FC2ブログ

2017.6.2「移住者のバイブル田舎暮らしの本に登場」

「移住者のバイブル田舎暮らしの本に登場」

5月の中旬。宝島社が出版している移住者のバイブルともいえる月刊誌「田舎暮らしの本」の取材要請がありました。月刊誌としては破格の18万部といわれるベストセラー雑誌です。7月号に信州の古民家暮らしをエンジョイする人を掲載したいとの要請です。もちろん、一つ返事で快諾しました。当日はライターとカメラマンが取材と写真撮影で来宅。その後、求めに応じて、いくつかの写真や校正を手伝いました。6月2日の発売日の前日に発売前の7月号が一冊送られてきました。恥ずかしい限りですが、興味のある方は、是非、立ち読みしてください。また、移住をお考えの方はご購入もお勧めです。

DSC_0780_convert_20170601233449.jpg

DSC_0781_convert_20170601233523.jpg

◎田舎暮らしの本(ホームページ)
宝島社.
脱都会派の快適ライフスタイルマガジン!
田舎で暮らす夢を実現させるための情報誌
これから「家」を構える30代、定年後の生活を充実させたいと思い始めた40~50代の読者を中心に、売家情報や菜園のつくり方などの実用知識から田舎での新しい生き方まで、田舎暮らしに関する情報を幅広く収載してます。

2016.6.13「タイ探訪 ターミナル21の日本階でみた驚きの日本」

「タイ探訪 ターミナル21の日本階でみた驚きの日本」

タイ探訪の初日にタイ料理を食べるために行ったターミナル21は「空港のターミナルをテーマにしたショッピングセンター」というコンセプト。東京、サンフランシスコ、ハイウッド、パリ、ローマ、イスタンブールなど各階ごとに名がついていて、その街の雰囲気で装飾されている。日本階に行けば、外国から見た日本のイメージに出会えました。

DSC_0626_convert_20170531105123.jpg
ホテルから歩いて10分ほどの地下鉄アソーク駅とスカイトレインスクンビット駅に直結するターミナル21があります。夜は23時頃まで歩き回りましたが危険なことはありません。しかし、湿度が半端なく高く、すぐに冷房の効いたホテルの部屋に戻りたくなります。

DSC_0633_convert_20170531105421.jpg
DSC_0634_convert_20170531105456.jpg
DSC_0637_convert_20170531105618.jpg
巨大なショッピングモールです。この1階に東京フロアーがあります。

DSC_0670_convert_20170531110456.jpg
東京フロアーの入口には鳥居。その先に神社があると思いきや、ショップが並びます。

DSC_0671_convert_20170601083357.jpg
何故か。芸者の人形。まだ、日本はこのイメージ?

DSC_0673_convert_20170601083809.jpg
すごく大きな招き猫が鎮座。開いた片目が真っ黒で気味悪し。

DSC_0674_convert_20170601083851.jpg
提灯が並ぶショップ通り。提灯には「希望」とあります。

DSC_0678_convert_20170601084309.jpg
とにかく、日本語を並べれば日本?店に「高田馬場」の看板?

DSC_0676_convert_20170601084107.jpg

DSC_0677_convert_20170601084244.jpg
極め付きはこの相撲取り。柱を挟んではっけよい。

「ターミナル21」はフードコートもあり、各階のコンセプトが明確で面白い。タイに行かれたお勧めです。

◎ターミナル21
アソークというビジネス街にできた9階建てのショッピングセンターと20階建てのサービスアパートメントからなる商業施設。
バンコクの新観光名所。特徴は「空港のターミナルをテーマにしたショッピングセンター」というコンセプトで東京、サンフランシスコ、ハイウッド、パリ、ローマ、イスタンブールなど各階ごとに名がついていて、その街の雰囲気で装飾されている。エレベーターの乗り降り口に「出発」「到着」などと記してあり、ここをくぐると各国へ入ることができ、ファッションアイテムやレストラン街のほかにブティック、映画館、スーパーマーケット、フィットネスジムなどがあります。

DSC_0635_convert_20170531105531.jpg

2017.5.13「タイ探訪 ホテルの朝食バイキングも美味しい」 

「タイ探訪 ホテルの朝食バイキングも美味しい」

海外旅行は極力、定住型と決めており、今回も、5日間同じホテルに宿泊しました。地下鉄アソーク駅に近い「ウィンザースィーツホテル」に滞在。客室はスィーツタイプで広く、ベットも大きい。浴室も湯船等もあり、水回りも良い。エレベータも宿泊客のみしか乗れないので安全面もよい。ただし、老舗ほてるなのでやや古さを感じます。また、ホテル周辺には地下鉄、スカイレールの駅、観光名所のターミナル21、タイマッサージの店、タイ式屋台等もあり便利。なにより、ホテルの隣に「ファミリーマート」があります。定住型滞在にはスーパーが近くにあるとベスト。

DSC_0680_convert_20170602112823.jpg
タイは蒸し暑いのでビールはとても美味しい。食事のたびにビールを注文。痛風発作が心配であったが発作よりビールをチョイス。
左からLEOビール(コンケーン・ブリュワリー社 アルコール分 6% 330 ml缶 24バーツ 約84円) ビールのコクの点で今一つ。水野ようにごくごく行けます。サンミゲルビール(フィリピンのビール 20バーツ アルコール度数5,0% タイビールには負ける)、タイガービール( タイ・エーシア・パシフィック・ブリュワリー社  アルコール分 5% アルミ缶 330 ml 20バーツ  約70円)、シンハービール(ブーンロード・ブリュワリー社 アルコール分 6% アルミ缶 330 ml30バーツ  約105円 コクと独特の香りあり タイを代表するビール)
レストランなどではシンハーを置いているところが圧倒的でした。結果、タイではシンハーを飲んでいました。シンハーはタイのキリンビールという存在ですが、かつてはシェアー80%わ占めていましたが格安ビール他社の台頭で30%までシェアーを下げています。

DSC_0701_convert_20170602113357.jpg
ホテルの朝食バイキングでも美味しかったのは香辛料を入れて、自分流の味の演出できるタイヌードル。

DSC_0686_convert_20170602113001.jpg

DSC_0687_convert_20170602113037.jpg
たくさんの香辛料が並びます。上が粉唐辛子(พริกป่น プリックポン)。下は唐辛子の酢漬け(พริกน้ำส้ม プリッナームソム)。このナームソムは酢に唐辛子の輪切りが浮いています。辛い。

DSC_0684_convert_20170602112906.jpg
ヌードルの野菜炒め。日本ではさしずめビーフン炒めかな。

DSC_0688_convert_20170602113110.jpg
こちらも香辛料たっぷりのキャベツ炒め

DSC_0691_convert_20170602113140.jpg
焼きトマト。トマトは約と甘みがまし、リコピンが九州されやすい形に変化。別にこれはタイでなくても食べられますね。

DSC_0700_convert_20170602113421.jpg
いろいろとプレートにのせて、朝からタイの香辛料で汗だくに。

DSC_0699_convert_20170602113325.jpg
タイはフルーツ王国。マンゴもいろいろな種類があります。オレンジ色のがマンゴ。甘みが足りない。しかし、スイカまのの甘さは半端ない。日本のスイカよりうまい。
宿泊4日間。ホテルの朝食バイキングにはお世話になりました。日本食の巻きずしなどもありました。
この老舗ホテルはコスパを求める向きにはお勧めです。

◎Windsor Suites Hotel Bangkok  
4 つ星ホテル
所在地: 10/1 ถนน สุขุมวิท 20 Phra Khanong, Khet Khlong Toei, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ
電話: +66 2 262 1234

部屋 広い客室は高評価、ただし古く、メンテナンスに改善の余地があるとの回答もあり·客室は眺めが良く、ミニバーあり·バスルームの清潔面に改善の余地があるとの意見あり
立地 街の中心部に近く、近隣にショッピング施設、レストラン、バーあり·公共交通機関、駅に近い·車で利用しやすい、駐車場ある
サービスと施設 プールを利用·親切なスタッフに高評価·ハウスキーピングに高評価

DSC_0601_convert_20170602112624.jpg

DSC_0613_convert_20170602112710.jpg

DSC_0603_convert_20170602112747.jpg


2017.4.30「国道117号線沿いの十日町の定食屋に入ってみた」

「国道17号 うどん街道 ラーメンハウス新治 本店」

国道17号で水上町に入るとうどん店が目立つようになります。その中に、ポツポツとラーメン店もあります。その中の一つ、「ラーメンハウス新治 本店」によってみました。丁度、お昼時、ランチタイムには500円で楽しめる日替わりランチがありました。

IMG_2279[1]_convert_20170406052940

IMG_2280[1]_convert_20170407192510

IMG_2284[1]_convert_20170408010733
国道沿いにあり、店内はカウンターとテーブル、小上がりの店。昼時で結構混んでいました。

IMG_2281[1]_convert_20170407192612
日替わりのお得なランチがあるようです。

IMG_2282[1]_convert_20170408010554

IMG_2283[1]_convert_20170408010659
メニューにはこれでもかというほどの品ぞろいです。

IMG_2286[1]_convert_20170408010924
とヴん、ランチメニュー。とんこつだしの豚菜麺を注文。500円。麺の量がとても多い、とんこつ風のタンメンです。細麺に野菜はたっぷりはいっていますが豚肉は入ってません。背油が浮いていましたがさっぱりした味です。若干、酸味があります。コスパ良し。

IMG_2285[1]_convert_20170408010838
愉快な仲間が注文した「スタミナ系ニンニクラーメンの味噌ラーメン」。680円。中太縮れ麺にやや酸味のある味噌ラーメン。正直、白みその味しかせず美味しくない。

毎週、通過するので入ってみましたが、コスパ良いランチメニューならおすすめかな。

◎ラーメンハウス新治 本店
☎ 0278-64-1705
群馬県利根郡みなかみ町新巻3613-1
交通手段 関越自動車道 月夜野I.C.より車で10分 水上I.C.より車で15分
営業時間 11:00~23:00
定休日   無休 (不定休)

2017.6.2「はるちゃん的 野菜作り やぐらネギのとうだち」

「はるちゃん的 野菜作り やぐらネギのとうだち」

昨年、秋に収穫し、根は豪雪の中で冬越しした「やぐらネギ」。ネギの変種で、晩春、茎を数十センチ伸ばして花を球状につけ、この花の幾つかが鱗茎に変わって子ネギとなって伸び、その上に孫ネギができる、まさに、やぐらのような形状のネギだそうで、最終的には、やぐらが倒れると、地上に倒れるた部分から根を出して増えそうです。「さんがいねぎ」とも呼ばれます。
今春、切り株から茎を伸ばして、トウ立ちした珠芽に直接子ネギが発生しました。

○4月14日
DSC_0285_convert_20170602075525.jpg
豪雪が融けるとかわいい茎が伸びだしました。

○5月3日
IMG_2515_convert_20170602075620.jpg
IMG_2592_convert_20170602075654.jpg
一か月もたち、暖かくなるとすくすく大きくなりました。

○5月17日
IMG_2846_convert_20170602075819.jpg
ネギ坊主を漬ける茎も出てきました。

○5月31日
DSC_0757_convert_20170602080334.jpg
ほとんどの茎にネギ坊主がつきました。

DSC_0758_convert_20170602080402.jpg
ネギ坊主が破けて茎が見え始めました。

DSC_0760_convert_20170602080511.jpg

DSC_0761_convert_20170602080552.jpg
完全に破れて茎が伸び始めた。この後どうなんだ。

○6月19日
珠芽が太ってきたので先端を切り取り、ネギは収穫しました。珠芽は簡単にぽろっと外れますので、子ネギを外してそのまま土に植え付けます。

s_IMG_0585.jpg

<参考>
○2016年6月15日
IMG_8123_convert_20160710093040.jpg
この苗についた球状の一つ一つをばらして植えます。100円でした。

○2016年11月30日
すべてのやぐらネギを地上部分のみを収穫します。地下の部分は春にとうだちさせます。

DSC_0094_convert_20161219230818.jpg

DSC_0095_convert_20161219230852.jpg

DSC_0096_convert_20161219230926.jpg

DSC_0116_convert_20161219230958.jpg

来春、やぐらのように成長する姿が楽しみです。味はネギと変わりません。当たり前か「葱」ですから。

◎やぐらねぎの栽培(コメリhow to 情報参照)
①畑の準備
耕土が深く通気性・水はけのよい土が最適です。
元肥として苦土石灰と化成肥料を施し、間土してください。
②.植え付け
株間15cmの間隔で深さ10cm程度に植えつけます。
その後、根元に2cmくらい土をかけてください。
③管理
追肥は植え付け後、約1か月後に化成肥料を大さじ3杯、油粕大さじ5杯を施し、10cmほど土寄せしてください。
その後1か月ごとに同様に追肥し中耕・土寄せします。
④収穫
11月頃太葱として掘り取るか、地上部を刈り取って収穫します。
やぐらネギは5~6月頃、トウ立ちした先端(珠芽)に直接子ネギが発生します。
珠芽は簡単にぽろっと外れますので、子ネギを外してそのまま土に植え付ければ根付きます。


2017.6.6「当家の中を巡る水路のクレソンが満開」

「当家の中を巡る水路のクレソンが満開」

豪雪地帯にある当家の古民家の周りは「種」と呼ばれる池に囲まれています。雪は屋根から落ちて、この種で融雪されます。もっとも、3メートル近い豪雪なので「種」は雪に埋もれますが無いよりは良いです。この種に水を蓄えるために裏山から滔々と雪解け水が当家の水路に落ちて家を巡ります。その一角に、わさび田とクレソン田を作っています。そのクレソン田のクレソンが白い可憐な花を咲かせました。早速、自然の恵みいただきます。クレソンと当家で初めて獲れたアスパラと一緒に炒めました。美味しい。

DSC_0815_convert_20170606180111.jpg

DSC_0816_convert_20170606180158.jpg

DSC_0817_convert_20170606180246.jpg
クレソンが満開

DSC_0818_convert_20170606180542.jpg
クレソンのそばには山からの雪解け水が落ちます

DSC_0820_convert_20170606180715.jpg

DSC_0819_convert_20170606180742.jpg

DSC_0821_convert_20170606180832.jpg
クレソン田の上にはわさび田。

DSC_0833_convert_20170606180902.jpg
本日のクレソン炒めの分を採取します。

DSC_0843_convert_20170606200237.jpg
本日の採りたてのアスパラを入れてクレソン炒め。ビールにあいます。

◎クレソン(ウィディペギア)

オランダガラシ(和蘭芥子)が正しい名。水中または湿地に生育するアブラナ科の多年草。クレソン(フランス語:Cresson)またはクレス(cress)ともいう。ヨーロッパから中央アジアの原産。辛味(カラシ油配糖体)のシニグリンというワサビやダイコンなどと同じ抗菌性の物質が含まれる。食欲増進効果もある。また、ラットによる動物実験では、日常的な摂食は血圧上昇抑制および脂質代謝改善に有効であるとする報告がある[5]。ホウレンソウやルッコラなどと共に香味野菜としてサラダまたは茹でて若い茎と葉が肉料理の付け合せになど用いられる。お浸し(芥子醤油など)、ごま和え、天婦羅、漬物、味噌汁の具、鍋物などにも利用できる。最近はスプラウト(種子から出たばかりの芽)としても利用されている。霜にあたったクレソンは、葉が赤黒くなるが味は甘みが増す。

2017.6.28「はるちゃん的 野菜作り 丹波の黒豆 発芽」

「はるちゃん的 野菜作り 丹波の黒豆 発芽」

6月上旬。粘土質で河岸段丘にありがちな小石を多く含む畑の土づくりに苦労する畑の改良のために、今年も黒豆を植えることにします。
丹波黒大豆といっても、 枝豆の一種。枝豆には「白毛種」と「茶毛種」と呼ばれる2種類があり、 さらに、茶毛種には、「茶豆種」、「黒豆種」、「毛豆種」があるそう。
我々が一般食べている枝豆は、さやに白い毛を持つ白毛種。、さやに褐色の毛を持つのが茶毛種。

丹波の黒豆はあまみがあり、大粒でおいしい。今年も無農薬栽培で防虫剤や除草剤を使わずに手間暇かけて栽培します。

○6月6日
DSC_0807_convert_20170612105640.jpg
昨年に残った黒豆の種を一部使います。

DSC_0809_convert_20170612105716.jpg
合わせて、昨年、収穫した黒豆のうち種に使用するために残しておいた種を主に使用します。しかし、種をビニール袋で保存していたら表面に白カビが発生。とりあえず使用することに。種の保管には冷蔵庫等に保存すべきでした。

畑への直播と苗づくりと2つに分けて育てます。直播の種が発芽しなかったときに、苗を植えようということです。

○6月22日
s_IMG_0630.jpg
苗づくりの種が発芽しました。寒い日もあったためか、または、深植えしたためか20日ほど発芽にかかりました。

○6月23日
s_IMG_0643.jpg
直播した種もポット植えより1日遅れて発芽しました。

○6月27日
s_IMG_0748.jpg
ポット植えの苗は次々発芽してすくすく育ちます。

○6日28日
直播の発芽率は70%。発芽しなかったところにポット苗を植え付けました。

s_IMG_0755.jpg

s_IMG_0756.jpg

今後の成長が楽しみです。

<参考>昨年度(2016年)の栽培記録

5月5日。丹波の黒豆。へその部分を下に植え付けます。
DSC_0415_convert_20160627105428.jpg
DSC_0416_convert_20160627105617.jpg

5月13日。一週間後に発芽とました。
DSC_0475_convert_20160627105722.jpg

5月15日。手前が黒豆。大きな双葉はかぼちゃ。
DSC_0605_convert_20160627105825.jpg

5月19日。
黒豆は奥。大分双葉が大きくなりました。DSC_0677_convert_20160627105922.jpg

5月26日。ポットの苗を地植えするために畑の準備。石灰をまき、鶏糞を混ぜて、一週間ほど置きます。
DSC_0101_convert_20160627110113.jpg
DSC_0102_convert_20160627110159.jpg

5月31日。苗を畑にうえて、藁を敷きます。
DSC_0103_convert_20160627110234.jpg
DSC_0104_convert_20160627110738.jpg
DSC_0125_convert_20160627110810.jpg

6月19日。畑に移植してから20日ほどたちました。すくすくと伸びます。倒れやすいので根元に寄せ土して肥料をまきます。
真ん中が黒豆。
IMG_8225_convert_20160627110859.jpg

6月21日。株元から出るわき芽(分げつ)は省力化も兼ねて放任しました。この時期にはぐんぐん育ちます。楽しいくも、うれしいものです。
IMG_8285_convert_20160627110941.jpg

6月30日。どんどん大きくなります。土寄せを2回目しました。
DSC_0500_convert_20160703111608.jpg


今年ののおせちの黒豆は有機農法の「丹波の黒豆」に決定。

◎黒豆の育て方(「JAつやまホームページ参照)
①土づくり・ほ場の準備
地力向上のため、完熟たい肥を1aあたり100~200kg程度使用する。
また、土壌pHを矯正するため、炭酸苦土石灰(粒)を1aあたり10kgを施用する。
特に、連作している場合は、連作障害が出やすいので、深耕や土づくりに心がける。
また、湿害に弱いので、暗きょや明きょの設置、排水溝などを設ける。
②播種・定植
ほ場の条件や栽培面積等により、直播栽培、移植栽培を行う。
・播種時期
6月10日~6月15日ころ
・育苗方法
苗床で行う場合は播種間隔は8×5cmに1粒播種し軽く覆土を行う。
・定植方法
播種後12~14日ころで、本葉第1葉が展開したころに子葉節まで土がかかるように深植えをする
③ 栽植密度
条間90~120cm×株間40~50cm
④施肥
⑤雑草対策
雑草は徹底的に抜く
⑥中耕・土寄せ
中耕・土寄せは、倒伏防止、根の発達促進などがあり増収効果が高い。
1回目
播種25~30日後(本葉3~4葉期ころ)
2回目
1回目の15~20日後(本葉5~6葉期ころ)
⑦.収穫・乾燥
(1) 収穫、乾燥・脱穀
茎葉が黄変し、莢が80~90%褐色になったころに、収穫し、架干し、島立てなどで10~15日程度乾燥する(必要に応じ収穫前に、葉もぎを行う)。
脱穀は、子実の乾燥を確認してから行う。
高水分、過乾燥で脱穀すると品質の低下、収穫ロスが発生する。
(2) 選別・仕上げ乾燥
被害粒、裂皮粒、扁平粒、しわ粒などを除去する。
直射日光のあたらない屋内で、爪が立たない程度まで乾燥させる。
選別機、黒大豆用篩で規格に選別し仕上げる。
⑧病害虫対策
モザイク病
(アブラムシ類)
アブラムシ類により媒介される。

カメムシ類
着莢期~子実肥大期の発生で被害が大きく、落莢、子実の変色、変形、奇形粒の原因となる。
8月下旬、9月上旬を中心に、マメシンクイガもあわせて防除を行う。

2017.6.6「はるちゃん的 野菜作り アスパラガス 初収穫」

「はるちゃん的 野菜作り アスパラガス 初収穫」

北信濃から新潟の津南にかけては冷涼な気候を利用してアスパラガス栽培が盛んです。5月の収穫時期ともなると国道沿いに直売所がたくさん並びます。私も近所のみなさんから立派なアスパラガスを食べきれないほどいただきます。

昨年から栽培している我が家のアスパラガスも無事に越冬して、種から育成した2年目の苗は茎をグングン伸ばして葉を広げます。一方、2年生苗を植えたものからはおなじみのアスパラガスがにょきにょきと出ています。アスパラガスは手間暇がかかり、肥料も大量に必要な贅沢野菜といわれますが、ろくな世話しなかったのですが立派に採取できました。
早速、その夜の食卓にクレソンと炒め合わせとしてのりました。

○5月9日
DSC_0540_convert_20170608041521.jpg

DSC_0549_convert_20170608041700.jpg

DSC_0550_convert_20170608041753.jpg
レッドアスパラガスの2年生苗からアスパラガスがにょき。

○6月6日
DSC_0824_convert_20170608041920.jpg

DSC_0823_convert_20170608041842.jpg

DSC_0831_convert_20170608042134.jpg
一定の長さになったので刈り取ります。アスパラガスの採取には専用の鎌があります。

DSC_0832_convert_20170608042203.jpg
3本を収穫。たくさんは採れませんが、育ったことに感激。

DSC_0825_convert_20170608041950.jpg

DSC_0826_convert_20170608042024.jpg
種から育てた2年目の苗。葉を大きく広げます。ベル状の花をたくさんつけています。

DSC_0828_convert_20170608042059.jpg
アスパラガスの大敵「ジュウシホシクビナガハムシ(体長7mm)」。この虫は幼虫も成虫もアスパラガスの葉と茎を食べます。
放置しているといずれ地上部を食いつくされます。食べられた茎は生育不良を起こして、曲がってしまいます。



<参考 昨年の冬越し準備>
・11月24日
DSC_0040_convert_20161125000046.jpg
DSC_1247_convert_20161125000220.jpg
11月になると地上部分は枯れ始めました。しかし、本来ならもっと大きくなるはずでしたが。

DSC_0041_convert_20161125000153.jpg
DSC_0081_convert_20161201234538.jpg
DSC_0083_convert_20161201234614.jpg
株元から5~10cmほどのところでバッサリと刈り取ります。さらに、雪対策のために根元に藁を敷き詰めました。

・11月30日
DSC_0084_convert_20161201234842.jpg
肥料として囲炉裏のためにいただいた灰をふるいにかけて残った残滓をまきました。これで、越冬準備は終わり。

◎アスパラガスの栽培(horti 〜ホルティ〜 ホームページ参照)
①畑 土作り
中性~弱アルカリ性の土を好むので、植え付ける2週間前に苦土石灰、1週間前に完熟堆肥を2~3割ほど、耕した土に混ぜて寝かせる。
②水やり
蒸れに弱いので、植え付け場所にかかわらず、土が乾いたらたっぷりと水やりをする。活動が鈍る冬は、水やりを控えめにする。
③肥料
アスパラガスは肥料を好む植物。植え付けるとき、鶏糞や堆肥などの有機肥料をたっぷりと施します。そして、植え付けた年の1~2月、3年目以降の収穫後にも同様の肥料を土に混ぜていきます。
④アスパラガスの支柱の時期と方法
生長すると、1mほどの高さまで茎を伸ばします。茎葉は細く倒れやすいことから、草丈がある程度まで伸びたら、支柱を立てて株を支える。草丈が伸びてしまってからでは作業がしにくいので、毎年6月頃が目安。
⑤アスパラガスの手入れの時期と方法
・1年目
春に植えた株は、秋になると地上部が徐々に枯れてきます。茎が黄色くなってきたら、株元から5~10cmほどのところでバッサリと刈り取る
・2年目
3~4月に、根をたくさんつけるよう肥沃な土に植え替えます。株を掘り起こし植え付け時と同じように耕した土に、株同士の間隔が30~40cm空くよう植えていきます。このとき、地上部が隠れるように株を土で覆います。
そして、秋になりったら、1年目同様に茎を刈り取ってください。そして、株元から離れた場所に穴を掘り、堆肥や油かすを追加で施します。霜が降りる地域では、地下の部分が凍らないようにワラなどで株を覆い防寒します。
⑥アスパラガスの収穫時期と方法
植え付けてから3年目の春から収穫できるようになります。芽の長さが15~20cmほどになったら、収穫の適期です。株元をナイフで刈り取っていきましょう。大きく育ちすぎると、スジが固くなってしまうので注意。また、たくさん収穫してしまうと株が弱ってしまうので、6月上旬くらいで収穫は一旦やめて、後は株を育てるようにすると翌年以降もたくさん収穫できます。
⑦害虫、病気
・蒸れや冬の寒さが原因でかかる病気です。かかると回復しないことから、感染した株は引き抜いて処分します。一度発生すると他の株にも伝染するので、できるだけ早く発見し、対処することが大切です。


2017.6.23「戸狩スキー場のタイ料理 クアタイ」

「戸狩スキー場のタイ料理 クアタイ」

前々から行ってみたいと思っていた戸狩スキー場カシオペアゲレンデ入口にあるタイ料理「クアタイ」。サイクリングをかねて行ってみました。当家からは片道12キロの距離。戸狩スキー場への道はクライムコース。ちょうど、ランチの時間に間に合いました。タイ出身の女主人にタイ旅行で購入したタイ米の美味しい食べ方を聞くのも目的でした。

s_IMG_0663.jpg
戸狩スキー場カシオペアゲレンデの入口に店はあります。JR飯山線 戸狩野沢温泉駅から喘ぎながら自転車で登ってきました。

s_IMG_0677.jpg
店から外を見るとカシオペアゲレンデ入口の駐車場が広がります。

s_IMG_0671.jpg
店内に入るとすぐのところにタイ土産が販売されてました。タイ米は5キロ2800円。日本のちょっとしたブランド米と同じ値段。私がタイで購入した米は2キロ40バーツ(約130円)。

s_IMG_0672.jpg
店内は横長ですが結構な広さはあります。窓側に席をとり早速メニューを覗きこみました。

s_IMG_0667.jpg

s_IMG_0666.jpg
タイ料理の定番が並びます。私はカパオライスの大盛り、愉快な仲間はパッタイを注文。

s_IMG_0678.jpg
ガパオライス。タイの定番料理で「鶏肉のガパオ炒めご飯」。 玉ねぎ、赤・黄ピーマン等の野菜にガパオを加えて炒めた鶏挽肉と、ご飯・卵をぐちゃぐちゃに混ぜて食べます 。ここでは大盛りがちょうどよい量と思います。美味しいです。「ガパオ」はハーブの一種です。

s_IMG_0679.jpg
パッタイ(タイ語:ผัดไทย)。タイで作られる焼きそば。米粉でできたやや太めのビーフンを使用し、もやし、干し海老、鶏肉、豆腐(厚揚げ風)、砕いたピーナッツ等を入れて炒めてありました。ライムが添えられているので、好みで絞ってかけます。なお「パッ」は炒める、タイはタイ王国のこと。ナッツの食感がとても良かったです。

s_IMG_0681.jpg
定番の香辛料等の調味料4種を好きにかけます。唐辛子の酢漬け(พริกน้ำส้ม プリッナームソム)、ナンプラー(น้ำปลา)、砂糖(น้ำตาล ナームターン)、粉唐辛子(พริกป่น プリックポン)を入れた容器のセット(เครื่องปรุง クルアンプルン)。粉唐辛子はオイルの中に入れてありました。お土産に粉唐辛子を買おうとしたら、あいにくなくて、次回までに作っておいてくれることとなりました。500円とのこと。

タイ料理として美味しい店です。コスパ的には価格がもう少し安いと良いなあと思います。冬が掻きいれ時なのでしょうからゲレンデ値段かな。もっとも、カレーを1000円もとる店よりは良心的かな。

サイクリング中でしたので、飲みたかったタイビールの注文は封印。2種類のビールが置いてありました。

s_IMG_0673.jpg

s_IMG_0674.jpg
タイで人気のチャーンとシーハー。

s_IMG_0682.jpg
帰りは戸狩スキー場に立ち寄りました。美味しいランチですっかりお腹が突き出しました。

◎クアタイ
☎ 090-4838-9900
長野県飯山市常郷2203 戸狩スキー場二ツ宮バス停留所待合室 2F
交通手段 JR飯山線の戸狩野沢温泉駅から車で約5分
営業時間 11:30~14:30 17:30~21:00
定休日   木曜


2017.7.7「はるちゃんの野菜づくり 根ショウガ」

「はるちゃんの野菜づくり 根ショウガ」

初栽培の根ショウガづくりに挑戦。大しょうがの種子を購入しました。ショウガ好きとしては大収穫して、甘酢のショウガ漬けをたくさん作ろうとのもくろみです。もちろん、葉生姜で自家製みそを付けて、ビールで一杯も。想像するとわくわくします。

〇5月23日
IMG_2932_convert_20170525100310.jpg
50グラムになるように種子を分けるので8個とれる計算です。

IMG_2936_convert_20170525100430.jpg
畑に自家製の草木灰と鶏糞を入れて耕し、幅30センチほどの畝を作ります。

IMG_2935_convert_20170525100453.jpg
実際にはかりで量って、分けてみると7個になりました。

IMG_2937_convert_20170525100520.jpg

IMG_2929_convert_20170525100226.jpg
10センチの深さに掘り、種子を入れて5-6センチの土をかぶせ、藁を裁断してマルチとしてかけました。

〇7月7日
一向に芽が出ません。雑草ばかりが生えて、どこに植えたかすらわからなくなりました。失敗したのかな。

◎ショウガ栽培
1.植え付け適期は気温が高くなる4月中旬〜5月上旬、地温が15度以上になってから行います。
2.種ショウガは、大きいものは1片が50g前後の大きさになるように手で分割します。
3.株間30cmで深さ15cmの植え穴を掘り、種ショウガを横に寝かせて植え付けます。
4.10cm間隔で植えれば、間引きを兼ねて葉ショウガとして収穫できます。
5.種ショウガの上に土を盛り、手のひらでしっかり押さえて鎮圧し、たっぷりと水をやります。
6.連作障害を避けるために、同じ場所での栽培間隔を1年あけるようにします。
7.日陰を好むショウガは、「コンパニオンプランツ」としてサトイモとの混植がオススメです。
どちらも日陰・水分を好む似たもの同士のため同じ場所で育てやすく、サトイモの葉がつくる日陰でショウガがよく育ちます。
8.追肥・土寄せ
ショウガが見えないように土寄せ。追肥と土寄せをセットで、夏までに計3回行います。
1回めは草丈15cmくらい、2回目は草丈30cmくらい、3回目はさらに1か月後に。表面が隠れるように、土を被せます。
ショウガは地中の下にまっすぐ根を伸ばしていくので、追肥は株元に施します。
9.マルチング・日除け
ショウガは乾燥を嫌うので、夏は株元にワラや刈草でマルチして土の乾燥を防ぎます。
また、適度な日陰を好むため、真夏の強い日差しがある時期は、日除けをして直射日光から守ります。
10.収穫
夏から秋にかけて、好みによっていろいろな収穫が楽しめます。
植え付けから約3ヶ月後(葉が7〜8枚の頃)、新しい根を葉つきのまま収穫する「葉ショウガ」を。そして、葉先が黄色く枯れた頃(11月上旬)になると、根が十分に肥大した、みずみずしい「新ショウガ(根ショウガ)」を収穫できます。
葉が茶色く収穫適期のショウガ
また、新ショウガの下についている種ショウガも食べることができます。新ショウガよりも固くて辛味が強く、薬味に最適です。
収穫したショウガに付いている種ショウガも食べられる
収穫は、株元の周囲を少しずつ手で掘り、根を十分に露出させてから一気に掘り上げます。
低温にあたると傷むので、霜が降りる前までに収穫を終わらせましょう。
収穫後数ヶ月保管すると辛みを増す
11.ショウガの保存
•生姜の保管に最適な温度は13~15度
•茎と根は切り落とす
•土がついたまま保管する
•保管温度が高いと芽が出て、低いと傷んでしまう
•乾燥にも弱いため湿度は高く保つ

・ショウガを土に埋めて保存する方法
20cmほど土を掘り下げてもみ殻を敷き、その上にショウガ同士が触れないように横倒しに並べ、土を2cm以上かぶせます。
その上にショウガを並べて繰り返し、最後にもみ殻をかぶせたら、土を10cm以上盛り上げ、雨よけを兼ねてワラや落ち葉、枯れ草で覆っておきます。
・発泡スチロール箱に密封、新生姜を新聞紙に包んで保存
新生姜を新聞紙に包み水に濡らして保存
新生姜を新聞紙に包んで発泡スチロールの箱で密封保存
発泡スチロール箱に新聞を敷き詰め、ショウガ1塊ずつを新聞紙に包んで水に濡らします。
それを発泡スチロール箱に並べて、蓋をガムテープで密封し、涼しい部屋で保管します。
2ヶ月ほどして開封すると色が若干黒くなり、薬味として使える「ひね生姜」に。

IMG_2933_convert_20170525100405.jpg

2017.6.11「斑尾高原 沼の原湿原 6月中旬の花」

「斑尾高原 沼の原湿原 6月中旬の花」

6月中旬に山の愉快な仲間と斑尾高原の沼の原湿原に行ってみた。前日の大雨から転じて青空が広がりました。立派なトイレのある駐車場に車を停車し、早速、湿原に。日曜日ですが、沼の原湿原はハイカーも少なく、静かな湿原歩きを楽しみます。6月中旬ともなり、リュウキンカや水芭蕉は終わり、ミツガシワやサワオグルマの花が満開でした。すがすがしいハイクを楽しむにはハイカーも少ないこの湿原はお勧めです。沼の原湿原にはロングコース2.8K 90分とショートコース1.6K 50分の2つのコースが用意されています。道はよく整備されていて道に迷うことはありません。

IMG_0102_convert_20170612015649.jpg
駐車場の横に湿原への入口があります。

IMG_0105_convert_20170612015755.jpg

IMG_0110_convert_20170612015904.jpg
すがすがしい青空の下、湿原が広がります。

IMG_0106_convert_20170612015837.jpg

IMG_0112_convert_20170612020013.jpg
この時期の湿原の主役ミツガシワ。

IMG_0114_convert_20170612020105.jpg

IMG_0118_convert_20170612020133.jpg
ミツガシワ以上に満開であったのがサワオグルマ。

IMG_0120_convert_20170612020155.jpg
愉快な仲間もワイワイガヤガヤと88歳のリーダーを先頭に歩きます。

IMG_0129_convert_20170612020401.jpg
湿原にはちらほらとレンゲつつじが咲いています。美しい花ですが全木にジテルペンのグラヤノトキシン、ロドジャポニンなどの痙攣毒を含み、呼吸停止を引き起こすこともある植物です。。牛や馬にとっても有毒なため、食べ残すので、レンゲツツジの群生地になっている牧場が多のはこのため。花には蜜があり甘いが、吸うのは非常に危険です。

IMG_0130_convert_20170612020430.jpg

IMG_0113_convert_20170612020040.jpg
木道がいつまでも続いているのではないかと思う湿原。水芭蕉は大きな葉になっています。

IMG_0125_convert_20170612020221.jpg

IMG_0127_convert_20170612020315.jpg
湿原が一望できる小高い丘でコーヒータイム。山で飲むコーヒーは本当に美味しい。空気のせいかな。

IMG_0126_convert_20170612020246.jpg
湿原の真ん中をカメラ片手に登山者が行きます。湿原の上をさわやかな風が吹きます。半袖では肌寒いくらいです。

IMG_0128_convert_20170612020339.jpg
愉快な仲間が何かを見つけたようです。花を見ながら歩きます。

IMG_0133_convert_20170612020458.jpg
白い花のズミも満開。コリンゴ、ヒメカイドウ、コナシなどとも呼ばれ、バラ科のリンゴ属で野生のリンゴとも言えます。
この木の多い場所は小梨平などと呼ばれます。

IMG_0134_convert_20170612020520.jpg
形態が奇天烈なマムシ草。

長野県の飯山駅から車で30分ほどで静かな湿原歩きを楽しめます。一度、歩いてみてください。

<参考>
○早春の沼の原湿原
2014_0427_091328-DSC_0813_convert_20140503084302.jpg
水芭蕉とともに湿原の女王リュウキンカが咲き誇ります。

2014_0427_091209-DSC_0810_convert_20140503084533.jpg
対岸はリュウキンカで黄色いじゅうたんが広がります。

春の息吹を感じるために、雪融けの瞬間の湿原はおすすめです。早朝の静かなときにスノーシューでサクサク歩くと幸せを感じられます。

○早秋の沼の原湿原
DSC_0427_convert_20160905052550.jpg
シラヒゲソウ。白色の花弁の縁が糸状に切れ込んでいる様子を髭に見立てこのながあります。しかし、その形状に感激です。

DSC_0422_convert_20160905051925.jpg
ツリフネソウ(釣船草、吊舟草)

DSC_0444_convert_20160905054100.jpg
オタカラコウ(雄宝香)

DSC_0541_convert_20160906014811.jpg
ギンリョウソウ。別名 ユウレイタケ。キノコではありません。

DSC_0531_convert_20160906014731.jpg
ヤナギラン。 細長い葉がヤナギ(柳)に似ていて,花がランの花に似ていることからこの名があるが、蘭の仲間ではなありません。

DSC_0443_convert_20160905054024.jpg
オオバセンキュウ

DSC_0476_convert_20160905063545.jpg
ユスラウメ

DSC_0432_convert_20160905052652.jpg
フジバカマ

◎沼の原湿原
DSC_0411_convert_20160903073807.jpg
DSC_0412_convert_20160903073948.jpg
今回は1.6K 50分コースを歩きました。他にロングコースとして3.0K90分コースもあります。もっとも、木道は積雪の下なので関係ありませんが。雪の上を好きに歩きました。

DSC_0453_convert_20160905054428.jpg
沼の原湿原で主にみられる花の見ごろ



2017.6.19「畑を耕していると ケーン」

「畑を耕していると ケーン」

6月に入ると田植えも一段落して、畑の耕作に力を入れます。今年から借りた耕作放棄地の草刈りをしていると「ケッケーン、ケーン」の声。目を上げると目と鼻の先にキジが歩いています。この辺りではツガイのキジをよく見かけます。本日は雄のキジが一羽寂しく歩きます。雌を探してどこに行く。
もちろん、日本を代表する国鳥です。

DSC_0664_convert_20170612205204.jpg

DSC_0665_convert_20170612205236.jpg

DSC_0666_convert_20170612205329.jpg

DSC_0667_convert_20170612205357.jpg

DSC_0668_convert_20170612205430.jpg


2017.6.17「はるちゃんの米作り三年目 ⑦田植え後の水管理」

「はるちゃんの米作り三年目 ⑦田植え後の水管理」

田植えを終了して、二週間ほど経ったこの日、毎日の日課の田圃を見回ります。田植え後は水管理がとても重要です。稲がしっかりと田圃に根を張ってもらわないといけません。このためには水管理が重要です。基本は夜は深水管理、昼は浅水管理で水を温めます。とはいっても、当家の田圃は底抜けなので水管理がとても難しいです。また、週に2日-3日は介護で東京に帰るのでなおさらです。

s_IMG_0406.jpg

s_IMG_0407.jpg

s_IMG_0569.jpg
壱の田圃。すくすくと育っています。東京に帰っている3日間で水が無くなるので水を入れっぱなしにせざる負えません。

s_IMG_0855.jpg

s_DSC_0848.jpg
6月30日。田植えから1か月。かなり分げつしてきました。この時期まで、苗が育たなかったところに植えこむために苗を置いておきました。師匠から病気がはやるので早く捨てるように言われました。

s_DSC_0866.jpg
苗を見ていると飽きません。風に揺れる姿が美しい。気持ちも涼しくなります。気が付くと陽が傾いていました。

◎田植え後の水管理(千葉県ホームページ)
できるだけ早く活着させることが重要。
活着とは、一般的には新根が3~5本発生して養分や水を十分吸収できる状態になることをいいます。
苗の活着の限界温度は12~13℃、最適温度は25~30℃といわれています。また、風などによる植え傷みにも注意が必要です。田植え直後から5日目くらいまでの間は、低温時や強風時には5~7センチメートル程度のやや深水で管理し苗を保護します。天候が悪い時に水深を保つ効果は、<1>地温と水温を確保して発根を促すこと、<2>苗からの水分の蒸発を抑制して苗をしおれさせないこと、の2つ。
・活着期
水温を高く維持すると活着が促進されます。気温が高いか天気が良い場合、水深は浅いほうが水温が上がりやすくなります。気温が低いか天気が悪い場合は、水深を深くしたほうが水温の低下を防ぎます。
活着する時期の田植後5~10日程度は、風がなく天気の良い日中は3~4センチメートル程度の浅水に、夕方は入水して5~6センチメートルの通常の水深にします。風が強い時や日中でも気温が低い時は、植え傷み防止と保温のため、5~7センチメートル程度の深水に管理します。
・分げつ期
昼夜の温度差が大きいと分げつが促進されます。浅水は昼夜の地温、水温の温度差が大きくなります。昼の気温が低い天候の場合は分げつが抑制されるので、深水にして水温を保ちます。

・除草剤の散布
除草剤散布時の水深は粒剤・フロアブル剤で3~5センチメートル、ジャンボ剤は5~6センチメートルにしましょう。除草剤の効果を保つため、散布後7日間はかけ流しや落水は絶対にやめましょう。また、活着が遅れている場合や、極端な高温・低温時は、薬害防止のため除草剤の使用を控えましょう。安定した効果を得るためには水管理のほか、<1>田面を均平にする、<2>代かきを丁寧にする、<3>除草剤の使用量・使用時期を守る、ことが重要です。田植え前に初期剤を使用する場合は、田植え時に排水することもあるので田植えの7日前までに使用します。

・稲わら等の分解によるガスの対策
水田に足を踏み入れると気泡が発生する、または晴天時に自然に気泡が生じる場合があります。これは、すき込んだ稲わらや雑草の分解が不十分なとき、気温が上昇する5月中旬以降に稲わらが分解しはじめて「ワキ」とよばれる植物の根に有毒なガスが発生するためです。このガスで稲の根が傷み、葉の黄化、苗の枯死など生育障害を起こすことがあるので注意が必要です。対策としては、一度水を落とすか、除草機を使ってガスを抜きます。落水は、昼に気温が高く、夜は曇っていて気温が下がらない日を選んで行います。夕方に水を落としてガスを抜き、翌朝に水を入れます。ガスの発生がひどい場合は数回行います。
・畦畔管理
水管理のために、畦畔や用水路などの管理を適切に行いましょう。畦畔、用水路の周囲は草刈りを定期的に実施し、漏水などがないか点検しましょう。モグラやザリガニの穴がないかも確認し、畦畔板、畦畔シートなどで対処しましょう。

2017.6.11「カヤの平 ドブ湿原ハイク」

「カヤの平 ドブ湿原ハイク」

山の愉快な仲間と春の山行。リーダーが88歳になったということもあり、30年近く、百名山を中心に全国の山を歩いてきましたが、さすがに残雪が残る山よりは無難な湿原ハイクを提案。飯山市の隣の木島平村にあるカヤの平のドブ湿原を歩くことに。カヤの平はブナの原生林が息づくところで新緑の時期は美しい緑に覆われ一年で最も良い時期です。カヤの平への清水平林道は全面舗装された良い道です。途中、根曲り竹採取の多くの人々と出会いました。

DSC_0868_convert_20170613033552.jpg
カヤの平の入口の案内所に到着。立派な案内所です。案内人もしっかり常駐。トイレも清潔。

DSC_0869_convert_20170613033723.jpg
根曲り竹採取の人が途中にたくさんいましたが、どうやら入山料2500円が必要なようです。

DSC_0873_convert_20170613033759.jpg
案内所ではキャンプ場の受付もしています。

DSC_0871_convert_20170613033840.jpg
DSC_0872_convert_20170613033914.jpg
案内所の中に昔懐かしい道標が掲示されていました。上の看板は右書きです。

DSC_0959_convert_20170613035722.jpg
案内所の横には広大なキャンプ場が広がります。

DSC_0958_convert_20170613035659.jpg
ロッジもあり、もちろん、宿泊もできます。

DSC_0874_convert_20170613034015.jpg

DSC_0875_convert_20170613034044.jpg
登山道の入口はロッジの先にあります。

DSC_0876_convert_20170613034112.jpg
ロッジ横のズミが満開でした。

DSC_0878_convert_20170613034147.jpg
スタート当初は青空が広がり、すがすがしい気分で最高のハイク日和と思っていました。足取りも軽い。

DSC_0879_convert_20170613034217.jpg
登山口入口。標高1450m。これから向かう北ドブ湿原が標高1550mですので標高差100m、1.9キロの道のりです。

北ドブ湿原までのハイクは拙ブログ「カヤの平 ドブ湿原ハイクⅡ」をご覧ください。

◎カヤの平(信州とっておき情報)
所在地 木島平村
アクセス 上信越道信州中野ICより清水平林道経由約1時間または志賀高原経由約1時間20分
最高到達地点の標高 約1550m(北ドブ湿原)

カヤの平高原は、志賀高原と野沢温泉の中間に位置し、秘境と言われる秋山郷にも近い、手つかずの大自然が残る高原です。「日本一美しい」ブナの原生林に加え、高山植物の咲く湿原もあり、アップダウンがなく歩きやすいことから、森林セラピー基地にも認定されています。ブナ林は、映画「阿弥陀堂だより」でも使われました。キャンプ場とロッジもあります。

DSC_0880_convert_20170613034239.jpg

20107.6.11「カヤの平 ドブ湿原ハイクⅡ」

「カヤの平 ドブ湿原ハイクⅡ」

拙ブログ「カヤの平 ドブ湿原ハイク」の続きです。

山の愉快な仲間といよいよドブ湿原への道に踏み込みます。すぐにブナの原生林の中に緩い登りの林の道を歩きます。さっきまで晴れていたのに、風がでて、一気に空が曇りだしました。ところどころ残雪も残ります。冬の雪の多さがはかり知れます。まだ、やっと春を迎えるカヤの平です。やがて、湿原に到着。やはり、湿原は早春のたたずまいで春先のリュウキンカがちらほら咲いていますが水芭蕉はまだでした。

DSC_0879_convert_20170613034217.jpg
北ドブ湿原への登山口。往路は西コースを歩きます。

DSC_0902_convert_20170613034730.jpg

DSC_0895_convert_20170613034524.jpg
ブナの原生林の中を歩きます。まだ、雪が残ります。新緑のブナが美しい。雪融けしたばかりで、昨年の落ち葉を踏みしめて歩きます。フカフカ。

繝悶リ縺ォ閠ウ縺ゅ※_convert_20170614034643
ブナは天然のダムと言われるほど保水力の高い樹。耳をあてると木の中を流れる水の音が聞こえると言います。愉快な仲間も水の音に聞き入ります。

DSC_0896_convert_20170613034557.jpg
大きなこぶを持つブナがありました。樹のこぶは虫が樹内に入ったり、枝が折れたり、あるいは、剪定などで枝を切り落とすと、その部分を修復しようとして、ヤニが出たり、カルスと言うものが形成されて復元しようとするためにできます。豪雪で折れたのかもしれません。

DSC_0898_convert_20170613034655.jpg
DSC_0897_convert_20170613034624.jpg
この時期にはたくさんのタケノコ採りの人が入山しています。入山料2500円を支払い、タケノコを採ります。チシマザサのタケノコで、山菜として人気があります。もちろんこんな小さなものは食べれませんが。

DSC_0903_convert_20170613034757.jpg
豪雪で道標がばらばらになっていたので、輪状に置きなおしました。

DSC_0913_convert_20170613034907.jpg
残雪が多い登山道です。スリップに気をつけて歩きます。

DSC_0914_convert_20170613034933.jpg
北ドブ湿原が見えてきました。ちょつとぽつぽつと雨が落ちてきました。ブナ林の中では雨からブナの葉が傘代わりになり降り始めは濡れません。

DSC_0924_convert_20170613035102.jpg

DSC_0921_convert_20170613035037.jpg
北ドブ湿原は早春。まだ、湿原の花々が咲くのは先のようです。

DSC_0930_convert_20170613035130.jpg
早春を告げる花 リュウキンカがそここに咲き始めた湿原です。

DSC_0932_convert_20170613035157.jpg
DSC_0934_convert_20170613035255.jpg
湿原のなかにある東屋でお昼。大粒の雨も降ってきました。また、標高1450mで寒い中での食事です。

DSC_0936_convert_20170613035320.jpg
本日の昼食はコンビニ弁当にあさり汁。今のあさり汁は貝ごと入っています。熱い味噌汁に心も体も暖まります。

DSC_0940_convert_20170613035411.jpg
帰りは東コースに。ブナのおかげで間断なく雨が降り続きますが傘を指す差さずに済みます。

DSC_0952_convert_20170613035626.jpg
登山道の入口に戻ってきました。入口の近くに信州大学の演習林があります。

アプローチの林道、登山道もよく整備されており、ブナの原生林は深く、オゾンにあふれます。森林浴をかねてのハイクにお勧め。

○歩程
西コース 1.5キロ  登山口11:20 - 北ドブ湿原12:16 歩行時間 56分
東コース 1.4キロ  北ドブ湿原13:00-登山口13:40 歩行時間 40分

<参考>当日の宿泊
木島平周辺にはペンションも多く、炊事道具がすべて整った素泊まりの貸別荘タイプのペンションに宿泊

○フィオーレ
北信州木島平 コテージ フィオーレ
長野県下高井郡木島平村上木島3501-17
Tel 0269-82-4335
素泊まり 1人4100円

DSC_0963_convert_20170613035826.jpg

◎カヤの平(信州とっておき情報)
所在地 木島平村
アクセス 上信越道信州中野ICより清水平林道経由約1時間または志賀高原経由約1時間20分
最高到達地点の標高 約1550m(北ドブ湿原)

カヤの平高原は、志賀高原と野沢温泉の中間に位置し、秘境と言われる秋山郷にも近い、手つかずの大自然が残る高原です。「日本一美しい」ブナの原生林に加え、高山植物の咲く湿原もあり、アップダウンがなく歩きやすいことから、森林セラピー基地にも認定されています。ブナ林は、映画「阿弥陀堂だより」でも使われました。キャンプ場とロッジもあります。

DSC_0880_convert_20170613034239.jpg

DSC_0933_convert_20170613035225.jpg

2017.6.11「カヤの平 ドブ湿原の6月中旬の花」

「カヤの平 ドブ湿原の6月中旬の花」

山の愉快な仲間と雪が残るカヤの平ドブ湿原に。下界は梅雨というのに、標高1450mのドブ湿原はまだ早春。湿原の花もこれからという感じでした。

DSC_0961_convert_20170613035752.jpg
水芭蕉。標高1350mのカヤの平キャンプ場あたりで咲いていましたがドブ湿原ではこれからでした。

DSC_0946_convert_20170613035530.jpg
ヤブデマリ。ただし、葉がのこぎり葉でないのが気になる。

DSC_0937_convert_20170613035345.jpg
ヤマエンゴサク。

DSC_0930_convert_20170613035130.jpg
リュウキンカ。北ドブ湿原では咲き始めでした。

DSC_0898_convert_20170613034655.jpg
チシマザサ。根曲り竹といられて山菜として珍重され、今回もたくさんの人が採取のために入山していました。

DSC_0895_convert_20170613034524.jpg

DSC_0896_convert_20170613034557.jpg
ブナ。「日本一のブナ林」と豪語するブナ林が広がります。豪雪のために折れたのかこぶのあるブナもたくさん見れます。

DSC_0894_convert_20170613034455.jpg
キハダ。ミカン科の高木。樹皮から「黄柏(おうぱく)」という、下痢止めなどに効果のある漢方薬を作る事ができ、 黄色に染める自然染料としても用いられます。

DSC_0885_convert_20170613034330.jpg
エンレイソウ。黒く熟した果実は食用となり、根茎は古くから胃腸薬や催吐剤などの薬草とされます。しかし、サポニンなどの有毒成分を含む有毒植物で、過量に服用すれば、嘔吐、下痢などの中毒症状を起こします 。延齢草なのに。

DSC_0882_convert_20170613034304.jpg
タチツボスミレ。登山口近くで群生してました。

DSC_0876_convert_20170613034112.jpg
ズミの花が満開でした。カヤの平キャンプ場周辺。

◎カヤの平(信州とっておき情報)
所在地 木島平村
アクセス 上信越道信州中野ICより清水平林道経由約1時間または志賀高原経由約1時間20分
最高到達地点の標高 約1550m(北ドブ湿原)

カヤの平高原は、志賀高原と野沢温泉の中間に位置し、秘境と言われる秋山郷にも近い、手つかずの大自然が残る高原です。「日本一美しい」ブナの原生林に加え、高山植物の咲く湿原もあり、アップダウンがなく歩きやすいことから、森林セラピー基地にも認定されています。ブナ林は、映画「阿弥陀堂だより」でも使われました。キャンプ場とロッジもあります。

DSC_0880_convert_20170613034239.jpg

DSC_0933_convert_20170613035225.jpg

2017.6.15「アスパラ農家の天敵 ガガイモ」

「アスパラ農家の天敵 ガガイモ」


長野県飯山市のなべくら高原はアスパラガスの一大産地。5月の下旬から7月初めまでは収穫で目の回る忙しさになります。私も隣の集落のアスパラ農家の手伝いを初め、随分慣れてきました。早朝6時頃から大きな4枚のアスパラ畑のアスパラを収穫します。熊の生息地域ということもあり、ラジオや熊鈴は手放せません。本日はアスパラの収穫後にアスパラの成長を阻害する雑草のガガイモの駆除をしました。日本神話にもでてくる植物ですが地下茎で増えて、大量にはびこるので致し方ありません。

IMG_0295_convert_20170616005211.jpg
有機栽培。通常のアスパラガスより、キロ30円ほど高く引き取られるそうです。認定制で有機栽培が正しく行われているかどうかを常に行政が検査をしているそうです。大きなアスパラがにょきり。

IMG_0296_convert_20170616005318.jpg
IMG_0297_convert_20170616005345.jpg
アスパラガス鎌が50センチほどあるので、その大きさがわかります。

IMG_0299_convert_20170616005411.jpg
この広大な畑が4枚あります。

IMG_0301_convert_20170616005443.jpg
ヨモギを主とした雑草に覆われています。

IMG_0302_convert_20170616005513.jpg
アスパラガスの天敵ともいえる雑草ガガイモ。地下茎で繁殖し、つる性のためアスパラに巻きつき成長を止めます。

IMG_0303_convert_20170616005538.jpg
これだけは地下茎もろとも駆除します。本日はアスパラ収穫作業後にガガイモ採りです。

IMG_0304_convert_20170616005600.jpg
IMG_0305_convert_20170616005625.jpg
IMG_0306_convert_20170616005652.jpg
ガガイモは切ったり、折ったりすると白い液が流れます。特段、有害ということはないようですが、あまり見ていて気持ち良いものではありません。

2017.6.19「梅酒づくり3年目 青梅で梅酒づくり」

「梅酒づくり3年目 青梅で梅酒づくり」

今年も梅の収穫の季節が訪れました。スーパーでは梅酒づくりに必要な梅、ホワイトリカー、氷砂糖が並びます。たまたま立ち寄った飯山市内のスーパーに群馬産の青梅が一袋だけあったので購入。毎年は南高梅で作りますが。早速、ホワイトリカーと氷砂糖も購入して梅酒づくりにかかります。

IMG_0384[1]_convert_20170617102421
0.85キロ 420円。群馬県産。

■材料(標準量)
  青梅      850g
  氷砂糖     600g 甘い目がお好みなら氷砂糖は800gぐらいまでなら。
  ホワイトリカー 1.8リットル
  5リットルビン 1個
  竹串 2~3本  梅のヘタを取るのに使う
IMG_0383[1]_convert_20170617102338

いよいよ、梅酒づくりに。

① ビンを煮沸
  ビンに熱湯を少し注いで傾け、回す
  フキンで水気をふき取り、ビンの口を下にして、完全に乾燥。
   ※水気が残っているとカビが生え安い、完全に乾燥させる。
IMG_0380[1]_convert_20170617102151

②梅をきちんと洗う
  流水で洗うのがいちばんいい。

IMG_0385[1]_convert_20170617102505
良く洗う。流水で。

③梅のアク抜きをする
 洗ったらたっぷりの水(2リットル以上)に漬けてアク抜きをする。
 2時間程度が目安、これをおろそかにすると梅酒に渋みが出ます。
 熟れた実は、樹で熟す間に青梅の中に含まれるエグ味の成分が消えるので、アク抜きはいりません。

IMG_0386[1]_convert_20170617102551
水につけて2時間。

④水気は丁寧にふき取る
 アク抜きが終わったら、きれいなタオル等で水気をふき取る。
IMG_0389[1]_convert_20170617102751

⑤梅のヘタは一つ一つ丁寧に取る
 水気をきれいにふき取ったら、楊枝を使ってヘタを一つ一つ丁寧に取る
楊枝を使う理由は梅は金気(金属)を嫌うといわれているから。
きれいに取れば取るほど梅酒にエグ味がなくなりさわやかな味わいになります。
IMG_0391[1]_convert_20170617102911

⑥梅と氷砂糖は交互に入れるのがポイント
半分に分けて2回分にして、2回に分けてビンに入れていきます。

1.梅を入れます。放り込むとつぶれちゃいますから丁寧に。
2.氷砂糖を入れます。上から降りかけるような感じで入れます。
3.残りの梅を入れます。先ほどと同じで丁寧に入れます。
4.残りの氷砂糖を入れます。これも先ほどと同じで振り掛けます。

IMG_0392[1]_convert_20170617103002

⑦ホワイトリカーを注ぎ入れる
後は梅酒が出来るのを待つだけ! 梅と氷砂糖をビンに入れる
IMG_0393[1]_convert_20170617103059


⑧梅酒を漬け込んだら、あとはきっちりとフタをして温度差のなるべく少ない涼しい場所で保存。
約1年後から飲める。1年半ぐらいたったら、梅の実を取り出して梅酒をこしてから長期保存します。
IMG_0396[1]_convert_20170617103148

毎年つくり、慣れているので。あく抜き時間を除けばあっという間。作業開始から3時間で完成。。早く熟成しておいしく飲みたい。

IMG_0398[1]_convert_20170617103229

◎南高梅(ウィキペディア)
梅の品種のひとつ。主たる生産地が和歌山県の白梅で、その果実は最高級品とされる。2006年10月27日には地域団体商標制度の認定第一弾として、南高梅は地域ブランドとして認定。読みは「なんこううめ」。

2017.6.19「はるちゃんの米作り三年目 ⑧田植え後の除草対策」

「はるちゃんの米作り三年目 ⑧田植え後の除草対策」


田植えが終わっても、田圃の水管理や雑草駆除の仕事が残っています。田圃の雑草は初期の段階で除草剤をまく必要があります。減農薬栽培を目指しますが最低の対応だけはします。少しでも薬を使わないと雑草が繁茂して良い米がとれません。それでも、「最低限の除草剤しかまかない」、「田圃の水持ちが悪いため除草剤が十分に拡散しない」ために、結果的に無農薬栽培に近い稲作となっています。そのため、稗を中心に雑草がはびこります。毎日、除草を人力でやるしかありません。腰をかがめての作業で、きつい仕事です。

DSC_0107_convert_20160530210817.jpg
しっかりと水をはりました。

DSC_1028_convert_20160531051206.jpg
除草剤は初期剤と言われるこれを使用しました。マスク、使い捨て手袋の完全防備でまきます。基本は農薬を使用しませんが、この処理と稲が成長したあとのイモチ病とカメムシ対策の薬剤はまわりの田圃に迷惑をかけないためにまかざる負えません。

DSC_0108_convert_20160530210855.jpg
畔から「雑草は外 稲は内」と大きくまきます。

DSC_0109_convert_20160530212722.jpg
「えい、やー」

DSC_0110_convert_20160530212816.jpg
結構、きれいにまくことができましたが、やはり、真ん中あたりが十分に届きません。

結局、日々の除草はやるつもりです。これが結構つらい仕事なんですが。もちろん、人力です。

DSC_1034_convert_20160531051014.jpg
作業に夢中になっていたら、いつの間にか陽が傾いていました。本日も一日が早いなあ。

◎田植え後の除草(全農農業協同組合新聞ホームページ)
水稲用除草剤の上手な使い方を整理。
第1に健全な苗を育て、代かきを十分に行ってデコボコのない均平な田んぼにする。
第2に発生している雑草の状況(発生の種類、発生の時期)を把握し、それにあった除草剤を選択する。
第3に、使用する除草剤の適用内容や注意事項をよく読んで、選択した除草剤が最も効果を発揮できる時期を逃さずに使用量や使用条件を守って、きっちり均一に散布する。田植え後、すぐに播きます。
第4に除草剤散布後の水管理(7日間止水など)を着実に実行する。




2017.7.12「はるちゃんの米作り三年目⑨ 田植え後の除草対策 Ⅱ」

「はるちゃんの米作り三年目⑨ 田植え後の除草対策 Ⅱ」


6月中旬から始めた除草。ほぼ無農薬状態の田圃では雑草がとってもとってもはびこります。毎日、田圃に入り、7月の中旬になっても、腰をかがめて、手で抜き取る厳しい作業が続きます。
雑草のうち、特に、稗が多く、稲と遠目には見分けがつかないため、稲の生育がよいと錯覚するほど稗が生えています。

7月3日の日の除草時の壱の田圃です。

s_IMG_0900.jpg

s_IMG_0904.jpg
稲はしっかり分げつしてすくすく育っています。「分げつ」とは植物の根元付近や切り株から伸びた新芽を蘖(ひこばえ)と言いいますが、蘖が伸びて株が増える事を分げつと言いいます。稲は成長時に分げつして株が増えて大きくなるので、間隔を開けて苗を植えます。

s_IMG_0903.jpg
バルタン星人とよんでいる矢じり型の葉をつけるオモダカ。種子のほかに塊茎でも繁殖するため、難防除性の水田雑草です。

s_IMG_0901.jpg
稲のまわりに稲と似た形で生えているのが稗。昔は主食で、健康志向で人気も出ていますが、田圃には困った侵入者。真ん中にすっと伸びて葉を広げているのは「イボクサ」。ツユクサ科の一年生雑草。茎は下の方で枝分かれして地面を這いながら伸び、先端は立ち上がり、9~10月にピンク色の花を咲かせます。

s_IMG_0907.jpg
クログワイ。多年草。成長期間6~11月。塊茎で繁殖。水田にはびこり強害草として問題。塊茎より発生しはじめ細い針金状の茎が発生し続いて中空の太い茎に変わる。発生深度は深く、また、発生期間も長い。太い茎が伸びはじめると地下茎を伸ばしその先に新しい株ができて増えるので早く抜き取る必要あります。

s_IMG_1265.jpg
ウキクサ。1年草。生育期間4~11月。水面に浮かぶ小形の水草。水田で密生すると水温の上昇を妨げるので問題。卵形の葉が2~数枚ついているように見えるが、これは葉ではなく茎の変形したもの。上部は緑色で光沢があり、裏面は紫色、この中央から多数の細い根がたれ下がっている。

s_IMG_1264.jpg
ギザギザの葉はセリ。あぜに多い。畦近くの田圃にこのように侵入します。繁殖力が強く、ほふく茎は切断されても節から芽と根を出して再生する。紫の茎でとがった葉はアシカキ。畦畔から水田に侵入。数mに及ぶ長い稈を伸ばし、節から発根して繁茂して立ち悪い。

s_IMG_1273.jpg
稗。葉の中心あたりに黄色い線が稲との見分け方。

s_IMG_1263.jpg
稲は葉に輪状の毛があります。

安全・安心・美味しいを実現するには気の遠くなる労力が必要になります。もっとも、多くの人がいればいるほど作業時間も作業労力も減りますが。私は愉快な仲間と2人で手で抜いているので、結果的に毎日、除草のために田圃に入ります。

◎田植え後の除草(全農農業協同組合新聞ホームページ)
水稲用除草剤の上手な使い方を整理。
第1に健全な苗を育て、代かきを十分に行ってデコボコのない均平な田んぼにする。
第2に発生している雑草の状況(発生の種類、発生の時期)を把握し、それにあった除草剤を選択する。
第3に、使用する除草剤の適用内容や注意事項をよく読んで、選択した除草剤が最も効果を発揮できる時期を逃さずに使用量や使用条件を守って、きっちり均一に散布する。
第4に除草剤散布後の水管理(7日間止水など)を着実に実行する。




2017.6.11「国道117号線津南町に美味しい蕎麦屋あり とみざわ」

「国道117号線津南町に美味しい蕎麦屋あり とみざわ」

国道117号線を六日町から飯山に向かう途中の津南町に美味しい蕎麦屋を発見したのが2年前。その後、ANAの機内誌にも紹介されていたのを搭乗中に発見。自分の舌の確かさを再確認。
新潟県といえば「へぎ蕎麦」が有名。津南町は長野県との県境の町。そのためか、長野県飯山市富倉が発祥の地のオヤマボクチをつなぎに使う富倉蕎麦を提供する蕎麦屋も少なくない。つなぎに山ごぼう (オヤマボクチ) の茸毛 (葉の繊維) を使った蕎麦です。十割蕎麦にも通じる香りの良さやコシが強くのど越しの良い麺が特徴です。

本日はそんな蕎麦屋の一軒の津南町にある「とみざわ」に山の愉快な仲間を連れて立ち寄りました。もちろん、へぎ蕎麦もあります。

IMG_0142_convert_20170617041505.jpg
店内はお昼時でテーブル席、座敷席ともに埋まっていました。少しまって、席を得たら、早速、座る前にメニューをめくります。

IMG_0143_convert_20170617041525.jpg
この店では冬は乾燥した分葱、春からは分葱そのものを蕎麦受けにおいてあります。蕎麦が来るまでかじります。

IMG_0144_convert_20170617041650.jpg
天ぷらそばの大盛り。1780円+200円。

やはり、ここは100%地粉の手打をお勧めします。飯山の富倉蕎麦に負けず劣らず美味しいです。山菜の時期は過ぎていますが、アスパラが旬。アスパラの天ぷら、海老、ピーマン、ナスの天ぷら。かりっと揚がって美味しい。蕎麦はこしがあり、つるつる。「手打ち」と」「細切り蕎麦」がありますが手打ちがおすすめです。細切り蕎麦は機械打ちです。

愉快な仲間も満足して店を出ると入口には「手打ちそば終わりました」の看板。さすが、人気店。

◎とみざわ
TEL  025-765-2535
住所 新潟県中魚沼郡津南町大字下船渡丁7842-1
交通手段 JR飯山線津南駅 徒歩20分
       津南駅から1,533m
営業時間 時間:11:00~19:00(売り切れ次第閉店)
定休日  木曜日 (金曜日と連休する事が有)

IMG_0137_convert_20170617041432.jpg

DSC_0681_convert_20150204034838.jpg

DSC_0675_convert_20150204034449.jpg

2017.6.14「タイ探訪 タイ旅行の必須携行品 水」

「タイ探訪 タイ旅行の必須携行品 水」

タイ旅行は11月頃の乾季が雨も少なくベストとのことですが、乾季から雨季に移行する5月の下旬にタイに行ってみました。スワンナプーム国際空港を降りると途端に蒸し暑さの洗礼を浴びます。急いで、バスに移動します。観光バスは大型が中心ですが、この時期のバスは雨漏りに注意です。下手に窓側に座ると頭の上に雨漏り。これは乾季の暑さで防水のゴムが伸びるためだそうで、タイのバスは雨季を迎える前にゴムの張替えをするとのこと。我々の乗ったバスがまだゴムの張替え対応をしてなかったためのようです。いたるところで悲鳴が上がっていました。
蒸し暑いので、観光の時に「水」は必需品。タイには水道が完備されていますがそのまま飲むとお腹をこわすこともあるとのことでペットボトルが必需品。ミネラルウォーターのペットボトルは600ml 7バーツ(約22円)くらいです。

さらに、ありがたいことに、主なる観光地にはタイ最大のミネラルウォーターメーカー「タイ・ビバレッジ」が提供している無料の配水所がありました。「タイ・ビバレッジ」はビール銘柄「チャーン」も提供し、タイのミネラルウォーター市場の50%を占めているメーカーです。場所によって紙コップやハーフボトルのものが配られていました。まさに、タイ旅行では砂漠のなかのオアシスでした。

s_DSC_0704.jpg
空港からのバスの車内。現地ガイドがスケジュールについて話している最中に、乗客が「ざわざわ」。雨漏り。

s_DSC_0703.jpg
バスの屋根から水がポタポタ

s_DSC_0702.jpg
雨は亜熱帯地方特有のザーザー降り。しかし、あっという間に雨が上がり、虹が出ました。

s_DSC_0836.jpg
この蒸し暑さの中、水は必需品。観光地にこの施設を見ると「砂漠の中のオアシス」。ミネラルウォーターの無料配水所。

s_DSC_0834.jpg
早速列に並んでいただきます。

s_DSC_0835.jpg
タイではおなじみのchangの象マークのカップ。ハーフボトルを配っているところもありました。

タイ旅行では「水」にはご注意を。

◎タイの水
カルシウムとマグネシウムの量によって硬水と軟水に水は分類
(硬度が120ml以上の水が硬水、硬度が120ml未満の水が軟水)
日本の水道水の平均値は50~60mg/1L
タイの水道水の平均値は120mg/1L以上
アメリカやヨーロッパの水道水の平均値は200~400mg/1L

2017.6.15「大規模農家のズッキーニ栽培の手伝い ①畑起こし、肥料まき」

「大規模農家のズッキーニ栽培の手伝い ①畑起こし、肥料まき」

アスパラ栽培の手伝いをしている農家は豪雪の冬を除いて、一年を通して収入があるように野菜栽培をしています。5-7月がアスパラガス、7月-9月がズッキーニ、10月以降冬までが生花。6月中旬にもなるとアスパラガスの収穫と並行してズッキーニ栽培の準備に入ります。早朝6時から10時くらいまで広大なアスパラ畑を収穫のために巡り、その後、ズッキーニ畑の土起こしをします。広大なズッキーニ畑もなべくら高原に点在しています。

s_IMG_0090.jpg本日は生花の間の畑をたがやします。ここにもズッキーニを植えるとのこと。広大なズッキーニ畑を3町分ほど耕作しています。農園主が耕運機の耕運の仕方を指導します。79歳と思えない体力です。

s_IMG_0094.jpg
耕運機は使い慣れているので畑の耕運は問題ありません。

s_IMG_0270.jpg
耕運した畑に肥料と土壌のアルカリ化のために苦土石灰を播きます。当然広大な畑のため、機械で播きます。

s_IMG_0268.jpg
これが苦土石灰を播く機械です。

s_IMG_0271.jpg

s_IMG_0272.jpg
苦土石灰を前の器に10キロ袋2つを入れて100mの畝を何往復もします。

当然、10キロの袋が30袋ほど用意されてましたがこの袋を運ぶにはこんな機械が用意されてました。

s_IMG_0277.jpg

農業は労働集約的な仕事のため、多くの人手が必要なうえに、効率化を図るためには機械を導入する必要が有ります。機械を導入すると経営的な視点では単年度の黒字確保は有っても、累損を解消するのは大変に厳しい仕事です。


20107.6.18「斑尾高原 沼の原湿原 6月中旬に2度目」

「斑尾高原 沼の原湿原 6月中旬に2度目」

6月中旬に山の愉快な仲間と斑尾高原の沼の原湿原に行った翌週に、会社時代の愉快仲間が遊びに来たので沼の原湿原に連れて行きました。一週間前に比べて高山植物が咲き誇っていました。サワオグルマ、ミツガシワ、カキツバタ、レンゲつつじが咲き誇ります。一週間違いでも花模様は大きく変わります。愉快な仲間は満足して大はしゃぎでした。ハイカーは2組しかいない、静かな山旅となりました。
沼の原湿原にはロングコース2.8K 90分とショートコース1.6K 50分の2つのコースが用意されています。道はよく整備されていて道に迷うことはありません。

IMG_0102_convert_20170612015649.jpg
駐車場の横に湿原への入り口があります。

IMG_0105_convert_20170612015755.jpg

IMG_0110_convert_20170612015904.jpg
すがすがしい青空の下、湿原が広がります。

IMG_0106_convert_20170612015837.jpg

IMG_0112_convert_20170612020013.jpg
この時期の湿原の主役ミツガシワ。

IMG_0114_convert_20170612020105.jpg

IMG_0118_convert_20170612020133.jpg
ミツガシワ以上に満開であったのがサワオグルマ。

IMG_0120_convert_20170612020155.jpg
愉快無な仲間もワイワイガヤガヤと88歳のリーダーを先頭に歩きます。

IMG_0129_convert_20170612020401.jpg
湿原にはちらほらとレンゲつつじが咲いています。美しい花ですが全木にジテルペンのグラヤノトキシン、ロドジャポニンなどの痙攣毒を含み、呼吸停止を引き起こすこともある植物です。。牛や馬にとっても有毒なため、食べ残すので、レンゲツツジの群生地になっている牧場が多のはこのため。花には蜜があり甘いが、吸うの葉非常に危険です。

IMG_0130_convert_20170612020430.jpg

IMG_0113_convert_20170612020040.jpg
木道がいつまでも続いているのではないかと思う湿原。水芭蕉は大きな葉になっています。

IMG_0125_convert_20170612020221.jpg

IMG_0127_convert_20170612020315.jpg
湿原が一望できる小高い丘でコーヒータイム。山で飲むコーヒーは本当に美味しい。空気のせいかな。

IMG_0126_convert_20170612020246.jpg
湿原の真ん中をカメラ片手に登山者が行きます。湿原の上をさわやかな風が吹きます。半袖では肌寒いくらいです。

IMG_0128_convert_20170612020339.jpg
愉快な仲間が何かを見つけたようです。花を見ながら歩きます。

IMG_0133_convert_20170612020458.jpg
白い花のズミも満開。コリンゴ、ヒメカイドウ、コナシなどとも呼ばれ、バラ科のリンゴ属で野生のリンゴとも言えます。
この木の多い場所は小梨平などと呼ばれます。

IMG_0134_convert_20170612020520.jpg
携帯が奇天烈なマムシ草。

長野飯山駅から車で30分ほどで静かな湿原歩きを楽しめます。一度、歩いてみてください。

<参考>
○早春の沼の原湿原
2014_0427_091328-DSC_0813_convert_20140503084302.jpg
水芭蕉とともに湿原の女王リュウキンカが咲き誇ります。

2014_0427_091209-DSC_0810_convert_20140503084533.jpg
対岸はリュウキンカで黄色いじゅうたんが広がります。

春の息吹を感じるために、雪融けの瞬間の湿原はおすすめです。早朝の静かなときにスノーシューでサクサク歩くと幸せを感じられます。

○早秋の沼の原湿原
DSC_0427_convert_20160905052550.jpg
シラヒゲソウ。白色の花弁の縁が糸状に切れ込んでいる様子を髭に見立てこのながあります。しかし、その形状に感激です。

DSC_0422_convert_20160905051925.jpg
ツリフネソウ(釣船草、吊舟草)

DSC_0444_convert_20160905054100.jpg
オタカラコウ(雄宝香)

DSC_0541_convert_20160906014811.jpg
ギンリョウソウ。別名 ユウレイタケ。キノコではありません。

DSC_0531_convert_20160906014731.jpg
ヤナギラン。 細長い葉がヤナギ(柳)に似ていて,花がランの花に似ていることからこの名があるが、蘭の仲間ではなありません。

DSC_0443_convert_20160905054024.jpg
オオバセンキュウ

DSC_0476_convert_20160905063545.jpg
ユスラウメ

DSC_0432_convert_20160905052652.jpg
フジバカマ

◎沼の原湿原
DSC_0411_convert_20160903073807.jpg
DSC_0412_convert_20160903073948.jpg
今回は1.6K 50分コースを歩きました。他にロングコースとして3.0K90分コースもあります。もっとも、木道は積雪の下なので関係ありませんが。雪の上を好きに歩きました。

DSC_0453_convert_20160905054428.jpg
沼の原湿原で主にみられる花の見ごろ



2017.6.21「大規模農家のズッキーニ栽培の手伝い ②マルチ敷き、種まき」

「大規模農家のズッキーニ栽培の手伝い ②マルチ敷き、種まき」

アスパラ栽培の手伝いをしている農家がズッキーニ栽培の準備を始めるために、早朝からのアスパラガスの収穫が終わるとその準備の手伝いをします。梅雨とはいえ、晴天が続き、太陽が照りつける中での作業は体力を奪います。畑の土起こしと肥料を播いたあとは畝に沿って機械と人手でマルチを敷きます。1つの畑だけで1畝100mが15畝あります。こんな畑が8つもあります。マルチを敷くだけでも大変です。しかし、そのあとのマルチに種を播く穴をあけるのは中腰でやるのでさらに大変。さらに、種植えはもっと大変でした。歩行だけでも単純計算で1.5キロは歩きながら、70センチごとに腰をかがめて穴をあけ、種を植え付けます。作業は過酷です。

s_IMG_0282.jpg
マルチを敷く機械。畝に沿って動かすとマルチの両側を抑えながら、めくれないように端に土をかけていく、優れもの。

s_IMG_0588.jpg

s_IMG_0591.jpg
マルチ敷きがスタート。機械も完璧でないため、端にかかる土が少なかったり、かからなかった部分に鍬で土をかけます。

s_IMG_0592.jpg

s_IMG_0764.jpg
きれいにマルチが敷けました。

s_IMG_0761.jpg

s_IMG_0765.jpg

s_IMG_0286.jpg
マルチを敷き終わると70センチ間隔に人手で種を植えるために卵大の穴を開けます。1つの畝が100mあり、中腰でスケールを動かしながらバーナーで穴を開けます。

s_IMG_0290.jpg
これが植え付けるズッキーニの種。「ゼルダ・ネロ」。1袋3800円。100粒。一粒38円の種です。

s_IMG_0292.jpg
新しい系統の殺虫剤で、きゅうり、ナスなど野菜の定植時に植え穴処理をすることによって、アブラムシ類やミナミキイロアザミウマを長期間防除することができるそうです。

s_IMG_0310.jpg
種植えの3点セットを持って、種植えに挑戦。辛い。

s_IMG_0768.jpg
穴に殺虫剤を2つまみ入れて土になじませます。

s_IMG_0769.jpg
その上に、種を横向きにおき、軽く土をかけます。

s_IMG_0770.jpg
土をかけたら圧着して、終了。

毎日、炎天下で、この作業は大変です。腰がまがってしまうのではと思うほど。農業はおいしい野菜を食べさせたいという使命感が無いととても続けられません。

◎ゼルダ・ネロ(トキタ種苗ホームページ)
果長20?前後、太さ2.5〜3?の均等な円筒形。果色は、極濃緑色で光沢がある。花落ちは小さく、肉質は緻密で高品質で多収。
 生育早く、葉柄に刺が少なく管理しやすく、果梗が長いので収穫作業が容易。ウイルス病(ZYMV、WMV、CMV)に対して強く、栽培しやすい。

2017.7.22「田んぼの除草に悪戦苦闘のなか、ミントアイス」

「田んぼの除草に悪戦苦闘のなか、ミントアイス」

農業用水の水源である井出川が山腹崩壊に伴う土石流で埋まり、水の確保が難しい中、なんとか田植えにこぎつけ、土砂災害避難地区のため、田植えの応援を断り、愉快な仲間と2人で2枚の田圃(8畝)をすべて植え切るのに、のべ4日、20時間かかりました。その後、減農薬栽培のため、雑草取りが毎日続きます。毎日、疲労困憊のあと、疲労回復のために、自家製ミントティーで元気回復。当家の庭にはたくさんのハーブがありますがペパーミントを摘んでつくります。飲むとさわやかな清涼感が口に広がりすがすがしい気分となりました。

IMG_1677_convert_20170726060354.jpg
スペアミント.

IMG_1687_convert_20170726060538.jpg
ポットに水を入れるだけ。体だけでなく、気持ちもすっきりします。

プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR