FC2ブログ

2014.7.22「名古屋で旬のカレーうどん店 錦」

「名古屋で旬のカレーうどん店 錦」

名古屋に出張した。名古屋といえば「きしめん」。これは新幹線のホームのきしめんがおいしいと評判だが、しっかり、昼を抜いて、名古屋に着いたホームで350円を払いきしめんは頂いた。この平たい感触が何とも言えない。だしと花かつおもよい。満足して、市内に。仕事が終わって、久々に昔の部下と一杯。名古屋というと「みそかつ」「みそ煮込みうどん」「ひつまぶし」「えびふりゃ」等々食の名物も多いが、意外とカレーうどんも有名。東京当たりにも出店している「若鯱屋」もいいが、名古屋在住の元部下が最近よくマスコミに取り上げられる行列のできるカレーうどん店にご案内。
名古屋一番の繁華街の錦のど真ん中にその店はありました。

DSC_0796_convert_20140801060556.jpg

なんと、ラッキーなことにカウンター席しかない狭い店の中は先客は2人のみ、行列もなし。しかし、お客とご主人の掛け合いはテレビで見たという話ばかり。期待が膨らむ。

DSC_0794_convert_20140801060120.jpg
麺はここで打って提供。太麺で腰が良いです。

DSC_0795_convert_20140801060208.jpg
カウンターの前でぐつぐつと御釜の湯がはじけています。

DSC_0792_convert_20140801055756.jpg
いよいよ、真打登場。黄色いカレーで麺は見えません。箸を入れると黄色いカレーをまとった麺が登場。まいう-。

◎錦
愛知県名古屋市中区錦3-18-9 錦さかいビル1階  
電話:052-951-1789
定休日:日曜・祝日
営業時間:平日:11時半~13時半、17時半~翌2時、土曜:19時~翌2時
カレーうどん780円
アクセス:市営地下鉄・東山線、名城線「栄駅」1番出口を出て「カゴメ本社」の信号を左折。直進し、次の左角「焼肉屋さかい」の看板の見えるビルの1階。





2014.7..「古民家生活の第一歩」

「古民家生活の第一歩」

2013年8月から始めた長野県内の住居探しの旅も2014年の7月12日に長野県飯山市の千曲川沿いの河岸段丘に建つ古民家を購入することで終了。これからはこの古民家で残された人生をどのように楽しみ、社会に貢献できるかが問われます。しばらくは週末の古民家住まいで東京都練馬区大泉との二重生活です。

購入した古民家は江戸時代の安政年間に建てられ170年の歴史を刻んだ貴重な家屋。まずは、少しずつ掃除をしながら居住できる状況にしようと思います。
あわせて、すでに、雑草で覆われた畑を鍬で耕して、秋野菜を植えてまずは土づくりからなどと考えているところです。

DSC_0615_convert_20140803181029.jpg
まず、気に入った大黒柱。古民家らしい板塀のふすま。これから、ぬか袋で磨きますよ。

DSC_0616_convert_20140803181125.jpg
この厚い横柱。当然、釘は使用されていないでしっかり立っています。

DSC_0620_convert_20140803181516.jpg
家を支える基礎は石の上に乗っています。木組みと石の基礎は究極の耐震構造らしいです。

DSC_0810_convert_20140803182602.jpg
家の居間から見た外の景色。田圃の緑が美しい。蚊取り線香を炊けば虫も入ってきません。

DSC_0711_convert_20140803182000.jpg
同じところから窓を開け放って一枚。手前の田圃は、売主さんが今は育てています。しかし、来年はお借りして、いよいよ作ります。

DSC_0621_convert_20140803181744.jpg
外に出て同じ角度でとるとこんな感じです。家が一つ高いところにあるのがわかります。

DSC_0618_convert_20140803181638.jpg
敷地内の一段高いところに和紙小屋があります。先代まで農閑期に和紙作りをしていたそうです。

DSC_0617_convert_20140803181242.jpg
豪雪地帯の備えの「種」と呼ばれる池が家の周りに張り巡らされています。ここには山からの水が間断なく流れ込みます。

DSC_0619_convert_20140803181357.jpg
ここの種は池のように仕立てられています。多くは四角いプール上です。ここに屋根に積もった雪が滑り落ちて融けます。
売主の話では雪かきをしたことがないと言ってました。

DSC_0713_convert_20140803182057.jpg
この急勾配の屋根の傾斜ですから雪は積もらずに滑り落ちます。落ちた先が「種」です。昔の人の偉大な知恵です。

DSC_0714_convert_20140803182208.jpg
まずは寝る場所の確保で二部屋の掃除をしました。畳の拭き掃除と掃除機で埃をとります。また、ダニ退治で薬剤を散布しました。その後に、お腹が空いたので簡単なお昼となりました。野菜はご近所の方が食べきれないほど持ち込んでくれたものです。野菜本来のにおいがしてとてもおいしいです。

DSC_0710_convert_20140803181853.jpg
本日は居間に寝袋を持ち込んで寝ます。とても涼しく、クーラーも扇風機もありません。明け方の寒さで風邪をひいてしまいました。娘や娘の友達が応援で来てくれました。

DSC_0614_convert_20140803175346.jpg
DSC_0624_convert_20140803180820.jpg
DSC_0811_convert_20140803182719.jpg
夜にはたくさんの珍客がいらっしゃいました。ホタル、メスのカブトムシ、そして沢蟹。

DSC_0799_convert_20140803183440.jpg
田舎生活三日目は台所の床掃除と茶箪笥の清掃です。しっかり、水拭きした後に除菌用アルコールを噴霧しました。
これで食器を入れるところを確保しました。

DSC_0816_convert_20140803183009.jpg
午後からは外の荒れ放題の畑を鍬で草取りを兼ねて耕しますが、なかなかの重労働です。やはり、耕運機が必要です。畑のお師匠さんも耕運機で3回ぐらい耕さないとだめだといわれました。

DSC_0814_convert_20140803182805.jpg
しかし、庭にはホットする山百合が良い匂いを漂わせてくれて元気が出ます。

DSC_0821_convert_20140803183057.jpg
青い空に大きな入道雲が立ち上がりました。

蝉しぐれに心地よい千曲川の川面をわたる風。庭先で椅子に座り、時間がながれます。

「蝉しぐれ 千曲の川面に 夏の風」 by まうんてんぼーい

これからも古民家暮らしの折々をお伝えします。

2014.7.22「初めての互助会への参加にワクワク」

「初めての互助会への参加にワクワク」

本格的な古民家の週末暮らしを始めた日に、まずは売主の親戚の方に連れられてご近所にあいさつ回りです。互助組織の最小単位は「組」と呼ばれています。「組」がいくつか集まって「区」が作られています。私が所属する「組」は10軒ほどが集まっています。まずは組長さんの家に。この辺りは屋号で呼ばれていて、昔、歯医者だったので「歯医者」と呼ばれていました。組長さんには日本酒を2本差し上げます。地酒の「北光」をさしあげました。 これはのちのち「組」の懇親会に使用されます。その他の方への挨拶はタオル程度でよいとのことでタオル(1000円程度)を持ってあいさつして回りました。

その後、初めての「常会」と呼ばれる「和水と呼ばれる会」の集会に出ました。地区の集会所に集まります。そこで皆さんにお披露目となりました。常会は各組で抱える課題の解決や年中行事の取り決め等を決める会のようです。この日は地区の橋の建て替えの話でした。
こんな工事でも、゜組」の予算で、使役も業者に依頼するものの、「伝馬」と言って使役は「組」から出すこととなるようです。
DSC_0709_convert_20140803184645.jpg
集会所は私の家からは目と鼻の先です。立派な建物です。

常会が終了すると「風祭」という豊作を祈念する氏神様に祈願する会が行われました。全員で集会所から近い氏神様に向かいます。

DSC_0698_convert_20140803183348.jpg
田圃の真ん中に大きな林があります。その中に氏神様が祀られていました。

DSC_0700_convert_20140803183558.jpg
神主様を先頭にぞろぞろと氏神様に向かいます。

DSC_0701_convert_20140803183703.jpg
田圃の真ん中に一本、まっすぐに林の中に道が続きます。

DSC_0702_convert_20140803183809.jpg
この列は太鼓をたたきながら続きます。「トントコトントコ」。

DSC_0703_convert_20140803183907.jpg
氏神様に到着しました。お供え物等を備えて祝詞が始まりました。

DSC_0704_convert_20140803184016.jpg

祝詞を聞いていると田圃や畑をやっているわけではないですが、自然に豊作を願う気持ちになるから不思議です。

この後、いよいよ懇親会となりました。こうして、緊張とワクワクの田舎生活の初日が過ぎて行きました。

2014.8.1「信州 高遠で高遠そばをいただく」

「信州 高遠そばをいただく」

愉快な仲間と木曾駒ヶ岳に登る日の前日、一週間前から発症した痛風の発作のために、私だけ遅れて登山口のある長野県駒ケ根市に向かう。お昼は茅野から杖突街道(国道152号線)を行く。この道は杖突峠 標高1254mを超えて高遠を経由して伊那へ抜ける道。中央高速でいくより早いかもしれない。何といっても、高遠を通過しているので「高遠蕎麦」を頂ける。

高遠市内に入ると高遠蕎麦の店は数軒あります。私は長野で働いていた頃から通っていた「華留運(ケルン)」に。

DSC_0850_convert_20140805053756.jpg
店の隣は道路を挟んで向かいにある「入野屋」の駐車場です。「華留運(ケルン)」の駐車場は道路を挟んで「入野屋」側にあります。

DSC_0851_convert_20140805054652.jpg
暖簾がかかっています。よかった。やっていた。

DSC_0852_convert_20140805055356.jpg
ここは山岳救助隊を長く勤められた方がご主人の店。早速、駐車場に止めて店内に。既に、三時前で店内は空いていました。
DSC_0853_convert_20140805055527.jpg
蕎麦汁は、焼きみそ味のそばつゆ。大根おろしの辛味にこんがり焼き味噌の風味、そしてねぎの辛みでそばを食べます。これが、「高遠そば」です。ここではそれに、くるみのつけ汁も付きます。

DSC_0854_convert_20140805055723.jpg
本日は、高遠そば・かき揚げ付を注文。

DSC_0861_convert_20140805055944.jpg
DSC_0862_convert_20140805060048.jpg
高遠に泊まるのであればこんなものも注文して、高遠の地酒「仙醸」 でぐびがお勧め。

DSC_0865_convert_20140805060304.jpg
高遠蕎麦です。

DSC_0866_convert_20140805060913.jpg
そばを口に含むと蕎麦の香りが鼻に抜けます。

DSC_0867_convert_20140805061001.jpg
焼きみそ味のそばつゆ。大根おろしの辛味にこんがり焼き味噌の風味、そしてねぎの辛みでそばを食べます。真ん中の白い汁がくるみ汁です。

DSC_0868_convert_20140805061942.jpg
かき揚げは玉ねぎ等の野菜の丸天です。

とてもおいしく満足です。蕎麦といえば最近は法外な値段をとるところもありますが、これで1150円とリーズナブルです。

是非、一度お立ち寄りください。

◎高遠そば
信州伊那市高遠山間部の家庭で作られる蕎麦汁は、焼きみそ味のそばつゆ。大根おろしの辛味にこんがり焼き味噌の風味、そしてねぎの辛みでそばを食べます。これが、江戸時代から伝わる「高遠そば」です。

◎高遠そばは山形や福島の会津でもあるのは何故か
二代将軍秀忠の子、保科正之は側室お静の方の間に生まれましたが、正室お江与の方の嫉妬を恐れ七歳のとき高遠藩の保科家へ出され、後に藩主となります。その後、異母兄の家光に才を認められ山形最上藩二十万石を与えられますが、高遠三万石から二十万石への転封には到底家臣が足りず、味噌屋やそば職人など読み書きできるものを端から取り立て家臣としました。その後、会津藩三十二万石へ転封となり、そば好きだった正之公や様々な職種や身分だった家臣たちから高遠のそば文化が山形や会津に伝わりました。

◎華留運(ケルン)
住所  伊那市高遠町西高遠1621-1
Tel  0265-94-4277
営業時間 11時~15時、17時~22時
定休日   水曜日
創業    平成6年
席数  25席、個室有り(10名 離れの蔵座敷)



2014.8.1「信州 高遠の街並みをぶらり」

「信州 高遠の街並みをぶらり」

信州高遠は高遠城址の桜であまりにも有名ですが織田対武田の戦いや家光の異母兄弟保科正之の治世や江戸時代の権力闘争の大奥の絵島の幽閉先など歴史の舞台としてぶらり歩きはおすすめです。

市内の無料駐車場にクルマを止めて、城下町らしい蔵の家並みが続く街道沿いをぶらーり。

DSC_0873_convert_20140806053542.jpg

DSC_0874_convert_20140806053803.jpg
伊那まで9キロの表示が見えます。国道152号線の両側に昔ながらの家並みが広がります。

DSC_0839_convert_20140806053959.jpg
この通りの真ん中あたりに無料駐車所があります。家並と市内観光はここにとめましょう。

DSC_0840_convert_20140806054115.jpg
ご城下通りとあります。城下町の家並を再現しています。

DSC_0872_convert_20140806053425.jpg
家並みの中心にあるのがこの高遠の地酒「黒松仙醸」の造り酒屋「仙醸」がありました。蔵は戸が固く閉まっていたので近くの酒屋で購入することとしました。本当は試飲したかったんですが。いや、運転中でできません。
締まっててよかったです。

DSC_0841_convert_20140806054211.jpg
店の前には昔酒米を炊いた大きな釜がどんと据えてあります。

DSC_0844_convert_20140806054312.jpg
さらに酒づくりに使う水が勢いよく流れ飲めるようになっています。さっそく、喉を潤いました。

DSC_0846_convert_20140806054441.jpg
さらに店先に歌碑があります。よく見ると「花袋」の文字。田山花袋の歌碑です。眼を凝らしてみると次のような歌が書いてありました。

「高遠は 山裾の町古き町 行き逢ふ子らの美しき町」

とあります。
この後に愉快な仲間と合流したときに、高遠に行ってきたと話すと、愉快な仲間の一人が、なんとすらすらとこの歌を詠ったのでびっくり。愉快な仲間の薀蓄の深さに今更ながら感心。

田山花袋の歌がなぜ高遠に残るかは「富士を見に大正五年七月二十六日、入笠山を越え、絵島の墓を訊ねた。花袋が墓のある蓮華寺を訪ねて住職に絵島の墓を尋ねると、住職は「お上のお仕置きを受けて流されて来た者の墓ゆえか、案内などもってのほか」と行ってしまった。仕方なく花袋は、蓮華寺の境内をあっちこっち捜し回った末に、墓地から少し離れた裏山の高く茂った夏草の中に、埋もれて倒れている墓石をようやく見つけ出すことができた。」とのこと。この際にいくつかの歌を高遠に残していったようです。

DSC_0847_convert_20140806054710.jpg
その後、作り酒屋前に道を挟んであった「にんべん」という酒屋で「黒松仙醸」を購入。

DSC_0869_convert_20140806054803.jpg
酒屋の店先の暖簾の横の柱に何か打ち付けれてあります。

DSC_0870_convert_20140806054937.jpg
これはいったい何。表札のように見えます。主人に尋ねると「にんべん」の屋号だそうです。

たまには歴史深い城下の道沿いをぶらーり歩きも良いものです。いろいろ発見する者があります。今回は花袋の素晴らしい歌に出会えたことです。最も「行き逢ふ子らの」に会いませんでした。人があまり歩いていません。

◎株式会社仙醸
長野県伊那市高遠町上山田2432
Tel.0265-94-2250 Fax.0265-94-2025
慶応2年(1866年) 創業

2014.8.2「ピーカンの千畳敷を行く 木曾駒ヶ岳山行」

「ピーカンの千畳敷を行く 木曾駒ヶ岳山行」

山楽会の愉快な仲間との「夏の陣」は八ヶ岳の八子カ峰に中央アルプスの木曾駒ヶ岳2,826 mを登ることに。私は初日の八子カ峰は持病の痛風発作のために足の痛みが引かず断念。二日目の木曾駒ヶ岳から参加しました。
痛風は字で書いた如くで風が吹いても痛い、激痛で歩けません。当日は少しおさまったので、登山靴をギブス代わりにストックを足代わりに歩こうという算段です。

DSC_0815_convert_20140803182906.jpg
汚い足をすいません。痛風で足の甲全体とアキレス腱が腫れ上がっています。

DSC_0907_convert_20140808000150.jpg
夏のハイシーズンで混雑が予想されたので、朝5時の始発に乗り込む予定で駐車場にクルマを止めました。(駐車料金500円)。臨時バスが間断なくでていました。既に登山客の長い列ができています。バスターミナルのある菅の台。

DSC_0910_convert_20140808000044.jpg
バスはすれ違いのできない林道を無線で交信しながら進みます。当然、片側は深い谷になっています。全員着席が基本でバスを走らせているので座れます。登山靴の中で痛風の足が呻きます。

DSC_0911_convert_20140808000257.jpg
途中、群青の青空を背景に宝剣岳2,931 mがその鋭い剣先を天に刺し込んだ姿が見れました。左に見える建物が千畳敷駅です。

DSC_0003_convert_20140808051749.jpg
駒ヶ岳ロープウェイのしらびそ平駅に到着しました。始発のバスが停車していました。早速、ロープウェーの列に並びます。本来なら30分おきですが、本日は10分おきに運航しています。

DSC_0913_convert_20140808000559.jpg
既に、前の列は進んでいました。混雑時の階段規制のようなことが行われていました。

DSC_0915_convert_20140808000702.jpg
DSC_0918_convert_20140812050710.jpg
千畳敷駅に向かってロープウェーの鉄塔が並びます。駒ヶ岳ロープウェイの千畳敷駅は、ロープウェイの駅としては日本最高所に位置しています。2612m。

DSC_0919_convert_20140808000914.jpg
シラビソ平は19℃、湿度60%でした。

DSC_0920_convert_20140808001019.jpg
雲は出ていますが、やがてピーカンとなりました。

DSC_0926_convert_20140808001226.jpg
雲の上に見える南アルプス連峰。左から鋸岳、甲斐駒ケ岳、仙丈岳。

DSC_0921_convert_20140808001133.jpg
真下にはいく筋もの滝が流れています。

DSC_0928_convert_20140808001315.jpg
千畳敷駅に着きました。寒くありません。

DSC_0929_convert_20140808001424.jpg
気温18℃としらびそ平と1℃しか違いませんが湿度は39%とかなり乾燥しています。おかげで爽やかな感じです。

DSC_0930_convert_20140808002423.jpg
DSC_0931_convert_20140808002744.jpg
DSC_0932_convert_20140808002849.jpg
千畳敷は限りなく青く、多くの登山客がばらまかれています。宝剣岳が堂々たる雄姿です。

DSC_0936_convert_20140808003144.jpg
ここで身づくろいをしてスタートです。ここのトイレはなんとウォシュレットです。ヤマ小屋の文明開化は一段と加速しているようです。

いよいよ、まずは宝剣山荘に向けてスタートしました。つづく。「ピーカンの千畳敷を行く 木曾駒ヶ岳」をご覧ください。

〇歩程
菅の台6:11-(バス)-6:50シラビソ平7:03-(ロープウェー)-7:09千畳敷

2014.8.2「ピーカンの千畳敷を行く 珍客出現」

「ピーカンの千畳敷を行く 珍客出現」

山楽会の愉快な仲間とまずは宝剣山荘に向けて千畳敷駅をスタートしました。空はピーカン。氷河が削ってできたカールとのコントラストが美しい。また、南アルプスは鋸岳から光岳まで全容をすべて見せてくれています。年に何度もない一日となりそうです。痛風の足をストックでかばいながらの登山ですがいつの間にか痛みも忘れてしまうほどの景色に足も軽くなりました。

DSC_0937_convert_20140808205618.jpg
登山道にいよいよ入る前に神社があります。しっかり、お参りをしていく愉快な仲間たち。えらいね。

DSC_0939_convert_20140808211838.jpg
ハイシーズンということもあり登山客は本当に多い。登山ブームを実感する。この辺りまでは観光客の人たちも混じり混雑しています。

DSC_0945_convert_20140808212010.jpg
雲上に南アルプス鋸岳と甲斐駒ケ岳。

DSC_0946_convert_20140808212105.jpg
富士山も南アルプスの向うにその姿を見せています。

DSC_0947_convert_20140808213558.jpg

DSC_0950_convert_20140808213810.jpg
左からぎざぎさの鋸岳2685m、甲斐駒岳2967m、一端落ちて、少しなだらかに上がったところがアサヨ峰2799m、その先の小さな頂き小仙丈岳2855m、その続きの大きな頂き仙丈岳3033m、その隣の尖った峰は北岳3193m、次の頂きに至る稜線に小さくぼっちりと頂きらしく見えるのが中白根山3053m、続く大きな頂きは間ノ岳3189m、続く頂きは農鳥岳3026m、そして南アルプスの向こうに富士山。

DSC_0953_convert_20140808213942.jpg
登山道は良く整備されています。

DSC_0959_convert_20140808214048.jpg
大きな雪田も残っていて、多くの観光客や登山客が雪と戯れていました。

DSC_0961_convert_20140808214148.jpg
千畳敷ホテルとロープウェー山頂駅。このホテルはご来光がみれることと2000mを超える標高にあることもあり、この時期は満室が多い。宿泊するなら早めの予約が必要です。

DSC_0962_convert_20140808214244.jpg
いよいよ宝剣山荘に向かっての長い九十九折の道に差し掛かりました。大きな「警告」と記された看板におもわず振り返ります。

DSC_0964_convert_20140808214518.jpg
中央アルプス宝剣岳と記された倒れた道標の先には宝剣岳。

DSC_0965_convert_20140808214618.jpg
DSC_0967_convert_20140808220341.jpg
長い登山客の列が続きます。

DSC_0972_convert_20140808220551.jpg
DSC_0973_convert_20140808220753.jpg
DSC_0974_convert_20140811214334.jpg
DSC_0976_convert_20140811214501.jpg
DSC_0986_convert_20140811214927.jpg
ひたすら登っていると珍客のお出迎え。猿の群れです。いままで、千畳敷で猿を見たことはありませんでしたがたくさんの猿が餌を探していました。空木方面に居た猿が観光客の餌付けで来たのでしょうか。そのかわいらしいしぐさとは別に千畳敷の自然が壊れないか心配です。最も、多くの登山客の方がもっと心配ですか。

宝剣山荘の鞍部まではさらに急な九十九折を行きます。つづく。ブログ「ピーカンの千畳敷を行く 木曾駒ヶ岳へ」

〇歩程
菅の台6:11-(バス)-6:50シラビソ平7:03-(ロープウェー)-7:09千畳敷7:24-駒ヶ岳神社7:25-宝剣山荘鞍部への登路の基部7:43-倒れた中央アルプス指導標7:45-宝剣山荘鞍部8:39-

2014.8.2「ピーカンの千畳敷を行く 富士山噴火!」

「ピーカンの千畳敷を行く 富士山噴火!

山楽会の愉快な仲間も猿の出現にびっくりしたものの、快調に宝剣山荘の鞍部へ近づきます。一時間もかからない九十九折の登路ですが道は良く整備されていて歩きやすいので痛風の足も助かります。

DSC_0981_convert_20140811214606.jpg
登山道の両側は深山キンポウゲ、シナノキンバイなどの黄色系の花のお花畑です。

DSC_0983_convert_20140811214704.jpg
振り返るとこんなに登ってきました。千畳敷ホテルも小さくなりました。

DSC_0984_convert_20140811214814.jpg
抜けるような群青の空を目指して、ますます傾斜が急になる登山道です。

DSC_0989_convert_20140811215027.jpg
「富士山が噴火!富士山の山頂に噴火のような雲が立ち上がりました。

DSC_0992_convert_20140811215228.jpg
登ってきた登山道を見下ろすとこんな感じです。

DSC_0995_convert_20140811215337.jpg
狭い登山道。こんな梯子も場所によってはついています。

DSC_0997_convert_20140811215456.jpg
いよいよ鞍部が近づきました。ピーカンの空に雲がポツポツ。

DSC_1000_convert_20140811215613.jpg
ここまで来ると氷河地形のカールであることが良くわかります。

DSC_1001_convert_20140811215738.jpg
鞍部が直前となりました。鞍部から来た道を見下ろす人たちに向かって、パチリ。

DSC_1003_convert_20140811215832.jpg
鞍部に到着しました。

DSC_1004_convert_20140811215952.jpg

DSC_1005_convert_20140811220101.jpg
宝剣山荘の青い屋根が見えます。多くの登山客が鞍部でくつろいでいました。

木曾駒ヶ岳や宝剣岳はここからさらに一時間ほど歩かねばなりません。しかし、こんな素晴らしい景色を二時間余りで手にできる千畳敷は、スイスアルプスに登るための列車やロープウェーと同様に多くの登山者に手軽に絶景を提供してくれる日本には数少なす場所の一つです。

いよいよ、宝剣山荘を経て、中岳を登って、いよいよ木曾駒ヶ岳です。つづく。ブログ「ピーカンの千畳敷を行く 木曾駒ヶ岳へ」

〇歩程
菅の台6:11-(バス)-6:50シラビソ平7:03-(ロープウェー)-7:09千畳敷7:24-駒ヶ岳神社7:25-宝剣山荘鞍部への登路の基部7:43-倒れた中央アルプス指導標7:45-宝剣山荘鞍部8:39-

2014.7.22「名古屋名物でちょっと一杯 だるま」

「名古屋名物でちょっと一杯 だるま」

名古屋に出張した。名古屋といえば「きしめん」。これは新幹線のホームのきしめんがおいしいと評判だが、しっかり、昼を抜いて、名古屋に着いたホームで350円を払いきしめんは頂いた。この平たい感触が何とも言えない。だしと花かつおもよい。満足して、市内に。仕事が終わって、久々に昔の部下と一杯。名古屋というと「みそかつ」「みそ煮込みうどん」「ひつまぶし」「えびふりゃ」等々食の名物も多い。色々たべれる店にご案内とばかりに名古屋の繁華街「錦」の「だるま」という店に。

DSC_0789_convert_20140813213713.jpg

DSC_0790_convert_20140813214005.jpg

DSC_0791_convert_20140813214412.jpg

店内に入ると20時ということもあり、かなりの混みようです。窓側のテーブル席にすわり、メニューを覗き込みます。カウンター席側にもメニューがずらり。

DSC_0778_convert_20140813214507.jpg

DSC_0779_convert_20140813214654.jpg
まずは、ここの名物の「鶏ちゃん焼」を注文。鶏も名古屋コーチンなら名古屋名物。もちろん、味は八丁味噌の本場名古屋ですから味噌を選択。

DSC_0786_convert_20140813215415.jpg

DSC_0788_convert_20140813215705.jpg
北海道のチャンチャン焼きに近いかな。鮭が鶏肉に変わった感じ。

DSC_0780_convert_20140813214756.jpg
これも名物とあるので、「づけ串」を注文。

DSC_0787_convert_20140813215605.jpg
普通の焼き鳥かな。

DSC_0781_convert_20140813214918.jpg
おー。名古屋名物を発見。「土手煮」。さっそく、卵、ダイコン、牛筋等を注文。

DSC_0783_convert_20140813215109.jpg
さすがに、これはグッド。

DSC_0782_convert_20140813215021.jpg
付け出しは白和えでした。これはおいしかった。

DSC_0784_convert_20140813215228.jpg
さっぱり、塩キャベツ。これもよし。

DSC_0785_convert_20140813215329.jpg
冷奴。こういう、そのままの素材の良さのものがうまい。

名古屋は味がからくて、食はなかなかすすみません。結局、素材を生かして、あじつけしていないものばかりで酒を飲んでました。


◎だるま
交通  地下鉄東山線 栄駅 1番出口 徒歩1分  名鉄瀬戸線 栄町駅 徒歩1分
住所  名古屋市中区錦三丁目18-18 (錦通り沿い 東京第一ホテル錦さん右隣)

2014.8.2「ピーカンの千畳敷でみた高山植物Ⅰ」

「ピーカンの千畳敷でみた高山植物」

山楽会の愉快な仲間とまずは宝剣山荘に向けて千畳敷駅をスタートしました。そこから宝剣山荘の建つ鞍部までにみた高山植物をご紹介します。花色が濃く、お花畑となっていました。

DSC_0940_convert_20140813231206.jpg
ミヤマキンポウゲが黄色いじゅうたんを作っていました。

DSC_0941_convert_20140813231403.jpg
登山口のすぐ近くにクロユリが咲いていました。

DSC_0944_convert_20140813231727.jpg
ナナカマド(七竈、学名;Sorbus commixta)はバラ科の落葉高木。赤く染まる紅葉や果実が美しい。花は白い。
「ナナカマド」という和名は、"大変燃えにくく、7度竃(かまど)に入れても燃えない"ということから付けられたという説が、広く流布している。その他に、"7度焼くと良質の炭になる"という説や、食器にすると丈夫で壊れにくい事から"竃が7度駄目になるくらいの期間使用できる"という説などもある。

DSC_0954_convert_20140813231814.jpg
シナノキンバイ。

DSC_0955_convert_20140813231920.jpg
チングルマ

DSC_0957_convert_20140813232024.jpg
アオノツガザクラ

DSC_0958_convert_20140813232121.jpg
DSC_1095_convert_20140814160856.jpg
ハクサンイチゲ

DSC_0991_convert_20140813232310.jpg
ヨツバシオガマ

DSC_0996_convert_20140813232405.jpg
DSC_0998_convert_20140813232506.jpg
チシマキキョウ。キキョウ科ホタルブクロ属の多年草。イワギキョウとよく似ているので見分け方が難しい。一番わかりやすい違いはチシマギキョウの花冠には長毛があるが、イワギキョウは無毛という点。またチシマギキョウの萼片は全縁だが、イワギキョウのそれには鋸歯がある違いのほか、葉の縁、花冠の向きなども異なる。

DSC_1030_convert_20140814063641.jpg
DSC_1080_convert_20140814160622.jpg
DSC_1075_convert_20140814160726.jpg

ヒメウスユキソウ。中央アルプス(木曽山脈)の花崗岩礫地の固有種 。 田中澄江が『花の百名山』の著書で、木曽駒ヶ岳を代表する高山植物の一つとして紹介した。その産地が限られていることや個体数の少ないことから、長野県が2002年に、絶滅危惧IA類に指定しました。学名の「shinanense」は「信濃」を意味し、長野県を代表する高山植物の一つ。宮田村の特別シンボルに指定されている。日本産のウスユキソウ属のなかではもっとも小型で、茎の高さは4~15cm。頭花は2~3個。開花時期は7~8月。エーデルワイス。この巻道でしか見ませんでした。撮影に夢中になり、あやうくメガネを落としそうになりました。

DSC_1033_convert_20140814065319.jpg
イワツメクサ(岩爪草)。デシコ科ハコベ属の多年草。本州中部の高山の礫地に多く分布する高山植物。。5弁花であるが、真ん中に深い切れ込みが入っているので花弁が10枚あるように見える。岩の間から生えるツメクサという意味。

DSC_1085_convert_20140814160522.jpg
イワツメクサ 5弁。

〇歩程
菅の台6:11-(バス)-6:50シラビソ平7:03-(ロープウェー)-7:09千畳敷駅4-駒ヶ岳神社7:25-宝剣山荘鞍部への登路の基部7:43-倒れた中央アルプス指導標7:45-宝剣山荘鞍部8:39-宝剣山荘8:48-中岳巻道分岐8:55-木曽駒頂上山荘9:20-9:41木曽駒岳山頂9:48-中岳巻道分岐10:20-10:26宝剣山荘10:45-千畳敷駅11:47


2014.8.2「ピーカンの千畳敷を行く 木曾駒ヶ岳へ」

「ピーカンの千畳敷を行く 木曾駒ヶ岳へ」


山楽会の愉快な仲間は宝剣山荘の鞍部からいよいよ宝剣山荘経由で中岳を登り、木曾駒ヶ岳に向かいます。

DSC_1009_convert_20140814061335.jpg
宝剣山荘に向かう途中から中岳2925mと赤い屋根は天狗荘。

DSC_1010_convert_20140814061444.jpg
宝剣岳2931m山頂のローソク岩に立つのは三方がすっぱり落ちていて、滑落の危険が多いいが肝試しに近い感覚で多くの人が立っていjました。かくいう、私も登れば立ちますがジェットコースターの先頭に乗って両手揚げるのとおんなじ感覚かな。見ている方がハラハラします。

DSC_1013_convert_20140814061710.jpg
宝剣山荘に着きました。ここは休まずに登山道を全員中岳に向かいます。

DSC_1015_convert_20140814061812.jpg
信仰の山。どちらかの「講」の祈願の石が二つ。宝剣山荘の裏に鎮座していました。

DSC_1017_convert_20140814061908.jpg
ここからは三方岳が手に取るように見えます。

DSC_1011_convert_20140814061601.jpg
さらに中岳に向かって歩くと山頂に多くのと登山者が米粒のように見えます。

DSC_1018_convert_20140814062004.jpg
木曾駒ヶ岳には中岳に登って、そのあと、一端、頂上山荘のある鞍部にくだり、再び登る道と中岳の周りをまわって楽に行く巻道の二つがありますが、この巻道は難所があり危険となっています。とはいっても、慎重に歩けば滑落の危険な場所はほとんどありません。しかし、冬季は遭難の巣で、冬季は閉鎖となっています。

愉快な仲間はここで三班に分割。パーティーではあまり感心しませんが、慎重に打合わせをするので大丈夫です。

一班は宝剣山荘に戻り、昼食準備。一般は中岳経由で木曾駒ヶ岳に。そして、最後の三班は私一人でこの難所の巻道ルートを経て木曾駒ヶ岳に行きます。痛風の痛みもあるので登高を少しでも減らそうという算段です。

DSC_1022_convert_20140814062253.jpg
巻道に入りました。絶壁に道が走っていますが、危険というほどでもありません。しいて言えば巻道の入り口が多少危険です。それよりも景色がこの道は素晴らしく、御嶽山を見ながらのトラバースとなります。また、ここにはエーデルワイスが沢山咲いています。

DSC_1030_convert_20140814063641.jpg
ヒメウスユキソウ。中央アルプス(木曽山脈)の花崗岩礫地の固有種 。 田中澄江が『花の百名山』の著書で、木曽駒ヶ岳を代表する高山植物の一つとして紹介した。その産地が限られていることや個体数の少ないことから、長野県が2002年に、絶滅危惧IA類に指定しました。学名の「shinanense」は「信濃」を意味し、長野県を代表する高山植物の一つ。宮田村の特別シンボルに指定されている。日本産のウスユキソウ属のなかではもっとも小型で、茎の高さは4~15cm。頭花は2~3個。開花時期は7~8月。エーデルワイス。この巻道でしか見ませんでした。撮影に夢中になり、あやうくメガネを落としそうになりました。

DSC_1023_convert_20140814062356.jpg
結構、木曾駒ヶ岳に登っての帰り道に使用する登山客多く、滑落しそうなところでは渋滞しています。

DSC_1025_convert_20140814062456.jpg

DSC_1028_convert_20140814062709.jpg
遠くから見るとトラバース道はこんな感じです。

DSC_1031_convert_20140814063731.jpg
チシマギキョウがたくましく風に揺られていました。

DSC_1032_convert_20140814063842.jpg
常に、行く道の先には御嶽山が見えていて、気持ち良く歩けます。

DSC_1034_convert_20140814065816.jpg
前を行く登山客が中岳の岩峰をパチリ。

DSC_1072_convert_20140814142539.jpg
この標識にうろたえることなく慎重に歩きましょう。

ここで、中岳を登ってきた二班の二人と合流。木曾駒ヶ岳の山頂を目指します。九十九折の道をあがっていくと比較的にあっという間に山頂登頂。

DSC_1036_convert_20140814140642.jpg
木曾駒ヶ岳2956mと登路を見る。手前の青い屋根は頂上山荘。

DSC_1038_convert_20140814140743.jpg
登路から見る木曾の御嶽山が堂々たる山容。

DSC_1040_convert_20140814140849.jpg
山頂アタックの愉快な仲間2名はスタスタと軽快に足を運びます。

DSC_1043_convert_20140814140932.jpg
いよいよ山頂が近くなりました。
DSC_1062_convert_20140814141931.jpg

DSC_1046_convert_20140814141149.jpg
山頂の神社が見えてきました。この神社は山頂の東側(伊那側)にある伊那駒ヶ岳神社です。

DSC_1057_convert_20140814141735.jpg
もう一つの山頂の西側(木曽側)にある木曽駒ヶ岳神社では、「講」のたくさんの人たちが白装束で一心不乱に祈願の最中。その雰囲気はまさに霊山にふさわしい。ここだけ、登山客とは隔絶された社会が展開していました。

DSC_1061_convert_20140814141826.jpg

DSC_1062_convert_20140814141931.jpg
木曾駒ヶ岳2956mの広い山頂には多くの登山客が思いを馳せる姿が。青空にその思いが吸い込まれていきます。

DSC_1045_convert_20140814141026.jpg
山頂から見た木曾御嶽山3063mと山頂木曾小屋。この構図で昨年、某電気会社の機関紙の表紙を飾りました。

広い山頂から360度の展望を楽しみ、いよいよ下山となります。つづく。「ピーカンの千畳敷を行く 入道雲に追い立てられて下山へ」をご覧ください。

〇歩程
菅の台6:11-(バス)-6:50シラビソ平7:03-(ロープウェー)-7:09千畳敷駅4-駒ヶ岳神社7:25-宝剣山荘鞍部への登路の基部7:43-倒れた中央アルプス指導標7:45-宝剣山荘鞍部8:39-宝剣山荘8:48-中岳巻道分岐8:55-木曽駒頂上山荘9:20-9:41木曽駒岳山頂9:48-中岳巻道分岐10:20-10:26宝剣山荘10:45-千畳敷駅11:47

2014.8.9「飯山湯滝温泉で名物みゆき豚」

「飯山湯滝温泉で名物みゆき豚」

長野県飯山市の家に帰ると近くに日帰り温泉がたくさんあって、つい、温泉に行ってしまう。健康にもいいし。
家から車で10分ほどの「飯山湯滝温泉」は受付のお姉さんにも覚えられてしまうほどよく行っています。行くと必ず、夕飯もということになります。日帰り温泉の食堂は高くて、まずいというのが相場ですが、ここはなかなか良いです。

本日も、夕飯はここでということになり、遊びに来た娘と友達で夕食に。時間が早かったので空いていました。時間によっては結構込んでいます。

DSC_0607_convert_20140815051836.jpg
カウンターに座れば千曲川の流れを見ながら食事を楽しめます。

DSC_0608_convert_20140815052155.jpg
みゆきポークは地元の特産の豚です。とても柔らかい肉質でおいしいです。

DSC_0609_convert_20140815052321.jpg
地元のえのきだけとみゆきポークのコラボ丼もあります。

DSC_0610_convert_20140815052445.jpg
やはりここはみゆきポークの素材を生かしたものを注文するか。

いろいろ検討して注文したのがこれです。

DSC_0606_convert_20140814161006.jpg
信州みそ豚丼。えのきとのコラボは悪くなかったようです。

DSC_0611_convert_20140815052801.jpg
みゆきポークとんかつ定食。さくさくしていて、柔らかい肉があっという間に口の中に消えます。

DSC_0612_convert_20140815052910.jpg
みゆきポークソテー定食。見た目には食欲をそそりませんが、口に含むとみゆき豚のうま味が口に広がります。

是非、温泉ついでに食事をというときには、ここの日帰り温泉は「いいと思います。」

◎みゆきポーク(飯山市ホームページ)
わずか5軒だけの養豚農家が愛情を注いで育てている産地銘柄豚「みゆきポーク」。高い飼養技術とイモやキャッサバなどを多く取り入れた特別配合飼料で、しまりがあって軟らかな肉質と、脂質の甘味・コクを実現しました。 信州が誇る超一級ブランド豚として、全国各地のレストランや旅館で引っ張りだこです。

◎飯山湯滝温泉
長野県飯山市大字一山字川押1898
TEL0269-65-3454 FAX0269-67-0065

2014.8.2「ピーカンの千畳敷を行く 入道雲に追い立てられて下山へ」

「ピーカンの千畳敷を行く 入道雲に追い立てられて下山へ」

山楽会の愉快な仲間と宝剣山荘で合流するために木曾駒ヶ岳からの下山を開始。

DSC_1048_convert_20140814141242.jpg
山頂からの南アルプスを再度眺めます。名残惜しい瞬間左からぎざぎさの鋸岳2685m、甲斐駒岳2967m、一端落ちて、少しなだらかに上がったところがアサヨ峰2799m、その先の小さな頂き小仙丈岳2855m、その続きの大きな頂き仙丈岳3033m

DSC_1050_convert_20140814141511.jpg
正面の尖った山は塩見岳3047m、その右側の頂きは前小河治内岳2784m

DSC_1051_convert_20140814141557.jpg
左から悪沢岳3141m、中岳3053m、赤石岳3120m

DSC_1052_convert_20140814141644.jpg
左から赤石岳3120m、一端下がって、双子のような頂きは左から聖岳3013m、兎岳2799m、そのあとのボッチとある頂きは茶臼岳2604m。

DSC_1045_convert_20140814141026.jpg
最後に御嶽山に頭を下げて下山スタート。

DSC_1065_convert_20140814142053.jpg
木曾駒ヶ岳の下山路を振り返り見上げる。「木曽駒くんまたね。」

DSC_1067_convert_20140814142148.jpg
下山路から頂上山荘とテンバ。色カラフルなテントが並びます。

DSC_1089_convert_20140814155853.jpg

DSC_1074_convert_20140814155537.jpg
帰りは巻道でかえります。私は往復この道を使いました。ヒメウスユキソウの色が濃いです。

DSC_1086_convert_20140814155646.jpg
宝剣山荘が見えてきました。

山楽会の愉快な仲間と全員が宝剣山荘で合流。宝剣山荘待機組は我々が到着と同時に下山を開始。我々登頂組は早速昼食としました。宝剣山荘前のベンチ前には多くの登山客であふれかえっています。食べるのに夢中になっているとこの入道雲。
DSC_1090_convert_20140814155932.jpg
しっかり雨雲をつれています。このあと、あっという間に空は黒い雲に覆われました。

DSC_1088_convert_20140814155759.jpg
あわてて、コンビニ弁当を食い散らかして、早々に下山に。何せ、山の雷では何度も死ぬ思いしているので。

DSC_1094_convert_20140814160123.jpg
宝剣山荘の鞍部から千畳敷へ下る。この時間でも続々登ってきます。

DSC_1093_convert_20140814160031.jpg
氷河が激しく削ったカールの先に千畳敷ホテルが見えます。

DSC_1099_convert_20140814160218.jpg
登山口に到着。

DSC_1100_convert_20140814160307.jpg
ロープウェーは時間を誤ると2時間待ちです。まだ、早いのでスムーズに乗れました。

DSC_1102_convert_20140814160352.jpg
ロープウェーから千畳敷駅。

DSC_1103_convert_20140814160431.jpg
眼下にはいく筋もの滝が流れ落ちます。

無事にシラビ平に到着。天候に恵まれ、痛風の足も何とか持ってくれた山行きでした。

DSC_0004_convert_20140808052651.jpg

〇歩程
菅の台6:11-(バス)-6:50シラビソ平7:03-(ロープウェー)-7:09千畳敷駅4-駒ヶ岳神社7:25-宝剣山荘鞍部への登路の基部7:43-倒れた中央アルプス指導標7:45-宝剣山荘鞍部8:39-宝剣山荘8:48-中岳巻道分岐8:55-木曽駒頂上山荘9:20-9:41木曽駒岳山頂9:48-中岳巻道分岐10:20-10:26宝剣山荘10:45-千畳敷駅11:47


2014.8.9「雨模様の日 千曲川から歓声 千曲川ラフティング」

「雨模様の日 千曲川から歓声 千曲川ラフティング」

今年の夏は気温が高い上に雨模様の日が多く、長梅雨のような日が続く。スカットしたブルースカイが見たい。
千曲川沿いに走る県道408号線を走っていると歓声があがる。千曲川を見るとラフティングのボートの列。雨で増水して、流れも速くラフティングには良い日。

DSC_0209_convert_20140816061653.jpg

千曲川はラフティングやカヌー乗り場が整備されていてうれしい。見ているうちに、乗りたくなりました。カヌーを購入してこの川を下るのが今の楽しみ。千曲川はここからさらに新潟県に入り、信濃川と名前を変えて日本海に流れ込みます。

DSC_0208_convert_20140816062304.jpg

DSC_0210_convert_20140816062519.jpg

DSC_0213_convert_20140816062639.jpg

DSC_0214_convert_20140816062747.jpg

DSC_0217_convert_20140816063012.jpg

DSC_0222_convert_20140816063119.jpg

◎千曲川ラフティング(ホームページ)
時間 9:30〜11:30 / 13:30〜15:30
料金 2時間 / 6,000円(別途保険代300円)
対象年齢 3歳以上
持ち物 / 服装 水着と着替えをお持ちください。靴はかかとを固定できるサンダルやウォーターシューズをご用意くださ        い。無料のレンタルもあります。
集合場所 湯滝温泉下 
お問合せ/申込み Active 4(シャイン) 0269 (64) 3661

2014.8.10「リンゴで育てた信州牛 うれしい格安ランチ」

「リンゴで育てた信州牛 うれしい格安ランチ」

長野で仕事をしていたころから信州中野の営業所長がランチといえば必ず連れてきてくれた焼肉の店。店内も清潔に保たれていて気持ちが良い。「三夢」。

DSC_0729_convert_20140816080516.jpg

ここの牛は 信州アルプス牛といって、「和牛」と「乳用種」を交け合わせてできた“交雑種”。交配には主に、父親に黒毛和種、母親にはホルスタイン種と言われる品種が使われている。和牛の肉質“霜降り”の良いところと、乳用牛の短期間で大きくなる性質を利用し、また乳用牛(国産牛)より、5~6ヶ月飼育期間を延長することで、和牛に近い、値ごろ感のある、おいしい牛肉に仕上げているので安く提供できるらしい。

DSC_0730_convert_20140816080610.jpg

DSC_0731_convert_20140816080709.jpg
ここは焼肉のたれが絶品。

DSC_0732_convert_20140816080826.jpg
甘口と辛口ににんにく少々。スタンバイできました。

DSC_0733_convert_20140816080922.jpg
カルビーとラム。ここは10種類の肉から2種類組み合わせができます。これにスープとサラダ付きでランチ880円。

DSC_0734_convert_20140816081035.jpg
カルビーとロース

DSC_0735_convert_20140816081132.jpg
ロースとラム

DSC_0736_convert_20140816081225.jpg
ご飯とスープはお代わり自由。うまい。おいしい。good。

DSC_0737_convert_20140816081554.jpg
ということであっという間に食べてしまいました。

志賀高原に向かうと左手にあります。是非、一度、行ってみてください。安くて、うまい。

◎三夢
長野に6店舗新潟、山梨に一店舗を展開している。私が行くのは中野店。
長野県中野市一本木308-1
予約電話番号 0269-22-7667
営業時間 ●平日/11:30~24:00
●土・日・祭日/11:00~24:00 定休日 ●年中無休
●席数/137席 ●個室/なし ●駐車場/35台


2014.7.21「日本一高いところにあるパンを買いに行く」

「日本一高いところにあるパンを買いに行く

愉快な仲間と長野のからの帰りに志賀高原草津ルートの最高点渋峠に。ここから、リフトで横手山山頂にある横手山ヒュッテのパンを買おうという算段です。

DSC_0740_convert_20140819041150.jpg
渋峠は標高2152mにあります。駐車場に車を止めました。駐車料は無料。まずは正面の「渋峠ホテル」でトイレをお借りします。このホテルは群馬県と長野県の県境にあるホテルで県境を外から室内にまで線を引いて明らかにしています。
2009年1月28日、テレビ朝日にて放送された「ナニコレ珍百景」にて渋峠ホテルが「珍百景」に認定されたそうです。

DSC_0741_convert_20140819041255.jpg
ここでもパン屋さんありますがやはり横手山山頂のパンが有名です。

DSC_0742_convert_20140819041341.jpg
ホテル内の至る所に県境が明示されています。長野県と群馬県を行ったり来たりです。

DSC_0777_convert_20140819042628.jpg
外の玄関前にも上から見るとこの通り。ここまで徹底してると

DSC_0749_convert_20140819041426.jpg
目的の横手山山頂ヒュッテに向かいます。本日はリフトで楽ちん登山です。登山と言いませんね。歩いても30分ほどですが、このレフトなら10分で山頂に運んでくれます。乗車料金は900円です。

DSC_0747_convert_20140819041505.jpg
空はピーカンです。リフトにのってこの空を見ていると吸い込まれそうです。

DSC_0745_convert_20140819041606.jpg
リフト下の斜面にはニッコウキスゲがパパイア色で咲いてます。

DSC_0753_convert_20140819041654.jpg
リフトの頂上駅からヒュッテに向かって歩く。この花は?出てこん。歳とった

DSC_0756_convert_20140819041822.jpg
ノコンギクがたくさん咲いていました。

DSC_0763_convert_20140819042217.jpg
これはスイスに行った時にたくさん咲いていた花。日本では見たことないと思い込んでましたが山ほど咲いていました。
Trollius europaeus。 日本名はタマキンバイ(英名グローブフラワー)。感激

DSC_0757_convert_20140819041939.jpg
横手山ヒュッテに到着。パンをゲットせねば。

DSC_0758_convert_20140819041902.jpg
入口に入るとすぐにこの看板がお出迎え。

DSC_0760_convert_20140819042135.jpg
室内は大変な人 、人、人で嫌な予感

DSC_0759_convert_20140819042057.jpg
ほとんど売り切れ状態でこれしか残っていませんでした。

DSC_0755_convert_20140819041741.jpg
残念!気を取り直して、横手山山頂の展望台に。

DSC_0766_convert_20140819042337.jpg
山頂からの眺め。左の手前にぼこぼこと飛びでた双子の山は左が斑尾山1382m、その隣は高社山1352m。さらに手前は志賀の山々、後ろは新潟の山並みです。

DSC_0772_convert_20140819042421.jpg
山頂に温度計。16℃でした。しかし、陽が燦々とそそぎ寒くはありません。

DSC_0776_convert_20140819042509.jpg
失意のうちにリフトでおりました。

パン購入の場合は午前中が゛目安です。この日は14:00でした。残念。

◎渋峠ホテル(ホームページ)
渋峠標高2152mの地点に立地する当館は、建物の半分から「群馬県」と「長野県」の分岐地点に建つ施設です。宿泊だけでなく、食事やドライブの休憩にも利用可。ガソリンスタンドも春から秋にかけて営業。 但し、サービスは給油のみ。
(おそらく日本で最も高い所にあるガソリンスタンド)
当ホテルの創業は昭和26年になり、この渋峠は信州と上州を結ぶ重要な街道であり、街道のなかでも難所の場所でした。 当初は群馬県立の遭難、避難小屋として利用されており無人でありました。そこへ先代が番頭として住み、開業し改築、増築をしているうちに、国境の測量が始まり、正確な国境が決まった後、両県に建物がまたがっている事が判明しました。
住所: 〒381-0401 長野県下高井郡 山ノ内町志賀高原渋峠
電話:0269-34-2606

◎横手山ヒュッテ(ホームページ)
横手山頂ヒュッテは、標高2,307mにあり、北アルプスや富士山・佐渡島など360度の眺望がのぞめ、雲海・夕陽を見ながらの夕食は特におすすめです。
また、日本一高い所の雲の上のパン屋さんでは、大好評の手作りパンも販売してます。
一年を通じてお泊まり頂けますので、スキー・トレッキング・天体観測や絶景ポイントでの写真撮影など、ゆっくりと自然を満喫できるヒュッテです。

営業時間
パン        売り切れまで(日によって早朝焼いている場合があります。)
喫茶         9:30~14:50
レストランお食事  9:30~14:00
レストラン閉店   15:00です。
朝食        7:30~(前日までに要予約)
夕食        18:00~(前日までに要予約)
宿泊        14:30~ 9:00
定休日       不定休

長野県下高井郡山ノ内町大字平穏7149-17
横手山頂ヒュッテ
TEL:0269-34-2430

DSC_0765_convert_20140819042258.jpg
山頂からの山座同定

2014.8.3「信州高遠に江戸時代の権力闘争を見る」

「信州高遠に江戸時代の権力闘争を見る」

信州高遠は高遠城址の桜であまりにも有名ですが織田対武田の戦いや家光の異母兄弟保科正之の治世や江戸時代の権力闘争の大奥の絵島の幽閉先など歴史の舞台としてぶらり歩きはおすすめです。

その江戸時代の権力闘争の大奥の絵島の幽閉先が復元されているというので見に行きました。「絵島囲み屋敷」。絵島事件は今にもつながる権力闘争です。江戸時代中期に江戸城大奥御年寄の絵島が歌舞伎役者の生島新五郎らを相手に遊興に及んだことが引き金となり、関係者1400名が処罰された綱紀粛正事件。

DSC_0174_convert_20140820044316.jpg
高遠町歴史博物館に絵島囲い屋敷は併設されています。

DSC_0171_convert_20140820044041.jpg
博物館前にはこんな歌碑がありました。「高遠さくら悲恋」という 山崎ふみえ作詞  作曲 徳久広司  編曲 南郷達也
で、橋 宏之が歌った歌詞の一節です。

DSC_0172_convert_20140820044234.jpg
さらに高遠藩主の保科保之、母堂静の像が静かに立っていました。

DSC_0175_convert_20140820044355.jpg
この保科保之も家光の異母兄弟で、それが縁で藩主となり、高遠、最上、会津藩と転封した人生て゜NHKの大河がドラマにとの運動があるようです。幟が沢山はためいていました。

DSC_0182_convert_20140820044551.jpg
高遠といえば桜。博物館内に桜の季節でなくても桜が楽しめるように映像施設があります。

DSC_0185_convert_20140820044634.jpg
博物館の建物から一端外に出ると絵島の囲い屋敷がありました。大奥の最高位を勝ち得たものが住むような建物でありません。ここに三十年以上自由を奪われ、華美贅沢も許されない生活を送ったそうですが、粛々と従って生活をしたとのことでした。しかし、幕府が許すことはありませんでした。権力闘争の怨念は恐ろしい。

DSC_0190_convert_20140820044719.jpg
絵島が日々過ごしたといわれる部屋。

今に通じる話で興味深いです。権力を目前にすれば命まで奪われて排除する人間の権力欲を考えるとその一歩外で、やりたいことをやる方がたとえ権力を勝ちえなくてもよいのではと絵島を通じて感じるところでした。

◎絵島事件(伊那市観光協会ホームページ)
絵島は、江戸桜田御 殿にいた、甲斐の綱豊(後の6代将軍家宣)の愛妾おきよの方に仕えていました。美貌に加えて才色も兼ね備え、皆から慕われていたようです。絵島は除々に累進し32歳のと きに大年寄りになります。正徳2年には家宣が逝去、おきよの方が産んだ家継が7代将軍となりました。
おきよはその頃、出家して月光院と号していました。月光院の権勢は正室の天英院を凌ぐようになり、大年寄である絵島の力も絶大なものとなりました。
元禄から正徳にかけての時代は、学問・文化の発 達が進み、成金も勃興して、世の中に享楽的なム-ドが流れ幕府内部の勢力争いも激化していきました。
そんな折り、絵島は家宣命日に月光院の代参と して芝の僧上寺に墓参しました。
しかし、その帰りに芝居見物に寄り、芝居の後、江島は生島らを茶屋に招いて宴会を開いたが、宴会に夢中になり大奥の門限に遅れてしまった。大奥七ツ口の前で通せ通さぬの押し問答をしている内にこの事が江戸城中に知れ渡り、評定所が審理することになった。たかが、門限破りが反対勢力の企てにより問題となってしまいました。
この頃、老 中の秋元但馬守は大奥の風紀を粛正しようとしていた時でした。絵島には死罪が下り、人気役者の生島新五郎は三宅島に遠流されました。月光院の口添えで、死 罪を免れた絵島は、高遠に遠流され、火打ち平(ひょうじだいら)の囲み屋敷に幽閉されました。処罰は1500人にも及びました。
5年後には花畑に移りますが、極めて質素な生活を余 儀なくされ、日蓮宗に帰依精進の毎日を送りました。
絵島は最期の28年を高遠で過ごし寛保元年(1741)享年61歳で病死しました。
絵島が高遠で流刑生活を送った屋敷を当時の見取り図をもとに復元したのが絵島囲み屋敷です。格子や 忍び返しで厳重に囲まれた質素な屋敷で、絵島は昼夜十人近くの武士・足軽・下女に見張られていました。高遠町歴史博物館でご覧いただけます
・クーデタ説
当時の大奥には、7代将軍家継の生母月光院を中心とする勢力と前将軍家宣の正室天英院を中心とする勢力とがあった。月光院が家継の学問の師である新井白石や側用人の間部詮房らと親しい事から、大奥では月光院側が優勢であった。この事件は天英院側にとって、勢力を挽回するための絶好の機会であった。天英院は家宣・家継の元で正徳の治を断行、幕政を牛耳っていた白石・詮房を追い落とすため、譜代大名や5代将軍綱吉時代からの老中 秋元喬知とこの事件を画策したという説がある。
この事件により天英院側が優勢となり、2年後の正徳6年(1716年)に家継が亡くなると、天英院が推していた(月光院が推していたとする説もある)紀伊藩主徳川吉宗が8代将軍となった。そのため、この事件が将軍決定を巡る謀略との見方もあるが、江戸幕府を牛耳っていた白石・詮房を追放するために天英院と譜代大名や老中がスキャンダルをでっち上げたという説もある。

◎絵島囲み屋敷
長野県伊那市高遠町東高遠457
電話:0265-94-4444
定休日:月曜・祝祭日の翌日
料金:400円

絵島囲み屋敷大正5年7月田山花袋は蓮華寺の裏山で、桜の老樹の下に小さな墓を発見し、
「えにしなれや 百年(ももとし)の後ふる寺の 中に見出し小さきこの墓」
とう詠んだ。そこに葬られていたのは、江戸時代、権力争いの果てに遠流に処された悲劇のヒロイン「絵島」です。
絵島は、江戸桜田御 殿にいた、甲斐の綱豊(後の6代将軍家宣)の愛妾おきよの方に仕えていました。美貌に加えて才色も兼ね備え、皆から慕われていたようです。絵島は除々に累進し32歳のと きに大年寄りになります。正徳2年には家宣が逝去、おきよの方が産んだ家継が7代将軍となりました。
おきよはその頃、出家して月光院と号していた、月光院の権勢は正室の天英院を凌ぐようになり、大年寄である絵島の力も絶大なものとなりました。
元禄から正徳にかけての時代は、学問・文化の発 達が進み、成金も勃興して、世の中に享楽的なム-ドが流れ幕府内部の勢力争いも激化していきました。
そんな折り、絵島は家宣命日に月光院の代参と して芝の僧上寺に墓参しました。
しかし、その帰りに芝居見物に寄ったことが、反対勢力の企てにより問題となってしまいました。
この頃、老 中の秋元但馬守は大奥の風紀を粛正しようとしていた時でした。絵島には死罪が下り、人気役者の生島新五郎は三宅島に遠流されました。月光院の口添えで、死 罪を免れた絵島は、高遠に遠流され、火打ち平(ひょうじだいら)の囲み屋敷に幽閉されました。
5年後には花畑に移りますが、極めて質素な生活を余 儀なくされ、日蓮宗に帰依精進の毎日を送りました。
絵島は最期の28年を高遠で過ごし寛保元年(1741)享年61歳で病死しました。


2014.8.18「サイクリングを再開!クロスバイクを購入!」

「サイクリング再開!クロスバイクを購入!」

10年ぶりにサイクリングを再開。今持っているパナソニックのロードレーサーは長い封印でボロボロ。ロードレーサーは長距離を高速で走るのには向いていますがしょっちゅうパンクするので、今回はクロスバイクを購入することに

クロスバイクはロードレーサーとマウンテンバイクをかけて二で割ったような商品。パンクはロードレーサーほと゜しないので安心して乗れる分、スピードに劣ります。

飯山の家を起点に乗るために北信の自転車屋を探します。メンテナンスを考えて専門店をさがしていたところ長野市内にそれらしい店が三軒ありました。
そのうち、「トドロキサイクルプラザ」という店名が気に入り、この店に行くことにしました。何せ、「トドロキ=轟」ですから。車が三つもかさなっていれば信頼できる店と即決。

家のある飯山から長野市内までは50kの道のりです。
朝、最寄駅から7時台の長野行の飯山線に乗り込みます。二両編成のワンマンカーですが戸狩温泉駅からは車掌が乗り込みました。長野に近づくたびに乗客は増えて立つ人まで出ている状況です。廃線になることが多い地方線ですが豪雪地帯の足として利用者も多く、風光明媚な千曲川沿いを走るだけにいつまでも走ってほしいと願いました。

DSC_0352_convert_20140820173038.jpg
朝早く家を出て歩いて5分もかからない最寄駅に向かいます。稲穂が揺れます。

DSC_0353_convert_20140820173136.jpg
駅が見えました。長野への直通便は一日3本です。長野まで1時間強です。

DSC_0356_convert_20140820173233.jpg
長野行が参りました。もちろん無人駅なのでワンマンカーです。

DSC_0368_convert_20140820174123.jpg

DSC_0372_convert_20140820174218.jpg
ほとんど千曲川の流れに沿って鉄路はのびています。千曲川を見ていたいなら、長野に向かって左側に座りましょう。

DSC_0379_convert_20140820174354.jpg
目指す自転車店は長野駅から歩いて15分ほどのところにありました。こじんまりした街の自転車屋さんのたたずまい。「サイクルプラザ」の名前とギャップ

DSC_0383_convert_20140820174439.jpg
しかし、狭い店内にはマウンテンバイク、クロスバイク、ロード゛レーサーが所狭しと置いてあります。価格は何十万の自転車が並びます。

DSC_0384_convert_20140820174527.jpg

DSC_0385_convert_20140820174611.jpg

DSC_0386_convert_20140821051904.jpg
店内にヘルメットも結構あったので購入。頭がでかくて、私は選択の余地なし。一つしかかぶれるのがありませんでした。

DSC_0381_convert_20140820174655.jpg
いろいろ迷ったというか、ここの主人を信頼して任せて決めたのがこれです。「SPECIALIZED」2015年モデルのクロスバイクを購入。

一緒にきた妻も購入。

DSC_0382_convert_20140820174736.jpg
ドイツ製「CENTURION」のクロスバイクを購入。

後日、このバイクを店まで取りに行き、さっそく、長野から飯山市の自宅まで乗って帰りました。新車の初乗りの顛末は「長野から飯山に炎天下のサイクリング50キロ走」をご覧ください。

◎トドロキサイクルプラザ
長野県長野市大字鶴賀七瀬南部421
026-226-7121
創業90年の「トドロキサイクルプラザ」は、長野市を代表すると言っても過言ではない自転車専門店のひとつです。
現在は三代目が経営。ゆくゆくは四代目として店を背負って立つために現在修業中という息子さんも手伝っています。主人は三代目轟昇さん。息子は鉄也さん。30年以上前からスポーツタイプの自転車の取り扱いに力を入れてきました。用途や目的に合わせた選び方からアフターケアまで丁寧に対応してくれて初心者も安心です。店内にはマウンテンバイクやロードバイク、クロスバイクといった自転車が所狭しと並び、各種パーツやグッズもたくさん。見ているだけでもワクワクします。

◎SPECIALIZED
アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く総合サイクリングブランドである。"Innovate or Die"(革新を、さもなくば死を)を社是に、ロードバイク、マウンテンバイクの自転車フレームのみならず、ウエア、ヘルメットなども開発。総合的なサイクリングの楽しさを感じてもらうため、積極的に新しい技術を採用し、その製品は競技レベルを問わず多くのサイクリストに使用されている。

◎CENTURION
ドイツのブランド「CENTURION(センチュリオン)」。
舗装路からオフロードまで幅広く対応するクロスバイクシリーズ。スピード重視の「クロススピード」、走破性重視の「クロスバイク」、装備重視の「トレッキングバイク」。


2014.8.19「長野から飯山に炎天下のサイクリング50キロ走」

「長野から飯山に炎天下のサイクリング50キロ走」

先日、購入したクロスバイクを店まで取りに行き、さっそく、長野から飯山市の自宅まで乗って帰りました。当日は青空が広がる絶好の炎天下。「トドロキサイクルブラザ」のある「七瀬南部」の交差点から約50キロ先の飯山を目指します。まずは国道19号線を目指します。余裕です。スタート直前当たり前です。

DSC_0387_convert_20140821175041.jpg

DSC_0389_convert_20140821175130.jpg
国道19号に入る交差点「東和田」に来ました。

DSC_0390_convert_20140821174811.jpg
国道19号線に入りました。上越方面に走ります。

DSC_0391_convert_20140821174859.jpg
案内板では上越まで200Kあります。

DSC_0392_convert_20140821175402.jpg

DSC_0393_convert_20140821175438.jpg
国道19号線にある「アグリ長野」に果物を買おうと立ち寄りました。

DSC_0395_convert_20140821175510.jpg
お昼時なのでここで食事をとることとしました。かき揚げ丼450円と格安でした。さすが、野菜直売所。

国道19号線はリンゴ畑が延々続きます。その途中にこんな像がありました。休憩するにはぴったりです。ベンチの隣が空いてます。

DSC_0396_convert_20140821175641.jpg

DSC_0397_convert_20140821175723.jpg

DSC_0398_convert_20140821175800.jpg

DSC_0399_convert_20140821175839.jpg
この小布施方面の指導票に従って、国道19号線を離れると、すぐに、千曲川の土手に当たります。土手沿いの道を風切って走ります。

DSC_0400_convert_20140821175937.jpg
千曲川の土手に当たります。

DSC_0401_convert_20140821180049.jpg
この土手沿いの道はすばらしい。走る走る。風を切って走る。

DSC_0403_convert_20140821180139.jpg
土手はここで終わり。国道19号線に戻りました。

DSC_0404_convert_20140821180231.jpg
合流すると国道19号線はこの橋を通り、すぐに豊野、上越方面と中野、飯山方面に分かれます。当然飯山方面に。

DSC_0405_convert_20140821180312.jpg
アップダウン道での炎天下でかなりばてました。中野市に入りました。

DSC_0406_convert_20140821180357.jpg
やっと坂を登りきったり、下り坂。その先には再び急坂が待ち受けています。

DSC_0409_convert_20140821180441.jpg
山崎ショップで一休み。

DSC_0413_convert_20140821180543.jpg

DSC_0418_convert_20140821180702.jpg
道は千曲川に沿って走ります。この道はやがて国道117号線に合流します。

DSC_0421_convert_20140821181032.jpg
国道117号線をひた走り、やがて飯山市内の国道沿いに量販店がたくさん立ち並ぶ地域に突入。スーパーマーケットでひとやすみ。ここまでで、30kを走破。

DSC_0422_convert_20140821181132.jpg
いよいよ、飯山の花街道、千曲川沿いを国道117号は走るようになります。この道はおすすめです。

DSC_0423_convert_20140821181223.jpg
このひたすら延びる道。空に吸い込まれそうです。

DSC_0425_convert_20140821181305.jpg
この道にある「千曲川花の駅」で休憩。いつもの「里わ」で栄養補給。

DSC_0427_convert_20140821181350.jpg
トマトジュースにスィーツの町飯山の「パティシエ ヒラノ」の玉子焼き。絶品。

DSC_0430_convert_20140821181440.jpg
元気が回復したところで、再び、ペダルをふむ。ここからはアップダウンが多くなり、橋も多い。

DSC_0433_convert_20140821181520.jpg
しかし、広い空を見ながら走るのはとても良いです。

DSC_0434_convert_20140821181559.jpg
千曲川です。

DSC_0435_convert_20140821181652.jpg
まだまだ遠いい、そろそろお尻が痛くなりました。50キロも半端でありません。

DSC_0437_convert_20140821181751.jpg
最近、毎日お世話になっている「湯滝温泉」前に到着。もう少し。

DSC_0438_convert_20140821181828.jpg
この道はまさに千曲川と飯山線に挟まれて走ります。

DSC_0440_convert_20140821181930.jpg

このあと自宅に到着。50キロに4時間近くかかっています。しかし、青い空に、炎天下でしたが、とても楽しい時間でした。

◎トドロキサイクルプラザ
長野県長野市大字鶴賀七瀬南部421
026-226-7121
創業90年の「トドロキサイクルプラザ」は、長野市を代表すると言っても過言ではない自転車専門店のひとつです。
現在は三代目が経営。ゆくゆくは四代目として店を背負って立つために現在修業中という息子さんも手伝っています。主人は三代目轟昇さん。息子は鉄也さん。30年以上前からスポーツタイプの自転車の取り扱いに力を入れてきました。用途や目的に合わせた選び方からアフターケアまで丁寧に対応してくれて初心者も安心です。店内にはマウンテンバイクやロードバイク、クロスバイクといった自転車が所狭しと並び、各種パーツやグッズもたくさん。見ているだけでもワクワクします。

014.8.10「蕎麦のメッカ真田の里 さはんじ」

「蕎麦のメッカ真田の里 さはんじ」

信州上田の山の中。六文銭の真田がかつて統治した真田町には多くの旧跡が点在します。それとともに、真田の里を走る国道144号線には多くの蕎麦屋が目につきます。その中でも国道144号線を上田方面より菅平方向に直進して、横沢信号を通過、しばらく直進のち右手にある「さはんじ」が気になっていました。看板には「手打石臼挽き」「くるみそば」の文字。いつも駐車場には車がいっぱい。しかし、ラーメンもやっているという看板で、入らずにいました。

しかし、この日はお昼をはるかに過ぎているのに食事をしていなかったので空腹に負けて、入店となりました。

DSC_0311_convert_20140821004844.jpg

DSC_0312_convert_20140821004948.jpg
店内は厨房前の大きな一枚板のカウンター席とテーブル席、奥に小上りもありました。「くるみそば」と「暖かいとろろそば」
を注文。ともに850円と高くはありません。

DSC_0313_convert_20140821005050.jpg
厨房はカウンターから丸見えで蕎麦屋というよりラーメン屋の造り。主人が盛んにそばを茹でます。

DSC_0314_convert_20140821005130.jpg
くるみそばです。そばの風味を楽しむため、のど越しの食感を考え、そば粉とつなぎを8:2の割合で配合の「二八そば」です。そば本来の豊かな風味を味わいつつも、2割のつなぎを入れることで麺の喉越しの良さをも実現するという黄金の配合比率。その名の通り喉こし爽やかでした。

DSC_0315_convert_20140821005212.jpg
くるみ汁は最初からくるみが入って白濁したつけ汁が出されるところもありますが、ここは擦ったくるみが蕎麦猪口に入っており、好みで蕎麦汁を入れる方式でした。

DSC_0316_convert_20140821005257.jpg
とろろそば。かけ汁を口に含んだときにおいしくないと感じましたが、食べ進むにいたり、意外に最初の感想とは別においしい。気が付いたらお汁もすべて飲んでいました。

地元産のきのこと野菜の天婦羅が付く「天ざる 」もどうぞとのことでした。茶飯事という店名とは違い、ごくありふれたものではありませんでした。

◎茶飯事(さはんじ)
住所  長野県上田市真田町長803-10
℡    0268-72-3356
 国道144号線上田方面より菅平方向に直進して、横沢信号を通過しばらく直進のち右手。
  菅平高原よりは、菅平口信号通過しばらく直進のち左手。

2014.8.221「愛の湖 北竜湖でバス釣り。5匹をゲット」

「愛の湖 北竜湖でバス釣り。5匹をゲット」

家の周りの種(雪を解かす池)に魚を入れようと車で20分ほどのところにあるハート型の形から愛の湖といわれる北竜湖にバス釣りに。 ここは北竜湖温泉の宿泊施設やレストランもあるが、行くまでの道が狭くわかりにくいので恋人たちの穴場)。当然、魚釣りも穴場です。

DSC_0497_convert_20140822091835.jpg

DSC_0498_convert_20140822092023.jpg
このみちをまっすぐ行くと小菅神社に行きます。この神社も見どころの一つのようです。

DSC_0501_convert_20140822092153.jpg
駐車場の前のレストハウスで入漁料、釣竿、餌で1000円。入漁料のみは400円。娘と2本借りました。この観音像の岬。観音岬の入り江が地元の人によると穴場。

DSC_0505_convert_20140822092535.jpg
この入り江を中心に糸を垂らしました。

DSC_0502_convert_20140822092240.jpg
入れたらすぐに浮子が沈み、ひきあげたらバス。しかし、飲み込みすぎでリリース。

DSC_0503_convert_20140822092443.jpg
その後、糸がらみをして、完全にほどくのに30分。都合2時間釣って、娘と合わせて5匹。つり落としたのは6匹。
腕をあげればさらに釣れそうです。

DSC_0507_convert_20140822092631.jpg
バスは家に持ち帰り、種に入れました。千曲川に逃げないように、上流の種に放しました。

久々に湖水で釣りましたが、無心になるとともに魚との知恵比べは面白いですね。ここは、静かなバス釣りが楽しめお勧めです。

2014.8.22「すがすがしい朝。千曲川沿いを走る。」

「すがすがしい朝。千曲川沿いを走る。

古民家生活も飛ぶように時間が経過していきます。朝五時前に起き出して、自転車を持ち出し家の前の県道に走り出ました。一端、飯山方面に走ります。県道は千曲川と飯山線に挟まれて走っています。

DSC_0515_convert_20140822101734.jpg
県道を飯山方面に。

DSC_0516_convert_20140822102001.jpg
千曲川には朝もやが浮かんでいます。

DSC_0522_convert_20140823095216.jpg
この千曲川のカーブに沿って、道も鉄道も走ります。

DSC_0524_convert_20140823095354.jpg
川面を輝かして、太陽が燦々と輝きます。

DSC_0445_convert_20140823095603.jpg
今度は途中から引き返して、県道を新潟方面に。

DSC_0450_convert_20140823094737.jpg
新潟近いな

DSC_0447_convert_20140823095937.jpg
快調に漕ぎまくります。勿論足で。

DSC_0451_convert_20140823100130.jpg
飯山線の下り列車が汽笛をあげてきました。

DSC_0452_convert_20140823100218.jpg
桑名川駅に到着。十日町行の一番列車が到着しました。無人駅です。

DSC_0453_convert_20140823100257.jpg
下りは新潟県十日町までです。

DSC_0457_convert_20140823100408.jpg
「木と緑と雪の郷 ふじさわ」とあります。近くには「恋一路せせらぎ公園」というしゃれた名前の公園もあります。

DSC_0458_convert_20140823100456.jpg
桑名川の隣駅のある大滝地区に入ると大きな東京電力のダムがありました。信濃川とありますが、まだここは長野なので千曲川でしょう。

DSC_0459_convert_20140823100540.jpg

朝のランニングもいいですが、行動範囲がはるかに広がるサイクリングもいいものです。


2014.8.23「高原に響くジャズ!斑尾JAZZ 2014」

「高原に響くジャズ!斑尾JAZZ 2014」

かつて、ニューポート・ジャズ・フェスティバルとして、地元のペンション経営者らが構想し、1981年ジョージ・ウェインを招いてはじまった。夏の高原で、ゲレンデを観客席に、ビールでも飲みながら野外でジャム・セッションを楽しむ趣向のイベント。しかし、2004年以降はスポンサーが集まらないことから開催されていなかったのを、形を変えて全国のジャズバンド愛好者を集めてのイベントに衣返して2007年から始まった高原のJAZZフェス。ニューポート・ジャズ・フェスティバルのように国内外の有名アーティストの出演こそありませんが全国のプロ、アマチュアJAZZバンドが数多く参加して非常に楽しいイベントです。

当日は天気予報も外れて、青空が広がる中、本多俊之のような有名アーティストの出演もあり大いに盛り上がっていました。私的には「江戸前ブルース亀若」が会場と一体となる演奏で好きでした。
こんな素晴らしいイベントは末永く続いてほしいという気持ちになりました。

DSC_0584_convert_20140824035635.jpg

DSC_0591_convert_20140824035819.jpg
「みんすいデキシ―バンド」。2007年結成でNHKのスペシャルバンド企画に出演した人たちが作ったバンド。陽気なデキシ―ランドジャズに会場が盛り上がる。

DSC_0606_convert_20140824041419.jpg
「Misty-Q with 門馬瑠依」。2006年結成の旭化成社員中心のバンド。門馬さんはジャズシンガー。ラテン系ジャズ。

DSC_0617_convert_20140824041458.jpg
「江戸前ブルース亀若」。メンバーが全員そろわず急造とのことでしたがダンサブルナ音色にドラムのボーカルがあいまって場内を沸かしていました。

DSC_0619_convert_20140824041532.jpg
DSC_0621_convert_20140824042943.jpg
「Rare Sounds Jazz Orchestra」。結成40年を迎えるビッグバンド。平均年齢47歳。ビッグバンドらしい演奏で腹の底からリズムがもりあがります。

広い草原のなかで思い思いの格好でジャズを聴く。テント持参の人や、バーベキューを楽しむ人たちまでいました。

DSC_0623_convert_20140824043035.jpg

DSC_0627_convert_20140824043713.jpg

DSC_0628_convert_20140824043914.jpg

◎ニューポート・ジャズ・フェスティバル(ウィキペディア)
当時の出演者見ると素晴らしいフェスティバルであったことがわかります。学生の時に聞いていたアーティストが多く参加していたのに感激。

1982年7月27日 - 31日(バドワイザー) The Great Quartet
ジェリー・マリガン・オーケストラ
ディジー・ガレスピー・カルテット
Carmen McRae and Trio
スパイロ・ジャイラ
佐藤允彦トリオ
ネイティブ・サン

1983年8月3日 -7日(バドワイザー) The Great Quartet
Stuff
メイナード・ファーガソン・ビッグバンド
Tania Maria Group
本多俊之 & New Burning Wave
日野皓正グループ

◎斑尾JAZZ(ホームページ)
千年の昔、空海が曼荼羅の世界を構築せんと何度も訪れたこの地は、北陸新幹線飯山駅開業を1年先に控え、急ピッチで準備が進行中。新駅は、斑尾高原入り口に完成し、東京と1時間40分で結ばれる。あの憧れのジャズプレーヤー達が伝説のパフォーマンスを繰り広げた「聖地MADARAO」に、新幹線で全国からジャズファンが集まる日は、もう目の前。
標高1000メートル、8月の平均気温20.7℃の爽やかな高原で、白熱の演奏が繰り広げられるセンターステージに、一層の期待と注目が集まる。
さあ、この夏も、斑尾のステージへ。ジャズの季節へのカウントダウンが始まった。

日時 2014年8月23日(土) ~ 24日(日)
場所 斑尾高原特設野外ステージ (斑尾高原スキー場レストランチロル)
主催 ふるさとのジャズ交流祭実行委員会
募集 20バンド(ビッグバンド/ゴスペル:11、コンボ:9)。学生・社会人のバンドが主体ですが、プロのバンドも大歓迎です。
演奏時間 35分/バンド
スケジュール 8月23日(土) 10:00~16:00 野外ステージでの演奏(10バンド)
18:00~21:00 交流パーティー(夕食・演奏) @まだらお山の家
8月24日(日) 10:00~16:00 野外ステージでの演奏(10バンド)
「斑尾高原ホテルテラスライブ」も、同時開催予定。
司会 バードマン幸田氏、山口義憲氏、他
ゲスト ジャズ評論家 瀬川昌久先生
演奏者参加費 14,000円/人 (野外ステージ出演費+1泊朝食付宿泊費+交流パーティー参加費)
夕食は、交流パーティーで、お取りいただきます。
子供参加費 中学生:7,500円/人 小学生:6,700円/人 幼児:5,200円/人 (1泊朝食付宿泊費+交流パーティー参加費)
観客入場料 無料
入場者数 1,500人を予定しています。
宿泊 演奏者は、事務局を通しての斑尾ジャズ2014参加ペンション ・ ホテルとなります。
前後泊、および同伴者の宿泊費:
■ペンション(1室2~4名、税・サービス料込み)
1泊朝食付 6,000円/人 (小学6年年生以下:5,400円/人) 1泊2食付 8,500円/人 (小学6年生以下:6,800円/人) 1室1名の場合は1,000円増し ■斑尾高原ホテルの宿泊料金(税・サービス料込み。入湯税150円/人別) 1泊朝食付 8,000円/人(1室2名)、10,000円/人(1室1名)
1泊2食付 11,000円/人(1室2名)、12,000円/人(1室1名)
練習 宿泊するペンション・ホテルにて練習出来ます。時間、場所等の詳細は配宿後、オーナーと打ち合わせ下さい。
有料の練習用スタジオ、ビッグバンド用の練習ホールもあります。詳しくは実行委員会事務局までご連絡下さい。
合宿を「斑尾ジャズ2014」の前後にセットすることも可能です。

DSC_0596_convert_20140824041100.jpg

DSC_0599_convert_20140824041158.jpg
パンフレットにはタモリも寄稿

DSC_0601_convert_20140824041244.jpg

DSC_0602_convert_20140824041319.jpg




2014.8.20「炎天下の土づくり。お百姓さんはえらい」

「炎天下の土づくり。お百姓さんはえらい」

飯山の家の畑で土づくり。畑は何年も耕作していないために雑草だらけ。まずは土づくりから。雑草を一本一本手で抜き、鍬で耕します。何年も耕作していないので土は粘土状に固まっています。これを鍬で一つ一つ崩します。今では耕運機で耕せばあっという間のようですが、まずは昔のお百姓さんの苦労を体験してみます。

DSC_0298_convert_20140824073036.jpg
草だらけです。

DSC_0302_convert_20140824073145.jpg

DSC_0303_convert_20140824073246.jpg
草をひとつひとつとりました。ふうー。

DSC_0470_convert_20140824063718.jpg
DSC_0475_convert_20140824065409.jpg
まずは石灰を蒔きます。

DSC_0473_convert_20140824065251.jpg
DSC_0474_convert_20140824065458.jpg

炎天下の中、熱中症を心配しながら耕します。小石もたくさん出て来ました。小石は一つ一つ取り除くようですが、まずは耕すのが先です。一端、掘り起こした畑に三回ほど鍬を入れました蒔いて、酸性の土は本来、酸度を計って、蒔く石灰の量を決めるようですが、一般的な1メートル四方に一握りを信じて苦石灰を撒きました。その後、軽く土をかき混ぜておきます。続いて腐葉土をほどこします。これは鼻が曲がるほどくさいです。これをしっかりすきこみ、二週間ほど置きます。ということで、これで作業終了です。

DSC_0471_convert_20140824065028.jpg

DSC_0303_convert_20140824073246.jpg

続いて、有機農業を実践するために「コンポスト」を購入しました。

DSC_0491_convert_20140824065805.jpg

畑の端に5㎝ほどうまる穴を掘ります。そこに生ごみを投入し、本来は発酵細菌を市販で購入して撒くようですが、腐葉土を蒔いておきました。この大きなポストがいっぱいに成ったら、ポストを別の場所に移し、できた肥料は畑に使用するというわけです。

DSC_0492_convert_20140824072732.jpg

DSC_0494_convert_20140824072807.jpg

DSC_0495_convert_20140824072848.jpg

DSC_0496_convert_20140824070132.jpg
蓋には消臭剤がついていました。よく考えています。

炎天下の中、この一連の作業を実施し、ふらふらになりました。お百姓さんはえらい。

「土の中 鍬を打ち込む 手に豆が」 by まうんてんぼーい

2014.8.23「毎日、お世話になった飯山湯滝温泉」

「毎日、お世話になった飯山湯滝温泉」

8月中旬の一週間、飯山の家を中心にトレッキング、サイクリング、ランニング、ウォーキング、フィッシュング、ジャズフェス、ロックフェス、畑の土づくり、草刈などで真っ黒になった体と疲れを毎日癒してくれたのが「飯山湯滝温泉」。日帰り温泉。週末帰るたびにお世話になっています。

DSC_0335_convert_20140828044433.jpg
内湯と露天があります。外からの入口は内湯、露天と男女ともに別々に入口があります。女性は中で露天と内湯は行き来できますが、男性はなんと露天と内湯は行き来できるものの、外から丸見えの100m近い申し訳程度の囲いのある渡り廊下を丸裸で歩きます。いや、タオルで隠すことはできるか。近くの橋の上からは丸見えです。

DSC_0334_convert_20140828044337.jpg
入浴料は大人510円ですが、この回数券5300円を購入すると3回分お得です。

DSC_0331_convert_20140828043415.jpg
脱衣室は清潔です。

DSC_0332_convert_20140828044028.jpg
あまりこのサービスは見たことがありませんが、お客のことを考えた嬉しいサービス。濡れたタオルの措置に困らなくて済みます。ありがとう。

DSC_0333_convert_20140828045112.jpg
露天風呂は広く洗い場も5カ所あります。とても気持ちの良い露天風呂です。ここは露天がお勧めです。

DSC_0828_convert_20140828044550.jpg
お風呂からでると空には大きな入道雲に夕焼けが映えていました。

心も体も温まり、湯から上がると夕焼けやら満天の星がさらに癒してくれる湯滝温泉でした。

「あたたまれ 心も気持ちも 湯滝の湯」 BY まうんてなぼーい


◎飯山湯滝温泉
 住所     長野県飯山市大字一山字川押1898
         TEL0269-65-3454 

 源泉名    飯山湯滝温泉
 湧出地    長野県飯山市大字一山字川押1899-3
 泉質     単純温泉 低張性弱アルカリ性低温泉
 泉温 35.9℃
 知覚     ほとんど無色透明、無味無臭
 pH   8.4

2014.8.6「久々に東京に戻った悪友と焼肉 肉の街」

「久々に東京に戻った悪友と焼肉 肉の街」

久々に3年ほど宮崎に転勤していた悪友というよべる飲み仲間が東京本社に凱旋帰京。4月からなかなか日程合がわずに8月に突入。やっと日程合って、宮崎牛A5を2人で食べた宮崎での思い出の再現とばかりに焼肉の街の上野に。上野駅前のアメ横の一筋だけ駅よりの道を入ってすぐに、焼肉食べ放題の看板。見ると風俗店らしきものも入っているビルだが焼肉食べ放題に釣られて入店。安易

DSC_0194_convert_20140828051446.jpg
なにか怪しげなビル。

DSC_0195_convert_20140828051712.jpg
気が付いたら、焼肉の網の前に座ってしまっていた。

DSC_0197_convert_20140828051822.jpg
周りを見ると18:00をはるかに過ぎているのにお客さんがいません。

DSC_0199_convert_20140828052009.jpg
DSC_0200_convert_20140828052059.jpg
食べ放題、飲み放題を無謀に頼む。ビールばかり飲めば食べられるわけないのに、貧乏性は駄目ですね。

DSC_0202_convert_20140828052203.jpg
まずはお決まりのキムチ等が出てきましたが・・・・。

DSC_0204_convert_20140828052357.jpg
真打の肉。食べて追加するといい肉が出始めた。

DSC_0206_convert_20140828052457.jpg
しかし、これで5皿も食べるともう食べれません。店員が2人しかいないので、料理の出がスムーズでありません。

DSC_0201_convert_20140828052303.jpg
随分網が焦げてきたので換えてもらおうと思ったら交換にはお金が必要でした。

宮崎牛A5の夢はもろくも粉砕しましたが食べ放題、飲み放題でいくらでも食べたいという人にはぴったりかな。なぜか、一人6000円取られました。焼肉怖い。

◎肉の街
住所    東京都台東区上野6-13-8 上野ソシアルビル3F
アクセス JR 上野駅 徒歩1分
TEL     050-5799-1829
営業時間 月~日  11:00~翌5:00
定休日 無

2014.8.23「夏の夜空に開く大輪の花」

「夏の夜空に開く大輪の花」
8月の夏休み最終日の夜。家でくつろいでいるとドーン。ドーン。何事かと窓からのぞくと大きな大輪の花が夜空に咲いていました。外が漆黒の闇なのでなおさらその美しさがはえています。しばらく、その美しさに見とれました。どうやら、土曜日の夜、21時終了で花火を打ち上げているようです。気づくのが遅く、すべてみられなかったのが残念です。長野県内は煙火店が多いので美しい花火が見られます。


「バーンと鳴った花火だ きれいだなぁ 空いっぱいに広がって シダレ花火もきれいだよ

DSC_0661_convert_20140831092510.jpg


DSC_0660_convert_20140831085459.jpg

DSC_0667_convert_20140831092608.jpg

DSC_0668_convert_20140831092728.jpg

DSC_0777_convert_20140831092903.jpg

DSC_0775_convert_20140831092931.jpg

ここで一句。「夏の花 夜空に開く 大輪の灯」 BY まうんてんぼーい

2014.8.24「高原に響くロックフェス!さわごさナイト」

「高原に響くロックフェス!さわごさナイト」


8月中旬の一週間、飯山の家を中心にトレッキング、サイクリング、ランニング、ウォーキング、フィッシュング、ジャズフェス、畑の土づくり、草刈などで真っ黒になった最後のイベントは「、ロックフェス」。

前日から夜を徹して、なんと戸狩温泉スキー場の上部で開催。当然、マイカーでも行けるが、通常はゲレンデ入口の駐車場に車を置いて(無料)、シャトルバスで会場に。(往復400円)
バスに乗車すると15分ほどでゲレンデ上部の会場に到着しました。会場はステージを中心に多くの出店があり、大イベントの雰囲気。ステージではロッカーががなり立てていますが、参加者は思い思いに過ごします。テントを持ち込んでいる人たちもたくさん。誰でも参加できるイベントとして飯山の町おこしで始まったようです。斑尾ジャズと同じ地域で同日にやるのがなかなかです。最も、ここは開催が16時で夜を徹して星空の下でやります。当然、山の上、どんなに大きな音出しても苦情なし。

DSC_0671_convert_20140831100115.jpg
至る所に手作りの看板。でも、なかなかおしゃれ。

DSC_0672_convert_20140831100225.jpg
戸狩温泉ゲレンデ前からシャトルバスに乗り込みます。

DSC_0675_convert_20140831100432.jpg
シャトルバスでゲレンデの中腹に。頂上直下のゲレンデをバックにステー度が設置されてました。うーん、いいぞ

DSC_0678_convert_20140831100525.jpg
こんなかんじのところです。ゲレンデが広がります。

DSC_0681_convert_20140831100713.jpg
ステージでは次の出番の人たちが準備に余念がありませんでした。

DSC_0679_convert_20140831100631.jpg
演奏を待つ間、お昼にします。いろいろ屋台を歩いてここにしました。いや、これではありません。

DSC_0698_convert_20140831123328.jpg
フォーの屋台がありました。なかなかの人気でした。コリアンダーが効いてなかなかの味でした。

DSC_0694_convert_20140831123225.jpg

DSC_0692_convert_20140831123449.jpg
おいしそうでしょう。

DSC_0699_convert_20140831123622.jpg
ついでに、一杯といっても飲酒運転になるので飲めませんが、地酒の水尾、北光にライムソーダで割った「侍ロック」。

DSC_0687_convert_20140831121732.jpg
いよいよ始まりました。なかなかの迫力でグー。

DSC_0700_convert_20140831123709.jpg
次のグループが演奏をはじめたると雲息があやしくなりました。さすがに、山の天気。腫れていたのに曇ったとおもったら
ポツポツ雨がおちてきました。

DSC_0701_convert_20140831123809.jpg
あわてて迎えのバスに並びます。雨のおかげであっという間に列が。3台目にやっと乗れました。待っている45分の間、ザーザーぶりにならずになんとかびしょ濡れを免れました。

「雷公や ロックの響き 雨落とす」 BY まうんてんぼーい。

◎さわごさNight(ホームページ)
DSC_0683_convert_20140831122106.jpg
飯山の若手が「何か騒げるイベントが出来ないだろうか!?」と思い、有志で集まった軍団、職業も年齢もバラバラ・・・でも気持ちは「SAWAGOSA」!「飯山さわごさ」は手作り感たっぷり、地元有志による野外フェスです。プロのアーティストや地元などで活動しているバンド、DJによるライブパフォーマンスから、アウトドア、ワークショップ、スキー・ボードイベントなど盛りだくさん!会場内には飲食をはじめ、衣料・アジアン雑貨などのショップのほかに、キャンプサイトも設置され星空の下、キャンドルナイトなども楽しめます。飯山の言葉で「盛り上がろうよ!」 「騒ごうよ!」「さわごさ!」 。
2014年出演
オーサカ=モノレール
鬼島太鼓
KILL ALL HIPPIES
kentarow&THE SCOOLBOYZ
SAKi & the factor
Sabunyuma
ザ・たこさん
Spinna B-ILL meets SWELL&佐久間淳
東京ローカル・ホンク
光風&GREEN MASSIVE
モミーFUNK
…and more
残念
DSC_0684_convert_20140831122507.jpg
DSC_0685_convert_20140831122902.jpg
DSC_0689_convert_20140831122954.jpg


2014.8.24「飯山 寺社通りのお勧めの蕎麦」

「飯山 寺社通りのお勧めの蕎麦」

長野県飯山は寺社の町。狭い通りに寺社がひしめく。飯山市は文豪・島崎藤村が「雪国の小京都」とよんだほど、寺の多い町。唱歌「ふるさと」を作った作詞家・高野辰之の飯山小唄でも「寺は三十六、鐘なら愛宕」と唄われ、飯山城址を中心として千曲川河畔に沿って伸びる愛宕町や神明町あたりには、古くから多くの寺が連なっていたようです。

雪国ならではの雁木造りが目をひく愛宕町は、たくさんの仏壇店が軒を連ねることより、通称「仏壇通り」とよばれています。
通りと並行するように寺社が幾つも点在し、各寺社をつなぐよう整備された「寺めぐり遊歩道」をたどれば、歩いて寺社巡りもできます。また、七福神をまつった寺をまわり、特別なスタンプをもらうような施策も飯山観光協会から提供されています。また、この通りの真ん中あたりには仏段造りで必要な金箔の技術を生かした金のトイレに出会えたりします。

この通りの真ん中あたりに観光駐車場(無料。10台ほど)に車を置いて愉快な仲間と蕎麦屋に。

DSC_0640_convert_20140903050723.jpg
奥に見える白い蔵造りの建物に、目指す蕎麦屋「幸輪」がある。

DSC_0641_convert_20140903051038.jpg
「幸輪」入口。

DSC_0643_convert_20140903051225.jpg
中にはいるとテーブル席が3つとカウンター席がありました。

DSC_0646_convert_20140903051632.jpg
この手の蕎麦屋にしては値段はリーズナブルです。

DSC_0649_convert_20140903051932.jpg
信州北信濃飯山、鍋倉高原の畑で、無化学肥料、無農薬で健康な土で栽培されたそば粉。そして、木島平内山の天然水。この厳選素材だけで打った十割手打。薬味を添えずに、蕎麦の風味を味わってもらうために塩を添えていると書いてあります。

DSC_0648_convert_20140903051751.jpg
蕎麦の効能の薀蓄がメニューにてんこ盛り。

DSC_0655_convert_20140903052258.jpg
ざるが出てきました。細切り蕎麦です。何も付けずに口に含むと蕎麦の香りが口から花に抜けます。十割そばなのに、細く長いです。 のどごしはつるつるで、そばの香りがすごくします。

DSC_0653_convert_20140903052119.jpg
温かいのも注文してみました。たぬきそばに地元の生産農家5軒という「みゆきポーク」の豚丼つきです。

DSC_0654_convert_20140903052206.jpg
月見そば。温かい蕎麦もなかなか行けます。ちょっと量が多いですが柔らかくて脂の少ないみゆきポークがついているのでお得感もあります。

すっかりお腹も膨れて、さすが、北信の蕎麦王国。ボクチ蕎麦が有名ですが、ボクチ以外でもこんなに美味しい蕎麦がうたれて提供されています。まいうー

◎幸輪
住所  長野県飯山市飯山1200
飯山駅出口から徒歩約7分
電話番号 050-5870-4763 .
営業時間【平日】通常 10:00~19:00 日曜祝日は18:00まで .
定休日水曜日
DSC_0652_convert_20140903052023.jpg

プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR