FC2ブログ

2019.7.6「会社同期の悪友と久々の再会 ブリの氷見」

「会社同期の悪友と久々の再会 ブリの氷見」

会社同期の悪友と白山に行く予定の日。天気予報を信じた同僚が中止を決めた。しかし、天気予報は見事に外れて、晴れ。がっかりしていると私の集落のブランド米「かざまつり」の注文。悪いと思った同僚が取りに来るというので、ぽっかり空いた2日間。折角なので、氷見まで観光がてら持っていくことに。突然のことで、宿がなかなか見つからなかったが氷見と七尾の境にある民宿「汐風」を見つけて投宿。今時こんなに古びた宿があるのかと思ったが、さすがに氷見。寒ブリの季節でないが珍しい海のものをたくさんいただき、満足。宿は快適な造りとは言えませんが、食べるものは美味しい。しかし、旅行するなら計画的にかな。宿泊費は11000円ほど。夕食のビール1本、燗酒(銀嶺立山)1号徳利5本がなんとサービスになってました。

IMG_2118_convert_20190709050758.jpg
写真ではわかりませんが、相当の年代物の建物です。

IMG_2119_convert_20190709050834.jpg
入口はいるとドライブインの食堂です。

IMG_2122_convert_20190709050926.jpg
部屋に落ち着きましたが、お世辞にも綺麗とはいいがたい部屋です。最近は民宿もかなり立派なところが増えてきたんですが、昭和40年代の民宿かな。

IMG_2120_convert_20190709050904.jpg
民宿の窓からは日本海が望めます。前は砂浜で海水浴場のようです。

IMG_2123_convert_20190709050957.jpg
夕食は氷見らしい海鮮三昧。

IMG_2124_convert_20190709051035.jpg
お造り。新鮮な刺身が5種。特に、氷見イカは絶品。

IMG_2125_convert_20190709051105.jpg
煮物。この小さな魚はパット見、ブリ。出世魚の幼児 ツバス。ブリのメッカ氷見に来ないと食べれないかな。

IMG_2130_convert_20190709051221.jpg
氷見といえばブリ。

IMG_2126_convert_20190709051132.jpg
酢の物。これは絶品。アジの甘酢和え。日本酒が進みます。

IMG_2127_convert_20190709051156.jpg
つみれ団子の入った鍋。美味しい。

IMG_2131_convert_20190709051325.jpg
氷見のもう一つの名物 うどん。讃岐うどん(香川県)、稲庭うどん(秋田県)と並んで日本3大うどんと呼ばれることもある美味しさ。独特の強い腰と粘り、餅のような感触と風味、のどごしの良さと歯ごたえ。氷見うどんは「手延べ」という製法でつくられています。

IMG_2134_convert_20190709051430.jpg
宿の前の朝焼けも見事。

IMG_2137_convert_20190709051507.jpg
朝食は新鮮なアジのひもの中心の定番。

宿がもう少し整頓されていると料理は素材活かした新鮮料理なのでお勧めですが。宿のリフォームお願い。

<番外>氷見のお土産として購入したブリの20-30センチ以下のときの名前コズクラのひもの。脂の乗りもよく肉厚で絶品。
2匹で560円の干物。

IMG_2200_convert_20190715075256.jpg



◎民宿 汐風
☎ 0766-79-1173
富山県氷見市中波175

IMG_2136_convert_20190709050732.jpg
ドライブインの隣の建物が宿泊棟ドライブインの


2019.3.31「日本三大名湯 有馬温泉の高級旅館 欽山」

「日本三大名湯 有馬温泉の高級旅館 欽山」

娘の結婚式前に5日間鳥取の墓参りを兼ねて、大津経由の山陰の旅を計画。大津プリンスを後にして、阪神、中国道から鳥取有料道路をとおり、国道9号線で「三朝温泉」に宿泊。翌日は三朝温泉をスタートして、島根の名湯 玉造温泉、鳥取の東郷温泉と宿をとり、最後に神戸に入りました。神戸では有馬温泉の有名旅館「欽山」に宿泊しました。超高級旅館らしく、建物や食事以上にそのおもてなしに感動しました。少々お高いですが、やはり、泊まるなら高級旅館ですね。有馬温泉といえば草津温泉、下呂温泉とともに日本三大名湯のひとつ。温泉も楽しみでした。

IMG_0019_convert_20190614203154.jpg

IMG_0018_convert_20190614203249.jpg

IMG_0052_convert_20190629051219.jpg
玄関から高級旅館の雰囲気を醸し出します。

IMG_0023_convert_20190629050747.jpg
本日の夕食のお品書き

IMG_0020_convert_20190629050722.jpg
前菜と苺ワイン

IMG_0030_convert_20190629050817.jpg
前菜と煮物椀

IMG_0031_convert_20190629050838.jpg
お造り。氷中盛り。真ん中は鯛の桜葉まき。

IMG_0032_convert_20190629050915.jpg
本日の日本酒

IMG_0033_convert_20190629050934.jpg
焚き合わせ

IMG_0035_convert_20190629050955.jpg
鉄板焼き 黒毛和牛 神戸牛やな。

IMG_0036_convert_20190629051015.jpg
お凌ぎ 河豚リゾット茶碗蒸し

IMG_0039_convert_20190629051032.jpg
酢の物 火取り鱸縁酢押し 飯蛸桜煮

IMG_0040_convert_20190629051058.jpg
香の物とご飯、お椀

一つ一つが手間暇をかけて贅沢な作り。美味しい。

IMG_0053_convert_20190629051156.jpg

IMG_0056_convert_20190629051300.jpg
朝食も絢爛豪華。下はお子様の朝食。

有馬温泉に行ったら、多少お高くても「欽山」がお勧めです。

◎有馬温泉 欽山
兵庫県神戸市北区有馬町1302-4
☎ 0789040701
最寄り駅 有馬温泉駅(送迎あり無料)
部屋数 40室
駐車場 60台 
屋外、屋内40室

外観、内装ともに清潔感があり居心地がとても良い
気持ちの良い上品な接客
最高においしい部屋食
大浴場が広い


2019.3.28「伝説の玉造温泉でお勧めの料理旅館 清風荘」

「伝説の玉造温泉でお勧めの料理旅館 清風荘」

娘の結婚式前に5日間鳥取の墓参りを兼ねて、大津経由の山陰の旅を計画。大津プリンスを後にして、阪神、中国道から鳥取有料道路をとおり、国道9号線で「三朝温泉」に宿泊。翌日は三朝温泉をスタートして、島根の名湯 玉造温泉に宿をとりました。玉造温泉は玉湯川沿いに1200年の歴史ある名湯。平安時代より三名泉(『枕草子』)とされ、規模、歴史ともに島根県随一。城崎温泉や皆生温泉、三朝温泉らと共に山陰を代表する温泉地でもあります。 料理旅館で評価の高い清風荘に宿をとりました。

IMG_9660_convert_20190509203311.jpg

IMG_9661_convert_20190509203354.jpg
玉湯川から5分の旅館街の奥にひっそりとたたずみます。喧騒とは無縁なのでお勧め。ただし、道が狭いので注意。

IMG_9664_convert_20190509203446.jpg

IMG_9666_convert_20190509203513.jpg
温泉は内湯のみ。そんなに広いお風呂でありませんが、宿泊客も多くないのでゆったりとは入れました。

料理旅館で期待していましたが、期待通りの料理です。部屋でとれるのでありがたい。

IMG_9712_convert_20190509204401.jpg

〇夕食

島根牛のすき焼きの卵がゆで黄身というのが面白い。

IMG_9689_convert_20190509203722.jpg

IMG_9690_convert_20190509203758.jpg

IMG_9691_convert_20190509203827.jpg

IMG_9692_convert_20190509203850.jpg

IMG_9693_convert_20190509203917.jpg

IMG_9694_convert_20190509203943.jpg

IMG_9695_convert_20190509204008.jpg

IMG_9700_convert_20190509204106.jpg

IMG_9703_convert_20190509204151.jpg

IMG_9705_convert_20190509204220.jpg

IMG_9707_convert_20190509204254.jpg

IMG_9709_convert_20190509204326.jpg

〇朝食
IMG_9746_convert_20190509204437.jpg

IMG_9747_convert_20190509204503.jpg
朝食もしっかりと美味しい料理が提供されました。お魚はノドグロと呼ばれる高級魚アカムツ。


〇玉湯川沿い
玉湯川に沿って、温泉旅館が立ち並びます。河原には散策路や足湯がところどころにあり、疲れた足を浸すことができます。

IMG_9670_convert_20190510084734.jpg

IMG_9675_convert_20190510084844.jpg

IMG_9671_convert_20190510084805.jpg
玉湯川に沿って散策するとたくさんの像に出会います。神話の一場面を像にしたものです。

IMG_9667_convert_20190510084701.jpg
玉造温泉の語源である勾玉がデザインされた玉造橋。宿はここからすぐです。

◎玉造温泉(ウィディペギア)
島根県松江市玉湯町玉造(旧出雲国)にある温泉。平安時代より三名泉(『枕草子』)とされ、規模、歴史ともに島根県随一、城崎温泉や皆生温泉、三朝温泉らと共に山陰を代表する温泉地である。
奈良時代開湯といわれる古湯で、少彦名命が発見したと伝えられている。『出雲国風土記』抄にも記載があり、神の湯として知られた。また江戸時代には松江藩藩主の静養の地となっており、湯之介と呼ばれる温泉を管理する役職も設けられていた。玉造という名の由来は、この地にある花仙山で良質の青瑪瑙が採掘できたために、この地の人々が玉造を生業としていたことに由来していると考えられる。三種の神器の一つ、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)も櫛明玉命(くしあかるだまのみこと)によってこの地で造られたと言われている。玉作湯神社にはその櫛明玉命を祀っており、多数の勾玉や管玉が社宝として保管されている。

◎清風荘
島根県松江市玉湯町玉造1183-1

小さい館だからこそ美食の神髄を求めるこだわりの料理はすべて手作り、日本旅館の特色を生かした純和風料理旅館です。
美食の神髄を求めるこだわりの料理はすべて手作り、日本旅館の特色を生かした純和風料理旅館。



2019.3.30「帰郷すれば必ず利用する旅館 東郷温泉 養生館 料理」

「帰郷すれば必ず利用する旅館 東郷温泉 養生館 料理」

鳥取に帰郷すれば必ず宿泊するのが東郷温泉「養生館」。既に初めて宿泊してから60年は経ちます。広大な敷地に時代を感じる建物。そして、何より温泉とともにここの料理が素晴らしい。
今回は娘の結婚式前に5日間鳥取の墓参りを兼ねて、大津経由の山陰の旅を計画。大津プリンスを後にして、阪神、中国道から鳥取有料をとおり、9号線でこの日の宿泊地「三朝温泉」に到着。翌日は三朝温泉をスタートして、島根の名湯 玉造温泉に宿をとりました。そして、山陰の旅の最後に宿泊したのが「養生館」です。

〇夕食

IMG_9877_convert_20190427100127.jpg

IMG_9880_convert_20190427100224.jpg
山陰名物のズワイカニはもちろんあります。

IMG_9881_convert_20190427100256.jpg
先付 あんきも、大根、焼シイタケ、菜の花のからし漬け、梅人参、ほたるいか、柚子みそ

IMG_9882_convert_20190427100315.jpg
酢のもの はたの南蛮漬け

IMG_9878_convert_20190427100151.jpg
ズワイガニの焼き。カニは焼くのが一番おいしい。

IMG_9888_convert_20190427100418.jpg
お造り 鯛、はまち、かつお、ホタテ

IMG_9884_convert_20190427100359.jpg
小鍋 大山鳥のみぞれ仕立て

IMG_9893_convert_20190427100544.jpg
鳥取牛と焼ゴマ豆腐山椒仕立て

IMG_9890_convert_20190427100511.jpg
日本酒は「東郷」の熱燗。

IMG_9883_convert_20190427100339.jpg
香の物。 鳥取といえば、砂丘ラッキョウ。

IMG_9894_convert_20190427100602.jpg
デザート

〇朝食

IMG_9912_convert_20190427100636.jpg

IMG_9920_convert_20190427101009.jpg

養生館の温泉は拙ブログ「帰郷すれば必ず利用する旅館 東郷温泉 養生館の温泉」、「養生館」につては「帰郷すれば必ず利用する旅館 東郷温泉 養生館」をご覧ください。

◎東郷温泉 湖泉閣 養生館
鳥取県東伯郡湯梨浜町大字引地144
TEL.0858-32-0111

IMG_9830_convert_20190427095116.jpg

DSC_0391_convert_20150915061541.jpg



2019.3.30「帰郷すれば必ず利用する旅館 東郷温泉 養生館」

「帰郷すれば必ず利用する旅館 東郷温泉 養生館」

鳥取の墓参りの際には必ず宿泊するのが東郷温泉「養生館」。初めて宿泊してから60年は経ちます。広大な敷地に時代を感じる建物。そして、何より温泉とともにここの料理が素晴らしい。
今回は娘の結婚式前に5日間鳥取の墓参りを兼ねて、大津経由の山陰の旅を計画。大津プリンスを後にして、阪神、中国道から鳥取有料道路をとおり、国道9号線でこの日の宿泊地「三朝温泉」に到着。翌日は三朝温泉をスタートして、島根の名湯 玉造温泉に宿をとりました。そして、山陰の旅の最後に宿泊したのが「養生館」です。

IMG_9830_convert_20190427095116.jpg

DSC_0391_convert_20150915061541.jpg
玄関とロビー。地方の鄙びた旅館を感じます。

IMG_9833_convert_20190427095146.jpg
玄関脇には東郷湖に注ぎ込む川が流れます。

IMG_9849_convert_20190427095628.jpg

IMG_9850_convert_20190427095659.jpg

IMG_9875_convert_20190427100101.jpg
広大な敷地内にはおおきな池があり、池の周りにも建物が立ちます。

IMG_9848_convert_20190427095600.jpg
敷地の東郷湖湖畔からは対岸の羽合温泉が遠望できます。3年前に宿泊した時までは、宿に釣り竿が無料で用意され、釣りもできました。子供の頃から慣れ親しんだ楽しい時間でしたが、今回はできませんでした。釣り竿の貸し出しをやめてしまったようです。残念。

敷地内には露天風呂も点在し、夕景をみながらの入湯は答えられません。

DSC_0400_convert_20150918055107.jpg

養生館の温泉は拙ブログ「帰郷すれば必ず利用する旅館 東郷温泉 養生館の温泉」、養生館の料理は「帰郷すれば必ず利用する旅館 東郷温泉 養生館 料理」をご覧ください。

◎東郷温泉 湖泉閣 養生館
鳥取県東伯郡湯梨浜町大字引地144
TEL.0858-32-0111



プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR