FC2ブログ

2016.6.27「大きなあしなが蜂を発見」

「あしなが蜂の巣作りを発見」

当家では、あしなが蜂は野菜の青虫等を捕食する良い虫として極力駆除をしないようにしています。また、性格もおとなしく、スズメバチのように攻撃的でもありません。しかし、巣を作った場所によってはこの限りではありません。玄関先をあしなが蜂が飛び回るので巣を探すと玄関近くの軒先の下に巣作りの真っ最中。さすがに、これは駆除せねばとかわいそうですが巣を駆除することにしました。しかし、随分大きな巣です。早く駆除しないと素人では駆除が危険となります。いつもは特段の用意もせずに駆除しますが、今回は駆除業者並みの体制で臨みました。

DSC_0351_convert_20160703215423.jpg
完全武装。服は三着の重ね着。暑い。

DSC_0348_convert_20160703215313.jpg
DSC_0350_convert_20160703215346.jpg
たくさんのあしなが蜂が集結。一気に叩かないと刺される危険があります。

DSC_0352_convert_20160703215455.jpg
殺虫剤を噴射。噴射の勢いで。巣が飛びました。

DSC_0353_convert_20160703215536.jpg
DSC_0354_convert_20160703215607.jpg
駆除終了。早め早めに見つけないと個人の駆除は難しくなります。

蜂君には申し訳ないですが。

◎あしなが蜂(ウィディペギア)
おとなしい性格で,巣にいたずらをしなければ,ほとんど刺してくることはない。 むしろ、蛾や蝶の幼虫を駆除して  くれる大変な益虫である。
駆除するには、風の穏やかな日に、風上からスプレー式の殺虫剤を<臭いを嗅がすように>穏やかに数度に分けて吹き付け  ると、親蜂は一目散に姿を消す。親蜂のいないことを確認して、巣をもぎ取れば、やがて戻った蜂もまもなく姿を消す。巣が小さければ水道水でシャワー状に水をかけても良い。 蜂はどこかへ避難するので、その間にもぎ取る。
棒で突くと攻撃を始めるので、かなり、危険である。 長い棒で一気に巣を落として一旦遠くへ逃げる。
性質はスズメバチに比べればおとなしく、巣を強く刺激したり蜂を素手で触ったりしない限りはまず刺してはこない。刺傷は子供  などが巣を刺激して起こるケースと、洗濯物等に紛れ込んでいるアシナガバチに気づかず起こるケースとがある。毒はスズメバ  チに比べれば弱いが、アナフィラキシーショックにより死亡することもあるので、過去に刺されたことがある人は注意が必要。ま  た刺された時の痛さという点ではスズメバチよりも強いとも言われている。




2016.7.11「東京大学裏の老舗蕎麦屋 夢境庵」

「東京大学裏の老舗蕎麦屋 夢境庵」
健康診断で精密検査を指示されて、千駄木にある大学病院に検査のために行った。出身大学の裏ということもあり、学生時代にお世話になった懐かしいあたり。丁度、お昼どきということもあり、大学病院のはす向かいにある蕎麦屋の暖簾をくぐった。「夢境庵」。昭和52年創業というので私が大学に入った年か。確か、おかみさんが蕎麦を打っていたような。おいしい蕎麦だとありがたい。信州生活の蕎麦食いで相当味が肥えたからなあ。

IMG_8690_convert_20160711205603.jpg
40年近い歴史を感じる入口。

IMG_8697_convert_20160711212249.jpg
入口にあるメニュー。今回は天ざる蕎麦としました。1600円。

IMG_8691_convert_20160711205653.jpg
ランチは割安でありますがどうやら暖かい蕎麦なので・・・・・。本日は34℃とじりじりと太陽が照りつける日です。

IMG_8695_convert_20160711212355.jpg
暖簾をくぐるとほぼ満席で相席を頼まれました。ウナギの寝床のような蕎麦屋です。

IMG_8693_convert_20160711212423.jpg

IMG_8696_convert_20160711212329.jpg
天ざる蕎麦が来ました。蕎麦はもう少し風味かぜあっても良いなあ。まあ、普通です。それよりも天ぷらがよかったです。かぼちゃ、昆布、エビ2本ですが海老は身が締まってぷりぷりで揚げ加減も良い。

やはり、信州そばやら全国のおいしい蕎麦を食べまくってしまうと今一つかな。今年は自分で蕎麦を栽培して、打つことを画策しています。あまり、大口たたくと怒られそう。


<余禄>
s_IMG_8972.jpg
蕎麦の白い花が咲いた私の蕎麦畑。

◎夢境庵 (むきょうあん)
☎ 03-3815-4337
東京都文京区弥生1-6-4
営業時間 [月・水~日] 10:00~19:00 [火] 10:00~16:00
ランチ営業、日曜営業
定休日 無休

2016.4.22「イタリアアグリ紀行34 ヨーロッパきっての避暑地コモ湖に行ってみた」

「イタリアアグリ紀行34 ヨーロッパきっての避暑地コモ湖に行ってみた」

イタリア ミラノに留学中の娘がいる間にイタリア野菜の見聞を広めるためにミラノやボローニャで滞在型の旅行を計画。Airbnbでイタリア ミラノで借りた家はコスパもよく大満足。本日から1週間ほどお世話になった家から一時的に娘の部屋での生活。
天気も良いミラノ晴れに誘われ、ヨーロッパきっての避暑地コモ湖に行くことに。ミラノから特急で30分足らず。地下鉄M2線の「カルディナ駅」から鉄道に乗り換えてコモ方面の特急に乗ります。

DSC_0861_convert_20160714192803.jpg

DSC_0862_convert_20160714193021.jpg

DSC_0890_convert_20160714193109.jpg
チケットを購入し、11:43発のCOMO LAGO駅行に乗車します。ミラノを出ればほどなく延々と田苑風景が広がります。

DSC_0925_convert_20160714193147.jpg

DSC_0926_convert_20160714193226.jpg
COMO LAGO駅に到着。改札はありません。イタリアでは大きな駅や地下鉄には改札ありますが鉄道では車掌が検札に来るだけです。来ない時もあります。ただし、無賃乗車は大変な罰金が待っています。

DSC_0928_convert_20160714193326.jpg

DSC_0930_convert_20160714193421.jpg
駅を出ると右側に丘があります。ケーブルカーで上るとアルプスも眺められる絶景の展望台のようですが、ケーブルカーのふもとの駅が閉鎖されていて、中腹まで行かないと乗れないと知り、今回はパスしました。正面にはコモ湖が広がります。

DSC_0932_convert_20160714193535.jpg
コモ湖畔には多くの別荘と思われる家が山の中腹あたりまでたっています。

DSC_0936_convert_20160714193851.jpg

DSC_0931_convert_20160714193457.jpg
駅から向かって右手に中心街に向かい歩くとコモ湖の広大な景色が開けてきます。美しい。

DSC_0938_convert_20160714193953.jpg

DSC_0935_convert_20160714193724.jpg
湖畔や湖水には多くの船が。周遊船は個別に係留される上の写真のような船に乗船。

DSC_0983_convert_20160721124006.jpg
DSC_0986_convert_20160721124157.jpg
DSC_0988_convert_20160721124227.jpg
それ以外に湖畔の町と町を結ぶ定期連絡船もあります。その場合は帰りの時刻を調べておきましょう。

DSC_0941_convert_20160714194615.jpg
スーベニアショップにはこんなものも売られていました。日本の扇子

DSC_0945_convert_20160714194853.jpg

DSC_0934_convert_20160714193655.jpg

DSC_0940_convert_20160714194123.jpg
さすがにヨーロッパ随一の避暑地。高級ホテルが立ち並びます。左のオレンジと赤のテント村はナポリの特産市をやっていました。

◎コモ湖
ヨーロッパ随一の避暑地。コモの町は美しく、高級リゾート地なので安全です。のんびりと散策にも最適です。ミラノの北部、北イタリアのスイスとの国境の間にはアルプスを背にした自然豊かな湖水地域があります。この一体には幾つもの美しい湖畔スポットがあり、それを代表するのが「コモ湖」です。コモ湖は長さ46キロ、最大幅が4.3キロの大きな湖でミラノからは中央駅もしくはカドルナ駅から電車に乗って30分ほど。
DSC_0943_convert_20160714194806.jpg

2016.6.28「長野 善光寺 門前の老舗レストラン 藤屋の大満足ランチ Ⅱ」

「長野 善光寺 門前の老舗レストラン 藤屋の大満足ランチⅡ」

6月下旬。天気予報では雨模様ということもあり、健康祈願と気晴らしをかねて善光寺にお参りに。善光寺は平日ということもあり、参拝客も少なくのんびりしています。
今回の長野行きの目的は善光寺の参拝と門前にある老舗レストラン「藤屋」のランチを食べること。参拝後に、「藤屋」に向かいます。藤屋は旧北国街道善光寺宿の本陣として長い歴史を持つ旅館でしたが、2006年にレストランとブライダルに転換しています。おもてなしが素晴らしいレストランなので善光寺で食事なら「門前のそば」より「藤屋」としています。

DSC_0417_convert_20160705035749.jpg

DSC_0421_convert_20160705035821.jpg
老舗旅館らしい落ち着いた佇まいと時代をさかのぼったような店内調度のなか、丁寧な接客で昼のランチをより美味しくいただける環境が整っています。

IMG_8438_convert_20160705040033.jpg
お昼のランチのコース 1500円を注文します。バスタメインの1200円というコースもありますが、メインのコースはフランス料理のコースでメインディシュに肉料理か魚料理を選べます。当然、日により、季節により、料理内容は変わります。

IMG_8446_convert_20160705040251.jpg
本日の前菜。信州の野菜サラダもおいしいですが、野菜のソテーが絶品でした。

IMG_8447_convert_20160705040339.jpg
IMG_8443_convert_20160705040427.jpg
ローズマリー風味のフォカッチャ。オリーブオイルでいただきます。さらに食べたい方は追加でいくらでも提供してもらえます。

IMG_8448_convert_20160705040403.jpg
カボチャのクリームスープ

IMG_8450_convert_20160705040226.jpg
本日の鮮魚(鱸)のソテー  トマトのサルサ

IMG_8449_convert_20160705040201.jpg
本日の肉料理は自家製ハンバーグ グリーンペッパーソース

IMG_8451_convert_20160705040316.jpg
コーヒーまたはミルクティ。コーヒーを注文。

これで1500円ですからコスパは最高です。もちろん、とてもおいしいです。お客様は女性客や家族中心。次々とお客がいらしてました。善光寺詣でのあとの食事は「藤屋」がお勧めです。ウェートレスのサービスも過剰と言っていいほどマナー、心遣いにあふれています。ただし、少し、マニアル通りの対応が透けて見えたのが多少残念。これが心からのおもてなしになればさらにGood。

◎THE FUJIYA GOHONJIN(御本陳藤屋旅館)
旧名称 御本陳藤屋旅館
用途   レストラン・ウェディング会場
旧用途  旅館
施工   師田庄左衛門
構造形式木造
建築面積 967m2 m²
階数    地上3階
竣工    1925年(大正13年)
所在地  長野県長野市大門町82
文化財  国登録有形文化財(建造物)

IMG_8437_convert_20160705040009.jpg
IMG_8439_convert_20160705040058.jpg
IMG_8441_convert_20160705040129.jpg
その他のメニューコース。デザートもなかなかです。

2016.6.30「バラの葉に青いアマガエル」

「バラの葉に青いアマガエル」

梅雨らしい日が続く6月の最終日。雨上がりのバラを見ていたら、緑色のはずのアマガエルが青。なんと青色のアマガエル。「新種発見か。」と、大喜びする前に調べてみるととてもレアではあるが突然変異種と判明。しかし、見つけると新聞種、水族館が展示するなどするらしい。アマガエルの皮膚には3種類の色素胞という細胞があり、それぞれ、黄、青、黒の色を出す細胞で、黄色と青色の色素胞が混ざって、黄緑の体色をしたのが本来のアマガエル。しかし突然変異によって、黄色の色素胞が欠けた個体がまれに生まれると青色だけが出る青いアマガエルとなるそう。
私はもちろん捕獲せずに自由にさせておいたらどこかに行ってしまいました。しかし、青色の鳥が幸せを招くといいますから。カエルもいいことあるかな。

DSC_0512_convert_20160704155949.jpg

DSC_0510_convert_20160704155929.jpg

DSC_0509_convert_20160704155901.jpg

DSC_0507_convert_20160704155835.jpg

DSC_0505_convert_20160704155806.jpg

DSC_0504_convert_20160704155731.jpg

2016.8.7「はるちゃん的 野菜作り アスパラガス Ⅱ」

「はるちゃん的 野菜作り アスパラガス Ⅱ」

北信濃から新潟の津南にかけては冷涼な気候を利用してアスパラガス栽培が盛んです。5月の収穫時期ともなると国道沿いに直売所がたくさん並びます。私も近所のみなさんから立派なアスパラガスを食べきれないほどいただきました。
そこで、今年はアスパラガスを育てようと4月の声を聞いたら、早速、種と2年目の苗を手に入れました。
アスパラガスは収穫には3年間かかります。そのため、2年生の苗も購入して、少しでも早く、アスパラガスを収穫したいとのカンニング栽培をします。
アスパラガスは手間暇がかかり、肥料も大量に必要な贅沢野菜です。
拙ブログ「はるちゃん的 野菜作り アスパラガス」の続きです。

・4月6日
DSC_0633_convert_20160704114910.jpg
藁を敷いてマルチング。乾燥はダメです。

・6月28日
DSC_0374_convert_20160705102729.jpg
2年目苗が一か月ほど経って、茎が伸びてきました。本当に悠長な野菜です。植えて3か月でもこんな感じで、いまだ、芽が出ない苗もあります。

DSC_0244_convert_20160705103411.jpg
ポットで種から育てた苗もこの程度

・7月3日
苗を植えたり、種をまいたりしてから3か月がたちました。

DSC_0513_convert_20160705103911.jpg
ポット苗の状況。20センチくらいに育っています。

DSC_0471_convert_20160705104111.jpg
畑に直播した種からも発芽率20%で茎が伸びてきました。本当に難しい野菜です。

DSC_0514_convert_20160705104446.jpg

DSC_0515_convert_20160705104404.jpg
畑に畝を作って、ポット苗と直播の苗、2年目苗を集約します。深耕のうえ、牛糞、鶏糞の肥料をぶち込みました。

DSC_0518_convert_20160705104305.jpg

DSC_0519_convert_20160705104237.jpg

DSC_0521_convert_20160705104155.jpg
30センチの間隔で植え付けました。無事にそだって、おいしいアスパラ頼みます。

・7月7日
s_DSC_0553.jpg
やっと、茎葉が伸びてきました。細く倒れやすいので、支柱を立てて株を支えます。

・8月7日
s_DSC_0740.jpg
野沢菜との混栽となってしまいました。成長の早いものは1メートルくらいになっています。

s_DSC_0747.jpg
しかし、種から育てたものはまだ、30センチ程度です。

◎アスパラガスの栽培(horti 〜ホルティ〜 ホームページ参照)
①畑 土作り
中性~弱アルカリ性の土を好むので、植え付ける2週間前に苦土石灰、1週間前に完熟堆肥を2~3割ほど、耕した土に混ぜて寝かせる。
②水やり
蒸れに弱いので、植え付け場所にかかわらず、土が乾いたらたっぷりと水やりをする。活動が鈍る冬は、水やりを控えめにする。
③肥料
アスパラガスは肥料を好む植物。植え付けるとき、鶏糞や堆肥などの有機肥料をたっぷりと施します。そして、植え付けた年の1~2月、3年目以降の収穫後にも同様の肥料を土に混ぜていきます。
④アスパラガスの支柱の時期と方法
生長すると、1mほどの高さまで茎を伸ばします。茎葉は細く倒れやすいことから、草丈がある程度まで伸びたら、支柱を立てて株を支える。草丈が伸びてしまってからでは作業がしにくいので、毎年6月頃が目安。
⑤アスパラガスの手入れの時期と方法
・1年目
春に植えた株は、秋になると地上部が徐々に枯れてきます。茎が黄色くなってきたら、株元から5~10cmほどのところでバッサリと刈り取る
・2年目
3~4月に、根をたくさんつけるよう肥沃な土に植え替えます。株を掘り起こし植え付け時と同じように耕した土に、株同士の間隔が30~40cm空くよう植えていきます。このとき、地上部が隠れるように株を土で覆います。
そして、秋になりったら、1年目同様に茎を刈り取ってください。そして、株元から離れた場所に穴を掘り、堆肥や油かすを追加で施します。霜が降りる地域では、地下の部分が凍らないようにワラなどで株を覆い防寒します。
⑥アスパラガスの収穫時期と方法
植え付けてから3年目の春から収穫できるようになります。芽の長さが15~20cmほどになったら、収穫の適期です。株元をナイフで刈り取っていきましょう。大きく育ちすぎると、スジが固くなってしまうので注意。また、たくさん収穫してしまうと株が弱ってしまうので、6月上旬くらいで収穫は一旦やめて、後は株を育てるようにすると翌年以降もたくさん収穫できます。
⑦害虫、病気
・蒸れや冬の寒さが原因でかかる病気です。かかると回復しないことから、感染した株は引き抜いて処分します。一度発生すると他の株にも伝染するので、できるだけ早く発見し、対処することが大切です。


2016.7.5「野沢温泉 外湯 秋葉の湯」

「野沢温泉 外湯 秋葉の湯」

いよいよ、古民家のリフォームの時間が増えつつあるなか、本日は枝豆の苗づくり。畑・田圃の世話で目が回るのにさらに野菜の種類を増やすとは。やっと、夕刻近くに、日課の野沢温泉に。多大な大枚をはたいてリフォームした浴室はほとんど使わず。本日は駐車場から少し離れている野沢温泉「秋葉の湯」に。どこの外湯も湯温が高いので入る前に足で湯温を調べます。50℃越えていそうな外湯も。秋葉の湯は45℃くらいでちょうどいい湯温。貸切状態のなか、気兼ねなく体を伸ばして疲れを取ります。熱い湯が体に浸透し、血管の拡張で血流が隅々まで流れます。気持ち良い。

IMG_8586_convert_20160706074803.jpg
外湯は秋葉民宿街の中にあります。向こうに見えるのは「おぼろ月夜の館」。

IMG_8587_convert_20160706075005.jpg
比較的外湯では大きめ。

IMG_8595_convert_20160706084406.jpg
男湯と女湯は室内に入ってから分かれています。奥には湯を利用した洗濯場があります。

IMG_8593_convert_20160706084315.jpg
脱衣所と湯船は分かれています。

IMG_8591_convert_20160706084243.jpg
足先で湯温を確認

IMG_8589_convert_20160706084218.jpg
本日も貸切です。いい湯。

IMG_8594_convert_20160706084342.jpg
本日もいい湯。パッチリ。

「春の夜 朧月夜に 秋葉の湯」 By まうんてんぼーい

○秋葉の湯
 源泉名・湧出地 大釜 長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷8712-1
 泉質     含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉低張性アルカリ性高温泉
 泉温 86.5℃
 知覚      無色透明、弱硫化水素臭味を有する
 pH 8.7
もちろん、源泉かけ流し。加水・加温なし。

◎朧月夜の館(野沢温泉村ホームページ)
国語・国文学者の高野辰之博士の記念館。
高野博士は文部省唱歌「春が来た」「故郷」「朧月夜」などを作詞した。1934年(昭和9)に野沢温泉にあった廃屋を改造して別荘にし、1943年(昭和18)、東京から別荘に居を移し、晩年までの4年間を過ごした。
•開館時間:9:00AM-5:00PM
•休館日:月曜

IMG_8599_convert_20160706090058.jpg

2016.7.6寺社73「飯山のあじさい寺 高源院」

寺社73「飯山のあじさい寺 高源院」

長野県飯山市であじさいといえば、あじさい寺として有名な戸狩高原の高源院。毎年、7月上旬の満開の頃を見計らって訪問します。昨年は豪雪のために花芽が折れてしまって花が少なく残念でしたが、今年は少雪だったので素晴らしい景色を期待してきました。

IMG_8615[1]_convert_20160706170338

IMG_8616[1]_convert_20160706170416
期待通り、昨年に比べて杉並木の参道の両側のあじさいは見事に咲いていました。この杉は樹齢200年以上で、紫陽花は約20種800株、1万本のあじさいが植えられています。

<参考>こちらは山門前の同じ場所から撮った昨年の風景。あきらかに今年に比べて花の咲き方が少ないです。
DSC_0574_convert_20150718133800.jpg

IMG_8617[1]_convert_20160706170452

IMG_8618[1]_convert_20160706170539
山門前の見事なあじさい。七変化はあじさいのことというほど花色が変わる紫陽花。何故花色が変わるかといえば、長く開花していくうちに、花の中の色素が少しずつ分解されておこる現象で、老化現象の一種と言われます。

IMG_8619[1]_convert_20160706170654
美しいものには毒がある。アジサイは強い毒があることで知られています。食べられません。

IMG_8620[1]_convert_20160707060247
本堂。本堂の周りにはアジサイは少ないです。健康祈願をお願いします。

IMG_8622[1]_convert_20160706170809
下り道からのあじさいの姿も見事です。

◎アジサイの着花習性
アジサイは前年の秋までに伸びた茎の内部に花芽を作ります。剪定でこの花芽を切っていると花が咲かない。
放任しておくのが一番。剪定する場合は花後に花から2節目くらいを早めに切ります。

◎曹洞宗三嶋山高源院(戸狩温泉案内板)
戸狩温泉スキー場の手前に見える立派な石門の奥には杉並木が続きその先に、高源院がある。高源院は、平成11(2000)年に開創600年を迎えた戸狩屈指の古刹。本尊に大恩教主本師釈迦牟尼佛を祀る由緒ある寺院。正式名称は曹洞宗三嶋山高源院といい、寺伝によると、永仁3(1295)年に、前身である真言密院・萬用山慈専院がこの地に開かれ、その後、応永7(1400)年に曹洞宗に改宗。名称を三嶋山興源院とし、さらに大永5(1525)年に現在の三嶋山高源院の名に改称し、今に至る。本堂は享保4(1719)年に建立され、厳かな佇まいからはその歴史の深さを感じる。

長野県飯山市大字豊田6356
0269-65-2202

IMG_8624[1]_convert_20160706170838

2016.7.6「飯山で新幹線待つ間はパノラマテラス」

「飯山で新幹線待つ間はパノラマテラス」

北陸新幹線飯山駅は飯山市内では最も大きな建造物。駅構内には観光案内所はもちろんのこと、アウトドアメーカー「モンベル」のアンテナショップやおいしい蕎麦屋等があります。その中でも、喫茶「パノラマテラス」は客席の多さと落ち着いた雰囲気で、新幹線を待つ間、打ち合わせ、一人でじっくり仕事をしたい人にはお勧めです。

IMG_8603_convert_20160707062934.jpg

IMG_8604_convert_20160707063025.jpg
山林が大きな面積を占める飯山市を代表するように木材を効果的に使用した駅舎。その中の二階に「パノラマテラス」はあります。

IMG_8611_convert_20160707063219.jpg
テーブル席とソファー席に屋外のテラス席があります。基本的に食事はセルフ。本日もソファー席でパソコンに向かう外国人や散歩の途中に休憩の婦人、観光イベントの打ち合わせをする人、新幹線の見送りに来た人など様々な人がいました。もちろん、店内は清潔で静かです。また、お酒もおいてあります。

IMG_8613_convert_20160707063243.jpg
飯山の名物 謙信すし、信州サーモンを使った笹寿司などもおいています。

IMG_8607_convert_20160707063053.jpg

IMG_8608_convert_20160707063124.jpg

IMG_8610_convert_20160707063149.jpg

IMG_8614_convert_20160707072448.jpg
パノラマテラスの入り口には「からくり時計」。本日は運よく、見ることができました。これは長野県無形民俗文化財に指定されている「五束太々神楽」の舞を表現したからくり時計です。毎正時、唱歌「ふるさと」や「朧月夜」のメロディーに合わせて、からくり人形が神楽を演じています。

◎パノラマテラス(飯山観光交流センターホームページ)
営業時間:9:00〜19:00(L.O,18:30)
定休日:無休
<メニュー>
有機栽培コーヒー 350円
アイスコーヒー 350円
アイスティー 350円
紅茶(セイロン) 250円
ハーブティー(レッドジンガー、カモミール、スリーピータイム) 300円
えんめい茶(黒姫和漢薬研究所) 100円
本日のりんごジュース(たかやしろファーム) 350円
スノーキャロットジュース(ファーム鍋倉) 350円
栄村とまとジュース 350円
アイスクリーム(バニラ、モカ) 300円
ノンアルコールビール 350円
日本酒 北光1合 350円
日本酒 水尾1合 350円
ハイネケン小瓶 400円
キリン一番搾り小瓶 400円
志賀高原ビール 500円
赤ワイン 小瓶(189ml) 580円
白ワイン 小瓶(189ml) 580円
ミックスナッツ 350円
チーズ(チェダー) 400円
ソーセージ5点盛り 600円
飯山産ぶなしめじのミックスピザ 600円

※上記メニュー以外に、飯山市内の和洋菓子スイーツを販売しています


2016.4.22「イタリアアグリ紀行35 コモ湖畔でシチリア特産市をのぞいてみた。野菜」

「イタリアアグリ紀行35 コモ湖畔でシチリア特産市をのぞいてみた。野菜」

ヨーロッパ随一の避暑地コモに来ました。駅から町の中心地に向かって歩くと大きな広場があります。コモ中央広場(Piazza Cavour )です。オレンジと赤のテントを張ってシチリアの特産市をやっていました。南イタリアの野菜や果物、各種オブ、お菓子、パンなどが所狭しと並んでいました。改めて、農業国イタリアの魅力を感じました。

DSC_0940_convert_20160714194123.jpg
コモの中央広場はコモの中心街にある、コモ湖に面した広場です。広場に面してホテル・メトロポール・スイッセ、ホテル・エクセルシオールが建っているのが見えます。広場東側は目抜き通りになっていて、休日は屋台や大道芸人等が並び、ショップやレストランがたくさんあります。お土産や疲れたときに休むのには良い場所です。

DSC_0946_convert_20160716072104.jpg
その広場の中央でテントが張られて「シチリアの特産市」が開かれていました。

DSC_0948_convert_20160716073318.jpg
農業王国イタリアを支える南部の野菜が勢ぞろい。とかくでかい。パプリカ。いや、これは「牛の心臓」(クオーレ・ディ・ブエ)という名のついたトマト。 果肉がしっかりしていて皮も厚みがあり、北イタリアはリグーリアが名産地のトマト。1キロ3.5€(約380円)

DSC_0950_convert_20160716073352.jpg
枝付トマト。チリエジーノ。シチリアのシラクサ県パキーノ地方でとれる品種。甘くて酸味もしっかりありサラダに使われます。1キロ6.5€(約830円)

DSC_0951_convert_20160716073434.jpg
洋ナシ。いろいろな種類があります。1キロ2.5€(約320円)


DSC_0952_convert_20160716073503.jpg
ビワ。おいしそう。1キロ3.5€(約380円)

DSC_0953_convert_20160716073547.jpg
メロン。1キロ3.5€(約380円)日本の「プリンスメロン」と似ていて、中味はオレンジ色。

DSC_0954_convert_20160716073617.jpg
アスパラガス。1キロ2.5€(約320円)イタリア料理にはアスパラガスがよく使われています。私も今年から栽培中。収穫には3年の時間と肥料が大量に必要な贅沢野菜です。

DSC_0955_convert_20160716073658.jpg
イチゴ。大きいですが甘みは今一つ。私は好きです。1パック3.5€(約380円)。

DSC_0956_convert_20160716073740.jpg
玉ねぎ。イタリアの赤玉ねぎ。ロッサ・ルンガ・ディ・フィレンツェ。

DSC_0957_convert_20160716073810.jpg
言わずと知れたイタリアの代表的な野菜「アーティチョーク」。ちょっと長細い。パープル・アーティチョーク。

DSC_0958_convert_20160716073839.jpg
各種のオリーブの酢漬け。オリーブがこんなに種類があるのにびっくり。調べるとオリーブの品種は、世界で1200種以上あるようです。

DSC_0962_convert_20160716074042.jpg
さすが、イタリア。豊富な野菜や果物が並びます。

イタリア野菜は奥深い。さっそく、いろいろ種を手に入れて栽培しよう。
「イタリアアグリ紀行36 コモ湖畔でシチリア特産市をのぞいてみた 。お菓子」に続きます。

◎コモ湖
ヨーロッパ随一の避暑地。コモの町は美しく、高級リゾート地なので安全です。のんびりと散策にも最適です。ミラノの北部、北イタリアのスイスとの国境の間にはアルプスを背にした自然豊かな湖水地域があります。この一体には幾つもの美しい湖畔スポットがあり、それを代表するのが「コモ湖」です。コモ湖は長さ46キロ、最大幅が4.3キロの大きな湖でミラノからは中央駅もしくはカドルナ駅から電車に乗って30分ほど。
DSC_0943_convert_20160714194806.jpg



2016.4.22「イタリアアグリ紀行36 コモ湖畔でシチリア特産市をのぞいてみた。お菓子」

「イタリアアグリ紀行36 コモ湖畔でシチリア特産市をのぞいてみた。お菓子」

ヨーロッパ随一の避暑地コモに来ました。駅から町の中心地に向かって歩くと大きな広場があります。コモ中央広場(Piazza Cavour )です。でオレンジと赤のテントを張ってシチリアの特産市をやっていました。南イタリアの野菜や果物、各種オリーブ、お菓子、パンなどが所狭しと並んでいました。改めて、農業国イタリアの魅力を感じました。

DSC_0940_convert_20160714194123.jpg
コモの中央広場(ガヴェール広場)はコモの中心街にある、コモ湖に面した広場です。広場に面してホテル・メトロポール・スイッセ、ホテル・エクセルシオールが建っているのが見えます。広場東側は目抜き通りになっていて、休日は屋台や大道芸人等が並び、ショップやレストランがたくさんあります。お土産や疲れたときに休むのには良い場所です。

DSC_0946_convert_20160716072104.jpg
その広場の中央でテントが張られて「シチリアの特産市」が開かれていました。

拙ブログ「イタリアアグリ紀行36 コモ湖畔でシチリア特産市をのぞいてみた。野菜」でご紹介したイタリア野菜以外でお菓子などを紹介します。

DSC_0958_convert_20160716073839.jpg
各種のオリーブの酢漬け。オリーブがこんなに種類があるのにびっくり。調べるとオリーブの品種は、世界で1200種以上あるようです。

DSC_0959_convert_20160716073913.jpg
シチリアの代表的なお菓子「カンノーロ」。

DSC_0960_convert_20160716073943.jpg
「クロッカンテ(croccante)」。 砂糖を加熱したものにバターを混ぜて、アーモンドを加えて冷まして作った、カリカリのイタリア菓子。

DSC_0961_convert_20160716074009.jpg
「これは何でしょう?」最初はハムかと思いました。実は「トローネ(Torrone)」。日本ではヌガーといっているお菓子。アーモンドやピスタチオ、ヘーゼルナッツなどを練りこんであります。主にイタリアではクリスマスやお正月に食べることが多いようです。シチリアのシラクーサ発祥のお菓子です。

DSC_0966_convert_20160716074229.jpg
DSC_0978_convert_20160716074530.jpg


DSC_0967_convert_20160716074300.jpgDSC_0970_convert_20160716074357.jpg
h="400" height="265" />
DSC_0976_convert_20160716074434.jpg
「アランチーニ(arancino)」はシチリアやナポリ名物のライスコロッケ。形がオレンジに似ていることからアランチーニ(小さなオレンジ)と呼ばれているようです。ナポリのものはアランチーニ・ディ・リゾ(arancini di riso、「米の小さなオレンジ」)といわれるようでこれはナポリのものとわかります。しかし、買って食べてみると中にうえはジャガイモにチーズ、下はトマトソースで煮た肉とグリーンースの詰め物が入っていました。とてもおいしかったです。1個3€(約380円)。

DSC_0968_convert_20160716074331.jpg
DSC_0977_convert_20160716074504.jpg
「パンツェロッティ (Panzerotti)」。イタリア・プッリャ州の揚げパンの一種。円形にのばしたパン生地でトマトとモッツァレッラチーズなどを包み、半月形に成形してから油で揚げて作るようです。かぶりつくとチーズの風味が口に広がりました。1個3€(約380円)。

広場でベンチに座り、コモ湖を眺めながらおやつがわりです。

◎カンノーロ(ウィディペギァ)
小麦粉ベースの生地を薄くのばし、正方形に切ってから金属製の円筒に巻き付けて低温の植物油かラードで筒状に揚げた皮の中に、甘みをつけたリコッタ・チーズにバニラ、チョコレート、ピスタチオ、マルサラ酒(シチリア地方のワイン)、ローズウォーターやそのほかの風味のうちいくつかをまぜ合わせたクリームを詰めたもの。

◎アランチーニ(ウィディペギァ)
大きさは直径3.8cm〜10cmほど。湯炊きしたジャポニカ種の米に溶き卵とおろしたカチョカヴァッロまたはパルミジャーノ・レッジャーノチーズ、塩、胡椒を混ぜたものに詰め物をし、小麦粉をまぶしてから溶き卵にくぐらせ、パン粉をまぶしつけて揚げる。シチリア島南東部では、球状ではなく円錐形にして揚げる。中身は色々で、例えばアランチーネ・アッラ・カルネ(arancine alla carne)には、トマトソースで煮た肉とグリーンピースの詰め物が入り、アランチーネ・アル・ブッロ(arancine al burro)にはモッツァレラチーズが入る。この他ほうれん草やパンチェッタを入れる事もある。

◎コモ湖
ヨーロッパ随一の避暑地。コモの町は美しく、高級リゾート地なので安全です。のんびりと散策にも最適です。ミラノの北部、北イタリアのスイスとの国境の間にはアルプスを背にした自然豊かな湖水地域があります。この一体には幾つもの美しい湖畔スポットがあり、それを代表するのが「コモ湖」です。コモ湖は長さ46キロ、最大幅が4.3キロの大きな湖でミラノからは中央駅もしくはカドルナ駅から電車に乗って30分ほど。
DSC_0943_convert_20160714194806.jpg



2016.8.14「はるちゃん的 野菜作り かぼちゃ Ⅱ」

「はるちゃん的 野菜作り かぼちゃ Ⅱ」

5月初旬に昨年もたくさん収穫できて、仲間に配布して喜んでいただいたかぼちゃを栽培することにしました。昨年は「伯爵」を栽培しましたが、今年は「ホクホク大玉でしっかり実がつく」のキャッチコピーにひかれて「栗かぼちゃ」を栽培することとしました。

IMG_8276_convert_20160623223824.jpg
DSC_0410_convert_20160623222925.jpg

ゴールデンウィークの5月5日の子供の日。まずは苗をつくります。ポットに培養土を入れて、種のとがったほうを下にして指の第二関節くらい植えこみます。
DSC_0412_convert_20160623223002.jpg
DSC_0413_convert_20160623223039.jpg

5月13日 種を植えて一週間後に発芽しました。
DSC_0475_convert_20160623223153.jpg

5月15日。発芽して、2日後、双葉が大きくなります。成長がはやいなあ。虫はつきません。
DSC_0604_convert_20160623223235.jpg
DSC_0605_convert_20160623223306.jpg

5月19日。黒豆が葉を広げ始めました。かぼちゃには大きな変化はありません。
DSC_0677_convert_20160623223403.jpg


5月26日。発芽後、2週間。大きな葉が広がります。
DSC_0106_convert_20160623223449.jpg

DSC_0112_convert_20160623223535.jpg

種を植えて3週間の5月29日。ポット苗が植え付け時期(本場4-5枚)になったのでⅣの畑に植え付けました。
DSC_0128_convert_20160623223606.jpg

DSC_0112_convert_20160623223535.jpg

6月19日。植え付け後、本葉が5〜6枚展開したら、親づるを摘芯します。子づるを2〜3本伸ばし、同じ方向に誘引しました。
このタイミングで1回目の追肥を施します。
IMG_8223_convert_20160623223702.jpg

IMG_8240_convert_20160623223802.jpg
IMG_8241_convert_20160623223732.jpg

6月21日。どんどん、一日ごとに大きく成長します。
IMG_8286_convert_20160623223912.jpg
IMG_8287_convert_20160623223955.jpg

6月26日。
DSC_0334_convert_20160711084808.jpg

DSC_0335_convert_20160711090959.jpg
かぼちゃの花が咲きました。人工授精はせずに、蜂に任せます。

6月30日。
DSC_0501_convert_20160712021841.jpg
多くの花が咲き始めました。大収穫が楽しみ。
おいしいかぼちゃの収穫が楽しみです。

7月以降予想に反して花はたくさん咲きますが実なりが良くありません。自然交配でやっているため、蜂や蝶の受粉がすすんでいないかもしれません。朝方に花が開くと、人工的に直接、雌花への授粉をするようにしますが好転しません。

7月7日。
s_DSC_0558.jpg
かなり枝が広く広がりました。

s_DSC_0559.jpg
雌花が授粉・受精し、実がふくらむものが出てきました。実が膨らんだものには藁を敷きます。

s_DSC_0560.jpg

s_DSC_0561.jpg
順調に大きくなりますが、結実する実が期待ほど多くなりません。追肥が足りなかったのかもれません。

7月29日。
s_IMG_9129.jpg
花は相変わらず次々咲きます。

s_IMG_9128.jpg
実もかなり大きくなって縞模様も出てきました。

8月10日。
s_IMG_9390.jpg
収穫まじかの実がでてきました。果梗(首の部分)が茶色くコルク状態になったら収穫です。

8月14日。
今年、最初の収穫です。最初は当然かぼちゃの煮物にします。しかし、やはり、昨年に比べて収量が減りそうなので気になります。

s_DSC_0820.jpg
このまま、1〜2ヶ月追熟させます。甘みが増します。

◎カボチャの育て方(「住友化学園芸」ホームページ)
原産地は乾燥した砂漠のような荒地なので、水はけの良い土地でよく育ちます。肥沃さも求めません。
粘土質の畑であれば、もみ殻堆肥などの粗い有機物を入れて高畝を作り水はけを良くしておきます。
育つとツルがどんどん伸びて広がるので、地這い栽培の場合は広い面積が必要になります。畝幅80cm、株間90cm〜140cmは確保しておきたいところ。
pHは6.0〜6.5が目安です。
実付きが悪い場合は「草木灰」などを入れてカリを多めに施します。「ボカシ肥」や「マイガーデンベジフル」のようなバランスのとれた配合肥料がオススメです。
①苗・植え付け
本葉が4〜5枚出たら畑に定植します。
育つとツルが広がるので、地這い栽培であれば株間90cm〜140cmほどあけます。立体栽培なら株間60cmほど。
寒さが戻ることもあるので、防寒のため穴あきのトンネルを5月頃まで掛けておくと良いです。
カボチャは連作障害が出にくいため、同じ場所での連作が可能です。
②敷きワラマルチ
カボチャの畝に敷きワラマルチ。葉が茂ってきたらトンネルを外し、株元からツルが伸びる方向にワラを敷きます。
ツルがワラに巻きヒゲを絡ませて伸長するので、地表に固定されて風雨にも強くなります。
また、実がなってから熟すまで、実の下にワラや刈草などを敷いておくことで、だんご虫が皮を食害し、そこからカビが侵入するのを防ぐ効果もあります。
③整枝・摘芯
光合成をしっかり行わせるために、葉と葉が重ならないようにすることが大切です。
本葉が5〜6枚展開したら、親づるを摘芯。子づるを2〜3本伸ばし、同じ方向に誘引します。
葉が混みすぎている時は、実が付いていない枝を切って風通しを良くします。受光をよくするだけでなく、うどんこ病の予防にもなります。
④追肥1回目
このタイミングで1回目の追肥を施します。
畝の両肩に適量を。
⑤受粉
梅雨の頃から花がつきはじめます。
花のガクの下に膨らみがあるのが雌花、ないのが雄花です。
カボチャは、受粉しないと果実が肥大しません。
ハチやアブなどの昆虫によって放っておいても自然に授粉しますが、確実に着果させるために人工授粉させておきます。
晴天の早朝(日が高くなると花がしぼむため)、雄花をとり、同じ位置の雌花に雄しべをこすりつけて授粉させます。
1ツルあたり、2個着果が目安。
尚、受粉しないと自然落果します。
株元(葉が5枚以下)に着果させると、ツルの伸びが悪くなるので注意。
⑥摘果
着果した先の葉は10枚以上展開させます。
15枚以上葉がある場合は2個とも実を残しますが、葉数が少ない場合は1個を摘果しておきます。
⑦追肥2回目
果実が直径5cmほどになったら、株間のところどころに肥料をまきます。
⑧収穫
開花から45〜50日で収穫できます。
果梗(首の部分)が茶色くコルク状態になれば収穫適期。(または、爪を皮に当ててみて、爪が食い込まないくらいの固さで収穫可能)
果梗をハサミで切って収穫します。
⑨追熟
収穫したカボチャはすぐに食べるより、丸のまま風通しがよく涼しい場所において、1〜2ヶ月追熟させると甘みが増します。
収穫後3ヶ月は保存可能です。
⑩カボチャのグランドマーク
カボチャは地面に這って成長するため、実が地面に接している部分には日が当たらず、緑色に色付かないことがあります。
この部分をグランドマークとも呼びます。
見た目だけで、食味に変わりはありません。



2016.7.8「千歳烏山の富山 きときと」

「千歳烏山の富山 きときと」

7月初旬に千歳烏山周辺に住む愉快な仲間との定例会。千歳烏山周辺の居酒屋は幅広く行きつくしました。今回は新規開拓ということで幹事がセットした店。店名の『きときと』とは富山の方言で『新鮮』『いきがいい』という意味。思い切った名前を付けている以上、新鮮な魚やおいしい肴が提供されるだろうという期待感を持って参加しました。

IMG_8641_convert_20160712143008.jpg
京王線千歳烏山駅南口から歩いて2-3分のところに店がありました。入口には杉玉が上がっていました。日本酒が楽しみ。

IMG_8645_convert_20160712143348.jpg
全国の銘酒をそろえていますが、価格のメリハリが少ないのが難。銘柄を揃えて、価格にメリハリつけるとベター。本日は天狗舞、陸奥八仙を注文し、その後、日本酒を打ち切り焼酎に換えます。健康を考える事件が発生し、蒸留酒系に変更。つらい。

IMG_8648_convert_20160712143501.jpg
「黒麹仕込み松露」を注文。焼酎の宮崎県串本の焼酎。

IMG_8644_convert_20160712143246.jpg
IMG_8643_convert_20160712143157.jpg
肴はたくさんあります。

IMG_8647_convert_20160712143423.jpg
魚卵の煮付け。此れは珍しい。此れだけで一升はいける。380円。

IMG_8651_convert_20160712143526.jpg
これも好きなゴボウの素揚げ。500円

IMG_8652_convert_20160712143601.jpg
定番 だし巻き卵。720円

IMG_8654_convert_20160712143631.jpg
刺身の盛り合わせ。8点盛り。かつお、あじ、甘海老、鱸、鯛、〆サバ 2人前 1560円。きときとなら、もう少し魚種考えてくれるとなあ。刺身も「きときと」というには看板倒れ。

IMG_8655_convert_20160712144314.jpg
これは俗にいう「ばくだん」。納豆と魚介類を混ぜ合わせたものを海苔で巻いて食べる料理ですが何故ばくだんというんでしょう。

IMG_8658_convert_20160712144428.jpg
最後に魚介の混ぜご飯を注文して締めました。

すでに5年以上続く会ですがたまに会えば話が弾み夜は長くなります。

〇黒麹仕込み松露 
25度
いも焼酎
さつまいも(宮崎紅)・米麹( タイ)
原料のさつま芋は南九州産の赤芋(宮崎紅)だけを使い黒麹で仕込み。
黒麹仕込みならではのコクとキレがあり、やわらかな甘さもある焼酎。すっきりとした味わいが特徴。

・松露酒造株式会社
宮崎県串間市寺里1-17-5
☎ 0987-72-0221
創業昭和3年

◎遊和食 きときと
☎ 03-3305-1077
東京都世田谷区南烏山5-32-6 サンマルシェⅢ B1F
交通手段 京王線千歳烏山駅 徒歩2分 
営業時間 平日17時半〜24時 金.土17時半〜25時
定休日   不定休




2016.7.7「夏本番 トンボが飛び回り出した」

「夏本番 トンボが飛び回り出した」

空梅雨と思っていたら7月になって雨の日が多くなった。そんな、梅雨の一休みの晴れ間。この時期、空をピュンピュン飛び回るトンボの面白い生態を発見。よく、見てください。

DSC_0477_convert_20160713080811.jpg

DSC_0479_convert_20160713080658.jpg

DSC_0478_convert_20160713080738.jpg
融雪池に産卵するコノシメトンボを発見。盛んに水面に尻を打ち付けています。メスが飛びながら,水面に腹部の先をチョンチョンとつけて産卵する方法で、これを打水産卵というようです。よく、見てください。

DSC_0543_convert_20160713084148.jpg

DSC_0540_convert_20160713084052.jpg

DSC_0541_convert_20160713084121.jpg
田圃を見回っていると稲にとりつくヤゴの羽化を見つけました。キトンボ。


2016.7.13「赤城山麓で姫プラムをゲット!今年もプラム酒づくり」

「赤城山麓で姫プラムをゲット!今年もプラム酒づくり」

スーパーでもプラム類のすももやソルダムが並び始め、そろそろ、昨年に続き、プラム酒の仕込みを始めようかと考えていました。プラム酒は梅酒に比べて短期で醸造でき、とてもおいしい果実酒。そう思っていたところ、赤城山山麓の野菜直売所「風の広場 おおまえだ」で、珍しい姫プラムを発見。早速、購入してプラム酒づくりに。

DSC_0568_convert_20160713111144.jpg
小さなプラムがぎっしり。200円。もともと小さい品種のようです。1020グラムありました。

早速、プラム酒づくりを始めます。プラムの匂いは薄いですが独特の甘い良い香りが広がります。

■材料(標準量)
  姫プラム    1キロ
  氷砂糖    0.6キロ (やや甘目)
  ホワイトリカー 1.8L

① ビンを煮沸
ビンに熱湯を少し注いで傾け、回す
フキンで水気をふき取り、ビンの口を下にして、完全に乾燥。昨年、プラスチックのものを使用して、使い勝手はよかったが洗浄  するときに誤って、水の中で熱湯を入れたら、あっという間にペコペコに。今年はガラス瓶に戻しました。
   ※水気が残っているとカビが生え安い、完全に乾燥させる。

DSC_0576_convert_20160713111356.jpg

②プラムをきちんと洗う
流水で洗うのがいちばんいい。良く洗う。

DSC_0569_convert_20160713111219.jpg

③水気は丁寧にふき取る
きれいなタオルで水気をふき取る。へたもとります。

DSC_0579_convert_20160713120344.jpg

④プラムを丁寧にいれます。口の広い保存瓶が良いです。

DSC_0580_convert_20160713120445.jpg

⑤氷砂糖を入れます。上から降りかけるような感じで入れます。

DSC_0582_convert_20160713120510.jpg

⑥ホワイトリカーを準備。本日は福島県喜多方市「ほまれ酒造」のホワイトリカーを使用。

DSC_0578_convert_20160713120314.jpg

⑦ホワイトリカーを注ぎ入れる

DSC_0586_convert_20160713120542.jpg

⑧あとはきっちりとフタをして温度差のなるべく少ない涼しい場所で保存。
約三か月後には飲めるので、早くできるのでうれしい。

梅酒に比べればあく抜き等がないのであっというまです。今年も、早く、美味しいお酒になってね。

DSC_0593_convert_20160713120630.jpg

◎プラム(ウィキペディア)
プラムの絞り汁は発酵してプラム酒にできるそう。これを蒸留し樽に詰めて熟成すると、東欧でスリヴォヴィッツとして知られるブランデーになるそう。樽詰めの際に生のプラムを一緒に入れておくのが伝統。果実の風味と香りが染み出すことで、スリヴォヴィッツに独特の味わいを加えるそう。ということで、たくさん入れて今回のプラム酒に。

◎風の広場おおまえだ
群馬県前橋市鼻毛石町1170-11

2016.7.11寺社74「都心のオアシス 根津神社」

寺社74「都心のオアシス 根津神社」

暑い一日。たまたま胃カメラを鼻からやったら咽頭にできものを発見。開業医のお世話になり、大学病院を紹介いただき検査にきました。大学病院の近くにある根津神社で健康祈願。都心にもこんなオアシスのような場所があると暑い日はホットします。喧騒から離れて静かにお参りしました。

IMG_8673_convert_20160715125340.jpg

IMG_8674_convert_20160715125445.jpg
鳥居をくぐるとそこは静かな森。壁に沿って、正面に歩きます。涼しい。

IMG_8675_convert_20160715125543.jpg
楼門(重要文化財)

IMG_8676_convert_20160715125608.jpg
唐門と瑞垣(ともに重要文化財)

IMG_8677_convert_20160715125638.jpg

IMG_8678_convert_20160715125703.jpg
拝殿(重要文化財)

IMG_8679_convert_20160715125731.jpg
神楽殿

IMG_8680_convert_20160715125754.jpg

IMG_8684_convert_20160715125817.jpg
根津神社の境内の中にある乙女稲荷神社の両側に鳥居が並んでいます。
北から南に通り抜けると邪気が払われるといわれております。

IMG_8685_convert_20160715125904.jpg

検査前に汗が引いて、心静かになりました。

◎根津神社(ウィディペギア)
日本武尊が1900年近く前に創祀したと伝える古社で、東京十社の一社に数えられている。境内はツツジの名所として知られ、森鴎外や夏目漱石といった日本を代表する文豪が近辺に住居を構えていたこともあり、これらの文豪に因んだ旧跡も残されている。
現在の社殿は宝永3年(1706年)の創建である。宝永2年(1705年)江戸幕府第5代将軍徳川綱吉の養嗣子に家宣(第6代将軍)が入ったため、元の屋敷地が献納され、「天下普請」と言われる大工事で社殿が造営されたものである。権現造(本殿、幣殿、拝殿を構造的に一体に造る)の傑作とされている。社殿7棟が国の重要文化財に指定されている。

所在地 東京都文京区根津一丁目28番9号
交通アクセス 東京メトロ千代田線 根津駅・千駄木駅(各駅とも徒歩5分)

2016.7.15「きゅうりが取れ過ぎで食べきれない場合 Qちゃん漬け」

「きゅうりが食べきれないほどドンドンできる Qちゃん漬け」

野菜作りも経験を積めば収量が上がる。今年は大収穫で食べきれなくなってきた。2-3日で10本は余る。ぬか漬け等で消化するが、それでも足りないので、保存がきく「Qちゃん漬け」をつくることにした。たくさんのレシピの中から次のレシピを参考にさせてもらい作りました。

DSC_0032_convert_20160717115214.jpg
きゅうりは獲り時を誤まるとこんなに大きくなります。一番上の普通のサイズのきゅうりが小さき見えます。そのきゅうりを使うこととしました。4本で1200グラムありました。

〇材料
 キュウリ 1.2kg
 醤油   420cc
 みりん  420cc
 酢      30cc
 鷹の爪   適宜
 生姜     適宜

〇調理法

①鍋に湯を沸かし、沸騰したら火を止め、洗ったキュウリを湯の中に入れる。
 蓋をしないで、自然に冷めるまで待つ。冷めたら、鍋からキュウリを取り出し、再び湯を沸かし、これを3度繰り返す。
DSC_0037_convert_20160717115557.jpg
DSC_0038_convert_20160717115634.jpg

DSC_0039_convert_20160717115704.jpg
DSC_0042_convert_20160717115929.jpg
三回目。上の一回目に比べて随分色が変わりました。
 
②キュウリを少し厚めに輪切りにし、きれいな布巾で水分を徹底的に絞る。
DSC_0046_convert_20160717115955.jpg

DSC_0047_convert_20160717120023.jpg

③調味料と鷹の爪、千切りした生姜を入れを分量入れて、ひと煮たちさせて、絞ったきゅうりを漬ける。冷めたらキュウリを取り出し再度、調味料を沸騰させ火を止めキュウリを入れる。これを3回繰り返しす 。
DSC_0049_convert_20160717120920.jpg

DSC_0051_convert_20160717121020.jpg

手間暇がかかりますがやることは単純です。おいしくできました。みなさんに試食のために配ります。

IMG_8869[1]_convert_20160719094319
あまりにおいしいので、知り合いに配り好評でした。


2016.8.8「梅雨明けの晴れ間を利用して、梅干しづくり 完成編」

「梅雨明けの晴れ間を利用して、梅干しづくり 完成編」

梅雨の晴れ間が出た日(6月29日)。南高梅の完熟のものを見つけたので梅干しを作ることに。もちろん、初めてです。

DSC_0423_convert_20160629101837.jpg
購入してから完熟にするためにしばらく置いたら何個かカビが生えてしまいました。

◎材料
梅 (完熟梅) 1kg
粗塩 (あら塩) 200g
焼酎 かのか(度数20% 少量(消毒用)本当は35%。しかし、器は熱湯消毒したので。
漬物容器 容量5リットル程度
漬物用ビニール袋 1枚
落し蓋 1枚
重石 2~4kg程度


①使うものの消毒
梅干作りで大敵なのが「カビ」。南高梅もしばらく置いたらカビがでて5個ほど捨てました。
必ず熱湯や焼酎等をかけて消毒が必要
漬物容器は、熱湯消毒のうえ、焼酎を少し入れて容器を振って全体に行き渡るようにまわしアルコール消毒。
プラスチック容器を使用するので 内側に敷いた漬物用ビニール袋にも焼酎を入れ消毒。

②梅の水洗い
流水で梅を洗います。梅はやわらかいので、手でやさしく丁寧に汚れを落としてください。清潔なふきん等で水気を拭き取り、タオル等の上に並べてしばらく乾燥させます。ザルにあけて水切りをしてもOK。完全に乾かす必要はありません。表面が少し湿っているくらいのほうが塩が付きやすい。
完熟梅はアク抜きの必要はありませんが一晩つけました。水に浸けると茶色く変色するようです。
DSC_0426_convert_20160629121655.jpg

③ヘタ取り
奥に残っているヘタを、楊枝を使って梅にキズがつかないよう注意しながら取り除きます。
DSC_0427_convert_20160629121725.jpg

④ 容器に梅と塩を入れる
容器にビニール袋を敷き、底に塩を一掴みふります。次に梅を平らに並べ、その上にまた塩をふり、梅と塩を交互に入れていきます。梅と梅に隙間が無いように塩を入れ、上に行くほど塩の量を増やします。できれば一番上は塩で隠れるようにする。その上に落し蓋を乗せます。
漬けた梅から梅酢を早く上げるために、予め用意しておいた梅酢を少し入れると梅酢の上がりがよくなります。毎年梅干作りをされる方は梅酢を少し残しておくこと。
DSC_0429_convert_20160629121807.jpg

DSC_0430_convert_20160629121936.jpg

DSC_0432_convert_20160629122020.jpg

⑤重石(おもし)を乗せる
落し蓋の上に重石を乗せます。漬物袋を使う場合は重石ごと包み込むように縛ります。(※重石も予め消毒しておきます)3~5日して梅干が隠れるくらいまで梅酢が上がってきたら重石の量を半分以下に減らします。
梅酢を早く上げることが重要です。梅酢の上がりが遅い場合は重石を増やすなど調整をしてください。重石はペットボトルに水を入れたものなどでも代用可能。
DSC_0433_convert_20160629122144.jpg
重しが見つからず、とりあえず重そうな鉄瓶を載せますが。

DSC_0441_convert_20160629122219.jpg
注ぎ口がひっかかり。ボールに水を2リットル入れて、重し代わりに。

⑥保管方法
ホコリ等が入らないよう上からビニール袋をかぶせて日陰の涼しい場所で保管します。3~5日すると梅酢が、落し蓋付近まで上がって来ますので、重石の重さを半分以下に減らします。梅は常に梅酢に完全に浸かっている状態にしてください。ときどきカビが発生していないか確認しましょう。
IMG_8576[1]_convert_20160704101508
7月4日。漬けてから6日目。梅酢がかなり出ています。梅干しらしくなっています。カビはもちろん生えていません。

IMG_8578[1]_convert_20160704101629
重しを小さな南部鉄瓶の急須に変えました。

(注)カビが発生した場合
梅酢の表面に白いカビが発生した場合はすくって捨ててください。梅の表面の一部にカビが発生していた場合は、その梅をすぐに取り除きます。梅や梅酢全体にカビが広がっている場合は取り返しがつかない場合もありますので、道具の消毒や保管場所、容器内を綺麗にしておく事を心掛けましょう。

(注)紫蘇漬けにする場合
紫蘇漬けにする場合は梅酢が上がりましたら、梅の上に乗せてそのまま漬けておきます。土用干しの際は紫蘇も一緒に干してください。

IMG_8762_convert_20160716142601.jpg
IMG_8764_convert_20160716142512.jpg
当家の赤シソから葉を取ります。よく洗います。

IMG_8765_convert_20160716142432.jpg
IMG_8767_convert_20160716142353.jpg
梅酢に完全に浸かっている梅の上にシソをのせます。

8月3日 シソのつかり具合を見ると見事に使っています。いよいよ天気が安定したら天日干しに。

s_IMG_9253.jpg


⑦天日干し
漬け始めて一ヶ月程度が経ち、梅雨明け頃に、晴天が4日間続きそうな日を選びます。ザルを用意し、土台の上にザルを乗せ風通しを良くします。
・ 1日目
ザルに梅を間隔を開けて平らに並べ日光に当て干します。日中一回は梅を裏返しましょう。皮が破れやすいため裏返し作業はやさしく行ってください。夕方になる前に屋内に取り込み、梅酢の入った容器に梅を漬け戻します。
・2日目・3日目
日中は1日目と同様に干し、今度は夕方前に取り込まず、そのまま夜も干したままにして夜露にあてます。万一の雨に備えて夜間は屋内に移動させておきます。
・4日目
自分の好みの乾燥具合になったところで取り込みます。しっとりめが良ければ朝に、乾きめが良ければ夕方に取り込みます。
(注)土用干し中に、天候が雨や曇りになった場合
湿気はカビの原因にもなりますので、外に出さず屋内で保管して晴れた日に続きを再開してください。

・8月8日 酷暑のなか、晴れが続いたので「天日干し」をします。一日目。
s_DSC_0185.jpg
いよいよ天日干し。よく使っています。カビも生えずについにこの日を迎えます。

s_DSC_0187.jpg

s_DSC_0189.jpg

s_DSC_0188.jpg
ざるに並べて。

s_DSC_0190.jpg
梅酢はペットボトルに保存します。料理に使います。

s_DSC_0191.jpg
穂が出た稲穂をバックに。干します。

s_DSC_0194.jpg
梅干しの表面に塩が浮き出しました。

・8月9日 2日目は雨。室内干。 8月10日 曇りがちの晴れの中、天日干し。

s_IMG_9392.jpg

・8月11日 4日目はピーカン。天日干し。一日干して夕刻に取り込みました。

s_IMG_9420.jpg

⑧梅干しの保存
その後、ガラスや陶器、プラスチックなどの密閉できる保存容器に入れて冷暗所、または冷蔵庫にて保管します。干し上がり後はすぐに食べることもできますが、3ヶ月~半年ほどで塩分の角がとれて次第にまろやかな味になった頃がおすすめです。

s_DSC_0804.jpg

残った梅酢はペットボトルなどに入れて保管し、料理の調味料としても利用します。
s_DSC_0190.jpg



2016.4.22「イタリアアグリ紀行37 ヨーロッパきっての避暑地コモ湖が美しい」

「イタリアアグリ紀行37 ヨーロッパきっての避暑地コモ湖が美しい」

イタリア生活も一週間。
天気も良いミラノ晴れに誘われ、ヨーロッパきっての避暑地コモ湖に来ました。コモ駅を降りると眼前に湖が広がります。

DSC_0985_convert_20160721124130.jpg
コモ駅前を中心に湖畔にホテル、レストラン、お土産屋が立ち並びます。

湖畔をぶらぶら歩くのも楽しいです。

DSC_0996_convert_20160721130617.jpg
船をレストランにしている店もあります。

DSC_1000_convert_20160721180904.jpg
湖の真ん中あたりまで伸びる橋がありました。船に乗らなくても橋を歩けばコモの町をコモ湖から一望できます。

DSC_1003_convert_20160721183152.jpg
橋は結構長く、たくさんの人が魚釣りをしています。

DSC_1006_convert_20160721183227.jpg

DSC_1014_convert_20160721183546.jpg
橋からコモの中心地を眺める。

DSC_1015_convert_20160721183622.jpg

DSC_1011_convert_20160722092312.jpg

DSC_1032_convert_20160722092620.jpg

DSC_1023_convert_20160722092456.jpg

DSC_1027_convert_20160722092529.jpg
本当に長い橋です。観光用の片道の橋。是非、コモに行ったら渡ってください。

DSC_1009_convert_20160721183319.jpg

DSC_1016_convert_20160721184443.jpg

DSC_1033_convert_20160722092654.jpg
コモ湖畔の丘に登るケーブルカーが見えます。今回は麓の駅が閉鎖されていて、バスで中腹の駅まで行かなくてはならなかったのであきらめました。展望台からはコモ湖の全景と遠くヨーロッパアルプスも眺められるとのこと。残念。

DSC_1018_convert_20160721184521.jpg

DSC_1020_convert_20160722092359.jpg
この橋の先端。ここで引き返します。

DSC_1041_convert_20160721184607.jpg
湖畔は市民の憩いの場ともなっています。

「風光る 氷河の恵み コモの湖」 BY まうんてんぼーい 

◎コモ湖
ヨーロッパ随一の避暑地。コモの町は美しく、高級リゾート地なので安全です。のんびりと散策にも最適です。ミラノの北部、北イタリアのスイスとの国境の間にはアルプスを背にした自然豊かな湖水地域があります。この一体には幾つもの美しい湖畔スポットがあり、それを代表するのが「コモ湖」です。コモ湖は長さ46キロ、最大幅が4.3キロの大きな湖でミラノからは中央駅もしくはカドルナ駅から電車に乗って30分ほど。
DSC_0943_convert_20160714194806.jpg

2016.4.22「イタリアアグリ紀行38 ヨーロッパきっての避暑地コモ湖で出会った鳥」

「イタリアアグリ紀行38 ヨーロッパきっての避暑地コモ湖で出会った鳥」

天気も良いミラノ晴れに誘われ、ヨーロッパきっての避暑地コモ湖に来てぶらり散歩。湖には多くの鳥がいました。

DSC_0992_convert_20160721184906.jpg

DSC_0989_convert_20160721184831.jpg

DSC_1036_convert_20160721190418.jpg
マガモ。だいたいツガイで見かけました。地味なのが雌。雄の頭の色がいろいろあるので面白い。マガモの雄の頭の羽色は少し暗い青緑色。別に『鴨羽色』『真鴨色 まがもいろ』とも呼ばれます。光の加減で緑に見えたり、青に見えたりしているようです。この『鴨の羽色』は『青葉』や『春山』にかかかる枕詞 にもなっているそうです。

DSC_1039_convert_20160721190657.jpg

DSC_1034_convert_20160721184945.jpg

DSC_1035_convert_20160721190314.jpg

DSC_1037_convert_20160721190501.jpg

DSC_1038_convert_20160721190541.jpg

DSC_1040_convert_20160721190733.jpg
この鳥はオオバン。大きさは40cmほど、額が白いのが特徴で、日本でも沼や河川、ハス田などの水辺で見られます。首を前後に動かして泳ぎ、水草や昆虫を食べます。

水すましのように湖面を泳いでいました。しばらく見とれました。

その後、湖畔のレストランで食事していると雀。パッセロ passero スパロー。

DSC_0029_convert_20160723103757.jpg

DSC_0030_convert_20160723103829.jpg
イエスズメ。全長14-16cmで大きさはスズメ (Passer montanus) よりやや大きい。雄はスズメに似ていますが、頭に帽子を被ったような灰色の部分があり頬の黒斑がありません。雌や若鳥は全体的に淡い茶褐色をした地味なカナリアといった風情。目の上に眉状の模様がある。ここで出会ったのは特徴から雌のイエスズメ。

DSC_0034_convert_20160723103519.jpg

DSC_0036_convert_20160723103709.jpg
料理をおねだりか、テーブルの端に来ました。かわいらしい。

◎コモ湖
ヨーロッパ随一の避暑地。コモの町は美しく、高級リゾート地なので安全です。のんびりと散策にも最適です。ミラノの北部、北イタリアのスイスとの国境の間にはアルプスを背にした自然豊かな湖水地域があります。この一体には幾つもの美しい湖畔スポットがあり、それを代表するのが「コモ湖」です。コモ湖は長さ46キロ、最大幅が4.3キロの大きな湖でミラノからは中央駅もしくはカドルナ駅から電車に乗って30分ほど。
DSC_0943_convert_20160714194806.jpg

2016.7.17「飯山の農的生活 楽しい集落の有志の飲み会 ほていや」

「飯山の農的生活 楽しい集落の有志の飲み会 ほていや」

集落の有志で親睦を深めるために飲み会をやるというので参加します。昼過ぎに会場の店からパスが迎えに来ます。会場は「ほていや」。ビール、焼酎の飲み放題、焼肉食べ放題で4000円。当日は朝まで雨が落ちていましたがスタートするころには晴れ間ものぞく天気。
「ほていや」は飯山市で創業700年の一番の歴史のあるホテルとのこと。昔は、結婚式は公民館でやるのが普通の中、「ほていや」でやるとなると一目も二目も置かれたそう。あの島崎藤村が「破壊」の構想で宿泊した宿でも有名とのこと。期待を膨らませ参加します。

IMG_8814_convert_20160717193832.jpg
ほていやに到着。

IMG_8813_convert_20160717193735.jpg
玄関の横に「ビアガーデン」の横断幕。食べ放題・飲み放題4000円とあります。どうやら、集落の宴会はこれのようです。

IMG_8817_convert_20160717193958.jpg
客室やロビーは二階のようです。半地下はすべて宴会場等になっています。

IMG_8816_convert_20160717193934.jpg
入口にこの書。料理自慢の宿のようです。

IMG_8810_convert_20160717193526.jpg

IMG_8811_convert_20160717193625.jpg

IMG_8809_convert_20160717193216.jpg
長い廊下に沿ってたくさんの宴会の部屋があります。ところどころにこのような書があり、なかなか見ているだけで楽しい。

IMG_8804_convert_20160717192855.jpg
この廊下を抜けて中庭にビヤガーデンらしきセットがなされていました。

IMG_8806_convert_20160717193112.jpg
楽しい会がわいわいがやがやとすすみます。集落の人たちに「恰好だけは長年の農業者だなあ」と冷やかされます。

IMG_8821_convert_20160717194022.jpg
二時間の楽しい宴会も終了。移住生活もなかなか良いものです。

IMG_8822_convert_20160717193907.jpg
往復50キロの道はマイクロバスで送り迎えしてもらえました。

<番外>
IMG_8805_convert_20160717193033.jpg
楽しそうな声に引き寄せられたのか鳥の雛が頼りなさそうにつかまっていました。何の鳥の雛かはわかりません。

◎ほてい屋
飯山市街地中心部に位置する『ホテル ほていや』。飯山市随一の施設を誇る老舗ホテル。創業700年、現主人で27代目という歴史ある施設。長野県内においてもかなり古く歴史のある宿。、島崎藤村や田中角栄といった有名人も利用。明治37年1月上旬、32歳の島崎藤村が丸山晩霞等と飯山に赴き真宗寺(小説『破戒』の蓮華寺のモデルとなった寺)を訪れたといわれており、その際の宿泊先が『ほていや旅館(ホテル ほていやとなる)」

長野県飯山市大字本町1213
TEL 0269-62-3128
料金 部屋代:6,480円/1名
料金備考 朝食:1,080円~ 夕食:3,240円~
最寄駅 JR飯山駅
最寄駅からの移動手段 JR飯山駅徒歩 10分
駐車場 20台(無料)

2016.7.19「酷暑のなか和光樹林公園でランニング」

「酷暑のなか和光樹林公園でランニング」

会社を辞めて、飯山に移住した際に、スポーツジムも止めてしまっため太り気味。東京の家に大学病院の検診のために帰ってきた日。気温35℃の梅雨の晴れ間の酷暑のなか、よく走りに行く、和光樹林公園にランニングに行きました。それでも、久々なのでゆっくりと走り出します。しかし、暑い。樹林の中では涼しいものの、直射日光を浴びるところでは太陽光が体にまとわりつきます。

IMG_8917_convert_20160720065007.jpg
梅雨の晴れ間。木々の間から青空が広がります。

IMG_8877_convert_20160719175531.jpg

2012_0408_105204-DSC_0270_convert_20120408134232.jpg
公園には1000mと820mの2つのランニングコースがあります。上の写真は1000mのスタート地点にある四阿。

IMG_8880_convert_20160719175916.jpg
1000メートルコースの年代別のコースタイムも表示され、目安となります。

IMG_8878_convert_20160719175726.jpg
いよいよスタート。以前は10周程度していました。本日は無理せず半分くらいにします。

IMG_8882_convert_20160719180033.jpg

IMG_8884_convert_20160720063845.jpg

IMG_8885_convert_20160720063949.jpg

IMG_8886_convert_20160720064036.jpg

IMG_8888_convert_20160720064240.jpg

IMG_8889_convert_20160720064320.jpg

IMG_8890_convert_20160720064358.jpg
コースは変化に富んでいて飽きません。また、ほぼフラットなコースです

IMG_8887_convert_20160720064109.jpg
コースにはっきりと影が落ちるほど太陽が体を焼きます。

IMG_8892_convert_20160720064509.jpg
とりあえず2周走ってタイムをみて、愕然。なんと遅い。4月から怠けた結果。写真もひっくりかえってしまった。

IMG_8913_convert_20160720064915.jpg
続いて、820mコースへ。ここは数年前から距離表示が消えてしまい、かろうじて700mラインだけが残っています。ここをスタートラインとします。

IMG_8894_convert_20160720064626.jpg

IMG_8895_convert_20160720064708.jpg

IMG_8912_convert_20160720064837.jpg
800mコースは樹林コースともいえるコースです。多様な樹林が空に幹を伸ばします。

運動不足が如実に。農作業は有酸素運動にはならないんだなあ。

◎和光樹林公園(ホームページ)
昭和20年米軍に接収された「キャンプ朝霞基地」の跡地の一部で、快適な住環境の確保と、美しい都市景観の創出を図る公園として、平成元年3月に開設された20.2haの公園です。多目的利用が可能な広場やジョギングコースなどがあるスポーツ・レクリエーションの場所として、また広域避難地として、県民に親しまれています。園内には約5,000本の樹木が植栽されており、春にはソメイヨシノやヒガンザクラ、カンザクラなど約1,700本の桜をお楽しみいただけます。公園内に和光市総合体育館があり、都立大泉中央公園、練馬区立大泉さくら運動公園、陸上自衛隊朝霞駐屯地に隣接しています
所在地  埼玉県和光市広沢三番地内
☎     048-468-0837
入園料  無料
開園時間  終日解放(管理事務所8:30~17:00/年末年始を除く)



2016.6.20「はるちゃん的 野菜作り とうもろこし」

「はるちゃん的 野菜作り とうもろこし」

6月初旬にそばの隣の畝にとうもろこしを植えることにしました。甘いので有名なゴールドラッシュの種を手に入れて50センチ間隔に穴をつけて2粒ずつまきます。畑は「壱の畑」を使用します。事前に消石灰と鶏糞をまいて1週間ほど放置した5月31日に種をまきしました。同時にポットで苗を育てることに。

DSC_0211_convert_20160620122013.jpg

DSC_0212_convert_20160620122039.jpg

DSC_0213_convert_20160620122119.jpg
種は三角のとがったほうを下にして指の第二関節まで埋めます。2粒ずつ植えました。

DSC_0214_convert_20160620122152.jpg
畝2列に植え終わり、水を撒いて終了。

〇6月12日
畑の直播もポットの苗も同時に芽が出ていました。
DSC_0243_convert_20160620122218.jpg

DSC_0249_convert_20160620122250.jpg

DSC_0250_convert_20160620122318.jpg

〇6月20日。
ポットでの苗が地植えの時期(種の植え付けから3週間)を迎えたので、除草をかねて、畑に植え付けました。

IMG_8260_convert_20160620122358.jpg
ポット苗もこんなに大きく。

IMG_8261_convert_20160620122435.jpg
雑草も生えまくります。スギナがはびこります。地植えのトウモロコシも雑草の中。有機栽培なので除草剤は使用していません。

IMG_8267[1]_convert_20160620134517

IMG_8268[1]_convert_20160620134441

〇6月24日
IMG_8388_convert_20160627064834.jpg
2個ずつ植えたので、間引きします。通常は一つを根本からカットして一つを残しますが、私はもったいないので一つを掘り出して、別の場所に植え付けました。なんとか定植し、影響はなかったようです。

〇7月7日
かなり大きくなってきました。順調に育ちます。しかし、一緒に植えたのに個体差は結構あります。

DSC_0544_convert_20160718051147.jpg

〇7月17日
成長の早い個体の中には穂が出てきました。
IMG_8769_convert_20160718051731.jpg

IMG_8770_convert_20160718051825.jpg

〇7月23日
IMG_9038_convert_20160727042615.jpg

DSC_0067_convert_20160728112826.jpg

DSC_0068_convert_20160728112939.jpg
雄花が大きく開きだしました。

〇7月30日
DSC_0611_convert_20160731054400.jpg

DSC_0612_convert_20160731054435.jpg
雌花が脇からのぞきだしました。

DSC_0615_convert_20160731061123.jpg

DSC_0616_convert_20160731061254.jpg

DSC_0617_convert_20160731061335.jpg
絹糸に人工授粉。ミツバチが飛び回り授粉してくれているのですが。

最近、ハクビシンと思われる食害があり、この日も隣のそばを根元から倒されていました。何とか、獣害、鳥害に合わないですみますように。

○8月初旬
とうもろこしも順調に大きくなり、いよいよ収穫時期となりましたが、獣や鳥被害が合わせて増えだしました。獣や鳥も生きるのが必至なのでしょうが、せっかく育てたものを取られるのもしゃくです。しかし、ネットを張ったりするなど被害防止をするのも面倒なので有効な手立てをすることもしませんでした。

s_DSC_0358.jpg

s_DSC_0359.jpg
トウモロコシの茎を押し倒して、なっている実をもぎ取っていきます。

s_DSC_0357.jpg
カラスにやられたとうもろこしの実

○8月中旬
大きくなってきたので収穫します。しかし、獣や鳥の食害がなくならないので、泣く泣く小さいものも取ります。

s_DSC_0815.jpg

s_DSC_0816.jpg

s_DSC_0015.jpg
とても甘くておいしい。スーパー等で購入する芯に感じる農薬くささはありません。当たり前です。無農薬・有機栽培ですから。

s_IMG_9436[1]

s_IMG_9438[1]
これは売り物になると多くの人にお褒めいただき鼻高々です。

おいしいトウモロコシが収穫できました。来年は獣と鳥と共生する方法を模索しつつ、今年以上の収穫(30本)をあげたいものです。1株1穂なので、株数を増やす必要が有ります。

○8月29日(栽培の経験的注意点)
多くのおいしいトウモロコシを提供してくれましたが枯れ始めました。今年の栽培では株分けした苗は大きくなりませんでした。大きな苗以外は株分けしたものを植え替えはても大きく育ちません。また、鳥獣の食害対策が大事です。

IMG_9614_convert_20160830050721.jpg

◎とうもろこしの育て方(「タキイ種苗㈱」ホームページ参照)
①種まき
日当たりと水はけのよい場所を選びます。根を深く伸ばして株の倒伏を防ぐため、粗(あら)起こしの際は多めの堆肥(たいひ)を苦土石灰とともに施し、シャベルなどで深く耕した後、元肥を全層に施します。特に排水の悪い所でない限り、幅 1.6m程度の平畝にします。タネまきは、平均気温が15℃になれば、露地で直まきができます。(地温25℃以上、約9日で発芽)地温が低ければトンネルが必要です。スイートコーン は根が粗いので、移植を嫌いますが、早どりなどで移植したい時は、3号(9cm)のビニールポットにまいて、根が回らないうちに植え付けるとよいでしょう(家庭菜園では、直まきがおすすめですが、早まき、早植えすればニカメイチュウの発生期とずれて被害が軽減できるメリットもあります)。
幅1.2mの畝なら2条で株間25~30cmとし、深さ3cmを目安に、1カ所3粒ずつタネの間をあけてまき、覆土(ふくど)します。発芽するまでは、土が乾かない程度に水をやります。1.ナスは種から植えて苗になるまでに約80日もかかるので、苗を購入します。
②間引き
本葉3~4枚のころ、生育のよい株を残し、ほかの株は残す株の根を傷めないよう根元からハサミなどで切り取っておきます。欠株ができたら、本葉2枚ごろに根を傷めないよう、ていねいに掘り上げて、補植しておきます。
③追肥、中耕、土寄せ
本葉6~8枚ごろと、雄穂が見えてきた時の2回、化成肥料を条間と畝の肩部に肥料溝をつけて施します。その後、畝の表面を除草を兼ねて軽く中耕し、株元へ十分に土寄せをして倒伏を防ぎます。
④脇芽、除房
従来、株元から出るわき芽(分げつ)は取り除いていましたが、近年はこれを取り除かなくても生育・収量に大きな影響がないことが分かり、省力化も兼ねて放任するようになりました。しかし、中生種でわき芽が伸びすぎて日当たりや風通しを妨げるようであれば、従来のように取り除いてやりましょう。
雌穂は1株に複数つきますが、1番上の雌穂が最もよく肥大します。除房とは上から2番目以降の雌穂を取り除くことです。除房しても大きな増収効果は見込めず、かえって株が傷つきますから特に必要ありません。しかし、ベビーコーンとして利用したい場合は、2番目以降の雌穂を絹糸抽出時にかき取って利用します。
⑤収穫
雌穂が実るころになると、カナブンや鳥の被害を受けることがあります。タマネギのネット袋などを雌穂の先端部から被せておくと、被害をかわすことができます。 絹糸が伸びて20~25日くらい経てば、実入りを確かめてから朝のうちに収穫します。スイートコーンは鮮度の高いうちに食べましょう。

従来、株元から出るわき芽(分げつ)は取り除いていましたが、近年はこれを取り除かなくても生育・収量に大きな影響がないことが分かり、省力化も兼ねて放任するようになりました。しかし、中生種でわき芽が伸びすぎて日当たりや風通しを妨げるようであれば、従来のように取り除いてやりましょう。
雌穂は1株に複数つきますが、1番上の雌穂が最もよく肥大します。除房とは上から2番目以降の雌穂を取り除くことです。除房しても大きな増収効果は見込めず、かえって株が傷つきますから特に必要ありません。しかし、ベビーコーンとして利用したい場合は、2番目以降の雌穂を絹糸抽出時にかき取って利用します。


2016.7.20「根津で見つけた談志推薦の店」

「根津で見つけた談志推薦の店」
健康の異常が発見されて、千駄木にある大学病院に2度目の検査のために行きました。出身大学の近くということもあり、よく知った場所。通称「谷根千」の一角で老舗や有名なお店が集まるところ。お昼の食事を楽しみに行きます。

本日は根津にある「けい」。故立川談志師匠の推薦文を掲示した店です。居酒屋ですがランチのコスパが良いのでお勧めです。

IMG_8689_convert_20160721120659.jpg

IMG_8687_convert_20160721120130.jpg

IMG_8962_convert_20160721121053.jpg

暖簾をくぐると店内はカウンターとテーブル席が2つ。15-6人で満席となる店。

IMG_8958_convert_20160721120848.jpg

本日のランチは次のラインナップ。牛ステーキ丼が一押しのようです。

IMG_8961_convert_20160721121010.jpg

午後一番で検査なので、重いものをやめて「塩サバ定食」を注文。

IMG_8960_convert_20160721120918.jpg

カウンターのなかではいかにも江戸っ子という女将が一人でチャキチャキと料理をこなします。
私も料理を待っていたら、「旦那。お茶はそこにあるから、勝手に飲んで」。

もちろん、サバは十分な脂がのり、ヒジキに、だいこんの葉の炒めものに、わかめたっぷりの味噌汁。美味しくいただき、午後からの検査に臨むのにピッタリのお昼となりました。

◎けい
☎ 03-3823-4645
東京都文京区根津1-23-13
交通手段 千代田線根津駅から徒歩5分
営業時間 ランチ営業
定休日   日曜日

2016.4.22「イタリアアグリ紀行39 コモ湖畔で ランチ  La Darsena 」

「イタリアアグリ紀行39 ヨーロッパきっての避暑地コモ湖が美しい」

イタリア生活も一週間。天気も良いミラノ晴れに誘われ、ヨーロッパきっての避暑地コモ湖に来ました。コモ駅を降りると眼前に湖が広がります。コモ湖畔を巡り、湖畔に沿ってレストランが並ぶ道にあるレストランでランチ。たくさん並ぶ中で、ウェイターか支配人と目が合い、吸い込まれるように席についてしまった。しかし、場所は最高。

DSC_0015_convert_20160727105919.jpg

DSC_0016_convert_20160727110744.jpg
駅を出て、向かって右側に歩くと、湖畔沿いにレストランが並び、ちょうど美しいピンクの花が咲いていました。

DSC_0020_convert_20160727110827.jpg
桜のようですが、イタリアに咲いているのはアーモンドのようです。

DSC_0042_convert_20160727111412.jpg
レストランが立ち並び湖を眺めながら素敵な時間が過ごせる場所です。

DSC_0039_convert_20160727111215.jpg
DSC_0024_convert_20160727110920.jpg
吸い寄せられるように席についてしまいました。

DSC_0040_convert_20160727111507.jpg
レストラン「 La Darsena 」。トリップアドバイザーでも評判が良いです。

DSC_0026_convert_20160727111018.jpg
まずは、お決まりのビール。地ビールのコモビール。テーブルにはナイフとフォーク。イタリアではパスタを食べるときはスプーン使いません。どうやら、日本ぐらいらしい。5€(約640円)

DSC_0033_convert_20160727111306.jpg
ヴォンゴレ・ビアンコを注文。浅利がたくさん。アルデンテでとてもおいしい。11€(約1400円)愉快な仲間はカルボナーラ。10€(約1280円)
DSC_0032_convert_20160727111122.jpg
やはり、ビールではあわないとワインボトルを注文します。

DSC_1011_convert_20160722092312.jpg
美しい湖を見ながら、さわやかな風の中、おいしいものを食べながら、ワインが身体をめぐり、すっかり良い気持ちに。

◎La Darusena
Via Lungo Lario Trieste, 54, 22100, Como, Italy
0039 031/301081 - 0039 031/271462

食事にはテーブルチャージとして1人あたり3€(約380円)かかります。

◎コモ湖
ヨーロッパ随一の避暑地。コモの町は美しく、高級リゾート地なので安全です。のんびりと散策にも最適です。ミラノの北部、北イタリアのスイスとの国境の間にはアルプスを背にした自然豊かな湖水地域があります。この一体には幾つもの美しい湖畔スポットがあり、それを代表するのが「コモ湖」です。コモ湖は長さ46キロ、最大幅が4.3キロの大きな湖でミラノからは中央駅もしくはカドルナ駅から電車に乗って30分ほど。
DSC_0943_convert_20160714194806.jpg

2016.7.26「奥信濃 野沢温泉に新観光名所 シュナイダー広場」

「奥信濃 野沢温泉に新観光名所 シュナイダー広場」

いつものように日課の野沢温泉で汗を流そうと外湯を訪ねた際に、つい最近できたばかりの「シュナイダー広場」に立ち寄った。昔からある蔵を改造して、カフェと展示室を併設した建物。その前の広場には岡本太郎の作品とシュナイダーの胸像、愛用のスキーが展示された記念碑があります。できたばかりということもあり、とても清潔です。展示室には野沢温泉にゆかりのある画家の絵があります。なかに、棟方志功の作品も展示されていました。一度は訪れてみるのもいいと思います。

IMG_9037_convert_20160726105628.jpg
蔵を改造したカフェ&記念館。なかなかしゃれた建物です。

IMG_9019_convert_20160726104909.jpg
シュナイダーコースにあった記念碑を移築。ハンネス・シュナイダーは20世紀前半に活躍したオーストリアのスキー講師で、「アルペンスキーの父」として知られている人。1930年には秩父宮雍仁親王の招待を受けて来日し、3カ月余りの滞在の間、野沢温泉をはじめとした各地でスキーの指導を行ったそうです。その際に、日本の中で難コースに例えられるコースにシュナイダーの名がつけられました。野沢温泉のシュナイダーコースは私も何度も滑り降りましたが、何度もころがりました。

IMG_9015_convert_20160726104654.jpg

IMG_9020_convert_20160726105220.jpg
シュナイダー記念碑の向かって右側には岡本太郎の彫刻。岡本太郎は野沢温泉を愛し、多くの作品をこの地に残しています。
展示室にも絵画がありました。

IMG_9022_convert_20160726105409.jpg
岡本太郎 「黒い太陽」

IMG_9032_convert_20160726110329.jpg

IMG_9024_convert_20160726105522.jpg
IMG_9227_convert_20160830043055.jpg

IMG_9026_convert_20160726105807.jpg
棟方志功の絵画。作品はこれ以外に版画1作品が展示されています。

カフェも併設され、食事もできるようです。(拙ブログ「野沢温泉で地ビールをいただく。カフェ 蔵」をご覧ください。)

◎シュナイダー広場
野沢温泉村のスキー場日影ゲレンデにある芸術家岡本太郎(1911—96)がデザインしたハンネス・シュナイダー記念碑を横落の観光協会隣接地に移設し、土蔵と記念碑を利用した交流広場。
交流広場は村所蔵品の展示や「野沢温泉物語」シリーズ商品の販売、オープンカフェ。
入館 無料

2016.7.24「飯山の農的生活 豊作祈願 伝統の風祭」

「飯山の農的生活 豊作祈願 伝統の風祭」

飯山の農的生活。今年も稲作は中干を順調に迎え、いよいよこれから穂がついて稲刈りまで大事な時期を迎えます。毎年、この時期に集落で行われる豊作祈願の「風祭」が行われます。今年は翌日に東京の病院に行かなければならないので参加を見合わせようと思っていました。しかし、豊作祈願やそれ以外でも祈願したいこともあり、16:00からのお祭りに参加しました。
今年からお祭りにも高齢化の波が押し寄せています。本来ですと社への参道に大きな柱を立てて、幟をはためかすのですが過去に事故があったということもあり、今年から中止となりました。若い人たちが移住して、生き生きと働ける場の提供が必要です。農業ではなかなか生活維持ができないばかりか、求人はたくさんあっても最低賃金が全国でも低い地域では家族を養なえない現実もあります。根本的な地域振興対策が必要と感じる今日この頃です。

IMG_9038_convert_20160727042615.jpg
「壱の畑」でもトウモロコシ、白いんげん、蕎麦、かぐらねぎがすくすく育っています。蕎麦の白い花の向こうに見える杉木立の中に「沖の宮」があります。

IMG_9041_convert_20160727044014.jpg
太鼓をたたく村人を先頭にぞろぞろと沖の宮に向かって集会所をスタート。

IMG_9045_convert_20160727044101.jpg
田圃のなかの参道を沖の宮に向かいます。太鼓の音がトントントントンと風情のある音色を響かせます。

IMG_9047_convert_20160727044145.jpg

IMG_9048_convert_20160727044233.jpg
沖の宮に到着しました。

IMG_9052_convert_20160727044408.jpg

IMG_9051_convert_20160727044318.jpg
堂内に神主さんを先頭に登り、いよいよ、祈願が始まります。

IMG_9053_convert_20160727044448.jpg
無事、お祭りが終わり集会所で楽しい「直会」。お神酒を受けて、飲み会のスタート。私は車で東京に帰るので、お神酒も受けれられません。残念。

「豊作を 祈る村人 風祭り」 by まうんてんぼーい

◎沖の宮
沖縄県那覇の社が有名。ここの社は昔々千曲川の洪水に乗って社がこの地に流れ着き、それ以来「沖の宮」と命名されたらしい。

2016.7.24「前橋市内の17号 ラーメン街道 とりの助」

「前橋市内の17号 ラーメン街道 とりの助」

飯山の農的生活。一週間に一回必ず通る国道17号。ちょうど前橋市内を通過中に夕食という場合が多い。市内の国道17号界隈には「とんかつや」と「ラーメンや」が多い。「とんかつや」は赤城高原の豚ということでおいしい店が多い。しかし、ラーメンはおいしい店がない。チェーン店が多いということもあるのかもしれない。「おおぎや」、地元の「バンカラ」などは2店もあります。

IMG_9061_convert_20160727093112.jpg

IMG_9055_convert_20160727092838.jpg
店内は夕食時なのにガラガラ。以前一度入って、全然、おいしくなかったが、ラーメンが無性に食べたくなって、チェーン店より良いだろうと入ってしまった。「とりの助」。

IMG_9058_convert_20160727092940.jpg

IMG_9057_convert_20160727092913.jpg
私はゆず塩、愉快な仲間は野菜味噌を注文。

IMG_9059_convert_20160727093009.jpg
薄めのスープにゆずの千切り。煮卵はトッピング。鶏のぶつ切りがチャーシュー変わり。
この鶏肉が固くておいしくない。麺は中太麺で固い。肝心のスープは何のコクもない。残念。

IMG_9060_convert_20160727093037.jpg
愉快な仲間の味噌ラーメン。味噌が辛いだけで全然おいしくない。要するにうまみがない。残念。

全国に24店舗も展開しているというが安かろう・・・・・。やはり、「安くて、旨い」を目指してほしいなあ。

◎とりの助下小出町店(ホームページ)
群馬県前橋市下小出町2-23-12
営業時間:(平日)11:00~15:00、17:00~24:00 土/日祝) 1:00~24:00
丸鶏の旨味を極限まで追求した「究極鶏白湯スープ」鶏肉と鶏骨の絶妙なバランスと、仕込みから炊き上げまで、全て手作りにこだわった最強の鶏白湯スープは、濃厚ラーメンの魅力であるコッテリ感ある深い味と、癖になる味わいを生み出した傑作「濃厚鶏そば」の完成です。

2016.7.29「飯山の農的生活 米作り二年目⑨ 中干しから水かけ、穂肥」

「飯山の農的生活 米作り二年目⑨ 中干しから水かけ、穂肥」

田植え後、目安で40日ぐらいたつと田圃からいったん水を落とす「中干し」をします。梅雨も28日に明けました。すでに中干も16日。天気も安定してきたので、中干を終了して、水を入れます。中干し後は、間断かん水を2~3回繰り返し、もとの湛水状態に戻します。「間断かん水」とは、湛水と落水を数日ごとに繰り返す方法です。具体的には浅水程度に水を入れ、水が無くなってもすぐに水を入れず、1~2日待って再び浅水程度に水を入れます。
湛水状態に戻した後は、出穂1週間前頃まで浅水管理を続けます。
また、同時に「穂肥」をします。穂肥(ほごえ)は、穂の籾を充実させることを目的とした肥料で、撒くタイミングが大切です。
稲を割ってみるて、出来かけの穂があれば、このタイミングで施します。 この穂が退化するのを防ぎ、稲の活力を高めて登熟を良くするために、穂肥を施します。

DSC_0626_convert_20160730092811.jpg
稲を一本取ります。

DSC_0627_convert_20160730092840.jpg

DSC_0629_convert_20160730092921.jpg
根本のほうからカッターで表面をこそげ落とします。

DSC_0631_convert_20160730093000.jpg
師匠と茎を割ってみるとすでに稲ができています。穂肥をすることとしました。成長の良いところは少なめに、成長が悪いところは多めにまきます。師匠と相談して、昨年同様に、壱の田圃に1.8K、弐の田圃に1.2Kの肥料を蒔きました。

IMG_3805_convert_20150727064311.jpg
IMG_3806_convert_20150727234630.jpg
施す穂肥。

肥料の撒き方は、 この時期、田んぼに入ると稲を傷めるので、穂肥は畦から散布します。撒き過ぎは、禁物です。撒き過ぎると、やはり茎や葉に肥料が効きすぎ、徒長して倒伏(とうふく)の原因にもなります。倒伏すると収穫量も減りますし、品質も低下します。 そのため、稲の成長具合をみて、成長の遅いと思われるところには多め、成長の早いところは少なめにまきます。

DSC_0632_convert_20160730093031.jpg
肥料を正確に量り、まきます。

IMG_8982_convert_20160730093721.jpg

DSC_0635_convert_20160730093108.jpg

DSC_0636_convert_20160730093139.jpg

DSC_0637_convert_20160730093229.jpg
「壱の田圃」からまきます。稲の成長を見ながら分量を加減します。

DSC_0638_convert_20160730093302.jpg

DSC_0639_convert_20160730093421.jpg
「弐の田圃」も続けてまきました。

いよいよ、はるちゃんの2回目の稲作も佳境となりました。

「川風や 波打つ稲に 穂肥かな」 By まうんてんぼーい

◎中干し後の水管理(クボタホームページ)
幼穂形成期から穂揃い期までは浅水管理、穂揃い期以降は7~10 日浅水管理後、1~2日落水管理の間断潅水が理想です。
間断潅水とは、田面に軽い亀裂が生じるまで干した後、入水および自然落水を繰り返すこと。これにより根に酸素供給し稲体の活力を保持させる。

◎穂肥(クボタホームページ)
穂肥(ほごえ)は、穂の籾を充実させることを目的とした肥料で、出穂(しゅっすい)直前に散布します。早く散布しすぎますと、肥料が稲の茎や葉に効いて、徒長することになります。そうなると、穂の籾に実(=お米)が入らなくなります。穂肥の散布は、タイミングが大切です。
出穂の25日前頃が幼穂形成期です。稲は葉を増やすのをやめて、茎の中で、籾の集合体である穂を作ります。稲を割ってみると、出来かけの穂があります。穂肥はこのタイミングで施します。 この穂が退化するのを防ぎ、稲の活力を高めて登熟を良くするために、穂肥を施します。
撒き方は、 この時期、田んぼには入ると稲を傷めるので、穂肥は畦から散布します。撒き過ぎは、禁物です。撒き過ぎると、やはり茎や葉に肥料が効きすぎ、徒長して倒伏(とうふく)の原因にもなります。倒伏すると収穫量も減りますし、品質も低下します。


2016.4.22「イタリアアグリ紀行40 コモの町探訪」

「イタリアアグリ紀行40 コモの町探訪」

イタリア生活も一週間。天気も良いミラノ晴れに誘われ、ヨーロッパきっての避暑地コモ湖に来ました。コモ駅を降りると眼前に湖が広がります。コモ湖畔散策の後に、コモの町の中心街に足を延ばします。ドゥーモ、市庁舎、時計塔、ドゥーモ広場が観光名所のようです。観光地らしく多くの土産物屋が軒を連ね観光客がたくさんいました。

DSC_0047_convert_20160730053053.jpg
中央広場からドゥオーモに向かいます。

DSC_0044_convert_20160730052911.jpg

DSC_0045_convert_20160730053007.jpg


DSC_0048_convert_20160730053131.jpg
中央広場の端から湖の方向に振り返ります。

DSC_0051_convert_20160730053211.jpg
コモも城壁に囲まれた城塞都市で道は碁盤の目のように配置されていました。まずは、コモを代表する建築物 ドゥオーモ(Duomo)に行ってみました。ドゥオーモはイタリア語で、街を代表する教会堂の事です。

DSC_0054_convert_20160730053328.jpg
一番高い尖塔に金色の旗がはためきます。

DSC_0057_convert_20160730053402.jpg

DSC_0061_convert_20160730053439.jpg

DSC_0064_convert_20160730053702.jpg

DSC_0077_convert_20160730053737.jpg
ドゥオーモの中に入るとそこは別世界。荘厳な雰囲気に包まれます。

DSC_0053_convert_20160730053300.jpg
市庁舎。時計塔と連結しています。中世の建物がそのまま使用されています。

DSC_0102_convert_20160730053920.jpg

DSC_0103_convert_20160730053959.jpg

DSC_0106_convert_20160730054132.jpg
帰りはコモ駅からミラノに帰ります。列車の中はがらがらでした。

<番外>中央広場やドゥオーモ前では大道芸人がたくさんいます。
DSC_0055_convert_20160730054241.jpg
DSC_0056_convert_20160730054334.jpg

DSC_0097_convert_20160730053837.jpg

◎コモ湖
ヨーロッパ随一の避暑地。コモの町は美しく、高級リゾート地なので安全です。のんびりと散策にも最適です。ミラノの北部、北イタリアのスイスとの国境の間にはアルプスを背にした自然豊かな湖水地域があります。この一体には幾つもの美しい湖畔スポットがあり、それを代表するのが「コモ湖」です。コモ湖は長さ46キロ、最大幅が4.3キロの大きな湖でミラノからは中央駅もしくはカドルナ駅から電車に乗って30分ほど。
DSC_0943_convert_20160714194806.jpg

プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR