FC2ブログ

2017.1.22「深大寺周辺のぶらり散歩」

「深大寺周辺のぶらり散歩」

初詣の喧噪もすぎた深大寺でぶらり散歩。先週、初詣に来たがあわただしかったので天気も良いこともありぶらり。よく考えるとゆっくりと歩くのも久しぶり。本堂前の正月用の大きな賽銭箱も取り払われて、普段の装いに戻っていました。参道をぶらぶらしながら、まんじゅうや団子を食べてのんびり。境内は閑散としている割に多くの土産物屋が立ち並ぶ参道は人でごった返していました。

DSC_0661_convert_20170202060418.jpg
正月用の装いからすでに普段の本堂に戻っていました。

DSC_0663_convert_20170202060801.jpg
本堂前には大きな賽銭箱がありましたがすでにありません。

DSC_0664_convert_20170202060830.jpg
深大寺にある滝。不動の滝。落差2メートル。東京の名湧水57選に選定されているという湧水の滝です。

DSC_0666_convert_20170202060904.jpg
こちらの茶屋前のベンチに腰かけて、団子をほおばります。前にはかわいい面々が撮影会。

DSC_0668_convert_20170202060931.jpg
かわいい面々

DSC_0669_convert_20170202061047.jpg
深大寺山門前の表参道。山門は深大寺で最も古い江戸時代の建物。柱、梁、組物などの材はケヤキ。屋根は切妻の茅葺き。屋根裏板や垂木はスギで造られています。昔、武蔵野にはケヤキが多かったそうです。

DSC_0670_convert_20170202061114.jpg
深大寺参道の観光名所「げげげ茶屋」。鬼太郎の下駄が屋根に乗っています。

DSC_0672_convert_20170202061142.jpg
水木しげる氏の紹介やその作品、リアルな妖怪フィギアを展示する妖怪ギャラリーです。「おーい。鬼太郎」。

DSC_0673_convert_20170202061213.jpg
深大寺通り沿いに鎮座するそば守観音。毎年九月、そばの商いの守護神として供養が行われています。

DSC_0657_convert_20170202060153.jpg
DSC_0658_convert_20170202060230.jpg
縁結びの神様として知る人ぞ知る深沙堂。

DSC_0674_convert_20170202061248.jpg
深沙堂参道に七福神の恵比寿尊と大黒天の大石像があります。この尊像は深大寺の総代であった方の邸宅の入り口に祀られていたものを平成18年に遷座したもの。家内安全の大黒天、商売繁盛の恵比寿尊でパワースポットとなっています。

深大寺周辺には名所旧跡やパワースポットとして人気の場所も多く、陽に誘われて、ぶらり、ぶらりと歩くと思わぬ発見があります。

「鬼太郎に 首にマフラー 深大寺」 BY まうんてんぼーい

◎深大寺(ウィデペギア)
東京都調布市深大寺元町五丁目にある天台宗別格本山の仏教寺院である。山号は浮岳山。
「深大寺」の名称は、仏法を求めて天竺(インド)を旅した中国僧玄奘三蔵を守護したとされる神「深沙大王」(じんじゃだいおう)に因むと伝える。 天平5年(733年)満功上人が法相宗の寺院として開創したと伝える。859年、天台宗に改宗する。1646年と1865年に火災に遭っており、堂宇の大半を失っている。現在の本堂は大正年間の再建である。
本尊は本堂に安置の阿弥陀三尊像。東京都では浅草の浅草寺に次ぐ古刹である。

2017.2.24「四谷三丁目 ととや  コスパ最高の居酒屋」

「四谷三丁目 ととや  コスパ最高の居酒屋」

すでに10年近く続く、京王線千歳烏山周辺に住む愉快な仲間で作る「烏山会」の新年会。私は千歳烏山と吉祥寺の間で育ったので入れてもらってます。また、営業所長時代には千歳烏山駅周辺に夜毎に出没。新年会は居酒屋の穴場四谷三丁目。「吉田類」とともに居酒屋めぐりの雄「太田和彦」のおすすめ「ととや」で。店は四谷三丁目の駅から5分ほどの荒木町。本通りから一筋なかにはいった細い道にひっそりとその店はありました。大きな赤ちょうちんに縄のれん。18時前ということで私しかいません。しかし、19時を過ぎると次々とお客さんが来て、あっという間に30席ほどの席が埋まりました。新年会は女性メンバーが珍しく一人もいない中で大いに盛り上がりました。定年後も働き続ける2名とプータローの私を除くと全員現役。話も多岐に及び楽しい楽しい。店名通り魚がおいしく、コスパは最高の店。日本酒は兵庫明石の酒「神鷹」のみ。

IMG_1379_convert_20170302220429.jpg
荒木町の小道に大きな提灯がないと見逃しそうな入口です。

IMG_1382_convert_20170302220550.jpg
店はカウンターとテーブル席。

IMG_1383_convert_20170302220620.jpg
我々は一番奥のこの広いテーブル。宴会向きです。

IMG_1386_convert_20170302220712.jpg
メニューは魚が多い。焼き魚が特に美味しいです。ただし、価格は書いてありません。コスパはよいのでご心配なく。

IMG_1385_convert_20170302220647.jpg
価格のついたメニューもあります。

IMG_1389_convert_20170302220743.jpg
早めに行って、神鷹の熱燗をちびちびやろうとしていたら、時間前に続々集まりました。付け出しは切干大根の煮物

IMG_1390_convert_20170302220811.jpg
新じゃがと厚揚げの煮物 価格?

IMG_1391_convert_20170302220845.jpg
定番 ポテトサラダ  価格?

IMG_1392_convert_20170302220919.jpg
名物 牛筋煮込み 価格?

IMG_1393_convert_20170302220945.jpg
刺身盛り合わせ 価格?

IMG_1394_convert_20170302221008.jpg
イカゲソ  価格?

IMG_1396_convert_20170302221058.jpg
定番 厚焼き玉子 価格?

IMG_1397_convert_20170302221156.jpg
さば焼き 価格?

IMG_1400_convert_20170302221253.jpg
ししゃも  価格?

IMG_1401_convert_20170302221316.jpg
ホッケ焼き  価格?
ほぼ、2つずつ頼んで、焼酎のボトルやら、日本酒やら、ビールをしこたま飲んで、一人5000円。コスパに全員満足。

満足した面々です。全員は写ってませんがまあいいか。再会を誓って別れました。
縺ィ縺ィ繧Юconvert_20170303105100

○神鷹
江井ヶ嶋酒造株式会社
兵庫県明石市大久保町西島919番地
創業 延宝7年(1679年)

アルコール度数 15度
日本酒度 +1
酸度 1. 4
酒米 山田錦、六甲山系の水

◎ととや
☎ 03-3357-3319
東京都新宿区荒木町10-17
交通手段 丸の内線・四谷三丁目(4番出口)より徒歩5分
       都営新宿線・曙橋(A1出口)より徒歩5分
営業時間 18:00~22:00 (L.O 21:00)
定休日   日曜・祝日


2017.3.11「長野県飯山市移住セミナーで体験談を話してみた」

「長野県飯山市移住セミナーで体験談を話してみた」

長野県飯山市の依頼で昨年の11月に続いて、移住セミナーで移住体験を披露しました。全国の地方自治体は地域活性化のために移住促進に取り組んでいます。東京での最大の拠点が有楽町駅前の交通会館にあります。交通会館の1階には全国の自治体の特産品を扱うアンテナショップがたくさんありますが、8階には全国の自治体がブースを持って、移住相談や観光相談に応じている「地域活性化センター」もあります。
その一角にセミナースペースがあります。今回も、多くの方に飯山市に移住していただき、地域の隆盛のために頑張ってもらいたいと思い熱意を込めてお話しさせていただきました。今回は移住先として人気のある長野県の中でも、移住サイトの中でアクセス数が断トツの1位の飯山市の魅力を探ろうとNHK長野の取材班が来ていました。

IMG_1712_convert_20170312074541.jpg
交通会館の入口の柱に広告があります。

IMG_1725_convert_20170312074738.jpg

IMG_1727_convert_20170312074817.jpg
8階の「地域活性化センター」。一歩入ると自治体が将来の発展をかけて移住の促進を図っていることを感じます。

IMG_1730_convert_20170312074844.jpg
セミナースペースには既に準備がが終わっていました。

IMG_1734_convert_20170312075133.jpg
セミナー受付には「満員御礼」の看板が立っています。前回の私の講習のせいであればうれしいことです。

IMG_1729_convert_20170312074921.jpg
飯山市の魅力を伝えるポスターにも飯山市の移住拡大の期待を感じます。

IMG_1732_convert_20170312074950.jpg

IMG_1735_convert_20170312075200.jpg

IMG_1739_convert_20170312075252.jpg
NHKの取材班もスタンバイ。参加者に移住についてのインタビューをしています。

IMG_1738_convert_20170312075226.jpg
いよいよセミナーがはじまります。その前にNHKがテレビ放映するので画面への映り込みについての注意の解説がされています。

IMG_1733_convert_20170312075032.jpg
セミナーがはじまります。座席はだいたい埋まり、その後、満席となり、立ち見もでる盛況でした。

セミナー後にも多くの方が質問をされて、移住に対する「熱」を感じるセミナーでした。

<余談>
3月14日のNHK番組「イブニング信州」の特集としてセミナー風景も放映されました。
菫。蟾槭う繝悶ル繝ウ繧ー_convert_20170330010232

2017.3.4「斑尾高原 希望湖 スノーシュートレッキング 毛無山」

「斑尾高原 希望湖 スノーシュートレッキング 毛無山」

2月末から雪の日よりも雨の日が増え、晴れる日も多くなりました。3月に入って初めての土曜日は朝日が家に差し込む快晴。早速、斑尾高原にスキーに行くか、スノーシューで山歩きか悩んだ末に、雪質が期待できるスノーシューで山歩きを選択。結氷した希望湖を横切り毛無山に向かいます。毛無山登山口の道標や小屋は積雪の中に埋もれていました。

IMG_1522_convert_20170305003042.jpg
本日は一番乗りです。登山口のこの駐車スペースに停められました。

IMG_1524_convert_20170305003147.jpg
日本で最も長いロングトレイルの入り口のある斑尾高原。毛無山を目指します。

IMG_1526_convert_20170305003236.jpg
前回にはなかった踏み跡が残っています。ますば「リスコース」で希望湖まで行きます。湖畔まで0.5キロ。

IMG_1527_convert_20170305003335.jpg
足ならし程度歩いたら、ビンディングのチェック。

IMG_1529_convert_20170305003533.jpg
「くまコース」と「リスコース」の分岐。「くまコース」はいくつかのピークを越えて湖畔に。妙高が美しく見えます。「リスコース」は谷に降りて湖畔に。展望はありません。

IMG_1530_convert_20170305003559.jpg
ここからは誰も足を踏み入れていません。まっ白な雪原を谷におります。

IMG_1532_convert_20170305003630.jpg
イタチの足跡が雪面に、並んで歩きました。

IMG_1534_convert_20170305003705.jpg
谷の中の樹林の中に。左手の雪面の雪崩が気になります。慎重に歩きます。

IMG_1536_convert_20170305003812.jpg
来た道を振り返ります。湖畔近くの雪原に出てきました。

IMG_1538_convert_20170305003841.jpg
凍結した希望湖が見えてきました。

IMG_1540_convert_20170305003908.jpg

IMG_1542_convert_20170305003929.jpg
湖面に慎重におります。湖畔の近くは場所によって融けて、池になっています。湖面の真ん中に立ってパチリ。

IMG_1543_convert_20170305003957.jpg
影写してどうなの。単独行なのでしょうがない。

IMG_1545_convert_20170305004023.jpg
とりあえず、足跡ない湖面に踏み跡をつけました。

IMG_1547_convert_20170305004052.jpg
対岸には踏み跡のあった場所から渡ります。

続きは「斑尾高原 希望湖 スノーシュートレッキング 毛無山②」に。

◎斑尾高原スノーシューコース
nozomiko-724x1024_convert_20170305222514.jpg

2017.3.5「串田和美演出 K.テンペストを観る」

「串田和美演出 K.テンペストを観る」

3月になって天気が安定した初めての日曜日。飯山市の誇る建物「なちゅら」で串田和美演出のシェークスピア原作テンペストを下敷きにした演劇「K.テンペスト」が上演されたので観劇しました。地方のこの手の箱物は作るのが目的になり、ソフトは置いてきぼりになりがちですが飯山市は市民に上質な文化を提供しようと頑張っています。大変わかりやすいストーリ展開と斬新な演出で2時間ちょっとの時間もあっという間でした。

IMG_1594_convert_20170305184007.jpg
珍しく広い駐車場も満車。係員が誘導しています。

IMG_1596_convert_20170305184110.jpg
開演前の15分前なのに大変な列です。

IMG_1602_convert_20170305184231.jpg

IMG_1598_convert_20170305194632.jpg
舞台を囲むように席が配置してあります。その中に、開演j前ですが出演者がすでにスタッフのようにたくさん混じり、舞台周りに腰かけた観客にいろいろ話しかけます。劇が始まれば舞台周りの観客も舞台装置の一つとなっていきます。、

IMG_1601_convert_20170305184209.jpg
登場人物は複雑ですが劇が進むほどに自然と関係がわかってきます。

IMG_1599_convert_20170305194705.jpg
劇中音楽ももすべて出演者がこなします。

久々に上質な演劇を見せていただきました。

◎K.テンペスト 2017(松本芸術館ホームページ)

作:W.シェイクスピア
翻訳:松岡和子
演出・潤色・美術:串田和美
出演:串田和美、大森博史、真那胡敬二、中村まこと、
出演:玉置玲央、大鶴美仁音、坂口涼太郎、坂本慶介、京極朋彦、
出演:飯塚直、ギデオン・ジュークス、万里紗、佐藤卓、細川貴司、下地尚子

[ストーリー]
突然の嵐。ナポリ王アロンゾーたちを乗せた船は操縦不能となり、船客たちは死を覚悟する。だが、その嵐はプロスペローが魔術によって引き起こしたものだった。プロスペローは、かつてミラノ大公だったが、魔術や学問に熱中するあまり、政治を疎かにしていた。野心家のアントーニオはアロンゾーと組み、彼と幼い娘ミランダを追放した。復讐心に駆られたプロスペローは、嵐を起こし彼らを島に引き寄せたのだ。しかし、岸に打ち上げられ一命をとりとめたアロンゾーの息子ファーディナンドはミランダと一目で恋に落ちる。そして、島の別の場所に流れ着いたアロンゾーは、息子が海の藻屑になったものと思い、嘆き悲しむ。 嵐により手繰り寄せられた人々が孤島で一堂に集う時、一体何が起こるのか…

IMG_1611_convert_20170305184403.jpg

IMG_1613_convert_20170305184524.jpg

IMG_1612_convert_20170305184459.jpg


2017.3.4「斑尾高原 希望湖 スノーシュートレッキング 毛無山②」

「斑尾高原 希望湖 スノーシュートレッキング 毛無山②」

2月末から雪の日よりも雨の日が増え、晴れる日も多くなりました。3月に入って初めての土曜日は朝日が家に差し込む快晴。早速、斑尾高原にスキーに行くか、スノーシューで山歩きか悩んだ末に、雪質が期待できるスノーシューで山歩きを選択。結氷した希望湖を横切り毛無山に向かいます。毛無山登山口の道標や小屋は積雪の中に埋もれていました。

拙ブログ「斑尾高原 希望湖 スノーシュートレッキング 毛無山」の続き。

IMG_1547_convert_20170305004052.jpg
希望湖の対岸には踏み跡のあった場所から渡ります。

IMG_1551_convert_20170331074445.jpg
先行者がたくさん通ったラインを選び慎重にわたります。

IMG_1554_convert_20170331074608.jpg
振り返ればすでに湖の真ん中あたりに歩いてきました。

IMG_1553_convert_20170331074530.jpg
斑尾山がつかめるほどに近くに見えます。

IMG_1555_convert_20170331074638.jpg
春を思わせる太陽が陽光を降り注ぎます。

IMG_1558_convert_20170331074732.jpg
IMG_1556_convert_20170331074707.jpg
対岸に渡り、毛無山登山口に向かいます。途中、貸ボートハウスが雪に埋もれていました。上はの写真の山は斑尾山。

IMG_1559_convert_20170331074759.jpg
毛無山の登山口の道標は雪の上にかろうじて頭を出していました。

IMG_1561_convert_20170331074840.jpg
登山口の小屋も雪に完全に埋もれていました。

IMG_1563_convert_20170331074918.jpg
沼の原湿原方面に小屋が見えました。

IMG_1566_convert_20170331074953.jpg
登山後に希望湖を渡り、帰りは景色の良い「熊コース」をとることとしました。

IMG_1572_convert_20170331075030.jpg
ピークの頂点で林の向こうに妙高がけぶって見えます。

IMG_1573_convert_20170331075105.jpg
反対側には飯山市の街並みが千曲川とともに眼下に。

IMG_1575_convert_20170331075131.jpg
「くまコース」と「リスコース」の分岐に戻ってきました。私の往路の足跡が白い雪に残っていました。

IMG_1576_convert_20170331075210.jpg
さらにピークをいくつか超えて、眼下に私の゜車のルーフが見えます。

一日、陽光に包まれての冬山歩き。無雪期に比べて、道もショートカットできて、楽しく歩けました。冬の一日にお勧めです。ただし、希望湖から先は道標は雪の下なのでコンパスは必須です。

◎斑尾高原スノーシューコース
nozomiko-724x1024_convert_20170305222514.jpg

2017.1.29「国道17号沿いのうどん街道 すえひろ食堂でひやり」

「国道17号沿いのうどん街道 すえひろ食堂でひやり」

国道17号も月夜野ICを過ぎるといよいよ三国峠への山道となる。その間には「うどん」の幟がたくさん立つうどん街道。群馬県みなかみ町はうどんが名物。毎週、新潟まわりで移住先の飯山に帰るときに通る道。喜多川歌麿の役者絵の看板で前からいつも混んでいる店「すえひろ」に車を止めて昼食休憩。

IMG_0915_convert_20170129224320.jpg

駐車場は満杯、仕方なく、積雪のある空きスペースに停めました。降りてみて肝を冷やしました。なんと後ろに車止めがなく、流雪溝が大きな口を開けていました。あと、50センチバックしていたら落ちてました。

IMG_0916_convert_20170129224433.jpg

IMG_0923_convert_20170129224706.jpg

冷や汗を掻きながらメニューを覗いて、大好物の「かつどん」を注文。群馬県は赤城高原中心に上州豚の産地。豚料理も名物。愉快な仲間は舞茸天ぷら丼。2人ともにうどんを注文せず。

IMG_0917_convert_20170129224503.jpg
店内はテーブル席と小上がりのこじんまりした田舎の食堂という感じでした。

IMG_0920_convert_20170129224622.jpg
カツ丼。豆腐とわかめの味噌汁とキャベツの塩もみがついています。700円。味は普通。肉も普通。

IMG_0919_convert_20170129224602.jpg
舞茸てんぷら丼。薄味なので天丼特有の脂っこさはない。800円。

除雪の不十分な店に車を停めるときは後方に十分に注意しましょう。特に、雪国では雪に隠れれた流雪溝や排水路は要注意。よく脱輪している車を見ます。

◎すえひろ食堂
☎ 0278-64-0831
群馬県利根郡みなかみ町布施84-1
営業時間 9:00~20:00
定休日 不定休
IMG_0918_convert_20170129224541.jpg
IMG_0922_convert_20170129224645.jpg



2017.3.13「長野駅で新幹線待つ間に一杯 発酵バー 醸」

「長野駅で新幹線待つ間に一杯 発酵バー 醸」

東京に帰京していた間に、どうしても長野に行かなければならない事情が発生し、新幹線で日帰りの旅。一日がかりで仕事を終えて、長野駅で帰りの新幹線を待つ間に、「発酵バー 醸」で一杯。
利き酒のセットを注文。純米酒セット550円に、ひたし豆のつまみが付きます。コスパよく、すっかりいい気持ちとなりました。時間があるようでしたら、立ち寄られることをお勧めします。場所は長野土産の店が揃う、長野プラザの真ん中あたりにあります。平成24年の造り酒屋数ランキングで長野は新潟についで2位。90の造り酒屋があります。

IMG_1803_convert_20170314074128.jpg

IMG_1802_convert_20170314074105.jpg

IMG_1789_convert_20170316062541.jpg
カウンターで注文し、カウンター前にテーブルがいくつもあります。

IMG_1797_convert_20170314073733.jpg
各種の利き酒セットがあります。やはり、日本酒飲むなら純米酒。調合してうまみを出した大吟醸より、日本酒の本来のうまみを楽しめます。

IMG_1788_convert_20170316055258.jpg
試飲会などもあるようです。

IMG_1798_convert_20170314073820.jpg
本日のセット。「川中島」は全国的に有名な銘酒。

IMG_1786_convert_20170316055216.jpg
この場所の横には長野の銘酒がぞろりと揃う酒屋があります。これはお土産を買って家でも飲まねばと物色します。

IMG_1843_convert_20170316055411.jpg
佐久の銘酒「佐久の花」を購入しました。家に帰って早速一杯。さわやかな香り、辛口でスイスイ飲めます。
うまいなあ。

○佐久乃花 辛口本醸造
使用米: ひとごこち
精米歩合: 60%
仕込水:八ヶ岳の伏流

佐久の花酒造株式会社
長野県佐久市下越620
☎ 0267-82-2107
創業 1892年(明治25年)

2017.3.19「東京で気軽に博多うどんをたべるなら よかよか」

「東京で気軽に博多うどんをたべるなら よかよか」

東京の有楽町の交通会館には全国の郷土名物のアンテナショップがたくさんあります。同様に全国のうまいものが食べれる場所も多い。たまたま、有楽町に出た日に腰のないふにゃふにゃの博多うどんを食べるために「よかよか」に行きました。立ち食いも、座って食べることもできるお店です。しかし、九州など関西以西ではなんでこんなふにゃふにゃなうどんになったのだろう。うどん県の香川のうどんは腰があるのに。つゆは透明で、煮干、サバ節、鰹節、アゴ、昆布などを使ってだしをとっているだけあり美味しい。どんぶりの真ん中にどんと座す「丸天」も良し。

IMG_1718_convert_20170315075304.jpg
交通会館の地下一階のわかりにくいところにありますが、知る人ぞ知るで、結構混んでいます。

IMG_1721_convert_20170315075506.jpg
店内はカウンター席、テーブル席、立ち食い席があります。カウンターに座りじっくり食べます。

IMG_1720_convert_20170315075414.jpg
丁度、ランチ時でかしわ飯のついたランチセットを注文。うどんの具はいろいめトッピングできます。

IMG_1722_convert_20170315075527.jpg
博多うどんの基本「丸天うどん」です。口にいれるとふにゃふにゃのうどん。やはり、腰があったほうがいいなあと思いつつ、だしはとても美味しい。あごのだしがよく効いています。

IMG_1723_convert_20170315075553.jpg
すり身をあげたねりものの丸天もとてもおいしいです。うどんはふにゃふにゃなので汁の中でうどんが泳ぎます。


○博多うどんの特徴(ウィディペギア)
博多うどんの大きな特徴はその麺である。博多うどんではふわふわしたコシの弱い麺を用いる。その理由は前述のものに加、九州のうどん粉に原因があるともいわれる。九州のうどん粉は他のものと比べてタンパク質が少なく、コシが出づらいのだという>
つゆは透明で、煮干、サバ節、鰹節、アゴ(トビウオ)、昆布などを使ってだしをとり、薄口しょうゆを入れて仕上げている。特徴的な具にはゴボウ天(ゴボウの天ぷら。太いものやかき揚げ状のものなど、店によっても特徴がある)と丸天(すり身をあげたねりものの一種)、肉(いわゆる「肉うどん」の具。九州の醤油を使った甘辛い味付けとなっている)がある。


◎博多うどん よかよか 有楽町店
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F
交通手段 有楽町駅から100m
営業時間 11:00~15:00、15:00~21:00
定休日   日曜日(※冬季休業あり) 









2017.3.14「軽井沢アウトレットのイタリアンレストラン ポタパスタ カフェ  」

「軽井沢アウトレットでイタリアンレストラン ポタパスタ カフェ 」

久々に軽井沢のアウトレットに寄りました。天気は今にも雪が降り出しそうな寒い一日。平日のためか、アウトレットはいつもの賑わいもなく、空いています。私としてはゆっくりと買い物ができるので願ったりかなったりですが。昼食には前日に開店したばかりのイタリアンレストラン自家製生麺専門「 ポタパスタ カフェ 」です。高級食材を使用する割に価格が高くない、いわゆるコスパがよいので評判の店です。「 ポタパスタ カフェ 」の他店では食べられない軽井沢店限定の生パスタやリゾットも楽しめます。


IMG_1821_convert_20170315131514.jpg
軽井沢アウトレットイーストのシンボル「晴れた空のテラス」の先に「 ポタパスタ カフェ 」はありました。

IMG_1823_convert_20170315131614.jpg
昨日の開店で入口には開店の祝いの花が飾ってありました。

IMG_1822_convert_20170315131539.jpg
ショーウインドには美味しそうなパスタがずらりと並びます。

IMG_1825_convert_20170315131723.jpg
店内はかなりの客席数と思います。広い。昨日の開店ということでウェートレスも初々しい接待です。

IMG_1824_convert_20170315131703.jpg
たくさんあるメニューの中で「ズワイガニのトマトソースパスタ」を注文。愉快な仲間は「トリフとキノコのリゾット」を注文。それぞれ980円、1280円という価格。コスパよし。2歳の孫には「お子様ミートソース」。400円。

IMG_1828_convert_20170315131930.jpg
お子様ミートソース。大きさにびっくり。400円。コスパ良し。

IMG_1831_convert_20170315132034.jpg

IMG_1834_convert_20170315132547.jpg
ズワイガニのトマトソースパスタ。自家製麺の太さにびっくり。イタリアでもこれだけ太いパスタはあまり見ません。ズワイガニがたくさんトッピングされています。

IMG_1833_convert_20170315132527.jpg
トリフとキノコのリゾット。トリフがふんだんに乗っています。

自家製麺の太さが気になりましたが、これはこれでもちもち感があり良しでしょう。

IMG_1829_convert_20170315131948.jpg
この美味しいフォカッチャが無料で提供されました。

◎ポタパスタ カフェ
場所  長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢 軽井沢・プリンスショッピングプラザ 
     ニューイースト NE-04
☎   0267-41-0785
座席数 120席(テラス12席)

2017.3.16「ドイツの孫を連れて上越市立水族博物館」

「ドイツの孫を連れて上越市立水族博物館」

ドイツに嫁いだ娘が初孫を連れて来日。2歳の孫には初めて会います。孫を連れて、峠を越えて飯山市から上越市に。上越市の日本海沿いにある上越市立水族博物館に連れて行きます。ここは水族博物館と名前がついているように約400種10,000点の魚類展示とともに、魚類中心の博物的な展示もあります。当日は鳥インフルエンザ予防のために屋外展示されていませんでしたが「ペンギンランド」は日本国内最多の飼育数のマゼランペンギン約100羽がいます。また、「キッズランド」には多くの科学的なおもちゃがたくさん展示されていて子供たちは一日いても飽きない工夫がされていました。
水族博物館前には日本海が広がりロケーションも最高です。もちろん孫は狂喜乱舞の興奮。

DSC_0035_convert_20170317104938.jpg

DSC_0034_convert_20170317104748.jpg
水族博物館の全景。背後にクレーンが見えますが新築工事中です。

DSC_0039_convert_20170317105002.jpg
こちらが入口。晴れていましたが海風が強く、寒い寒いと駆け込みます。

DSC_0043_convert_20170317105030.jpg

DSC_0048_convert_20170317105058.jpg

DSC_0051_convert_20170317105143.jpg
大水槽。主に暖かい海の魚が泳いでおり、素晴らしい。

DSC_0083_convert_20170317105508.jpg

DSC_0084_convert_20170317105539.jpg
餌付けショーも行われていて細かい観客への配慮がうかがえます。子供にとってはとても良い水族館。

DSC_0055_convert_20170317105206.jpg
世界最大の魚類ピラルクが水槽を悠々と泳ぐ。成魚の体長は2~3mほどだが、最大のものは4.5mとも5.2mともいわれる。世界最大の淡水魚。

DSC_0072_convert_20170317105323.jpg
ピラニア。

DSC_0057_convert_20170317105229.jpg
水クラゲ

DSC_0077_convert_20170317105348.jpg
チンアナゴ。頭部を外に出して、潮の流れに乗ってくる動物プランクトンを捕食しているもので、犬の狆に似ているのでこの名があるそう。

DSC_0079_convert_20170317105414.jpg
クエ。60センチ以上の個体。美味しそう。「クエ食ったら他の魚食えん」。尾びれの下には大きなヒラメ。

DSC_0068_convert_20170317105258.jpg
二階から展望テラスに出るとペンギン、アザラシ、カワウソなどの展示プールが見えます。

DSC_0103_convert_20170317105951.jpg
こちらはイルカのプールです。

DSC_0094_convert_20170318051103.jpg
ペンギンは鳥インフルエンザの流行で屋内に展示されていました。ものすごい数です。

DSC_0086_convert_20170317105637.jpg
こちらは屋外展示されていたカワウソ

DSC_0087_convert_20170317105609.jpg

DSC_0092_convert_20170317105729.jpg

DSC_0088_convert_20170317105701.jpg
アザラシの餌やりのショー。こちらのアザラシは足をついて立ち上がるので有名です。しっかり立って、餌をもらってました。

DSC_0099_convert_20170317105824.jpg
動物の生態を解説する映画も上映されています。

DSC_0100_convert_20170317105848.jpg

DSC_0102_convert_20170317105913.jpg
3階には子供たちが遊びながら科学の知識を学べるコーナーも設置されています。

かなり建物は老朽化していますが水族館部分、博物館部分ともに工夫を凝らした展示で飽きることはないと思います。土日は駐車場が満員もうなづけます。

◎上越市立水族博物館
新潟県上越市西本町4丁目19番27号
☎  025-543-2449 
入場料 900円
現在の施設は1980年(昭和55年)に竣工したもので老朽化が著しいため、隣の土地に2018年竣工を目指して建設が行われていた。

2017.3.17「地元で評判の洋菓子店 パティスリー・ヒラノ」

「地元で評判の洋菓子店 パティスリー・ヒラノ」

長野県飯山市にはスィーツの店が多く、スィーツマップがあるくらいです。特に、冬には「バナナボート」というお菓子を全店が作って、美味しさを競っています。
その中でも、ダントツの評判の店が「パティスリー・ヒラノ」。いつ行ってもお客で混んでいます。カフェも併設されていて、その場でケーキを楽しむこともできます。同じ通りにある田中屋酒造店の飯山の地酒『水尾』を使ったケーキもあります。

IMG_1932_convert_20170320051849.jpg

IMG_1936_convert_20170320052045.jpg
店内に入るとショーケースの向こうにパティシエがケーキを作っているのが見えます。

IMG_1937_convert_20170320052111.jpg
喫茶コーナー。ケーキセットを楽しめます。

IMG_1933_convert_20170320051925.jpg

IMG_1935_convert_20170320052023.jpg
ショーケースに並ぶケーキはとても美味しそう。また、価格も決して高くなく、300円台中心。東京のケーキのような700円なんて価格設定はありません。美味しさや材料は変わらないと思います。

IMG_1934_convert_20170320051952.jpg
ヴェルジョワーズブリュンのかかったリンゴパイ。ヴェルジョワーズ・ブリュンは甜菜糖のこと。使用するとコクがあって独特の香りがお菓子のアクセントになります。シュクレ生地にフランベしたリンゴをのせて、ヴェルジョワーズをふって焼くだけで、ノルマンディー風のタルトができます。

IMG_1943_convert_20170320052147.jpg
マロンロール

IMG_1944_convert_20170320052229.jpg
チョコレートケーキ

IMG_1946_convert_20170320052350.jpg
ティラミス

IMG_1945_convert_20170320052306.jpg
紅茶シフォンケーキ

飯山にいらしたて、コーヒータイムに訪れるにはお勧めです。

◎パティスリー・ヒラノ
長野県飯山市中央橋通り2228
☎  0269-62-2316
営業時間 9:00~19:00
定休日 毎週水曜日、年末年始(1/1)
最寄駅 JR飯山駅
駐車場 20台(無料)

IMG_1942_convert_20170320052413.jpg

2017.2.10「長く続く鳥貴族の飲み会で盛り上がる」

「長く続く鳥貴族の飲み会で盛り上がる」

会社現役時代から気が合う愉快な仲間4人で、長く続いている飲み会。2人が定年でプータロウ生活。1人が定年後も会社に残りご奉公、現役バリバリは1名というメンバーてす。4か月に1回、何故か、「鳥貴族」に集います。もちろん、コスパが良いということもあります。会社時代は職場が丸の内ということもあり、有楽町店で開催していましたが、4人のうち2人が会社をリタイアしてからは日暮里店に会場を移しました。同じ鳥貴族でも場所により、客層が違います。有楽町店は若いサラリーマンや学生が多く騒々しい店内でしたが、日暮里店は中高年も多く静かな店内。どちらも、開店前には行列ができるのは変わりありません。また、日暮里店店長によると日暮里店は店員が日本人が多く、有楽町店は外国人が多いとのことです。確かに、日暮里店は日本人店員が多く注文に困ることはありません。同じ系列店でも特徴がありますね。日暮里店は食べログ評価が4.0とこの手の店では破格の評価です。有楽町店は3.0。
お、日暮里店はビルの2階、有楽町店は4階で、ともに、看板・入口ともにわかりにくいです。「鳥貴族」の不動産を安価に借り上げるコスパ戦略の一環です。

IMG_1133_convert_20170217070613.jpg
鳥貴族。店のパターン通りの2階。上を見ていないと気づきません。さらに、入口は正面でなく、右側からで写真に写りこんでません。

IMG_1139_convert_20170217070914.jpg
店内はボックス形式。どうやら、これも鳥貴族が好評のひとつらしい。

IMG_1140_convert_20170217070948.jpg
料理・飲み物はすべて280円。料理では名物「もも貴族焼き」。ここでは毎日、串刺しをしているそう。鶏肉は傷みやすいので当日串刺しするそうです。チェーン店では珍しいんでしょうね。

IMG_1142_convert_20170217071015.jpg
手前の金麦大ジョッキーは採算割れ商品だそうで、こればかり飲むとコスパはさらに良くなります。

IMG_1134_convert_20170217070651.jpg
「鳥貴族の会」の前に時間があったので日暮里駅前の立飲みや「焼鳥日高 日暮里東口店」に。駅に近接でチョイ飲みには良いです。

IMG_1136_convert_20170217070806.jpg

IMG_1138_convert_20170217070841.jpg
こんな感じの立ち飲みです。これから「鳥貴族」なので、もちろん焼き鳥は注文せず。生ビールにきゅうりと卵焼き。3人で2000円弱。

◎鳥貴族 日暮里店
☎ 03-6806-5508 (お問い合わせ専用番号)
東京都荒川区東日暮里5-50-10 ザオービル 2F
交通手段 JR山手線・京成本線 日暮里駅 南口出口より 南へ徒歩1分
営業時間 P.M.6:00~A.M.4:00
定休日 年末年始(12/31・1/1) 

◎焼鳥日高 日暮里東口店
☎ 03-5615-5464
東京都荒川区西日暮里2-25-1 日暮里ステーションガーデンタワー 2F
交通手段 JR「日暮里」駅下車徒歩1分
営業時間 11:00~24:00(L.O.23:30)

2017.3.13「駅そばシリーズ 大宮中心に展開 中山道」

「駅そばシリーズ 大宮中心に展開 中山道」

久々に新幹線で長野に行きます。朝早いので朝食は駅そばです。大宮駅内のコンコースDIA側にある「中山道」に入りました。大宮中心にかなりの駅そば店舗を展開ししている店です。かき揚げを店内で揚げているので入ってみました。

IMG_1779_convert_20170321113510.jpg

IMG_1780_convert_20170321113653.jpg
かき揚げ蕎麦を注文。400円。かけ汁はうまみが足りないように思います。ややすっぱい。みりんか料理酒を入れたほうがいいかな。かき揚げも自家製で揚げたてですが、もそもそしていて衣が多く美味しくありません。そばは腰というより固い。茹で時間がやや足りないようです。

IMG_1781_convert_20170321113739.jpg
唯一の救いはトッピングの七味に加えて、白ごまがあるくらいかな。

しかし、トッピングに合うものがあるのかな。かき揚げ蕎麦しか食べていないので、かき揚げ蕎麦はNGだと思います。

◎そば処中山道 大宮Dila店
☎ 048-648-6090
埼玉県さいたま市大宮区錦町630 JR大宮駅構内 Dila内
営業時間 [平日・土] 6:30~22:30
       [日・祝] 6:30~21:30
定休日   無休

2017.3.24「西日暮里の老舗居酒屋 喜多八 西日暮里支店」

「西日暮里の老舗居酒屋 喜多八 西日暮里支店」

会社は移動の時期。同期の悪友と3人で久々に飲みました。人生も60歳ともなると新たなる道の分岐。私のように、新たなる環境に身を置いて地域活性化や新規事業を模索する者もいれば、悠々自適のスローライフを過ごすもの、また、今回の激励会の当事者のように65歳まで会社に身を置こうとするものなどいろいろ。会社に身を置くことは結構大変。給与はそれなりにもらえるのでよいが、会社生活で積み上げたキャリアはほぼご破算となり、支援的な業務が与えられる者がほとんど。多くのものは情熱が低下する。今回は情熱を燃やし続けるようにとの激励会。

IMG_1675_convert_20170322054558.jpg
西日暮里駅の改札を出て、向かって右に線路沿いを進むとガード下に店があります。

IMG_1676_convert_20170322054709.jpg
カウンター席とテーブル席に小上がりがあります。しかし、決して広くありません。ウナギの寝床のような店です。

IMG_1677_convert_20170322054755.jpg
価格はリーズナブルです。また、店員が全員日本人でないのが特徴的。料理人も外国人でした。

IMG_1678_convert_20170322054830.jpg
まずは、ホッピーを注文。

IMG_1684_convert_20170322090940.jpg
ここで「中」を追加注文したら、瓶に入って出てきました。コップに追加されて、とても薄い焼酎を入れられるよりはいいかな。

IMG_1679_convert_20170322054909.jpg
この店の一押し「もつ煮込み」。380円。豆腐がしっかり入ってます。もつもまあまあかな。

IMG_1682_convert_20170322055000.jpg
もつ焼きの店。もつ焼きを頼まなければ。レバー、ハツ、カシラ、つくね、ガツをタレで注文。一本120円。まあ、ふつうですか。

西日暮里駅近く、コスパもまずまずなので時間があるときにはお勧め。激励会は夜は長いと2軒目に早々に移りました。

IMG_1708_convert_20170320075219.jpg
2軒目の店でも談論風発。定年世代はまだまだ元気です。

◎喜多八 西日暮里支店
☎ 03-3801-5268
東京都荒川区西日暮里5-21-4
交通手段 JR西日暮里駅より徒歩2分
営業時間 [月~土] 17:00~23:00
定休日  日曜日、祝日

2017.3.22「春の陽光を浴びて野川沿いを走る」

「春の陽光を浴びて野川沿いを走る」

久々に都立武蔵野公園の駐車場に車を停めて、公園内を流れる野川沿いのランニングロードを小金井方面に走りました。北風が強い日でしたが素晴らしい青空で暖かい陽光が降り注ぎます。走り出すと冷たい風も暖かく感じます。気持ちよく走りました。往復5K程度。ランニングロードには距離計が100mごとにあります。

IMG_1988_convert_20170323092143.jpg

IMG_1989_convert_20170323092246.jpg
武蔵野公園の入り口近くのモニュメント。走り出す前なので元気でパチリ。

IMG_1990_convert_20170323092415.jpg
既に園内は春です。菜の花が美しい。

IMG_1992_convert_20170323093006.jpg
ハナミズキが赤白美しく散策路に咲きます。

IMG_1995_convert_20170323094154.jpg

IMG_1997_convert_20170323094311.jpg
公園から野川沿いのランニングロードに走り出ました。

IMG_1999_convert_20170323094557.jpg
300mほど走ると広大な野原に出ました。

IMG_1998_convert_20170323094507.jpg
桃の花が美しい

IMG_2002_convert_20170323094656.jpg

IMG_2004_convert_20170323094937.jpg
ここから先は住宅街の中を野川が流れます。両岸にランニングロードがあります。

IMG_2003_convert_20170323094815.jpg
ランニングロードには距離計が100mごとにあります。

IMG_2005_convert_20170323095057.jpg
野川沿いは多くの縄文時代の遺跡が発掘されています。

IMG_2006_convert_20170323095147.jpg
走っていると芳しき香り。沈丁花の花が咲いていました。

IMG_2007_convert_20170323095251.jpg

IMG_2008_convert_20170323095424.jpg
ランニングロードは小学校のために一旦、う回路に入ります。

IMG_2011_convert_20170323095554.jpg

IMG_2012_convert_20170323095651.jpg
小学校を迂回すると再び、住宅街の中を流れる野川沿いに。多くの人が野川の川岸に降りて散歩をしています。

IMG_2013_convert_20170323095750.jpg
子供たちが川遊びに夢中になっています。

IMG_2014_convert_20170323095904.jpg
新小金井街道にかかる新小金井橋に到達しました。ここからは30年ほど前に住んでいたマンションが遠望できます。懐かしい。
ここで折り返すことにしました。

IMG_2016_convert_20170323100007.jpg
帰りは川岸に降りて走りました。

この野川沿いのランニングロードは走るにはとても良いコースです。新小金井橋から先は武蔵小金井駅まで続いています。スタート地点の武蔵野公園を反対に走ると狛江あたりまで全長12キロのランニングが楽しめます。

「春の陽光を浴びて野川沿いを走る②」に続きます。

◎都立武蔵野公園
東京都小金井市前原町二丁目、東町五丁目、中町一丁目、府中市多磨町二・三丁目
● 交通
JR「武蔵小金井」南口から京王バス 調布行き「武蔵野公園」下車すぐ
多磨霊園または多磨町行き「多磨町」下車 徒歩3分
京王線「調布」北口から武蔵小金井行き「武蔵野公園」下車すぐ
駐車場(最初の1時間300円、30分ごとに100円有料、56台(うち身障者用2台))
(隣接する府中運転免許試験場駐車場は、免許更新者以外の利用は禁止されています。武蔵野公園来園者は公園駐車場を利用してください。)
● 問合先
TEL 042-361-6861
武蔵野公園サービスセンター
〒183-0002
府中市多磨町2-24-1

IMG_1994_convert_20170323093723.jpg

IMG_2010_convert_20170323095512.jpg

2017.3.22「春の陽光を浴びて野川沿いを走る 帰路」

「春の陽光を浴びて野川沿いを走る 帰路」



「春の陽光を浴びて野川沿いを走る 往路」に続く、帰路編。真ん中あたりの赤字の部分から「帰路」編です。
久々に都立武蔵野公園の駐車場に車を停めて、公園内を流れる野川沿いのランニングロードを小金井方面に走りました。北風が強い日でしたが素晴らしい青空で暖かい陽光が降り注ぎます。走り出すと冷たい風も暖かく感じます。気持ちよく走りました。往復5K程度。ランニングロードには距離計が100mごとにあります。

IMG_1988_convert_20170323092143.jpg

IMG_1989_convert_20170323092246.jpg
武蔵野公園の入り口近くのモニュメント。走り出す前なので元気でパチリ。

IMG_1990_convert_20170323092415.jpg
既に園内は春です。菜の花が美しい。

IMG_1992_convert_20170323093006.jpg
ハナミズキが赤白美しく散策路に咲きます。

IMG_1995_convert_20170323094154.jpg

IMG_1997_convert_20170323094311.jpg
公園から野川沿いのランニングロードに走り出ました。

IMG_1999_convert_20170323094557.jpg
300mほど走ると広大な野原に出ました。

IMG_1998_convert_20170323094507.jpg
桃の花が美しい

IMG_2002_convert_20170323094656.jpg

IMG_2004_convert_20170323094937.jpg
ここから先は住宅街の中を野川が流れます。両岸にはランニングロードがあります。

IMG_2003_convert_20170323094815.jpg
ランニングロードには距離計が100mごとにあります。

IMG_2005_convert_20170323095057.jpg
野川沿いには多くの縄文時代の遺跡が発掘されています。

IMG_2006_convert_20170323095147.jpg
走っていると芳しき香り。沈丁花の花が咲いていました。

IMG_2007_convert_20170323095251.jpg

IMG_2008_convert_20170323095424.jpg
ランニングロードは小学校のために一旦、う回路に入ります。

IMG_2011_convert_20170323095554.jpg

IMG_2012_convert_20170323095651.jpg
小学校を迂回すると再び、住宅街の中を流れます。多くの人が野川の川岸に降りて散歩をしています。

IMG_2013_convert_20170323095750.jpg
子供たちが川遊びに夢中になっています。

IMG_2014_convert_20170323095904.jpg
新小金井街道にかかる新小金井橋に到達しました。ここからは30年ほど前に住んでいたマンションが遠望できます。懐かしい。
ここで折り返すことにしました。

IMG_2016_convert_20170323100007.jpg
帰りは川岸に降りて走りました。

「春の陽光を浴びて野川沿いを走る 帰路」

IMG_2021_convert_20170324035947.jpg
野川の川岸を走っていると、ゴルフの練習をしているおじさんがいました。

IMG_2023_convert_20170324063854.jpg
レンギョウの黄色い花が美しい。

IMG_2025_convert_20170324065139.jpg
さらに走っていくと川岸に何人も日向ぼっこしているおじさんがいました。気持ちよさそうです。本日は平日です?

IMG_2028_convert_20170324071001.jpg
ランニングロード沿いにこんなものがありました。覗いてみると。

IMG_2026_convert_20170324065307.jpg
穴からはクヌギの葉っぱが見えました。

IMG_2029_convert_20170324071449.jpg
武蔵野公園に戻ってくると巨大な広場。普段は野球等に使われています。洪水のときは水をここに引き込み洪水を防ぐ遊水地となります。

IMG_2032_convert_20170324071824.jpg
この橋を渡れば武蔵野公園内のスタート地点に戻ります。

IMG_2033_convert_20170324071916.jpg
野川はこの先、野川公園を流れて狛江方面から多摩川に流れ込みます。

IMG_2034_convert_20170324072057.jpg
駐車場に戻りびっくり、しゃっくり。後ろの窓が全開でした。幸いなことに盗難にあってはいませんでした。

この野川沿いのランニングロードはとても良いコースです。新小金井橋から先は武蔵小金井駅まで続いています。スタート地点の武蔵野公園を反対に走ると狛江あたりまで全長12キロのランニングが楽しめます。

◎都立武蔵野公園
東京都小金井市前原町二丁目、東町五丁目、中町一丁目、府中市多磨町二・三丁目
● 交通
JR「武蔵小金井」南口から京王バス 調布行き「武蔵野公園」下車すぐ
多磨霊園または多磨町行き「多磨町」下車 徒歩3分
京王線「調布」北口から武蔵小金井行き「武蔵野公園」下車すぐ
駐車場(最初の1時間300円、30分ごとに100円有料、56台(うち身障者用2台))
(隣接する府中運転免許試験場駐車場は、免許更新者以外の利用は禁止されています。武蔵野公園来園者は公園駐車場を利用してください。)
● 問合先
TEL 042-361-6861
武蔵野公園サービスセンター
〒183-0002
府中市多磨町2-24-1

IMG_1994_convert_20170323093723.jpg

IMG_2010_convert_20170323095512.jpg

2017.3.23「三鷹の森ジブリ美術館に行ってみた」

「三鷹の森ジブリ美術館に行ってみた」

私が生まれ育った三鷹の地にある「三鷹の森ジブリ美術館」に久々に行ってみた。別にジブリが好きというわけではないのですがドイツからきた孫のためです。事前に予約を取りましたが予約を取るのも結構大変でした。ジブリ人気を実感しました。予約時間に行くと既に入場のための長い列ができています。館内にはジブリ作品の絵コンテやキャラクターを使った展示、アニメーションの原理を解りやすくみせた展示やらアニメーションの制作場面などが地下1階から地上2階までの建物の中に凝縮されています。また、アニメーションの上映も行われています。観客の中には外国人の姿も目立ちました。なお、館内は撮影禁止です。

IMG_2068_convert_20170325101350.jpg

IMG_2069_convert_20170325103202.jpg
井之頭公園を通って裏門から入ると「ととろ」が出迎えてくれます。

IMG_2071_convert_20170325103252.jpg

IMG_2073_convert_20170325103459.jpg
空中庭園を見ながら入口に。長蛇の列を横目で見ながら、予約していたのでスムーズに入館します。

IMG_2076_convert_20170326062059.jpg
館内はすでに込み合っていました。

IMG_2078_convert_20170326062142.jpg
2階に登ると中庭が見えます。ポンプ式の井戸があり、漕ぐと水が出ます。

IMG_2116_convert_20170326071803.jpg
ちょっと気づきませんが丸窓から「真っ黒くろすけ」がたくさん見ています。

IMG_2079_convert_20170326064646.jpg
2階からはレストランにも橋を渡っていけます。

IMG_2086_convert_20170326064722.jpg
猫バスの中で休憩できるようなベンチもありました。

IMG_2090_convert_20170326064924.jpg
空中庭園には2階の踊り場から螺旋階段を登ります。

IMG_2089_convert_20170326064856.jpg

IMG_2088_convert_20170326064820.jpg
踊り場にはジブリらしいおしゃれなベンチや飲水場があります。

空中庭園に登ると最初に目に入るのは、優しい顔で佇むロボット兵。約5メートルの立ち姿は迫力満点。

IMG_2095_convert_20170326065020.jpg

IMG_2099_convert_20170326065128.jpg

IMG_2098_convert_20170326065051.jpg

IMG_2100_convert_20170326065217.jpg

IMG_2102_convert_20170326065303.jpg


館内は橋や階段で各階が複雑に結ばれて子供たちが走り回ります。

IMG_2106_convert_20170326071622.jpg

IMG_2107_convert_20170326071700.jpg
もちろん、エレベータもあります。

IMG_2110_convert_20170326071725.jpg
気を付けていないと見逃しますが思わぬ窓からキャラクターがのぞいてます。

私たちは時間の関係で見れませんでしたが地下1階には映像展示室「土星座」か゜あります。80人ほどが入れる小さな映画館です。ここでしか見ることのできないジブリのオリジナル短編アニメーションや良質なアニメーション作品が公開されています。

小さいお子さんやジブリファンには一日いても飽きないんでしょうね。

◎三鷹の森ジブリ美術館 (ウィキペディア)
東京都三鷹市にある三鷹市立のアニメーション美術館。正式名称は三鷹市立アニメーション美術館。設計者は日本設計。宮崎駿による断面スケッチを元にデザインされた。 ウィキペディア

東京都三鷹市下連雀1丁目1−83
建設: 2001年10月1日
営業時間:10時00分~18時00分
入館料 大人1000円
☎  0570-055-777
所有者: スタジオジブリ
設計: 宮崎 駿

2017.3.24「有楽町のガード下 昼から一杯 日の丸」

「有楽町のガード下 昼から一杯 日の丸」

田舎暮らしをしていると昔の仲間とは疎遠になるが、毎週介護のために東京に帰ってきているおかげであまり疎遠にならずに済むのはありがたい。
本日もかつての会社の仲間が夜勤開けにもかかわらず、飲む約束となり、ひょこひょこと有楽町に出かけた。
午後3時ということもあり、さすがの有楽町駅前のガード下の飲み屋もやっていない。そこで、東京駅と有楽町の間のガード下に移動すると煌煌とネオン瞬く店がある。「日の丸」。実はこの日はこれを含めて2つの送別会の掛け持ちで、それぞれの二次会にも行ったので5軒をはしごする羽目になった。

IMG_2130_convert_20170416232108.jpg
有楽町と東京駅の間の地下街。戦後の雰囲気を残す飲み屋街です。しかし、近年。店が減りつつあります。

IMG_2123_convert_20170416231615.jpg
有楽町側から入るとすぐのところに、このけばけばしい店

IMG_2124_convert_20170416231840.jpg
入口には招き猫と鳥居。意味不明。

IMG_2125_convert_20170416231914.jpg
店内は無数の提灯がかかります。

IMG_2127_convert_20170416232000.jpg
メニュー。焼き鳥が売りの店です。

IMG_2126_convert_20170416231935.jpg
まずは生ビール。付け出しは何かよくわかりません。

IMG_2128_convert_20170416232019.jpg
だし巻き卵を注文。

IMG_2129_convert_20170416232041.jpg
病み付きキャベツ。

久々の再会でじっくり話をしようとおもいましたが、近くでサラリーマンの集団がこんな時間から大騒ぎでうるさくて声も聞こえません。早々に退散。早い時間で店を探すなら、その一つに加えるのはありかなという店でした。

◎ヒノマル食堂 有楽町店
☎ 03-6269-9966
東京都千代田区丸の内3-6-9
交通手段 JR山手線 有楽町駅より徒歩1~2分
営業時間 
【平 日】14:00~25:00 【土日祝】14:00~24:00
定休日 年中無休 (年末年始など若干の不定休あり)

2017.3.30「春を感じになべくら高原から千曲川を走る」

「春を感じに鍋倉高原から千曲川を走る」

3月も押し迫った日。抜けるような青空に誘われて、春を見つけに千曲川沿いからなべくら高原に登り、再び、千曲川沿いに戻る全長18キロ、標高差225mのコースをサイクリング。途中にある飯山湯滝温泉で汗を流します。多くの春を見つけました。特に、我が集落内でたくさんの福寿草に出会い、最高。

DSC_0913_convert_20170408045032.jpg
千曲川沿いに栄村方面に走る。田圃の雪がすべて融けてしまった田圃もありました。どうしたらこんなに融けるのか?我が田はまだまだ雪の下。

DSC_0916_convert_20170408045132.jpg
出川も雪解け水を集めて、増水し、激しい流れ。緑の橋はJR飯山線。

DSC_0917_convert_20170408045211.jpg
除雪車ももう出番はないでしょう。これからは雪の除去でパワーシャベルとトラックが行きかいます。

DSC_0919_convert_20170408045257.jpg
走っていると除雪車を倉庫にしまうのか。いよいよ冬は終わりです。

DSC_0920_convert_20170408045340.jpg
県道を離れて、なべくら高原への九十九折を登ります。標高差200mの長い登り道。

DSC_0921_convert_20170408045426.jpg
飯山線の踏切を渡るといよいよ登りです。

DSC_0923_convert_20170408045605.jpg
道の両側は1メートルほどの雪壁が残ります。

DSC_0922_convert_20170408045519.jpg
雪融けした場所にはふきのとうが顔を出しています。このくらいが一番おいしい。

DSC_0927_convert_20170408045652.jpg
千曲川が大分下に見えるようになりました。喘いで、喘いで。

DSC_0931_convert_20170408045901.jpg
DSC_0933_convert_20170408045941.jpg
雪壁の九十九折の道。ペダルを踏み込む足に力が入ります。

DSC_0935_convert_20170408050025.jpg
道の傾斜が随分と緩やかになり、このサイクリングコースの最高点に到着。なべくら高原の入り口です。雪壁の高さは優に3メートルもあります。

DSC_0938_convert_20170408050235.jpg
愛車とパチリ。ピントがややぼけました。

ここまで来ると、あとはなべくら高原の雪原を突っ走る気持ち良い道。続きは拙ブログ「春を感じに鍋倉高原から千曲川を走る②」をご覧ください。

○今回のコース 千曲川沿いからなべくら高原みゆき野ライン
千曲川とJR飯山線を並行して走る県道408号線を飯山湯滝温泉から桑名川駅まで走り、なべくら高原への標高差200m強3.1キロの九十九折を登り、柄山十字路に。ここかなべくら高原を走る「みゆき野ライン」を温井集落方面に。温井集落からは上境駅に向かって、標高差180m、4.2キロを一気に下ります。上境からは再び県道408号線を千曲川の流れに沿って桑名川まで走る。
絶景のコースです。
「みゆき野ライン」は県道95号線で、五橋を越えてなべくら高原を走る快適な広域農道です。





2017.3.30「春を感じに鍋倉高原から千曲川を走る②」

「春を感じに鍋倉高原から千曲川を走る②」

3月も押し迫った日。抜けるような青空に誘われて、春を見つけに千曲川沿いからなべくら高原に登り、なべくら高原を走り、再び、千曲川沿いに戻る全長18キロ、標高差225mのコース。途中にある飯山湯滝温泉で汗を流す最高のサイクリングです。多くの春を見つけました。最後に、集落内でたくさんの福寿草に出会いました。

拙ブログ「春を感じに鍋倉高原から千曲川を走る」の続きです。

いよいよなべくら高原に上がってきました。

DSC_0939_convert_20170408050325.jpg
NHKの「小さな旅」で紹介されたケヤキの大木が出迎えてくれます。

DSC_0940_convert_20170408050416.jpg
柄山十字路。雪壁で気を付けないと車が見えません。

DSC_0941_convert_20170408050624.jpg
柄山十字路を右
左折。「森の家」方面に走ります。

DSC_0941_convert_20170408050624.jpg
まっすぐのやや下り道。青空の下で風が冷たいがすがすがしい。

DSC_0944_convert_20170408050700.jpg
DSC_0946_convert_20170408050739.jpg
青い空を見上げるととんぴが悠然と空を滑空しています。

DSC_0947_convert_20170408050827.jpg
県道95号線。通称「みゆき野ライン」は、5つの橋を越えてなべくら高原を走る快適な広域農道です。

DSC_0948_convert_20170408050913.jpg
まだまだ雪は融けず雪原が広がります。見える山は花立山。

DSC_0949_convert_20170408051034.jpg
DSC_0950_convert_20170408051120.jpg
「みゆき野ライン」はまっすぐまっすぐ雪の回廊と雪原の真ん中を抜きます。ところどころ、大きな谷にかかる橋を渡ります。

DSC_0951_convert_20170408051203.jpg
DSC_0952_convert_20170408051246.jpg
羽広山集落までくると右手になべんくら高原の主峰鍋倉山が見えます。

DSC_0955_convert_20170408051340.jpg
温井集落に入ると「野沢温泉方面」の標識。ここを左折します。ここからは一気に200メートルの標高差を下ります。

DSC_0956_convert_20170408051423.jpg
DSC_0957_convert_20170408051502.jpg
左手には広大ななべくら高原の雪原が広がります。秋にはこの広大な高原は稲穂の黄金色に埋まります。

DSC_0960_convert_20170408051556.jpg
JR飯山線をくぐるトンネルを抜けると県道408号線に戻ります。トンネル抜けて右折すると「飯山湯滝温泉」。さあ、汗流すぞ。

DSC_0961_convert_20170408051649.jpg
お昼すぎでガラガラです。広い露天風呂を独り占め。心地よい疲れが吹き飛びます。

DSC_0962_convert_20170408051735.jpg
千曲川沿いを走るサイクリングロードに戻り、スタートラインに戻ります。5キロほどの距離です。

DSC_0963_convert_20170408051846.jpg
DSC_0964_convert_20170408051925.jpg
スタートラインの集落に戻ると福寿草が出迎えてくれました。いよいよ春です。米と野菜作りで忙しくなるなあ。

飯山市には標高差のあるコースも含めて、主要なコースが6つ。さらに細かく組み合わせると無限。どうぞいらしてください。

○今回のコース 千曲川沿いからなべくら高原みゆき野ライン
千曲川とJR飯山線を並行して走る県道408号線を飯山湯滝温泉から桑名川駅まで走り、なべくら高原への標高差200m強3.1キロの九十九折を登り、柄山十字路に。ここかなべくら高原を走る「みゆき野ライン」を温井集落方面に。温井集落からは上境駅に向かって、標高差180m、4.2キロを一気に下ります。上境からは再び県道408号線を千曲川の流れに沿って桑名川まで走る。
絶景のコースです。
「みゆき野ライン」は県道95号線で、五橋を越えてなべくら高原を走る快適な広域農道です。





2017.3.24「有楽町ガード下のドイツ料理 ジェーエス・レネップ」

「有楽町ガード下のドイツ料理 ジェーエス・レネップ」

3月は会社の異動の季節。私が会社の業務運営の旗振り役をやっていた当時から毎日よく飲んだ悪友が本社から山口県の支社に異動というので送別会。有楽町で待ち合わせして昔よく行ったドイツレストランへ「ジェーエスレネップ 」に。昔は店内でドイツ民謡の演奏もあり、お客全員で踊ったり歌ったりと楽しい店でした。2軒のドイツレストランが10メートルの距離であるうちの「Barden Barden」は満席とつれない。

IMG_2150_convert_20170328231640.jpg
有楽町のガード下には2軒のドイツレストランが10メートルの距離で並びます。「Barden Barden」は満席とつれない。

IMG_2151_convert_20170328232020.jpg
10メートル先を見るとドイツレストラン「ジェーエス・レネップ」の店員がこちらを見ています。

IMG_2152_convert_20170328232117.jpg
送別会なのでドイツの大衆居酒屋風の「Barden Barden」より、家庭料理の「ジェーエス・レネップ」でよかったかな。悪友は何せビール飲みなのでドイツ居酒屋は外せませんでした。

IMG_2153_convert_20170328232146.jpg
IMG_2154_convert_20170328232222.jpg
IMG_2155_convert_20170328232300.jpg
IMG_2156_convert_20170328232338.jpg
IMG_2157_convert_20170328232405.jpg
IMG_2159_convert_20170328232547.jpg
ドイツ料理の定番とビールがメニューに踊ります。ドイツには何度もドイツ人に嫁いだ娘の関係で行ってますが「アイスパイン」は外せません。ドイツで食べると豚肉の大きな塊で出てきます。

IMG_2160_convert_20170328232606.jpg
ドイツのポテト料理の定番「ジャーマンポテト スパイシーグリル」980円。

IMG_2162_convert_20170328232632.jpg
ドイツ風 オムレツ

IMG_2161_convert_20170329115409.jpg
定番ドイツソーセージ盛り合わせ。1680円。

IMG_2164_convert_20170328232722.jpg

IMG_2163_convert_20170328232823.jpg
ドイツ生まれの孫が初めての日本に帰ってきたので、お土産にドイツパンの詰め合わせ。本場よりずっと美味しいと思います。

○アイスパイン(ウィディペギア)
豚肉(塩漬けの豚すね肉)を、タマネギ、セロリなどの香味野菜やクローブなどの香辛料とともに数時間煮込んで作る。ザワークラウトやジャガイモとともに供されることが多く、マスタードをつけて食べるのが一般的。
Eisbein という名前は、もともとラテン語の os ischbeen(坐骨)からきた語。ドイツ語のBeinは脚。なおEisは「氷」を意味するが、この料理では氷は関係ない。


◎ジェーエス・レネップ
☎ 03-3595-0417
東京都千代田区有楽町2-1-8
交通手段 有楽町駅徒歩3分/JR線高架下 日比谷シャンテ・帝国ホテル傍のJR高架下
営業時間 【月~木】15:30~23:30 【金】15:00~26:00 【土・日・祝】12:00~23:30
定休日 無

2017.3.29「豪雪地帯の春先のお伝馬 水路の落ち葉除去」

「豪雪地帯の春先のお伝馬 水路の落ち葉除去」

豪雪地帯の流雪溝は除雪の生命線。流雪溝の流れが止まったり、水量が減ったり、埋まれば、除雪した雪の廃棄ができなくなります。したがって、流雪溝の水量が確保されるように川からの水の取入れ口が落ち葉などでつまらないように定期的に点検します。この作業で、大きな事故も過去に起こっているために、3人1組で点検を実施します。特に、春先のこの時期が最も危険な作業です。急な斜面からの雪崩、腐った雪を踏み抜いての転落、雪解けで流れが速くなった川に入り、流されるなど、相当な注意をしないと事故が起こっても不思議でありません。むしろ、厳冬期のほうが雪が締まり、スリップさえ気を付ければ危険は少ないと思います。

IMG_2240_convert_20170329124746.jpg
流雪溝への川水の取り入れ口は2か所あります。「上すぎ」と呼ばれる上流の取り入れ口。取入れ口までは雪に埋もれています。

IMG_2241_convert_20170329125325.jpg
対岸の取入れ口には橋を渡ります。厳冬期には雪で覆われていましたが雪は落ちています。橋の渡り口が雪に埋もれているので掘り出します。

IMG_2243_convert_20170329125402.jpg
雪融け水で川の流れは速く、増水しています。

IMG_2242_convert_20170329130137.jpg

IMG_2244_convert_20170329125426.jpg
流雪溝の取入れ口まで川沿いは歩けないので林の中を行きます。

IMG_2246_convert_20170329125445.jpg
取入れ口に到着。沢が流れていて取入れ口周辺の雪は融けています。フキノトウが咲いていました。

IMG_2249_convert_20170329125530.jpg
取入れ口の枝詰まりを取り除きます。

IMG_2250_convert_20170329125547.jpg
続いて、「下すぎ」と言われる下流の取入れ口の処理に向かいます。雪原を歩いていきます。

IMG_2251_convert_20170329125613.jpg
厳冬期は新雪が降り積もるので「かんじき」を履かないと歩けませんが、春先には雪が固まり、足が壺足になることはありますが、かんじきなしでも歩けます。

IMG_2255_convert_20170329130159.jpg

IMG_2257_convert_20170329125637.jpg
厳冬期でもこの川の渡渉は危険ですが、春先は雪融け水で流れの勢いと水量が違い危険です。今回限りにして、今後は中止にするように皆で合意しました。

IMG_2259_convert_20170329125657.jpg
川下の急斜面を見ると春以降の作業の道に雪崩が起こり埋もれていました。

IMG_2260_convert_20170329125715.jpg
雪の中からひょつこりとタラの芽が頭をのぞかせています。春ももう少しかな。

IMG_2261_convert_20170329125735.jpg
すべての作業が事故なく終わりました。

厳しい冬から春先にかけての作業は春から夏に比べて大きなリスクがあります。しかし、これをやらないと生活は守れません。自然との闘いの中に、素晴らしい気づきもあります。自然に恵まれた集落にさらに多くの愉快な仲間が増えて、より安全に作業が続けられる環境を作りたいものです。

2017.4.6「豪雪の飯山にも春の息吹」

「豪雪の飯山にも春の息吹」

豪雪の飯山も暖かい日が続くようになり、雪融けが進みます。飯山市内はすでに雪が消えています。しかし、我が家のある場所は中心街から25キロも離れており、まだまだ、雪が多く残ります。それでも、そここに、春の息吹を感じるようになりました。

IMG_2305_convert_20170408031219.jpg
前庭の花壇では雪融けも早く、土筆が顔を出していました。

IMG_2306_convert_20170408032957.jpg
晩秋に植えたチューリップも葉を立ち上げます。

IMG_2307_convert_20170408033027.jpg
IMG_2308_convert_20170408033101.jpg
ヒース。別名エリカ。耐寒性があり、3メートルの雪にも耐えて花が付きました。

IMG_2309_convert_20170408033127.jpg
ラベンダーも耐え忍んで立ち上がりました。

IMG_2310_convert_20170408033156.jpg
「壱の田圃」。まだまだ雪に覆われています。

IMG_2312_convert_20170408033224.jpg
「弐の田圃」。畦は雪がなくなりました。

DSC_0599_convert_20170408035625.jpg
DSC_0180_convert_20170408034649.jpg
中庭には美しい白い花の群落が。スプリング・エフェメラルの一種のアズマイチゲ。日が陰る午後には花が閉じます。(下の写真)

DSC_0177_convert_20170408034037.jpg
ふきのとうもたくさん芽をだして、花が咲いてしまったものもたくさん。

DSC_0175_convert_20170408033946.jpg
丁度、採り頃。

DSC_0179_convert_20170408034604.jpg
DSC_0182_convert_20170408034730.jpg
花が咲いたふきのとう。こうなると蕗味噌をつくるしかないです。

DSC_0183_convert_20170408034806.jpg
さっそく、天ぷらで美味しい頃のものを採取。春の恵みに感謝。


2017.4.20「豪雪の地 飯山城の桜はまだ五分咲き」

「豪雪の地 飯山城の桜はまだ五分咲き」

信州のテレビニュースで飯山城の桜祭りがはじまったとのことで、早速、飯山市内中心地にある飯山城に行ってみました。飯山城の入り口の桜は満開になり美しく咲いています。「これは遂に春爛漫」と思って、二の丸、三の丸と上へ上へ。高くなるほどつぼみの数が増えます。本丸は三分咲き。来週末が春爛漫の桜満開かな。
まだ、朝晩10℃以下では厳しいなあ。もっとも、当家も飯山市ですが中心地から20キロ新潟よりのため、満開どころかつぼみも固い。4月20日7時半頃。

DSC_0303_convert_20170421065109.jpg

DSC_0349_convert_20170421071116.jpg
広い駐車場に車を停めて、石垣の上を見上げるとしだれ桜が三分咲き。ここのしだれ桜の並木は美しいのですがまだまだ。

DSC_0308_convert_20170421065419.jpg
駐車場入り口の桜並木は満開です。

DSC_0306_convert_20170421065554.jpg
ソメイヨシノです。しかし、よく見るとまだ三分咲きです。

DSC_0307_convert_20170421065703.jpg
お城の二の丸への道の桜も三分咲き。

DSC_0311_convert_20170421065957.jpg
しかし、すでに「桜祭り」がはじまり、夜桜見物のための電球もぶら下がります。

DSC_0318_convert_20170421070130.jpg
それでも、低いところは結構咲いています。手前のしだれ桜はまだつぼみ。

DSC_0324_convert_20170421070225.jpg
二の丸に登ってきました。満開には程遠い状況。

DSC_0326_convert_20170421070334.jpg
桜越しに見る高社山はビューポイントですが桜が寂しい。満開の時は桜で山頂付近しかみえません。

DSC_0325_convert_20170421070436.jpg
ここも水仙と桜はビューポイントですが桜がまだまだ。バックがピンク色に染まり、黄色が浮いて美しいのに。

DSC_0328_convert_20170421070622.jpg
三の丸に登ればさらに桜は二分咲き。

DSC_0329_convert_20170421070718.jpg
満開の桜の間から見る千曲川もまだこんなによく見えます。

DSC_0331_convert_20170421071503.jpg
本丸の葵神社の桜は一本頑張って咲いてます。

DSC_0332_convert_20170421071645.jpg

DSC_0338_convert_20170421071741.jpg
天守の石垣の前の桜はよく見るとまだつぼみが多い。

DSC_0341_convert_20170421070805.jpg

DSC_0343_convert_20170421070855.jpg
本丸から下ってくると樹齢300年以上の古木の桜並木は満開。老骨に鞭打ち頑張る。

DSC_0344_convert_20170421070950.jpg
城門前のしだれ桜の大木

満開の桜に城址が埋もれるのは例年同様来週末から再来週の週初めと思われます。

◎飯山城址
千曲川西岸の丘陵に築かれた平山城。古くは飯山常岩に所領をもった土豪・泉氏の居館。上杉謙信が武田軍に対する防衛拠点として修築し、階段式に郭(くるわ)を配し、千曲川が外堀の役目をなす堅固の城を作り、度重なる武田軍の攻撃にも落城することはなかった。 本丸跡や 本丸石垣が残る。
弘治年間(1555~1558)の北信濃侵攻を進める武田信玄に屈した高梨政頼が、本領の中野を退き、飯山城主となる。しかし、永禄4年(1561)、政頼は春日山城に移った。
その後、武田との戦乱で北の備えとしての役割を果たし、武田氏滅亡後は上杉景勝が本格的に普請し、城下町も整備。

2014_0427_120534-DSC_0922_convert_20140505070846.jpg






2017.4.20「東京に帰る道すがら満開の桜に感激」

「東京に帰る道すがら満開の桜に感激」

毎週の長野県飯山市と東京の大泉学園との500キロの往復の道すがら、この時期の楽しみは満開の桜。往復で見つけた桜をご紹介。4月20日の帰京時のものです。日本は広い。本居宣長の桜の歌を思い出し、日本にいる幸せをかみしめます。

「敷島の 大和心を人と問はば 朝日に匂う 桜花かな」

DSC_0340_convert_20170421024451.jpg

DSC_0341_convert_20170421025205.jpg
長野県飯山市の桜の名所  飯山城址。本丸、三の丸はまだ3分咲き。城址入口あたりの桜は満開。

DSC_0354_convert_20170421025321.jpg
長野県須坂市村石の桜

DSC_0372_convert_20170421025415.jpg
長野県上田市真田町の山家神社のしだれ桜。真田一族をはじめとした歴代の上田藩主に深く崇敬された神社だけに真田幸村も眺めたかも。

DSC_0379_convert_20170421025514.jpg
このしだれ桜が今回の一番。真田町の長谷寺近くの畑の中に堂々と枝を広げていました。

DSC_0412_convert_20170421025625.jpg

DSC_0413_convert_20170421025705.jpg
群馬県妙義町の妙義神社の桜は葉桜になっていましたが黄桜は5分咲き。週末には満開になるかな。

DSC_0418_convert_20170421025800.jpg

DSC_0419_convert_20170421025856.jpg
妙義山の県立森林公園「さくらの里」の桜は満開。平日なのに駐車場に入るのに車が列を作ってました。園内には約45種類の桜が約5千本植えられています。

DSC_0422_convert_20170421030221.jpg
妙義山中之嶽神社の有名な大黒天をバックに。

DSC_0420_convert_20170421030527.jpg
妙義山から下仁田町に下る道路は「さくらの里線」と呼ばれ、桜並木が続きます。

DSC_0423_convert_20170421030357.jpg
桜の里線下をりきった村にはしだれ桜が点在し、しだれ桜の郷とも言えます。

長いドライブなのでたまにはこんな楽しみも良いものです。


プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR