FC2ブログ

2016.8.1「千駄木ぶらり おいしい担担麺に出会う。毛家麺店」

「千駄木ぶらり おいしい担担麺に出会う。毛家麺店」

健康の異常が発見されて、千駄木にある大学病院に検査のために3度目の来千。出身大学の近くということもあり、よく知った場所。検査結果も決してよくない方向に向かっているが、結果より、お昼を楽しみに来ました。

本日は前から気になっていた毛沢東の顔が壁に大書してあるお店に。担担麺がとてもおいしいという評判の店です。「毛家麺屋」。

s_IMG_9185.jpg

DSC_0068.jpg

s_IMG_9183.jpg

店内に入るとカウンターと2人掛けのテーブルのみの狭い店。厨房の中では大柄の料理人がもくもくと調理。

IMG_9178_convert_20160803005341.jpg

メニューを見る前に「担担麺」を注文。見ているとお客さんはすべて担担麺を注文。期待が膨らみます。

IMG_9177_convert_20160803005238.jpg

担担麺が目の前に供されました。濃厚なスープに見えますが意外とさっぱり、コクがあり、まいうー。中心に黒ゴマにパクチー。口に含めば絶妙なハーモニー。麺は大好きな細麺。スープとよく合います。

s_IMG_9179.jpg

IMG_9181_convert_20160803005828.jpg

IMG_9182_convert_20160803005917.jpg

久々にスープを全部飲み干して、いよいよ、検査結果を確認に行きます。ここの担担麺はお勧めです。

◎毛家麺店 (マオケメンテン)
☎ 03-3823-0039
東京都文京区千駄木3-34-7
交通手段 地下鉄千代田線「千駄木」駅2番出口から徒歩1分
       不忍通り沿い
営業時間 [平日] 11:00~15:00、17:00~22:30
       [土・日・祝] 11:00~22:30
定休日 火曜日

2016.8.3「国道117号線 野沢温泉村のひまわり畑に見せられる」

「国道117号線 野沢温泉村のひまわり畑に見せられる」

国道117号線で飯山市内を目指して、野沢温泉村を走ると右手に素晴らしいひまわり畑。暫し、車を止めて見せられました。ひまわりは心を暖かくしてくれる花です。

s_DSC_0104.jpg

s_DSC_0085.jpg

s_DSC_0088.jpg

s_DSC_0090.jpg

s_DSC_0094.jpg

s_DSC_0095.jpg

s_DSC_0097.jpg

s_DSC_0099.jpg

s_DSC_0098.jpg

s_DSC_0103.jpg

<番外>そっぽ向くひまわり。

s_DSC_0102.jpg



2016.8.3「愛の湖 北竜湖 一周ハイク」

「愛の湖 北信濃の北竜湖 一周ハイク」

8月に入って、梅雨も明けましたが、曇りや晴れても突然の雨など安定しない日々が続きます。本日も午後からは雨の予報でしたが、午前中が思いのほか晴れたので、近くの「北竜湖」に行ってみました。昔は「早乙女池」と呼ばれていたそうてせす。早乙女が農作業で汚れた手足を洗った場所が由来だそうです。そのためか、多くの恋愛伝説が残っています。恋愛スポットとして隠れた人気の場所です。湖の形もハート型。湖畔には50台ほど止められる駐車場、売店、キャンプ場、ボート乗り場、北竜温泉の宿泊施設等があります。また、バス釣りでも釣り人には有名なようです。
本日は駐車場から始まる一周2.2キロのハイキングコースを歩きました。

s_DSC_0106.jpg

s_DSC_0107.jpg

s_DSC_0108.jpg
今年はびっくりするほど水位がありません。北竜湖は農業用水のため池の役割があり、この時期は「中干」を終えて、田圃に水を入れる時期となっています。そのため、水位が極端に下がっていました。特に、少雪でもともと水が少なかったこともあるようです。水位が低いために随分と藻が湖面を覆います。

駐車場は平日ということもあり、ガラガラです。駐車場から始まる一周2.2キロのハイキングコースを歩きます。

s_DSC_0114.jpg

s_DSC_0115.jpg
ハイキングコースはよく整備されていて標高差も41メートルのほぼフラットのコースです。入口からスタート。

s_DSC_0116.jpg

s_DSC_0118.jpg
入口からしばらくはコースから湖が良く見えます。

s_DSC_0119.jpg

s_DSC_0125.jpg

s_DSC_0140.jpg
道はやがて木立の中を進むようになります。ぎらぎらした太陽が遮られ、湖からの風もあり、自然のクーラーの中で快調に歩きます。

s_DSC_0143.jpg
コースを半分ぐらい歩くと駐車場の対岸にある社に出ます。

s_DSC_0145.jpg
「恋愛成就の橋」をわたります。愛の湖のコンセプトが徹底しています。

s_DSC_0146.jpg
その先には七福神がお待ちかねでした。福をもたらすとして日本で信仰されている神様。ひとつひとつかなり大きな石造がたっていました。(拙ブログ「愛の湖で七福人に出会う」をご覧ください)

DSC_0154_convert_20160908044929.jpg
愛の成就を願う「絵馬」をかける鳥居がありましたが2枚がかかるのみです。これは穴場です。頼む人が少ないということはかなう確率が高いかな。

DSC_0156_convert_20160908045001.jpg
DSC_0160_convert_20160908045035.jpg
夫婦杉に七福神の紅一点「弁財天」の碑。

DSC_0158_convert_20160908045108.jpg
対岸を臨みます。売店や駐車場が見えます。しかし、普段は透明度の高い湖に藻が大量発生し、残念。美しさと神秘性が台無し。

s_DSC_0166.jpg

s_DSC_0167.jpg
七福神に別れを告げてさらに木立の道を歩きます。少しずつ道は登りとなり、かなり下に湖が見えるようになります。

s_DSC_0172.jpg
その後、登っていた道が急速に下るようになり、「北竜湖温泉ホテル」前の道にでてきました。

このハイキングコースはセラピーの道として整備されたようですが、よく整備され、距離も短く、30分ほどで一周できるのでお勧めです。

〇北竜湖ハイクコース
距離 2.2キロ
時間 1時間
標高差 41m
消化カロリー 104.4キロカロリー

◎北竜湖(ウィデペギア)
長野県飯山市にある湖。周囲を走る断層と、火山の爆発によってできたくぼみに水がたまってできた天然湖である。古くは北竜池、早乙女池と呼ばれた。豪雪地帯にあり周囲2.4ヘクタールほどの面積から雪解け水や雨水を集め、春は満々と水を湛えている。春に咲く湖畔の菜の花畑は有名。

s_DSC_0110.jpg


2016.7.28「谷中で見つけた絶品アップルパイ マミーズ」

「谷中で見つけた絶品アップルパイ マミーズ」

健康の異常が発見されて、千駄木にある大学病院に検査のために3度目の来千。JR西日暮里駅から谷中銀座 へ。そして、よみせ通りを千駄木方面に向かう途中。アップルパイが絶品の店「マミーズ」があります。是非、一度、だまされたと思って食べてください。そのリンゴの塊の大きさ、程よく煮込まれ、カスタードクリームとの調和も素晴らしいアップルパイ。食べる人数により、カットもしてくれます。

s_IMG_9171.jpg
谷中銀座からよみせ通沿いには外国人観光客も多いです。写真の親子も店をのぞいてました。

s_IMG_9188.jpg
店内にはアップルパイがずらり。

s_IMG_9187.jpg
いろいろな大きさが用意されています。本日は当家の口が3つなので1200円のサイズをチョイス。6つに切ってもらいました。

s_IMG_9191.jpg
素敵なシンプルな箱に入っています。贈答としても恥ずかしくないものです

s_IMG_9189.jpg
いただきます。甘さを抑え目でほのかな甘みが口の中に広がります。まいうー。

◎マミーズ
☎ 03-3822-8166
東京都台東区谷中3-8-7 斉藤ビル 1F
交通手段  地下鉄『千駄木』2番出口から徒歩1分。よみせ通り沿い。
営業時間  [月~金] 10:00~19:00 [土・日・祝] 9:00~19:00
        日曜営業
定休日   不定休


2016.8.17 上越高田の軍ちゃんで海鮮ちらし」

「上越高田の軍ちゃんで海鮮ちらし」

なべくら高原でハイキングをした帰り、お昼を食べるために上越高田の「軍ちゃん」へ。コスパがとても良い店。また、直江津港等の日本海の幸の水揚げが多い漁港目白押しの上越にあるということもあり、海鮮といっても旬の近海の珍しい魚が提供されます。

関田峠から1時間。関田峠の鍋倉山登山口をスタートしたのが正午。14時でランチタイムが終わるので急ぎます。
なんとかぎりぎりセーフ。人気店だけに広い店は満席状態です。

s_IMG_9453.jpg
高田駅から10分ほどの雁木商店街の中にあります。駐車場は店の裏に有料駐車場があります。

s_IMG_9452.jpg
店内は広く、大きな座敷席やカウンター席、テーブル席があります。

上海鮮ちらしを注文。1500円。上海鮮丼もあります。形だけでは見分けがつきません。寿司飯が酢飯が海鮮ちらし、普通のごはんが海鮮丼です。

初めて来たときに、上海鮮丼を注文し、酢飯でないので間違いかと思って聞いて、その違いを知りました。

s_IMG_9449.jpg
必ず、ちらしに提供された魚の配置図がいただけます。これも魚がわかって食べられるのでありがたいサービス。新鮮でないと提供されない珍しい魚がたくさん。太刀魚、サゴシ、マトウダイ、カワハギ。

s_IMG_9448.jpg

s_IMG_9447.jpg

大変においしいです。ご馳走様でした。お勧めの店です。

○今回の主な魚
ワラサ・・・ブリの60 cm くらいのもの。ブリはサイズで名前がかわります。ワカシ:15 cm
       くらいまでのもの、イナダ:40 cm くらいブリは90 cm 以上
太刀魚・・・肉は柔らかく、塩焼き(バター焼き)やムニエル、煮付け、唐揚。新鮮なものは
       皮ごとの刺身や寿司、酢の物。
サゴシ・・・サワラ(鰆)の40-50cmのもの。成長に従ってナギ(50-60cm)、サワラ(60cm
       以上)と呼び名が変わる出世魚。
マトウダイ・・・白身魚で、味が良い。刺身・煮付け・唐揚げ・フライ・鍋料理。 鯛と名がつ
         くが馬頭というように似ても似つかない。
カワハギ・・・身は脂肪が少なく歯ごたえがある白身で煮付け、刺身、フライ、干物。生で
        は弾力があり、刺身は薄造りに。

◎軍ちゃん
新潟県上越市本町4‐1‐8
TEL.025-526-3950
営業時間 AM11:00~PM2:00
       PM5:00~PM10:30
       (ラストオーダー PM10:00)




2016.4.24「イタリアアグリ紀行41 垂直の森」

「イタリアアグリ紀行41 「イタリアアグリ紀行41 垂直の森」

イタリア ミラノに留学中の娘がいる間にイタリア野菜の見聞を広めるためにミラノやボローニャで滞在型の旅行を計画。Airbnbでイタリア ミラノに素敵な家を見つけて予約。オーナーはスカラ座にも出られているチェロ奏者。娘の下宿からも近で決めました。滞在型で自炊やレストランを食べ歩きながらイタリアの食を研究しようということです。

ミラノ生活を満喫し、次はボローニャでの生活です。アグリツーリズモの先駆的国として、勉強もかねて宿泊を楽しみました。アグリツーリズモは都市居住者などが農場や農村で休暇・余暇を過ごすことです。イタリアでは田舎から都市に人口流出が始まった1960年代から始まり、国レベルの法律が制定されました(1985年)。当初は農業を守るための必要最低限の人口の保持と、その地域の自然環境保全のためとされていましたが、近年は、所有の施設を用いて宿泊客受け入れと農業・林業・動物の飼育などに関連したアクティビティを行うことを言うようになっています。長野県飯山に移住したのも、この考え方に共感したからです。

まずは、ミラノからボローニャに向かいます。

ボローニャ駅に向かうためにガルバルディ駅に移動し、ここから鉄道に乗ります。この駅前には世界的に有名な建物「垂直の森」
があります。「垂直の森」とはよくつけたと感心するほど素晴らしい建物でした。

s_DSC_0126.jpg

s_DSC_0128.jpg
垂直の森。バルコニーを異常に広くとっています。建築は困難を極めたんでしょうね。

s_DSC_0127.jpg
ガルバルディ駅前から垂直の森とともに見えるツインタワー。保険会社の建物のようです。

s_DSC_0129.jpg
ガルバルディ駅。ここまでは地下鉄で来ました。

◎ボスコ・ヴェルティカーレ(日経アーキテクチュア)I
建物を緑化したい、屋上緑化すれは断熱効果もある――。そう思っていても、荷重が増え、建設費が増え、ミニマルなイメージの外観と合わず、結局は申し訳程度の緑化に落ち着いたりしたことはないだろうか。
今年完成したイタリア・ミラノのBosco Verticale(ボスコ・ヴェルティカーレ=垂直の森)は、モダンなイメージを保ったまま、森を積層したような奇抜な外観が特徴の集合住宅である。CGかと見間違うくらいだ。
ボスコ・ヴェルティカーレは、ミラノ市内の4万㎡に及ぶポルタ・ヌオーヴァ・イゾラ再開発地区にある。27階建てで高さ110mの棟と、19階建てで高さ76mの棟から成るツインタワーだ。2棟のバルコニーには合わせて、高さ3~6mの中高木が900本、低木が5000本、花が1万1000株も植えられている。

2016.8.5「トマトのスムージーを作る」

「トマトのスムージーを作る」

今シーズンもトマト栽培は好調で8月になると毎日、大きなボール一杯のミニトマトが採れます。折角なので゛新鮮な状態でスムージーにして飲みます。リコピンが豊富なトマトスムージーは栄養もおいしさも最高です。リコピンには、アンチエイジング効果のある抗酸化作用や美白作用など、美肌になれる成分が豊富です。

s_IMG_9254.jpg
スムージーミキサーを用意しました

s_IMG_9255.jpg
ミニトマトをカップに投入

s_IMG_9257.jpg
ミキサーを思いっきり突っ込みます。

s_IMG_9258.jpg
あっという間にトマトがどろどろの液状になりました。

IMG_9259_convert_20160912001547.jpg
はちみつを少し入れて甘みを付けるとさらにおいしいです。

<追記>使用したトマトは朝どりのトマトです。もちろん、自家栽培の無農薬野菜。

s_DSC_0075.jpg

s_DSC_0081.jpg

s_IMG_9130.jpg


2016.8.5「飯山の農的生活 米作り二年目⑩ 出穂(しゅっすい)・追加穂肥」

「飯山の農的生活 米作り二年目⑩ 出穂(しゅっすい)・追加穂肥」

8月に入り、30℃を超える暑い日が続きます。稲も穂肥後に、水管理を徹底した結果、稲の花が咲きだし、稲穂が姿を見せる出穂期となりました。何とかここまでたどり着きました。水管理を徹底して、暑いので、極力かけ流しにしました。

s_DSC_0726.jpg

s_DSC_0727.jpg

s_DSC_0729.jpg
よくみると清楚な花が咲いています。雄しべが伸び、出ています。雄しべの花粉が、雌しべに受粉すると、緑色の籾が閉じます。

s_DSC_0731.jpg
すでに授粉して、実がなっているのもあります。

・穂肥の追加
8月11日。稲の成長に多少のばらつきがあるので、出穂していない稲や稲の葉色が黄緑に近い稲を中心に追加の穂肥を実施しました。多くの稲は出穂して、いよいよ稲穂になります。白穂もちらちら。白穂は虫に茎を食べられて栄養がいかないために、穂になれず枯れたもののようです。農業はリスクとの戦い。

s_DSC_0223.jpg

s_DSC_0225.jpg
出穂がまだの部分に、追加穂肥をします。

s_DSC_0226.jpg
s_DSC_0227.jpg
折角、稲穂が出たのに白穂がところどころに見えます。

s_DSC_0228.jpg
出穂した稲は順調です。

s_DSC_0229.jpg
弐の田圃は水の取り入れ口の近い稲ほど、まだ、穂が出ません。

◎白穂
イネ科農作物の穂が水分の異常な欠乏により白色に枯れ上がること。出穂期にフェーンが吹いた場合などにしばしばみられる現象で,出穂直後の軟弱な穂からの急激な蒸散に,根からの水分供給が間に合わないことが原因となる。受精が障害を受けて不稔となるばかりでなく,穂は脱色されて白くなる。その後環境条件が好転しても,回復を期待することはできない。

<番外>
この時期、除草剤を極力まかない農法のため、雑草の稗が目立つようになります。田圃に入るのはこの時期は稲の根を傷めるのでNG。しかし、畔から手に届く範囲は取り除きます。

s_DSC_0728.jpg
稗は相変わらずはびこります。

s_DSC_0230.jpg
s_DSC_0233.jpg
セリの白い花が咲いています。

s_DSC_0232.jpg
雑草の代表選手「オモダカ」。私はエイリアンと呼んでます。

◎出穂(くぼたりたんぼホームページ)
田植えをしてから早稲(わせ)では約50日、晩稲(おくて)では約80日後に穂が出ます。これが出穂(しゅっすい)です。
茎の中で、籾の集合体である穂が育まれます。その穂が完成して、茎から出て来ます。まず、その田んぼで一番早い「走り穂」が出ます。その後、約半数の茎が出穂する時期を「出穂期」、すべての穂が揃うと「穂揃い期」と言います。
出穂後は、稲は葉で光合成をしてブドウ糖を生産し、穂に送り込んで溜めます。これが、私たちが食べるお米です。
収穫を増やすには、出穂から登熟までの期間に晴天が続き、光合成量が大きくなることが大切です。出穂後に晴れて暑い日が続くとおいしいお米が出来ます。人間にとっては厳しい暑さも、稲にとっては恵みです。
出穂以降、稲は全勢力を穂に集中します。養分についても、お米を作ることを最優先します。そのため、根が弱体化してきますので、これを助けるために、水を換えることにより根へ酸素を補給し、また有害ガスを取り除きます。

2016.8.4「なべくら高原 ブナ林 ハイク」

「なべくら高原 ブナ林 ハイク」

8月のピーカンの日。家から、車で10分程度で行ける「森の家」のブナ林のハイキングロードに。この遊歩道はよく整備されており、気軽にハイキングができます。

s_DSC_0644.jpg

s_DSC_0642.jpg
森の家のセンターハウス前の駐車場に車を置けます。センターハウスの係員に駐車の許可は取りましょう。。

s_DSC_0643.jpg
ログハウスが並ぶ場所の一角からハイキングロードがスタート。

s_DSC_0645.jpg
遊歩道は整備されふかふかです。道標もあり、道に迷うことはありません。

s_DSC_0649.jpg
歩き始めて、すぐのところにツリー展望台。子供向けですか。大人でも上がれます。

s_DSC_0650.jpg

s_DSC_0651.jpg
さらに歩くと広場にでます。ここにはツリーブランコとハンモックがありました。当然、ブランコに乗ります。

s_DSC_0655.jpg
大人がのっても枝は折れません。

s_DSC_0663.jpg
小川にかかるこの橋を渡るといよいよ遊歩道の核心のブナ林の中に。

s_DSC_0666.jpg

s_DSC_0670.jpg
「雪椿の小道」。雪椿の花は終わっていましたが大きな実をつけていました。

s_DSC_0669.jpg

s_DSC_0668.jpg
要所、要所でこのような案内板があります。ここも案内板がなければたんなる藪です。

s_DSC_0679.jpg
ハイキングロードは分岐も多く、地図を見ながら道を選びます。しかし、道ははっきりしており、道を失うことはありません。

s_DSC_0682.jpg
s_DSC_0681.jpg
いよいよ本格的なブナ林に入ってきました。樹齢何百年の大木で薄暗い中を歩きます。

s_DSC_0685.jpg

s_DSC_0686.jpg
ブナは水分保持能力が高く、豊かな森を形成します。幹に耳をあてると木の中を流れる水音が聞けるといいます。

s_DSC_0690.jpg
s_DSC_0693.jpg
深いブナ林。道はよく整備されています。木漏れ日が美しい。

s_DSC_0700.jpg
s_DSC_0695.jpg
冬は積雪2メートル以上の豪雪の地。木も冬越えは大変です。

s_DSC_0703.jpg
今回は途中から遊歩道を外れて一般道にでます。鍋倉山や広がる平原の素晴らしい景色を見ることができました。

s_DSC_0704.jpg

s_DSC_0708.jpg

s_DSC_0706.jpg
あいにく、鍋倉山は雲のなかでした。

s_DSC_0711.jpg
森の家に戻ってきました。

すがすがしい汗をかいて、センターハウスでおいしいコーヒーを飲みます。

<番外>「森の家」前の道ぞいに栗の実が成っていました。

s_DSC_0710.jpg

◎森の家(ホームページ)
長野県飯山市照岡1571-15
戸狩温泉スキー場→県道95号線→温井集落右折→「みゆきのライン」→森の家まで4㎞
「なべくら高原・森の家」は長野県飯山市の最北部なべくら高原にある、グリーンツーリズムの拠点施設です。
6haの敷地内には喫茶や各種研修にご利用いただける「センターハウス」、イベントにご利用いただける半野外施設「こもれび」、宿泊は森に囲まれた10棟の「コテージ」、車いすやベビーカーでも散策可能なユニバーサルデザインの遊歩道「ブナの里山こみち」などがあります。 季節によって表情を変えるなべくら高原の自然とともに、皆さまのお越しをお待ちしております。


2016.8.4「愛の湖 北信濃の北竜湖に七福神が鎮座」

「愛の湖 北信濃の北竜湖に七福神が鎮座」

8月に入って、梅雨も明けましたが、曇りや晴れても突然の雨など安定しない日々が続きます。本日も午後からは雨の予報でしたが、午前中が思いのほか晴れたので、近くの「北竜湖」に行ってみました。昔は「早乙女池」と呼ばれて、早乙女が農作業で汚れた手足を洗った場所と言われ、多くの恋愛伝説が残っています。そのため、恋愛スポットとして隠れた人気の場所です。湖の形もハート型。湖畔には50台ほど止められる駐車場、売店、キャンプ場、ボート乗り場、北竜温泉の宿泊施設等があります。また、バス釣りでも釣り人には有名なようです。本日は駐車場から始まる一周2.2キロのハイキングコースを歩きました。丁度、コースを半分ほど歩いたところに七福神を祀った場所がありました。

s_DSC_0143.jpg
コースを半分ぐらい歩くと駐車場の対岸にある社に出ます。

s_DSC_0145.jpg
「恋愛成就の橋」をわたります。愛の湖のコンセプトが徹底しています。

s_DSC_0146.jpg
その先には七福神がお待ちかねでした。福をもたらすとして日本で信仰されている神様。ひとつひとつかなり大きな石造がたっていました。手前は「寿老人」。中国の伝説上の人物。酒を好み頭の長い長寿の神とされる。酒好きが良い

七福神は、福の神として信仰される、恵比須(えびす)・大黒・毘沙門(びしゃもん)・弁天・福禄寿(ふくろくじゅ)・寿老人・布袋(ほてい)の総称です。飯山市では市内の6寺社と斑尾高原のホテルに七福神を置き、七福神めぐりとしてスタンプラリーのような町おこしもしています。

s_DSC_0148.jpg
「福禄寿」。幸福、封禄(財産のこと)、長寿の三徳を具現化した人。よろしく

s_DSC_0149.jpg
唐末の明州(現在の中国浙江省寧波市)に実在したとされる伝説的な仏僧。大きいお腹。人のことは言えないか

s_DSC_0151.jpg
「毘沙門天」。仏教における仏神で、持国天、増長天、広目天と共に四天王の一尊に数えられる武神。四天王では多聞天としてと呼ばれる。福の神。

s_DSC_0150.jpg
「弁財天」。弁才・知恵の神。七福神で唯一の女性。

s_DSC_0152.jpg
「大黒天」。食物・財福を司る神であり、五穀豊穣の農業の神。

s_DSC_0153.jpg
「恵比寿」。七福神で唯一の日本の神。古くから漁業の神で、後に留守神さらには商いの神ともされた。夷、戎、胡、蛭子、蝦夷、恵比須、恵比寿、恵美須などとも表記し、えびっさん、えべっさん、おべっさんなどとも呼ばれる。

愛の湖に行ったら、ちょっと足を延ばして、皆さんにお会いしてみてください。遊歩道は七福神までは平たんでよく整備されています。

〇北竜湖ハイクコース
距離 2.2キロ
時間 1時間
標高差 41m
消化カロリー 104.4キロカロリー

◎北竜湖(ウィデペギア)
長野県飯山市にある湖。周囲を走る断層と、火山の爆発によってできたくぼみに水がたまってできた天然湖である。古くは北竜池、早乙女池と呼ばれた。豪雪地帯にあり周囲2.4ヘクタールほどの面積から雪解け水や雨水を集め、春は満々と水を湛えている。春に咲く湖畔の菜の花畑は有名。

s_DSC_0110.jpg


2016.7.30「夕顔でかんぴょうを作ってみた」

「夕顔でかんぴょうを作ってみた」

当家の前に住んでいる90歳のおばあさんに「夕顔を作ったので食べてみて」といただきました。どうやって食べようかと思案。大きな夕顔でせっかくなのでかんぴょうを作ってみました。

s_DSC_0204.jpg
携帯電話と比べてその大きさがわかります。

s_DSC_0206.jpg
切り口。中心は綿のようになっていて、種があります。かんぴょうには外の皮をむき、固い部分を使います。

s_DSC_0208.jpg

s_DSC_0214.jpg
夕顔の実を3~5㎝くらいの幅で、輪切りにします。

s_DSC_0210.jpg
夕顔の外側の皮を剥きます。

s_DSC_0215.jpg
夕顔の実を、ゆっくり少しずつ桂剥きにしていきます。
厚く剥き過ぎると切れやすくなります。 種のあるフカフカした部分の手前まで剥いていきます。 これはなかなか難しく、短く切れてしまいました。

s_DSC_0217.jpg
s_DSC_0218.jpg
何とか剥き終わりました。

s_DSC_0755.jpg
夕顔を、干します。室内用の物干しにつるしてみました。

s_DSC_0236.jpg
水分が徐々に抜け、かんぴょうらしくなりました。さらに、しっかり乾燥させ、かんぴょうができました。


2016.8.6「駅前の新規展開の居酒屋チェーンで一杯 アカマル屋」

「駅前の新規展開の居酒屋チェーンで一杯 アカマル屋」

私の誕生日ということで、イタリア帰りの愉快な仲間の提案で駅前に食事?飲みに行きます。地元の駅前の飲み屋はほぼ制覇してしまっているので、最近、駅前にできた外食チェーン「株式会社三光マーケティングフーズ」が展開する居酒屋「アカマル屋」に。チェーンの居酒屋は気も進まなかったのですが。まあ、安いからいいか。三光マーケティングフーズは、「東京チカラめし」、「金の蔵Jr.」、「楽釜製麺所」、「東方見聞録」、「月の雫」などのブランドで居酒屋及び飲食店を展開していて勢いのある会社。コスパの良さだけを期待していきます。

s_IMG_9290.jpg

s_IMG_9293.jpg
店内はチェーン店にありがちな席。しかし、ここには隔離された禁煙席があります。すでに、禁煙席は満席。普通の席はこのようにがらがら。

s_IMG_9294.jpg

s_IMG_9295.jpg

s_IMG_9307.jpg
メニューは質さえよければコスパの良い値段です。あと、量の問題かな。

s_IMG_9308.jpg
まずは中ジョッキー生ビール。270円。付け出しは無いので良心的。まずは、肴はマグロのぶつ。380円。と、冷奴180円。まぐろのぶつは解凍したばかりの少量

s_IMG_9309.jpg

s_IMG_9315.jpg
生ビールの次はホッピーを注文。

s_IMG_9310.jpg
店の四大名物という「もつ煮込み」。480円。特に、おいしいとも言えませんが。

s_IMG_9313.jpg
「豚串カツ」150円。豚肉は少量。玉ねぎ揚げかな

s_IMG_9311.jpg
「生野菜盛り」480円。大根にサビがついていました。しかし、味噌は確かに仙台味噌でおいしかった。

s_IMG_9312.jpg
「里いものから揚げ」280円。

s_IMG_9316.jpg
串焼きの店なので注文。豚シロと豚レバー各120円。もちろんタレで。此れはまずくない。

s_IMG_9317.jpg
豚ハツと砂肝を塩で。これも普通。各120円。

s_IMG_9321.jpg
メニューを見てると大好きな「豆アジのから揚げ」。380円。安いなあと思っていると豆アジが見たこともないほど小さい。こんな小さいアジあるのか。

s_IMG_9322.jpg
「タンサキあぶり焼き」280円。タンの価格が高騰しているなか、安い。そもそもタンサキて何?安く提供するためにいろいろ工夫しているなあ。まずくありません。

s_IMG_9326.jpg
最後の締めは「焼きおにぎり」。各150円。

久々のチェーン店飲み。コスパは×。価格重視なら○。ここは接客は○でした。やはり、肴は価格だけでなく、質が良くないと満足感は提供できないなあ。

2016.9.14「はるちゃん的 野菜作り 白インゲン」

「はるちゃん的 野菜作り 白インゲン」

集落で野菜作りの上手な方から「白インゲン」をいただきました。食べるだけでなく種をまいて栽培してみることとしました。豆類は地植えすると種をカラスが掘り起こして食べてしまうので苗を作ることとします。

○7月7日
DSC_0548_convert_20160906073727.jpg
白いんげんの種。へそを下にして植えます。

DSC_0549_convert_20160906073805.jpg
苗床に一粒ずつへそを下にして置きます。

DSC_0550_convert_20160906073841.jpg
指で軽く押して植え付けました。

○7月12日
植え付けて5日。発芽しました。
DSC_0004_convert_20160906073938.jpg
DSC_0003_convert_20160906073910.jpg

○7月18日
本葉が3-4枚でたのでポット苗を畑に移植します。ボットを取ると結構、根が回っています。
IMG_8831_convert_20160906074024.jpg
IMG_8832_convert_20160906075938.jpg

20センチ間隔で畑の中に植えました。
IMG_8833_convert_20160906080010.jpg

肥料を少量まきました。マメ科の植物は肥料が多すぎると実のつけ方が悪くなろそうなので気をつけよう。
IMG_8835_convert_20160906080054.jpg

○7月30日
植え付けて2週間。つろが伸びてきたので支柱を立てました。1メートルほどの支柱をたてましたが、2メートルほどの支柱が必要です。のびてきて、支柱を変える羽目になり大変でした。まっすく゜の支柱立てましたが、支柱同士を合掌させるように合わせてそこにネットをかける「合掌造り」が良いです。
DSC_0621_convert_20160906080245.jpg
DSC_0622_convert_20160906080323.jpg
DSC_0066_convert_20160906080204.jpg

○8月12日
1メートルほど弦が伸びました。成長は早いです。
DSC_0805_convert_20160907000126.jpg

○8月24日
背丈があっという間に伸びて2メートル近くになりました。支柱から支柱に横に這わせるようにします。
IMG_9643_convert_20160907000956.jpg

花が咲きました。白い可憐な花。蘭的。
IMG_9574_convert_20160907000808.jpg
IMG_9575_convert_20160907000852.jpg

○9月1日
いんげんの実がなりだしました。収穫時期を逃すとあっという間に固くなります。
さやの長さが10センチを超えたら、病気を予防するためにはさみで一個一個収穫する予定。
IMG_9648_convert_20160907001409.jpg
IMG_9649_convert_20160907001446.jpg

○9月5日
白いんげんの花が次々咲いて、実も大きくなってきました。
DSC_0094_convert_20160907053335.jpg
DSC_0096_convert_20160907053438.jpg
DSC_0095_convert_20160907053409.jpg

作業中に顔を上げるとその先に美しい虹。この後、雷鳴とともに雨が降り出しました。
DSC_0098_convert_20160907053507.jpg

○9月11日
白いんげんが食べごろとなりました。天ぷらにして食べます。
DSC_0128_convert_20160912011010.jpg

丁寧にはさみで収穫します。10センチ程度が収穫適期。鈴なりです。
DSC_0127_convert_20160912010858.jpg

本日食べる10本ほどを収穫します。
DSC_0129_convert_20160912011043.jpg

○9月14日
とりあえず白いんげんがさらに鈴なり。本格的に収穫してみました。150本ほど収穫しました。2メートルの支柱でのびのびと育てたのがよかっのかもしれません。作物の能力を引き出すことも大事です。ゆでて食べてみるとさっとゆでるだけでとてもおいしくいただけました。
DSC_0762_convert_20160916145349.jpg

DSC_0761_convert_20160916145222.jpg

◎いんげんの栽培
①植え付け時期
いんげんは、雨、高温、乾燥に弱い。4月の中旬~6月の中旬までが植え付け時期。
種は一晩水につけると発芽率がよくなります。
②いんげんに適した土
いんげんは連作を嫌います。いんげん豆を植えた土は2~3年は別の野菜を植えてください。
いんげんに適した土は、水はけと水持ちがよい土。
また、いんげんは深く根を張ります。
畑に植える場合は、深く耕す。
植える前に有機肥料や化学肥料を混ぜておきます。
③いんげんの植え付け
いんげんは20センチ間隔で畑の中に植えていきます。
カラスが種を食べるので苗を作ってうえるとよい。
発芽までなら室内に置いておいても大丈夫。
カラスの心配がない場合は、ひとつの穴の中に3~4粒ずつ入れていきましょう。
あまり土をかけすぎないように注意して、発芽までは水をたっぷり与えましょう。
④いんげんの手入れ
通常、いんげんは1週間~10日程度で発芽します。
本葉が3~4枚でたら、よい苗を2本残して残りは間引きましょう。
つるありいんげんの場合は、この時点で支柱を立ててネットをかけます。(白いんげん)
支柱同士を合掌させるように合わせてそこにネットをかける「合掌造り」が一般的。
⑤いんげんの追肥
いんげんに花のつぼみがついたら、追肥をします。粒状の肥料を10グラム程度根元にまきます。
なお、マメ科の植物は肥料が多すぎると実のつけ方が悪くなります。
ですから、最初は「少ないかな」と思う程度に追肥を行い、実がなるときにもう一度追肥をします、
発育状態を見て、特に問題がないようでしたら肥料は足りているということです。
⑥いんげんと雨の関係
いんげんを育てている間に、つゆが始まります。いんげんの花は雨に当たりすぎると受粉がうまくいかなくなる。
長期天気予報を見て雨が続くようでしたらカバーなどをかける。
⑦収穫
花が咲き終わって10日もすると豆がなり、収穫の時期。
いんげんの実は収穫時期を逃すとあっという間に固くなってしまうでしょう。
さやの長さが10センチを超えたら、病気を予防するためにはさみで一個一個収穫。
⑧いんげんの病気と害虫
アブラムシ、ハダニ、ハモグリバエといった害虫がつきやすい。
また、アブラムシはウィルス性の病気の媒体にもなります。
見つけたらすぐに駆除しましょう。
いんげんの病気は炭疽病(たんそびょう)が有名ですが、これは通気性が悪いと発症しやすいです。
間引きをしっかりとおこない、根元にまで風が通りやすいようにしてください。
なお、日照時間が短いと病気が発生しやすくなります。

2016.8.16「鍋倉山 茶屋池 ブナ林ハイク」

「鍋倉山 茶屋池 ブナ林ハイク」

日本一長い縦走路「信越トレイル」の一つの核心「鍋倉山」の山麓にはブナ林が広がります。晴天の日に、思い立ち歩きに行きます。なべくら高原の温井集落から県道95号線を関田峠に向かいます。よく整備された高原道路で、途中、「大神楽展望台」のような飯山の全景を眺められる場所もあります。茶屋池には11時頃に到着し「池廻りコース(1.1km)」を歩きます。池を眺めながら、原始のブナ林を歩く、すがすがしい山歩きです。

s_DSC_0274.jpg
県道95号線を関田峠を目指して車を走らせると車を5台ほど停められる展望台があります。「大神楽展望台」です。

s_DSC_0276.jpg
千曲川沿いの飯山市、野沢温泉村の小集落が望めます。

s_DSC_0279.jpg
はるか下に車で走ってきた県道95号線が見えます。

s_DSC_0281.jpg
これは長野県栄村、新潟県津南町方面の眺め

s_DSC_0286.jpg
茶屋池にある「茶屋池ハウスに到着しました。ハウス周辺の道路沿いに10台ほどの駐車スペースがあります。

s_DSC_0285.jpg
こんな位置関係です。これから茶屋池周遊コースを歩きます。

s_DSC_0289.jpg
茶屋池ハウスではハイシーズンには蕎麦屋がオープンしているようですが、本日は閉まっていました。

s_DSC_0295.jpg
清潔なトイレが茶屋池ハウスの近くにあります。

s_DSC_0291.jpg

s_DSC_0292.jpg

s_DSC_0293.jpg
茶屋池ハウス前からの茶屋池の眺め。透明度が半端ないです。釣りもできるようです。

茶屋池周辺、大神楽展望台等で弁当を広げるのもおすすめです。ピーカンの一日。さて、茶屋池周辺のブナ林に分け入るとしましょう。

◎茶屋池ブナ林ハイクコース(信州観光局)
周囲に樹齢200年前後のブナ林が広がる茶屋池。近くにある関田峠が交通の要所だった頃には、湖畔に茶屋があったと言われており、現在は休憩所の「茶屋池ハウス」を拠点として、長野県自然百選に選ばれたブナ林散策を楽しめる自然探勝スポット。
池の周囲には茶屋池畔を歩く「池廻りコース(1.1km)」、素晴らしいブナの森が広がる「ブナ林コース(0.8km)」の2つの遊歩道があり、澄んだ池の周りにある遊歩道を散策して、きれいな空気を深呼吸するには絶好の場所。森林浴効果が科学的に検証された「森林セラピー」の認定コースでもあります。



2016.8.11「山の日にピーカンに誘われ山に自転車で登る」

「山の日にピーカンに誘われ山に自転車で登る」

ピーカンの日。クロスバイクでなべくら高原に。長野県飯山では標高差があるサイクリングコースが千曲川、関田山脈周辺にいくつか用意されています。なべくら高原に急坂を行きます。
素晴らしい光景に出会えました。

s_DSC_0759.jpg
県道408号線。千曲川沿いを走るサイクリングロード。正面は関田山脈。

s_DSC_0760.jpg
この橋の向こうは野沢温泉村。

s_DSC_0761.jpg
フラワーロード。この花の維持管理の会に勧奨され先日加入しました。

s_DSC_0763.jpg
いよいよ、なべくら高原への登り道。

s_DSC_0764.jpg
分岐の土手を上がれば千曲川のたおやかな流れが臨めます。

s_DSC_0766.jpg
飯山線の踏切を渡るといよいよ登り道。

s_DSC_0769.jpg

s_DSC_0770.jpg
最初からかなりの勾配を登ります。

s_DSC_0776.jpg
登る登る

s_DSC_0778.jpg
登りを走りながらの一眼レフでパチリ。

s_DSC_0782.jpg

s_DSC_0783.jpg
かなり高度を稼いできました。千曲川がかなり低く見えます。

s_DSC_0792.jpg
再び、県道408号線に下り、千曲川沿いに走ります。ここは、千曲川のビューポイント。

s_DSC_0801.jpg
千曲川沿いの四阿屋で一服。千曲川の風が火照った体に心地よし。












2016.8.14「真下からの打ち上げ花火 千曲川河畔納涼花火大会」

「真下からの打ち上げ花火 千曲川河畔納涼花火大会」

飯山に来て3年、本格的に住みだして半年。毎年、行きたかった飯山の花火大会に初めて行ってみました。大玉花火が2000発打ち上げられる夏の大イベントです。千曲川にかかる中央橋近くの河川敷から打ち上げられます。打ち上げ時間の一時間半ほど前に駐車場に車を置きました。駐車場は多数用意され、これぐらいの時間ですと選択を謝らなければ余裕で停められます。お勧めは「JA北信州みゆき」の駐車場。会場に歩いて10分ほどで着きます。帰りもスムーズに車を出すことができます。

s_DSC_0821.jpg

s_DSC_0823.jpg

s_DSC_0832.jpg

s_DSC_0834.jpg

s_DSC_0846.jpg
会場には多くの屋台が並び、すれ違いも大変なほどの人が来ています。中央橋の打ち上げ場所の近くの河川敷に場所を確保して打ち上げ時間を待ちます。

s_DSC_0850.jpg
花火の打ち上げ前に「仏壇供養」が河川敷で行われています。古いお仏壇を年に一度のお焚き上げをしています。住職が供養の読経をしてから点火いたします。

花火は見る場所により見え方が全然違うといいいますが、真下から見ると花火が空を覆い、その美しさに吸い込まれそうでした。

s_DSC_0857.jpg

s_DSC_0858.jpg

s_DSC_0878.jpg

s_DSC_0887.jpg

s_DSC_0890.jpg

s_DSC_0902.jpg

s_DSC_0909.jpg

s_DSC_0921.jpg

s_DSC_0938.jpg

s_DSC_0975.jpg

「水ぬるむ 川面に映る 夏花火」 by まうんてんぼーい

◎千曲川河畔納涼花火大会(信州飯山観光局ホームページ)
市街地にほど近い千曲川中央橋付近で開催される、お盆恒例の花火大会。約3000発の花火が打ち上げられ、当日は飯山の産業でもあるお仏壇の供養祭と千曲川への灯籠流しも行われる。夜空と千曲川を彩る幻想的な光の競演が見所。打ち上げ場所近くで快適に見ることができるように、有料観覧席もあり。

2016.9.14  寺社76「真田丸の主演?昌幸の菩提寺 長谷寺」

寺社76「真田丸の主演?昌幸の菩提寺 長谷寺」

飯山から東京に、長野回りで向かいます。週一回の介護のための帰京です。須坂から菅平経由で上田に抜ける途中に、NHK「真田丸」で主演を食う草刈正雄の演技で注目される真田昌幸の菩提寺「長谷寺(ちょうこくじ)」があります。時間もあるので寄ってみました。
天文16年(1547)に真田昌幸の父真田幸隆公が真田氏の菩提寺として建立しました。真田昌幸は父幸隆の菩提のために寺の増築改修を行い諸堂を完備しました。しかし、慶長5年(1600)第二次上田合戦の際に退却する徳川勢に火を放たれ焼失しました。
その後、何度か再建を繰り返し、現在の建物は昭和53年に再建されたものだそうです。

DSC_0788_convert_20160916063650.jpg
長い階段に変わった鳥居を抜けると本堂です。

DSC_0767_convert_20160915163549.jpg
本堂は昭和53年に再建されたコンクリート造り。まずはしっかりと祈願。

DSC_0769_convert_20160915163834.jpg
いよいよ幸隆、昌幸公の墓所を参拝に。墓所に行く前にこの看板。どうやら、ポケモンがいるらしい。ポケモン保護区。ここのポケモンには「精霊」が宿っているので、「捕獲でなく、手を合わせてください。」とのこと。もっとも、関心もないので関係ないが。

DSC_0787_convert_20160916063256.jpg
まずは立派な庭園があります。庭園の横を登ります。

DSC_0770_convert_20160915190543.jpg

DSC_0771_convert_20160915190649.jpg
平日ということもあり、静かな木立の中に眠られています。

DSC_0783_convert_20160916062654.jpg
DSC_0786_convert_20160916062923.jpg
昌幸は関ヶ原の戦いで敗れ、和歌山県九度山で幸村とともに蟄居。65歳で亡くなり、九度山の「真田庵」に葬られました。なぜ、ここにも墓があるかは、故郷を強く思っていた昌幸のために遺髪等が国元に運ばれ、両親の墓の隣に埋葬されたことによります。
昌幸は、九度山での蟄居生活中にも長谷寺の諸堂修理を命じるなど両親、故郷を慕う思いはかなり強かったようです。安らかにお眠りください。

DSC_0777_convert_20160915191131.jpg
墓所の隣には幸村の供養塔がたっていました。慶長20年5月7日「大光院殿月山傳大居士」とあります。

墓所を参拝した人が置いたのでしょうか、灯篭や墓所を囲む囲いの上に六文銭の家紋を表わした賽銭が並びます。

DSC_0776_convert_20160915191037.jpg

DSC_0775_convert_20160915190944.jpg
五円玉6枚が基本。事前に調べてこられるのでしょうね。

DSC_0784_convert_20160916062742.jpg
私も早速賽銭をあげようと財布を覗くと10円玉と1円玉しかありません。

DSC_0785_convert_20160916062829.jpg
こんなことになりましたが安らかにお眠りくださいと祈って、墓所を去りました。

「いにしえの つわもの眠る 長谷寺」 by まうんてんぼーい

◎真田山種月院長谷寺(ホームページ)
長野県上田市真田町長4646番地
TEL.0268-72-2040
駐車場は第5駐車場まであり、最近の「真田丸」人気を実感

DSC_0773_convert_20160915190747.jpg

DSC_0768_convert_20160915163650.jpg

2016.8.16「鍋倉山 茶屋池周遊コースブナ林ハイク」

「鍋倉山 茶屋池周遊コースブナ林ハイク」

日本一長い縦走路「信越トレイル」の一つの核心「鍋倉山」の山麓にブナ林が広く広がります。晴天の日に、思い立ち、歩きに行きます。当家からはなべくら高原の温井集落から県道95号線を関田峠に向かいます。よく整備された高原道路で、途中、「大神楽展望台」のような飯山の全景を眺められる場所もあります。茶屋池には11時ころに到着し「池廻りコース(1.1km)」を歩きます。アップダウンのある原始のブナ林を歩く、すがすがしい山歩きです。

s_DSC_0285.jpg
これから茶屋池周遊コースを歩きます。1.1キロの道ですが原始のブナ林の中をオゾンを浴びて歩けます。

s_DSC_0298.jpg
茶屋池が広く見える場所からハイクコースは始まります。

s_DSC_0299.jpg
ハイクコースの入り口をブナ林に向かいます。

s_DSC_0303.jpg
道はよく整備されているので道迷いはありません。アップダウンを繰り返します。

s_DSC_0305.jpg
歩きながら池が見え隠れするさわやかな山歩き。

s_DSC_0306.jpg
空をブナが覆います。漏れ日が美しい。

s_DSC_0307.jpg
登り坂が続きますが、気にならない程度です。熊の好物の熊笹があるので熊はきになります。信越トレイルの鍋倉山周辺でも最近目撃されいます。

s_DSC_0309.jpg
池がかなり下に見えるようになりました。

s_DSC_0310.jpg
山アジサイが結構咲いています。

s_DSC_0311.jpg

s_DSC_0330.jpg
巨木のなかの広場にベンチがセットされ休憩できるようになってました。

s_DSC_0319.jpg

s_DSC_0321.jpg
大変な豪雪地帯。道を倒木がふさぎます。

s_DSC_0325.jpg
木々の間に茶屋池が見え、美しい。

s_DSC_0328.jpg
山もみじのヘリコプターのように飛ぶ種子。

s_DSC_0334.jpg
県道95号線が見えるとハイクコースの終点

s_DSC_0336.jpg
ここが我々が歩いてきたコースの入口であり出口

s_DSC_0337.jpg
県道95号線の反対側にブナ林コースの入り口があります。

ちょっとした山歩きにはぴったりのコース。ファミリー向けです。

◎茶屋池ブナ林ハイクコース(信州観光局)
周囲に樹齢200年前後のブナ林が広がる茶屋池。近くにある関田峠が交通の要所だった頃には、湖畔に茶屋があったと言われており、現在は休憩所の「茶屋池ハウス」を拠点として、長野県自然百選に選ばれたブナ林散策を楽しめる自然探勝スポット。
池の周囲には茶屋池畔を歩く「池廻りコース(1.1km)」、素晴らしいブナの森が広がる「ブナ林コース(0.8km)」の2つの遊歩道があり、澄んだ池の周りにある遊歩道を散策して、きれいな空気を深呼吸するには絶好の場所。森林浴効果が科学的に検証された「森林セラピー」の認定コースでもあります。



2016.8.16「光原高原から日本海を眺める(関田峠)」

「光原高原から日本海を眺める」

日本一長い縦走路「信越トレイル」の一つの核心「鍋倉山」の登山口のある関田峠から新潟側に県道95号線を下ると光原高原が広がります。「日本海が見える高原」のキャッチフレーズで有名な高原です。晴れているものの霞がかかったような日でしたが上越市の直江津、高田、妙高の街並みが見えます。その先に日本海も見えました。また、澄み切った日には妙高山をはじめ、北アルプスの山並みや槍ヶ岳も見えるようです。

光原高原 グリーンパル光原荘からの眺め。

s_DSC_0345.jpg

s_DSC_0346.jpg
上はこの日の眺め、空気が澄んだ日はこのように見えるようです。

s_DSC_0341.jpg

s_DSC_0342.jpg
白い石油タンクのあるのは直江津港。その先は日本海です。

s_DSC_0343.jpg
すぐ真下には牧草地が広がります。

s_DSC_0344.jpg

s_DSC_0349.jpg
光原高原 グリーンパル光原荘

s_DSC_0350.jpg
ここのソフトクリームはお勧め。甘すぎずミルクが濃厚です。350円。

s_DSC_0356.jpg
何を思う。こんな素敵な写真も取れました。

<追加>関田峠は信越トレイルの鍋倉山登山口があります。鍋倉山にはここから登るのが一番近道。関田峠から新潟側に下ると5分ほどでグリーンパル光原荘に着きます。

s_DSC_0337.jpg
登山口

s_DSC_0338.jpg
ここでも1週間ほど前に熊が出没したようです。

s_DSC_0340.jpg
「自動車道開通記念碑」の碑文  昭和49年10月28日に開通とあります。関田峠は、古来より交通の要所として、多くの人や物資が行き来した記録が残る場所とのこと。標高は約1,100m。

s_DSC_0339.jpg
県道95号線沿いの位置関係

2016.8.19「久々の黒むつの煮付け」

「久々の黒むつの煮付け」

暑い夏で漁獲量が少ないのか魚の価格が高騰気味。特に、さんまは高いなあ。久々に肴の煮付を食べたく、魚屋に。黒ムツが安く出ていた。えらい小さいが、本当に黒ムツかい。本日は黒ムツの煮付けで日本酒で一杯。

s_DSC_0361.jpg
黒ムツ 7匹。えらい、小ぶりですが美味しい魚。上下のアゴに生え揃った鋭い歯。エラブタには2対の棘かあります。黒ムツというよりムツかな。深海魚で漁獲量が少ない魚。

s_DSC_0364.jpg
わたと鰓を取ります。キッチンタオルで水をよく取ります。

s_DSC_0362.jpg
煮汁を用意。生姜の棒切りに、水 1カップ、酒50ml、砂糖 大さじ2、みりん 大さじ1、醤油 大さじ2 。

s_DSC_0366.jpg
煮汁に黒ムツを投入。中火で沸騰させます。

s_DSC_0367.jpg
沸騰したら弱火で、アルミホイルで落し蓋にして、煮汁が半分くらいになるまで煮ます。

s_DSC_0369.jpg
美味しいにおいが立ちます。出来上がりました。

s_DSC_0371.jpg
盛り付けのす。身がかふかでおいしい。いただきます。

2016.7.5「はるちゃん的 野菜作り 枝豆」

「はるちゃん的 野菜作り 枝豆」

7月初旬に畑の土壌改良のためとビールの友づくりのために枝豆を弐の畑に植えます。また、みそ造りの原料として大豆を収穫するのも目的としています。今年は試験栽培です。枝豆は大豆が熟す前の未熟果です。

DSC_0523_convert_20160823232940.jpg
種はこれを使用しました。キャッチコピーの「美味豊産」にひかれました。

DSC_0526_convert_20160823233011.jpg
袋を開けるとあれまあ大豆。枝豆は大豆が熟す前の未熟果に納得。すなわち、収穫時期が大事。

DSC_0528_convert_20160823233119.jpg
まずは苗づくり。種の口を下にして植えます。

○7月12日
DSC_0003_convert_20160824013929.jpg

DSC_0001_convert_20160823233149.jpg
発芽しました。丁度、一週間。

○7月14日
DSC_0019_convert_20160824014003.jpg

○8月7日
DSC_0752_convert_20160824112921.jpg
DSC_0752_convert_20160824112921.jpg
隣に植えた黒豆とともに移植はうまくいってすくすく育ちます。

○8月18日
IMG_9474_convert_20160824112758.jpg
背が高くなったので倒れないように土寄せします。

○8月24日
IMG_9552_convert_20160825010205.jpg
さやが付きました。紫の花がついたと思ったらあっという間。もちろん、まだ、豆は太っていません。

IMG_9553_convert_20160825010233.jpg
IMG_9566_convert_20160825010325.jpg
カメムシ等の害虫対策で、あわてて、防虫ネットをかぶせます。ただし、かぶせないものもつくり、比較します。葉にカエルの糞がついていて、アマガエルが食べてくれているようなので。

○9月21日
DSC_0163_convert_20160926060642.jpg

DSC_0164_convert_20160926060718.jpg

DSC_0165_convert_20160926060746.jpg
かなり、大きくなってきました、そろそろ収穫を考えます。

DSC_0166_convert_20160926060825.jpg
1房を収穫

DSC_0167_convert_20160926060850.jpg
豆類の根には根粒菌が共生し、空中の窒素をダイズが利用できる形にしてダイズに供給します。丸く見えているものです。さらに根には土を細かく耕す効果もあります。

○9月22日
IMG_9857_convert_20160926060917.jpg
枝豆を収穫して、茹でて食べてみました。無農薬栽培で害虫の害を受けることもなく、マルマルと太った豆の滋味深い味が口に広がりました。当然、ビールでいただきます。

◎枝豆の育て方(イチからわかる野菜の育て方参照)
手間はかからず、比較的どこでも育つ
・害虫対策がキモ
実を食害するシンクイムシや、実の汁を吸うカメムシ類の被害がかなり多く、防除をしなくては収穫できなくなります。
そこで、花が咲くまでに、防虫ネットや寒冷紗などでトンネルをして害虫を予防します。
[生育温度]
生育適温は20~30℃。温暖で多湿な気候を好む。
[連作障害]
あり。2年以上あける。
[元肥]
肥料はあまりいらない。苦土石灰は入れる。
[種まき時期(苗作り)]
4月下旬~6月中旬。
[苗の植え付け時期]
苗の本葉が2~3枚になったころ。
[苗の植え付け方法]
畝幅:90cm。
黒マルチ:有効。
株間:2~3列、35cm~40cm。
[栽培中の管理]
摘心:本葉が5~6枚になったころ。
害虫対策:花が咲く前に防虫ネットなどでトンネルをする。
追肥:花が咲きはじめたころ。
水やり:開花後、日照りが続いて土が乾きすぎたら。
[収穫時期]
莢(さや)が十分に膨らんだら収穫する。
[病害虫]
害虫:アブラムシ、カメムシ類、ヨトウムシ、シンクイムシなど。
病気:あまりない。
畑にじかまきする場合は、種まき後に鳥に狙われやすいので注意する。




2016.8.27「伊豆唯一の造り酒屋 万大酒造を訪問」

「伊豆唯一の造り酒屋 万大酒造を訪問」

静岡県は豊かな清水を使って酒を造る酒処として有名。代表的な銘柄として「磯自慢」等があります。そんな酒処の静岡県伊豆で唯一の造り酒屋に、土肥で催された愉快な仲間との飲み会に参加する途中に立ち寄りました。

その造り酒屋は修善寺から伊東方面に向かう県道12号線沿いにありました。「万大酒造」。伊豆半島の宇佐美火山帯から年川に流れでる水を4kmほど上流の湧水地から採取して、酒造りに利用しているそうです。

DSC_0028_convert_20160828181036.jpg
酒造所に入る門。新酒ができたときに掲げる「酒林」は随分高いところにかかってます。

DSC_0032_convert_20160828181133.jpg
酒林

DSC_0033_convert_20160828181218.jpg
門を入ると右手に酒造所があります。

DSC_0034_convert_20160828181309.jpg
寺の庫裏を移築した鶴生館。敷地内からの貴重な出土品など、歴史ある品が展示されていました。

DSC_0035_convert_20160828181509.jpg

DSC_0036_convert_20160828181603.jpg

DSC_0039_convert_20160828181726.jpg

DSC_0042_convert_20160828181826.jpg
酒類の販売は裏にの販売所に。

DSC_0043_convert_20160828181915.jpg
醸造している種類は多く、大女将が対応。

DSC_0044_convert_20160828181956.jpg
愉快な仲間は「純米吟醸原酒 大沢里」を購入。2150円。アルコール度数 :17度以上18度未満 原料米 :五百万石 伊豆産米  精米歩合:60%  日本酒度 : +3  酸度: 1.4

DSC_0046_convert_20160828182136.jpg
私はこのパッケージの絵に誘われて、焼酎「鬼の念仏」を購入。1250円。日本酒を造るときに出る酒粕を原料にし、伝統的な単式蒸留で造られた粕取り焼酎。すっきりした飲みごたえでなかなか良い。日本酒を作った後の酒粕で作るので醸造量にかぎりがあるので「限定品」らしい。
しかし、このパッケージが良い。「鬼の念仏」とは「大津絵の画題のひとつ。鬼が法衣を着て、鉦 (かね) と撞木 (しゅもく) を持った姿を描く。これを室内に貼っておくと、子供の夜泣きがなおるという言い伝えがあった。」

愉快な仲間との土肥での飲み会の参加は酒造訪問からスタートしました。

○粕取り焼酎
一般に焼酎は、原料を麹と酵母で発酵したもろみを蒸留。粕取焼酎は、原料が酒粕になっただけで、米焼酎、麦焼酎、芋焼酎と作り方の違いはない。酒粕を原料として使うために、酒粕に含まれているアルコールを蒸気で回収しただけで、新たに発酵することはない。

◎万大醸造合資会社
所在地 静岡県伊豆市年川34
☎0558-72-0050
主 要 銘 柄 鶴生 あらばしり 萬燿 脇田屋 鬼の念仏 やまもも酒 他
創業 昭和10年

◎大津絵(ウィディペギア)
滋賀県大津市で江戸時代初期から名産としてきた民俗絵画で、さまざまな画題を扱っており、東海道を旅する旅人たちの間の土産物・護符として知られていた。

2016.8.22「飯山の農的生活 米作り二年目⑪ 田圃の稗採り」

「飯山の農的生活 米作り二年目⑪ 田圃の稗採り」

8月下旬になると稲穂も頭を下げ始めました。その中で、稗が一段とはびこりました。減農薬栽培の上に、水持ちの悪い田のために除草剤が聞きにくいためのようです。さすがに放置できないので、台風9号により、列島が騒がしい中、午前中はピーカンであったので、愉快な仲間の助っ人を得て、稗を採ります。重労働ですが手で抜くしかありません。稲と明らかに離れて根を張っているものはヒエの茎の上部を持ち根こそぎ取ります。稲と混在しているものは稲も取れてしまうので穂だけ刈ります。
s_DSC_0381.jpg
稗が目立つようになりました。「壱の田圃」。

s_DSC_0379.jpg
水持ちの良い「弐の田圃」では「壱の田圃」ほど目立ちません。

s_DSC_0376.jpg
s_DSC_0372.jpg
稲穂に実が入り頭を垂れるようになりました。

s_DSC_0378.jpg
稲穂に交じり、稗が跋扈します。

s_DSC_0384.jpg
s_DSC_0385.jpg
s_DSC_0386.jpg
田圃に入り稗抜きをやる愉快な仲間の助っ人。すげ笠に気合がにじみます。

s_DSC_0387.jpg
s_DSC_0394.jpg
s_DSC_0396.jpg
私もまけてはいられません。

s_DSC_0391.jpg
しかし、重労働です。1時間ごとに熱中症と腰を伸ばすために休憩。スイカがおいしい。

◎稗(日本穀物協会ホームページ)
縄文時代に中国から伝来した説や日本起源説があり、あわと並んで日本最古の穀物と見られている。名前は「冷え」に耐えることに由来しているとも言われるほど寒さに強いため、寒冷地や高地でも栽培でき、救荒作物としても利用されてきた。自然界にあるのはうるち種のみであるが、最近もち種が育成され、今後は流通していくと考えられる。
含有たんぱく質には、血中の善玉コレステロール値を高める作用があるといわれている。ビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸、カリウム、リン、亜鉛を含む。クセのない味わいであるが、うるち種なので、冷めるとパサパサしやすいため調理の工夫が必要。

2016.8.16「光原高原にあさま山荘事件の鉄球」

「光原高原にあさま山荘事件の鉄球」

日本一長い縦走路「信越トレイル」の一つの核心「鍋倉山」の登山口のある関田峠から新潟側に県道95号線を下ると光が原高原が広がります。「日本海が見える高原」のキャッチフレーズで有名な高原です。この高原にある光原高原 グリーンパル光原荘から新潟側に少し車で走ったところに「難局打開の鉄球」の石碑。車を停めて行ってみました。

s_DSC_0351.jpg

あさま山荘事件を題材とした映画「突入せよ!あさま山荘事件」のロケ地となったのが光原高原で、そのためここに映画で使用した鉄球と本物の鉄球が記念碑として置かれているようです。

s_DSC_0352.jpg

s_DSC_0353.jpg

s_DSC_0354.jpg

まだ、高校生の頃でしたが衝撃的な事件でテレビの報道にハラハラしながら見た記憶がよみがえりました。


◎映画「突入せよ!あさま山荘事件」(ウィディペギア)
2002年5月11日に公開された日本の映画作品。
長野県軽井沢町で1972年2月19日から2月28日に起きた、連合赤軍・あさま山荘事件を映像化した作品。原作は当時指揮幕僚団として派遣された佐々淳行の『連合赤軍「あさま山荘」事件』(文藝春秋刊)。
あさま山荘事件の舞台は長野県軽井沢町だが、山荘攻防戦のシーンの撮影は新潟県中頸城郡板倉町(現:新潟県上越市板倉区)で行われた。ロケ地となった上越市板倉区の光ヶ原高原には撮影記念碑があり、映画に使われた鉄球(「難局打開の鉄球」)が展示されている。

2016.4.23「イタリアアグリ紀行42 北イタリアの要衝ミラノ中央駅」

「イタリアアグリ紀行42 北イタリアの要衝ミラノ中央駅」

ミラノ生活を満喫し、次はボローニャ生活です。アグリツーリズモの先駆的国として、勉強もかねて宿泊を楽しみました。ボローニャに向かうためにミラノ中央駅に来ました。その建物の荘厳さ、美しさに感激。天井はどこまでも高く、宮殿を思わせる正面構造。暫し、見とれました。
s_DSC_0139.jpg
正面に立つと宮殿を思わせるその壮大な建築に驚かされます。幅200m。

s_DSC_0138.jpg
側面の屋上の馬の彫刻の下に見える彫刻はファシスト党結成9周年を記念したファスケスのレリーフ。

s_DSC_0137.jpg
両脇には人の口から水が流れる噴水。

s_DSC_0141.jpg
駅の正面左側にはハート形のモニュメント。

s_DSC_0142.jpg
最近、物騒な欧州。駅前にもポリスが警備についていました。

s_DSC_0135.jpg
駅構内は天井の高さは72mと見上げるほど高い天井です。壮大な神殿の趣。

s_DSC_0147.jpg
駅正面を入ったところは閑散としていますが、正面のエスカレーターを登ると改札前で多くの乗降客でごった返していました。

s_DSC_0154.jpg
駅に置かれたごみ箱。さすが、デザインの国。おしゃれ。

東京駅同様にイタリアを代表する駅には歴史と趣が随所に感じられました。

◎ミラノ中央駅
イタリア・ミラノを代表する鉄道駅。ローマ・テルミニ駅に次いでイタリアで2番目の乗降客数(1日約32万人)。建物前面は幅200mで天井の高さは72m。前面の後ろに並行して「ガッレリーア・デッレ・カロッツェ」(Galleria delle Carrozze, 客車のアーケード)が走る。駅の建築様式は一つで無く、リバティ様式やアールデコ他の異なる混合様式。 東京駅を設計した建築家フランク・ロイド・ライトは「世界でもっとも美しい鉄道駅」と称した。
1930年代にファシスト党を率いて首相となったベニート・ムッソリーニの時代は、特に駅にファシスト政体の権力を象徴させたがったために、改築して、ホームの新しいデザインとアルベルト・ファーヴァによる全長341メートル、66,000平方メートルの場所を覆う鋼鉄で出来た大きなアーケードをつくった。

2016.4.23「イタリアアグリ紀行43 イタリアの新幹線でボローニャへ」

「イタリアアグリ紀行43 イタリアの新幹線でボローニャへ」

ミラノ生活を満喫し、次はボローニャで生活です。アグリツーリズモの先駆的国として、勉強もかねて宿泊を楽しみました。ボローニャに向かうためにミラノ中央駅に来ました。その建物の荘厳さ、美しさに感激。天井はどこまでも高く、宮殿を思わせる正面構造。暫し、見とれました。
s_DSC_0139.jpg
正面に立つと宮殿を思わせるその壮大な建築に驚かされます。幅200m。

ローマ行の超特急に乗り込みます。一般的にはイタリアの鉄道の駅は改札がありませんが、ミラノ中央駅には改札がありました。

s_DSC_0156.jpg

s_DSC_0160.jpg
ホームがたくさん並んでいます。行先掲示でホームを確認します。

s_DSC_0158.jpg
駅の一つの特徴である「ガッレリーア・デッレ・カロッツェ」(Galleria delle Carrozze, 客車のアーケード)。

s_DSC_0157.jpg
シンプルですがおしゃれな列車。これに乗り込みます。

s_DSC_0161.jpg
車体に書かれたFrecciaRossa(フレッチェロッサ)はイタリア国鉄の高速列車。日本の新幹線です。最高時速300キロメートル。
ミラノとローマの間を最短で2時間55分で結んでいます。 ミラノからボローニャまでは1時間ほど。大人1人52€(約6660円)。

s_DSC_0162.jpg
客席は中二階になっており、車窓は広く、快適な車内です。

ボローニャまでの一時間ちょっとの旅ですが車窓に映る景色を想像してわくわくします。

◎ミラノ中央駅
イタリア・ミラノを代表する鉄道駅。ローマ・テルミニ駅に次いでイタリアで2番目の乗降客数(1日約32万人)。建物前面は幅200mで天井の高さは72m。前面の後ろに並行して「ガッレリーア・デッレ・カロッツェ」(Galleria delle Carrozze, 客車のアーケード)が走る。駅の建築様式は一つで無く、リバティ様式やアールデコ他の異なる混合様式。 東京駅を設計した建築家フランク・ロイド・ライトは「世界でもっとも美しい鉄道駅」と称した。
1930年代にファシスト党を率いて首相となったベニート・ムッソリーニの時代は、特に駅にファシスト政体の権力を象徴させたがったために、改築して、ホームの新しいデザインとアルベルト・ファーヴァによる全長341メートル、66,000平方メートルの場所を覆う鋼鉄で出来た大きなアーケードをつくった。

2016.8.24「飯山の農的生活 米作り二年目⑫ 稔ほど頭を垂れる稲穂かな」

「飯山の農的生活 米作り二年目⑫ 稔ほど頭を垂れる稲穂かな」

8月下旬になると稲穂も頭を垂れ始めました。台風が次々と発生し天気も決してよくない中、白華稲が目立ちます。しかし、多くはその頭を深く垂らし始めました。今年も「稲作のゴールデントライアングル」の中の地としておいしいお米になりますように。

s_IMG_9578.jpg

s_IMG_9577.jpg

s_IMG_9580.jpg

s_IMG_9581.jpg

見上げれば大きな入道雲が季節の変わり目を伝えます。

s_IMG_9582.jpg

◎稲作のゴールデントライアングル
新潟の南魚沼、長野の飯山、群馬の沼田を結んだ線の内側の地域は美味しい米ができると地域としてこう呼ばれる。

2016.8.24「飯山の農的生活 米作り二年目⑬ 稲穂をおかずに楽しい昼食」

「飯山の農的生活 米作り二年目⑬ 稲穂をおかずに楽しい昼食」

8月下旬になると稲穂も頭を垂れ始めました。本日は雑草の稗採りをします。腰をかがめて根こそぎ抜きます。足元の悪いなかで力を込めての作業。根気と体力の必要な作業です。そんな苦しい作業の中での楽しみはお昼。田圃の見える庭にテーブルを出して稲穂をおかずにいただきます。

DSC_0025_convert_20160828180738.jpg
本日はそうめん。暑い日にはこれに限ります。おかずはキャベツ、きゅうりと稲穂

DSC_0026_convert_20160828180945.jpg
助っ人とわいわいがやがやいただきました。


2016.8.3「野沢温泉で地ビールをいただく。カフェ 蔵」

「野沢温泉で地ビールをいただく。カフェ 蔵」


いつものように日課の野沢温泉で汗を流そうと外湯を訪ねた際に、のどが渇いたので「シュナイダー広場」にあるカフェ「蔵」に立ち寄った。昔からある蔵を改造して、カフェと展示室を併設した建物。その前の広場には岡本太郎の作品とシュナイダーの胸像、愛用のスキーが展示された記念碑があります。

IMG_9037_convert_20160726105628.jpg
蔵を改造したカフェ&記念館。なかなかおしゃれな建物です。銀行のATMが併設されているのもうれしい。

IMG_9246_convert_20160830043349.jpg
この建物の1階にカフェがあります。「蔵」。経営者はイギリス人の醸造家で日本人の奥様が店長を務められています。

IMG_9034_convert_20160726105552.jpg

IMG_9224_convert_20160830042019.jpg
絵画を見ながら食事を楽しめます。

IMG_9021_convert_20160726105332.jpg
メニュー。小さくて見えませんね。

IMG_9245_convert_20160830043315.jpg
食事もいろいろできますが価格が高めかな。

私は車なので泣く泣くジンジャーエールを注文。愉快な仲間は当然のように地ビール「里武士(りぶし)」。
4種類あり、•英国の伝統と革新的な発想で造られるエールで、「トムのイングリッシュエール」「信州蕎麦スタウト」「野沢サワーエール」「IPA」。

IMG_9243_convert_20160830043148.jpg
「野沢サワーエール」。600円地元農家産の桃を使った、穏やかな酸味と桃の甘みが絶妙にマッチしたビール。

IMG_9244_convert_20160830043239.jpg
「信州蕎麦スタウト」。600円。自家栽培の蕎麦を用いた、ほんのり香る蕎麦が、スタウトの香ばしさに深みがあります。

私は飲めなかったが愉快な仲間に大好評。後日、本格的に飲むために、ご夫婦経営の地ビールバー「LIBUSHI 里武士タップルーム」に。外湯「大湯」の目の前。湯上りにぴったりのビール。お勧めです。

◎LIBUSHI 里武士タップルーム
長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9347
営業時間 16:00~23:00
定休日   冬期無休


2016.9.19「はるちゃん的 野菜作り 丹波の黒豆Ⅱ」

「はるちゃん的 野菜作り 丹波の黒豆Ⅱ」

8月下旬の黒豆の状況です。赤字以降が8月下旬までの状況。

5月中旬。粘土質で河岸段丘にありがちな小石を多く含む畑の土づくりに苦労する毎日。土を耕す野菜を植えたらどうかということを聞き、黒豆を植えることに。
丹波黒大豆といっても、 枝豆の一種。枝豆には「白毛種」と「茶毛種」と呼ばれる2種類があり、 さらに、茶毛種には、「茶豆種」、「黒豆種」、「毛豆種」があるそう。
我々が一般食べている枝豆は、さやに白い毛を持つ白毛種。、さやに褐色の毛を持つのが茶毛種。

丹波の黒豆はあまみがあり、大粒でおいしいのでこの種を取り寄せて栽培します。

DSC_0315_convert_20160628104630.jpg

5月5日。丹波の黒豆。へその部分を下に植え付けます。
DSC_0415_convert_20160627105428.jpg
DSC_0416_convert_20160627105617.jpg

5月13日。一週間後に発芽とました。
DSC_0475_convert_20160627105722.jpg

5月15日。手前が黒豆。大きな双葉はかぼちゃ。
DSC_0605_convert_20160627105825.jpg

5月19日。
黒豆は奥。大分双葉が大きくなりました。DSC_0677_convert_20160627105922.jpg

5月26日。ポットの苗を地植えするために畑の準備。石灰をまき、鶏糞を混ぜて、一週間ほど置きます。
DSC_0101_convert_20160627110113.jpg
DSC_0102_convert_20160627110159.jpg

5月31日。苗を畑にうえて、藁を敷きます。
DSC_0103_convert_20160627110234.jpg
DSC_0104_convert_20160627110738.jpg
DSC_0125_convert_20160627110810.jpg

6月19日。畑に移植してから20日ほどたちました。すくすくと伸びます。倒れやすいので根元に寄せ土して肥料をまきます。
真ん中が黒豆。
IMG_8225_convert_20160627110859.jpg

6月21日。株元から出るわき芽(分げつ)は省力化も兼ねて放任しました。この時期にはぐんぐん育ちます。楽しいくも、うれしいものです。
IMG_8285_convert_20160627110941.jpg

6月30日。どんどん大きくなります。土寄せを2回目しました。
DSC_0500_convert_20160703111608.jpg

7月7日。背丈とともに枝がかなり出てきてこんもりしています。
DSC_0557_convert_20160901044043.jpg

7月23日。四の畑。倒れないように支柱を付けて支えます。
DSC_0082_convert_20160901044759.jpg

8月7日。紫の可憐な花が咲きました。
DSC_0752_convert_20160901044921.jpg

DSC_0751_convert_20160901044845.jpg

8月12日。これは参の畑の黒豆。支柱を付けていません。土寄せだけで育てています。
IMG_9381_convert_20160901044248.jpg

8月18日。背丈は1メートル程度ですが枝がたくさん出て大きく広がります。害虫のカメムシ等の食害が心配ですがあまり見かけません。無農薬栽培のため、見つけたら駆除します。もちろん、つぶして。
IMG_9478_convert_20160901045026.jpg
DSC_0082_convert_20160901044759.jpg

8月24日。紫の花がたくさん咲き始めました。
IMG_9568_convert_20160906051211.jpg
IMG_9569_convert_20160906051240.jpg

8月31日。多くの羽毛のような毛でおおわれた鞘ができました。いよいよ「丹波の黒豆」の収穫まで2か月ほどになりました。。病害虫対策でみつけたら殺すをします。
IMG_9635_convert_20160906054403.jpg
IMG_9636_convert_20160906054439.jpg

9月19日。実が鈴なりとなり、大きく豆が膨らみだしました。
DSC_0147_convert_20161003051454.jpg
DSC_0153_convert_20161003051553.jpg

DSC_0162_convert_20161003051630.jpg
ナガコガネグモがいました。蜘蛛は嫌悪されがちですが、網をはり、害虫をくじょしてくれるので無農薬栽培にとっては味方です。

10月4日。いよいよ収穫時期が近くなります。実もかなり大きく、房もたくさん増えました。
DSC_0358_convert_20161004233300.jpg
DSC_0362_convert_20161004233932.jpg
DSC_0354_convert_20161004233839.jpg
DSC_0352_convert_20161004234009.jpg


今年ののおせちの黒豆は無農薬の「丹波の黒豆」に決定。

◎黒豆の育て方(「JAつやまホームページ参照)
①土づくり・ほ場の準備
地力向上のため、完熟たい肥を1aあたり100~200kg程度使用する。
また、土壌pHを矯正するため、炭酸苦土石灰(粒)を1aあたり10kgを施用する。
特に、連作している場合は、連作障害が出やすいので、深耕や土づくりに心がける。
また、湿害に弱いので、暗きょや明きょの設置、排水溝などを設ける。
②播種・定植
ほ場の条件や栽培面積等により、直播栽培、移植栽培を行う。
・播種時期
6月10日~6月15日ころ
・育苗方法
苗床で行う場合は播種間隔は8×5cmに1粒播種し軽く覆土を行う。
・定植方法
播種後12~14日ころで、本葉第1葉が展開したころに子葉節まで土がかかるように深植えをする
③ 栽植密度
条間90~120cm×株間40~50cm
④施肥
⑤雑草対策
雑草は徹底的に抜く
⑥中耕・土寄せ
中耕・土寄せは、倒伏防止、根の発達促進などがあり増収効果が高い。
1回目
播種25~30日後(本葉3~4葉期ころ)
2回目
1回目の15~20日後(本葉5~6葉期ころ)
⑦.収穫・乾燥
(1) 収穫、乾燥・脱穀
茎葉が黄変し、莢が80~90%褐色になったころに、収穫し、架干し、島立てなどで10~15日程度乾燥する(必要に応じ収穫前に、葉もぎを行う)。
脱穀は、子実の乾燥を確認してから行う。
高水分、過乾燥で脱穀すると品質の低下、収穫ロスが発生する。
(2) 選別・仕上げ乾燥
被害粒、裂皮粒、扁平粒、しわ粒などを除去する。
直射日光のあたらない屋内で、爪が立たない程度まで乾燥させる。
選別機、黒大豆用篩で規格に選別し仕上げる。
⑧病害虫対策
モザイク病
(アブラムシ類)
アブラムシ類により媒介される。

カメムシ類
着莢期~子実肥大期の発生で被害が大きく、落莢、子実の変色、変形、奇形粒の原因となる。
8月下旬、9月上旬を中心に、マメシンクイガもあわせて防除を行う。

プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR