FC2ブログ

20015.12.1「市ヶ谷 鮨太鼓 穴場の高級鮨」

「市ヶ谷 鮨太鼓 穴場の高級鮨」
先輩の人たちが人生の節目にお祝いをしてくれるというので総武線で市ヶ谷駅に行きました。指定された店は市ヶ谷のはずれにある高級すし店「鮨太鼓」。
JR市ヶ谷駅を降りて神田川を渡り、外堀通りを飯田橋方面に少し歩き大日本印刷の角を坂を上がるとその店はありました。

IMG_6138[1]_convert_20151205075342


IMG_6139[1]_convert_20151205075639

IMG_6140_convert_20151206091735.jpg
店内はカウンターとテーブル席が4席。カウンターの中には寿司職人が2人。来る人たちはいかにも常連という人達ばかり。
さすがに、敷居が高く入りにくい感じ。

IMG_6141_convert_20151206092122.jpg
祝い人はちょっと遅れるとのことで、先に適当に飲んでてというので、言葉に甘えてキリンの瓶ビールを頼みます。

IMG_6144_convert_20151206093540.jpg
肴はなんてやぼなことはいわなくても、スーとこんなものが出てきました。プリプリの子持昆布、まいうー。

IMG_6145_convert_20151206093655.jpg
ほうれん草のお浸しに白ごまみそ。美味しい。上品。

IMG_6146_convert_20151206093733.jpg
ここで、この店の常連の祝い人達が登場。それとともに、乾杯にあわせて、お造りがでてきました。美しい素材の良さが光ります。

IMG_6147_convert_20151206093841.jpg
祝い人が本日に合わせてわざわざ持ってきてくれた日本酒「桜正宗」。ふくよかな丸味のある味わい。

IMG_6148_convert_20151206093910.jpg
桜正宗「荒屋敷太座衛門 純米大吟醸」。こんなに高価な日本酒を事前に用意していただくその心持に感謝・感激。

IMG_6149_convert_20151206093940.jpg

IMG_6150_convert_20151206094011.jpg
金目鯛の煮付け。絶妙な煮汁にふわっとした金目が良く似合う。久々に美味しい煮魚を頂きました。

IMG_6152_convert_20151206094039.jpg
鮟肝。サーモンピンクも鮮やかで口に入れると融けます。

IMG_6153_convert_20151206094112.jpg

IMG_6154_convert_20151206094140.jpg
そして、〆のお寿司。何も言うことなし。本当に美味しい。

本当にありがたい一日でした。しかし、行くには常連にならないとなかなか高価な金額になりそうなお店でした。お勧めです。

〇櫻正宗 「荒牧屋太左衛門 」
純米大吟醸
日本酒度:+2.5 酸度:1.1
原材料:米、米こうじ
兵庫県吉川町産山田錦100% 
精米歩合:50%
アルコール度数 15%~16%
酒造りに最も適した原料米「山田錦」の中でも、さらに特A地区・吉川町産のものを用い、高精白に磨きあげ、初代以来の伝統の「技」で醸したもの。


櫻正宗株式会社
神戸市東灘区魚崎南町5-10-1
TEL:078-411-2101
創業 寛永二年(1625年)

「◎鮨太鼓
TEL 03-3267-6919
東京都新宿区市谷砂土原町1-2-57 久貝ビル 1F
交通手段 東京メトロ有楽町線・南北線【市ケ谷駅】徒歩4分
JR中央線【市ケ谷駅】徒歩7分
営業時間 11:30~13:00/17:00~22:30(L.O.)
定休日 日曜日・祝日

2015.11.28「信州の食 信州サーモンの押し寿司に舌鼓」

「信州の食 信州サーモンの押し寿司に舌鼓」

長野は海なし県ですが長野でし食べれない魚があります。信州サーモン。ニジマスのメスとブラウントラウトのオスを交配させてつくった1代限りの魚。生殖しないので自然界ににげてもふえません。2年で60センチに成長します。

肉質はきめ細やかです。おいしい。刺身が普通ですが、珍しい押し寿司をGET。まいう。880円。



20105.12.5「今シーズン初めてのトップリーグ リコー対東芝」

「今シーズン初めてのトップリーグ リコー対東芝」

今シーズンのトップリーグ観戦のスタートは熊谷のスポーツ運動公園にあるラグビー場でのリコー対東芝戦。わざわざ熊谷まで行くのもワールドカップで活躍したキャプテン リーチ・マイケルとオーストラリアのスタンドオフ フォーリーみたさというミーハー感覚も手伝ってのもの。もっとも、第二試合が試合ではおもしろそうでこちらがメインです。「パナソニックVSNTTコミニュケーションズ」。

中央席のチケットを確保してキックオフの1時間前には到着しようと家をでました。会場まで二時間の道のりです。熊谷駅に降り立つと連絡バス乗り場には長蛇の列。臨時バスが何台も出ていました。なんとか乗り込んでもバスで10分の道のりが50分もかかる大渋滞で会場に着いたのはキックオフ15分前でした。

DSC_0550_convert_20151208212705.jpg

DSC_0551_convert_20151208212833.jpg
天気は快晴。バス停から会場に向かいます。既に試合前のコールが行われ歓声がこだまします。

DSC_0555_convert_20151208213040.jpg
会場入れ口には多くの屋台が出ていますが、私は観戦慣れしていますのまでアルコール各種、弁当持参で完璧です。

DSC_0556_convert_20151208213127.jpg
早速、会場に駆け込みます。

DSC_0553_convert_20151208212933.jpg
本日は中央席に席をとりました。センターライン近くに座り、さっそく昼食とアルコールを飲みながらキックオフを待ちます。

DSC_0560_convert_20151208213438.jpg
リーチマイケルはリザーブにも入ってません。大野はリザーブには入っているので出場を期待。ベテラン広瀬は先発出場。

DSC_0561_convert_20151208213647.jpg
リコーはまだ今シーズン勝ち星がありません。お目当てのワールドカップでも活躍したフォーリーは先発出場。

DSC_0562_convert_20151208213936.jpg
ガイドブック1000円でかってきました。本日の観客は7000人と昨年では考えられない人が来ています。

DSC_0566_convert_20151208214039.jpg
キックオフを待つスタンドも盛り上がります。

DSC_0567_convert_20151208214528.jpg
本日はトリスにはちみつを入れたリキュール、ワイン、日本酒と生ビール。

DSC_0573_convert_20151208214641.jpg
リコー応援席は本日こそ勝利をと盛り上がります。

DSC_0575_convert_20151208214813.jpg
入場してまいりました。頑張れ、フォーリー。

DSC_0582_convert_20151208215333.jpg

DSC_0583_convert_20151208220125.jpg
リコー、東芝が整列して、開会の儀式が進行。いよいよ、キックオフです。

DSC_0588_convert_20151208223305.jpg
フォーリーのキックオフでスタート。

DSC_0594_convert_20151208220349.jpg
試合のスタート時でフォワードの実力差を実感。これは、フォーリーの活躍も難しいかなあ。モールで押し込む東芝。

DSC_0595_convert_20151208220456.jpg
観客席も試合開始とともに空き席も埋まり始め、アナウンスでは7500人の観客と言っています。昨年の閑散とした状況とは様変わり。やはり、ワールドカップでの戦いは日本ラグビー人気を再燃させています。

DSC_0596_convert_20151208220553.jpg
最初のスクラム。東芝が押し込みます。リコーの反則を誘います。

DSC_0599_convert_20151208220658.jpg
ラインアウトは互角

DSC_0623_convert_20151208222627.jpg
東芝が強力フォワードの突進でトライを重ねます。後半戦になって、オールジャパンの鉄人「大野」が出てきました。

DSC_0600_convert_20151208220922.jpg
東芝の小川選手が次々とゴールキックを決めます。フォーリーのこの姿が見たかったんですが。

DSC_0609_convert_20151208221125.jpg
後半に入っても、状況は打開できず。フォーリーの活躍も見れずに、アルコールだけが減っていきます。リキュール、ワイン、生ビールも二杯目。

DSC_0610_convert_20151208221532.jpg
点差だけが開いていきます。

DSC_0611_convert_20151208221908.jpg
しかし、待ったかいがありました。リコーがゴール正面にトライ。

DSC_0613_convert_20151208222030.jpg
フォーリーのゴールキックもきまり、一矢だけは報いました。

DSC_0620_convert_20151208222425.jpg
リコーの突進を体で止める大野。

DSC_0622_convert_20151208222517.jpg
リコーゴール前での東芝のラインアウト

DSC_0626_convert_20151208222716.jpg
ノーサイド。最後まで攻め続けた東芝の圧勝でした。フォワードの力の差がありました。

晴天にめぐまれ、今シーズン初めての観戦を遠い熊谷まで来ましたがラグビーを肴に美味しい酒が飲めました。

◎バーナード・フォーリー
リコーブラックラムズに、世界クラスのバックス2人が加入する。同チームは8日、オーストラリア代表のSOバーナード・フォーリー(25歳)と、7人制サモア代表でもあるユーティリティBKティム・ナナイウィリアムズ(25歳)の入団を発表した。
セブンズでも活躍し、昨年はワラターズのスーパーラグビー初優勝に貢献したフォーリーは、ワールドカップで王座奪還をめざすオーストラリア代表の1番手SOと目されている。最近、同国ラグビー協会と2018年末までの契約を結んだばかりだが、ワラターズに在籍しながら日本でも2シーズンプレーできる柔軟な契約となっており、リコー入りが可能となった。
DSC_0581_convert_20151208214921.jpg

◎大野均(ウィディペギア)
日本大学工学部でラグビーを始めた変わり種。体格からは想像もつかない圧倒的なフィットネスとスピードが魅力。2005年にはセブンス代表に選出されるなど、ランニングスキルにも優れた闘志溢れるプレーヤーである。ラグビーワールドカップには2007年度、2011年度、2015年度に選出された。
DSC_0628_convert_20151208222812.jpg
左から三番目のひげのおじさん。

◎熊谷ラグビー場(ホームページ)
熊谷スポーツ文化公園管理事務所
埼玉県熊谷市上川上300
TEL 048−526−2004

ラグビータウン熊谷の名にふさわしく、<A・B・C>3面のラグビーグラウンドがあり、トップリーグや大学リーグ、毎年春の全国高校選抜ラグビーをはじめ数々の筋書きの無いドラマが繰り広げられます。

JR高崎線熊谷駅から徒歩50分(約3.5km)。トップリーグ階催事は臨時バスがでています。直行。歩いても道はわかりやすく迷うことありません。

DSC_0603_convert_20151208221029.jpg
ハーフタイムには地元深谷高校チアリーダーのショーが展開していました。









2015.12.12「飯山の農的生活 古民家にペレットストーブがやってきた」

「飯山の農的生活 古民家にペレットストーブがやってきた」

いよいよ厳しい冬がきます。昨冬はファンヒーターと大型の石油ストーブ二台をガンガンたいても室内が10℃を超えるのがやっとの状態で炬燵から離れられない状態でした。なにせ、古民家は夏涼しく過ごすために屋根の庇は長く、風通しが良いために隙間だらけ、部屋はペアガラスを入れても一部、障子のところもあり、また、外は3mの積雪ではなすすべもありません。

そこで今年は、強力な暖房器具の「薪ストーブ」か「ペレットストーブ」を入れて、この状態からの脱却を目指しました。

ペレットストーブの導入経緯は次のようなことです。

①「薪ストーブ」か、「ペレットストーブ」か
どちらにするか悩みましたが、人間は歳をとる、体力が落ちると薪を割れない。また、薪ストーブは煙突を立てる必要があり、豪雪の地では煙突の維持管理が大変ということで、燃料を手に入れやすいことと、自然に優しいペレットストーブを購入することに決めました。

②業者選び
業者は故障したときに、また、ペレットストーブも煙突掃除は必要なのでメンテナンスのために地元の業者と決めてネットでさがすと、隣町に「パイプ屋本舗」という業者があるのがわかり、ショールームに。

③ペレットストーブ選び
ペレットストーブはヨーロッパや北米製品が主流。しかし、最近は日本メーカーもがんばっています。大きな違いは値段が違います。また、海外の製品は歴史があるので完成度が高く、デザイン性も高い。日本製は以前は故障も多かったようですが、最近は完成度も高くなっていると聞き、日本製をチョイス。メンテナンスも考慮しました。また、極力、シンプルなものに。特に、故障の多い自動着火でない、アナログの着火剤で点火するものを選びました。
新潟の伝統のメーカー「さいかい工業のRS-4」というストーブに決めました。

④ペレットストーブがやってきた。
設置工事には3人の職人がやってきて、約半日で設置が終了しました。

DSC_0726_convert_20151213073000.jpg
豪雪地帯なので煙突の出口は屋根のすぐ下につけます。昨年、この窓はすべて雪で埋もれました。

DSC_0731_convert_20151213072932.jpg
ペレットストーブが搬入されました。大変な重量で三人がかりですが、防火対策は薪ストーブと違い要りません。

DSC_0736_convert_20151213072836.jpg
煙突の出口に緑のシールが張られました。

DSC_0738_convert_20151213072905.jpg
内側の壁に特殊なドリルで煙突の穴をあけます。

DSC_0740_convert_20151213072802.jpg
外側の板塀に同じように穴をあけます。

DSC_0742_convert_20151213072706.jpg

DSC_0744_convert_20151213072638.jpg
穴があきました。

DSC_0753_convert_20151213072603.jpg
内側で煙突をたちあげます。室内は天井の近くまで煙突が立ちます。豪雪地帯でなければ、排気口ですので煙突を立てる必要はないとのことでした。

DSC_0754_convert_20151213072534.jpg
ここで、多少のトラブルが発生。穴にはめる煙突がうまく合わないようで、ここで、部品調達で一時間程度工事が滞りました。

DSC_0759_convert_20151213072342.jpg
設置が終了し、試運転。暖かい炎が立ち上がりました。

DSC_0768_convert_20151213072221.jpg

DSC_0766_convert_20151213072309.jpg
暖かい炎を見ていると心もあたたかくなります。

今年の冬はなんとかのりきれそうです。

◎ペレットストーブ(ウィディペギア)
木質ペレットを燃料とするストーブのことである。スウェーデンなど北欧に製造メーカーがあり欧米各国で普及していたが、日本国内でも1990年代後半頃から製造を試みる中小メーカーが現れ普及しつつある。間伐材の利用促進や非化石燃料を用いることで地球温暖化対策に貢献するなどの環境問題から注目されるとともに、灯油小売価格の高騰などの追い風もあり普及しつつある。

2015.12.5「リコー対東芝 オーストラリア代表 フォーリーのキックオフ」

「リコー対東芝 オーストラリア代表 フォーリーのキックオフ」

今シーズンのトップリーグ観戦のスタートは熊谷のスポーツ運動公園にあるラグビー場でのリコー対東芝戦。わざわざ熊谷まで行くのもワールドカップで活躍したキャプテン リーチ・マイケルとオーストラリア代表のスタンドオフ フォーリーみたさというミーハー感覚も手伝ってのもの。

DSC_0561_convert_20151208213647.jpg
リコーはまだ今シーズン勝ち星がありません。お目当てのワールドカップでも活躍したフォーリーは先発出場。


DSC_0575_convert_20151208214813.jpg
入場してまいりました。頑張れ、フォーリー。

DSC_0582_convert_20151208215333.jpg

DSC_0581_convert_20151208214921.jpg
リコー、東芝が整列して、開会の儀式が進行。フォーリーは左から三番目。背が低く見えますが、1メートル82センチ。ラグビーが、いかに、大男の戦いかがわかります。ぶつかり合う音は客席まで聞こえます。

DSC_0586_convert_20151208222912.jpg

DSC_0587_convert_20151208223010.jpg

DSC_0588_convert_20151208223305.jpg

DSC_0589_convert_20151208223418.jpg

DSC_0590_convert_20151208223557.jpg
フォーリーのキックオフでスタート。この日のフォーリーのあたりはいまいちでした。もう少し素晴らしい動きを期待していたので多少がっかりしました。

しかし、晴天にめぐまれ、観戦のために遠い熊谷まで来ましたがラグビーを肴に美味しい酒が飲めました。

◎バーナード・フォーリー
リコーブラックラムズに、世界クラスのバックス2人が加入する。同チームは8日、オーストラリア代表のSOバーナード・フォーリー(25歳)と、7人制サモア代表でもあるユーティリティBKティム・ナナイウィリアムズ(25歳)の入団を発表した。
セブンズでも活躍し、昨年はワラターズのスーパーラグビー初優勝に貢献したフォーリーは、ワールドカップで王座奪還をめざすオーストラリア代表の1番手SOと目されている。最近、同国ラグビー協会と2018年末までの契約を結んだばかりだが、ワラターズに在籍しながら日本でも2シーズンプレーできる柔軟な契約となっており、リコー入りが可能となった。

◎熊谷ラグビー場(ホームページ)
熊谷スポーツ文化公園管理事務所
埼玉県熊谷市上川上300
TEL 048−526−2004

ラグビータウン熊谷の名にふさわしく、<A・B・C>3面のラグビーグラウンドがあり、トップリーグや大学リーグ、毎年春の全国高校選抜ラグビーをはじめ数々の筋書きの無いドラマが繰り広げられます。

JR高崎線熊谷駅から徒歩50分(約3.5km)。トップリーグ階催事は臨時バスがでています。直行。歩いても道はわかりやすく迷うことありません。


2015.12.12「とんこつラーメン発祥の地 久留米ラーメンを作ってみた」

「とんこつラーメン発祥の地 久留米ラーメンを作ってみた」

とんこつラーメンといえば博多ラーメンや長浜ラーメンとおもいますが、久留米に行くと「とんこつラーメン発祥の地」とあります。とんこつラーメンは久留米で生まれたのです。調べますと福岡県久留米市を中心に作られる、豚骨スープとストレートの細麺をベースにしたラーメンかとんこつラーメンです。 多くの九州ラーメンだけでなく、様々な地域のラーメンにも影響を与えたラーメン。ラーメンはあまり好きでないですが、とんこつラーメンは大好き。
麺はストレートな細めん(博多ラーメンほどは細くない)で、ラーメンに海苔を載せることが多く、値段が安いです。300円くらいで食べられるところもあるそうです。家でも食べようと即席めんを購入して帰りました。

DSC_0747_convert_20151213080655.jpg
九州丸一食品の即席めん。185円。生めんタイプ。ダシ袋が入っています。

DSC_0748_convert_20151213080314.jpg
家で作った白菜と野沢菜に人参を入れて完成。まいうー。美味しい。

2015.12.13「今年作ったプラム酒をストーブの火を見ながら飲む」

「今年作ったプラム酒をストーブの火を見ながら飲む」

飯山の週末暮らし。果実酒作りは趣味と実益を兼ねてたくさんk
の種類を作ります。その中で、7月に仕込んだプラム酒が飲み頃になったので、寒い夜、ストーブに当たりながら飲んでみました。

瓶のふたを取ると芳醇な香りが゛漂います。プラムは梅の一種なので梅酒に味わいは似ています。梅酒に比べて三カ月ほどの熟成で飲めるようになるのでうれしい。

また、作るときも、梅酒に比べればあく抜き等がないのであっというまです。早く、美味しいお酒になってもくれます。

DSC_0469_convert_20150705030038.jpg
漬けたばかりのころのプラム酒

DSC_0770_convert_20151213093406.jpg
漬けてから5カ月。十分に熟成。濃厚な味に仕上がりました。

DSC_0772_convert_20151213093336.jpg
琥珀色のプラム酒で、ストーブの火に乾杯。

DSC_0768_convert_20151213072221.jpg
ペレットストーブは暖かい放射熱で心もあたたかくしてくれます。果実酒は身体の中からあたためてくれ、古民家の寒さも吹き飛ばします。

自然の恵みで、一日の終わりに幸せを感じます。

「雪降る日 ストーブと酒 暖をとる」 By まうんてんぼーい

◎プラム(ウィキペディア)
プラムの絞り汁は発酵してプラム酒にできるそう。これを蒸留し樽に詰めて熟成すると、東欧でスリヴォヴィッツとして知られるブランデーになるそう。樽詰めの際に生のプラムを一緒に入れておくのが伝統。果実の風味と香りが染み出すことで、スリヴォヴィッツに独特の味わいを加えるそう。ということで、たくさん入れて今回のプラム酒に。

2015.12.5「今シーズン2試合目のトップリーグ パナソニック対NTTコミニュケーションズ」

「今シーズン2試合目のトップリーグ パナソニック対NTT」
ワールドカップでの大活躍で盛り上がるラグビー人気を実感しようと熊谷にあるラグビー場にトップリーグ「パナソニックVSNTTコミニュケーションズ」を観戦に行きました。

両チームともに好調で、特に、NTTコミニュケーションズの好調さが際立っており、パナソニックもうかうかしていられません。当然、オールジャパンメンバーが沢山いますので有名選手をまじかでみれます。

DSC_0633_convert_20151218232546.jpg
ワールドカップでも活躍したトンガ出身のアナマキ・レレ・マフィー。NTTの唯一のジャパンの選手。相手をなぎ倒す突進が印象的。

DSC_0632_convert_20151213131902.jpg
パナソニックはタレント集団。稲垣、堀江、トンガ出身のホラニ龍コリニアシ、オーストラリア出身ヒ―ナン・ダニエル、オーストラリア代表ベリック・バーンズ、田中。今回は出ていないが山田、内田など。

DSC_0636_convert_20151213121247.jpg
観客席から雪帽子をかぶる浅間山がはっきり見えます。

DSC_0638_convert_20151213121557.jpg
パナソニック応援席は応援も半端なし。

DSC_0639_convert_20151213121635.jpg
いよいよ両チームの入場です。

DSC_0641_convert_20151213123448.jpg
左から、堀江、稲垣。ワールドカップで活躍したフォワード。

DSC_0643_convert_20151213123524.jpg
左から、一人置いて、オールジャパンのスクラムハーフ田中、トンガ出身のホラニ龍コリニアシ。

DSC_0647_convert_20151213123552.jpg

DSC_0651_convert_20151213123618.jpg
NTTに目を移すといましたトンガ出身のアナマキ・レレ・マフィー。

DSC_0658_convert_20151213124136.jpg
ファーストスクラム。スクラムは互角です。

DSC_0659_convert_20151213124203.jpg
序盤、お互いにペナルティーゴールを取り合い互角の戦い。パナソニックがさらにゴールを重ねてややリード。面白い試合になりそう。

DSC_0653_convert_20151213123647.jpg
3点を追って、NTTのキック。

DSC_0665_convert_20151213124228.jpg
最初のトライはNTT。NTTが一点のリード。パナソニックもうかうかできない。

DSC_0666_convert_20151213124255.jpg
田中9番がスクラムにボールを入れます。

DSC_0668_convert_20151213124326.jpg
前半戦が終了。田中も満足そうな顔。

DSC_0686_convert_20151213124357.jpg
35対28とノーサイドまで15分残してワントライ、ワンゴール差の接戦。

DSC_0654_convert_20151213123929.jpg
ラインアウトも互角の戦い。NTTの善戦が光ります。

DSC_0689_convert_20151213124639.jpg
結局パナソニックが勝利し、最後のトライを決めた堀江がこの試合のMVPに。

DSC_0693_convert_20151213124705.jpg
熊谷ラグビー場。美しい。

DSC_0696_convert_20151213125226.jpg
臨時バスがたくさんでますが、ここは3.5Kの道のりを50分かけて熊谷駅まで帰ることに。

DSC_0698_convert_20151213124808.jpg
途中、見事な夕日をみました。

なんと充実した一日か。強者同士の互角の戦いに魅了された一日でした。

◎堀江 翔太 (ウィキペディア)
トップリーグのパナソニックワイルドナイツ並びに南半球3か国のプロチームが競う世界最高峰のスーパーラグビーに所属するレベルズとプロ契約を結んでいる。
生年月日: 1986年1月21日 (29歳)
生まれ: 大阪府 大阪市
身長: 180 cm
体重: 104 kg
ポジションはフッカー(HO)。
日本代表キャップは42

◎田中 史朗(ウィキペディア)
パナソニックワイルドナイツ並びに南半球3か国のプロチームが競う世界最高峰のスーパーラグビーに所属するハイランダーズとプロ契約を結んでいる日本のラグビー選手。 ウィキペディア
生年月日: 1985年1月3日 (30歳)
生まれ: 京都府 京都市
身長: 166 cm
体重: 72 kg
SH(スクラムハーフ)
日本代表キャップ:49


2015.12.13「当家の柚子が豊作 柚子酒づくり」

「当家の柚子が豊作 柚子酒づくり」

練馬の自宅の柚子は隔年で実をつけます。昨年実が付かなかったので、今年を期待していましたら、鈴なりの柚子がなりました。とりあえず収穫します。148個の柚子が取れました。当然、無農薬の柚子です。練馬は区内でも農地が多く、いまでも農家が500軒もあります。当家も宅地の前は畑で肥沃な土地です。お礼の肥料を施さねば。

早速、柚子酒にします。

柚子酒を入れるボトルを引っ張り出して、熱湯消毒。かわいたらホワイトリカーを内側からぬりアルコール消毒。
次に、柚子を15個選び、よく洗い、拭いて、皮をむく。実からは白い皮をしっかりとり、半分にきる。皮は取っておく。レモンをいれてもよい出ずが前回今一つであったので、今回は柚子だけで作ります。
ボトルに柚子の実、皮氷砂糖を入れる。これも前回、150gで少なく過ぎたので今回は200g入れました。この順に入れることを繰り返し、入れ終わったら、ホワイトリカー1.8ℓをそそぎます。

柚子酒はビタミンCが多く、風邪、疲労回復、肌荒れ、冷え性に効果的だそうです。

保存は日のあたらない涼しい場所で保存する。たまにびんを廻して、氷砂糖を溶かす。皮は10日ぐらいで取り出します。実は1ヶ月で取り出し、実のかすや種をこす。皮を漬けすぎると苦くなるので注意。2ヶ月程度で熟成すして飲めるようになります。今回はたくさん取れたので2ボトルつくることにしました。

DSC_0774_convert_20151213114753.jpg

DSC_0775_convert_20151213114825.jpg
柚子を14個選び、よく洗い、拭いて、皮をむく

DSC_0776_convert_20151213114907.jpg
皮をむいて、実と皮にわけます。皮は10日ほどで取り除きます。

DSC_0778_convert_20151213115002.jpg
ホワイトリカーはアルコール35%の「ホワイトピーク」を使用。自家製の果実酒・薬草酒造り用の焼酎。無味無臭の焼酎で素材の香りや味わいを充分に引き出してくれます。また、アルコール度数が35%あるので、果物のエキス分などもしっかり抽出できます。
長野県飯田市にある喜久水酒造の焼酎です。

DSC_0779_convert_20151213115103.jpg
まずは、実をいれます。

DSC_0780_convert_20151213115142.jpg
続いて、皮を入れます。

DSC_0781_convert_20151213115213.jpg
続いて、氷砂糖。この順番に何回か入れます。

DSC_0782_convert_20151213115237.jpg
すべて入れたら、ホワイトピークを注ぎ入れます。

DSC_0784_convert_20151213115304.jpg
完成です。2カ月ほどで熟成されて飲めるようになります。楽しみ。

DSC_0786_convert_20151213115327.jpg
当家の果実酒も梅酒、プラム酒、トマト酒に続き<、4種類目になりました。


2015.12.4「イル・パッチョコーネ・ディ・キャンティ ラ・チッタデッラに行ってみた 」

IMG_6167_convert_20151215214542.jpg
「イル・パッチョコーネ・ディ・キャンティ ラ・チッタデッラに行ってみた 」

神奈川県の川崎周辺に住む愉快な仲間の誘いに乗って、川崎駅前にあるイタリアン「イル・パッチョコーネ・ディ・キャンティ ラ・チッタデッラ」に行ってみた。川崎ではナンバーワンの人気のイタリアレストラン。ワイワイと愉快な仲間で訪問。

IMG_6159_convert_20151215213819.jpg
店はイタリアを模した通りの中にあります。

IMG_6161_convert_20151215213905.jpg
入って店内を写そうとすると店内撮影禁止と言われました。制止する店員の手が入ってしまいました。しかし、料理は撮影オーケーです。事前に確認したのですが、撮影はOKと言われたのは料理だけでした。

IMG_6164_convert_20151215214049.jpg
入口から奥のテーブル席に通されました。

IMG_6162_convert_20151215213945.jpg
テーブルの上にはシャンパン。別にこれはサービスではありません。是非、お金を払って飲んでくださいと置いてあります。

IMG_6167_convert_20151215214542.jpg
IMG_6166_convert_20151215214131.jpg
まずは、ワインリストからワインを選びます。本日はこのワインをチョイス。

食事はディナーのペアコースA 2名様仕立て ¥6,400(1名様¥3,200)の[前菜・パスタまたはナポリピッツァ・魚または肉料理・ドルチェ・カッフェ]を注文。たまには贅沢をと愉快な仲間も奮発。

IMG_6175_convert_20151215215918.jpg
フォカッチャ(イタリアのパン)。これはおいしかった。おかわり自由。

IMG_6169_convert_20151215214307.jpg

IMG_6173_convert_20151215215406.jpg
このサラダはおいしかった。豚の軟骨部分と思われるコリコリした食感の肉がおいしい。

IMG_6177_convert_20151215220010.jpg
チーズがふんだんに乗ったピッツァ。

IMG_6180_convert_20151215220109.jpg
こちらはパルマ産の生ハムがふんだんに乗ったピッツァ。

前菜、パスタは取り分けて持って来てくれます。従業員はイタリア語で話しています。聞いてみるとイタリアの雰囲気を醸し出して少しでもイタリアで食事をしている雰囲気を出すためだそうです。

IMG_6182_convert_20151215220219.jpg
いつの間にか、生ビールを注文していました。

IMG_6183_convert_20151215220313.jpg
パスタは2種類。取り分けて持ってきてくれます。

IMG_6184_convert_20151215220353.jpg
フィレンツェ風Tボーンステーキ。店名でもあるキャンティ地方の名物肉料理。大きな肉の塊を、豪快に皆で食べるのが本場風。

IMG_6185_convert_20151215220427.jpg
本日のドルチェ。マロンのケーキがおいしかった。

IMG_6186_convert_20151215220458.jpg
たっぷり、イタリア気分に浸って外に出ると冬の冷気につつまれました。例のごとくちょっと飲みすぎましたが6000円とコスパは良いのではとおもいます。食材、味とも申し分なしです。

◎イル・パッチョコーネ・ディ・キャンティ ラ・チッタデッラ
神奈川県川崎市にある、本場イタリアにも出店しているイタリア料理の店『イル・パッチョコーネ・ディ・キャンティ ラ・チッタデッラ』。オープンキッチンで明るい雰囲気の店内で味わえるイタリアンは、素材のこだわりが感じられる一品揃い。自家製手打ちパスタやピッツァが特に人気。

☎ 044-230-2355
神奈川県川崎市川崎区小川町4-1 ラチッタデッラ F
交通手段 JR川崎駅・京急川崎駅から徒歩5分くらい
営業時間 11:00~16:00(LO 15:00)
       17:30~23:00(LO 22:00) 

2015.11.11「冬の朝 夜明け前のドームに平和を祈る」

「冬の朝 夜明け前のドームに平和を祈る」

広島に出張した朝。真っ暗な中、朝4時半にランニングにでる。ホテル前の鯉城通りを広島城方面に。広島城の周回ランニングコースを回った後に平和公園に。そこで、ライトアップされた原<爆ドームを見る。昼間以上に漆黒の闇に浮かび上がる姿に鎮魂の気持ちは大きい。早朝で散歩の人もほとんどいない時間。一人、前にたたずみ平和を祈る。「二度と過ちはおかしません」。多くの人にこの時間にこの場に立ってほしいと思う。

IMG_5947_convert_20151216052416.jpg

IMG_5948_convert_20151216052511.jpg

IMG_5949_convert_20151216052739.jpg

IMG_5952_convert_20151216053306.jpg

IMG_5954_convert_20151216053539.jpg

◎原爆ドーム(ウィディペギア)
原爆ドーム(げんばくドーム、英: Atomic Bomb Dome)の名で知られる広島平和記念碑(ひろしまへいわきねんひ、英: Hiroshima Peace Memorial)は、日本の広島市に投下された原子爆弾の惨禍を今に伝える記念碑(被爆建造物)である。元は広島県物産陳列館として開館し、原爆投下当時は広島県産業奨励館と呼ばれていた。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されており、「二度と同じような悲劇が起こらないように」との戒めや願いをこめて、特に負の世界遺産と呼ばれている。
1945年8月6日午前8時15分17秒(日本時間)、アメリカ軍のB-29爆撃機「エノラ・ゲイ」が、建物の西隣に位置する相生橋を投下目標として原子爆弾を投下した。投下43秒後、爆弾は建物の東150メートル・上空約600メートルの地点(現島外科内科付近)で炸裂した。 原爆炸裂後、建物は0.2秒で通常の日光による照射エネルギーの数千倍という熱線に包まれ、地表温度は3,000℃に達した。0.8秒後には前面に衝撃波を伴う秒速440メートル以上の爆風(参考として、気温30℃時の音速は秒速349メートルである)が襲い、350万パスカルという爆風圧(1平方メートルあたりの加重35トン)にさらされた。このため建物は原爆炸裂後1秒以内に3階建ての本体部分がほぼ全壊したが、中央のドーム部分だけは全壊を免れ、枠組みと外壁を中心に残存した。

IMG_5951_convert_20151216053224.jpg

2015.12.10「とんこつラーメンを食べるなら久留米ラーメン」

「とんこつラーメンを食べるなら久留米ラーメン」

12月の中旬。仕事で九州の久留米に。久留米といえばとんこつラーメンの発祥の地として有名。長浜ラーメンや博多ラーメンもここから広がってできたもの。JR句久留米駅前に降り立つとちょうどお昼時。駅前の有名店「来福軒」に入店。

IMG_6222_convert_20151218052443.jpg
当日は冬の嵐を思わせる雨と風。暖簾もまくれあがります。

IMG_6218_convert_20151218051306.jpg
店内はカウンターとテーブル席のこじんまりした店。テーブル席は一つだけ空いていました。このあと、あっという間に満席になりました。

IMG_6219_convert_20151218051651.jpg
正当のとんこつラーメン。コクのあるスープが麵によくからみ、紅生姜とよく合います。ラーメン嫌いの私でもとんこつラーメンは大好き。まいうー。

IMG_6221_convert_20151218052400.jpg
炒飯も注文。ランチセットで880円。

久留米に行ったら一度は寄りたいお店でした。地元の人との仕事は地元の人しか知らない美味しい店に連れて行ってもらえてうれしい。お腹と心を満たして、雨の中にでました。

◎久留米ラーメン(ウィディペギア)
福岡県久留米市を中心に作られる、豚骨スープとストレートの細麺をベースにしたラーメンである。 豚骨ラーメンの元祖ともいわれているラーメンで、多くの九州ラーメンだけでなく、様々な地域のラーメンにも影響を与えた。
特徴は
・麺はストレートな細めん(博多ラーメンほどは細くない)。
・ラーメンに海苔を載せることが多い。
・他の地域のラーメンに比べ値段が安い。500円以下でも標準的で、安い店では300円台のところも珍しくない。

◎来福軒(ちくご案内所ホームページ)
昭和29年、屋台として開業。創業当時から変わらよく合います。ぬ味の純トンコツラーメンは、あっさりとした味わいのなかにも、コクがあり奥深い。50年以上継ぎ足し続けるスープ、そのスープによく絡む中細麺、忠実に創業時の屋台の味を守り続けている。地元客から全国のラーメンフリークまで、幅広いファンに愛され続ける老舗店。メニューは、久留米ラーメン店には珍しい中華のメニューも並ぶ。JR久留米駅前にあり、大分方面への出張や旅行の途中に立ち寄る客も多い。
☎ 0942-33-7957
福岡県久留米市城南町3-14
交通手段 JR久留米駅から徒歩1分
営業時間 11:00~15:00
        17:30~23:00(※スープがなくなり次第終了)
定休日 月曜日



2015.12.19「飯山の農的生活 いよいよ厳しい冬の到来 初積雪」

「飯山の農的生活 いよいよ厳しい冬の到来 初積雪」

いよいよ厳しい冬がきました。12月中旬のシベリア寒気団の南下で日本列島がすっぽりと寒気におおわれた日。雪が降り出しました。一日降ったりやんだりの中、積雪となりました。19日は、中野市内には雪が全くありませんでしたが、飯山市に入ると少しずつ雪が見えるようになり、古民家のある集落は雪に覆われていました。玄関までの道も5センチほどの積雪。玄関前には屋根から落ちた雪が30センチほどの雪壁をつくっていました。早速、今年初の除雪をします。テレビでは近くのスキー場の野沢温泉スキー場のオープンを伝えていました。
集落には、冬は野沢温泉等で働く人もいますのでホットしたのではないかと思います。

最も積雪の多いなべくら高原をクルマで走ってみました。

DSC_0789_convert_20151219182024.jpg
長野市内のオリンピックパークまえ。青空で雪もありません。

DSC_0799_convert_20151219183403.jpg
飯山市内も雪はほとんど在りませんでしたが、国道117号線を走り、県道95号線に入ると戸狩あたりから積雪が目立ち始めました。戸狩周辺は一面の雪です。

DSC_0801_convert_20151219183449.jpg

DSC_0802_convert_20151219183512.jpg
戸狩スキー場へ向かう道。両側に広がる田圃は一面の雪に覆われています。

DSC_0803_convert_20151219183613.jpg
戸狩温泉スキー場。ゲレンデは雪に覆われていますが滑走可能なほどの積雪はないようで、オープンしていません。

DSC_0805_convert_20151219183645.jpg
なべくら高原に向かいます。積雪はさらに増してきました。

DSC_0807_convert_20151219183801.jpg

DSC_0806_convert_20151219183732.jpg
なべくら高原の温井集落に入ります。標高700m近くにある集落で、飯山市内では最も積雪の多い地域です。多い時は積雪が4m近くになります。

DSC_0808_convert_20151219183901.jpg
県道95号線は途中で冬期は閉鎖となり上越方面には行けません。この道をさらにすすみ、途中から下って、古民家のある集落に向かいます。

DSC_0809_convert_20151219183926.jpg

DSC_0812_convert_20151219184132.jpg
紅葉の美しさで有名な羽広大橋。とても橋高のある橋で風が吹き抜け路面はツルツルです。慎重にわたります。

DSC_0810_convert_20151219183957.jpg

DSC_0811_convert_20151219184019.jpg
いよいよなべくら高原から集落に向かって下り始めます。集落は千曲川沿いに広がる河川敷と河岸段丘にあります。高度差400mを下り、標高350mにある集落に下ります。

集落にある当家の古民家も埋もれていないか心配になりながら向かいました。集落も3メートルの積雪に毎年、埋もれる地域です。



2015.12.19「信州善光寺参道でおいしい蕎麦 あんき 」

「信州善光寺参道でおいしい蕎麦 あんき 」

週末の田舎暮らし。長野中央郵便局に寄って、丁度、昼時。善光寺の参道沿い(中央通り)には信州の名物 信州そばの店がたくさん並びます。参道入り口に私が長野で仕事をしていた時にはなかった蕎麦屋を見つけて入りました。「あんき」。

DSC_0790_convert_20151219182950.jpg

店内には4人掛け席が7つほど並び、蕎麦屋というより、小料理屋のようなシンプルでおしゃれな空間がひろがってました。女性は好きそうだなあ。

DSC_0794_convert_20151219183205.jpg

早速、メニューを覗き込みます。

DSC_0792_convert_20151219183050.jpg

DSC_0793_convert_20151219183119.jpg
本来なら、蕎麦のうま味がわかる十割蕎麦といきたかったが、何せ、寒い日で、温かい天ぷらそばにしました。

DSC_0797_convert_20151219183307.jpg

DSC_0796_convert_20151219183237.jpg
天ぷらそばが運ばれてきました。野沢菜の醤油漬けがさりげなくついています。そばつゆは煮干し味がきいた薄味でとてもおいしいです。天ぷらは大きめのぷるぷるに揚がった海老にピーマンと茄子の天ぷらが乗ります。手打のそばは細め。
とてもおいしいです。汁は飲み干しました。1200円。

お勘定場の下に衝撃の張り紙。何と信州のそばでなかったのです。本日は北海道旭川市江丹別産のそば。なんと、信州で北海道のそば粉のそばを食べました。観光客は当然信州そばを食べに来ます。しかし、この店は本当に美味しい蕎麦を提供するために、全国の粉を取り寄せて作っているようです。信州の戸隠産なんていう日もあるんでしょうが。拍手。

IMG_6341_convert_20151220053449.jpg

◎江丹別そば(ウィディペギア)
旭川市江丹別地区は、旭川市都心部から約18キロほど離れた山あいの集落で、1955年に旭川市と合併するまでは江丹別村であった地域である。江丹別地区の気温は、夏に35℃、冬は-36℃に達することもあるほど、日本国内でも最も寒暖の差が激しいところのひとつである。
このような気候にある江丹別地区のソバはその品質の良さで知られ、「江丹別そば」というブランドで有名である。特に北海道内では大変知名度が高い。また、日本麺類業団体連合会(蕎麦屋の業界団体)と契約栽培を実施し、東京の「上野藪そば」などといった老舗で江丹別産のそば粉が使われていることも多い。
旭川市は日本国内第3位(市町村別)の作付面積を誇るソバ産地でもある。都道府県別ても北海道がダントツ一位。長野は二位。
市町村別では1ベスト10はすべて北海道の市町村。

◎そば処あんき
☎ 026-234-2820
長野県長野市西後町1583
交通手段 権堂駅から471m
営業時間 11:30~15:00、17:30~20:00(夜の営業は平日のみ)
定休日   火曜

DSC_0798_convert_20151219183334.jpg



2015.12.12「飯山の農的生活 今冬初めての除雪。疲れた!」

「飯山の農的生活 今冬初めての除雪。疲れた!」

いよいよ厳しい冬がきました。12月中旬のシベリア寒気団の南下で日本列島がすっぽりと寒気におおわれ、1日雪が降ったりやんだりで古民家にも雪が積もりました。屋根から落ちた雪で玄関先にもハードルのように積雪があります。さっそく、除雪を開始。翌朝にかけて除雪しました。疲れた。スノーダンプで雪を運びます。今年も除雪機を購入しませんでした。体が動くうちは3mの雪と格闘するつもりです。

DSC_0813_convert_20151219184200.jpg
集落は雪に埋もれています。

DSC_0815_convert_20151219184226.jpg
古民家も雪に埋もれてました。しかし、古民家は全体が見えています。

DSC_0816_convert_20151219184250.jpg
壱の田圃はすっかり雪の下です。

DSC_0817_convert_20151219184318.jpg
弐の田圃

DSC_0819_convert_20151219184429.jpg
玄関前。屋根から落ちた雪がハードルのように積もっています。手前は融雪池から1日中水を流しているのでここだけは雪が積もっていません。

DSC_0820_convert_20151219184458.jpg

DSC_0818_convert_20151219184341.jpg
玄関の両側も20センチほど積もっています。

DSC_0821_convert_20151219184521.jpg
融雪池さん、今年も頑張って雪を溶かしてください。

DSC_0822_convert_20151219184547.jpg
早速、スノーダンプを持ち出して除雪を始めました。


2015.12.13「飯山の農的生活 今冬初めての除雪。疲れた! Ⅱ」

「飯山の農的生活 今冬初めての除雪。疲れた! Ⅱ」

いよいよ厳しい冬がきました。12月中旬のシベリア寒気団の南下で日本列島がすっぽりと寒気におおわれ、1日雪が降ったりやんだりで古民家にも雪が積もりました。屋根から落ちた雪で玄関先にもハードルのように積雪があります。さっそく、除雪を開始。翌朝にかけて除雪しました。疲れた。スノーダンプだ雪を運びます。今年も除雪機を購入しませんでした。体が動くうちは3mの雪と格闘するつもりです。

本日は、前日の雪が舞う日とは打って変わり、朝からピーカンです。朝早く起き出して、除雪をします。美しい景色が広がり、張りつめた空気がすかずしいです。

DSC_0845_convert_20151220104239.jpg

DSC_0843_convert_20151220104120.jpg

DSC_0823_convert_20151220103131.jpg
家の前は「種」という融雪池から流れた水で積雪はありません。偉大なり、水の力。

DSC_0825_convert_20151220103243.jpg

DSC_0826_convert_20151220103327.jpg
「壱の田圃」。雪が作る造形が美しい。

DSC_0833_convert_20151220103837.jpg
陽が昇ってきました。除雪を始めます。

DSC_0834_convert_20151220103908.jpg

DSC_0841_convert_20151220104049.jpg

DSC_0839_convert_20151220103944.jpg
深いところで20センチくらいですが結構な重労働です。

DSC_0847_convert_20151220104354.jpg
屋根から絶え間なく、融けた雪が轟音と共に滑り落ちてきます。

IMG_6366_convert_20151220104422.jpg
屋根にひさしのように張り出した雪。注意していないと頭の上に。

IMG_6360_convert_20151220104716.jpg
屋根から落ちた雪が結構、積もっています。

除雪は常に危険と隣り合わせ。まだ、少ないから良いですが、完全防備で臨みます。



2015.12.22「国分寺に懐石の名店あり 一滴」

「国分寺に京料理の名店あり 一滴」

会社の同期の愉快な仲間と、知る人ぞ知る国分寺にある京料理の名店「一滴」に行きました。国分寺の住宅街のなかにあり、隠れ家的な場所にあります。とてもおすすめです。アラカルトで頼むより、コース料理でおまかせにした方がリーズナブルです。本日は板さんお任せで3500円コースを注文。生ビールでスタートして、日本酒「吉乃川」 、焼酎「中々」と飲み、大いに盛り上がった年の瀬でした。

IMG_6387_convert_20151223115517.jpg

IMG_6388_convert_20151223121400.jpg
板場の前にはロの字のカウンター席。その後ろに小上り。掘りごたつ式のテーブル席。

IMG_6391_convert_20151223122043.jpg
先付が来ました。最初から、立派な京料理。真ん中のネギのぬたはおいしかった。毛ガニとハマチの寿司もさりげなくありました。

IMG_6392_convert_20151223122200.jpg
付け出し的に出てきた、白和え。これだけで日本酒2合は行けます。

IMG_6393_convert_20151223122236.jpg
まずは、生ビールを注文。乾杯。

IMG_6394_convert_20151223122336.jpg
鯛のお澄ましが出てきました。実がたっぷりついてます。口がさっぱりします。

IMG_6395_convert_20151223122545.jpg
茶碗蒸し。大好き。

IMG_6396_convert_20151223122711.jpg
鮟肝です。すでに、「吉乃川」を飲んでます。

IMG_6397_convert_20151223122807.jpg
お造り。つぶがい、北寄貝などなどとても新鮮です。

IMG_6398_convert_20151223122855.jpg
ここからは焼酎「中々」。3000円。定価は1000円。。しかし、結構、プレミア価格がついたりしています。

IMG_6400_convert_20151223123200.jpg
さわらの西京焼。肉厚でおいしい。

IMG_6401_convert_20151223123341.jpg
まるなすの田楽。

IMG_6403_convert_20151223123516.jpg
かきあげ。塩で頂きます。

IMG_6404_convert_20151223123605.jpg
玉子雑炊

IMG_6406_convert_20151223123707.jpg
和のデザート。黒蜜との相性が絶妙。

板前お任せコースでお腹満タンです。あっという間の3時間。旨い酒にうまい肴に満足して、わいわいと家路につきました。

○中々
焼酎「中々」は、有名な「百年の孤独」の原酒。九州産の二条大麦と自家栽培を半々で製造。製法は「かめ造り」。木樽を使って仕込みをします。麦焼酎。中々の原材料は大麦・麦麹 、度数 25度
株式会社 黒木本店
宮崎県児湯郡高鍋町大字北高鍋776
TEL: 0983-23-0104
創業明治18年

◎一滴 (いってき)
☎ 042-324-6736
東京都国分寺市本多2-16-4
交通手段 JR国分寺駅から徒歩10分
営業時間  17:00~23:30
定休日   日曜・祝日

IMG_6389_convert_20151223121609.jpg

IMG_6390_convert_20151223121736.jpg

2015.1213「飯山から世界に発信する やわはだ Ⅱ」

「飯山から世界に発信する やわはだ Ⅱ」

飯山はお菓子の町ともいえるほどお菓子屋、ケーキ屋が多い。お菓子屋めぐりマップが観光案内所にも置いてあります。飯山で有名なお菓子は冬に発売される「バナナボート」。

ここで、今、これらを凌駕して、マスコミに盛んに取り上げられているのが「マシュマロ専門店 やわはだ」。猫の姿をマシュマロで加工して、店舗を持たずに通販で販売する低コストと猫好きやかわいらしさ好きの人に大ヒット。

早速、店舗で唯一販売している「飯山の道の駅(千曲川)」で購入し、おいしかったので、他の商品も見たいと通販で購入しました。

IMG_6371_convert_20151222042633.jpg
パッケージもとてもかわいいです。

IMG_6369_convert_20151222041840.jpg
空けるとこんなかわいいねこちゃんのマシュマロが登場。965円。

IMG_6370_convert_20151222042144.jpg

IMG_6379_convert_20151222043433.jpg
早速、肉球マシュマロをコーヒーに浮かべました。

IMG_6372_convert_20151222042744.jpg
こんなのも買ってみました。マシュマロです。「マイヤーレモン」と「いちごあん」。1箱 364円。

IMG_6375_convert_20151222042941.jpg
とてもおいしいです。マイヤーレモンはレモン風味が爽やかで口の中で融けます。いちごあんはイチゴの風味が口の中に広がります。

IMG_6376_convert_20151222043136.jpg

IMG_6377_convert_20151222043237.jpg
種類はこんなにあります。

一度、試してみてください。コーヒーやココアの中に面白い世界が広がります。

◎やわはだ
ご注文受付はインターネットのみです。
お電話、FAXでのご注文は承っておりません。
電話 0269-38-0299(月~金10:00~17:00)

2015.12.13「果実酒づくり第5弾 リンゴ酒をつくる」

「果実酒づくり第5弾 リンゴ酒をつくる」

今年は梅に始まり、プラム、トマト、柚子と果実酒をつくり、第5弾として、リンゴの季節なのでリンゴ酒をつくることに。リンゴ酒は本来、「紅玉」で作るらしいが、ちょっと嗜好を変えて、ジョナゴールドの蜜入りリンゴで作ってみます。

1. りんごは綺麗に洗ってかわかします。大きなジョナゴールドを3個使いました。

DSC_0859_convert_20151223071356.jpg

2. 瓶は,熱湯消毒して、乾かして、ホワイトリカーで消毒。

DSC_0856_convert_20151223071100.jpg

DSC_0864_convert_20151223071925.jpg

3. キッチンペーパーでりんごの水気をしっかりとふき取り、8つ割りにして、軸の部分と下のヘコミ部分を切り落とします。

DSC_0862_convert_20151223071535.jpg
蜜がしっかり入っています。

4. りんごを瓶に入れ、氷砂糖を乗せるを繰り返します。

DSC_0865_convert_20151223072005.jpg

4. ホワイトリカーはアルコール35%の「ホワイトピーク」を使用。自家製の果実酒・薬草酒造り用の焼酎。無味無臭の焼酎で素材の 香りや味わいを充分に引き出してくれます。また、アルコール度数が35%あるので、果物のエキス分などもしっかり抽出でき
 ます。長野県飯田市にある喜久水酒造の焼酎です。

DSC_0863_convert_20151223071809.jpg

DSC_0869_convert_20151223072243.jpg

5.2日に1回くらい瓶をゆすって、果実にお酒がかかるようにします。
 酸味が入った方が良い場合はレモンを入れます。

DSC_0871_convert_20151223072547.jpg

このまま、暗いところで保存すると6か月程度で飲めるようになります。リンゴは1年くらいは入れておいても大丈夫だと思います。あとは取り出してください。

2015.11.11「晩秋の早朝、広島を走る」

「晩秋の早朝、広島を走る

広島に出張した朝。真っ暗な中、朝4時半にランニングにでる。ホテル前の鯉城通りを広島城方面に。広島城の周回ランニングコースを回った後に平和公園に向かう。朝、5キロ程度のラン。とても、すがすがしい。

IMG_5916_convert_20151223180601.jpg
宿泊したコンフォートホテルは鯉城通りを挟んで近くに2つあります。「広島平和大通り」と「広島大手町」。宿泊するなら「広島大手町」。地元の人がそのように勧めます。間違えると結構がっかりらしいです。
朝、4時半にホテルをスタートします。

IMG_5918_convert_20151223180851.jpg
鯉城通りをまっすぐ走ると広島城。

IMG_5919_convert_20151223181022.jpg
広島城の手前に広島美術館があります。暗闇の中に沈んでいます。

IMG_5922_convert_20151223181129.jpg
広島城の前の道は横断歩道がありません。地下に走り込みます。人がいないので結構緊張して駆け下ります

IMG_5923_convert_20151223181320.jpg
広島城に着きました。真っ暗です。

IMG_5849_convert_20151223181924.jpg
広島城にはランニングコースが整備されています。

IMG_5924_convert_20151223181426.jpg

IMG_5926_convert_20151223181628.jpg
コースは堀に沿って、外周を走るようになっています。真っ暗で足元も見えません。

IMG_5928_convert_20151223181756.jpg
周遊の道路にでるところだけが明るく安心して走れます。

IMG_5933_convert_20151223182321.jpg
途中に神社の鳥居がありました。広島護国神社です。暗く、怖いので参拝は鳥居前で。

IMG_5935_convert_20151223182400.jpg

IMG_5937_convert_20151223182443.jpg

IMG_5942_convert_20151223182524.jpg
とにかく、真っ暗で街灯も少なく、ばったり人に会うとむこうもびっくり、こちらもびっくり。極力、道路にでて走ります。

IMG_5943_convert_20151223182630.jpg
広島城の二の丸に通じる門の前まで戻ってきました。一周しました。

IMG_5944_convert_20151223182721.jpg

IMG_5945_convert_20151223182806.jpg
広島城から平和公園に向かいます。

IMG_5952_convert_20151216053306.jpg
原爆ドームに祈りをささげて横の道を太田川に沿って走ります。

IMG_5957_convert_20151223182908.jpg

IMG_5958_convert_20151225175202.jpg
「原爆の子の像」の前で頭を垂れる。2歳の時被爆し、10年後に白血病を発病して亡くなった佐々木禎子さん。同級生たちが、「原爆で亡くなったすべての子どもたちのために慰霊碑をつくろう」と全国へ呼びかけ、全国3,100校余りの生徒と、イギリスをはじめ世界9か国からの支援により、完成したのが、高さ9メートルのこのブロンズ像。(ブロンズ像3メートル、台座6メートル)

IMG_5959_convert_20151225175501.jpg
原爆死没者慰霊碑、の向こうに国立広島原爆死没者追悼平和祈念館が見えます。

IMG_5960_convert_20151225175600.jpg
原爆死没者慰霊碑

IMG_5963_convert_20151225175631.jpg
国立広島原爆死没者追悼平和祈念館に走る。

IMG_5966_convert_20151225175736.jpg
平和記念大橋を渡って、ホテルに戻ります。

IMG_5967_convert_20151225175803.jpg

IMG_5968_convert_20151225175826.jpg
平和大通りから鯉城通りに戻り、ホテルに到着。5kを30分ほどでゆっくり走りました。

早朝のランは一度やるとやめられません。特に、初めて走るところは気持ちの上でもよいです。

○本日の走路
広島城から平和記念公園。5キロ。
IMG_5969_convert_20151225175856.jpg

◎広島護国神社(ウィディペギア)
広島城址公園内にある。祭神は第二次世界大戦までの広島県西部(旧安芸国)出身の英霊のほか、広島市への原子爆弾投下によって犠牲になった勤労奉仕中の動員学徒および女子挺身隊等など含め約9万2千柱である。
毎年中国地方で最も多くの初詣客が訪れ、毎年1月1日から7日までの初詣参拝者数は50万人を超える。また、地元プロ野球球団・広島東洋カープが必勝祈願のためチームとして参拝することでも知られている。

◎広島城(ウィディペギア)
日本100名城の一つ。最も広かった時代の曲輪のうち内堀に囲まれた本丸と二の丸と三の丸の一部が現存し、広さ約12万m2。大坂城や岡山城らと共に初期近世城郭の代表的なもの。名古屋城、岡山城と共に日本三大平城とも言われる。
江戸時代では広島藩42万6000石の浅野家12代の居城。
近代は軍都広島の中心施設で、日清戦争時に、本丸に大本営が置かれた。原子爆弾投下の際には破壊目標地点となった。また天守は原爆による爆風で吹き飛ばされたのではなく、建物の自重により自壊したことが近年の研究で判明している。

2015.12.25「栗の里 小布施で寄り付き料理 蔵部」

「小布施の里のお勧めのレストラン 蔵部」

田舎への週末暮らし。長野経由で飯山に向かう途中。小布施を通過する頃がお昼時だったので、行きつけの「蔵部」に立ち寄りました。「蔵部」は桝一市村酒造場の酒蔵の一部を改装して作った和食レストランで、名前の由来もここにあります。 その酒蔵で造られた日本酒と、レストランの中心部に据えられた竈(かまど)で炊かれたご飯を楽む趣向です。
料理は、蔵人が酒造り期間(冬季の 3ヶ月)の泊まりこみに食した「寄り付き料理」をコンセプトにした、焼く、煮る、蒸すのシンプルな和食です。また、コスパもよく、お勧めです。欧米系の外国人客が多いのも特徴です。毎回、団体の観光客と遭遇します。

DSC_0912_convert_20151226095903.jpg「「
「蔵部」全景。酒蔵であったことがわかります。

DSC_0911_convert_20151226095956.jpg
外国人の観光客がひっきりなしに訪れます。この日は小一時間で2組の団体客を見ました。

DSC_0875_convert_20151226100035.jpg
早速、愉快な仲間も入ります。

DSC_0909_convert_20151226100114.jpg
入ると席まで案内してくれます。酒蔵なので段差があり、足元まで気にして案内してくれます。

DSC_0881_convert_20151226100334.jpg
席はテーブル席と調理場を囲うカウンター席があります。調理場前のカウンター席に座りました。

DSC_0877_convert_20151226100151.jpg
ランチメニューは2品です。焼き魚はブリのテリ焼でした。信州牛 肩ロースの焼き重ねとそれぞれを注文。1膳は栗ごはんにしてもらいました。

DSC_0878_convert_20151226100221.jpg

DSC_0879_convert_20151226100304.jpg

DSC_0882_convert_20151226100403.jpg
白菜のお浸しが運ばれてきました。これを突っつきながら、目の前で繰り広げられる料理を見ます。

DSC_0886_convert_20151226100457.jpg
目の前でブリと信州牛が焼かれます。

DSC_0888_convert_20151226100544.jpg

DSC_0889_convert_20151226100616.jpg
味噌汁は大きな釜で作られます。

DSC_0891_convert_20151226100649.jpg
信州牛が焼き上がり、目の前のまな板に。

DSC_0901_convert_20151226101123.jpg
大きな釜炊きのごはんがよそわれます。

DSC_0893_convert_20151226100758.jpg
目の前にブリの照り焼きが運ばれます。

DSC_0894_convert_20151226100834.jpg
信州牛もきました。肉に甘みがあるのが特徴です。リンゴで育てます。わさびとともに食します。

DSC_0895_convert_20151226100911.jpg
カウンター席の端で外国人が盛んに質問をしています。旅行会社のコーディネーターです。

DSC_0898_convert_20151226100946.jpg
本日の味噌汁は豚汁です。

DSC_0899_convert_20151226101022.jpg
栗おこわ。300円の追加でご飯を栗おこわに変更できます。

DSC_0900_convert_20151226101055.jpg
とてもおいしく、素朴な、懐かしい味です。

小布施はイギリス人のセーラーさんがコーディネーターとして小布施堂に入社し、とてもおしゃれな観光地に変貌さらせた場所です。その中心にあるのが「桝一市村酒造場」。その酒蔵の一部を改装して作った和食レストランが「蔵部」です。

「冬の日に あたたかきかな 栗おこわ」 By まうんてんぼーい

◎蔵部
TEL  026-247-5300
住所 長野県上高井郡小布施町807
営業時間 11:30~14:30
       17:30~21:00
ランチ営業、日曜営業
定休日   無休


2015.12.25「豪雪の地に 暖冬の冬 雪のないクリスマス」

「豪雪の地に 暖冬の冬 雪のないクリスマス」

いよいよ厳しい冬がきました。12月中旬のシベリア寒気団の南下で大雪の始まりと思いましたが、張り出しが弱く、温かい日が続き、雪のないクリスマスとなりました。
しかし、翌日の26日には一面、真っ白となりました。週末に再び強力な寒気団が南下し、すっかり、暖冬気分の私をふきとちばしました。

一日であっという間に日本列島がすっぽりと寒気におおわれ、1日雪が降ったりやんだりで古民家にも雪が積もりました。屋根から落ちた雪で玄関先にもハードルのように積雪があります。さっそく、除雪を開始。翌朝にかけて除雪しました。疲れた。スノーダンプで雪を運びます。今年も除雪機を購入しませんでした。体が動くうちは3mの雪と格闘するつもりです。

本日は、前日の雪が舞う日とは打って変わり、朝からピーカンです。朝早く起き出して、除雪をします。美しい景色が広がり、張りつめた空気がすかずしいです。

DSC_0845_convert_20151220104239.jpg

DSC_0843_convert_20151220104120.jpg

DSC_0823_convert_20151220103131.jpg
家の前は「種」という融雪池から流れた水で積雪はありません。偉大なり、水の力。

DSC_0825_convert_20151220103243.jpg

DSC_0826_convert_20151220103327.jpg
「壱の田圃」。雪が作る造形が美しい。

DSC_0833_convert_20151220103837.jpg
陽が昇ってきました。除雪を始めます。

DSC_0834_convert_20151220103908.jpg

DSC_0841_convert_20151220104049.jpg

DSC_0839_convert_20151220103944.jpg
深いところで20センチくらいですが結構な重労働です。

DSC_0847_convert_20151220104354.jpg
屋根から絶え間なく、融けた雪が轟音と共に滑り落ちてきます。

IMG_6366_convert_20151220104422.jpg
屋根にひさしのように張り出した雪。注意していないと頭の上に。

IMG_6360_convert_20151220104716.jpg
屋根から落ちた雪が結構、積もっています。

除雪は常に危険と隣り合わせ。まだ、少ないから良いですが、完全防備で臨みます。



2015.12.26「雪が消えた冬の日 千曲川沿いをバイクラン」

「雪が消えた冬の日 千曲川沿いをバイクラン」

12月もクリスマスも過ぎたのに、豪雪地帯には雪がほとんどありません。クリスマスの夜に雪が舞って、少し積もりましたが翌日は晴れて昼過ぎにはすっかり融けてしまいました。しかし、昨夜の雪で周りの山々は銀世界に変わり、午後からは晴れ間が広がり。太陽の光が新雪に映えて美しい。バイクを持ち出して、サイクリングと決め込むことにしました。この時期になっても道路には雪がありません。昨年は12月の声を聞くと雪の日が続き、この時期には3メートル近い積雪でした。

DSC_0954_convert_20151226222224.jpg

DSC_0956_convert_20151226222414.jpg
クロスバイクを駆って、県道を千曲川に沿って走ります。昨夜、降った雪も午後には消えてしまいました。

DSC_0959_convert_20151226222520.jpg
川沿いの道の両側にはうっすらと積雪が残ります。

DSC_0958_convert_20151226222447.jpg
千曲川の対岸の山々は昨夜の雪で真っ白です。

DSC_0961_convert_20151226222603.jpg
木々に雪が薄くつもりとても美しい。

DSC_0963_convert_20151226222720.jpg
千曲川がゆったりと流れます。

DSC_0964_convert_20151226222644.jpg

DSC_0965_convert_20151226222802.jpg
暖かい光に、雪はあっという間に融けて行きます。

DSC_0966_convert_20151226223238.jpg
対岸の野沢温泉方面のヤマは真っ白です。

DSC_0967_convert_20151226223316.jpg
飯山線の下り電車が走ってきました。千曲川に沿って走る、絶景の鉄路です。本来ですとこの時期は雪景色の中を走る列車です。

DSC_0970_convert_20151226223351.jpg
飯山線の音に驚いたのか。千曲川に浮かんでいた鴨が突然飛び去ります。

DSC_0978_convert_20151226223546.jpg

DSC_0981_convert_20151226223653.jpg
日帰り温泉「湯滝温泉」の最寄駅 上境駅。もちろん、無人駅です。

DSC_0977_convert_20151226223430.jpg
豪雪地帯のため、消火栓はこんなにのっぽです。それでも埋もれるため、場所を示す棒が括りつけられています。

DSC_0983_convert_20151226223732.jpg
対岸に見えるのは国道117号線です。これから「湯滝橋」を渡り、国道117号線にでて、スタート地点に戻ります。

DSC_0985_convert_20151226223838.jpg

DSC_0986_convert_20151226223904.jpg
湯滝橋の上からの上流(上)、下流の眺め。上流方面には真白な斑尾山が見えます。

DSC_0988_convert_20151226223938.jpg
国道117号線に入り、新潟方面に走ります。ここからはアップダウンが続きます。野沢温泉への道を分けます。

DSC_0989_convert_20151226224011.jpg
対岸には信越トレイルで有名な関田山脈が白い雪を頂いています。

DSC_0990_convert_20151226224048.jpg
すっかり青空がひろがりました。急坂を喘ぎながらペダルを踏みます。

DSC_0992_convert_20151226224123.jpg
正面に雄大な雪をかぶった山が見えます。長い上り坂です。

DSC_0993_convert_20151226224201.jpg
登りきると眼下には悠々と流れる千曲川が美しく見えます。

DSC_0996_convert_20151226224241.jpg
対岸にスタート地点の古民家のある集落が見えてきました。

DSC_1004_convert_20151226225849.jpg
急坂をスリップしないように慎重に下ります。赤い橋は集落に戻るために対岸に渡る「市川橋」。

DSC_1008_convert_20151226225955.jpg
市川橋を渡ります。雪は橋脚にもほとんど残ってません。

DSC_1010_convert_20151226230023.jpg
市川橋からの上流の眺め。雲に浮かんだように山の頭が出ています。

市川橋からちょっと頑張り、集落をいくつか走り、スタート地点に到着。太陽の光が降り注ぐ中のバイクランでしたが、日陰では刺すような空気で、手袋をした手も凍えました。

千曲川を橋を使って一周するコースでおすすめです。

DSC_1002_convert_20151226225759.jpg

◎長野県飯山市(ホームページ)
長野県内で最も低い千曲川沖積地に広がる飯山盆地を中心に、西に関田山脈・東に三国山脈が走る南北に長い地形をもっており、南西部には斑尾高原、北西部には鍋倉山、東部には北竜湖などがあり、多くの自然資源に恵まれた地となっています。 飯山は、古くから山国信州と日本海を結ぶ交通の要所として栄え、塩、魚などの海産物の集散地、また大和朝廷時代の越後・出羽開拓における重要な駅路としての役割を担ってきました。 戦国時代においては、上杉謙信の川中島出陣の際の前線基地として、戦略的にも重要な地となり、永禄7年(1564年)には千曲川左岸に飯山城が築かれました。飯山の都市形成は、この飯山城を中心になされ、幾度かの城主の変転を重ねる中で、しだいに城下町としての機能を整えてきました。 江戸時代の初期から中期にかけては、千曲川を利用した舟運と越後に通じる街道を使った物流機能が発達し、また、新田開拓とかんがい用水の整備が積極的になされ、農業の基盤が確立されました。明治維新後は、明治4年の廃藩置県によって飯山県となり、さらに長野県に編入され、町制は明治22年に施行されました。戦後の昭和29年8月の町村合併促進法の施行により、飯山町を中心に秋津村・柳原村・外様村・常盤村・瑞穂村・木島村の1町6村が合併して飯山市が誕生しました。市はその後、昭和31年に太田村・岡山村を編入し、現在の姿に至っています。明治26年、飯山を経由しない信越線の開通により、徐々にその物流拠点としての機能を失い、その後は農業を中心として飯山仏壇、内山紙などの伝統工芸をはじめとする地場産業により発展しました。しかしながら、昭和30年代後半からの高度経済成長期において、産業の立地する条件をもたなかったこと、さらに豪雪地帯であるというハンディもあって経済成長が停滞し、若年層を中心とした人口の流出を生じました。市の文化・市民性としては、江戸時代から続く寺町文化・雪国らしい連帯と協調の精神があげられ、名僧正受老人の正受庵をはじめとする寺社景観、斑尾・戸狩などのスキー場、千曲川、北竜湖などの自然資源とあわせて、日本のふるさとにふさわしい豊かな風土と魅力をつくりだしています。

2015.12.27「年末に大雪 夜中にドスンドスン」

「年末に大雪 夜中にドスンドスン」

26日にはすっかり雪が融けてしまい。サイクリングした翌日。夜半から降り始めた雪で、屋根から滑り落ちる雪の音を聞きながら寝る。早朝、窓を開けると一面の雪原。
今回は積もりそう。天気予報は三日間降り続くと予報しています。北海道、東北では吹雪で交通障害に注意と大雪予報。

早朝に起きだし、さっそく除雪をします。掃いても、掃いても、次々と積雪になすすべなし。しかし、オープンが遅れに遅れたスキー場は大喜びかな。

「深深と 降り積もる雪 恨めしい」 BY まうんてんぼーい

DSC_1035_convert_20151227091843.jpg

DSC_1036_convert_20151227091916.jpg
「種」に除雪した雪を捨てます。

DSC_1037_convert_20151227092012.jpg
柿の古木も真っ白

DSC_1038_convert_20151227092042.jpg
裏山の木々も真っ白

DSC_1039_convert_20151227092143.jpg
この通路は屋根からの雪がかなり落ちて、昨年は3メートル以上積もりました。

DSC_1040_convert_20151227092556.jpg

DSC_1041_convert_20151227092619.jpg
広場の下に、流水溝が流れます。落ちると助かりません。一気に流されます。

DSC_1044_convert_20151227092647.jpg
古民家の裏。「種」が2つありますが、昨年はここも種の役を成さずに3メートル近くの積雪に埋まりました。

DSC_1046_convert_20151227092718.jpg
壱の畑。白菜、野沢菜、ルッコラ、ニンニクが雪の下に埋まりました。

DSC_1047_convert_20151227092744.jpg
山からの命の水。この水のおかげで、雪との戦いにもなんとかめげずに除雪ができます。

DSC_1050_convert_20151227092806.jpg
飯山線の鉄路も雪が積もります。ラッセル車がやがて通るでしょう。

DSC_1052_convert_20151227092831.jpg
参の畑。真っ白。古民家の屋根に雪が降り積もります。これが滑り落ちて、屋根の下で積み重なります。

</span>

2015.12.30「雪の国道353号線の十二峠越え」

「雪の国道353号線の十二峠越え」

年も押し迫った30日に飯山での正月を迎えるために車で国道17号を走る。年末の28,29日の寒波で大雪となり、道中のスキー場はどこも一杯です。石打丸山スキー場を過ぎて、いよいよ砂押交差点から国道353号線で十二峠越え。国道353号の湯沢町から十日町の国道117号を結ぶ道は十二峠とという峠道。「なだれ注意」の看板が並ぶ「酷道」です。冬の通過は毎回、気を使います。

DSC_1053_convert_20151231072759.jpg
砂押交差点を曲がり、上野鉱泉方面にに向かいます。

DSC_1054_convert_20151231073711.jpg
除雪はしっかりされておりますが圧雪状態です。

DSC_1055_convert_20151231073747.jpg
上越線の下の道路は雪が吹き込んでしまわないように小さなトンネルがあります。上野隧道。

DSC_1056_convert_20151231073935.jpg
上野鉱泉。今でも湯治ができます。最も、当時以外の目的で来る人はいないと思うぐらいひなびた宿が何軒かあります。ここを過ぎると人家は新潟側にはありません。

DSC_1057_convert_20151231074005.jpg
十二峠への道。湯沢側のノーシェイドがかなり充実。雪崩もあまり気になりません。

DSC_1058_convert_20151231074039.jpg
ホワイトアウトすれすれ。かつて、この道でホワイトアウトで前進も後退もできなくなり怖い思いをしました。

DSC_1059_convert_20151231074109.jpg
十二峠トンネル(標高720m) :にたどり着きました。あとは十日町側に下ります。

DSC_1060_convert_20151231074139.jpg
途中に魚沼側に下る道があります。魚沼スカイライン。こここから先は十日町市に入ります。

DSC_1061_convert_20151231074209.jpg
十日町側の雪崩の巣の場所。ここは小さなトンネルがあり、交互通行。毎年、雪崩やがけ崩れで通行止めになります。

DSC_1062_convert_20151231074423.jpg
縦の信号機には積雪ないが、横の信号機には高い積雪。

DSC_1063_convert_20151231075115.jpg
日本三大渓谷「清津峡」のある集落が見えてきました。

DSC_1064_convert_20151231075315.jpg
このあたりでも、道路脇の雪は1m近くあります。

DSC_1065_convert_20151231075415.jpg

DSC_1066_convert_20151231075539.jpg

DSC_1067_convert_20151231075613.jpg
雪原を突っ走ります。やがて、集落が連続し始めると国道117号との交差点山崎が近くなります。除雪機で除雪をしています。

DSC_1068_convert_20151231075644.jpg
交差点がちかくなっても雪原です。雪の下は田圃です。

DSC_1069_convert_20151231075718.jpg
交差点に到着。無事に難所をぬけました。この交差点を左折すると津南、長野県に入って栄村、野沢温泉村を経て、飯山市に入ります。

いよいよ、豪雪地帯らしくなり、スキー場、冬山もオープン。正月が楽しみです。

</span>

2015.12.30「越後高田で鮨を食べるなら 軍ちゃんへ」

「越後高田で鮨を食べるなら 軍ちゃんへ」

正月料理の海鮮を買うために新潟の直江津に行った際、お昼を食べるならここにと妙高高原に住む愉快な仲間の勧めに従い,上越高田に。高田は雁木の町で有名。これだけ雁木がある町も珍しい。雁木とは積雪期においても通りを往来できるように開発されたもので、商店街の店が軒を延長するような格好で設けているもの。高田の雁木は16Kmあり、日本一。
高田駅のほど近くに駐車して、雁木を歩くと「軍ちゃん」はありました。

IMG_6473[1]_convert_20151231171738
雁木の道

IMG_6474[1]_convert_20151231171026

IMG_6475[1]_convert_20151231171622
暖簾をくぐり入ります。大きな店です。

IMG_6477[1]_convert_20151231172017
カウンターにとおされました。板前が盛んに料理を作っています。目の前には新鮮な魚が並びます。

IMG_6479[1]_convert_20151231172420
アマダイ。

IMG_6489[1]_convert_20151231173354
これは金目鯛でしょうか。

IMG_6476[1]_convert_20151231171846

IMG_6478[1]_convert_20151231172133
海鮮丼の「上」を注文。

IMG_6481[1]_convert_20151231172608
日本酒もしっかりそろっています。こんなセットもいいなあ。今度はクルマでなくきたいところ。

IMG_6482[1]_convert_20151231172703
上海鮮丼がきました。海鮮の種類と活きの良さにびっくり。1500円は安すぎます。コスパ最高です。

IMG_6484[1]_convert_20160101011558
海鮮とご飯は二重の器に別々に入っています。

IMG_6486[1]_convert_20151231173038

IMG_6485[1]_convert_20151231172930
板さんがわざわざ肴の名前を書いてくれました。サゴシとは出世魚のサワラの小さい時をいいます。サゴシ(40-50cm)、ナギ(50-60cm)、サワラ(60cm以上)と呼び名が変わります。

IMG_6488[1]_convert_20151231173307
この店と地元の高校が作っている魚醤を勧められて刺身につけました。少々しょっぱい感じです。さらにコップに魚醤を垂らしてお湯を注ぐと立派なおすましになりました。

IMG_6487[1]_convert_20151231173155
販売していたので購入しました。

上越高田に行ったら、是非、高田駅近くのこの店に行かれることをおすすめします。

◎軍ちゃん
新潟県上越市本町4‐1‐8
TEL.025-526-3950
営業時間 AM11:00~PM2:00
       PM5:00~PM10:30
       (ラストオーダー PM10:00)




2016.12.30「2016年に向けて海鮮の買い出し」

「2016年新年に向けて海鮮の買い出し」
30日は毎年、恒例の築地の買い出し。しかし、今年から、飯山の週末暮らしのため、今年を最後に移転する築地には行けず。残念。飯山は富倉峠を越えると新潟の直江津港まで一時間。直江津に海鮮の買い出しに。直江津港には外設市場はないので直江津港から車で5分ほどの国道8号線沿いにある「魚勢 海鮮市場」に行ってみました。能生漁港から上がったものを販売。

今年の正月は子供たちは海外在住やら留学やらで口は少ないので、築地にいかなくても魚勢で十分。魚勢は上越のアメ横と言っているらしい。アメ横は価格は安いがものが悪いので、あまり良いネーミングでない。築地と言ってほしいなあ。

DSC_1090_convert_20151231054951.jpg

DSC_1092_convert_20151231060445.jpg
駐車場は一杯でしたが店内は空いてました。混むのはこれからかな。

DSC_1091_convert_20151231055425.jpg
入口にいきなれりこれ。サメの頭。どうやって食べるんだろう。青森がサメの頭を食べるので有名ですが、この辺りでも食べるのでしょうか。

DSC_1093_convert_20151231055558.jpg
カニは姿売りとこのような冷凍物がたくさん並んでいます。越前が近いので「松葉ガニ」が多い。私は茹でたり、姿で買って身が入ってなくてがっくりしたくないので田舎の鳥取境港の剥き身がにを購入。3800円を1000円負けてくれた。早めに食べようと。

DSC_1095_convert_20151231055738.jpg
たこはいつもは近海の姿のまま購入するがここにはない。あったのは大きな足。モーリタニア産。最近、蛸はアフリカのこの地産が増えてます。この足ひとつ980円。
日本が輸入するマダコの主要輸入先の一国で、日本で食べられているタコの3割を占めているそう。しかし、元々砂漠の遊牧民でラクダや牛を食料源としてきたモーリタニアの人々は、近年になって魚介類も食べ始めたものの、タコだけは見た目への嫌悪感から食べなく、未だにタコを食べる習慣が無いとのこと。

DSC_1094_convert_20151231055627.jpg
ありがたい御汁のサービスも二か所でやってました。

来年は寺泊か能生の漁港の市場に行ってみます。直江津にもつくってほしいなあ。なんて勝手なことを、思いつつ富倉峠に向かいます。

◎魚勢 上越店
営業時間 9:00~17:00
定休日 1月1日のみ
新潟県上越市五智国分字三輪1185-1
TEL:025-544-0100


「2016年新年に向けておせち料理をつくる。」

「2016年新年に向けておせち料理をつくる。」

30日の恒例の築地の買い出しは週末の飯山生活を始めたので、今年は築地市場での買い物でなく、地元のスーパーと新潟県上越市の海鮮市場に。食材確保して、31日は夕刻から、おせち作りを始めます。今年は口が少ないのでいろいろ作るのをやめて基本のおせち料理にしました。

◎おせちが完成
DSC_0052_convert_20160102071733.jpg

DSC_0059_convert_20160102071846.jpg

DSC_0051_convert_20160102071709.jpg

◎おせちを作る
Ⅰ.「筍の含め煮」
①大きめの一口大の乱切りに。鍋に入れ、水をヒタヒタに注いで火にかける。沸騰したら火から下ろして水にさらす。白い部分があれば、洗って取る。
②だし カップ1+1/2 .昆布 (5cm角) 1枚 .削り節 適量を入れて、強火にかける。沸騰してきたら火を弱めて.砂糖 5g .塩 少々 .うす口しょうゆ 大さじ1 .みりん 大さじ1を順に加え、約10分間煮含めて、火から下ろす。冷蔵庫に一晩おき、味を含ませる

DSC_1147_convert_20160102061636.jpg

Ⅱ.筑前煮
①食材は適当に切る。
②鍋にごま油をひき、鶏肉をまず炒め、残りの具材をいれ軽く炒めてから、酒+水+だしの素をいれ中火で煮込  む。
③まめにアクを取り、具材が柔らかくなったら、みりん+砂糖+塩+醤油をいれさらに弱火で煮込む。
④味が馴染み、水分がなくなってきたら出来上がり

食材 ごぼう・にんじん・レンコン・たけのこ・こんにゃく・だしの素・鶏肉
    みりん 大さじ2・酒100cc・水400cc・醤油 大さじ1・塩 少し・砂糖 小さじ1・胡麻油大さじ1

DSC_1158_convert_20160102061856.jpg
牛蒡が多め。牛蒡は本当にうまい。筑前煮の主賓です。

Ⅲ.小松菜を茹でる。
小松菜かほうれん草を茹でる。茹でておけば、お雑煮、年越しにすぐつかえるので茹でておく。今回は飯山の小松菜です。

2013_1231_111433-DSC_0046_convert_20140102080146.jpg
これはおせちと雑煮用。緑が鮮やか。

Ⅳ.さといもの煮物
これも大好きなもののひとつ。サツマイモは里芋の産地で有名な飯山産を年末にゲットしたかったが不作なようであまりでていませんでした。飯山は、コロッケを里芋で作るところ。香りづけの柚子は練馬産(私の家の柚子)。今年はスーパーで購入。
①里芋は皮を剥き、塩で揉んでぬめりを取る(味が染み込みやすいため)
②鍋に水とかつおだしを煮立て、弱火で里芋を3〜4分煮たら全ての調味料を投下
③落としぶたをして、時々ひっくり返しながらお好みの味に煮詰めたら出来上がり

DSC_1153_convert_20160102061759.jpg

DSC_1150_convert_20160102061702.jpg
当家 大泉産の柚子。いまだに木にたわわになっています。豊作と全くならない年を繰り返します。今年は当たり年でした。

調味料 里芋 15個くらい
     水1カップ・かつおだし1袋・砂糖小さじ2・みりん小さじ4・醤油小さじ5

Ⅴ.黒豆 クックパッド 重曹がいらないというので参考に
今年も、つややかなつやのある黒豆を作るために、レシピをさぐり、ちょっと面白いやり方なので採用。
重要なはずのさび釘を使わないというので挑戦。つやつやの黒豆になるのかな。
さらに、アク取り水足し不要、弱火で3時間半で豆割 れ無しのふっくら黒豆が出来るキャッチフレーズのの作り方。

DSC_1139_convert_20160102061357.jpg
黒豆は飯山産

DSC_1142_convert_20160102061520.jpg
黒豆を煮汁に入れて、一日置いて、翌日、3時間、根気く煮ました。

◎材料
黒豆 300g
☆水 1200cc
☆砂糖 200g
☆濃口醤油 大さじ2
☆塩 小さじ1
①まずは前日の晩、鍋に☆を入れ煮立てます。洗った黒豆を入れて火を止め蓋をして一晩おきます。
②翌朝、火をつけます。沸騰させるまでは強火です。
③沸騰したら極弱火にして、蓋をしたまま3時間半煮ます。
④つまんでみて、好みの柔らかさになっていたら、火を止めそのまま静かに冷まします。

Ⅵ.数の子
これは飯山で手に入れたもの。

①ボウルに、水1リットルと塩小さじ2/3を入れ、薄い塩水を作ります。塩数の子を入れて浸し、2時間毎に2,3回、この割合の塩水を取り替えます
②鍋に、調味の材料全てを入れ、沸騰させる。これに、鰹節を入れて、火を止める。
③数の子の塩が抜けたら、白くて薄い膜を丁寧に取り除きます。数の子の水気をキッチンペーパーで拭き取り、②のだしに入れて、冷蔵庫内で一日以上漬け込んだら出来上がり

*だし汁300cc*みりん大さじ2*酒大さじ2*薄口醤油大さじ2

DSC_0040_convert_20160101223540.jpg
おいしそう。漬け込みます。

Ⅶ.年越しそば
初詣に行くか年越しそばかと迷ったあげく。初詣後の年越しそば。地元の人気乾麺飯縄産の石臼挽き「雪ん子」で。鳥蕎麦に。

DSC_1156_convert_20160102061825.jpg

油揚げと小松菜に当家の柚子を散らして、最後になるととネギを入れてできました。まいうー。自画自賛。1:00AMでした。

DSC_0036_convert_20160101223636.jpg

Ⅷ.雑煮
 今年は鳥雑煮とする。鶏肉に小松菜をのせ、柚子を散らして終了。
 だし汁・400ml+α 、 酒・大さじ1、塩・小さじ2/3 、薄口しょうゆ・大さじ1

DSC_0050_convert_20160102071627.jpg

Ⅸ.紅白なます
 これは大好き。千切りが難しいが手を切らないように作る。今年はダイコンに、人参の代わりにピーツを千切りしてみた。

 ①大根とピーツに塩をふり、水分を出す。
 ②お酢と砂糖を混ぜ合わせ、大根とピーツの水気を絞り調味料に入れあえる。
  ピーツ独特の土臭さはなんとか抑えられる。まさに紅白なます。ピーツの色が出た。
  お酢:砂糖:塩=3:2:0.5

DSC_0055_convert_20160102071813.jpg

Ⅹ.かぶの酢漬け
父親が正月になると必ず作っていて、大好きだった株の酢漬け。飯山産の大かぶが手に入ったのでつくることに。

材料 かぶ  1株
    鷹の爪 2本
砂糖 大さじ2と1/2
酢  かぶがかぶるくらい

①かぶは薄切りにし、鷹の爪は輪切りにしてポリ袋に入れる。
②砂糖をいれ酢をかぶがひたひたになるまでいれたらもんで冷蔵庫へ。一時間もたてば完成。

DSC_1140_convert_20160102061450.jpg
飯山産の大かぶ。

DSC_1143_convert_20160102061550.jpg
鷹の爪も飯山産

DSC_1144_convert_20160102061613.jpg
漬けました。やや甘めにするために砂糖調整。

Ⅺ.重箱 

DSC_0043_convert_20160101223442.jpg

DSC_0045_convert_20160102071458.jpg

DSC_0046_convert_20160102071552.jpg

DSC_0044_convert_20160102071349.jpg

Ⅻ.海鮮

DSC_0041_convert_20160101223513.jpg
大根漬けりのしめさば。これはおいしかった。

DSC_0001_convert_20160101221031.jpg
カニのむき身。茹でるのは面倒なので購入。コスパ良し。3800円が1000円引き。正月の2日に半分はカニ鍋にしました。

DSC_0003_convert_20160101221107.jpg
たこ。足一本980円。本当はタコ丸ごと欲しかったんですがここには足しかない。でも、十分においしかったですよ。

DSC_0039_convert_20160101223606.jpg
刺身とお酒は地酒の「水尾」。






プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR