FC2ブログ

2016.1.1「雪の中、地元の寺社に初詣」

「雪の中、地元の寺社に初詣」

大晦日。おせちもできあがり、紅白歌合戦も紅組の勝利で終了。XJAPANと美輪明宏のよいとまけの歌で白組勝利かと思ったが最後に松田聖子にやられたのかな。
NHKの「行く年来る年」が始まったころに家を出て初詣に。雪が降り続きます。神社までは歩いて15分ほどの道のり。暗い中、襟を立てて神社に。初詣の人々は雪のためかちらほら。社殿に上がり、ロウソクを立てて、御神酒を頂く。「今年は節目の年。新たな気持ちで頑張ることを祈る」
丁度、社殿の奥で祝詞をあげていた神主がお払いをするために出てこられ、社殿前でお払いをしていただきました。

DSC_0012_convert_20160101074446.jpg
玄関を開けると雪が間断なく降ってます。

DSC_0013_convert_20160101074639.jpg
一日かけて除雪したのに、元の木阿弥。「しかし、除雪しないとさらに積雪増えるのみ。」と自分を言い聞かす。

DSC_0014_convert_20160101074715.jpg
暗い夜道を歩きます。唯一の街灯。結構、降ってます。

DSC_0017_convert_20160101074757.jpg
道路は水が出て雪を融かす装置のおかげで雪はうっすらとつもっているだけです。しかし、この仕組みが作れない橋の上は真っ白。

DSC_0021_convert_20160101074947.jpg
懐中電灯を頼りに歩きます。

DSC_0022_convert_20160101075029.jpg
神社前の踏切まで来ると初詣の人たちがちらほら。

DSC_0023_convert_20160101075736.jpg
豪雪の中を走る飯山線の鉄路です。

DSC_0024_convert_20160101075711.jpg
社殿は、参拝する人達であふれていました。

DSC_0025_convert_20160101075635.jpg
社殿の奥では神主が祝詞をあげています。我々はその前に据えられた台でろうそくをあげ、御神酒を頂き、手を合わせます。

DSC_0026_convert_20160101075918.jpg
奥で神主さんが祝詞をあげています。

DSC_0027_convert_20160101080024.jpg
御神酒をいただきます。御神酒は地酒 北光。

DSC_0028_convert_20160101080104.jpg

DSC_0031_convert_20160101083911.jpg
寺社全景。普段の年に比べて雪が少なく、ずっと楽な初詣でした。

DSC_0033_convert_20160101080314.jpg
初詣を終えて、神社前の道路に出ると千曲川をまたぐ橋が雪の降る中で幻想的に浮かび上がります。

DSC_0036_convert_20160101080343.jpg
家に戻り、冷えた身体を年越しそばで温めます。既に、年は越えてしまったが安寧を祈りながら食べました。蕎麦は地元で人気の乾麺「雪ん子」。

「雪の中 明かり頼りに 初詣」 BY まうんてんぼーい


2015.1.1「年越しの除雪に新年も除雪の明け暮れのスタート」

「年越しの除雪に明け暮れのスタート」

12月31日の大みそに降った雪の除雪を正月早々に始めます。やらなければいけないことがたくさんあるが、スキーの靴と手袋を家に忘れ、スキー場には行けず、登山靴も忘れて雪山にも行けません。年賀状も出せないままに、家に忘れ、15日までにだすことに。(本当は松の内まで)やれることは除雪のみ

昼ごろからは晴れあがり、絶好の山、スキー日和。

DSC_0061_convert_20160101222844.jpg

DSC_0062_convert_20160101222742.jpg

DSC_0048_convert_20160101223157.jpg

DSC_0065_convert_20160101222452.jpg

DSC_0067_convert_20160101222420.jpg

DSC_0068_convert_20160101222348.jpg
日が傾きだし目の前の山に夕日が当たります。早く除雪を進めねば。

DSC_0063_convert_20160101222648.jpg

DSC_0071_convert_20160109183635.jpg

DSC_0073_convert_20160109183718.jpg

急いで除雪を始めました。


2015.1.2「今年の温泉初入湯は北野天満温泉 学問の湯」

「今年の温泉初入湯は北野天満温泉」

新年の2日。初温泉に長野栄村にある北野天満に初詣でを兼ねて「北野天満温泉 学問の湯」に。
国道117号線の長野県と新潟県の県境にある宮野原大橋を渡ると「逆巻」交差点。この交差点を右折して県道238号加用逆巻線に。
いくつかの集落を高度をあげながら走りすぎると最奥と思われるところに「北野天満温泉」があります。宿泊もできる村営の施設です。もちろん、日帰りの入浴もできます。

DSC_0075_convert_20160103010017.jpg

DSC_0074_convert_20160103005601.jpg
北野天満温泉に着きました。2日の午前中ということもあり、閑散としています。

DSC_0076_convert_20160103010100.jpg
受付にも人がいません。大きな声で何回か呼ぶと係りの人が出てきました。

DSC_0077_convert_20160103010137.jpg
長い廊下の先に温泉がありました。

DSC_0078_convert_20160103010210.jpg

DSC_0079_convert_20160103010247.jpg
暖簾をくぐり、脱衣所に入ると誰も入っていませんでした。一番風呂とはラッキー。

DSC_0083_convert_20160103010342.jpg
内風呂は横に長く、窓は開放的で外の雪景色が美しく見えます。洗い場も10席ほどあります。サウナ室も併設されています。

DSC_0080_convert_20160103010314.jpg
露天風呂は小さめです。4人も入ればいっぱいですが、寒気と太陽光と雪景色。一人で独占して入る温泉は最高です。貸切です。

DSC_0087_convert_20160103010411.jpg

DSC_0088_convert_20160103010439.jpg

DSC_0107_convert_20160108033159.jpg
露天風呂からの眺め。すばらしい。

DSC_0102_convert_20160103010624.jpg
日帰り客用の休憩室もあります。

元旦の疲れた身体がすっかりリフレッシュしました。併設された食堂の「天神蕎麦」は一度食べる価値があります。(拙ブログ「北野天満 の天神そばは絶品」をご覧ください)

「冬の道 湯気が導く 北野の湯」 BY まうんてんぼーい。

〇北野天満温泉泉質
湧出地 長野県下水内郡栄村大字堺14688番地
源泉名 北野温泉
泉温   44.5℃
知覚  無色透明、塩味、弱鉄味を有する
PH   8.0
湧出量 100ℓ/分
泉質  ナトリウム・カルシウム-塩化物温・炭酸水素塩・硫酸塩泉
     低張性弱アルカリ性高温泉

◎北野天満温泉
長野県下水内郡栄村大字堺14655 
☎ 0269-87-2892
日帰り入浴料 大人 500円 小人 300円

DSC_0108_convert_20160108033328.jpg

2015.11.12「博多の料亭の名店 稚加栄 小倉店でランチ」

「博多の料亭の名店 稚加栄 小倉店でランチ」

12月の中旬。仕事で九州の小倉に。お昼は博多の料亭として有名な「稚加栄」の小倉店に。稚加栄は、昭和36年に福岡の炭鉱王 中島徳松氏の持ち家を改装し、福岡市中央区大名に鳥料理店として創業し、その後、北九州において小倉店、八幡店をそれぞれ開業。
小倉にいる大学同期を訪ねた際や博多に来たときに、何度か食事に来たことがある店。店内には大きな生簀でがあり、九州各地で水揚げされるさまざまな活魚が常備30種類以上が泳いでいて、その周りにカウンター席があり、目で、耳で、そして舌で客をもてなす趣向となっています。

IMG_6265_convert_20151226131824.jpg

IMG_6266_convert_20151226131955.jpg
「稚加栄」とは「稚」すなわち幼く小さなことを「加」え重ねて、「榮」えるという意味を持っています。他人から愛され、引き立てられ、子々孫々まで繁栄させるという意味だそうです。玄関をくぐります。

IMG_6267_convert_20151226132104.jpg
入るといきなり大きな生簀が目に入ります。カウンター席が空いていましたがすぐに満席となりました。

IMG_6268_convert_20151226132223.jpg
高級料亭といってもランチは決して高くありません。コスパは最高です。「和定食」を注文。1300円。
メニューを見ていると店中に響き渡る怒声。どうやら、客の一人が携帯で相手を怒鳴りつけています。ドスの聞いた声が店内に響き渡ります。さすがに、気質の荒い地域。しかし、やがて、やみました。

IMG_6269_convert_20151226132310.jpg
運ばれてきた御膳にびっくり。ランチから豪華版となりました。真ん中のブリの煮魚は最高の味付けでした。

博多、小倉に行かれたらお昼にはお勧めです。もちろん、夜はもっと最高!

◎稚加栄 小倉店
☎ 093-541-0791
福岡県北九州市小倉北区堺町1丁目4−26



2015.12.26「寒い夜には 酒粕汁を作ろう」

「寒い夜には 酒粕汁を作ろう」

深深と寒さがつのる夜。身体を温めようと酒粕を仕入れて酒粕汁を作ります。身も心も温まる一品。

1.大きめの鍋に、<合わせだし汁>のだし汁、酒を入れて強火にかけ、
  だしが温まったら白みそを溶き入れ、酒粕を加える。

DSC_1017_convert_20151226200007.jpg
野菜は細かく切っておく。南瓜、白菜を入れるのが当家の特徴。大根、にんじんはイチョウ切り。

DSC_1022_convert_20151226195306.jpg
だし汁を沸騰させて味噌を加えて煮る。

DSC_1023_convert_20151226195238.jpg
酒粕を入れて塊りをよく溶かす。

2.沸騰してきたら薄口しょうゆ、塩で味を調え、具を入れる。

DSC_1024_convert_20151226195204.jpg
酒粕が融けたら、野菜を投入。

DSC_1025_convert_20151226195104.jpg
油揚げを入れて、しばらく煮込み

DSC_1027_convert_20151226195040.jpg
最後に白菜を投入します。

3.具材が柔らかくなったらできあがり。

DSC_1028_convert_20151226194832.jpg
白菜がしなやかになったら完成です。

DSC_1032_convert_20151226194927.jpg
頂きます。美味しい。

「古民家で 粕汁すする 冬の夜」 BY まうんてんぼーい

◎材料 ( 2 人分 )
大根 1/4本
ニンジン1本
しらたき(糸コンニャク)(小)1袋
豚肉(薄切り)100g
豆腐  1/2丁
南瓜  1/4
じゃがいも 1個
白菜  6枚
油揚げ 半分

<合わせだし汁>
だし汁1000~1200ml
酒60ml
白みそ大さじ3
酒粕250g
 薄口しょうゆ大さじ1
 塩適量

2015.12.24「東京の居酒屋 東のシンスケ 西の金田」

「東京の居酒屋 東のシンスケ 西の金田」

東京の居酒屋は、「東のシンスケ、西の金田」と言われ、どちらも小説にまで取り上げられている店。この二店にさらに2つを加えて、四大居酒屋「東のシンスケ、西の金田、北の斎藤酒場、南の岸田屋」もあります。
愉快な仲間と年末の忘年会を兼ねて、西の「金田」にいってみました。
創業昭和11年(1936年)。来年で80年の歴史を積んだ伝説の店です。
東急東横線の自由が丘の駅を降りて1分で店の前に。

IMG_6418_convert_20151229055236.jpg

IMG_6417_convert_20151229055331.jpg

IMG_6419_convert_20151229055008.jpg
一階は昔の居酒屋によくある「ロの字のカウンター」。二階はテーブルの座敷席。三階まであるようです。

IMG_6422_convert_20151229054823.jpg
とりあえず生ビールを頂き、その間にメニューをのぞきます。

IMG_6424_convert_20151229054646.jpg
飲み物はこんな値段です。日本酒は「菊正宗」。

IMG_6420_convert_20151231040221.jpg
肴はやや高め。ネタは良いですが。

IMG_6421_convert_20151231040332.jpg
何枚かの手書きのメニュー。一緒についている紙に注文する肴を書いて店員に渡すシステム。

IMG_6425_convert_20151229054413.jpg
まぐろの山掛け。680円。まぐろは新鮮でおいしい。

IMG_6426_convert_20151228235453.jpg
肉豆腐。780円。肉豆腐というより、肉鍋かな。

IMG_6428_convert_20151228235420.jpg
うなぎの白焼き。

IMG_6429_convert_20151228235350.jpg
女将さんお勧めの白菜漬け。すすめるだけあり、よく漬っています。good。

IMG_6431_convert_20151228235325.jpg
合鴨の串焼き。310円。柔らかく、たれ良し。美味しい。

IMG_6427_convert_20151231041930.jpg
かぶら蒸し。930円。

さすがに長い間、庶民に愛された酒場だけありました。すっかり、酔って二軒目に。

◎金田
☎ 03-3717-7352
東京都目黒区自由が丘1-11-4
交通手段 東急東横線・東急大井町線 自由が丘駅北口から徒歩30秒 自由が丘美観街
営業時間  17:00~22:00(LO)
        土曜のみ19時半閉店
定休日    日曜・祝日

20106.1.2寺社67「信越国境の深山の北野天満宮を詣でる。冬」

「信越国境の深山の北野天満宮を詣でる。冬」

信越国境の深山の集落の中に鎮座する菅原道真公を祀った「北野天満宮」に詣でる。道真公を祀る天満宮のひとつで、言わずと知れた学問の神様。994年開基と言われる古刹。北信濃の受験生の願いを一手に引き受けているのかな。京都の北野天満宮の流れをくむ神社です。

DSC_0075_convert_20160103010017.jpg
北野天満温泉の駐車上に車を止めて、北野天満公園の中を600mほど歩きます。往復1.2K。

DSC_0120_convert_20160103073718.jpg
豪雪地帯も雪が少ない。

DSC_0122_convert_20160103073745.jpg
北野天満宮は対岸にあります。北野川にかかる「学問の橋」が見えてきました。

DSC_0126_convert_20160103073902.jpg

DSC_0127_convert_20160103073928.jpg
学問橋の入口に着きました。端は雪に覆われています。慎重にわたります。

DSC_0142_convert_20160103074612.jpg

DSC_0144_convert_20160103074648.jpg
学問橋の橋の支柱には二人の仏像が迎えてくれます。雪を背負っています。

DSC_0128_convert_20160103073953.jpg
学問橋の上から上流をみます。

DSC_0129_convert_20160103074035.jpg
下流には天満公園と北野天満温泉が見えます。

DSC_0131_convert_20160103074127.jpg
対岸に渡り、坂道を登ると赤い鳥居が見えてきます。

DSC_0132_convert_20160103074153.jpg
北野天満宮に着きました。雪で覆われています。

DSC_0138_convert_20160103074455.jpg
手と口を清めて、参拝します。しかし、社殿まで人が歩いた道は途切れています。長靴より深い雪に足を運びます。

DSC_0133_convert_20160103074221.jpg

DSC_0134_convert_20160103074251.jpg
参拝している間も、上からドスンドスンと雪が落ちます。暖かくなって杉の木の雪が落ちているのです。

DSC_0137_convert_20160103074414.jpg
思わず空を見上げます。

DSC_0135_convert_20160103074316.jpg
社殿の前の田畑は雪の下。

DSC_0139_convert_20160103074520.jpg
社殿から下を見ると学問橋がはるか下に見えます。

<番外>
DSC_0141_convert_20160103074546.jpg
参道に転がる栗

DSC_0136_convert_20160103074348.jpg
参道に長い撮影者の影

◎北野天満公園(栄村ホームページ)
・北野天満温泉湧水
北野天満温泉の温泉掘削時に偶然噴出した湧水です。毎分約6トンの大量の水が自噴しています。こんこんと湧き出る様子は、実にみごとです。これらの湧水は温泉施設で出される料理用水や飲料水などとして利用されていますが、その多くは未利用状態です。湧水堂は、北野天満温泉(学問の湯)の建物から徒歩で数分の所にあります。
・栄村植物園
栄村植物園は、「北野天満宮」のお膝元、清流・北野川のほとりにある北野天満温泉公園の一角に造成されています。
もともと、ここに自生する植物と村内各地の特徴的な植物を移植して平成9年に開設されました。豪雪地という環境や四季の豊かな環境の中でありのままに、生き生きと根を張って繁殖している姿を観察することができます。

DSC_0118_convert_20160103073605.jpg


2015.1.2「新年 二度目の初蕎麦は天神蕎麦。うまい。」

「新年 二度目の初蕎麦は天神蕎麦。うまい。」

信越国境の深山の集落の中に鎮座する菅原道真公を祀った「北野天満宮」に詣でる。ちょうど、昼時でもあり、北野天満温泉にある食事処で「天神蕎麦」を頂くことに。食事処なので知られていないが、ここのそばはうまい。「天神そば」といって、飯山の富倉蕎麦のつなぎで有名な「オヤマボクチ」に新潟のへぎそばのつなぎの「ふのり」を入れてつくった手打ちそば。腰が強い平打ちの田舎蕎麦。のど越しよく、蕎麦の風味が鼻に抜けます。一度、温泉に入りながら、食べられることをお勧めします。

DSC_0117_convert_20160108034007.jpg

DSC_0103_convert_20160108032537.jpg
北野天満温泉の2階にある食事処へ

DSC_0105_convert_20160108033043.jpg
古民家を改装したのかと思えるほどの木組みです。

DSC_0107_convert_20160108033159.jpg
外はすばらしい雪景色。眺めながら、蕎麦に舌鼓。

DSC_0104_convert_20160108032941.jpg
天神蕎麦の天ぷらそばをただきます。1230円。

DSC_0112_convert_20160108033855.jpg
天神蕎麦が運ばれてきました。

DSC_0111_convert_20160108033654.jpg
そばは平打ち麵の田舎蕎麦。いかにも美味しそう。

DSC_0109_convert_20160108033438.jpg
天ぷらはプリプリの海老に舞茸、かぼちゃ、ピーマン、ナス、サツマイモ。

DSC_0110_convert_20160108033542.jpg
付け出しに蕗と筍の煮物がついてました。

◎◎北野天満温泉
長野県下水内郡栄村大字堺14655 
☎ 0269-87-2892


2015.1.9「暖冬と言っても古民家は寒い。火鉢で暖をとる」

「暖冬と言っても古民家は寒い。火鉢で暖をとる」

今年は暖冬と言っても古民家のある長野県北部は豪雪地帯。夜は零下になります。そこで、ペレットストーブやファンヒータに加えて、火鉢を据えることに。

火鉢は手に入れたものの、どのように灰を入れたらよいかわからず。「火鉢屋さん」のネットを参考にさせていただく。

①.火鉢を据え置く
下に何かを敷く必要はありそうだが、要らないとしているのがほとんど。したがって、敷きません。なぜなら、.灰は断熱材なので火鉢本体の下が熱くなることはないのです。
(注).ただし、炭を火起こし器から火鉢へくべる時、また炭が突然跳ねたときなど、なにか敷いていれば焦げるこしとはない。

DSC_0077_convert_20160109171510.jpg

②.灰を入れる
今回はネットで火鉢セットを購入。届いたセットには「灰」、「低用粘土」、「底用しろ砂」が入っていました。

DSC_0076_convert_20160109172935.jpg

DSC_0075_convert_20160109172901.jpg

DSC_0074_convert_20160109172824.jpg

まずは火鉢の断熱を強化するために「低用粘土」と、「底用しろ砂」を入れます。

DSC_0079_convert_20160109171915.jpg

DSC_0080_convert_20160109172005.jpg
「底用粘土」を底一杯に貼り付けます。

DSC_0082_convert_20160109172131.jpg
「底用しろ砂」を蒔いて入れます。

DSC_0083_convert_20160109172158.jpg
最後に灰を入れます。

灰はそっと入れます。炉の上部から下へ3cm~5cmほど下まで 灰がくるように入れます。
灰はのちのち炭の火で固まってきます。その時は灰の固まりは捨ててもよいです。

③.五徳を据え置きます。 爪(つめ)が上を向くように
輪の部分がちょっと隠れたら、あとは灰をかぶせて輪が見えないようにします。
五徳の手入れはお湯で湿らせた布でふき、よく乾かします。

DSC_0158_convert_20160110041333.jpg

DSC_0159_convert_20160110041408.jpg

④炭に火を点ける
・火起こし器の中に炭を入れます。もちろんクヌギ炭がいいとのこと。
火起こし器に炭を入れる。→ガスコンロにかける→火鉢に移す。
・炭を燃やすこつ
炭を立てると火力強く、早 く燃える。
炭を寝せると火力は弱いが、長く燃えている。

(名人)①紀州備長炭は熱量が多く、火の持ちが良い。くぬぎ炭に紀州備長炭を少々混ぜる
     と、火力もより強く火持ちも良いです。
    ②備長炭を灰に埋める:火のついた炭を置く前に、備長炭を灰の真ん中に埋めて置
      きます。何時間かする と灰の中で備長炭が赤々と燃え、延々と燃えています。こ
      れは火種にもなりますし、綺麗です。

DSC_0160_convert_20160110042043.jpg
火おこし器

DSC_0162_convert_20160110042318.jpg
炭はくぬぎ炭

DSC_0163_convert_20160110042348.jpg

DSC_0166_convert_20160110052322.jpg

DSC_0168_convert_20160110052500.jpg
こんなに火が強いと炭はねを起こします。実際、この時ははねて大騒ぎになりました。

そこで跳ねを防ぐには。

1.火をつけるときは弱火
強火で火をつけると急激に空気の膨張が起こるため、備長炭は跳ねる可能性が高くなります。できるだけ弱火で着火しましょう。
黒炭は跳ねてもパチパチ程度ですので、まず黒炭を熾しておいてから備長炭を入れる方法も有効です。

2.水分に注意!
水分を吸収すると跳ねる可能性も高くなります。保管場所にもお気をつけください。

3.炭の追加は暖めてから
強く燃えている炭に入れると、1と同じ理由で急激に加熱されてしまいます。
継ぎ足すときは、直火に触れない程度の所に置いて暖めてからおくといいでしょう。

⑤火を消す 
 ・灰をかぶせる。  炭を火箸で倒して灰をかぶせて炭を埋めます。大概は最後まで燃え尽きま す。 
 ・火消し壺に入れる。  火消し壺の中に入れて消します。火消し壺じたいが大変熱く なりますので下 に何か敷くか、中に灰を入  れておき、その上に炭をのせるとよい。
 ・水をかける。 緊急時、炭に充分 水をかける。

⑥換気について
 ・.換気は1時間に2~3回は行います。 1回5分~。
 ・朝まで寝るのは駄目。一酸化炭素がでています。 必ず火を消すこと。

⑦しまい方
 湿気にさらさないが基本。ビニール袋で覆って涼しいところにしまう。

DSC_0174_convert_20160110081840.jpg



2016.1.10「冬の晴れた一日 エスプレッソを楽しむ」

「冬の晴れた一日 エスプレッソを楽しむ」

折角の三連休の中日。先週はスキー靴や登山靴を忘れてスキーも雪山にも行けなくて悔しい思いをしたので、今週は万全にしてきたら、持病の痛風が発症

左ひざに水が溜まり、一歩も動けない。しょうがないので雪景色見ながら、エスプレッソを入れる。

ビアレッティのエスプレッソメーカーでエスプレッソを作ってみましょう。

DSC_0177_convert_20160110102401.jpg
ビアレッティのエスプレッソメーカー

DSC_0179_convert_20160110094145.jpg
分解すると3つに分かれます。

DSC_0181_convert_20160110094939.jpg
ボッチは圧力弁です。

DSC_0184_convert_20160110095113.jpg
エスプレッソコーヒーを世界に提供するIllyのエスプレッソパウダーをギリギリまで入れます。あまり、押し込みません。

DSC_0185_convert_20160110095138.jpg
圧力弁が水に沈まないように水を入れます。

DSC_0186_convert_20160110095203.jpg
コーヒーをセットします。

DSC_0187_convert_20160110095241.jpg
ヤカン部分をセット。あれ!パソコンの画面にカメラの焦点があたってしまった。

DSC_0188_convert_20160110095315.jpg
セット終了

DSC_0189_convert_20160110095342.jpg
ペレットストーブの上にエスプレッソメーカーを乗せました。あれ!ストーブで温められた空気で揺らいだ。

DSC_0190_convert_20160110102319.jpg
エスプレッソコーヒーができました。山からの清冽な水で、やわらかなストーブの火で作ったエスプレッソは最高でした。

「痛風で 歩けぬ日には 雪見ティー」 By まうんてんぼーい

◎ビアレッティ社の「モカ・エクスプレス」
 直火式エスプレッソメーカー(マキネッタ)の代名詞ともいわれる、ビアレッティ社の「モカ・エクスプレス」。半世紀以上にわたるロングセラーで、その伝統的なフォルムと口ひげ紳士のロゴマークは、イタリアのみならず、いまや世界中の国々でその地位が確立されています。  材質は伝統的なアルミ合金製。

2016.1.11「痛風で動けない日に。鮭料理 酒の野菜あんかけ」

「痛風で動けない日に。鮭料理 鮭の野菜あんかけ」


正月早々、年末年始の暴飲暴食がたたり、痛風発作がでてしまう。週末はなんとか、除雪のために古民家に来たが、とても歩けないし、動けない。ところが、ただでさえ、暖冬で雪が少ない上に、雨となり、除雪すべきところの雪は融けてしまった。丁度、昼時、何もしないでいるとストレスたまるので昼飯をつくることに。
冷蔵庫を開けると正月用に買っておいた高級紅がめにはいったので、豊富な野菜とともにあつあつの野菜あんかけを作ることに。

DSC_0191_convert_20160110131309.jpg
野菜をありものできります。ありものでやるのが男前。本日は、にんじん、はくさい、しいたけ、玉ねぎ。

DSC_0193_convert_20160110131404.jpg
紅鮭。焼いて食べたほうがおいしそうですが。

DSC_0194_convert_20160110131430.jpg
鮭に塩コショウをかるくして、 片栗粉をまぶしてフライパンに。

DSC_0195_convert_20160110131528.jpg
片栗粉をまぶした鮭を、油をひいたフライパンにのせて両面を色よく焼いて、お皿にとっておく。

DSC_0196_convert_20160110131600.jpg
野菜を炒めます。油大さじ1たして、中火で。塩コショウして、砂糖 大さじ3、しょうゆ 大さじ3、酢 大さじ1 、鶏がらスープ 小さじ1に水300ml をいれて、煮立ったら水に溶いた片栗粉をいれてよくまぜます。とろみがでたら終わりです。

DSC_0197_convert_20160110131628.jpg
野菜をいためている中に取り出しておいた鮭を入れてもよいし、取り出した鮭の上に野菜をかけてもよいです。本日は、あつあつで寒さ吹き飛ばすために、一緒に、煮ました。

DSC_0199_convert_20160110131714.jpg
出来上がりました。頂きます。痛い足のことをすっかり忘れた時間でした。

◎材料 (2人分)
鮭(生鮭) 2枚
野菜 適当。すきなもの
塩コショウ 少々
片栗粉 少々
砂糖 大さじ3
しょうゆ 大さじ3
酢 大さじ1
鶏がらスープ 小さじ1+水300ml

2016.1.10「飯山の農的生活 暖冬も極まれり、雪がない」

「飯山の農的生活 暖冬も極まれり、雪がない」


奥信濃の冬の伝統行事として受け継がれてきた「道祖神火祭り」の日。飯山市では、無病息災や子供たちの健やかな成長を願い、毎年80以上の集落で執り行われています。そのうちの1つの我が集落では、祭りの当日に会場作りから道祖神の組み立てまで行います。昨年は豪雪の中でしたが、今年は田んぼの雪も融け始める20年ぶりの超暖冬。集落の古老は稲作への影響を懸念していました。山に雪が降らないと日本一美味しいお米の源の水が枯渇しかねないとのこと。また、不景気の前兆でもあるそうです。

DSC_0242_convert_20160111063207.jpg

DSC_0241_convert_20160111063453.jpg

DSC_0230_convert_20160111064425.jpg

DSC_0207_convert_20160111070143.jpg
今年の風景

DSC_0337_convert_20150112075446.jpg

DSC_0341_convert_20150112075522.jpg

DSC_0350_convert_20150112075753.jpg

DSC_0355_convert_20150112080116.jpg
昨年の風景。ほぼ同じところで撮っています。昨年は超豪雪の年でしたが、1月は毎年この程度は積もる地域です。

「雪原に 願いの炎 立ち上がる」 BY まうんてんぼーい

しかし、1月18日の東京など関東地方の大雪にはまいりました。いつもの6時20分に通勤で家を出た時には革靴をすっぽり雪の中に入れて出勤。すぐに、靴の中で足が泳ぎます。西武線は池袋に普段であれば20分程を1時間かかりました。ところが、山手線は8時ころにものかかわらずがらがらで。なんと、座れました。渋谷までは順調に走り、その先は遅行しましたが何とか時間内に到着。通勤に2時間。普段の倍でしたが、世の中はもっと混乱していたようです。
あらためて、寝るのを惜しんで除雪する雪国の除雪隊に頭が下がりました。

2016.1.10「飯山の農的生活 新年の行事 道祖神祭り」

「飯山の農的生活 新年の行事 道祖神祭り」

奥信濃の冬の伝統行事として受け継がれてきた「道祖神火祭り」。または、どんど焼きとも呼ばれます。飯山市では、無病息災や子供たちの健やかな成長を願い、毎年80以上の集落で執り行われています。そのうちの1つの我が集落では、祭りの当日に会場作りから道祖神の組み立てまで行います。書き初め、古いお守り、だるまなどもお焚き上げしてもらえます。

我が家がある集落のさらに23戸が集まる集落で、小さな道祖神祭りがおこなわれました。朝から、伝馬という労働奉仕の人たちが場所を整備して、材木と藁を組み立てます。

15時になると三々五々に集落の人たちが集まります。昨年は豪雪のうえに、当日も大雪の中での凍えるような道祖神祭りでしたが、今年は20年ぶりといわれる少雪の中で行われました。とても温かい日です。天気も良かったので昨年とは比べ物にならないほどのたくさんの村人が参集しました。心温まり、体温まるお祭りです。こうして、集落の伝統が受け継がれていくのです。

DSC_0207_convert_20160111070143.jpg
時間になると集落の皆さんが三々五々道祖神祭りの場所に集まります。

DSC_0213_convert_20160111070107.jpg

DSC_0214_convert_20160111070032.jpg
道祖神祭りの場所にはたき火の準備がされてます。書き初め、古いお守り、だるまなどが積み上げられます。場所によっては3メートル近い大きなものもあります。

DSC_0216_convert_20160111070000.jpg
御神酒がふるまわれました。

DSC_0219_convert_20160111065116.jpg
書初めを炎にくべます。火の粉が高く上がると願いがかなうといわれています。お子さんも真剣です。

DSC_0221_convert_20160111064903.jpg
お父さんも子供のために真剣そのもの。高く飛べ。

DSC_0225_convert_20160111064659.jpg
火勢が最高潮を迎えると次の行事が。

DSC_0229_convert_20160111064508.jpg
お餅を焼きます。このお餅を食べると一年間健康でいれるといいます。

DSC_0238_convert_20160111063531.jpg

DSC_0236_convert_20160111063621.jpg
アルミで包んでくべたり、特製の餅焼き器で焼いたりした、お餅を頂きました。

DSC_0232_convert_20160111064255.jpg
火勢も衰え、お餅を食べると解散となります。消防団の皆さんも火事を警戒して見廻りで輪に加わります。

DSC_0243_convert_20160111063134.jpg
すべてきれいに焼け落ちました。

DSC_0244_convert_20160111063035.jpg
来た時と同じように三々五々に家路につきます。昨年に比べて本当に暖かいお祭りでした。

「雪原に 願いの炎 立ち上がる」 BY まうんてんぼーい

<参考>2015年のお焚き上げ風景。豪雪の中でのお祭りでした。
DSC_0343_convert_20150112075628.jpg

DSC_0353_convert_20150112075914.jpg

◎道祖神祭り(どんど焼き)(ウィディペギア)
刈り取り跡の残る田などに長い竹を3、4本組んで立て、そこにその年飾った門松や注連飾り、書き初めで書いた物を持ち寄って焼く。その火で焼いた餅(三色団子、ヤマボウシの枝に刺した団子等地域によって違いがある)を食べる、また、注連飾りなどの灰を持ち帰り自宅の周囲にまくとその年の病を除くと言われている。また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達すると言われている。道祖神の祭りとされる地域が多い。

2016.1.16「ダッチオーブンでローストチキン」

「ダッチオーブンでローストチキン」


寒く雪の降る日。ダッチ―オーブンにチキンとジャガイモ、玉ねぎ、人参を入れて、ペレットストーブにかけます。じっくり待てばよい匂いが部屋に漂います。まずは吉乃川を熱燗にして肴として食す。寒かった身体に温かさが広がりました。

DSC_0263_convert_20160116184424.jpg

DSC_0268_convert_20160116184714.jpg

①にんじん、じゃがいもはよく洗い、玉ねぎは皮をむく。まるままでも、半分に切ってもよい。にんにくは皮をむいてスライス。
 鶏もも肉は味がよくしみ込むよう、金串やフォークなどで両面に細かく穴をあけ、両面にやや強めに塩・こしょうしてよくすり込む。

DSC_0276_convert_20160116184908.jpg

②にんにく、ローズマリー、セージ、バジル、タイム、オリーブオイルとともにビニール袋などに入れてもみ込み、2時間以上おいて   味をしみ込ませる。焦げつき防止のため底部にアルミホイルを敷いたダッチオーブンを火にかけ、5分ほど予熱する。

DSC_0271_convert_20160116184828.jpg
すべて、当家で採取したハーブ類です。

DSC_0281_convert_20160116184944.jpg
ハーブ等と鶏肉をまぜて、一時間置きます。

③予熱したダッチオーブンに、にんじん、じゃがいも、玉ねぎを敷きつめ、にんにく、ローズマリーとともに鶏肉をのせ、蓋をする。蓋  の上にも炭をのせ、火加減は上下7:3ぐらいの目安で約20分ほど焼く。

DSC_0291_convert_20160116190331.jpg

DSC_0292_convert_20160116190400.jpg
ペレットストーブ゛にかけて一時間もかからずにあっという間においしそうなローストチキンが出来上がりました。

DSC_0293_convert_20160116190453.jpg

DSC_0297_convert_20160116190521.jpg
本日はテキーラベースのテキーラサンライズを飲みながらいただきました。ダッチオーブンのすごさはキャンプで何度も経験していますがこんな使い方もよいです。

2015.12.15「博多ラーメンの穴場 博多大砲ラーメン本店」

「博多ラーメンの穴場 博多大砲ラーメン本店」

12月の中旬。仕事で九州の博多に。博多といえばとんこつラーメンの店が軒を並べ、「一蘭」や「一風堂」のように全国的にも有名になった店もあるところ。ラーメンが好きでない私も博多、長浜、久留米のとんこつラーメンならば大好き。博多の食事の締めとして博多ラーメンを食べることに。中洲の春吉橋のたもとにある赤い大きな看板のかかる「博多大砲ラーメン本店」の暖簾をくぐる。創業昭和39年の伝統の店。名物のおばさんが呼び込みをしています。カウンターで座ると10人も入れるかと思うぐらいの小さな店だがおいしい。店の外にまで豚骨の臭が漂います。薄切りのチャーシュー2枚とねぎだけがのったシンプルなラーメンですが、背油がたっぷり溶け出して軽くとろみのついたスープは絶品。
メニューはラーメンとチャーシューメンしかありません。さらに、安くてうまいので人気店です。

IMG_6230[1]_convert_20160116155546

IMG_6233[1]_convert_20160116155916

IMG_6235[1]_convert_20160116160115
店はカウンターのみでとても狭い。

IMG_6234[1]_convert_20160116160001
美味しいとんこつラーメン。麺は固めの細麺。まいうー。

<番外>博多の駅そばは名古屋がきしめんのように、博多ラーメン。

IMG_6240[1]_convert_20160116160335

◎博多大砲ラーメン 本店
☎ 非公開
福岡県福岡市中央区春吉3-12-37
交通手段 市営地下鉄七隈線『中洲川端駅』から徒歩8分
       西鉄バス停『春吉』から徒歩2分
営業時間 【月~土】 17:30~翌5:00
定休日   日曜日

2016.1.16「山の恵みのくるみを収穫」

「山の恵みのくるみを収穫」

当家の裏山から流れ込む流水はいろいろな山の恵みを運んできます。流水が流れ込む融雪池にはイワナが落ちてきたこともあります。晩秋になるとたくさんの鬼ぐるみが流れ込みます。それらを収穫してくるみの実をとります。

DSC_0490_convert_20160116230837.jpg
山からの流水で鬼ぐるみがたくさん融雪池に浮いています。

DSC_0489_convert_20160116230755.jpg

DSC_0488_convert_20160116230531.jpg
このくるみを掬い取り乾かします。

かわかしたくるみをフライパ゛ンで煎ります。煎ると固いくるみにわずかな裂け目ができます。

DSC_0285_convert_20160116190141.jpg

DSC_0282_convert_20160116185019.jpg

その裂け目にマイナスドライバーを差し込みひねると殻が割れます。

DSC_0298_convert_20160116231058.jpg

DSC_0283_convert_20160116190057.jpg
きれいに割れました。

DSC_0289_convert_20160116190253.jpg
実はようじで掘り出します。

DSC_0305_convert_20160116230925.jpg
たくさん取れました。明日はくるみパンとクルミと春菊の和え物を作ります。クルミは健康に及ぼす働きをもち成分が含まれていて、
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らす作用、滋養強壮作用、抗酸化作用、神経沈静作用、皮膚の代謝促進作用などがあるといわれています。

自然の恵みに感謝です。


◎くるみ(ウィディペギア)
5月から6月にかけて開花し、その後に直径3cm程度の仮果と呼ばれる実を付ける。仮果の中に核果があり、その内側の種子(仁)を食用とする。脂質が実全体の70%を占めている。また、ビタミンEを始め様々なビタミンやミネラルが豊富に含まれており、非常に栄養価の高いことでも知られる。







2016.1.5「東京 千歳烏山にコスパ最高のおしゃれ居酒屋 庵」

「東京 千歳烏山にコスパ最高のおしゃれ居酒屋 庵」

東京 京王線沿いの千歳烏山周辺に住む愉快な仲間とつくる「千歳烏山の会」。三か月に一回程度、千歳烏山周辺の居酒屋やレストランで例会。

今回は千歳烏山を熟知した愉快な仲間の一押しの居酒屋「庵」。

IMG_6506[1]_convert_20160117082650
駅から狭い路地を歩くとひっそりとその店はありました。

IMG_6507[1]_convert_20160117082751
居酒屋というより、名前通りの料理自慢のダイニング。カウンター席とテーブル席。

IMG_6510[1]_convert_20160117082942
まずは、ハートランドビールを注文。

IMG_6511[1]_convert_20160117083019
付け出しはないというので、「菜の花のお浸し」を注文。各種手作り惣菜で、黒板メニューにて日替わり。お袋の味です。380円

IMG_6513[1]_convert_20160117083130
日本酒もいろいろあります。ここは「船中八策」を注文。

IMG_6512[1]_convert_20160117083053
おしゃれなグラスで日本酒が供せられます。

IMG_6514[1]_convert_20160117083206
あぶりしめさばを愉快な仲間が注文。あれ、普通のしめさばや。

IMG_6527[1]_convert_20160117083925
バーナーが登場。その場であぶります。あぶりしめさばの完成。愉快な仲間から歓声が上がります。薩摩黒酢で〆たそう。880円

IMG_6517[1]_convert_20160117083244
小女子焼き 680円。

IMG_6520[1]_convert_20160117083321
餃子。餃子の襟がすべてついています。

IMG_6521[1]_convert_20160117083526
本日のおつまみ三種盛り。各種手作り惣菜で、黒板メニューにて日替わり。三種を少しずつ持ってくれます。380円

IMG_6522[1]_convert_20160117083632
ちょっと飲めない地酒「鶴の友」と「月不見池」を続けざまに飲みます。

IMG_6523[1]_convert_20160117083729
手作り餃子 480円

IMG_6524[1]_convert_20160117083809
とろーり豚角煮(味付け卵付)。680円。

IMG_6525[1]_convert_20160117083849
鶏のジュージュー陶板焼き。中 980円。

IMG_6528[1]_convert_20160117084000
やみ付き卵かけごはんセット。卵かけごはん専用のお醤油があります。380円。

IMG_6531[1]_convert_20160117084036
最後にデザートでイチゴが出てきました。これは、サービス。

ワイワイと愉快な時間を過ごし、夜は更けゆきます。私を除けば千歳烏山近辺に住んでいる人たち。早々に引き揚げました。

〇船中八策 
香りが良く、旨味が口中で膨らみます。後口はキレが抜群の辛口純米。 ただ辛いだけではなく酸とのバランスが非常に良。
■使用米:山田錦、北錦  磨き:60%

司牡丹酒造
創業 慶長8年(1603年)
高知県高岡郡佐川町甲1299番地
電話 0889-22-1211

〇鶴の友 別撰 
淡麗な味の中にもやわらかい味の膨らみをもち非常に旨味のバランスが最高。

樋木酒造
樋木酒造は、酒造業を営む日本の企業。新潟県新潟市西区に本社を置き、日本酒を製造している。東酒蔵、西酒蔵、店舗兼主屋の3棟は国の登録有形文化財である。 (ウィキペディア)
新潟県新潟市 西区内野町577
電話: 025-262-2014
1832年(天保3年) 創業

〇月不見の池(つきみずのいけ) 本醸造
糸魚川産たかね錦を100%使用した純米無濾過生原酒。
爽やかな吟醸香は味をじゃませず、お米の味とコクが充分に感じられる。
原料米 : たかね錦(新潟県糸魚川産)
精米歩合 : 60%
アルコール度 : 18,0度
日本酒度 : +2
酸度 : 1.3

酒銘は仕込み水の源泉でもある蔵元近くの池の名にちなむ。周囲の藤が美しい涌き水が美しい池でもあります。

◎ナゴミダイニング 庵
☎ 03-3307-8250
東京都世田谷区南烏山5-20-15 鈴木ビル 1F
交通手段 千歳烏山駅から241m
営業時間 月~土 17:00~24:00
定休日 日曜日・祝日

2016.1.20「盛岡に行ったら冷麺、じゃじゃ麺、わんこそば。冷麺」

「盛岡に行ったら冷麺、じゃじゃ麺、わんこそば。冷麺」

久々の盛岡出張。ちょうど、盛岡に着いたらお昼時。仕事の前に腹ごしらえ。盛岡三大麵の冷麺、じゃじゃ麺、わんこそば。どれでいこうかと考えるのも面倒なので、冷麺とじゃじゃ麺を梯子することに。食べすぎかというと丁度良いのでは。

まずは、冷麺を食べに駅前にある「ぴょんびょん舎」に。お昼時で店は混んでいます。二階のおひとり様テーブルにご案内されました。

IMG_6551[1]_convert_20160124083004

IMG_6553[1]_convert_20160124083131

冷麺の単品を中辛で。辛さはいろいろ選べます。冷麺大国の盛岡ですが、やはりぴょんびょん舎はおいしい。銀座にもありますが、同じ店だけど味が違う。盛岡でたべるからうまいのかな。

IMG_6552[1]_convert_20160124083052
880円て゛す。

IMG_6554[1]_convert_20160124083215
目の前に来ました。まずはスープを。深みのある酸っぱめのスープ。まいうー。麵も丁度良い茹で加減。ゴムの様ではありません。

スープも含めて完食したあと、じゃじゃ麺を食べに向かいました。仕事まではあと30分。急ぎます。

◎ぴょんびょん舎
ぴょんぴょん舎 盛岡駅前店
電話番号 050-5799-4379
住所み 岩手県盛岡市盛岡駅前通9-3
アクセス JR 盛岡駅 徒歩2分
営業時間 月~日 11:00~24:00
定休日 無


20165.1.23「古民家生活 飯山に新市民ホールが落成 なちゅら」

「古民家生活 飯山に新市民ホールが落成 なちゅら」

古民家での週末生活。会社の退職まであと2か月足らず、1年半にわたり続けてきた週末ごとの600Kの東京との往復ものあとわずか。その間に新幹線が開通し、今度は市民ホールが落成。それも、新幹線駅の目の前に。新国立競技場の設計が採用された隈研吾氏の設計と聞けば、見に行かねばと内覧会に行ってみました。

駐車場は100台にも満たない。魅力的な箱ものができたので魅力的なイベントで盛り上げてもらわないと。ちょっと、駐車場が少な目かな。

さすが、隈氏の建物。木をふんだんに利用した市民ホールです。こんなに立派なホール。有効活用がすべてですがイベント企画が今一つかな。どんどん文化的な催しをして地域活性化の起爆剤にしてほしいところ。

DSC_0402_convert_20160124072826.jpg

DSC_0403_convert_20160124072853.jpg
幾何学的な建物が聳え立ちます。すごい。

DSC_0399_convert_20160124072728.jpg
正面玄関。窓をふんだんに使った建物で内は光であふれます。

DSC_0398_convert_20160124072658.jpg
大ホール、小ホール、多目的室2、音楽スタジオなどで構成されています。

DSC_0372_convert_20160124072030.jpg
室内には木がふんだんに使われています。

DSC_0396_convert_20160124072629.jpg
正面玄関入口近くの明るい多目的室。

DSC_0392_convert_20160124072530.jpg

DSC_0388_convert_20160124072456.jpg
一階にある小ホール。室内楽のこけら落とし公演のリハーサルが行われていました。

DSC_0395_convert_20160124072601.jpg
天井にはモザイクのように木がはりめぐらされています。

DSC_0377_convert_20160124072424.jpg

DSC_0375_convert_20160124072355.jpg
二階の大ホール

DSC_0373_convert_20160124072325.jpg
二階にある多目的室。本当にどこも飯山特産の木がふんだんに使われています。

DSC_0415_convert_20160124073001.jpg
トイレも失敬して撮りました。

DSC_0420_convert_20160124073118.jpg
裏玄関。この先に80台駐車可能の駐車場があります。

DSC_0419_convert_20160124073034.jpg
サイドの壁にもこのように木が使われています。

DSC_0421_convert_20160124073158.jpg
駐車場

冬の晴れ間のなか、木のぬくもりを感じる素敵なホールが出来上がりました。あとは、イベント企画の充実に期待したいと思います。

◎飯山文化交流館 なちゅら 
長野県飯山市大字飯山1370-1
☎ 0269-67-0311
休館日 火曜日

<設計監修>
隈研吾建築都市設計事務所
仲條一級建築士事務所設計監理経堂企業体

DSC_0406_convert_20160124072934.jpg

2016.1.24「酒の肴にイワシの煮付けをつくる」

「酒の肴にイワシの煮付けをつくる」

大雪警報がでて、今冬一番の雪の日。除雪に時々出るがあまりの降りに退散。こんな日は無理せずに、飲むに限る。お昼から飲めるなんて幸せ。

IMG_6652[1]_convert_20160124164844

まずは、レモンチェロの炭酸割に、肴は宮城県産の茹でつぶ貝。本でも読もうかと本を手に取る。「禅僧の書いた人生の下り方」
既にほぼ下ったので、第二の人生の登り方かな。

読み始めたら、TVがトップリーグの決勝戦「東芝VSパナソニック」が始まり、すっかり読書は置き去りに。

IMG_6650[1]_convert_20160124165116

レモンチェロは甘めなので、途中からバーボンソーダに変更。JIM BEAMをガンガン行きます。こんなんで第二の人生の山登れるかしら。

つぶ貝がなくなった。まだ、飲み足りないので、イワシの煮付けを作ることに。

〇材料
イワシ 3尾
水 200cc
酒 大さじ1
酢(なくても可) 小さじ1
生姜(千切り) 大さじ2


〇煮汁
醤油 大さじ2
みりん 大さじ1
砂糖 大さじ1

〇作り方

DSC_0447_convert_20160124181626.jpg

DSC_0450_convert_20160124181751.jpg
・鰯は頭と尾と内蔵を取り除いて洗い、水 分を拭き取る。
 浅い鍋に鰯を並べ、水・酒・酢・生姜を加える。

DSC_0451_convert_20160124181830.jpg
・中火にかけ、沸騰したら、キッチンペーパーなどで落としぶたをして、沸騰を保ちながら【弱火〜】で5分ほど煮る。
・ペーパーの上から、煮汁を加える。弱火で5〜10分煮る。

DSC_0454_convert_20160124181912.jpg

DSC_0455_convert_20160124181939.jpg

まいうー。

「鰯煮る 煮上がる前に 雪見酒」by まうんてんぼーい

2016.1.16「千曲川の土手を散歩」

「千曲川の土手を散歩」

週末の古民家生活。古民家の近くを流れる千曲川に30年間の歳月と28億の予算を費やして土手ができました。地元の古老に聞きますと昭和58年、59年、平成18年に洪水が起きたそうです。住民の悲願とも言うべき土手です。飯山市照岡地先~飯山市馬場地先までの左岸15.1k~17.7k付近まで築堤されました。雪が止んだので、土手に散歩にでました。

DSC_0309_convert_20160124151659.jpg
家の裏の飯山線の鉄路も雪に覆われます。

DSC_0311_convert_20160124151834.jpg
家の前の坂道は氷の結晶がうつくしい。

DSC_0313_convert_20160125003918.jpg
雪原の向こうに土手が見えます。雪の中を歩いていく。

DSC_0312_convert_20160125003839.jpg
当家の車庫の裏には屋根から落ちた雪が山を作っていました。昨年の今頃はこの山が屋根の高さまでありました。今年の小雪を象徴しています。

DSC_0314_convert_20160125004013.jpg
小雪のため田圃の稲の刈り跡がでて、美しい造形を形作ります。

DSC_0316_convert_20160125004056.jpg
土手工事とともに暗渠が作られました。落ちないように慎重に歩きます。

DSC_0317_convert_20160125004132.jpg
土手に上がる階段を登ります。

DSC_0318_convert_20160125004422.jpg
土手に上がると千曲川が白化粧した川岸を背景にゆったりと流れます。

DSC_0319_convert_20160125004502.jpg
土手の上には軽トラックの轍がついていました。轍に沿って歩きます。雪に足をとられずに済みます。人っ子一人いません。千曲川の流れのみが支配する世界。

DSC_0321_convert_20160125004538.jpg
我が集落が雪の中で震えています。

DSC_0322_convert_20160125004627.jpg
前方に赤い鉄橋の市川橋が見えてきました。

DSC_0324_convert_20160125004701.jpg
川面では鴨が寒くないのか悠々と泳ぎます。

DSC_0325_convert_20160125004729.jpg
川面に降りてみました。川底の石が浮いていて波立った場所もあります。

DSC_0328_convert_20160125004842.jpg
対岸の山は雪をかぶり幻想的な姿でたたずみます。

DSC_0331_convert_20160125005401.jpg
大地区画部分の終点が見えてきました。県道と一端合流します。

丁度、700mほどを歩きました。土手は千曲川に注ぎ込む川で、一端、県道に戻ります。身の引き締まる寒さでしたが歩いて暖かくなりました。もう一区間あるいてみます。

◎千曲川の信濃川水系北信圏域河川整備計画(案)(概要版)
過去の主な水害は、昭和56年、57年、58年に連続して発生した洪水で、各地で浸水被害が発生しました。特に昭和57年9月の台風18号では、千曲川の支川である樽川が、千曲川の背水に伴う水位上昇により溢水・破堤し、多数の家屋が浸水するなど甚大な被害が発生しました。また、昭和56年8月、同58年9月の台風による洪水では、千曲川の水位の上昇により、地盤が低い箇所で排水不良が生じ、八木沢川や篠井川等の河川で内水被害が発生しました。
千曲川の長野県管理区間においては、昭和57年9月の台風18号により栄村箕作・月岡地先において、昭和58年9月の台風10号により、飯山市岡山地先において、それぞれ家屋の浸水被害が発生しました。
近年においては、平成16年10月、18年7月に台風や梅雨前線豪雨の影響により、栄村箕作~月岡地先では無堤区間において浸水被害が発生しました。
こうしたことから、再度災害の防止を図るため、昭和58年から同60年にかけて栄村箕作地先において、また、昭和59年から同63年にかけて野沢温泉村東大滝地先において堤防等の整備を行いました。平成4年からは、飯山市照岡・岡山地先(桑名川地先)、平成18年からは飯山市下境地先の無堤地においても、堤防等の整備を進めています。しかしながら、依然として、堤防の高さ等が不足している区間があることから、引き続き、堤防の嵩上げ等の整備が必要となっています。

2016.1.20「盛岡に行ったら冷麺、じゃじゃ麺、わんこそば。じゃじゃ麵」

「盛岡に行ったら冷麺、じゃじゃ麺、わんこそば。じゃじゃ麺」

久々の盛岡出張。ちょうど、盛岡に着いたらお昼時。仕事の前に腹ごしらえ。盛岡三大麵の冷麺、じゃじゃ麺、わんこそば。どれで行こうかと考えるのも面倒なので、冷麺とじゃじゃ麺を梯子することに。食べすぎかというと丁度良いのでは。

まずは、冷麺を食べに駅前にある「ぴょんびょん舎」に。冷麺を食べたので次にじゃじゃ麺を食べにほぼ隣にある「HOT JAJA」に行きました。店は幸いに混んでいませんでした。直ぐに、「じゃじゃ麺」を注文しました。時間もないので、食べ終わった後に卵を溶いて特製スープを入れる「チーラータン」は断りました。

IMG_6550_convert_20160125000015.jpg
暖簾をくぐります。

IMG_6555_convert_20160125001146.jpg
メニュー見ると大・中・小とあります。既に、冷麺を食べているので「中」を注文。自家製麺で、肉味噌は地元岩手の味噌を使った、じゃじゃ麺。

IMG_6562_convert_20160125000831.jpg
じゃじゃ麺がきました。ゆで時間で10分以上待たされます。この中心の肉みそをうどんとかき混ぜます。食べる直前におろし生姜やラー油、おろしニンニク、酢によって、自分好みに味をつけます。
そのルーツは、中国大陸の炸醤(ジャージャー)麺だそうで、およそ50年前に盛岡に渡ってきたそう。

IMG_6563_convert_20160125000855.jpg
かき混ぜました。いただきまーす。

IMG_6556_convert_20160125000544.jpg

IMG_6557_convert_20160125000619.jpg
時間があれば「チーラータン」というスープを注文しますが、今回はやめときました。100円。

さすがに、冷麺とじゃじゃ麺のはしごはお腹にこたえました。どちらかといえば、おいしさは冷麺の圧勝です。

◎HOT JAJA
盛岡市盛岡駅前通9-5 佐川ビル1F
☎ 019-606-1068
営業時間 10:00~24:00
定休日 なし
駐車場 無
席数  43名

2016.1.17「千曲川の土手を散歩 Ⅱ」

「千曲川の土手を散歩 Ⅱ」

週末の古民家生活。古民家の近くを流れる千曲川は30年間の歳月と28億の予算を費やして土手ができました。地元の古老に聞きますと昭和58年、59年、平成18年に洪水が起きたそうです。住民の悲願とも言うべき土手です。飯山市照岡地先~飯山市馬場地先までの左岸15.1k~17.7k付近まで築堤されました。雪が止んだので、土手に散歩にでました。土手は三区画に分かれていて、第二区画部分を歩きます。

DSC_0328_convert_20160125004842.jpg
対岸の山は雪をかぶり幻想的な姿でたたずみます。
丁度、700mほどを歩きました。土手は千曲川に注ぎ込む川で、一端、県道に戻ります。身の引き締まる寒さでしたが歩いて暖かくなりました。もう一区間あるいてみます。

DSC_0330_convert_20160125005158.jpg
轍の間を歩きます。誰も歩いていないのでくっきりと足跡が残ります。

DSC_0333_convert_20160125005645.jpg
一端県道を歩きます。この橋を渡ると第二区画の土手の入口があります。

DSC_0334_convert_20160125005859.jpg
入口の県道わきには除雪車両がずらりと並んでいます。豪雪のこの地では生活と命を守る車両です。

DSC_0335_convert_20160125010033.jpg
県道から第二区画の入口に向かいます。

DSC_0339_convert_20160125010122.jpg
第二区画は向こうに見える赤い橋の市川橋までの1キロほどの区間です。小型トラックの轍が残ります。

DSC_0341_convert_20160125010154.jpg
太陽が雪雲からのぞきました。暖かい。

DSC_0344_convert_20160125010301.jpg
集落の先になべくら高原の羽広大橋が遠く遠望されます。

DSC_0347_convert_20160125010506.jpg
市川橋の下までたどりつきました。下をくぐるのは初めてです。

DSC_0349_convert_20160125010544.jpg
橋の下を括ると土手は県道に向かいカーブします。

DSC_0350_convert_20160125010630.jpg
県道との合流点に到達しました。第三区画は別の陽の楽しみに残しておきたいと思います。

小雪のための土手散歩。例年のような豪雪になればこんな散歩はできません。ラッキー。

DSC_0352_convert_20160125010711.jpg
県道を私の住む集落に帰る途中、市川橋を鏡の中にみました。パチリ。市川橋に上がれば飯山市でなく、野沢温泉村に入ります。

この土手はランニングコースやサイクリングロードを敷設すれば地域活性化の一つになると思います。千曲川沿いの県道コースはサイクリニストの人気。この土手を走ればほぼ千曲川を見ながらの走りとなります。

◎千曲川の信濃川水系北信圏域河川整備計画(案)(概要版)
過去の主な水害は、昭和56年、57年、58年に連続して発生した洪水で、各地で浸水被害が発生しました。特に昭和57年9月の台風18号では、千曲川の支川である樽川が、千曲川の背水に伴う水位上昇により溢水・破堤し、多数の家屋が浸水するなど甚大な被害が発生しました。また、昭和56年8月、同58年9月の台風による洪水では、千曲川の水位の上昇により、地盤が低い箇所で排水不良が生じ、八木沢川や篠井川等の河川で内水被害が発生しました。
千曲川の長野県管理区間においては、昭和57年9月の台風18号により栄村箕作・月岡地先において、昭和58年9月の台風10号により、飯山市岡山地先において、それぞれ家屋の浸水被害が発生しました。
近年においては、平成16年10月、18年7月に台風や梅雨前線豪雨の影響により、栄村箕作~月岡地先では無堤区間において浸水被害が発生しました。
こうしたことから、再度災害の防止を図るため、昭和58年から同60年にかけて栄村箕作地先において、また、昭和59年から同63年にかけて野沢温泉村東大滝地先において堤防等の整備を行いました。平成4年からは、飯山市照岡・岡山地先(桑名川地先)、平成18年からは飯山市下境地先の無堤地においても、堤防等の整備を進めています。しかしながら、依然として、堤防の高さ等が不足している区間があることから、引き続き、堤防の嵩上げ等の整備が必要となっています。

2016.1.22「横浜 伊勢佐木町のクライスラーに愉快な仲間と行ってみた」

「横浜 伊勢佐木町のクライスラーに愉快な仲間と行ってみた」

大船近辺に住む愉快な仲間とつくる「大船の会」。三か月に一回程度、横浜、大船、川崎の居酒屋やバー、レストランで例会。

今回は年始の会。横浜を隅々まで知り尽くす愉快な仲間に連れられ、異国情緒たっぷりのバー「クライスラー」に。1950年創業という福富町の老舗バー。看板に「オーシャンバー総本店」とあります。

とにかく店内に入ると壁という壁に天井まで陳列された酒瓶のコレクションにびっくり。これを見ながらグラスを傾けるのも一興。
伝統をこれだけで感じます。もちろん、ジュークボックスもあります。60年代の懐かしい曲が店内にあふれます。

注文したもの以外は店内の写真撮影はNG。写真でお伝えできないのが残念。

IMG_6631_convert_20160125070045.jpg
この看板が目印です。細い階段を上がります。

IMG_6632_convert_20160125070121.jpg
この重厚なドアの向こうには昔懐かしいバーが。

IMG_6634_convert_20160125070216.jpg
あれ。フライングした後に写真撮影禁止を知りました。これは一部。自分の目で確かめられますことを。愉快な仲間も興奮気味。

IMG_6635_convert_20160125070249.jpg
いつものようにハーパーの水割りを注文。とてもおしゃれなグラスで出てきました。

IMG_6636_convert_20160125070319.jpg
愉快な仲間が注文したカクテルはオリジナルグラスで提供されました。

IMG_6637_convert_20160125070342.jpg
ここで最もおいしいというチーズピザ。常連の愉快な仲間が一押し。本当にトロトロで美味しい。まいうー。

◎クライスラー (Chrysler)
☎ 045-251-9966
神奈川県横浜市中区福富町西通5-5
交通手段 京急日ノ出町駅から、徒歩8分
       JR関内駅から、徒歩9分
       JR桜木町駅から、徒歩12分
営業時間 18:00~翌2:00
定休日  水曜・第3木曜

2016.1.21「仙台ラーメンの名店 末廣」

「仙台ラーメンの名店 末廣」

1月の中旬の爆弾低気圧が全国に大雪を降らせた日の数日後。
仙台に出張。雪がまだ残る杜の都で昼も食べずに仕事。やっと、仕事も終わって、東京に帰るために仙台駅に向かっていたときに、昼を食べていないことに気付きました。丁度、ラーメンは好きでないのですが、クリスロード商店街アーケードを歩いているときに、昨日、行列ができていたラーメン屋の前を通りました。時間が時間だけに店内を除くと狭いカウンターのみの店内にお客は3人。ラーメンは好きではないが行列ができていたので時間もないので暖簾をくぐりました。

暖簾には昭和13年創業「中華そば 末廣」とあります。

IMG_6589_convert_20160128225754.jpg

店内はカウンターのみの9席。券売機を見ると

メニューは次のようなもの。
 ・中華そば ・塩中華そば ・あさり醤油 ・あさりバター醤油
 ・ヤキメシ ・黄身のせヤキメシ ・たまごかけごはん ・バターたまごかけごはん

時間もないのでちょっとかわった炒飯も食べたかったが、ここは基本の中華そば700円を注文。

IMG_6590_convert_20160128225832.jpg
カウンターの上には刻みネギを大量に切ったザルが置いてあります。どうやら、好きなだけどうぞということらしい。

IMG_6592_convert_20160128225910.jpg
中華そばが来ました。一面に薄いチャーシューが乗っています。スープはにごり、表面にうっすら背油が浮かんでいます。

一口、スープをすするとにぼしの味がつよい。「あれー」ラーメンの中でももっとも好きでない煮干し系。大失敗と思ったのですが食べるしかない。

IMG_6593_convert_20160128225948.jpg
きざみネギを入れて食べ始めます。食べ始めると、意外とうまい。旨みが独特の美味しさにつくられ、癖になりそうな味です。

IMG_6594_convert_20160128230150.jpg
麺は普通の太さの中太麵。チャーシューは一枚一枚が薄切りで、脂身も少ないぱさぱさ感。かえってこれがスープとよく合っています。

久々ににぼしあじをうまくマッチさせた美味しいラーメンに出会いました。すっかり冷えていた体も温まり、新幹線の人になりました。

◎末廣ラーメン本舗 仙台駅前分店
☎ 022-397-8112
宮城県仙台市青葉区中央1-7-8 日吉第一ビル
交通手段 JR仙台駅(西口)から、徒歩6分
       クリスロード商店街
営業時間 24時間営業
年中無休

2016.1.25寺社70 「遅い初詣は長野 善光寺」

「遅い初詣は長野 善光寺」

長野 飯山の氏神様には初詣をしましたが、やはり北信州に住む以上は長野 善光寺に詣でないと年が始まらないと1月の下旬に遅い初詣に行きました。
善光寺は前日の大雪で雪をまとった姿で迎えてくれました。

DSC_0474_convert_20160129230245.jpg
善光寺の裏の大駐車場に車を止めて境内に。雪化粧もまた美しい。

DSC_0475_convert_20160129230515.jpg
昨日の大雪がうそのように晴れあがりました。しかし、空気は肌刺す寒さです。

DSC_0476_convert_20160129230627.jpg
本堂の正面に回ります。まずは、後厄なのでしっかりと厄除けをお願いします。

DSC_0477_convert_20160129230730.jpg
平日なので境内は随分と空いていました。十分に線香の煙を浴びます。

DSC_0478_convert_20160129230826.jpg
いよいよ本堂の本尊の前に。お賽銭をあげて、しっかりと祈ります。

DSC_0479_convert_20160129230947.jpg
本堂で祈願し、六地蔵の前。六地蔵の「六」は仏教の六道を表わしています。六道とは、地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人・天のことです。これは、我々が迷いの世界を輪廻する道程を六の世界に分けたものです。

DSC_0480_convert_20160129231104.jpg

DSC_0482_convert_20160129231151.jpg
仲見世通りを通って、お昼時なので表参道のレストラン藤屋に向かいます。

DSC_0484_convert_20160129231251.jpg
仁王門まで歩いてきました。この阿形、吽形はなかなかの迫力です。

DSC_0485_convert_20160129231357.jpg
住職は「大勧進貫主」と「大本願上人」の両名が務めています。ここは大勧進です。

DSC_0486_convert_20160129231502.jpg
参道にいくつか並ぶ宿坊の軒先に老若男女の願いが枝を曲げるほどに結ばれています。

参道を抜けると目指す昼食のレストラン「藤屋」はすぐそこです。雪景色の善光寺にお参りできて満足を持って、「藤屋」に向かいます。

◎善光寺(ウィディペギア)
長野県長野市元善町にある無宗派の単立寺院で、住職は「大勧進貫主」と「大本願上人」の両名が務める。日本最古と伝わる一光三尊阿弥陀如来を本尊とし、善光寺聖の勧進や出開帳などによって、江戸時代末には、「一生に一度は善光寺詣り」と言われるようになった。今日では御開帳が行われる丑年と未年に、より多くの参拝者が訪れる。

長野県長野市元善町491
山号 定額山
宗派 無宗派
本尊 一光三尊阿弥陀如来(絶対秘仏)
創建年 伝皇極天皇3年(644年)
開基   伝皇極天皇(勅願)
別称  信 州善光寺、信濃善光寺

2016.1.30「なべのら高原 森の家 スノーシューフェスティバル」

「なべのら高原 森の家 スノーシューフェスティバル」

ここ数年参加している長野県のなべくら高原「森の家」で開催されるスノーシューフェスティバルに今年も参加。例年になく多くの人たちが参加しています。我々も宿泊のログハウスにチェックインするとスノーシューを借りて、ブナの森コースで足慣らし。スノーシューは森の家で有料レンタルもできますが、出品企業が゛無料で最新のスノーシューを貸してくれます。最近のスノーシューは軽くて歩きやすくなっており機能は日進月歩。翌日は山へのコースも用意されてとてもよいお祭りです。

DSC_0511_convert_20160131183931.jpg
ログハウス前には広い駐車場があります。夕刻に撮影。昼間は日帰りのお客さんのクルマで満車でした。

DSC_0508_convert_20160131183609.jpg
ログハウスは11棟。今年は小雪のため、ログハウスも全体像がはっきりわかります。毎年ですと2階の窓あたりまで雪が積もります。

DSC_0506_convert_20160131183236.jpg
本日はこのログハウスにお世話になります。一通りの料理道具と食器がそろい、食材だけ持って来れば家庭にいるのと同様の生活ができます。

DSC_0513_convert_20160131184112.jpg
スノーシューフェスティバルの協賛メーカーの旗が掲げられています。中央にあるゲストハウスです。

DSC_0510_convert_20160131183832.jpg
スタッフが準備に余念がありません。スノーシューも当たるじゃんけん大会などもあります。私はスノーシューの一位商品のじゃんけんで決勝に進出。相手がおじさんなので花を持たせました。もっとも、私もおじさん。強気にいけばよかった。

DSC_0507_convert_20160131183527.jpg
スノーシューを履いて雪原に向かいます。

DSC_0512_convert_20160131184022.jpg
愉快な仲間もスノーシューに大満足で、これから温泉です。ワイワイと向かいます。極上のスノーシューフィールドを遊び尽くしたようです。

私はというと古民家の除雪で、実はスノーシューをできませんでした。

◎森の家(ホームページ)
なべくら高原スノーシューフェスティバル2016
日程:2016年1月30日(土)~31日(日)
会場:長野県飯山市照岡1571-15なべくら高原・森の家
入場無料!北陸新幹線飯山駅からの無料送迎あり!
極上のスノーシューフィールドを遊び尽くせ!

毎年恒例となりました「なべくら高原スノーシューフェスティバル2016」を2016年1月30日(土)・31日(日)に開催します。
各メーカーのスノーシューを無料体験試乗でき、森の中のスノーシューコースを自由に歩いて頂けます。ガイド付ショートツアー・1DAYツアーも実施。
初めてという方も、たっぷり歩きたい方もお楽しみ頂けます。この他、ウィンターギアの販売、各種ソリが無料で楽しめるキッズパーク、森カフェも。メーカー各社よりご提供頂いた豪華賞品がもらえるじゃんけん大会も実施します。

DSC_0514_convert_20160131184228.jpg



プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR