FC2ブログ

2016.4.6「桜満開 大泉ぶらり歩き」

DSC_0556_convert_20160407063225.jpg

「桜満開 大泉ぶらり歩き」


飯山での農的生活を始めた4月初旬。長野県飯山では桜はまだ固いつぼみ。これからは介護のために東京に週一回の帰京。たまたま、帰京した4月6日。晴天のなか、地元の大泉の桜名所にぶらり散歩にでた。西武池袋線大泉学園駅からまっすぐ延びる道は大泉桜通りとも呼ばれ、3キロにわたり桜並木が続きます。この時期は桜のトンネルとなります。

DSC_0550_convert_20160407060021.jpg

DSC_0552_convert_20160407061144.jpg

DSC_0547_convert_20160407055850.jpg

DSC_0553_convert_20160407061318.jpg

DSC_0554_convert_20160407063000.jpg
今年もソメイヨシノの見事な桜のトンネルができていました。

DSC_0555_convert_20160407063140.jpg

DSC_0562_convert_20160407064329.jpg

DSC_0556_convert_20160407063225.jpg

DSC_0557_convert_20160407063321.jpg
この日は暖かい風がさっとふくとき花弁がちらちらと桜吹雪となっていました。ことしのさくらも終わりを感じます。

DSC_0561_convert_20160407063738.jpg

DSC_0560_convert_20160407063414.jpg
ひときわピンクの美しい桜が咲いていました。ジュウガツザクラかな。バラ目バラ科サクラ属の植物で年に二度開花するので有名。コヒガンの雑種とされています。

DSC_0563_convert_20160407064430.jpg

DSC_0564_convert_20160407064534.jpg
駅方面に歩くとさくらのじゅうたん。道端には桜の花びらが山となり。

DSC_0566_convert_20160407064635.jpg

DSC_0567_convert_20160407064730.jpg

DSC_0569_convert_20160407064826.jpg
やや上り坂。延々と桜並木が続きます。

「桜花 短き命 美しき」 BY まうんてんぼーい

2016.3.30「お世話になった先輩が送別会。いちにさん」

「お世話になった先輩が送別会。いちにさん」

会社を去るに当たり、多くの人に送別会をしていただき大変な感謝。一か月に及んだ送別会の締めは会社で長年お世話になった方が個人的に開いてくれた会。指定された店は有楽町の日比谷シャンテの前にありました。鹿児島の黒豚のしゃぶしゃぶの店「いちにさん」。

黒豚は成長期にサツマイモを食べることで、独特の旨味と甘味が増すといわれているそうで、リンゴで育てる信州牛に似ています。きめ細やかな繊維質を持つ上品でやわらかな赤身(肉)と、旨味を含んだ白身(脂)が特徴。

IMG_7253_convert_20160402104143.jpg

IMG_7255_convert_20160402104347.jpg

IMG_7254_convert_20160402104306.jpg
店内は細長くカウンターとテーブル。奥に小上がりがありそうです。

IMG_7256_convert_20160402104429.jpg
煮物が出てきました。ビールで乾杯。感謝です。

IMG_7257_convert_20160402104502.jpg
黒豚のかつ。塩で食べます。やわらかくておいしい。

IMG_7259_convert_20160402104545.jpg

IMG_7260_convert_20160402104645.jpg
この時期にしかない。「さくら白波」。わざわざ、第二の人生のスタートで用意してくれました。ありがたい。

IMG_7258_convert_20160402104614.jpg
いよいよ黒豚のしゃぶしゃぶ。ここの特徴はしゃぶしゃぶのたれといえば、ポン酢やごまだれなどですが「そばつゆ」で食べます。そばつゆで食べると黒豚の旨味そのものが味わえるだけでなく、さっぱりとたくさん食べられるそうです。
そばつゆは、鹿児島の生醤油とザラメ、味醂で調合し熟成させた本返し醤油を、一番だしと追いがつおで香り豊かに仕上げたものだそうです。

IMG_7261_convert_20160402104719.jpg
すべて食べてしまうと最後はそばを入れてそばつゆで食します。これがさっぱりしてグッド。まいうー。

IMG_7262_convert_20160402104749.jpg

IMG_7265_convert_20160402104817.jpg
さくら白波を飲んだ後は先輩がこれを注文。燗付け焼酎「一本〆」。暖かい配慮に涙が出ます。「そばに合ういも焼酎を作ってほしい」という要望で誕生したのが「一本〆」。「一本〆」を造っているのは、鹿児島県日置市吹上町にある「西酒造」。そばに合う焼酎を追い求め、試行錯誤の末、いも焼酎「一本〆」を作ってできたものだそうで、レアものですか。燗器でいただきます。

IMG_7267_convert_20160402104846.jpg
最後の締めにきびなごのすしにトン汁がでてきました。

思い出話に花が咲き、良い時間を過ごさせていただきました。よき先輩に恵まれた会社生活でした。感謝。

○さくら白波(ホームページ)
南薩摩産の新鮮なさつまいもを原料に黄麹で仕込んだ華やかな香りの本格芋焼酎。
すっきりとキレのある風味とさらりとした口当たりはお湯割り、ロック、水割りなどお好みで。
度数 25度
原料 サツマイモ(鹿児島県産)
米麹(国内産米)

・薩摩酒造株式会社
鹿児島県枕崎市 立神本町26番地
☎  0993-72-1231
創業 昭和11年6月21日

◎遊食豚彩 いちにいさん 日比谷店
☎ 03-3501-3123
東京都千代田区有楽町1-6-4 千代田ビル 2F かごしま遊楽館
交通手段 地下鉄日比谷駅A4出口から徒歩1分
営業時間 [月~土]11:00~22:30(L.O.21:45)[日・祝]11:00~21:30(L.O.20:45)
定休日   無休



2016.3.24「日本三大渓谷清津峡に行って、ぎゃふん」

「日本三大渓谷清津峡に行って、ぎゃふん」

いよいよ会社生活も終わりに近づき最後の東京-飯山の往復。4月1日からは会社を辞めて、いよいよ飯山移住。最後の東京への帰り道。早春の清津峡の渓谷美でも見ようと国道353号線沿いにある清津峡に寄り道。日本三大渓谷の一つということで大きな期待を持って道を進みます。

DSC_0388_convert_20160402180523.jpg
清津峡の表示に従って車を走らせると30台ほど止められる駐車場。早春ということで観光客もまばら。

DSC_0379_convert_20160402181020.jpg
ここは清津峡温泉郷で何軒かの温泉旅館や土産物屋があります。

DSC_0387_convert_20160402181706.jpg

その中でも最も奥にある「清津館」が良さげ。日本秘湯の会の提灯もぶら下がり、最も大きな旅館。温泉は、上杉謙信公ゆかりの薬師如来像のお告げにより掘り当てられたといわれる天然かけ流し「名湯 薬師の湯」。

DSC_0386_convert_20160402181841.jpg
道を挟んで清津川沿いに露天風呂。どうやらここから川まで下り、川沿いに露天風呂があるようです。今度、時間のある時に来てみます。

DSC_0380_convert_20160402181102.jpg
この清津館前を過ぎると清津川沿いに散策路。この先に「清津峡渓谷トンネル」があるようです。

DSC_0381_convert_20160402181141.jpg
遊歩道を歩くといよいよ渓谷らしくなってきました。

DSC_0383_convert_20160402181442.jpg
清津峡渓谷トンネルに着きました。このトンネルを歩くと4か所の見晴場所があり、美しい渓谷が見れます。ただし、有料。大人600円。

DSC_0384_convert_20160402181527.jpg
トンネルを行くとなんと入口が閉まっています。4/1まで冬季閉鎖で見学できないようです。ぎゃふん。

観光地に行くならよく調べていきましょう。

◎清津峡(十日町市ホームページ)
黒部峡谷・大杉谷とともに日本三大峡谷の一つとして知られる「清津峡」は昭和24年9月に上信越高原国立公園に指定され、学術的資料の宝庫でもあります。 川を挟んで切り立つ巨大な岩壁は全国に誇るV字型の大峡谷をつくり、国の名勝・天然記念物にも指定されています。 雄大な柱状節理の岩肌と清津川の急流の取り合わせはダイナミックで素晴らしく、訪れる人々に深い感動を与えます。 平成8年に観賞用として「清津峡渓谷トンネル」が完成し、中にある4つの見晴所から雄大な峡谷美を堪能できます。
※冬期間(1月15日~3月31日)休業
温泉街(清津峡小出温泉・清津峡温泉)があり、立ち寄り入浴所や旅館、食堂、お土産やさんをゆっくり散策できます。また、川原に降りて清流にふれたり遊ぶこともできます。

2016.3.29「野毛のだるま寿司は最高!」

「野毛のだるま寿司は最高!」

大船の愉快な仲間と送別会。一次会のあと全員集合して、本番の送別会はすでに二次会。二次会も終了して、まだ、終電まで時間があると三次会は野毛小路の入口の右側にこじんまりたつ寿司屋「だるま」のおやじに最後のあいさつ。店はカウンターと小さなテーブルのみの8人も入ればいっぱいの店。人生を感じる皺を顔に書いた主人が迎えてくれる。寿司職人らしい気風をまとって注文を取る。まずはお任せの握りと日本酒を注文。日本酒は青森の酒「純米新酒 初しぼり 桃川」。冷でいただく。

DSC_0178_convert_20141116070427.jpg
こじんまりして野毛小路の入口にポツンと建ってます。

IMG_7326_convert_20160402214612.jpg
遅くにすいません。客は我々のみ。黙々と握ってくれます。

IMG_7328_convert_20160402215145.jpg
あれ。おやじさん。暖簾を取り込んでいました。貸切です。

IMG_7324_convert_20160402213918.jpg
素晴らしい握りが来ました。ありがたい。

IMG_7325_convert_20160402214536.jpg
青森の酒「純米新酒 初しぼり 桃川」。冷でいただく。しぼったばかりの清冽な飲み口と爽快な味。うまい。

IMG_7327_convert_20160402215119.jpg
続いて、海苔巻。三軒目なのにみなすごい食欲。

IMG_7331_convert_20160402215328.jpg
おやじさんが「とても良いサヨリがあるが刺身にするから食べるか」。当然、全員、いただきます。

IMG_7332_convert_20160402215359.jpg
さよりの姿づくり。この刺身がすごい。

IMG_7334_convert_20160402215422.jpg
なんと横に長く切ってありました。イカそうめんのよう。まいうー。

IMG_7335_convert_20160402215500.jpg
本日の大船会の面々。野毛小路から伊勢崎町まで居酒屋、バーを制覇した面々もそれぞれ次の人生スタートや会社生活に。長い間ありがとう。

「冴えかえる 思い出つづる 野毛小路」 BY まうんてんぼーい

〇純米新酒 初しぼり 桃川(ウィデペギア)
  醸造年度:H27BY
原料米:まっしぐら
精米歩合:65%
仕込水:軟水(奥入瀬伏流水)
酵母:青森県酵母
日本酒度:+1
  酸度:1.6
 アミノ酸度:1.7
アルコール:16~17度

桃川 株式会社
所在地 青森県上北郡おいらせ町上明堂112
創業  明治22年
創業当時、百石川(奥入瀬川)の水を使用していたことから、「百」を「桃」にかえて「桃川(ももかわ)」となづけられた。現在も百石川の伏流水が酒造りに使用されている。商標ラベルの「桃川」の文字は洋画家・日本画家の小杉放庵の筆によるもの。

◎だるま
電話 045-231-9322
住所 神奈川県横浜市中区花咲町1-33
交通手段 JR「桜木町駅」より徒歩3分
営業時間[月~土]17:00~23:30

2016.4.2「飯山の我が家の庭に春の訪れ」

「飯山の我が家の庭に春の訪れ」

飯山の我が家の庭にも春の訪れを感じさせる日々となりました。例年よりはるかに速い春の訪れです。しかし、西大滝にある桜広場の桜はまだ固いつぼみです。夜はまだ10℃程度でこたつやストーブがないと寒さを感じます。

DSC_0378_convert_20160403115233.jpg
千曲川の土手から当家の集落を見る。すっかり雪が消えています。

DSC_0376_convert_20160403115200.jpg
千曲川の土手の内側は田んぼ。遠くにみえる関田山脈には残雪が残ります。

DSC_0375_convert_20160403115129.jpg
田んぼの間の道から千曲川の土手を眺める。

DSC_0374_convert_20160403114801.jpg
当家の「弐の田んぼ」も雪が解けました。

DSC_0373_convert_20160403114655.jpg
「壱の田んぼ」もすっかり雪が解けました。

DSC_0455_convert_20160403092621.jpg
雪の下でもたくましく冬越えしたキャベツが育ち始めます。

DSC_0536_convert_20160404043158.jpg
雪下の白菜は種を取るために栽培。茎が伸びて花が。アブラナ科の植物は野沢菜もそうですが冬越で種がとれます。また、「とうたち菜」の名称で春の味として食されます。

DSC_0456_convert_20160403092654.jpg

DSC_0370_convert_20160403114528.jpg
そばには土筆。

DSC_0356_convert_20160403113928.jpg
雪下の白菜。これは花を咲かせて種を取る予定です。花芽が出ています。

DSC_0359_convert_20160403114006.jpg
これは雪下で冬越えした野沢菜。これから育つと「とうたち菜」と呼ばれる春を告げる野菜となります。おひたしにするとおいしいです。

DSC_0361_convert_20160403114047.jpg
山からの水路の近くにはクレソンが立ち上がりつつあります。

DSC_0362_convert_20160403114212.jpg
分葱はいたるところで葉を伸ばしています。

DSC_0363_convert_20160403114359.jpg
自生するペパーミント。

DSC_0365_convert_20160403114439.jpg
庭中にフキノトウが花を咲かせます。一部を採集してふきみそを作ります。

DSC_0372_convert_20160403114606.jpg
タラの芽はまだ出ていません。

これからはあたたかくなるばかり、飯山の一番良い季節が訪れます。

「豪雪に 耐えて迎える 芽吹く春」  BY まうんてんぼーい

<追伸 1>4月9日は久々に一日暖かい日でした。いつの間にか飯山の当家の桜が開花しました。まだ、一部、開花前のもありますが。

DSC_0607_convert_20160410033620.jpg

DSC_0608_convert_20160410033732.jpg

DSC_0609_convert_20160410033810.jpg

DSC_0615_convert_20160410033836.jpg


<追伸2>春が訪れたと安心していた4月11日。雪の予報どおり、霙が降り始めました。スタッドレスをノーマルタイヤに変えてしまいました。

2016.4.10「サイクリングで会った飯山から野沢温泉の花」

「サイクリングで会った飯山から野沢温泉の花」

朝の農作業を終了後、温泉でを流そうと、野沢温泉までサイクリング。野沢温泉までのコースは千曲川沿いの千曲川ロードを飯山方面に湯滝橋まで走り、対岸に橋をわたり、国道117号線を栄村方向にわずかに戻ると野沢温泉の道路標識に従い右折して、野沢温泉方面に。この道は一方的な急坂で、3.8キロ続く。この行程で最大の難所。しかし、その後には、源泉かけ流しの外湯がより取り見取りで待っています。当然、帰りは3.8キロのダウンヒル。サイクリング中に、春を感じる多くの花に出会いました。

DSC_0634_convert_20160410200240.jpg

DSC_0641_convert_20160410200310.jpg
この時期はサイクリングロードに黄色や白の水仙が満開です。

DSC_0636_convert_20160410200351.jpg

DSC_0637_convert_20160410200421.jpg
桜も満開。寒桜かな。

DSC_0642_convert_20160410200453.jpg
ヤマエンゴサク (ケシ科 キケマン属)。漢方薬のエンゴサクの野生種であることに由来。葉は、変化に富み、卵円形から3・4裂した披針形まであります。

DSC_0643_convert_20160410200536.jpg

DSC_0644_convert_20160410200606.jpg
アズマイチゲ(科目 キンポウゲ科 属 イチリンソウ属 )陽が当ると開花。この花は水仙と同様にいたるところに咲いています。

DSC_0645_convert_20160410200657.jpg
これも山桜かな。

DSC_0656_convert_20160410200732.jpg
こちらも。飯山線上境駅付近の山桜。

DSC_0657_convert_20160410200821.jpg
飯山湯滝温泉の前の崖は水仙の花で覆い尽くされます。

DSC_0658_convert_20160410200901.jpg

DSC_0689_convert_20160410201151.jpg
飯山湯滝温泉前のソメイヨシノの桜並木。まだ。開花宣言程度です。

DSC_0669_convert_20160410201033.jpg

DSC_0670_convert_20160410201109.jpg
カタクリ。野沢温泉への急坂の崖に群落があります。ユリ科 属 カタクリ属 。夜や雨天には筒状に閉じ、陽当りの良い昼間には花弁が反り返りカタクリ独特の形状になります。鱗茎のデンプンから片栗粉が作られていました。

2016.4.4「飯山でうなぎを食べるなら 本多」

「飯山でうなぎを食べるなら 本多」

飯山の週末生活を初めて2年半。会社も辞めたのでいよいよ移住に。住民票を飯山に移すために飯山市役所に。手続きを終えたらちょうどお昼。ここは市役所からほど近い「飯山でうなぎを食べるなら 本多」と言われるほどの名店でウナギを食べることに。まあ、長野県民になった移住祝いとして奮発。

IMG_7404_convert_20160404214527.jpg
創業明治37年。備長炭でやわらかく焼き上げたウナギを秘伝のたれで仕上げる。

IMG_7405_convert_20160404215034.jpg

IMG_7407_convert_20160404215202.jpg
店内はテーブル席中心。昼過ぎの混雑がいったん引いた13:10頃に入店しました。お昼は結構いっぱいです。

うな丼と肝吸いを注文。3350円。注文とってからしっかり焼くので待っていると長崎出身の奥さんが笹の葉寿司をもっていらして、「当店でも提供するようにしたので食べてみて」と勧めてくれました。うな丼のためにおなかは空かせて置きたかったのでお土産とさせていただきました。飯山の名物の一つで「謙信寿司」とも呼びます。

IMG_7409_convert_20160404215312.jpg

IMG_7412_convert_20160404215515.jpg
うな丼がまいりました。ここのウナギはもちろん国産。浜松、宮崎、群馬の養鰻場から仕入れられた肉厚の脂ののったウナギです。たれは甘みを抑えたたれです。東京あたりのたれに慣れている人には多少物足りないかもしれませんが、ウナギ本来の味を楽しめます。したがって、山椒はありません。お米は当然、日本一おいしい飯山産。飯山でも木島平産です。まうんてんぼーい米も使ってもらえるように頑張ろう。

IMG_7414_convert_20160404215626.jpg
肝吸いの肝は数に限りがあるので、別途の注文になっているそうです。とてもおいしく、タケノコも入っていました。

IMG_7415_convert_20160404215658.jpg
野沢菜の古漬けと沢庵。野沢菜は総て野沢産。11月の下旬に漬け込み、12月下旬から3月中旬までお店に出されるものがまだあったようです。同時期に漬け込まれる沢庵漬も。ラッキー。この漬物は3月ぐらいまでで、時期により、漬物の種類が変わります。

満足して、店をあとにしました。昼はいつも混んでいるので少し時間をずらすとすんなり入れます。

◎うなぎ専門店 本多
☎ 0269-62-2213
長野県飯山市大字飯山福寿町1117
交通手段 JR飯山駅から徒歩で約15分
営業時間 11:00~18:30
定休日   木曜 

IMG_7406_convert_20160404215121.jpg

IMG_7411_convert_20160404215431.jpg

IMG_7410_convert_20160404215341.jpg

IMG_7408_convert_20160404215232.jpg



2016.4.5「飯山に移住した理由のひとつ 野沢温泉で朝風呂」

「飯山に移住した理由のひとつ 野沢温泉で朝風呂」

4月から会社を辞めて飯山に移住した一つの理由は名湯の野沢温泉が家から8.5キロのところにあること。

もっと近くに飯山湯滝温泉もあるが日帰り温泉のため開場は10時。野沢温泉は朝5時から13の外湯が開場し、無料。また、地元の人たちとの会話も楽しい。ほとんどの外湯は洗い場はなく、湯船からお湯を取って体を洗います。また、脱衣所も区分けなく湯船の周りにあるところがほとんど。

しかし、ここの湯は源泉かけ流しで、とにかく熱い。地元の人は平気で入湯。湯を水でうめようものなら、叱られます。

慣れればこの熱さが癖になりましす。スキー等で学生の時から親しんだ湯。

ただし、駐車場は4/1から12月中旬までは無料。冬はスキー客のために有料。

IMG_7446[1]_convert_20160405090338

IMG_7423[1]_convert_20160405134933

毎朝、名湯につかり、のんびりして一日が始まる。天国のような生活。

一度、はまるとやめられません。

本日は外湯の中から「横落の湯」。ここは脱衣所と湯船が分かれています。

IMG_7441[1]_convert_20160405115914
お気楽な格好でぶらぶらと坂を上ります。

IMG_7443[1]_convert_20160405115812
駐車場の近くにこんな古びた家にレトロ風の車。時代を飛び越えたよう。

IMG_7439[1]_convert_20160405120012
温泉街の中心の交差点に向かいます。朝早いので町はまた゛寝静まっています。

IMG_7425[1]_convert_20160405134851
横落の湯につきました。

IMG_7438[1]_convert_20160405120118

IMG_7437[1]_convert_20160405120244

この外湯は数少ない脱衣所がはっきりと湯船と区切られています。

IMG_7431[1]_convert_20160405134151

IMG_7426[1]_convert_20160405134241
野沢温泉はどんな温泉より熱く気持ちよい。生き返ります。結構、外国人もはいってます。この日は夕方も行ってしまいました。

「湯けむりを かき分け飛込む 朝湯かな 」  BY まうんてんぼーい

「野沢にて あつ湯につかり 赤ら顔」 BY まうんてんぼーい。

〇横落の湯
【開館時間】 夏(4月-11月) 5:00-23:00
冬(12月-3月) 6:00-23:00
【休館日】なし 
【入館料】 無料 賽銭
【住所】 長野県下高井郡野沢温泉
 
〇温泉の成分
源泉名/茹釜、下釜混合
湧出地/長野県下高井郡野沢温泉字豊郷
泉質/含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉(アルカリ性低張性高温泉)
泉温/81.9度
知覚的試験/ほとんど無色澄明、微硫化水素臭を有す
PH/8.9
加水/加水はしていません
加温/加温していません
入浴剤・殺菌剤/入れてません

2016.4.13「北信濃飯山の桜も満開に。 西大滝 さくら広場」

「北信濃飯山の桜も満開に。 西大滝 さくら広場 」


北信濃飯山と東京の二重生活。片道240キロを週一度往復します。今回はハローワークの説明会と介護が重なり、とんぼ返りの往復。2日で2往復しました。この疲れを癒やしてくれたのが飯山の桜。4月以降も雪が降ったりもしましたがここ数日の暖かさで満開となりました。桜に疲れた体身も癒されます。

DSC_0721_convert_20160414014213.jpg

DSC_0723_convert_20160414014339.jpg

DSC_0724_convert_20160414014407.jpg

DSC_0725_convert_20160414014437.jpg

DSC_0726_convert_20160414014507.jpg

DSC_0722_convert_20160414014253.jpg
西大滝のさくら広場の桜は満開。千曲川に東京電力のダムのある場所。川に沿って桜並木が続きます。

<番外>

DSC_0728_convert_20160414014608.jpg

DSC_0729_convert_20160414014644.jpg
集落の氏神様の鳥居前の桜の大木も満開

DSC_0730_convert_20160414014714.jpg

DSC_0731_convert_20160414014806.jpg
当家の桜も満開になりました。

2016.4.2「はじめてのみそづくり。自給自足の第一歩」

「はじめてのみそづくり。自給自足の第一歩。」


農的生活の第一歩として、味噌を作ってみることに。味噌作りは寒い時期が適期らしいがちょっと遅れてこの時期に。初めてなのでネットで味噌作りセットを購入。新潟県の百川みその製品。評判どおり解説がわかりやすい。

DSC_0446_convert_20160402100922.jpg

①仕込む前日に大豆を洗って、一晩水に浸す。
 大豆の表面のごみを落とします。洗い終わったら鍋に大豆を入れて大豆の2-3倍の水を入れ、一晩(10時間以上)浸す。大豆は倍の、大きさになりました。

DSC_0447_convert_20160402101009.jpg
大豆1キロ

DSC_0448_convert_20160402101048.jpg

DSC_0450_convert_20160402101114.jpg
ざるにあげてよく洗う。

DSC_0453_convert_20160402101141.jpg
大豆に分量の水を入れて一晩つける。今回は2.5倍の水を投入。

DSC_0460_convert_20160403081800.jpg
一晩おくと大豆は倍の大きさに。

②水を入れ替えて、大豆を煮ます。最初は強火で(吹きこぼし注意。吹きこぼしました)、沸騰したら弱火で4時間。指でつぶせるようになったら火から降ろします。

DSC_0461_convert_20160403081658.jpg
なお、この間に冷凍している米麹を解凍しておきます。

DSC_0466_convert_20160403130406.jpg
DSC_0464_convert_20160403130724.jpg

③大豆を冷ます。大豆1キロに煮汁を100ccとる。今回は4キロなので400CCとる。

DSC_0471_convert_20160403130636.jpg

DSC_0468_convert_20160403130332.jpg
湯切りしてざるに大豆入れて冷ます。ひと肌になるまで冷ます。(30℃)

DSC_0470_convert_20160403130134.jpg

④大豆をつぶす。ペースト状につぶしま
す。このためにわざわざミンサーを購入しました。しかし、フードプロセッサーでやったほうがよかったかな。

DSC_0474_convert_20160403143915.jpg
ミンサーで細かくします。このミンサーは机の吸着が今一つです。

DSC_0475_convert_20160403143847.jpg

DSC_0476_convert_20160403143816.jpg
おー。引き大豆がでてきました。感動の一瞬。

DSC_0478_convert_20160403143731.jpg
20分ほどですべてひき切りました。

⑤米麹と塩を混ぜる。
米麹と塩を混ぜ合わせておきます。塩がまんべんなく大豆の間に入り込んだかを麹を見ればわかるからです。

DSC_0480_convert_20160403145803.jpg

DSC_0481_convert_20160403145830.jpg

DSC_0482_convert_20160403145700.jpg

⑥大豆のペーストを米麹と塩を混ぜたものに加えていきますこの時に混ぜやすいように大豆の煮汁を加えていきます。
 途中で種味噌も混ぜます。ポイントは塩がまんべんなく混ざるか。米麹がまんべんなく混ざれば塩がまんべんなくまざっているということ。



DSC_0484_convert_20160403145556.jpg

DSC_0485_convert_20160403154212.jpg
では、混ぜるために塩麹をテーブルに。

DSC_0488_convert_20160403154310.jpg
大豆ペーストを徐々に混ぜ合わせます。先ほどとっておいた煮汁を時々混ぜてやわらかく。

DSC_0487_convert_20160403154243.jpg
種味噌も混ぜ合わせます。

DSC_0488_convert_20160403154310.jpg
まんべんなく塩が混ざるまで根気よく混ぜます。力が要ります。

DSC_0491_convert_20160403154335.jpg
なんとか混ぜ合わせ終了。

DSC_0494_convert_20160403154359.jpg

DSC_0495_convert_20160403154423.jpg
桶を用意して、みそ種を入れます。

DSC_0500_convert_20160403154455.jpg
空気が入らないように一握りずつ押し込みます。

DSC_0501_convert_20160403154521.jpg
つめ終わったら塩を軽くまき、ラップをかけて終了。ラップは空気が入らないようにするため。

疲れました。簡単な作業と思いましたが始めてから7時間かかりました。数か月から1年間、常温で熟成。

漬物部屋はリフォーム前なので漬物部屋前の台所に置きます。この後9月半ば頃にかき混ぜます。均質なやわらかさにするためです。

しかし、疲れました、自給自足はなかなか大変です。今年は大豆も自分で作るつもりです。

「冬じまい 味噌仕込む手に 力こめ」 by まうんてんぼーい

◎みそ発酵の科学(宮島醤油ホームページ)
味噌づくりにおいては、まず米(あるいは大麦)に水を吸わせて蒸し、デンプンを糊化したうえで、これにコウジ菌を接種して米コウジ(あるいは麦コウジ)をつくります。いっぽうで大豆を加圧釜で蒸しておき、蒸した大豆と米コウジとを混ぜて発酵させたものが米味噌、蒸した大豆と麦コウジとを混ぜて発酵させたものが麦味噌です。また、米コウジと麦コウジを混ぜたものを「合わせコウジ」と呼び、それと蒸した大豆とを混ぜて発酵させたものが合わせ味噌です。
いっぱんに穀物から発酵食品をつくるには、高分子(大きな分子)であるタンパク質やデンプンを分解して、低分子(小さな分子)にする必要があります。これを「消化」と言います。人間の胃や腸で行われる過程といっしょです。味噌づくりにおいては、穀物をカビさせることで、つまり微生物の一種であるカビの力で高分子の分解を行うという手法を採ります。この微生物をコウジカビあるいはコウジ菌(麹菌)と言い、この菌が出すプロテアーゼという酵素の力でタンパク質はオリゴペプチド、更にはアミノ酸という低分子になります。いっぽうアミラーゼという酵素は、デンプンを糖という低分子に変えます。だいたい一週間から数ヶ月かけて、この生化学過程は進行します。


2016.4.7「国道17号線沿いの水上ラーメン 香華」

「国道17号線沿いの水上ラーメン 香華」

関越道月夜野ICから国道17号を水上方面に走るとNHK大河ドラマ「真田丸」で観光客が増える「名胡桃城址」。そこからわずかに走った右手に黄色い外壁のラーメン店があります。「元祖 水上ラーメン」とあり、以前から気になっていましたので立ち寄りました。
駐車場は6台しか止められません。なんとか、うまく止められました。

無題

テーブル席が数席と奥に座敷席。一番奥の席についてメニューをのぞきます。

辟。鬘罫_convert_20160410070355

ここは、当然「水上ラーメン」とするところですが、そもそも、私はラーメンはあまり好きでない。好きなのは塩味の「五目そば」。メニューを見ると「五目ラーメン」があります。聞いてみると塩味とのことでこれは「五目そば」に違いないと注文。愉快な仲間は当然「水上ラーメン」の「香華 特製ラーメン」を注文。水上ラーメンはみそのゴマベース。特製は醤油のゴマベースとのことでした。

無題q
五目ラーメン。塩味は絶妙でおいしい。昔懐かしい五目そば。海鮮が入っているとさらに良い。チャシューはとてもやわらかい。
地方にも良いラーメンありますね。いや、五目そば。いや、五目ラーメン。麺はまっすぐ系の中太麺。

辟。鬘憩_convert_20160410070244
よく煮込んで作ってあるやわらかいチャーシュー。最後に残しました。子供か。

辟。鬘鯉ス誉convert_20160410070428
しょうゆ味のゴマ風味が特徴の「香華特製ラーメン」。ゴマが濃厚。比較的こってり系だが、味は見た目ほど濃くなくあっさり系。
醤油味がみそ味にしたのが水上ラーメンとのこと。まあ、ゴマが入っているのが水上ラーメンかな。麺はまっすぐ系細麺。

近くによられたらよってみてください。



◎香華
☎ 0278-62-3472
群馬県利根郡みなかみ町上津196-1
交通手段 後閑駅から1,857m

辟。鬘荊_convert_20160410070412


206.4.6「花見で地元の大泉をぶらり②」

DSC_0556_convert_20160407063225.jpg

「花見で地元の大泉をぶらり②」


東京練馬の大泉周辺には桜がたくさん植えてあります。有名なのは西武池袋線大泉学園駅からまっすぐ延びる道は大泉桜通りとも呼ばれ、3キロにわたり桜並木が続きます。また、大泉中央公園と和光樹林公園の間の道も1キロほどの桜のトンネルが続きます。また、理化学研究所や自衛隊の朝霞駐屯地の構内の桜も見事の一言です。この時期、構内が解放されます。

と、有名な場所も多いですが当家の近くで見つけた桜もなかなか素晴らしいです。

DSC_0577_convert_20160408053951.jpg

DSC_0574_convert_20160408053922.jpg

DSC_0572_convert_20160408053853.jpg

DSC_0571_convert_20160408053825.jpg
アザレアのような花びらの桜。それも源氏咲き。八重桜の変種かな。緋色と淡いピンクの「紅白」の花がついたうえに、混合もあります。花の色が赤と白なので、源氏と平家の旗の色にちなんで「源平桜」ですか。

DSC_0545_convert_20160408054049.jpg
近くの小学校の正門前の桜。

DSC_0546_convert_20160408054115.jpg
バッティングセンターの庭の桜。

DSC_0578_convert_20160408054147.jpg
近くの植木屋さんの立派な桜。さすがに手入れがすばらしく。夜はライトアップされています。

DSC_0579_convert_20160408054232.jpg
氏神様の大泉諏訪神社の桜並木。壮観です。

DSC_0582_convert_20160408054301.jpg

DSC_0583_convert_20160408054330.jpg
近くの中学校裏門の桜の巨木。この日は風があり花吹雪がすごく、掃き清める先生がいらっしゃいました。この花びらは遠く50メートル離れた場所まで道路に飛んでいました。

「桜花 いろいろあって 楽しけり」 BY まうんてんぼーい

2016.4.9「長野名物 アスパラガス栽培に挑戦」

「長野名物 アスパラガス栽培に挑戦」

ジャガイモの植え付けに続き、もう雪も来ないだろうと暖かい日に、耕運機で耕起して、初アスパラに挑戦。アスパラガスは種から育てると収穫まで3年はかかる息の長い植物。せっかちな私は、収穫も楽しみたいと種以外に2年目の苗を8本購入。3500円とやや高かったが今年の収穫が楽しめます。。

DSC_0540_convert_20160410074051.jpg

DSC_0604_convert_20160410073710.jpg
種はこれを使用。300円。

DSC_0625_convert_20160411092536.jpg
苗はこれを使用。

DSC_0624_convert_20160411092327.jpg
早期大量収穫を狙い8株を購入。それもレッドアスパラ。

①種から育てる。
 アスパラの種から育てるのは地植えとポット植えを試します。
 
  DSC_0606_convert_20160410073606.jpg
アスパラの種。黒くて丸い種。2ミリほど。

DSC_0605_convert_20160410073636.jpg
皮が固いので水に4時間つけました。

DSC_0619_convert_20160410073540.jpg
ポットによる育苗は畑の土の上に種まき用の培養土を加えて種を三粒まいて軽く土をかけます。

DSC_0351_convert_20160402075023.jpg
地植えは30センチ間隔で植えます。

②2年株の地植え

DSC_0626_convert_20160411092621.jpg

DSC_0627_convert_20160411092656.jpg
畑に30センチほどの穴をあけて、底に培養土を施します。

DSC_0629_convert_20160411092930.jpg

DSC_0630_convert_20160411093013.jpg
苗をまっすぐに植えます。

DSC_0631_convert_20160411093113.jpg

DSC_0628_convert_20160411092726.jpg
油粕を施します。

DSC_0633_convert_20160411093150.jpg
最後に藁でマルチングして終了。

立派に育って、おいしい味を頼むよ。

2016.4.10「サイクリングで野沢温泉 往復20キロ」

「サイクリングで野沢温泉 往復20キロ」

朝の農作業を終了後、温泉で汗を流そうと、野沢温泉までサイクリング。野沢温泉までのコースは千曲川沿いの千曲川ロードを飯山方面に湯滝橋まで走り、対岸に橋をわたり、国道117号線を栄村方向にわずかに戻ると野沢温泉の道路標識に従い左折して、野沢温泉に。この道は一方的な急坂が3.8キロ続く道で最大の難所。しかし、その後には、源泉かけ流しの外湯がより取り見取りで待っています。当然帰りは3.8キロのダウンヒル。スピード半端なし。転倒したら大変だ。

DSC_0638_convert_20160411040015.jpg
千曲川ライン。千曲川を見ながらの爽快なサイクリングやランニングを楽しめます。

DSC_0640_convert_20160411040239.jpg
すでにラインの周囲も早い春の装いで色彩が豊かに。水仙が美しい。

DSC_0652_convert_20160411040316.jpg
JR飯山線が千曲川の河川敷を走ります。一両か二両編成。

DSC_0654_convert_20160411040435.jpg
千曲川の川面に鵜が羽を休めていました。

DSC_0655_convert_20160411040504.jpg
千曲川の流れは速いが流域は広く、ゆったりと流れているように見えます。

DSC_0659_convert_20160411043757.jpg
千曲川ラインぞいにある日帰り温泉「湯滝温泉」のところを湯滝橋で対岸の国道117号にわたり、左折。

DSC_0662_convert_20160411043923.jpg
国道117号を走るとすぐにこの道路標識。

DSC_0686_convert_20160411041356.jpg
国道117号に分かれて野沢温泉に向かうと3.8キロの急坂が待ち受けます。

DSC_0667_convert_20160411044004.jpg
道路沿いには菜の花が満開を迎えています。

DSC_0671_convert_20160411040534.jpg
ちょっと一服?いや、道沿いの崖にカタクリの群落を見つけました。

DSC_0670_convert_20160410201109.jpg

DSC_0672_convert_20160411040612.jpg
正面に野沢温泉スキー場がみえてきました。下から見ると雪がかなり消えていますが、まだ、上の平などのゲレンデは滑走可能です。

DSC_0673_convert_20160411040653.jpg

DSC_0674_convert_20160411040724.jpg
ちょっと一服。急坂が4キロ近く続くので一気に走りあがるのは不可能です。私は。

DSC_0680_convert_20160411041042.jpg
野沢温泉に到着。本日は「新田の湯」に入湯しました。あぢーーー。というほど源泉かけ流しの湯は熱い。

DSC_0682_convert_20160411041126.jpg
新田の湯に向かう坂の上に神社。

DSC_0683_convert_20160411041210.jpg
野沢温泉は標高が200メートルほど国道より高いので桜はまだ咲いていません。

DSC_0686_convert_20160411041356.jpg
「うわー」。関田山脈に飛び込むように下ります。火照った体もすぐに冷えていきます。

DSC_0687_convert_20160411042219.jpg
国道117号に着きました。湯滝橋を渡り、対岸に渡り千曲川ラインを帰ります。桜並木はまだ三分咲きです。

DSC_0689_convert_20160411042252.jpg
上の写真で見えた桜を湯滝橋の上から激写。ソメイヨシノはまだまだつぼみです。

「ペダル踏み 桜みながら 野沢の湯」 BY まうんてんぼーい

2016.4.12「帰京時に見た飯山周辺の桜」

「帰京時に見た飯山周辺の桜」

週に一度の親の介護のための帰京生活。前日、雪が降り車の上にも積もった翌日。朝から晴れたものの新潟経由はかなりの積雪が見込めたので長野周りで帰京。というのも早々に車のタイヤをノーマルタイヤに履き替え済みのため。まさか、雪が降るとは。飯山の野菜や稲作はゴールデンウィーク明けとの地元の人の話を素直に聞けばよかったと反省。しかし、帰京の途中、雪のおかげで比較的雪が少ないと思われる長野まわりに道をえらんだため、多くの桜が出迎えてくれました。

DSC_0707_convert_20160413055711.jpg

DSC_0708_convert_20160413062011.jpg

DSC_0710_convert_20160413062213.jpg
千曲川に沿って走る国道117号の桜並木も5部咲きに。3キロ近く続く土手ぞいの桜並木。海のような菜の花が咲く五月にはそのコントラストが素晴らしい。今年は満開がぴったり合うかな。

DSC_0714_convert_20160413062414.jpg
長野県中野市のフルーツラインのしだれ桜

DSC_0717_convert_20160413063217.jpg
長野県真田町の桜の大木。真田三代のゆかりの地。この近くに真田の菩提寺の長谷寺があります。真田昌幸、信行、信繁も見たかもしれない見事な桜。

DSC_0713_convert_20160413062318.jpg
妙高山か゜春霞の中に浮かんで見えました。

「山里に 遅い春知る 桜花」 By まうんてんぼーい

2016.4.10「サイクリングで野沢温泉 新田の湯」

「サイクリングで野沢温泉 新田の湯」

朝の農作業を終了後、温泉で汗流そうと、野沢温泉までサイクリング。野沢温泉までのコースは千曲川沿いの千曲川ロードを飯山方面に湯滝橋まで走り、対岸に橋をわたり、国道117号線を栄村方向にわずかに戻ると野沢温泉の道路標識に従い右折して、野沢温泉に。この道は一方的な急坂が3.8キロ続く道で最大の難所。しかし、その後には、源泉かけ流しの外湯がより取り見取りで待っています。本日は「新田の湯」に決めました。

DSC_0676_convert_20160411040827.jpg

DSC_0679_convert_20160411041006.jpg
野沢温泉の外湯は脱衣所と湯船が一緒のところと、脱衣所と湯船がドアで仕切られているところと2パターン。身体や頭は湯船周りに座って湯船の湯を直接かける。源泉かけ流しなので清潔。抵抗ある人は、朝5時からやっているので一番風呂に。ただし、どこも源泉は90度以上で朝の一番風呂は相当熱いので注意。アメニティーはありません。石鹸忘れないように。

DSC_0678_convert_20160411040930.jpg
脱衣所。セーフティボックスはあります。100円が戻るタイプ。

DSC_0677_convert_20160411040859.jpg
すでに、入浴客がいますが観光客のようで湯が熱くて湯船の周りをぐるぐる。私はすっかり慣れていて湯船の湯を掬ってかけても大丈夫てす。湯に入るとそれでも体の末端がジンジンします。

2013_1109_163532-DSC_0800_convert_20131121070423.jpg

2013_1109_163526-DSC_0799_convert_20131121070309.jpg
新田の湯には温泉が湧きだす洗い場が併設。

2013_1109_164522-DSC_0806_convert_20131121072923.jpg
外湯の前にはスタンプ台があり、お土産屋でスタンプ帳を購入して回れるように工夫されています。一端これを買ってしまうと意地ですべての外湯に入湯することとなるようです。

2013_1109_163422-DSC_0795_convert_20131121073205.jpg
これは外湯でありません。新田の湯の近くの神社。

◎新田の湯
源泉名・湧出地 下釜、茹釜混合 
長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷
泉質 石膏食塩を含む硫黄泉  
泉温 81.9℃
知覚 無色透明、微硫化水素味を有する
pH 8.9

2016.3.29「野毛で焼酎を飲むなら鳥どり」

「野毛で焼酎を飲むなら鳥どり」

大船の愉快な仲間と送別会。一次会のあと全員集合して、本番送別会はすでに二次会。野毛のことなら知らないことない愉快な仲間のお勧めに従い、焼酎飲むなら「鳥どり」。何せ焼酎飲み放題850円。一升瓶がずらりと並び自分で好きなのを選んで飲みます。ただし、肴は残念。コスパは悪くなし。

IMG_7285_convert_20160401070210.jpg

IMG_7286_convert_20160402021035.jpg
この看板が目印。チェーン店の「鳥どり」とは違います。

IMG_7287_convert_20160402021237.jpg
店内はカウンターとテーブルと小上がり。本日は送別会。小上がりに。

IMG_7295_convert_20160402021450.jpg
焼酎の一升瓶が並びます。ここのケースから飲みたいものを選んで飲みます。飲み放題850円。

IMG_7299_convert_20160402021717.jpg
まずはこの4種類を選択。芋と麦。

IMG_7297_convert_20160402021608.jpg
このネーミングがすごい。鹿児島 岩川醸造 25度 麦。岩川の天然地下清水を使用し、麦焼酎本来の淡麗でまろやかな味わいと、すっきりとしたキレの良さが特徴。おーこわ。

IMG_7304_convert_20160402021944.jpg
続いて、このネーミングもよい。のどかな感じで飲めますか。鹿児島薩摩川内市 田苑酒造の麦焼酎。田苑金ラベル。ラベルに「音楽仕込み」とあります。樽で長期醸造し、交響曲を聞かせて醸造。豊かな味わい、まろやかな口あたり。

IMG_7308_convert_20160402065147.jpg
「亀寿の明り」。白麹仕込みのすっきりとした味。佐多宗二商店(鹿児島県揖宿郡頴娃町)  原料:さつま芋、米麹  度数:25度。「亀寿の明り」の名は島津義久の娘 亀寿姫からとったもの。

IMG_7306_convert_20160402022203.jpg

IMG_7307_convert_20160402022249.jpg
「白金の露」。しかし、焼酎は面白い名前がついたものが多いな。本当の芋焼酎は手造りでないと造れないという考えから、手間暇かけてでも手造りで焼酎を造っている酒造。ラベルにも「磨き芋仕込み」とあります。明治2年創業の白金酒造の製品。 鹿児島県 姶良市の焼酎。

IMG_7314_convert_20160402022502.jpg
トヨノカゼ 。大分県豊後大野市千歳町 藤居醸造(資)の製品。トヨノカゼという麦を使用した醸造3か月の焼酎。 熟成されたようなまろやかな味を伴い、麦の香りがふわりと広がる。

焼酎はこのほかにも一般的なものもそろい焼酎好きにはたまらない。飲み放題850円は安い。

さて、肴はコスパよく品数多いが、それほどおいしいとは言えない。お酒加瀬これだけそろっているので多少残念。

IMG_7301_convert_20160402021758.jpg
付け出し。三種類ありました。きんぴら、ゴボウのマヨネーズあえ、ひじき。

IMG_7302_convert_20160402021833.jpg
枝豆 250円とだし巻き卵300円。

IMG_7303_convert_20160402021913.jpg
揚げ出し豆腐。あれ、食べられた。250円。

IMG_7311_convert_20160402022325.jpg

IMG_7309_convert_20160402022435.jpg
焼き鳥。一本 130円。

IMG_7312_convert_20160402022359.jpg
長いもの串焼き。

焼酎飲むなら良い店。肴は普通の居酒屋。しかし、コスパはよい。

◎鳥どり
☎ 050-5868-8781 (予約専用番号)
045-241-3969 (お問い合わせ専用番号)
神奈川県横浜市中区野毛町2-59 神崎ビル 1F
交通手段 JR桜木町駅より徒歩5分
営業時間 18:00~翌2:00
定休日   不定休

IMG_7288_convert_20160402021322.jpg
肴の数は半端なし。

IMG_7289_convert_20160402021405.jpg

IMG_7294_convert_20160402021523.jpg
焼酎の品ぞろえはこんなかんじ。



2016.4.11「ゆず酒のゆずの皮でゆずジャム」

「ゆず酒のゆずの皮でゆずジャム」

昨年作ったゆず酒を堪能したので、残ったゆず皮でゆずジャムを作ることに。果実酒は最後まで無駄なく楽しめるのが良い。

DSC_0691_convert_20160411151945.jpg
12月に仕込んだゆず酒をあっという間に飲んでしまいました。今年は2瓶作るかな。

①ゆず酒からとり出したゆず皮を細切りにする。
柚子の重さの4/5の砂糖と果汁と水を足して1.5倍の量にして、弱火で煮る。

DSC_0695_convert_20160411152015.jpg
ゆずを取り出しました。

DSC_0697_convert_20160411152102.jpg
ゆずを千切りにします。

DSC_0698_convert_20160411152128.jpg
ゆずに砂糖と水を入れて煮詰めます。

②とろりとしてあめ色になったら、出来上がり。やわらかくなる前に水分がなくなってしまったら、水を足しながら弱火で煮る。

DSC_0700_convert_20160411152201.jpg

DSC_0702_convert_20160411152319.jpg

③ビンにつめる。瓶はあらかじめ煮沸して消毒しておく。

DSC_0701_convert_20160411152255.jpg

できました。おいしそうなゆずジャムができました。ロシアンティー風に、早速、紅茶をいただきました。

DSC_0703_convert_20160411152346.jpg

DSC_0704_convert_20160411152411.jpg

DSC_0706_convert_20160411153613.jpg


2016.4.13「花見をしながら温泉。飯山湯滝温泉」

「花見をしながら温泉。飯山湯滝温泉」

4月中旬になると北信濃の飯山でも桜が満開に。千曲川沿いの花の名所のひとつの湯滝温泉前の桜を見ようと夕刻サイクリングに出ました。家からは千曲川に沿って5キロの道のり。当然、湯滝温泉で花見の湯です。

IMG_7500_convert_20160414023249.jpg

IMG_7502_convert_20160414023423.jpg

IMG_7504_convert_20160414023519.jpg
千曲川ロード。雪はすっかり消えて、新緑の緑が美しく輝く季節になりました。

IMG_7503_convert_20160414023450.jpg
道端にはスミレが群生していました。

IMG_7505_convert_20160414023951.jpg

IMG_7506_convert_20160414024026.jpg

IMG_7507_convert_20160414024058.jpg

IMG_7508_convert_20160414024124.jpg
湯滝温泉前の桜並木。千曲川沿いに美しい花を咲かせていました。

IMG_7509_convert_20160414024153.jpg

IMG_7510_convert_20160414024221.jpg
湯滝温泉に着きました。早速、露天風呂に。本日は東京とのとんぼ返りでのべ一日で600キロ弱はしりました。明日は東京に帰るので240キロさらに走ります。疲れを温泉に取ってもらいます。

IMG_7514_convert_20160414024326.jpg
露天風呂の向こうに桜並木が見えます。桜見の湯。

IMG_7519_convert_20160414024539.jpg
早速、飛び込み、桜みながらのんびり。極楽、極楽。

IMG_7516_convert_20160414024434.jpg

IMG_7517_convert_20160414024457.jpg

IMG_7515_convert_20160414024351.jpg

IMG_7518_convert_20160414024517.jpg
ここは男湯は露天風呂と内湯はこの長いわたり廊下を歩いて移動しますが、外からは丸見えです。

「花見の湯 心も身体も あたたまる」 BY まうんてなぼーい

◎飯山湯滝温泉
 住所     長野県飯山市大字一山字川押1898
         TEL0269-65-3454 
 源泉名    飯山湯滝温泉
 湧出地    長野県飯山市大字一山字川押1899-3
 泉質     単純温泉 低張性弱アルカリ性低温泉
 泉温 35.9℃
 知覚     ほとんど無色透明、無味無臭
 pH   8.4

2016.4.12「国道254号 おなか一杯 イタリアンの店 サルサーレ」

「国道254号 おなか一杯 イタリアンの店 サルサーレ」


IMG_7490_convert_20160414055952.jpg
南イタリア風の建物。室内のインテリアもそうでした。

IMG_7479_convert_20160414055622.jpg
パスタに加えて、オムレツが売りの店のようです。
オムレツは好きなので、期待が膨らみます。

IMG_7480_convert_20160414055712.jpg

IMG_7481_convert_20160414055746.jpg
ちょうどランチ時でパスタからハンバーグまで日替わりランチが6種類も用意されています。通常メニューにはパスタ、オムレツともに多種多様のものが用意されています。

本日は、ランチの日替わりからパスタはトマトマーレパスタとカルボナーラ風オムレツを注文。2000円弱でした。

IMG_7484_convert_20160414055809.jpg
サラダとコーヒーはついています。サラダの水切りがいまひとつですがぱりぱりしたサラダ。

IMG_7486_convert_20160414055832.jpg
パスタです。まずはその量にびっくり。ふつうの1.5倍はあります。魚介も豊富に入っていて、トマトとの相性よくおいしいです。パスタはアルデンテが好きですがちょっと茹ですぎかな。

IMG_7487_convert_20160414055851.jpg
オムレツがきました。こちらも大盛りに近い量です。

IMG_7489_convert_20160414055930.jpg
真ん中から切ってみると卵はふわふわでおいしそう。

ここにカルボナーラ風ソースをかけていただきます。中のご飯はトマトソースのみでした。やはり、鶏肉や具材が入っているほうが好きだなあ。

IMG_7488_convert_20160414055911.jpg
テーブルに食べ方のマニュアがありまた。

大食漢や若者からは大拍手のお店でしょう。ただし、女性は残してしまうぐらいの量です。もちろん、私は満足しました。味と量はなかなか両立しませんね。コスパの良い店とはおいしくて、ボリュームも満足、そして、コストが良いという店はなかなかありませんね。

本場のイタリアで食べ歩き、また、ご報告したいと思います。

◎サルサーレ
☎ 0274-24-2686
群馬県藤岡市藤岡2149-1
営業時間 11:30~22:00(ランチタイム平日11:30~16:00)
定休日   水曜日

2016.4.14「北信濃の桜名所 飯山城址に信繁の姿をみる」

「北信濃の桜名所 飯山城址に信繁の姿をみる 」

北信濃飯山の生活も早いもので二週間。東京との二重生活の片道240キロの週一度の往復は変わりないものの、新たなる生活に夢があふれ、会社生活は記憶の彼方に飛んでいく。本日はハローワークの説明会などで朝から忙しいなか、疲れを癒やそうと飯山城址に花見。4月以降も雪が降ったりもしましたがここ数日の暖かさで満開となりました。飯山城址はちょうどNHKの大河ドラマ「真田丸」の舞台ともなった場所。上杉謙信は武田信玄の進攻を防ぐために全線基地としてこの城を整備しました。その後、上杉景勝の居城となっています。ここの桜は古木が多く、上杉景勝も眺め、ひょっとすると人質となっていた真田信繁も見たと思うと感慨深いです。

DSC_0733_convert_20160415080824.jpg
石垣の上の三の丸のしだれ桜の並木

DSC_0739_convert_20160415080947.jpg

DSC_0745_convert_20160415081219.jpg
二の丸に上ると水仙と桜の競演

DSC_0751_convert_20160415081900.jpg
二の丸から千曲川を眺める

DSC_0752_convert_20160415090031.jpg
本丸から二の丸の桜を見る。

DSC_0753_convert_20160415090224.jpg

DSC_0760_convert_20160415090835.jpg

DSC_0757_convert_20160415091651.jpg
本丸にある葵神社の桜。美しい。

DSC_0755_convert_20160415090652.jpg
本丸に石垣が残り、これは天守への入り口の階段か。

DSC_0766_convert_20160415091915.jpg

DSC_0761_convert_20160415091242.jpg
樹齢数百年と思われる古木が多い。

DSC_0767_convert_20160415092055.jpg
城址の周りは桜の木に囲まれ、まるで兵どもが城を守るよう。

DSC_0768_convert_20160415092250.jpg

DSC_0774_convert_20160415092428.jpg

DSC_0775_convert_20160415092640.jpg
三の丸のしだれ桜。下はピンクが強いので寒桜のしだれでしょうか。

「花見かな つわものどもと 飯山城」 By まうんてんぼーい

◎飯山城(ウィディペギア)
東部は千曲川、西部は山地に囲まれた地にあり、城郭は丘陵をならした平山城。14世紀初頭は泉氏の居城であったが、後に高梨氏館を本拠とする高梨氏の支城となった。戦国時代に上杉氏が甲斐武田氏に対する前線基地として改修した。江戸時代には飯山藩の藩庁が置かれた。丘陵上に、本丸、二の丸、三の丸を南北に連ね、西側山麓に西郭、北に外郭があり、南方山麓から外郭まで、周囲には1重の堀が巡っていた。建造物は、本丸、二の丸、三の丸に、それぞれ、居館、政庁、櫓が設けられ、門は全部で12棟あった。天守はなく二重櫓を代用としていた。また、西郭には重臣の屋敷が軒を連ねていた。


DSC_0764_convert_20160415092821.jpg

2016.4.16「イタリアアグリ紀行 厳しい入国検査」

「イタリアアグリ紀行① 厳しい入国検査」

イタリア ミラノに留学中の娘がいる間にイタリア野菜の見聞を広めるためにミラノやボローニャで滞在型の旅行を計画。Airbnbでイタリア ミラノに素敵な家を見つけて予約。オーナーはスカラ座にも出られているチェロ奏者。娘の下宿からも近で決めました。滞在型で自炊やレストランを食べ歩きながらイタリアの食を研究しようということです。

DSC_0028_convert_20160428045725.jpg
まずはフランクフルトを経由してミラノに。フランクフルトまではANA203便。B777-300。
 
まずは時節柄、飛行機の安全が心配でした。入国や出国検査も厳しく。羽田とフランクフルトでボディチェック。特に、羽田空港では「ランダムチェック」とやらにつかまりました。

「あれ、金属つけていないのに何故?人相かいな?」

係官が「すいません。ランダムチェックです。」

「ランダムチェックて?」

なんと、機械も故障やら機械を扱う係官のミスも考慮して、無作為に抽出検索されているらしい。私はなんとフランクフルト空港でもこれにあたってしまった。

さらに厳しかったのはフランクフルトの入国審査。不法滞在移民が増えているのが理由なのかな。

入国審査室に行くとたくさんの人が並んでいます。早く進む列にならびます。見ていると東洋系の女性の審査に長引いています。

当家の愉快な仲間が審査官の前に、これが長く、ついに、私まで呼ばれました。

審査官「何の目的で来たのかね」

「イタリアにいる娘に会いに」

「どれくらい滞在するのかね。」

「二週間弱」

「所持金はいくら」

「50ユーロ」

「現金みせなさい」

愉快な仲間は現金は600ユーロくらい、日本円で80000円くらい持っていました。どうやら、係官は所持金の少なさから不法滞在を疑ったようです。
気がつくと人であふれていた入国審査室には私と愉快な仲間だけとなりました。

私も呼ばれて所持金とクレジットカードの提示を求められ、やっと、入国がokとなりました。

当然、誰もいない最後の最後です。フランクフルト空港のレストランでビールをしこたま飲みました。ヤケ酒。

しかし、その後も、すべてのチェックでボディチェックとなりました。人相悪すぎかな。

DSC_0036_convert_20160428051438.jpg

DSC_0034_convert_20160428050940.jpg
フランクフルトに到着。乗継便のルフトハンザでミラノのマルペンサ空港に。3時間ほどの時間があったので入国トラブルにも余裕があった。乗継はやはり、しっかり時間の確保が大事。

DSC_0038_convert_20160428051612.jpg
やっと、入国審査終わり、広いハブ空港のフランクフルト空港を移動。

DSC_0047_convert_20160428052248.jpg

DSC_0048_convert_20160428052341.jpg
乗継の場所を確認して、ヤケ酒タイム。サンドイッチとビールを注文。

DSC_0046_convert_20160428052144.jpg

DSC_0042_convert_20160428052025.jpg

DSC_0041_convert_20160428051851.jpg
ヨーロッパへの入国審査は厳しいよ。

2016.4.16「イタリアアグリ紀行② 鉄道の乗り方」

「イタリアアグリ紀行② 鉄道の乗り方」

イタリア ミラノに留学中の娘がいる間にイタリア野菜の見聞を広めるためにミラノやボローニャで滞在型の旅行を計画。Airbnbでイタリア ミラノに素敵な部屋を見つけて予約。オーナーはスカラ座にも出られているチェロ奏者。娘の下宿からも近いので決めました。滞在型で自炊やレストランを食べ歩きながらイタリアの食を研究しようということです。イタリアらしい数世紀を経た石造りの共同住宅のビルの一角。

マルペンサ空港からは空港直通のマルペンサエクスプレスでカルドナ駅に。ここで、地下鉄に乗り換えて、最寄駅のロメロ駅に。ここからから歩いて20分程の所に宿泊場所は在りました。市内は鉄道、地下鉄、バス、トラム、トロリーバスが網の目の様に行き来し不便はありません。最初は時間にルーズな運航かと思っていましたが、これが、時間は正確、日本以上に運航間隔が短く、あまり待たされません。

DSC_0054_convert_20160428143607.jpg
マルペンサ空港に到着。高曇りです。「晴れ男」の私なのでこれから晴れが続くかな。(実は12日間で雨は1日でミラノ晴れの日が続きました。ミラノの降水量は4月は知念の中でも多い月にもかかわらずです)

DSC_0059_convert_20160428143841.jpg

DSC_0065_convert_20160428143931.jpg
2度目のマルペンサ空港。デザインの国イタリアらしい空港です。しかし、羽田空港の国際線はすごかった。また、別に紹介します。

DSC_0070_convert_20160428144157.jpg
鉄道でミラノの中心地に移動。表示は細かくされていて迷いません。

DSC_0087_convert_20160428160211.jpg
日本で言えば成田エクスプレス。こちらではマルペンサエクスプレスと表示されていました。

DSC_0072_convert_20160428151849.jpg
自動販売機て゛チケットを買いました。通常は釣銭不足などがあり、窓口で購入したほうが良いです。

DSC_0073_convert_20160428152008.jpg
チケットです。マルペンサ-カルドナで12ユーロ(日本円 1540円)。

DSC_0088_convert_20160428160323.jpg
改札機にチケットを通すと扉があきます。チケットの取り忘れに注意。

DSC_0074_convert_20160428155010.jpg
これで乗車準備が完了ではありません。この「緑色の機械」を改札に入ったら見つけてチケットを差し込みます。これで、入札時間が打刻されます。

基本的には駅に改札はありますが、ないところもあります。乗客はチケットを購入して、乗車します。時々、列車内で検札がまわてきて、不正があればその場で6倍の料金を請求されるシステムです。

DSC_0075_convert_20160428155205.jpg
マルペンサエクスプレス

DSC_0081_convert_20160428155802.jpg

DSC_0077_convert_20160428155528.jpg
基本的に自由席。2階建ての車両がいくつか連結されています。車内は必ず座れました。ミラノの中心の駅カドルナまで30分ほどのスピードで走ります。

イタリアの鉄道や交通機関は総じて、お客には優しく、時間に正確で優秀と思います。あまり、遅れることはありませんし、あと何分で次の列車が来るかも表示されます。

◎マルペンサエクスプレス(ウィディペギア)
ミラノ中央駅~空港駅間は、おおむね1時間に1本運行され、午前9時から午後4時までの時間帯には一時間に2本に増え、各駅停車の所要時間は約52分で、速達タイプは43分で空港に着く。
ミラノ・中央駅発の電車は途中駅停車タイプが多く、ミラノ近郊北部のサロンノとブスト・アルシーツィオにも停車するため、よく通勤電車としても使われている。
ミラノカドルナ駅~空港駅間は、終日一時間に2本運行され、停車駅数がミラノ中央駅発より少ないため、所要時間は36分である。それに加え、ミラノカドルナ駅からマルペンサ空港駅まで途中駅に停車しない直行サービスも運行され、さらに所要時間が29分に短縮する。




2016.4.16「イタリアアグリ紀行③ ミラノの歩き方」

「「イタリアアグリ紀行③ ミラノの歩き方」

イタリア ミラノに留学中の娘がいる間にイタリア野菜の見聞を広めるためにミラノやボローニャで滞在型の旅行を計画。Airbnbでイタリア ミラノに素敵な家を見つけて予約。オーナーはスカラ座にも出られているチェロ奏者。娘の下宿からも近で決めました。滞在型で自炊やレストランを食べ歩きながらイタリアの食を研究しようということです。
イタリアらしい共同住宅のビルの一角。地下鉄 M2線(緑線)の地下鉄 ロメロ駅から歩いて20分程の所に在ります。市内は鉄道、地下鉄、バス、トラム、トロリーバスが網の目の様に行き来し不便はありません。

チケットは販売機かチケット売り場。トラムやバスは「T」マークのあるキオスクやBarで買えます。

DSC_0391_convert_20160502032007.jpg

ミラノの地下鉄は5線(M1-M5)あり、すべて色で表示されていてわかりやすいです。M2線は緑で表示されていました。
地下鉄は何所まで乗っても1.5€。また、90分以内なら乗り降り自由。ただし、改札でる時に「Accesso Livero」と出ていたら通さない。通してしまうとチケットが無効になるので注意。

DSC_0108_convert_20160428183908.jpg
自動販売機。期間中お世話になりました。

DSC_0109_convert_20160428184226.jpg
切符は印刷されて出てきます。90分以内なら乗降は自由です。

DSC_0110_convert_20160428184328.jpg
改札です。チケットを通すとバーがフリーとなり通過できます。

DSC_0113_convert_20160428184635.jpg

DSC_0114_convert_20160428184738.jpg
最寄駅のロメロ駅。ここから20分ほど歩きます。

DSC_0115_convert_20160428184833.jpg
イタリアの車道は基本的に駐車スペース?延々と駐車した車の列が続きます。それも、どうやって縦列駐車したのといえるほど前後に隙間がありません。

DSC_0116_convert_20160428185010.jpg
北イタリアのミラノは日本と同じで四季があります。藤の花が゜見事に咲いていました。

DSC_0119_convert_20160428185104.jpg
市内にはバス、路面電車に加えてトロリーバスも走っています。多すぎないか?

DSC_0118_convert_20160428185152.jpg
延々と続く駐車車両。それも洗車していないと思われるほこりまみれの車が多い。

DSC_0121_convert_20160428185255.jpg
歩道と車道にはこのような形でバリアフリーになっていました。旅行ケースを運ぶのに助かりました。

DSC_0122_convert_20160428185422.jpg

DSC_0123_convert_20160428185500.jpg
信号は青・黄・赤ですが青から黄には早く変わります。黄色は渡れです。

DSC_0125_convert_20160428190956.jpg
運河がありました。ブレア絵画館のあるブレア地区にある運河周辺は観光名所となっていますが、この運河はここから写真の方向へはあまり治安がいいといえない地区に流れているそう。

DSC_0117_convert_20160428222658.jpg
素晴らしい建物が立ち並びますが、大変残念のは落書きだらけといえます。ペンキ代も高いだろうに。

やはり、海外旅行は個人旅行に限ります。これからが楽しみ。ツアーではできない街歩きとその街を体感できます。

◎Bar(ウィディペギア)
軽食喫茶店。食事にも重点をおいたリストランテ・バールから、コーヒー中心のカフェ・バール、 アイスクリーム中心のジェラテリア・バールなど様々なものがある。イタリアで単に「カフェ」というと、店ではなくコーヒーそのもの、一般的には「エスプレッソ」を指す。
基本的にカウンターで立ち飲みするスタイルの喫茶店であり、バリスタがエスプレッソやカプチーノなどを作って提供する。朝食代わりにしたり仕事帰りなどに気軽に立ち寄って一杯飲んでいく。軽食(パニーノ)や夏場ならジェラートなどが用意されている店も多い。さらに公衆電話やトイレを備えるため休憩所にも利用される。

2016.4.16「イタリアアグリ紀行④ ミラノを知り尽くすためにAirbnbで宿を見つける」

2016.4.16「イタリアアグリ紀行④ ミラノを知り尽くすためにAirbnbで宿を見つける」

イタリア ミラノに留学中の娘がいる間にイタリア野菜の見聞を広めるためにミラノやボローニャで滞在型の旅行を計画。Airbnbでイタリア ミラノに素敵な家を見つけて予約。オーナーはスカラ座にも出られているチェロ奏者。娘の下宿からも近いので決めました。滞在型で自炊やレストランを食べ歩きながらイタリアの食を研究しようということです。イタリアらしい数世紀を経た石造りの共同住宅のビルの一角。

地下鉄の最寄駅ローモロ駅から歩いて20分ほどで借りた部屋に着きました。ここで6日間を過ごします。貸主はスカラ座のオーケストラの楽団員、奥さんもピアノ教師というご夫婦ですがお二人とも多忙のため、スカラ座のオペラにでているという舞台女優さんが鍵の受け渡し等に来てくれました。

DSC_0166_convert_20160429013248.jpg
イタリアでは、セキュリティーはどこも厳重です。ここには大きな門扉があり、まず、ここを鍵であけます。

DSC_0154_convert_20160429012949.jpg
門扉から入ると大きな中庭があります。半分はレストランになっています。

DSC_0151_convert_20160429011110.jpg
レストランのテーブルの配置が二階に上がると見えます。

DSC_0162_convert_20160429104006.jpg
次いで、建物に入るにはこの扉を開けて入ります。

DSC_0159_convert_20160429015029.jpg

DSC_0153_convert_20160429013834.jpg
二階にあがり、長い外廊下に沿って部屋があります。我々の借りた部屋は一番奥の角部屋です。

DSC_0148_convert_20160429010911.jpg

DSC_0149_convert_20160429014941.jpg

DSC_0259_convert_20160503042730.jpg

DSC_0130_convert_20160429101831.jpg
最後の三本目の鍵で部屋のドアを開けます。窓の前にはテーブルと灰皿。

という具合にセキュリティーは三重になっています。安全は買えますが鍵3本は重い。

DSC_0127_convert_20160429002906.jpg

DSC_0140_convert_20160429010524.jpg
1階はダイニングキッチン。絵画やデザインが素晴らしく調度品が置いてあります。

DSC_0136_convert_20160429010249.jpg
窓からは緑と青い空。心地よい風が入ります。

DSC_0139_convert_20160429010401.jpg
洗面台やシャワー・トイレスペース。シャーワースペースは狭く、タオルを背にまわすたびに壁に手が当たります。

DSC_0144_convert_20160429010717.jpg
生活すべき必需品や朝食(料金に含まれます)のパンやバター、ジャム等はそろっています。また、洗濯機やオーブン、食洗機もあります。食洗機は途中でとまってしまい使用できませんでしたが。

DSC_0131_convert_20160429005917.jpg

DSC_0133_convert_20160429010004.jpg
中二階にはリビングルーム。ステレオで素敵な音楽が聞けました。ソファーはベットにもなるもので、一週間、ここで寝ました。

DSC_0135_convert_20160429010144.jpg
二階寝室。私は愉快な仲間に占拠され入れませんでしたが。

イタリアで生活できるものがすべてそろった部屋で一週間の濃厚なイタリア三昧生活は、ホテルに泊まっていては気づかないことをたくさん経験でき最高です。ここは三人まで料金は一泊9000円程度。Airbnb様様です。最後に貸主が借主を評価する制度もあり、5点満点で「5」の評価をいただきました。貸主へのお土産が効いたかな。

もちろん、最後には、オーナーの家族全員と会いました。とても素敵な家族で濃厚な旅がさらにいっそう濃くなりました。

<イタリア旅行満喫 ポイント>  ホテルより部屋を借りて生活してみよう。

今、日本でも民泊が旅館業法や消防法の関係で盛んに議論されていますが、長野県飯山市でさえもネットで調べるとAirbnb関係の貸家、貸部屋はたくさんあります。すでに、法整備を議論する段階は実態が追い抜いている状況。また、外国に比べて、オーナーが誰かもわからない、また、一泊の費用が高すぎるなどの弊害もあります。一刻も早い法整備が求められます。借りるほうからすれば管理会社任せでない、オーナーから大切な部屋をお借りするスタンスで借りるほうが良いと思います。

飯山市をエンジョイされる方は「森の家」のコテージがおすすめです。一泊、人数にもよりますが3000円。コテージには民泊に必要なものはすべてそろっています。ただし、最寄駅がないのでマイカーない場合はレンタカー等が必要ですが。

2016.4.17「イタリアアグリ紀行⑤ スーパーでイタリア野菜を見聞」

「イタリアアグリ紀行⑤ スーパーでイタリア野菜を見聞」

イタリア ミラノに留学中の娘がいる間にイタリア野菜の見聞を広めるためにミラノやボローニャで滞在型の旅行を計画。Airbnbでイタリア ミラノに素敵な部屋を見つけて予約。オーナーはスカラ座にも出られているチェロ奏者。娘の下宿からも近いので決めました。滞在型で自炊やレストランを食べ歩きながらイタリアの食を研究しようということです。
 
ミラノ滞在の一週間は地下鉄2番線のローモロ駅から20分くらいの場所にAirbnbを通して部屋をかりました。一泊9000円くらいでイタリアミラノ生活を満喫します。いつも、食料調達でお世話になったスーパー「SIMPLY」は家から5分程度のところにあります。イタリア野菜を中心に今回は紹介します。

まず、食材の豊富さにびっくりいたします。特に、野菜、ハム、チーズ、ワイン、パスタの品ぞろいの豊富さと日本に比べて値段の安さにもびっくり。ワインは1ボトル1€(約128円)なんていうのもあります。もちろん、イタリアワイン。

DSC_0168_convert_20160429124801.jpg
いろいろなかんきつ類が並びます。ライムも格安、山積み。日本ではカクテル等で使うのですがスーパーでは少ししか見ないのになあ。

DSC_0167_convert_20160429123250.jpg
大ぶりのイチゴが大きなパックで販売されてました。1.49€(日本円190円)。ただし、甘みは今一つです。昔のように牛乳と砂糖でつぶして食べるとおいしい。

DSC_0169_convert_20160429125336.jpg
リンゴと洋ナシが山積み。めちゃくちゃ安いです。リンゴは世界一のフルーツ国の日本に比べるとリンゴの本来の酸味を残すリンゴです。種類はとても多いです。

DSC_0172_convert_20160429130501.jpg
イタリア料理の素材のトマトも多種多様な種類を販売。このミニトマトも大きなパックで1.99€(日本円260円)。滞在中にトマトは料理で随分お世話になりました。果物は全体的に糖度がいまひとつ。

DSC_0174_convert_20160429130748.jpg
ズッキーニとパンプキン。基本は量り売りです。

DSC_0176_convert_20160429132834.jpg
必要な量を取り、設置されている秤で計量して、レシートを張り付けてレジに。

DSC_0177_convert_20160429132956.jpg

DSC_0178_convert_20160429133112.jpg
キャベツもいろいろな種類を販売。日本のキャベツに加えふ、ちりめんキャベツ、ロケレットキャベツ等。昨年、私も栽培したロケットキャベツ。今年はちりめんキャベツもつくろうかな。ちりめんキャベツは購入して食べると多少の苦みがありました。チコリなど苦みの多い野菜も多いです。

DSC_0179_convert_20160429133343.jpg
飯山でも昨年から栽培に挑戦しているニンニク。

DSC_0180_convert_20160429133434.jpg
エシャロット。切ると涙が出ます。玉ねぎに比べて小さく細長いので調理しやすいです。日本の「エシャレット」や「らっきょう」はエシャロットの仲間です。

DSC_0185_convert_20160429134825.jpg
今年、栽培に挑戦するアスパラガス。

DSC_0184_convert_20160429133621.jpg
これは日本の特殊なスーパーでしか見かけません。アンティーチョーク。私はハーブ栽培をしているので栽培に挑戦しています。イタリア料理では、一般的な野菜として前菜などに使用されています。酢漬けなどを食べました。

DSC_0187_convert_20160429134932.jpg
これもアンティーチョークでしょうか?

DSC_0068_convert_20160429161130.jpg
これらの野菜で何をつくろうかな。下の白い玉ねぎのようなものはフェンネルビアンコです。セリ科の多年草で 茎の根もとが膨らみ、白いかたまりの部分を、 生でサラダにしたり、クリーム煮、魚料理などに使います。こいつも、栽培予定です。

イタリアは野菜の宝庫。これからもどんな野菜に出会えるか楽しみです。

◎SIMPLY
シンプリーはフランスAuchanグループ。フランス資本で2005年創業。スーパーの中では新しい。

2016.4.29「イタリア紀行でビールを飲みすぎ、痛風発作。レモンバームで湿布。」

「イタリア紀行でビールを飲みすぎ、痛風発作。レモンバームで湿布。」

イタリア ミラノ、ボローニャとイタリアを食べまくり・飲みまくる旅行。持病の痛風が姿を現すことも忘れて、ワインやビールを飲みまくる。中継点のフランクフルトや飛行機内でも「Beer Please!」。種類もイタリアビールのペロー二、ドイツビール、オランダビール、日本の一番搾り、スーパードライとなんでも飲みまくりました。

その結果、帰国後に左膝が痛み出しました。さっそく、ロキソニンを服薬。患部にバンテリンを塗りまくりました。

また、ちょうど庭にレモンバームが繁茂しだしたので採取して煮詰めて幹部に湿布。バームは「タイガーバーム」という軟膏もあるように鎮痛の意味があるそうです。

DSC_0252_convert_20160429215932.jpg

DSC_0245_convert_20160429215805.jpg
痛い足を引きずりながらレモンバームを採取。水で洗います。

DSC_0258_convert_20160430011555.jpg

DSC_0259_convert_20160430011648.jpg
レモンバームを煮て、ハーブティーとして楽しんだ後、残りを布にかけます。

DSC_0261_convert_20160430011752.jpg
患部に湿布して様子をみます。心なしか痛みが和らいだように感じます。
ハーブにはいろいろな効用があるので栽培は楽しみです。「痛い!」

<番外>東京の家の庭に咲いている花たちです。

DSC_0249_convert_20160430011913.jpg
アザレア。毎年、この時期に咲きだします。

DSC_0254_convert_20160430012215.jpg
アルメニア。可憐な花を咲かせます。

DSC_0255_convert_20160430020400.jpg
赤いバラがさきました。当家のシンボルローズのアイスバークもつぼみをつけて問います。

DSC_0251_convert_20160430012122.jpg
冥加も新芽を立ち上げました。

DSC_0256_convert_20160430020541.jpg
吹きも大きく葉を広げて、今年もおいしい味を届けてくれそう。

2016.5.3「飯山の農的生活 米作り二年目① 肥料まき」

「飯山の農的生活 米作り二年目① 肥料まき」

今年は会社も辞め、週一に介護等で東京に変える生活とはいえ、昨年に比べればはるかに時間があるので稲作の実力が試される年。頑張るぞ。

今年は畔を歩くと田んぼと畔の境界線がすごく曖昧になっていたので畔塗が必要かとおもいましたが、そもそも、畔塗は水漏れを防ぐためにやるそうで、当家の田んぼのように山から豊富に水が供給する田んぼにはいらないとのこと。そもそも当家の田んぼは底が抜けたような田んぼで水を入れ続けないと一日で水が抜けます。水管理が難しい田んぼです。

DSC_0269_convert_20160503094518.jpg

DSC_0270_convert_20160503094546.jpg
壱の田圃。

DSC_0299_convert_20160503095600.jpg

DSC_0298_convert_20160503095532.jpg
弐の田圃。下の写真のように、底が抜けた部分とやたら水はけの悪いところがあります。

DSC_0273_convert_20160503094737.jpg
畔の草刈りがまず一番最初にやることです。

今年は雪解けが早く4月になって雪が降ったりはしましたが3月末には雪が融けていました。しかし、師匠の指導もあり、ゴールデンウィークの5月3日に肥料をまきました。「田起こし」の前に肥料をまいておき、田起こしで田んぼに鋤きこみます。昨年はこの作業が逆になってしまいました。

DSC_0293_convert_20160503095407.jpg
肥料は「みゆきライス」というこの辺りの土壌に合わせて開発された肥料を使用します。この肥料は20キロ2400円です。これを1反あたり2袋を蒔きますが1袋と1/5を蒔きました。減肥農業です。

DSC_0294_convert_20160503095435.jpg
肥料を撒くための箱を抱えて肥料まきスタンバイ。

DSC_0295_convert_20160503095506.jpg
肥料を撒きます。幅広く撒けるように「福は内 鬼は外」の豆まきの要領。または相撲の塩を撒く要領。
あれ。会社を辞めたら随分太ったようです。

DSC_0300_convert_20160503095631.jpg
このようにまんべんなく撒きます。白や赤の小さな粒が肥料です。

田起こしは昨年同様に5月5日にやる予定です。

「肥料まく 田んぼの先に こいのぼり」 by まうんてんぼーい

◎田起こしの目的(「クボタのたんぼ」サイトを参照)
秋に田んぼの水を抜いて乾かし、春に深く耕して地力を向上させ、収量を増やす方式です>
1..土を乾かす
土が乾くとチッソ肥料が増加します。土に含まれる窒素は、植物が利用しにくい有機態窒素の形で存在しています。土が乾くと、微生物による有機態窒素の分解が促進され、植物が吸収しやすい無機態窒素に変化します。これを「乾土効果」と言います。
また、土を起こして乾かすと、土が空気をたくさん含むので、稲を植えたときに根の成長が促進されます。深く耕すほど高収量が得れらるという意味で「七回耕起は、肥いらず」「耕土一寸、玄米一石」などと言われてきました。
2.肥料を混ぜ込む
肥料をまいてから田起こしをすれば、土に肥料をまんべんなく混ぜ込むことが出来ます。

3.有機物を鋤き込む
稲の切り株や刈り草、レンゲなどの有機物を鋤き込むことが出来ます。この有機物を微生物やミミズなどが分解して、養分を作り出します。これが有機質肥料です。有機質肥料の中には、チッソ・リンサン・カリをはじめとして、微量な養分も含まれています。
4.土を砕いて団粒化する
土を細かく砕き、植物が腐って出来た有機物である「腐植」とくっついて、直径1~10mmの小粒になったものを「団粒構造」と言います。

2016.5.2「春の味覚 筍と蕗の含め煮で熱燗」

「春の味覚 筍と蕗の含め煮で熱燗+アマレット」

5月になると蕗が食べごろの太さになり、また、直売所にはタケノコが並ぶようになりました。当家では蕗は庭で大きく葉を伸ばしていますが竹はまだ若竹で筍になるまでになっていません。そこで、タケノコは新鮮な水煮したものを野菜直売所で購入し、蕗は収穫して、含め煮を作ることに。

DSC_0279_convert_20160503094953.jpg

食材を集めて、さあ、料理という時に、近所のおばさんが来訪。

「しばらく、居なかったね。」

「ちょっと、イタリアに行ってました。」

「蕗を煮たので食べて。」 

「いつもすいません。イタリア土産があるのでどうぞ。アマレットというお菓子です。」

というような会話が交わされ、結局、蕗は料理しなくても手に入りました。収穫した蕗は別日に煮ることに。
アマレットはイタリアアグリ旅行で初めてべたお菓子。口に入れるとスーッ融けるスィーツでその味は初めての経験。とても、おいしいので病み付きになりました。お土産として日頃いろいろとお世話になるご近所さんにお土産として購入してきました。

DSC_0319_convert_20160503114910.jpg

まず、筍の含め煮をつくります。
・たけのこ(アク抜きした物か水煮) 中1個
・だし汁 4カップ
・砂糖 大さじ3
・薄口しょうゆ 大さじ3
・みりん 大さじ2
・塩 小さじ2
・かつお節 適量

①たけのこをいちょう切りに。
②鍋にたけのことだし汁等の調味料を入れて30分ほど煮ます。

DSC_0280_convert_20160503095052.jpg

③かつお節を入れて完成。

残り汁でしいたけを煮て添えました。
簡単に春の味覚がそろいました。今晩は日本酒に、これらの春の味覚で一杯。

DSC_0284_convert_20160503095132.jpg

ちょっと足りないので、肉豆腐をつくりました。春の夜がカエルの声とともにすぎます。

DSC_0287_convert_20160503095214.jpg

DSC_0289_convert_20160503095238.jpg

「筍を 煮る窓越しに 蛙泣く」 BY まうんてんぼーい

◎アマレット(ウィディペギア)
通常のクッキーよりも食感が軽いメレンゲ菓子の一種で、小麦粉の代わりにアーモンド・プードル(アーモンド・パウダー)を使った焼菓子。通常のクッキーやビスケットのようにバターやマーガリン、ショートニングを使わないのが特徴。「少し苦い」という意味の名称が指すとおり、イタリアではスイート種(甘扁桃)とビター種(苦扁桃)のアーモンド両方を用いて作ります。
フランスのマカロンと製法が似ており、フィレンツェ公国のカテリーナ・デ・メディチがオルレアン公アンリ・ド・ヴァロワのもとに輿入れした際にフランスの宮廷に導入され、マカロンの原型となったと言われる菓子。

2016.4.16「イタリアアグリ紀行⑥ イタリアピッツァ DECORA」

「イタリアアグリ紀行⑥ イタリアピッツァ DECORA」

イタリア ミラノ・ボローニャの旅。イタリア・ミラノに到着して最初の食事は借りた部屋に行くために、空港からマルペンサエキスプレスで移動した地下鉄への乗換駅ミラノ・カドルナ駅で取りました。ちょうどお昼時、駅近くにあったピッツェリア「DECORA」に席を取りました。

イタリアではピッツァの店に何軒か行きましたが「ナポリピッツァ」のほうが「ミラノピッツァ」より私的には好きです。ミラノピッツァの店ではひどい目にあいましたが後程報告したいと思います。

「DECORA」はナポリピッツァの店。ここはお勧めです。昼時ということもあり、店内はお客でにぎわっていました。カドルナ駅のカフェやレストランが並んだ一角にあります。とにかく、混んでいるところが安くておいしいという店選びの鉄則に従いました。

DSC_0098_convert_20160501002848.jpg

DSC_0097_convert_20160501002821.jpg

DSC_0095_convert_20160501002715.jpg
店内は込み合っていましたが店内のテーブルで食べる人は少なく、外に並べられたテーブルに座ります。セルフなので好きなものをチョイスして注文して運びます。ピッツァリアという店舗でレストランテで食べるより気楽でよいです。また、席のチャージ料は取られません。

イタリアではチップは必要ありませんが、チャージ料を別途取られることがあるので注意。

DSC_0093_convert_20160501003317.jpg
外にテーブルが並んでいます。

DSC_0099_convert_20160501002956.jpg
サラダです。イタリアらしいアンティーチョークやモッッレラチーズがのっています。6€(日本円 768円)。

DSC_0101_convert_20160501003020.jpg

DSC_0102_convert_20160501003050.jpg

DSC_0103_convert_20160501003114.jpg
チーズがたっぷりのふかふかの歯触り、具だくさんのピザ。私も石釜を造ったらこんなピザを焼きたいものです。
ピザは1枚4.5€(日本円 576円)。日本のピザはピザでないと痛感します。本場はすごい。チーズが半端ない。
なお、相当大きいのでシェアすることを念頭に頼まれてもいいかな。我々はペロリでしたが。

DSC_0105_convert_20160501003138.jpg
当然、ビールを注文。なぜか、オランダのハイネケンでした。

イタリアでもおいしい店には行列ができます。ガイドブックよりおいしい店を見つけるのには手っ取り早いです。

◎ピザ(ウィディペギア)
地域により次のように分類されます。
・ナポリピッツァピッツァ
発祥の地と言われるナポリのピッツァは、最も伝統あるピッツァである。材料や製造方法が「真のナポリピッツァ協会(Associazione Vera Pizza Napoletana)」により定められている。生地は直径35cm以下で厚さが4mm、縁が1〜2cm、マルゲリータならチーズやトマトの産地が限定されている。トッピングはマルゲリータとマリナーラの2種類に限られている。
・ミラノピッツァ
ナポリピッツァに比べ、薄く大きいのが特徴。また、トッピングは様々な種類がある。生地は直径40cmほどあり、厚さは縁でも5mm以下であることが多く、イタリアのピッツァの中で最も薄い。ナポリで発祥したピッツァが産業とファッションの中心であるミラノに移り、素早く火の通る厚さで、そしてお洒落に変化したとも言われている。


プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR