FC2ブログ

2015.10.3「飯山の農的生活 雨上がりの稲刈り」

「飯山の農的生活 雨上がりの稲刈り」

週末の田舎暮らし。いよいよ、稲刈りです。稲刈りは10月中旬の三連休を予定していましたが、師匠の判断で初旬に。会社に年休とって金曜日から備えます。稲刈りは晴れていないとダメ。

「朝霧や雨が上がっても乾くまで待つ」とどんな本にも書いてあります。濡れているとコンバインの故障につながったり、脱穀がうまくいかないようです。また、食味も落ちるようです。手塩にかけた稲を最後の最後で台無しにしないために待つのです。
しかし、私は週末農業なので待っていられません。金曜日は前夜から発達した爆弾低気圧のために大雨と風。朝、10:00の段階で風は収まりましたが霧雨が降ってます。ところどころ、雲の切れ間から青空がのぞき午後の回復を知らせてくれます。

DSC_0865_convert_20151003063450.jpg
稲刈り適期

DSC_0866_convert_20151003063557.jpg

DSC_0867_convert_20151003063631.jpg
穂も重くたれています。穂のコメも青いコメが全体の一割を割っています。

DSC_0868_convert_20151003063705.jpg
しかし、昨夜の爆弾低気圧と午前中も降り続いた雨で、五個になってもこんなに水が溜まっています。

まずは、稲刈りでいくつか必要なものがあるので、足りなかったものを午前中に農協に買い出しに行きます。

・稲刈りに当たり「稲刈りカマ」。鋸のような歯。二種類ともともとあったもの5本を用意。
 稲を束ねる麻紐  45m  324円
 タマニホン特製 幅広型鋸鎌 1580円等

DSC_0860_convert_20151003062831.jpg

・稲袋 樅の状態で保存する袋 中古5袋 90円  米袋  精米して詰めるお土産用。5K袋 670円

DSC_0857_convert_20151003062701.jpg

・稲袋 樅の状態で保存する袋 新品12袋 1500円

DSC_0856_convert_20151003062606.jpg

・籾ともみ殻を唐箕で選別したときに受けるザル  これは3一つ370円と格安。

DSC_0859_convert_20151003062803.jpg

・もみ殻袋  10袋  450円

DSC_0858_convert_20151003062731.jpg

・ブルーシート(中厚手)  980円

・脱穀機 昔ながらの足踏み脱穀機を購入。45000円 【ペダル式】小型脱穀機 MR-400BW (足踏み脱穀機)

DSC_0870_convert_20151003063739.jpg

DSC_0871_convert_20151003063807.jpg

DSC_0873_convert_20151003063841.jpg

・唐箕 脱穀したもみ殻と籾を風で選別するもの。これは蔵を調べていたら骨董物のものがあったのでこれを使用

IMG_5461_convert_20151006033945.jpg

・乾燥機 脱穀した籾を乾燥する乾燥機。脱穀した籾には水分量が25%ていどあり、そのままにしておくと2-3日で赤米と言われるカ      ビの生えた米となってしまいます。ただちに、乾燥機で水分量を14-15%にする必要があります。

IMG_5457_convert_20151006034128.jpg

などをそろえました。

本日は晴れたのが15時で稲も乾かなかったので明日6時から稲刈りをすることとして、稲刈りの準備に費やしました。

DSC_0854_convert_20151003062323.jpg
新潟方面どんよりとした雨雲

DSC_0855_convert_20151003062522.jpg
飯山市方面は晴れ間が見えてきました。

明日に備えて温泉につかり、ダイキリ飲んで、さっさと寝ることに。

「稲刈れず 天をあおいで 晴れを待つ 」 BY まうんてんぼーい

〇2015.10.2の天気(気象庁発表)
1日、急速に発達する「爆弾低気圧」の影響で西日本から北日本の広い範囲で2日にかけて非常に強い風が吹くとし、暴風や高波に警戒するよう求めた。関東地方では2日朝に最大風速20メートル程度の風となり、同庁は「交通機関の乱れや、風に物が飛ばされる被害に注意してほしい」と呼びかけた。
低気圧は日本海を北上し、2日にサハリン付近に進む見通し。低気圧が接近する北海道は特に風が激しく、2日を中心に台風並みの猛烈なしけが予想される。2日にかけての最大風速は北海道が30メートル(最大瞬間風速45メートル)、東北と北陸が25メートル(同35メートル)、近畿が23メートル(同35メートル)、関東や東海などが20メートル(同30メートル)。低気圧に伴って前線が通過して広い範囲で大気の状態が不安定となり、局地的に1時間の降水量が50ミリ以上の非常に激しい雨の恐れもある。
低気圧の中心気圧は、2日午前9時までの24時間で996ヘクトパスカルから948ヘクトパスカル程度まで急速に発達する見込み。24時間で40ヘクトパスカル以上発達したケースは1955年以降、8例しかない。気象庁は「急発達しながら通過するため、突然強い風が吹き出す恐れがある」としている。

◎雨と稲刈り(一般的な農家の人の回答)
雨が降る日に稲刈りするのはあり得ません。 米が濡れると品質が落ちます。だから、雨が止んでいても、稲が濡れていたりする雨上がり直後や夜露で濡れている朝一は稲刈りをしません。


2015.9.27「美しきかな中秋の名月」

「美しきかな中秋の名月」

9月27日に国道17号線で群馬県の猿ヶ京温泉を通過中に、クルマのフロントガラス越しに見事な月。本日が中秋の名月であることを思い出し、クルマを止めてしばし見入ります。「中秋の名月」には月を眺めて供え物をする習慣がありますが、当然、クルマの中にお団子もすすきもないので添え物はできません。

秋は月の高さと天気がよく、ちょうど見上げるのに適した高さの満月となりやすく、また、天気も安定しているために、月見をするなら秋です。

それにしても見事な月です。

DSC_0833_convert_20151006035919.jpg

DSC_0838_convert_20151006040037.jpg

DSC_0840_convert_20151006040228.jpg

DSC_0842_convert_20151006040313.jpg

「美しき 名月ながむる 秋の夜」 by まうんてんぼーい

2015.10.4-5「飯山の農的生活 稲刈りは田植え以上に大変だった」

「飯山の農的生活 稲刈りは田植え以上に大変だった」

週末の田舎暮らし。いよいよ、稲刈りです。稲刈りは10月中旬の三連休を予定していましたが、師匠の判断で初旬に。会社に年休とって金曜日から備えます。稲刈りは晴れていないとダメ。
会社まで休んだにも関わらず金曜日は前夜の大雨が残り雨模様。早々に稲刈りをあきらめました。

満を持しての土曜日。朝は千曲川の朝もやで稲はべっとり濡れています。これも乾くまでは稲刈りはできません。

DSC_0864_convert_20151007205114.jpg

DSC_0867_convert_20151007205411.jpg

午後になって、稲が渇いたので、「一の田圃」から稲刈り開始。

DSC_0890_convert_20151008003446.jpg
しゃがんで一束毎に刈り取ります。鎌を手前に引きます。意外と簡単に切れます。

DSC_0881_convert_20151007205458.jpg
これは悪い例です稲を握る手は、これと反対につかみます。親指が穂の方にあるようにつかみます。

DSC_0894_convert_20151007210409.jpg
抱えるほどの稲穂は半年間の苦労を感じます。

DSC_0883_convert_20151007205648.jpg
刈った稲は畔などの田圃の周辺におきます。しかし、こんなことやっていると効率が悪くてとても間に合いません。地元の人は田圃の中に穂が汚れないように置いていきます。

DSC_0891_convert_20151007205835.jpg
半日でこれしか刈れていません。
.
ある程度刈り取った穂が溜まったら、脱穀をします。現在は稲刈りと脱穀と脱穀した後の籾殻や藁屑の選別を同時にできるコンバインや脱穀と籾殻や藁屑の選別を同時にするハーべスターという機械が主流。しかし、当家では脱穀は大正時代に発明された
足踏式脱穀機を購入して使いました。

田植えの手植え、稲刈りの手がりと機械を使わずにやりましたので脱穀は足踏み、籾と雑穀の選別は唐箕でやることに。

しかし、「壱の田圃」は広く、週末農業で時間の制約もあり、焦ります。

DSC_0928_convert_20151007213316.jpg
途中、雨での中断もありましたが、まだ、この程度です。

DSC_0929_convert_20151007232453.jpg
頭を抱えていると思わぬ援軍。集落の皆さんが我々の奮闘を見ていてくれたのか鎌を持て稲刈りを手伝ってくれました。大感激。
あわせて、さらに強力な援軍。師匠がコンバインを持って参戦してくれました。みるみる田圃から稲がなくなります。

DSC_0930_convert_20151007232610.jpg
一気に稲刈りが終了しました。集落の皆さんに感謝です。

田舎の互助は厳しい労働と環境でうまれたものと痛感。

◎脱穀(ウィディペギア)
収穫した穀類(イネ、ムギ、ダイズ、アズキ、アワ、ヒエ、ゴマなど)を茎からはずすこと。イネの場合、稲扱き(いねこき)ともいう。
農業機械の普及前の脱穀は、収穫した作物を乾燥させた後に行われた。
当時使われた農具として、
叩き棒 - 豆類、ムギ、アワなどに使用。二股の木の枝などを使って、筵の上に広げた収穫物を叩いて脱穀する。
殻竿(からざお/ からさお)、唐竿(からざお/ からさお)- 豆類、ムギ、アワなどに使用。長い竿の頭に、回転する棒を数本取り付けたもの。竿を持ち、回転部を振り回す要領で収穫物を打つ。
千歯扱き(せんばこき)- コメ、ムギなどに使用。櫛上の歯の間に穂を通すことで実を扱いで落とす。江戸時代に千歯扱きが発明されたことで、農作業の効率が向上した。
足踏式脱穀機(あしぶみしきだっこくき)- コメ、ムギなどに使用。千歯扱きを改良して、歯の部分が回転するようにした農業機械。大正時代に発明された。

◎唐箕(ウィディペギア)
風力を起して穀物を精選するための農具。収穫した穀物を脱穀した後、籾殻や藁屑を風によって選別するために用いられる。
内蔵する四枚羽の板がハンドルと連動して回転するようになっており[1]、唐箕の上部に配した漏斗(じょうご)から少しずつ穀物を落下させ、そこに横から風を送ることで、藁屑や実のない籾などの軽いものを吹き飛ばし実の詰まった重い穀粒だけを手前に落とすのが基本的な原理。17世紀の書物にすでに紹介されていた。





2015.10.9「大阪中之島公園のバラが見ごろに」

「大阪中之島公園のバラが見ごろに」

大阪に出張。朝早く起きて散歩に出てみる。近くの中之島公園は世界のバラが、約3,700株300種類程植えてあり、いつでも入園で来て、都会のオアシスと言えるところ。ちょうど、バラが見ごろとなっていた。朝、ベンチにすわりバラを眺めていると自然と穏やかな気持ちになるから不思議。しばし、園内を散策して、その香りと花色を楽しみ、いざ、仕事に。

IMG_5539_convert_20151010060619.jpg
御堂筋を歩き、堂島川にかかる大江橋を渡り、堂島川沿いに左折して歩きます。

IMG_5543_convert_20151010060330.jpg
やがて、中之島公園のシンボルともいえる中之島公会堂が姿を現します。

IMG_5549_convert_20151010055743.jpg
中之島公会堂のところから堂島川沿いの道にバラが植えられています。

IMG_5555_convert_20151010055903.jpg
広い公園に世界各国のバラが植えられた広い公園に出ました。早朝でランニングや散歩する人達が多い公園です。

いくつか気に入ったバラを紹介しましょう。

IMG_5584_convert_20151010055950.jpg
アストリッド スペース ストライプド  ドイツ産。「縞模様のアストリート・シュペート夫人」という意味です。このバラを作った作者のーが奥さんにささげたのでしょうか。

IMG_5587_convert_20151010062149.jpg
マダムレオンパイン フランス産。

IMG_5590_convert_20151010062225.jpg
オルレアンローズ フランス産。わずかに良い匂いが。

IMG_5592_convert_20151010062304.jpg
IMG_5556_convert_20151010062408.jpg
アンブリッジローズ イギリス産。香りが強い。ミルラ香は今まで嗅いだ事のない独特の香り。よほど気に入ったのか、二枚もとってました。

IMG_5559_convert_20151010062432.jpg
ラフランス フランス産。

IMG_5563_convert_20151010062503.jpg
フーペルネディッシェ  フランス産。

IMG_5565_convert_20151010062652.jpg
スヴニールドゥ アンネフランク  べルギー産。透明感のあるアプリコットオレンジ色。日の光を浴びると、透き通るようなオレンジ色がとても美しい。香りは中程度で、少しフルーティーな香り。

IMG_5571_convert_20151010075736.jpg
ロブロイ スコットランド産。花形がとても美しいバラ。強健種で育てやすい品種らしいです。

IMG_5573_convert_20151010075821.jpg
マヌウ メイアン フランス産。作出者がマリールイーズ・メイアンで゜、その人の愛称を花の名にしたもの。香りはうすいが花持ちが良く、耐病性もある強健種

IMG_5580_convert_20151010075856.jpg
ブルームーン ドイツ産。強香でダマスクとティーの混在した、ブルーローズの香りがする。いいかおり。

IMG_5582_convert_20151010080945.jpg
シンシアブローク 北アイルランド産。 借りはうすいがしっかりした花形のバラ。

当家のシンボリックフラワーはアイスバーク。白くて強い香りの凛としたバラ。バラはずっと見ていても飽きません。朝から良い香りと美しい色彩と形を見せてもらい、力をいただきました。

◎中之島公園(ウィディペギア)
大阪市の都心部、中之島の東部に位置する。周囲一帯はオフィス街で、都会の憩いの場となっている。
難波橋と阪神高速1号環状線の間にはバラの花壇が設けられ、春や秋にはバラの花が咲く。また、南北方向に水路が流れ、東西にバラ園(2009年の改修まで東側は円形バラ園)があり、ばらぞの橋が架かっている。天神橋より突き出た東端部は、大川を堂島川と土佐堀川に分けて尖っていることから「剣先」と呼ばれ、先端には安藤忠雄の構想による噴水が設置されている。
中之島公園のバラは、 見頃は、5月中旬~6月上旬と10月下旬~11月中旬。

IMG_5544_convert_20151010054733.jpg

2015.9.30「白金でフレンチをどうぞ カフェレストラン ユトリロ」

「白金でフレンチをどうぞ カフェレストラン ユトリロ」

愉快な仲間が支配人を務める高級スポーツクラブ「スパ白金」内に隠れた名店があるとの誘いに乗って行ってみる。スパ白金の会員だけでなく、一般の人も利用できるレストラン「ユトリロ」。この店はCAからフレンチのシェフとなった秋元さくらさんの店とのこと。秋元さくらといえば目黒の人気フレンチ店「モルソー」のオーナーで、最近、盛んにマスコミに取り上げられている人。NHKの「キッチンが走る!」(キッチンがはしる!)に出ている人と言えば分るかな。

やはり、入口はスポーツジム。この中にそんな有名シェフの店があるとはだれも思いませんね。しかし、さすが白金ネーゼの通うジムは違いますね。

IMG_5433_convert_20151011063742.jpg
ジムの中にあるのですが案内ははっきりとされていません。ジム会員の利用だけかと思っても仕方ありませんね。

ジム受付の奥にその店はひっそりとありました。

IMG_5434_convert_20151011064123.jpg
早く着きすぎました。本日は愉快な仲間の一人の定年のお祝いです。レストランはガランとしていました。

IMG_5435_convert_20151011064216.jpg
テーブルにはフォークやナイフがセットされ、料理が楽しみです。

IMG_5436_convert_20151011064311.jpg
まだ、時間があるので、幹事には申し訳ないが、生ビールを注文。フライング。何も言わないのにナッツがサービスで出てきました。心遣いか違うなあ。

そのうちにぞろぞろと愉快な仲間が集まります。

IMG_5437_convert_20151011064445.jpg
料理がスタートしました。前菜です。ガレットに生のサーモンとチーズが巻いてあってグッド。

IMG_5438_convert_20151011064516.jpg
サラミ、ソーセージ添えのサラダ。盛りつけだけで美味しそう。

IMG_5441_convert_20151011064624.jpg
主菜の魚。さわらです。

IMG_5442_convert_20151011064701.jpg
細いパスタ。カッベリーニ。

IMG_5443_convert_20151011064734.jpg
あらまあ、お肉料理まで出てきました。フルコースだ。

IMG_5444_convert_20151011064810.jpg
本日は飲み放題にしていただきました。ワインとヱビスビールですが。特別に焼酎も。

IMG_5446_convert_20151011064909.jpg
最後のデザート。すっかりお腹がみたされ、愉快な仲間とともに大満足の1日でした。場所が白金で5000円はリーズナブル。

IMG_5445_convert_20151011064836.jpg
最後にシェフまで登場していただきました。おいしい料理を「ありがとう。」の感謝です。


◎ユトリロ
☎   03-3444-5811
住所 東京都港区白金台1-1-18 スパ白金 1F
交通手段 東京メトロ南北線・都営三田線 白金台駅 出口2番より徒歩3分
        白金台駅から310m
営業時間 [火~土] 11:30~21:30 [日・祝] 11:30~20:00
       ランチ営業、日曜営業

IMG_5439_convert_20151011064546.jpg
オーナーの秋元さくらさん。ご主人 はソムリエだそうです。
]

2015.10.4-5「飯山の農的生活 はじめての米作り 脱穀」

「飯山の農的生活 はじめての米作り 脱穀」

週末の田舎暮らし。「壱の田圃」の稲刈りを集落の人たちの支援を受けてなんとか終了。師匠のコンバインで大方は脱穀と選別をしてもらいましたが、コンバインにかけなかったものは、昔ながらの脱穀をします。

DSC_0879_convert_20151007205552.jpg
庭にブルーシートを敷いて足踏み脱穀機をすえます。籾が飛び散るので。

DSC_0896_convert_20151007211100.jpg
さあ、稲の脱穀を始めます。

DSC_0899_convert_20151007211239.jpg

DSC_0900_convert_20151007211401.jpg

DSC_0901_convert_20151007211457.jpg

DSC_0901_convert_20151007211457.jpg

DSC_0902_convert_20151007211555.jpg
脱穀後の稲は見事に籾が落ちています。周りにかなり飛び散るので飛び散らない工夫が必要です。

DSC_0908_convert_20151007212424.jpg
脱穀した籾にはたくさんの藁屑やら籾殻が入っているのでこれを取り除く必要があります。

次の作業は「唐箕」を使っての籾殻や藁屑を風によって選別します。

選別作業は拙ブログ「飯山の農的生活 はじめての米作り 籾殻や藁屑の選別」をご覧ください。

◎脱穀(ウィディペギア)
収穫した穀類(イネ、ムギ、ダイズ、アズキ、アワ、ヒエ、ゴマなど)を茎からはずすこと。イネの場合、稲扱き(いねこき)ともいう。
農業機械の普及前の脱穀は、収穫した作物を乾燥させた後に行われた。
当時使われた農具として、
叩き棒 - 豆類、ムギ、アワなどに使用。二股の木の枝などを使って、筵の上に広げた収穫物を叩いて脱穀する。
殻竿(からざお/ からさお)、唐竿(からざお/ からさお)- 豆類、ムギ、アワなどに使用。長い竿の頭に、回転する棒を数本取り付けたもの。竿を持ち、回転部を振り回す要領で収穫物を打つ。
千歯扱き(せんばこき)- コメ、ムギなどに使用。櫛上の歯の間に穂を通すことで実を扱いで落とす。江戸時代に千歯扱きが発明されたことで、農作業の効率が向上した。
足踏式脱穀機(あしぶみしきだっこくき)- コメ、ムギなどに使用。千歯扱きを改良して、歯の部分が回転するようにした農業機械。大正時代に発明された。

◎唐箕(ウィディペギア)
風力を起して穀物を精選するための農具。収穫した穀物を脱穀した後、籾殻や藁屑を風によって選別するために用いられる。
内蔵する四枚羽の板がハンドルと連動して回転するようになっており[1]、唐箕の上部に配した漏斗(じょうご)から少しずつ穀物を落下させ、そこに横から風を送ることで、藁屑や実のない籾などの軽いものを吹き飛ばし実の詰まった重い穀粒だけを手前に落とすのが基本的な原理。17世紀の書物にすでに紹介されていた。





2015.10.4-5「飯山の農的生活 はじめての米作り 籾殻や藁屑の選別」

「飯山の農的生活 はじめての米作り 籾殻や藁屑の選別」

週末の田舎暮らし。「壱の田圃」の稲刈りを集落の人たちの支援を受けてなんとか終了。昔ながらの脱穀も何とか終えると籾殻や藁屑と籾の選別をします。選別には蔵をかきまわしていた時に見つけた時代物の唐箕を使ってやります。

DSC_0912_convert_20151007212622.jpg
最初はなんだろうと思ったものが唐箕です。蔵で長年使われずに埃をかぶってました。

DSC_0903_convert_20151007211742.jpg
蔵からだして、作業準備万端。

DSC_0905_convert_20151007212230.jpg

DSC_0904_convert_20151007212017.jpg
「大屋式丹頂号」とあります。ハンドルを回すと中の羽が回って風が出て、上のロート上の入口から入れた籾や籾殻や藁屑が風で吹き飛ばされ、籾だけが下の出口から出る仕掛けです。なかなか、コツをつかむまでが大変。コツは落とす量を極力少なくすることです。大きく落とすと藁屑も籾と一緒に落ちてしまいます。

DSC_0906_convert_20151007212322.jpg
ここから脱穀した籾等を投入します。この隙間で落ちる量を調整します。

DSC_0908_convert_20151007212424.jpg
見事に選別して、籾ばかりになりました。しかし、ハンドルを回す腕は疲れます。骨董的価値はなさそうですが大事に使います。

DSC_0920_convert_20151007212921.jpg
続いて、選別が終わると水分をとる乾燥作業に入ります。すべて、稲刈りをやった日にやらねばなりません。水分量が多い籾を2-3日放置するとカビが生えて、一気に食味が落ちます。したがって、脱穀を12時までやり、乾燥が終わったら1時なんて言う日もありました。

次の作業は乾燥機を使っての籾の乾燥です。

乾燥業は拙ブログ「飯山の農的生活 はじめての米作り 籾の乾燥」をご覧ください。

◎脱穀(ウィディペギア)
収穫した穀類(イネ、ムギ、ダイズ、アズキ、アワ、ヒエ、ゴマなど)を茎からはずすこと。イネの場合、稲扱き(いねこき)ともいう。
農業機械の普及前の脱穀は、収穫した作物を乾燥させた後に行われた。
当時使われた農具として、
叩き棒 - 豆類、ムギ、アワなどに使用。二股の木の枝などを使って、筵の上に広げた収穫物を叩いて脱穀する。
殻竿(からざお/ からさお)、唐竿(からざお/ からさお)- 豆類、ムギ、アワなどに使用。長い竿の頭に、回転する棒を数本取り付けたもの。竿を持ち、回転部を振り回す要領で収穫物を打つ。
千歯扱き(せんばこき)- コメ、ムギなどに使用。櫛上の歯の間に穂を通すことで実を扱いで落とす。江戸時代に千歯扱きが発明されたことで、農作業の効率が向上した。
足踏式脱穀機(あしぶみしきだっこくき)- コメ、ムギなどに使用。千歯扱きを改良して、歯の部分が回転するようにした農業機械。大正時代に発明された。

◎唐箕(ウィディペギア)
風力を起して穀物を精選するための農具。収穫した穀物を脱穀した後、籾殻や藁屑を風によって選別するために用いられる。
内蔵する四枚羽の板がハンドルと連動して回転するようになっており[1]、唐箕の上部に配した漏斗(じょうご)から少しずつ穀物を落下させ、そこに横から風を送ることで、藁屑や実のない籾などの軽いものを吹き飛ばし実の詰まった重い穀粒だけを手前に落とすのが基本的な原理。17世紀の書物にすでに紹介されていた。





2015.10.14「日本橋のお酒のコスパが良い店 蔵よし」

「日本橋のお酒のコスパが良い店 蔵よし」

愉快な仲間とたまには東京の中心で飲もうと日本橋にやってきた。高島屋の前の路地を入ったところにお酒のコスパが良い店があると聞いてのこと。「築地貝酒 蔵よし 」。店は雑居ビルの中にありました。小上りとテーブル席の普通の居酒屋です。

IMG_5136_convert_20151015060521.jpg
メトロ日本橋駅のB0出口を出ると目の前に高島屋が聳え立ちます。

IMG_5135_convert_20151015061256.jpg
雑居ビルの入口にお酒は安いの象徴「プレミアモルツ190円」の看板。

IMG_5137_convert_20151015061441.jpg
店内は小上りとテーブル席。19:00頃にはお客で一杯になりました。

早速、飲み物のメニューを見ると。本当という値段が並びます。

IMG_5144_convert_20151016030818.jpg

IMG_5146_convert_20151016030909.jpg

IMG_5150_convert_20151016031213.jpg

IMG_5152_convert_20151016031342.jpg

IMG_5155_convert_20151016031456.jpg
何でも安い。

IMG_5139_convert_20151015061624.jpg
まずは190円のプレミアモルツを注文。小グジョッキーで出てきました。付け出しは蝦と昆布の和え物です。

さて、肴は何にするかとメニューを見るとこちらは普通の価格設定に見えます。

IMG_5141_convert_20151016030301.jpg
まずは定番のポテトサラダ。この味で店の肴は推測できます。可もなく不可もなくでした。これで530円は高いなあ。肴は高めか。

IMG_5140_convert_20151015061704.jpg
うずらの味付け卵 430円。結構、居酒屋にしては珍しい肴。

IMG_5147_convert_20151016031001.jpg
ここで日本酒に転換。真澄やら銀盤でよい気分に。東京の酒 澤ノ井 純米 大辛口。

IMG_5148_convert_20151016031057.jpg
日本酒に切り替えて、旬のさんま。今年は不漁で巷には高いとの声。690円。

IMG_5149_convert_20151016031138.jpg
串焼き5種盛り合わせ 690円。食べやすいように串を抜いてしまいました。

IMG_5647_convert_20151018075757.jpg
刺身の五点盛り。新鮮な刺身でした。

IMG_5648_convert_20151018075823.jpg
イカや木のミソ漬け。イカ味噌をつけて食べます。

IMG_5156_convert_20151016034121.jpg
『秘伝のタレ』とおおぶりの『国産手羽先』を使い『オリジナルスパイス』で仕上げた『究極の手羽先揚げ』350円。

IMG_5157_convert_20151016031532.jpg
最後に、店名についた貝を食べなくてはと「地ハマグリの酒蒸し」450円を注文。
大粒の地ハマグリの酒蒸。初めて美味しいと思う肴が出てきました。地ハマのだしが良くでていました。

お酒はびっくりするほど安いですが、肴が味の割にやや高めで、支払いはトントンでした。しかし、安く酒を飲みたい向きにはおすすめです。

◎築地貝酒 蔵よし 日本橋店
☎ 050-5571-4481 (予約専用番号)
   03-3281-1088 (お問い合わせ専用番号)
住所 東京都中央区日本橋2-2-15 日本橋テイトビル 3F
交通手段  地下鉄 日本橋駅 徒歩1分
         JR 東京駅 徒歩5分
営業時間 [金・祝前日] 16:00~翌5:00
[月~木・土・日・祝日]  16:00~23:30

IMG_5134_convert_20151015061145.jpg

2015.10.4-5「飯山の農的生活 はじめての米作り 籾の乾燥」

「飯山の農的生活 はじめての米作り 籾の乾燥」

週末の田舎暮らし。「壱の田圃」の稲刈りを集落の人たちの支援を受けてなんとか終了。昔ながらの脱穀と籾殻や藁屑と籾の選別が終わり、いよいよコメの食味を決定する乾燥作業です。ここで、失敗すると1年の苦労がパーです。
米の食味を決定する条件は「アミロース」「タンパク質」「水分」「脂肪酸度(玄米)」ですが、特に、乾燥では「水分」の調整です。ここを誤ると食味が悪くなったり、かびが生えたり、虫が湧いたり、米が割れたりします。

実ったお米の水分含量は25%前後で、稲刈りのころは田圃の水を抜いていますので水分含量は、21%~22%くらいに落ちています。食味が良いのは16/5%と言われますが、これでは水分量が高く、かびや虫が心配です。通常は14-15%にします。低すぎると米が割れ、高すぎると保存が利きません。水分にバラツキのあるお米を、均一の水分値に乾燥調整します。

今は 乾燥機でやりますが、田んぼに杭を立て、吊るしてお日様に当てる天日乾燥(はさ掛け)が昔ながらのやり方です。じっくりと自然乾燥されるので、とても滋味深い美味しいお米となるようです。

ということで、「乾燥」は大変に重要な作業となります。米作りで、「稲刈り」、「脱穀」、「選別」、「乾燥」を一日で仕上げないとならないのが大変です。特に、機械を使っていないと深夜に及ぶ作業となります。水分の高いコメを2-3日放置すれば「赤米」といって、カビが生えてきて食味が著しく落ちます。

DSC_0920_convert_20151007212921.jpg
乾燥機は蔵一杯になる大型機械です。横から籾を流し込みます。これを「張込」といいます。


DSC_0914_convert_20151007212711.jpg
DSC_0917_convert_20151007212804.jpg
ザー。第一弾の籾です。すぐに乾燥できなかったので1時間半ほど「通風」しておきました。祈るような気持ちです。半年の努力を無駄にしてくれるな。機械操作もマニアルもって初めてです。

DSC_0924_convert_20151007213020.jpg
乾燥をスタート。庫内の乾燥温度が出ます。ボイラーに火が入った瞬間。28℃。

DSC_0922_convert_20151007213208.jpg
続いて、米の水分量が表示されます。22.3%。下の光っていうる線は水分量の分布です。一定時間毎に100粒とって、水分量を測定する優れものです。

DSC_0948_convert_20151007233710.jpg
乾燥機の燃料タンク。20時間ほど乾燥させるのにかかるので大容量のタンクです。燃料は白灯油です。

DSC_0950_convert_20151007233917.jpg
第二弾として、本日、刈り取った籾です。180K。

DSC_0952_convert_20151007234019.jpg
DSC_0953_convert_20151007234133.jpg
次々入れます。

DSC_0960_convert_20151007234403.jpg
DSC_0959_convert_20151007234313.jpg
乾燥温度31度。水分量は最初に乾燥した米よりも高めです。25.7%。

DSC_0949_convert_20151007233809.jpg
乾燥機が乾燥を始めると20時間ぐらい、適正水分量14-15%になるまで連続運転します。

DSC_0935_convert_20151007232927.jpg
DSC_0936_convert_20151007233011.jpg
適正な水分量になると自動停止します。その後、「排出」作業になります。乾燥機から乾燥の終わった籾を穀箱に移動させます。

DSC_0978_convert_20151018034037.jpg

DSC_0943_convert_20151007233327.jpg

DSC_0944_convert_20151007233434.jpg
穀箱にためたものを袋に移し替えます。

DSC_0945_convert_20151007233543.jpg
籾です。基本はこの状態で保存します。食べるときに精米して初めて「お米」として食べます。保存は玄米にして保存する方法もあるようですが、籾の形で保存するのが長持ちするようです。15℃以下で保存するのが適当とのことです。

稲刈りから乾燥まで一日でやりあげなければならないのが過酷です。

来年は全国の稲刈りファンに手伝ってもらわねばと思うところです。すべて、終わると精魂尽き果てました。お百姓さんの苦労を思い、ご飯粒を残すと親に怒られた意味がしみじみ分かりました。

しかし、これで終了ではありません。一週間後に、弐の田圃の稲刈りが待っています。

◎食味値(米鑑定士協会ホームページ)
近赤外線分析機で、「アミロース」「タンパク質」「水分」「脂肪酸度(玄米)」の4つの成分を測定し、食味方程式により食味値を出します。 •味値は、100点満点で表し、数値が高いほど美味しいお米になります。
•最近の良食味品種の増加や美味しい米作りの努力により、日本産では、65~75点が標準になっています。
•食味を向上させて、70~80%の人が美味しいと認める、70点以上の良質米作りを目標にしましょう

1 アミロース・・・・・・デンプンの中のアミロースの比率を表します。
•お米の主成分であるデンプンは、2割のアミロース(硬さの成分)と8割のアミロペクチン(粘りと軟らかさの成分)でできています。もち米は、100%アミロペクチンでできています。
•日本では、「粘りのある」お米が美味しいため、アミロースの割合が低いほど美味しいお米になります。
•食味評価の最も良い新潟産コシヒカリは、アミロースの割合が16~17%位であり、パサパサして硬くてまずいお米は、22~23%位になります。
•アミロースは、主に「品種・土壌・気候」により変化します。

2 タンパク質・・・・・・お米のタンパク質の比率を表します。
•タンパク質は水を通さないため、お米の吸水を阻害します。タンパク質が少ないお米は、吸水が良いため、炊き上がりがふっくらとした美味しいご飯になります。
•日本の白米のタンパク質含有量の平均値は、6.8%です。(玄米7.4%)
•タンパク質は、窒素成分を多く吸収すると増加します。
•タンパク質は、窒素肥料の施肥量により変化し、肥培管理により改善できます。
•タンパク質は、「品種・施肥・気象・土壌」により、変化します。

3 水 分・・・・・・お米の中の水分を表します。
•16%基準の範囲内で、水分の高い米ほど美味しいお米になります。
•14%以下の過乾燥米は、炊飯前の浸水時にヒビ割れを起こし、炊飯する時にデンプンが糊となって流れ出るため、ベットリしたご飯となり、食味が悪くなります。
•最近では精米工場の水分管理が厳しくなっており、農家でのより厳格な管理が求められています。14.5%以上の水分管理を徹底しましょう。
•15%以上の水分のお米は、低温貯蔵することが必要になります。
•水分は主に「乾燥・貯蔵」により変化します。

4 脂肪酸度・・・・・・脂肪の酸化度を測定し、表します。
•米の脂肪は、貯蔵中に徐々に酸化されるため、酸化度により古米化の進み度合いがわかります。
•収穫直後の新米は、10~20㎎が標準ですが、時間とともにこの数値は高くなります。
•脂肪酸化度は、低いほど新鮮で美味しいお米になります。
•脂肪酸化度は、主に「乾燥調整・貯蔵・品質」により変化します。

DSC_0932_convert_20151007232717.jpg
稲刈りの終わった壱の田圃


20015.9.11「秋の豊平川を走る」

「秋の豊平川を走る。」

出張先の朝は習慣の早朝ランニング。札幌では走りなれた豊平川に。今回は中島公園の近くのホテルに投宿。朝5時半に起床。5時50分にホテル前をスタート。ホテルの裏が豊平川の堤防ぞいの道路。南大橋と幌平橋の間から走り込みランニングコースに。

IMG_4975_convert_20151017111008.jpg
ホテル「ノルテ」をスタート。中島公園の駅から離れているがなかなか良いホテル。

IMG_4976_convert_20151017111130.jpg
空は青空で、秋らしい筋雲が箒で掃いたように見えます。

IMG_4979_convert_20151017111154.jpg
河川敷沿いのよく整備されたコースを気持ち良く走ります。

IMG_4984_convert_20151017111218.jpg
遠くに見える橋は幌平橋。美しい季節。多少の肌寒さも気になりません。

IMG_4985_convert_20151017111257.jpg
水量はそれほど多くありません。普通はこの水量計で8目盛りぐらいあります。

IMG_4990_convert_20151017111426.jpg
南19条大橋を通過します。橋が一つの道標になります。

IMG_4991_convert_20151017111448.jpg
陽が昇ってきました。

IMG_4994_convert_20151017111521.jpg
暫し。立ち止まり、自然に見入ります。

IMG_4995_convert_20151017111551.jpg
南22条大橋が見えてきました。

IMG_4997_convert_20151017111709.jpg
藻岩山が右手に見えてきました。この頃から早朝ランナーが増えてきました。

IMG_5003_convert_20151017111843.jpg
レンゲが群落をつくり、早朝ランなの目を和ませます。

IMG_5005_convert_20151017111913.jpg
特徴あるミュンヘン橋が見えてきました。手前には夏には子供たちが水遊びするのでしょう。水辺の公園が広がります。

IMG_5010_convert_20151017112009.jpg
ランニングコースは山鼻橋の手前で支流に架かる橋を渡ります。流れは結構激しく流れます。

IMG_5012_convert_20151017112030.jpg
明るくなってきました。秋の巻雲が見事です。

IMG_5014_convert_20151017112055.jpg
ミュンヘン橋がみえてきました。5Kほど走りました。そろそろ、帰らないと仕事におくれます

IMG_5015_convert_20151017112123.jpg
ミュンヘン橋に到達しましたが、まだ、時間がありそうなのでもう少し先まで行くことにしました。

IMG_5016_convert_20151017112149.jpg
正面に随分とがった山が見えてきました。山の名前はいろいろな人に聞きましたがわかりませんでした。山頂の尖り方がすごいです。登ってみたい。

IMG_5020_convert_20151017112209.jpg
藻岩橋が見えてきましたが、時間的に帰れなくなるのでここで来た道を戻ることにしました。

IMG_5024_convert_20151017112235.jpg
来た道を急いで戻ります。

IMG_5030_convert_20151017112301.jpg
南22条大橋。急げ急げの時間です。ちょっと、遠くまで行きすぎました。

IMG_5034_convert_20151017112356.jpg
特徴ある幌平橋まで戻ってきました。ヘロヘロです。

IMG_5041_convert_20151017112428.jpg
ハマナスの花が道沿いに咲いています。励ましてくれます。

ハマナスの咲く道をヘロヘロになってホテルに到達、7:12AM。急いで部屋に飛び込み、シャワー浴びて、行ってきます。もちろん、洋服は着ました。

◎豊平川河川敷ランニングコース

今回は南大橋と幌平橋の間から走り込み、藻岩橋までの往復10キロを走りました。

IMG_4988_convert_20151017111402.jpg

IMG_4987_convert_20151017111325.jpg

IMG_5001_convert_20151017111744.jpg


2013_0618_054616-DSC_0625_convert_20130623165810.jpg

IMG_5040_convert_20151017112456.jpg


2015.10.17「飯山の農的生活 米作りも終わり 収穫祭の準備!」

「飯山の農的生活 米作りも終わり 収穫祭の準備!」

飯山での週末の米作りもはぜ掛けした稲穂の脱穀ですべて終了。その前に、収穫祭の準備。収穫祭と言えばハローウィンということでハローウィンのリースと花飾りを準備することに。すべて、古民家の敷地内から調達。

DSC_1019_convert_20151018015844.jpg

DSC_1020_convert_20151018020036.jpg
こちらは百均などで調達。百均はなんでもあります。

DSC_1033_convert_20151018015954.jpg
そうそうにジャック・オー・ランタンは玄関先にぶらさがっていただきまはました。

DSC_1044_convert_20151018020117.jpg
家の杉の枝でリースの輪をつくり、飾り付け。

DSC_1045_convert_20151018020203.jpg
こちらは家に咲いていた花で花かごを。

DSC_1046_convert_20151018020239.jpg
花かごは玄関に飾ります。

DSC_1047_convert_20151018021226.jpg
先にぶらさがっていたのにリースをかけて玄関入口に。準備完了。

さあ、収穫祭に向けて最後の脱穀だ。

◎ハローウィーン(ウィディペギア)
毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭り。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカで民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある




2015.10.7「晩夏の長雨のおかげで秋の恵み 松茸が豊作」

「晩夏の長雨のおかげで秋の恵み 松茸が豊作」

今年は8月の末から長雨が続いた。そのおかげか、毎年、10月に訪れる長野県昼神温泉の定宿「昼神荘」から松茸豊作の報。愉快な仲間たちと行く予定としていたので楽しみにしていたが、当日が稲刈りにあたり行くことができず。
今年は松茸食べれないなあと諦めらめていると愉快な仲間からおもわぬお土産。持つべきは愉快な仲間。

DSC_0961_convert_20151018033115.jpg

DSC_0965_convert_20151018033257.jpg
夫婦松茸です。ありがたや。

DSC_0966_convert_20151018033326.jpg
早速、松茸をご飯にして頂きました。松茸の風味があふれ、まいうー。もちろん、ご飯はブランド米「まうんてんぼーい」。
飯山の水と気候に育まれたお米です。

DSC_0968_convert_20151018033429.jpg
豚汁との組み合わせでいただきます。

IMG_5637_convert_20151018081447.jpg
松茸のバター焼き

IMG_5639_convert_20151018081510.jpg
松茸の塩焼き

これらは日本酒のつまみとして舞うー。舞い踊りました。

番外、お隣から新米の栗ごはんをいただきました。

IMG_5470_convert_20151018033519.jpg

まさに、味覚の秋。太りすぎに注意。

2015.10.10「見上げれば夕焼け。明日の天気を願う」

「見上げれば夕焼け。明日の天気を願う」

稲刈りの日。朝から降ったりやんだりのはっきりしない天気。雨では稲刈りはできません。明日は天気にと願っていると夕方になってこの夕焼け。夕焼けは、古来より「夕焼けの翌日は晴れ」ということわざがあります。明日は稲刈りができるなあ。
日本上空では、偏西風の影響で、雨雲は南西から北東へと移動していきます。そのため、夕方に西の空が晴れ渡った夕焼けの翌日には、雨雲が来る可能性は低くなるためです。

DSC_0979_convert_20151018035406.jpg

DSC_0981_convert_20151018035513.jpg

DSC_0980_convert_20151018035443.jpg

別のことわざとして「夕焼けに鎌を研げ」があるそうで、これは夕焼けがでると晴れるため、翌日の農作業に備えよという意味です。
早速、私も翌日の稲刈りの準備を万端にしました。

2005.9.27「飯山の農的生活 飯山に秋の訪れ 柿が鈴なり」

「飯山の農的生活 飯山に秋の訪れ 柿が鈴なり」

週末の田舎暮らし。飯山にも秋の訪れが感じられるようになりました。敷地にある柿の木の三本には実が鈴なりとなりました。一部、熟して落ちているものもあります。昨年は獲りましたが、今年は稲刈りの準備でそれどころではありません。一本は甘ガキなので稲刈りが終わったら取ろうと思います。

DSC_0824_convert_20151018051945.jpg

DSC_0825_convert_20151018052023.jpg

DSC_0826_convert_20151018052054.jpg

DSC_0828_convert_20151018052217.jpg
すべて違う柿の木です。真ん中の木が樹齢百年ちかいのではないかという古木です。幹に大きな穴が開いています。

DSC_0821_convert_20151018052136.jpg
お米はこれくらい稲穂が垂れています。稲穂を写していると美しい蝶が写り込みました。

DSC_0822_convert_20151018052314.jpg
彼岸花も咲きだしました。田圃の周りには季節により、いろいろな花が咲き、目を楽しませてくれます。

DSC_0832_convert_20151018052556.jpg
秋の深まりに、しばし、浸っていると、ゴ―と飯山線の上り列車が裏庭を通過して行きました。思わず手を振ってしまいます。
一日に何本もない程度の列車です。いつまでも走ってくださいね。

2015.10.11-12「飯山の農的生活 初めての米作り はぜ掛け」

「飯山の農的生活 初めての米作り はぜ掛け」

週末の田舎暮らし。一週間前の稲刈りでは途中から米作りの師匠をはじめ、集落の皆さんにお手伝いいただいたので、残ったもう一枚の「弐の田圃」は自力ですべてやろうと朝早くから田圃に入ります。時間的に脱穀、選別の時間を残して、本日中に乾燥にかけなければいけないこと、また、ハゼ掛け米も作りたいとの思いもあり、一部は、ハゼ掛けにします。

DSC_0969_convert_20151018062135.jpg
弐の田圃も何とかここまで育てました。壱の田圃に比べて2/3程度なので一人で刈りきれると始めます。

DSC_0970_convert_20151018062255.jpg
しかし、稲刈りはなかなの体力勝負。まずは、ジッとみて、しこを踏みました。

DSC_0972_convert_20151018062410.jpg
「弐の田圃」は逆二等辺三角形のような変形です。

DSC_0973_convert_20151018062532.jpg
さあ、刈り始めました。

DSC_0976_convert_20151018062617.jpg
半日でここまで刈りました。あと5時間もあれば刈れるだろうとお昼にします。

しかし、今回は脱穀がしやすいように、稲を束ねる作業をします。これも、集落の人が見ていられないとばかりに簡単に束ねる結び方を教えてくれました。これでスピードアップ。これがなかったら、終わらなかったかもしれません。

IMG_5616_convert_20151018080806.jpg
端がしっかりした稲わらを二本ほど稲穂の束に当てます。続いて、次のようにしていきます。

IMG_5628_convert_20151018080833.jpg

IMG_5629_convert_20151018080900.jpg

IMG_5622_convert_20151018080922.jpg
稲わらを次のように縛ります。この後、それぞれの端を稲わらにかけた稲の間に差し込みます。

IMG_5614_convert_20151018080721.jpg
ぬかるんだ部分を除き刈り取りました。もう少しです。

IMG_5630_convert_20151018081025.jpg
もう少し頑張るぞ。

IMG_5633_convert_20151018080956.jpg
遂に刈り上げました。バンザーイ。

DSC_0993_convert_20151018063028.jpg
遂に、刈り上げました。腰がいたくなるらしいですが、山に学生時代から登っているおかげで腰は強く、まったく、大丈夫でした。山は腰で登ります。

IMG_5613_convert_20151018080619.jpg
このように刈り取った一部をはぜ掛けにしました。はぜ掛けの台は「布団掛け」です。意外と便利。

「稲刈りて 秋の終わりの 近さ知る」  BY まうんてんぼーい

◎はぜ掛け(ウィディペギア)
イネを刈り取った後に束ねて天日に干せるように木材や竹などで柱を作り地上から干すこと。
干すことによってアミノ酸と糖の含量が高くなり、また稲を逆さまに吊るすことで、藁の油分や栄養分、甘みが最下部の米粒へ降りて栄養と旨味が増すと言われている。近年は乾燥機により乾燥することが多く、減少傾向。





20105.1017「ラグビーワールドカップ オールブラックスに感嘆」

「ラグビーワールドカップ オールブラックスに感嘆」


イングランドで開催されているワールドカップラグビー。ジャパンは3勝を挙げなが、勝ち点差で予選敗退。しかし、これからがワールドカップの面白いところ。土曜日の深夜の準々決勝を脱穀の疲れた身体で観戦。二試合は見れないので:4:00からのニュージランドVSフランス戦をテレビ観戦。

DSC_0754_convert_20150920190044.jpg
ジャパンのユニホーム着て応援。ニュージーランドのオールブラックスがどこまでフランスと闘うかを注目。ランキングNO1。

シャンパンラグビーのフランスもおめおめ後塵を拝すまい。BS NHK テレビ画面から。

DSC_1068_convert_20151019210201.jpg
フランス国家にうるうる

DSC_1066_convert_20151019210035.jpg
オールブラックスはいつもどおりに気持ちを荒ぶる

DSC_1072_convert_20151019205219.jpg
試合前にオールブラックスが行う儀式「ハカ」。

DSC_1067_convert_20151019205504.jpg
オールブラックスのかなめであり、キャプテン。リッチ・マコウ。闘志みなぎる面構え

DSC_1074_convert_20151019204942.jpg
フランスを応援するかわいい男の子。誰もが勇気あるラグビー戦士の闘志に感激。

DSC_1080_convert_20151019204714.jpg
ニュー,ジーランドがトライをとり徐々に引き離します。

DSC_1082_convert_20151019204615.jpg
ゴールキックを狙うダン・カーター。正確無比なキックで勝利に貢献。

DSC_1089_convert_20151019204400.jpg
フランスも意地でトライを取り返します。

DSC_1093_convert_20151019204301.jpg
しかし、徐々にオールブラックスが地力を発揮し次次にトライを重ねます。

DSC_1095_convert_20151019204041.jpg

DSC_1096_convert_20151019203852.jpg
快速ウィングが独走のトライ。大きな点差へと広がりました。ラグビーは点が入り始めると実力差以上の点差が付きます。気持ちの糸かきれてしまうがごとくです。

DSC_1100_convert_20151019203422.jpg
考えられない大差となりました。こうなると応援する方も表紙抜けです。睡魔が急に襲ってきます。寝るかな。

DSC_1101_convert_20151019203300.jpg
タゥエラ・カーバーローがダメ押しともいえるトライ。

DSC_1104_convert_20151019192246.jpg
ノーサイドの笛が鳴ります。62対13の一方的スコアーとなりました。オールブラックス強し。

いよいよ、4強のぶつかり合い準決勝。まだまだ、睡眠不足が続きます。南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、アルゼンチン。アルゼンチンを除くと順当なチームが実力通りに上がってきました。その後ニュージーランドは南アフリカに20-18で辛勝し決勝に進出しました。寝不足がまだまだ続きます。

◎オールブラックス(ウィディペギア)
ラグビーニュージーランド代表。ラグビーワールドカップ優勝2回、IRBセブンズワールドシリーズ総合優勝12回を誇る世界的なラグビー強豪チームであり、2015年現在、全ての国別代表チームに勝ち越している唯一のチームである。ワールドラグビーランキングでは2009年11月から世界ランク1位にある。


◎ハカ(ウィディペギア)
マオリ族の戦士が戦いの前に、手を叩き足を踏み鳴らし自らの力を誇示し、相手を威嚇する舞踊である。1905年のイギリス遠征の際にオールブラックスが戦いの踊りの要素を取り入れたものを初めて踊り、以後代表チームに受け継がれることとなる。試合前にハカを舞う意味は、オールブラックスはこの対戦を受け入れ、対戦を望んでくれたチームに対し敬意を表する意が込められている。ハカを先導するリードは伝統的にマオリ族の血筋を引く選手が行っているが、元オールブラックスのタナ・ウマガはサモア系移民であり、偉大なオールブラックスキャプテンとして迎えられたため特例としてリードを任された。ウマガの後、伝統的な慣例が守られない時期もあったが、ピリ・ウィプー(2011年から2013年)、リアム・メッサム(元・ニュージーランド・マオリ(現・マオリ・オールブラックス)キャプテン)がリードを務めている。


2015.10.12「飯山の農的生活 稲刈りも終わり、秋野菜がすくすく育ちます」

「飯山の農的生活 稲刈りも終わり、秋野菜がすくすく育ちます」


10月も中旬になり、稲刈りも終了し、比較的放置していた秋野菜もいつの間にか芽をふきだしています。ここからは雪の便りとの競争です。特に、長野の名産の野沢菜は9月の初旬に播くのが下旬になり、生育が遅れています。
「壱の畑」では、ルッコラ、二十日大根、白菜、野沢菜、ニンニクが若葉を吹いて育ち始めました。昨年は白菜が葉を巻く前に雪をかぶり収穫できなかったので何とか育ってほしいです。

DSC_0996_convert_20151022035036.jpg
壱の畑です。マリーゴールドはセンチュウ対策と防虫対策。無農薬栽培のために自然の力を借ります。

DSC_0997_convert_20151022035139.jpg
白菜はまだこの程度。早く育てよ。種まきの遅れは仕方ありません。

DSC_0999_convert_20151022035340.jpg
こちらは同じ白菜ですが、ビニールでマルチングして、生育の差を見ています。マルチングしていないもの(上の写真)といまのところあまり変わりありません。

DSC_1000_convert_20151022035447.jpg
チマサンチュ。まだ芽がでたところ。

DSC_1001_convert_20151022035537.jpg
DSC_1002_convert_20151022035623.jpg
野沢菜は10月12日はここまで出ていました。野沢菜の種は昨年のものから種を獲った当家の二代目です。

DSC_1021_convert_20151022041749.jpg
10月17日の一週間でこんなに成長しました。

DSC_1031_convert_20151022041532.jpg
早速間引きました。まびき菜はラーメンの具材となりました。とてもおいしいです。

DSC_0998_convert_20151022035244.jpg
ロケットキャベツ。二株を種を取る為に残して、すべて収穫しました。ロケット型をしているので冷蔵庫の収納や料理に便利です。

DSC_1003_convert_20151022035934.jpg
ニンニクもすくすく育っています。大玉なので来春の収穫が楽しみ。

DSC_1004_convert_20151022040026.jpg
二十日大根。種を播いて二週間。20日での収穫は無理ですね。

DSC_1005_convert_20151022040130.jpg
ルッコラも随分長く食卓を賑わせてくれています。

DSC_1007_convert_20151022040710.jpg
秋茄子。茄子は夏から秋深くまで最後までおいしい実を提供してくれます。秋茄子はずいぶん小ぶりですが。

DSC_1029_convert_20151022041336.jpg
ピーマンも小さくなりましたが元気に実がなります。

DSC_1030_convert_20151022041433.jpg
バジル。種をとって増やす予定。また、バジルソースにして食べます。

秋も深まりましたが、まだまだ収穫が楽しみです。

「鍬にぎり 見上げる空に 鱗雲」 by まうんてんぼーい





2015.10.17「飯山の農的生活 初めての米作り はぜ掛け米の脱穀」

「飯山の農的生活 初めての米作り はぜ掛け米の脱穀」

週末の田舎暮らし。一週間前の稲刈りでは途中から米作りの師匠をはじめ、集落の皆さんにお手伝いいただいたので、残った一枚の「弐の田圃」は自力ですべてやろうと朝早くから田圃に入ります。時間的に脱穀、選別の時間を残して、本日中に乾燥にかけなければいけないこと、また、ハゼ掛け米も作りたいとの思いもあり、一部は、ハゼ掛けにしました。

DSC_1008_convert_20151022220134.jpg
稲刈りで、はぜ掛けしてから今日で丁度5日目です、水分量が14-15%になったかどうかを水分計で確認して脱穀するかを決めます。

DSC_1009_convert_20151022220251.jpg
「弐の田圃」は千曲川の河川敷にあります。一か所を除いてすべて稲刈りが終わっています。

DSC_1010_convert_20151022220356.jpg

DSC_1011_convert_20151022220447.jpg
はぜ掛けした稲から籾を8粒ほどとります。

DSC_1012_convert_20151022220559.jpg
水分計です。これで籾の水分を計ります。

DSC_1013_convert_20151022220702.jpg
使用できるように準備しました。

DSC_1014_convert_20151022220753.jpg
籾を8粒測定場所に置きます。この時も手で触ると水分量が変わるのでビンセントでとります。

DSC_1055_convert_20151022220943.jpg
針が目盛りの15%を若干下回った数値を示しています。これだけでは安心できません。

DSC_1056_convert_20151022221028.jpg
気温による補正をこの温度計でやります。+0.2を示しているので、これを上の目盛りの数値に足します。ちょうど15%程度で合格。
これで脱穀ができます。

水分量が多いと保存が利きません。カビが生えたり、虫が湧いたりします。逆に、低すぎると精米時に粉々になります。
自分でコメを作って、こんなに微妙なことをやっているのを初めて知りました。

DSC_1057_convert_20151022221116.jpg
足踏み脱穀機を玄関内にセットして脱穀を始めます。

DSC_1060_convert_20151022221336.jpg
はぜ掛けからもみを外して脱穀場所まで運びます。

DSC_1063_convert_20151022221419.jpg

DSC_1064_convert_20151022221522.jpg

DSC_0908_convert_20151022221700.jpg
脱穀して籾になりました。刈り取った稲をいきなり、脱穀するよりは籾の取れ方は良いです。

DSC_1058_convert_20151022221239.jpg
これを唐箕で藁屑やもみ殻を飛ばして籾のみを選別します。

DSC_0944_convert_20151022221802.jpg
既に、はぜ掛けが乾燥のためのものですので、機械乾燥のために乾燥機に入れる必要はなく、直接、袋に入れて保存します。これで完成です。

はぜ掛けの自然乾燥は徐々に乾燥するので食味が良いといわれています。食べ比べてみます。

しかし、稲作はこんなに奥が深いとは思いませんてした。お百姓さんの苦労が身に染みました。

◎はぜ掛け(ウィディペギア)
イネを刈り取った後に束ねて天日に干せるように木材や竹などで柱を作り地上から干すこと。
干すことによってアミノ酸と糖の含量が高くなり、また稲を逆さまに吊るすことで、藁の油分や栄養分、甘みが最下部の米粒へ降りて栄養と旨味が増すと言われている。近年は乾燥機により乾燥することが多く、減少傾向。

2015.9.25「御徒町のコスパが良い店 きどや」

「御徒町のコスパが良い店 きどや」

昔の部署の部下がいろいろ集まって懇親を温めているのは楽しい限り。ということで、その一つのグループから声がかかり愉快な仲間と御徒町のコスパの良いという店に行ってみた。「きどや」。JR御徒町駅南口をでて、松坂屋の裏にその店はありました。普通の居酒屋です。ワイワイと愉快な仲間も集まり、一緒に働いていた頃の話で大いに盛り上がります。さて、この店は「日本酒の品揃え」と「安い」ということで、まずは、この店の常連の愉快な仲間に注文をまかせます。

IMG_5380_convert_20151024164337.jpg
「なにこれ。いきなり寿司かい。」と、思ったらこれが付け出し。

IMG_5382_convert_20151024164443.jpg
店内は広く、テーブル席中心。すでに、かなりの人が入っています。

IMG_5377_convert_20151023055744.jpg
いきなり、日本酒を注文。「水神」と言う聞いたことのないお酒が登場。
南宋時代の龍描きの名手であった陳容の筆による「陳容筆 龍図」をラベルに用いて、風を巻き起こし雷雨を呼ぶ豪壮な龍の姿。あさ開の 純米大辛口「水神」。

なんと、この店。270円(税抜)均一のドリンク

ビール・焼酎・日本酒・ソフトドリンクなどのメニューが全て270円(税抜)。日本酒は八海山・越乃景虎などや、焼酎では黒霧島なども入っていました。

IMG_5385_convert_20151024164623.jpg

IMG_5378_convert_20151023055853.jpg
純米大辛口「水神」。すっきりとした飲み口。南部杜氏の魂こがもる。

IMG_5384_convert_20151024164549.jpg
日本酒にはお造り。お刺身三点盛り。876円。

IMG_5386_convert_20151024164659.jpg
バリバリキャベツ。249円。

IMG_5390_convert_20151023055931.jpg
大きなさつま揚げ。405円。

IMG_5391_convert_20151023060027.jpg
明太子うどん。292円。

IMG_5392_convert_20151023060233.jpg
愉快な仲間はお腹が空いているのかソース焼きそば。292円。安いなあ。

IMG_5394_convert_20151023060320.jpg
えのきやき

IMG_5387_convert_20151024201049.jpg
「酔心」に変更。広島三原の酒。これも270円です。しすし、量は半合もないかな。横山大観が終生愛したといわれる酒。

■日本酒度:+2.5
■酸度:1.6
■アミノ酸度:1.4
■アルコール度:15.0~16.0度
■精米歩合 60%
■原料米:米(国産)・米こうじ(国産米)

IMG_5395_convert_20151023060906.jpg
穴子の天ぷら。378円。

IMG_5396_convert_20151023061129.jpg

IMG_5397_convert_20151023061221.jpg
牛筋ネギやき。398円。

IMG_5388_convert_20151024164723.jpg

IMG_5389_convert_20151024164832.jpg

いつのまにやら、テーブルに肴が次々と並んでいました。わいわいがやがや、情熱がほとばしる飲み会。良い気分で解散となりました。

〇あさ開
■創業 明治4年(1871年)
■所在地  岩手県盛岡市大慈寺町10番34号
        代表TEL 019-652-3111(8:30~17:30)
あさ開 名前の由来
「あさ開」の名は「漕ぎ出る」にかかる枕詞。万葉集の中に、歌聖・柿本人麻呂の和歌に代表されるいくつかの作品があります。
南部藩士だった七代目・村井源三が武士を辞め、明治4年(1871年)に現在地で酒づくりをはじめたのがその創業にあたります。侍から商人としての再出発と、明治という新しい時代の幕開けにかけて、「あさ開」の名をつけたものといわれております。

〇酔心
株式会社 醉心山根本店
住所    広島県三原市東町一丁目5-58
Tel     0848-62-3251
創業    万延元年(1860)

◎きどや 御徒町店
☎ 050-5796-3125
住所 東京都台東区上野3-19-1 松岡ビル1F
JR 御徒町駅 南口 徒歩1分
地下鉄千代田線 湯島駅 徒歩5分
地下鉄都営大江戸線 上野御徒町駅 徒歩3分
営業時間 月~金 17:00~23:30
        土・日  11:30~14:00
定休日   祝日

2015.8.11「鳥取 東郷湖を走る」

「鳥取 東郷湖を走る」

鳥取県の西部に位置する東郷湖の湖畔の定宿「養生館」に宿泊。

IMG_4280_convert_20151024234153.jpg

早朝、5時に起床して、東郷湖1周12Kを一人でスタート。毎回、鳥取に帰郷するたびに走る恒例のラン。3年前に帰った時にも一周。

IMG_4282_convert_20151024234353.jpg
まだ、夜明け前で薄暗い中を走ります。

IMG_4283_convert_20151024234443.jpg
養生館を走り出ると東郷湖を右回りに走ります。直ぐに中国の宮殿風の建物が見えてきました。「燕趙園」という中国の皇家園林をテーマとするテーマパーク。日本最大の中国庭園です。

IMG_4285_convert_20151024234648.jpg
ポイントごとにこのような案内板が設置されています。走るのには励みになります。

IMG_4286_convert_20151024234802.jpg

IMG_4287_convert_20151024234835.jpg
「燕趙園」の正面に走ってきました。大きな宮殿が復元されています。

IMG_4288_convert_20151024235251.jpg
さらに走ると公園内にパンダがたくさんいる場所が新たに作られていました。

IMG_4289_convert_20151024235439.jpg
公園内の散策路に沿ってランニングします。美しい東郷湖を眺めながらのすがすがしいラン。

IMG_4290_convert_20151024235656.jpg
万里の長城を模した橋を走りわたります。

IMG_4291_convert_20151024235742.jpg
東郷湖も朝もやの中にあります。遠くに対岸にあるハワイ温泉の最大の旅館「望高楼」が見えます。

IMG_4292_convert_20151025055503.jpg
東郷湖沿いの道路に沿って走ります。気持ちいい。

IMG_4294_convert_20151025000146.jpg
県道22号線に沿ってはしります。分岐が出てきました。倉吉方面に走ります。

IMG_4295_convert_20151025000216.jpg
本日、ランスタートの養生館です。こうしてみると湖に浮かぶ島のようにも見えます。広大な旅館です。

IMG_4296_convert_20151025000340.jpg
鶴が飛び立つオブジェのある公園があります。下の文字は「湖畔のいで湯と梨の町 湯梨浜町」と書いてありました。

IMG_4297_convert_20151025000521.jpg
この公園に東郷湖の立派な道標が立ってました。ランニングしながら観光も兼ねてるなあ。

朝食に間に合わないといけないので先を急ぎます。

「静かなり 朝もやにけぶる 東郷湖」 BY まうんてんぼーい
 
続きは、「鳥取 東郷湖を走る Ⅱ」 をご覧ください。
◎東郷湖ランニングコース
 都道府県 市区町村:鳥取県東伯郡 湯梨浜町
 概算距離: 10.30km
 おすすめポイント:女性でも安心、緑が多い、景色がきれい、起伏がある 、ジョガーが多い
 東郷湖を眺めながらのJOGは快適。途中いくつかの公園があるため給水、トイレ休憩できます。温泉地なので足湯も3箇所あり ます。
IMG_4284_convert_20151024234554.jpg

IMG_4298_convert_20151025000622.jpg


◎東郷湖
 長さ2kmほどの橋津川を通じて日本海につながっており、シジミが獲れる。池の中央付近の湖底からは温泉が湧くという全国でも 珍しい池であり、湖畔にははわい温泉と東郷温泉がある。また、冬には池から湯気が立つ神秘的な風景も見られること。

2015.8.11「鳥取 東郷湖を走る Ⅱ」

「鳥取 東郷湖を走る Ⅱ」


鳥取県の東郷湖を走った記録の後半です。

IMG_4296_convert_20151025000340.jpg
鶴が飛び立つオブジェのある公園があります。下の文字は「湖畔のいで湯と梨の町 湯梨浜町」と書いてありました。

IMG_4297_convert_20151025000521.jpg
この公園に東郷湖の立派な道標が立ってました。ランニングしながら観光も兼ねてるなあ。

朝食に間に合わないといけないので先を急ぎます。

IMG_4300_convert_20151025000725.jpg
「めぐみの湯」。東郷湖周辺は温泉に古来より恵まれ、東郷温泉、ハワイ温泉など有名な温泉地があります。この公園にも「足湯」があり、朝早くから、地元の人が集まり、語らいの場となっています。

IMG_4301_convert_20151025000823.jpg
丁度、2キロほど走ってきました。

IMG_4304_convert_20151025001147.jpg
ここには、皇太子が訪れて、ここの特産のヤマとシジミを放流した場所があります。シジミ漁で有名な島根県の宍道湖同様に汽水湖でシジミは名物の一つです。

IMG_4307_convert_20151025001403.jpg
ハワイ温泉一の規模の旅館「望高瘻」がかなり大きく見えるようになりました。スタート地点では対岸に見えました。

IMG_4314_convert_20151025001509.jpg
ハワイ温泉が近づくと一端、コースは湖を離れます。新しい住宅街がひろがりますが、その真ん中にあるのはラブホテル。

IMG_4316_convert_20151025001713.jpg

IMG_4318_convert_20151025002109.jpg
新興住宅街を過ぎるとハワイ温泉の中心地に向けてまっすぐの道路を走ります。冬は積雪もする地ですが、地名が「羽合」から「ハワイ」とつけたので常夏のヤシが街路樹として植えてあります。

IMG_4317_convert_20151025001930.jpg
途中に大きな建物がありました。田舎に行くと定番。なんでしょう。そうです、雨天でも試合可能な、ゲートボール場です。

IMG_4321_convert_20151025002155.jpg
ハワイ温泉の中心街に入る途中に「足湯」もありました。疲れた足を癒そうと湯船を見ると空でした。

IMG_4323_convert_20151025002303.jpg
ハワイ温泉の最高級旅館「望高楼」の玄関まで走ってきました。5キロ程です。

IMG_4325_convert_20151025002502.jpg
遊覧の船が朝の静けさの中で揺れていました。

IMG_4328_convert_20151025002551.jpg
ハワイ温泉の表示板に到着。ハワイ温泉のこの表示板を見つけるのに結構走り回りました。時間的に朝食に間に合うように走るにはここで引き返すこととしました。これからが標高差50メートルのこのコースの核心。心臓破りの長い坂が続きますが、その先には出雲山展望台が待っています。しかし、今回は体験することなく引き返します。残念。

IMG_4344_convert_20151025002739.jpg
スタート地点に戻る途中、朝の漁をしていた船が朝もやの中を走っていました。

IMG_4345_convert_20151025002819.jpg
帰りの走路から見える出雲山。ハワイ温泉を過ぎるとあの山を周遊コースは登っています。

IMG_4349_convert_20151025002937.jpg
スタートした養生館の玄関に到着。

朝食前のランニングは気持ち良い。この後、もちろん温泉にザブン。
 
◎東郷湖ランニングコース
 都道府県 市区町村:鳥取県東伯郡 湯梨浜町
 概算距離: 10.30km
 おすすめポイント:女性でも安心、緑が多い、景色がきれい、起伏がある 、ジョガーが多い
 東郷湖を眺めながらのJOGは快適。途中いくつかの公園があるため給水、トイレ休憩できます。温泉地なので足湯も3箇所あり ます。
IMG_4284_convert_20151024234554.jpg

IMG_4298_convert_20151025000622.jpg


◎東郷湖
 長さ2kmほどの橋津川を通じて日本海につながっており、シジミが獲れる。池の中央付近の湖底からは温泉が湧くという全国でも 珍しい池であり、湖畔にははわい温泉と東郷温泉がある。また、冬には池から湯気が立つ神秘的な風景も見られること。

IMG_4333_convert_20151025002707.jpg
東郷湖は日本海嫁眺め汽水湖です。

2015.10.25「飯山の農的生活 米作りも終わり 収穫祭」

「飯山の農的生活 米作りも終わり 収穫祭!」

飯山での週末の米作りもはぜ掛けした稲穂の脱穀ですべて終了。収穫祭の準備で当家もハローウィンのリースと花飾りを作って、31日を待つばかり。

IMG_5633_convert_20151026205831.jpg
稲穂が揺れていた田圃も一部を除いて、稲刈り跡に。

DSC_1047_convert_20151018021226.jpg
当家はジャック・オー・ランタンのリースを玄関入口にかけて準備完了。

集落で当家だけがハローウィンの準備をしているかと思えば、なんと師匠の家の前にジャック・オー・ランタンが。ユニークなランタンがぞろりといました。ハローウィンと解説付き。

IMG_5698_convert_20151026210352.jpg

IMG_5697_convert_20151026210218.jpg

収穫祭の準備は完了。子供たちが家々を回る日が楽しみ。そのためには若い人たちがたくさん移住してくれないと。

◎ハローウィーン(ウィディペギア)
毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭り。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカで民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある




2015.10.6「毎年、恒例の横浜の利き酒会に行ってみた」

「毎年、恒例の横浜の利き酒会に行ってみた」2015.10.6

横浜の愉快な仲間の誘いに乗って、今年も横浜のホテルキャメロットジャパンで行われる利き酒会に行ってみた。今年で3年連続で参加するが会を重ねるごとに盛大に。会費は前売りで2000円。当日の半額なので前売りを買うのが重要。18:00開演ですでに会場には多くの人が集まり盛会。今年は全国から日本酒の酒造メーカーが44、焼酎・泡盛メーカー13、ワインメーカー9が参加してました。自慢のお酒をテーブルに並べ参加者はグラスを持って利き酒に回ります。

IMG_5477_convert_20151029202218.jpg
既に、会場はオープンとなり、会は始まってました。受付して、我々も会場に。

IMG_5480_convert_20151029202454.jpg
まずはテーブルを抑えて、持ってきたツマミを置いて、さっそく利き酒に。

IMG_5479_convert_20151029202332.jpg
まずは、5年間の長野での仕事でお世話になった大雪渓酒造の「山の酒 大雪渓」のブースに。「社長の薄井さんにはお世話になりました。」なんて、話をしながらグラスに大吟醸を注いでもらいます。

IMG_5481_convert_20151029202521.jpg
これもなじみの群馬の銘酒「水芭蕉」。長野の鬼無里で酒米を栽培して、この蔵で酒を造っています。

IMG_5482_convert_20151029202614.jpg
これは発泡していたスパークリングでワインのような酒でした。最近は、輸出を意識してこの手のお酒が増えてます。

IMG_5485_convert_20151029202646.jpg
秋田の日の丸醸造の酒「まんさくの花」。この酒は地元の行きつけの小料理屋の定番で好きな酒。すっきりとした日本酒独特のうま味がうれしい。

IMG_5487_convert_20151029202720.jpg
福井の酒は玄人好みの「一本義」。食前酒にはすっきりしたのど切れでおすすめ。

IMG_5488_convert_20151029202751.jpg
会場内はますます人が増えて混雑しています。

IMG_5489_convert_20151029202846.jpg
八戸の酒「如空」。南部杜氏が腕によりをかけて「ピュアで端麗」、「ふくよかな旨み」、「喉越しのいい後味」をさらに磨いてつくった酒。そのキャッチフレーズ道理のうま味。初めて飲みました。

IMG_5493_convert_20151029202949.jpg
日本酒王国 山形からは「銀嶺月山」。酒造好適米「出羽燦々」を50%まで磨き、日本名水百選の「月山の自然水」で醸した純米吟醸酒。とあります。きめ細やかな口当たりと優雅な香りがします。

IMG_5494_convert_20151029203025.jpg

IMG_5498_convert_20151029203125.jpg
「澤正宗」。初めて耳にする日本酒。聞けば山形の酒。グラスに次いでもらおうと差し出すと。

IMG_5497_convert_20151029203057.jpg
こちらの子茄子のからし漬けを勧めます。からくて日本酒どころでなくなりました。山形の寒河江の酒。山形は日本酒王国。奥が深い。

IMG_5499_convert_20151029203203.jpg
そろそろ帰る人たちも出始めましたが、まだまだ最高潮の熱気です。

IMG_5500_convert_20151029203311.jpg
滋賀の酒。「道潅」。一番左が「純米吟醸 道潅 」。良質な吟醸の含み香と辛口でキレの良い味。魚にあう。

◆アルコール度数 15度以上16度未満
◆日本酒度 +4
◆原料米:玉栄
◆仕込み水:中軟水(自社地下水)
◆精米歩合 55%

IMG_5502_convert_20151029203359.jpg
御存じ「八海山」。大きな樽酒を持ち込んでました。左手に見える「千萬 あるべし」は焼酎。焼酎も当然作っていました。
ここは焼酎をいただきました。まいうー。

IMG_5503_convert_20151029203433.jpg
グルメ漫画「美味しんぼ」の「ワインと日本酒の対決の場面」で、シャブリ(白ワイン)やムルソー(白ワイン)よりもエスカルゴに合う日本酒として越乃鹿六(こしのかろく)が紹介されていますが、その酒にここで出会うとは。確かに、洋食に合いそう。新潟県五泉市の酒。

IMG_5505_convert_20151029203522.jpg

IMG_5507_convert_20151029203609.jpg
大船の居酒屋の名店「白扇」で提供される酒「白扇」。主人が体調壊して一時閉店してから一年近い。、はやく、健康取り戻して開店しないかな。そこで、白扇を飲みたい。埼玉県寄居の酒です。手前の50と箱に書いてあるのは 「白扇 大吟醸50」。華やかな香りと、まろやかな味わいの酒。 .

◆アルコール分 16度
◆日本酒度    +5
◆酸度 1.1
◆精米歩合     50%

すっかり、へべれけになった愉快な仲間と我々も会場を後にします。なんと、焼酎がお土産として頂けました。さて、もう一軒と夜の横浜に消えました。

◎大雪渓酒造株式会社
創業 明治31年(1898年)
長野県北安曇郡池田町大字会染9642-2
TEL 0261-62-3125(代表)

◎永井酒造株式会社
群馬県利根郡川場村門前713
電話番号 0278-52-2311
創業 明治19年

◎日の丸醸造株式会社
秋田県横手市増田町七日町114-2
TEL 0182-45-2005
創業 元禄二年

◎株式会社一本義久保本店
福井県勝山市沢町1丁目3-1
電話番号 0779-87-2500
創 業 明治35年(1902年)

◎八戸酒類株式会社
青森県八戸市八日町1番地
TEL 0178-43-0010
創業 天明6年

◎月山酒造
山形県寒河江市大字谷沢769-1
TEL=0237-87-1114
創業 1972年

◎古澤酒造株式会社
山形県寒河江市丸内三丁目5-7
電話 0237-86-5322
創業 天保7年(1836年)

◎太田酒造株式会社
創業 明治七年
滋賀県草津市草津三丁目10-37
TEL 077-562-1105~1106

◎八海醸造株式会社
新潟県南魚沼市長森1051番地
創業 大正11年

◎近藤酒造株式会社
創 業  慶応元年 1865年
新潟県五泉市吉沢2-3-50
TEL.0250-43-3187

◎株式会社 藤﨑摠兵衛商店(ふじさきそうべえしょうてん)
埼玉県大里郡寄居町寄居925-2
電話 048-581-1757
創業 享保13年(1728年)

2015.10.25「飯山の農的生活 集落の共同作業 御伝馬 土木作業」

「飯山の農的生活 集落の共同作業 御伝馬 土木作業」

週末の飯山暮らし。10月25日は朝から集落の人たち総出で水路の補修作業。山の沢から取った水を流す暗渠が10メール近くにわたり壊れたので新しく暗渠を造成する工事です。専門家でも大変そうな工事を集落の人たちでやるとは無謀。行政が業者を雇ってやらせるべきと思うが、行政がやるのは材料の提供だけらしい。必要な工事用の機械や道具も集落で用意するとのことで、作業員も集落の人々。都会では考えられません。

私は砂とセメントをミキサーで混ぜる仕事をチームで割り当てられ20袋ぐらいを作って、暗渠設置チームに合流。

IMG_5681_convert_20151027051601.jpg
既に暗渠の一つが設置されていました。素人でよくできるというか、昔からやっており、みなさんプロ。

IMG_5683_convert_20151027052008.jpg
暗渠と暗渠の間をセメントで固めるために「舟」と呼ばれる箱に砂とかき混ぜたセメントを入れて、水を加えて練ります。

IMG_5684_convert_20151027052105.jpg
工事現場は沢から近い林の中です。

IMG_5685_convert_20151027052226.jpg
手前の人は設置された暗渠の目地にセメントを入れて固めています。向こうではパワーシャベルで暗渠を釣り上げて設置をしています。

IMG_5687_convert_20151027052711.jpg
手前に積み上げてあるのは壊れた暗渠の蓋です。これは使用します。運搬車も集落の人のものです。もちろん、パワーシャベルも。

IMG_5688_convert_20151027052753.jpg
かなりできてきました。朝、八時から休まずやります。風があり、肌寒い一日。

IMG_5692_convert_20151027053042.jpg
最後のところは暗渠が入りませんので、型をとり、その中にセメントを流し込みます。

IMG_5690_convert_20151027052902.jpg
暗渠と地面の隙間に土を入れて埋めます。これならできるとここを担当しましたが、パワーシャベルがあっという間に埋めてしまいました。米作りと一緒で機械にはかないません。

IMG_5693_convert_20151027053732.jpg
専門業者が施工したように立派に暗渠ができました。

IMG_5695_convert_20151027053924.jpg
セメント作成チームの我々は一足早く、セメントの製造場所の片付けに帰えります。トラックの荷台からみると曇り空から青空に変わっていました。

IMG_5694_convert_20151027053843.jpg
本日は一日掛かりと思いましたが8:00から12:30まで休みなく働き無事終了。

田舎暮らしではかかせない集団作業です。これができないと田舎暮らしは難しい。週末の田舎暮らし。往復520Kかけてきてもほとんどこの作業でしたが初めての体験ばかりで楽しめます。しかし、今後、体力的にできなくなったときにどうするのか心配です。

◎伝馬(てんま)
長野県飯山地域では労働奉仕のことをこのように読んでいる。一般的には江戸時代,諸街道の宿駅に常備され,公用の人や荷物の継ぎ送りにあたった馬や制度をいう。
何故、労働奉仕を伝馬と呼ぶようになったかは今は謎。

2015.10.30「学生時代からお世話になった'ぼるが'」

「学生時代からお世話になった'ぼるが'」

金曜日の夜。同期と久々に新宿で一杯。翌朝、早いので軽く一杯。昔、学生時代に行った「ぼるが」を思い出し西新宿に。しっかりと山小屋風の店が残ってました。もつ焼きの臭いが流れます。まだ、早いので店は空いていました。

IMG_5707_convert_20151031155151.jpg

IMG_5721[1]_convert_20151031155641

IMG_5708_convert_20151031155126.jpg
カウンターはバー風。そして、テーブル席。これだけでなく、2階もあります。酒場放浪記の吉田類さんも来たようです。

IMG_5720[1]_convert_20151031155550
お酒は日本酒の「東光」。日本酒王国山形の酒。米沢。「東光 上撰」と思われますが熱燗で注文。すっきりしたのど口の良い酒。1合600円はちょっと高いかな。二合を注文。この後、追加で3本注文。

IMG_5710_convert_20151031155041.jpg
付出しは高野豆富とおひたし。

IMG_5711_convert_20151031154940.jpg
メニューはすべて500円。多少、高いかな。

IMG_5715_convert_20151031154722.jpg
つくねと手羽先を注文。これで1000円は高いだろう。

IMG_5716_convert_20151031154611.jpg
煮込み。これはおいしかった。500円。

IMG_5712_convert_20151031154852.jpg
高めと思いながら、杯がすすみます。

IMG_5717[1]_convert_20151031155318
アジフライ 500円。こぶりだがさくさくに揚がってました。

これで6400円はちょっとコスパが良くないなあ。しかし、新宿で、昔懐かしい雰囲気を楽しむならいいかも。

日本酒2合を注文で、肴一品んでかるくひっかけるなら。おすすめ。一人のみにいいなあ。

〇東光 上撰
 アルコール分 15度
 日本酒度 +3
 酸度 1.0
 アミノ酸 1.3
 原料米 国産米
 精米歩合 65%
 酵母 協会9号

◎株式会社 小嶋総本店
山形県米沢市本町二丁目2-3
創業 慶長2年(1597年)
米沢藩上杉家御用酒屋

◎ぼるが
TEL  03-3342-4996
住所 東京都新宿区西新宿1-4-18
交通手段 JR新宿駅西口から徒歩5分
       東京メトロ新宿駅から徒歩4分
       西武新宿線西武新宿駅から徒歩4分
営業時間 17:00~23:00
定休日 日曜・祝日
プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR