれた円形のざるに盛ること。
・「ざる」であっても海苔がかけられないこと。
・薬味には、今は「信州の伝統野菜」に認定されている地元の「戸隠大根」と呼ばれる辛味大根を使うこと。
・蕎麦が出てくるまでの間に大抵は自家製の漬物などが供されること。
・天ぷらにはワラビやコゴミといった地元で獲れる山菜類がふんだんに使われること。

◎そば処 つる家
☎ 090-4848-9324
長野県長野市戸隠2155-3
営業時間 10:30~16:30
定休日 火曜日


プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR