FC2ブログ

2017.7.31「大規模農家のズッキーニ栽培の手伝い ④収穫」

「大規模農家のズッキーニ栽培の手伝い ④収穫」

ズッキーニ栽培の大規模農家の手伝いも種を植えるとどんどん発芽して成長します。ある程度大きくなると商品にならないズッキーニの間引きと脇芽の芽掻きをしながら本格的な収穫が始まりました。早くしないと立ち腐れしてしまう実や異常に大きな実になって商品にならなくなったりするので時間との勝負です。なべくら高原に4か所に点在する大きな畑を移動しながらの作業は肉体的にきついものがあります。収穫時期になり、助っ人が一人加わり4人体制となりました。

IMG_1848_convert_20170801063808.jpg

IMG_1846_convert_20170801063739.jpg
朝早くから青空が広がる久々の快晴。熱中症が心配です。

IMG_1642_convert_20170801063114.jpg
収穫した実を入れる台車を押しながらズッキーニ畑に入ります。

IMG_1648_convert_20170801061845.jpg
見事なズッキーニ。ちょっと変なことを想像する野菜です。

IMG_1638_convert_20170801063152.jpg
収穫できる長さを確認しながらの収穫で手間暇がかかります。

IMG_1643_convert_20170801063222.jpg
こんな立派なものがたくさん採れます。

IMG_1650_convert_20170801063400.jpg
ズッキーニの皮は傷みやすいので慎重に取り扱います。どうやら、傷つけると商品とならないようです。収穫箱の並べ方にもルールがあります。蔕を箱の外側に入れて並べ反対側も同じように並べます。蔕で皮を傷つけるのを防ぐためです。

IMG_1845_convert_20170801063707.jpg
ズッキーニ畑の一畝を回ると箱は一杯になります。

IMG_1844_convert_20170801054734.jpg
最初の畑を収穫したので2番目の畑に移動しました。

IMG_1850_convert_20170801063833.jpg
本日はさらに、もう一つの畑に移動しました。カンカン照りの中での神経を使う作業で体力的にきついものがあります。腰には自品がありますが、何となく重くなりました。

◎ゼルダ・ネロ(トキタ種苗ホームページ)
果長20?前後、太さ2.5〜3?の均等な円筒形。果色は、極濃緑色で光沢がある。花落ちは小さく、肉質は緻密で高品質で多収。
生育早く、葉柄に刺が少なく管理しやすく、果梗が長いので収穫作業が容易。ウイルス病(ZYMV、WMV、CMV)に対して強く、栽培しやすい。

2017.7.9「大規模農家のきゅうり収穫のお手伝い」

「大規模農家のきゅうり収穫のお手伝い」

戸狩の大規模農家で除草のお手伝いに行ってみると朝採り野菜の出荷作業でてんてこ舞い。若いご主人が一人で大慌て。奥さんは乳飲み子を背中に抱えて、イベントへの商品の配送でこれまた大騒ぎ。これは手伝わねばと道の駅に出荷するズッキーニときゅうりの袋詰めを手伝います。農家は相手が生き物だけに休みも許されない大変な仕事です。しかし、人手さえあれば・・・・。

IMG_0989_convert_20170801123847.jpg
戸苅の大規模農園。若夫婦が多くの畑や田んぼを切り盛りしています。本日は田圃の除草のお手伝い。

IMG_0997_convert_20170801124121.jpg
朝、約束の時間に行くと農家は戦場状態。どうやら、イベントと道の駅への出荷で夫婦は準備でてんやわんや。朝採りきゅうりの収穫で袋詰めの手がなさそう。当然、お手伝いします。

IMG_0993_convert_20170801123938.jpg
規格外ですが美味しいきゅうりを袋に詰め込みます。

IMG_0994_convert_20170801124008.jpg
袋とじはこの機械。袋を閉じて、綴じ目を機械に通すとあら不思議。テープで袋がふさがれます。

IMG_0995_convert_20170801124030.jpg
袋詰めができると農園のかわいいシールを張ります。

IMG_0996_convert_20170801124057.jpg
これで、袋詰め完成です。

農家の一日は朝が勝負を実感。さらに、農業は人手がかかることを再認識。
今、考案中のビジネスモデルを推進する決め手ともなった農作業のお手伝いでした。

2017.7.25「夏の集落の懇親会 大盛況」

「夏の集落の懇親会 大盛況」

集落の活性化を目的に昨年から始まった夏の懇親会。今年は集会所で集落の人全員に声かけして会費制のバーベキュー大会。幹事に言わせると予想以上の参加で大成功。大いに盛り上がりました。ちなみに会費制で男2500円、女性1500円。子供無料での開催。こんな取組みが集落の結束を強めます。

IMG_2364_convert_20170815021859.jpg
ビールサーバーまで用意して、飲む準備は完了

IMG_2365_convert_20170815021924.jpg
大量に食材をt幹事が買い出し、美味しそう。もちろん、野菜類はすべて持ち込みです。

IMG_2368_LI_convert_20170820011511.jpg

IMG_2373_LI_convert_20170820011547.jpg
夏のひと時を楽しく過ごしました。移住した人間にとってはこんなイベントは集落の人達との交流が図れありがたい限りです。



2017.8.1「飯山の老舗うなぎ屋 本多で暑気払い」

「飯山の老舗うなぎ屋 本多で暑気払い」

暑い日が続き、体も疲れ気味。これは、ウナギでも食べて暑気払いと飯山の老舗うなぎ屋「本多」に。「飯山でうなぎを食べるなら 本多」と言われるほどの名店。

IMG_1902_convert_20170807082349.jpg
創業明治37年。備長炭でやわらかく焼き上げたウナギを秘伝のたれで仕上げます。

IMG_1906_convert_20170807082415.jpg
店内はテーブル席中心。昼過ぎの混雑がいったん引いた14:00頃に入店しました。お昼は結構混んでいます。

IMG_1913_convert_20170807082527.jpg
うな丼を注文。3000円。肝吸いは350円で別注文。注文とってからしっかり焼くのでしばらく待ちます。

IMG_1911_convert_20170807082505.jpg
基本は山椒をかけないでたべるので山椒が必要なら山椒置き場から持ってきます。

IMG_1916_convert_20170807082614.jpg

IMG_1914_convert_20170807082550.jpg
うな丼がまいりました。ここのウナギはもちろん国産。浜松、宮崎、群馬の養鰻場から仕入れられた肉厚の脂ののったウナギです。たれは甘みを抑えたたれです。東京あたりのたれに慣れている人には多少物足りないかもしれませんが、ウナギ本来の味を楽しめます。お米は当然、日本一おいしい飯山産コシヒカリ。飯山でも木島平産です。フジタ米も使ってもらえるように頑張ろう。
漬物にもこだわりがあり、本日は、きゅうりの浅漬けでした。時期により、漬物の種類が変わります。

IMG_1919_convert_20170807082637.jpg

IMG_1922_convert_20170807082656.jpg
お土産にもらったウナギのしっぽのかば焼き。酒のつまみにぴったり。

大変に満足して、店をあとにしました。暑さに当てられた体もリフレッシュ。昼はいつも混んでいるので少し時間をずらすとすんなり入れます。

◎うなぎ専門店 本多
☎ 0269-62-2213
長野県飯山市大字飯山福寿町1117
交通手段 JR飯山駅から徒歩で約15分
営業時間 11:00~18:30
定休日   木曜 




2017.8.1「自家栽培のラッキョウでらっきょう漬けをつくる」

「自家栽培のラッキョウでらっきょう漬けをつくる」

らっきょうを収穫。無農薬のうえに、ほとんど肥料なしの栽培のため、収量は今一つです。しかし、豪雪に耐えて、立派に成長してくれたらっきょうに感謝です。
早速、らっきょう漬けづくりにとりかかります。

IMG_1867_convert_20170802021623.jpg
らっきょう漬けにするために収穫後、すぐに根と茎を切りました。

らっきょうの本場鳥取県のJA鳥取の本漬けのレシピを参考に作りました。しかし、JA鳥取のホームページには本漬けレシピ以外に「簡単らっきょう漬けビデオ」がついており、そのレシピにしたがい、14日間の発酵期間は置きませんでした。

〇らっきょう漬けの材料
らっきょう
塩 ひとつかみ
らつきょう酢 らつきょうがひたひたに漬かるくらい

〇作り方
①泥を流水でよく落とす
IMG_1868_convert_20170802021641.jpg

②根と茎をらっきょう漬けサイズに切ります。
IMG_1869_convert_20170802021734.jpg

③さらに、よく流水で洗います。
IMG_1871_convert_20170802021815.jpg

④塩をひとつかみ入れてよくまぶします。1時間ほど置きます。今回は7時間ほど置きました。
IMG_1872_convert_20170802021834.jpg

⑤塩をよく水で洗い流し、10秒間熱湯の中につけます。
IMG_1923_convert_20170802021932.jpg

IMG_1925_convert_20170802022017.jpg

⑥ざるに取り上げて冷まします。
IMG_1874_convert_20170802021900.jpg

⑦煮沸消毒した瓶にらっきょうを入れ、ひたひたに漬かるぐらいらっきょう酢を入れます。
IMG_1924_convert_20170802021957.jpg

IMG_1926_convert_20170802022329.jpg

⑧できあがり。10日ほどで食べられますが、1か月は漬けたい。それまでは冷蔵庫で保存します。
IMG_1927_convert_20170802022348.jpg

材料から作った無農薬、自然肥料のらっきょうで加工した「らっきょう漬け」の完成です。昨年10月の植え付けから10か月がかりでした。

◎JA鳥取ホームページ
rakkyou_honduke_convert_20170802024251.jpg



2017.8.20「はるちゃん的 野菜作り ロメインレタス」

「はるちゃん的 野菜作り  ロメインレタス」


キューピーマヨネーズのCMで一躍名が知れた野菜「ロメインレタス」。炒めてもシャキシャキで食べれるのが特徴。今年はこいつを作ってみようと種を手に入れました。2か月かかりで採取し、念願のシャキシャキ感を手に入れました。

〇6月11日
種をポットに播いて、苗づくり。
IMG_2866_convert_20170825030700.jpg

IMG_2867_convert_20170825030807.jpg

IMG_2869_convert_20170825030826.jpg
種は細長い。

〇6月16日
いくつかのポットに芽が出ていました。播いて一週間もたたずに発芽しました。

IMG_0352_convert_20170820223613.jpg

〇6月22日
かなり大きくなってきました。
IMG_0626_convert_20170820221022.jpg

〇6月30日
苗がかなり大きくなってきたので、畑に植え替えます。

IMG_0884_convert_20170820213233.jpg

IMG_0858_convert_20170820221155.jpg

IMG_0859_convert_20170820221226.jpg
植え付け感覚は30センチほど取りました。しかし、もって狭くてもよいかもしれません。

〇7月30日
IMG_2385_convert_20170820212221.jpg
大きくなってきました。もう少し立つと葉が巻きだすと思います。無農薬栽培のために雑草の中に。しかし、害虫は甲虫のような虫がつきますが毎日、手で駆除。雑草はとってもとっても出てきます。

〇8月7日
IMG_1821_convert_20170820212620.jpg
ついに、採取

〇8月30日
IMG_2802_convert_20170820211824.jpg
最後のレタスを採りました。ご近所の皆さんにもお裾分けしました。このあと、1つを種採取用として残して、再び、秋どりのために苗を育てます。

<キューピーマヨネーズレシピ>

IMG_2845_convert_20170820152127.jpg
キューピーマヨネーズを用意

IMG_2844_convert_20170820152055.jpg
レタスをザク切り

IMG_2847_convert_20170820152154.jpg
フライパンにマヨネーズを投入。

IMG_2848_convert_20170820152217.jpg
マヨネーズが溶け出したら広げてレタスを炒めます。

IMG_2849_convert_20170820152240.jpg
完成。シャキシャキして美味しいです。簡単な酒の友にもなります。

ロメインレタスは秋播きも可能なので、秋の収穫に向けてポット苗づくりを8月20日に始めました。

<栽培(「家庭菜園と実のなる木」のホームページ)>
・種まき・植付け・追肥
種まきは3月頃と8~9月頃に行う。ポットに種を3~4粒まき、発芽後、子葉が出たら間引き始め、本葉2~3枚で1ポット1本になるよう間引く。本葉4~5枚になったら定植をする。追肥は定植の2週間後に行う。種は25℃以上の高温になると休眠してしまい、発芽しにくくなるので、夏に種まきをする場合は、種を一昼夜、水に浸し、濡らした布に包んで、冷蔵庫に1~2日入れて催芽してから播くと失敗が少ない。
・収穫
草丈が20~30cmくらいになったら、株元から切り取り収穫をする。

◎ロメインレタス
レタスの品種の1つ。硬い葉脈を持つ長細い丈夫な葉が結球する。他の大部分のレタスとは異なり、熱に耐性を持つ。
ロメインレタスに含まれる抗酸化物質は、癌を予防すると考えられています。







2017.6.18「浦和の愉快な仲間が古民家にやってきた」

「浦和の愉快な仲間が古民家にやってきた」

浦和で働いていたころの元部下が遊びに来ました。当然、皆現役。退職した上司のところにはるばる遊びに来てくれて感謝。私が農作業の勉強と手伝いをしている農家も訪問。都心では手に入らない美味しいアスパラを食べきれないほど買ってくれました。宿泊は当然、「森の家」。朝の散策に付き合えばそのブナ林の広大さと美しさに感激。ハート型の愛の湖「北竜湖」では全員大はしゃぎ。さらに、沼野原湿原でのハイキングなど飯山の自然を満喫して帰っていきました。人生の最大の財産は「人」。ありがたい。次回訪問は稲刈りの手伝いに来てくれるそうで期待してます。

IMG_0445_convert_20170820012900.jpg
本日の宿泊は古民家に宿泊していただくためには寝具も足りないので10分ほどのところにある素晴らしい施設「森の家」に。

IMG_0450_convert_20170820012934.jpg
まずは「森の家」に敷設されたブナ林トレッキングコースをハイキング。オゾンを浴びていただきました。

IMG_0443_LI_convert_20170820012831.jpg
続いて、ハート形の愛の湖「北竜湖」に。大はしゃぎ?

IMG_0510_convert_20170820013200.jpg
お土産゜はこの時期旬で、一般には出回らないアスパラを食べてもらおうと農業のお手伝いをしている農園の出荷作業現場にお連れしました。

IMG_0515_LI_convert_20170820013123.jpg
農園の皆さんとパチリ。全員、アスパラを大量に購入していただきました。美味しかったでしょう。

夜は近くの飯山湯滝温泉で汗を流してもらい、強度料理で舌鼓を得売ってもらいました。

IMG_0472_convert_20170820013816.jpg
海藻を固めた「エゴ」。私の田舎の鳥取では「イギス」といいます。「おきゅうと」といってるところもありますね。

IMG_0476_convert_20170820013711.jpg
根曲竹など郷土食満載

IMG_0483_convert_20170820013921.jpg
イワナ。たくさん採れます。

IMG_0488_convert_20170820013847.jpg
上杉謙信いわれの「謙信寿司」

IMG_0471_convert_20170820013750.jpg
家々で微妙に味の異なる「芋なます」。ジャガイモを千切りにして酢で和えたもの。

翌日は斑尾方面にご案内。

IMG_0522_LI_(2)_convert_20170820013312.jpg
沼の原湿原。沢尾車、レンゲツツジ、カキツバタが満開でした。

IMG_0551_convert_20170820013350.jpg

IMG_0554_convert_20170820013553.jpg
同じ斑尾にある「希望湖」。斑尾山も姿を見せてくれました。

IMG_0565_LI_convert_20170820013634.jpg
楽しい時間はあっという間に過ぎて、帰りの時間。新幹線改札口でまだまだ元気に皆さん。再会を誓いパチリ。


2017.8.2「八ヶ岳山麓のおいしい蕎麦屋 月舎」

「八ヶ岳山麓のおいしい蕎麦屋 月舎」

昔の上司の八ヶ岳山麓の別荘に当時の仕事仲間が集められた日。ちょうど、お昼時ということで、そばが美味しいと評判の「月舎」に案内されました。森の中を車で走るとその店はありました。駐車スペースは10台くらいです。店内は20席ほどの店。

IMG_1950_convert_20170807091143.jpg
主要道路から離れて、指示版に従い助違いできそうもない森の道をぐるぐる走ると突然店が現れれました。

IMG_1951_convert_20170807091209.jpg
店内は清潔な和モダン。

IMG_1954_convert_20170807091445.jpg
久しぶりにお会いした上司と話は弾みます。その間に次々と来店があります。相当、はやっているようでそばが楽しみ。

IMG_1952_convert_20170807091319.jpg
それぞけ天せいろの大森を注文。1800円。そんなに高くはありません。

IMG_1955_convert_20170807091504.jpg

IMG_1958_convert_20170807091532.jpg
そばのにおいが鼻に抜け、腰の強いそばです。美味しい。てんぷらは野菜中心ですがカリっと揚がっていて、こちらも美味しい。

すっかり満足して店を後に。ここはお勧め。そば喰いの私が言うのだから間違いない。コスパがよい。

◎月舎
電話 0551-32-6664
山梨県北杜市長坂町白井沢3573-9
営業時間
[月] 11:30~14:30
[水~日] 11:30~14:30 18:00~21:00
ランチ営業、日曜営業
定休日 火曜日・月曜の夜(祝日の場合は営業し翌日代休) ※1月と2月の平日夜は休業



2017.8.8「ブラックベリーの豊作を受けてジャムづくり」

「ブラックベリーの豊作を受けてジャムづくり」

7月になるとブラックベリーをはじめ、当家のベリー類が一斉に開花し、実をつけ始めました。特に、ブラックベリーが豊作。3メートルの豪雪の冬も乗り越えて。早速、収穫して生食。甘酸っぱい味が口に広がります。豊作だったので多くは冷凍して、ジャムを作ります。作り方は簡単。ベリーにグラニュー糖をベリーの1/2の量を入れて、中火で煮詰めて、とろみが十分にでるまで煮て終わり。とてもおいしいベリージャムができました。

IMG_0975_convert_20170809073349.jpg
ブラックベリー。熟すと黒くなります。

IMG_0977_convert_20170809073822.jpg
イエローベリー。

IMG_0974_convert_20170809073844.jpg
ブルーベリー。

IMG_1331_convert_20170731212657.jpg
ブラックベリーとイエローベリーを摘みます。このざるに8杯ほど収穫。一部は冷凍保存。

IMG_2445_convert_20170809074555.jpg
ブラックベリーを鍋で煮詰めます。

IMG_2444_convert_20170809074620.jpg
立派な無農薬の自然満点のベリージャムが完成。美味しい。

たくさんできたのでお裾分けしました。プラムジャム以上の好評価。

2017.8.5「3年ぶりの乗鞍岳3026mはまたまたピーカン」

「3年ぶりの乗鞍岳 3026mはまたまたピーカン」

89歳をリーダーとした40年以上続く山楽会。年3回の山行も百名山完登から標高差300メートルの高山へと高齢のため変わりました。しかし、今夏も元気に歩かれます。天気は私が晴れ男で、真骨頂を発揮。最近、不安定な気候が続く中、ピーカンとなりました。乗鞍岳は3年ぶり。前回は御嶽山の噴火のあった直後に登頂し、頂上から御嶽山を手に取るように見ました。今回はガスにより山頂の眺望が開けませんでしたが、乗鞍岳の植生回復に驚愕。コマクサの群落も含めて素晴らしい景色がひろがりました。マイカー規制や登山道整備によって、植生がこんなに回復するのかを目の当たりにしました。

DSC_1079_convert_20170815015230.jpg
晴れ男の真骨頂。乗鞍岳がよく見えます。ピーカン。乗鞍バスターミナルから。

DSC_1080_convert_20170815015316.jpg
朝から始発バスを待つ登山者の長い列ができています。始発は臨時バスも含めて3台でました。全員座席に座れる状態で出発するので、昔のように立つことはありません。畳平まで50分ほどのバスの旅です。

DSC_1082_convert_20170815015342.jpg
バスが乗鞍岳登山の基点「畳平」に到着しました。 乗鞍畳平バスターミナルは、標高2705m。

DSC_1119_convert_20170815020220.jpg
登り始めで愉快な仲間は足取り軽く。スキップ踏みそう。後ろに槍と穂高連峰が見えます。

DSC_1116_convert_20170815020140.jpg
槍ヶ岳と雲がかかる穂高連峰

DSC_0031_convert_20170815015032.jpg
鶴ガ池を回り込むように登山道がついています。よく整備された道を歩いていると「え。車」。

DSC_0029_convert_20170815015003.jpg
左下に見える大雪渓でスキーを楽しむ人たちが大勢。

DSC_1112_convert_20170815020038.jpg
富士見岳登山口あたりを上る大勢の登山者

DSC_1113_convert_20170815020110.jpg
畳平を見る。手前の池は鶴が池。

DSC_1105_convert_20170815015934.jpg
89歳のリーダーは快調に歩を進め、雲海に向かい何を思う。

DSC_1109_convert_20170815020003.jpg
雲海の上に南アルプス連峰が頭を出しています。

DSC_1127_convert_20170815020403.jpg
雪田が残り、融けだした水が美しいコバルトブルーの池を作っていました。不消が池。

DSC_1132_convert_20170815020520.jpg
肩の小屋と観測所への分岐。ここからは肩の小屋に向かい下り基調の道となります。

DSC_0002_convert_20170815014255.jpg
肩の小屋に到着。ここからが乗鞍岳への本格的な登りとなります。

DSC_0004_convert_20170815014508.jpg
肩の小屋前の広場で一服する登山客

DSC_0011_convert_20170815014541.jpg
ここまで順調なペースで登ってこられた89歳リーダーが頂上への意欲をほとばしらせ登ります。

DSC_0015_convert_20170815014649.jpg
最初はザレタ急登。そのうち大きな岩のゴロゴロした岩場となります。

IMG_2311_convert_20170815020743.jpg

DSC_0020_convert_20170815014800.jpg
稜線にでてあと一投足。山頂が手に取るところまで来ました。元気だった89歳のリーダーが突然のリタイア。私と愉快な仲間の3人が代表して頂上に向かいます。

DSC_0017_convert_20170815014733.jpg
最後のひと登り。剣ヶ峰の乗鞍本宮の社が小さく見えます。

DSC_0510_convert_20141016215030.jpg

DSC_0512_convert_20141016215301.jpg
乗鞍岳頂上小屋に着きました。ここではオリジナルのTシャツが販売されています。山頂から見える41座がデザインされています。

IMG_2312_convert_20170815020815.jpg

DSC_0509_convert_20141016214927.jpg
頂上小屋からは乗鞍岳山頂はあっというまです。乗鞍本宮の社の周りに多くの登山者が見えます。

IMG_2316_LI_convert_20170815025257.jpg
乗鞍剣ヶ峰山頂3026mに到着。なんと、山頂はガスの中で360度の眺望はありません。御嶽山すら見えません。ガスが飛ぶのを待つこともできないので下ることに。

IMG_2317_convert_20170815021003.jpg
山頂の三角点はしっかり踏みました。

IMG_2322_convert_20170815021037.jpg

DSC_0524_convert_20141016215501.jpg
山頂に建つ乗鞍本宮に参拝。

DSC_0528_convert_20141016215655.jpg
権現池(2845m) 。乗鞍本峰の火口湖で、御嶽山の二ノ池に次ぐ日本第2位の標高にあります。面積も乗鞍岳の高山湖の中で最大で、43,000㎡に及び、深さは5.6mもあります。

DSC_0032_convert_20170815015115.jpg
下山路から山頂を眺める。一番左が山頂。

山頂は眺望が効かないのでさっさと下山します。肩の小屋で先に下山した愉快な仲間と合流。昼食に。本日は時間もないのでカップラーメン。今回はお2人のお子様も参加。楽しい山行となりました。

IMG_2341_convert_20170815021318.jpg

高山植物も豊富となり、花をめでて気軽に登れる3000mに、そこそこの天気もあって、すっかり魅了された愉快な仲間たちでした。

IMG_2342_LI_convert_20170815025616.jpg


○歩程  
畳平11:57-お花畑分岐12:03-鶴が池からの道の合流点12:11-肩の小屋12:29--乗鞍岳頂上小屋13:10-13:17剣ヶ峰(3028m)13:27-乗鞍岳頂上小屋13:35-肩の小屋14:04-富士見岳登山口14:15-畳平14:32

歩行時間 往路 1時間20分   復路  1時間5分
DSC_1085_convert_20170815015421.jpg

◎アクセス
中央自動車道[松本IC] → R158で乗鞍高原。三本滝より先はマイカー規制。乗鞍高原に広大な駐車場あり。ここから畳平行のバスで畳平に。往復2500円。



2017.8.3「10年ぶりのゴルフ 調子が出たのは最終ホール」

「10年ぶりのゴルフ 調子が出たのは最終ホール」

会社の元上司の誘い。「元」なので命令に従う必要はないがゴルフをしようとの誘い。若いころは週一のゴルフとゴルフ狂い。しかし、好きと才能は別物と10年前にゴルフをやめたのに。ゴルフクラブを引っ張り出すとゴルフバックはぼろぼろ。それより、スコアがボロボロ。最後の18ホールでゴルフを思い出したが、時すでに遅し。しかし、恐れていたゴルフの虫が起きてしまいました。小淵沢カントリーにて。

IMG_2065_convert_20170811104343.jpg
ゴルフハウス。さすがに名門コース。

IMG_2070_convert_20170811103456.jpg
いよいよ10年ぶりのスタート。平日で空いているうえに、曇天で涼しく、夏のゴルフの暑さとは無縁のプレー日和。

IMG_2071_convert_20170811103522.jpg
いきなりのロング。カーン。ドライバーは何とか当たりました。

IMG_2067_convert_20170811103426.jpg
前半のプレー終了。とても、いえないスコアー。

IMG_2072_convert_20170811105209.jpg
スコアーにめげずに、お昼はがっつり「甲州鶏のラーメンセット」1400円。白湯スープで美味しい。

IMG_2073_convert_20170811103614.jpg
午後のプレースタート。空いているのですいすい。

IMG_2074_convert_20170811103545.jpg
午後のプレーから青空がのぞきます。しかし、このコース自慢の八ヶ岳や南アルプスは見えず。

最終ホールのパー5はドライバーが今日一、ミドルアイアンも調子よく、最後にバンカーにつかまらなければパーもあったのに。

すでに、ゴルフ熱が発症しました。

◎小淵沢カントリー
乗用カートは、フェアウェイに乗り入れ可能です。
全天候原則、乗用カートでフェアウエイ走行可能!
八ヶ岳南麓に位置し、標高1,150mの高地でありながら、コースの高低差が少ない林間コース。
コースは自生する白樺・カラマツでセパレートされフェアウエイが広く、各ホールから八ヶ岳・南アルプス・富士山等の眺望も楽しめる。コース設計は国内に数々の名コースを手がけた安田幸吉。ブラインドホールの少ないオーソドックスな設計は戦略性に富み、初級者から上級者まで幅広いゴルファーを満足させる。

山梨県 北杜市小淵沢町10060
0551-36-4411

2017.8.11「白瓜を収穫して奈良漬けづくり」

「白瓜を収穫して奈良漬けづくり」

無農薬、有機栽培の白瓜が順調に生育して、奈良漬けがつかるぐらい収穫ができたので、早速、奈良漬け作りに着手します。これで、うまくいけぱ大量に作って、お裾分け。好評。いや、大好評なら販売予定。
8月末までに一回目3.9キロ、2回目11.3キロ、3回目6.7キロの白瓜を収穫して、下漬け。下漬けは1回目は一昼夜、2回目は1回目の水出しが不完全で酒粕につけたら水が出たので、1週間近くつけて水出しの徹底を図ったら、白カビが水に浮きました。3回目は一昼夜。重さは白瓜と同量。3回目は7.5キロと重めに。
陰干しは2回目が東京に帰っている間の2昼夜を屋内干にするとすべてが白カビで覆われ、捨てることになり失敗。1、3回目は屋外で2日陰干し。3回目は雨続きとなり、扇風機で屋内で乾かしました。
1回目と3回目は酒粕につけました。1回目は志賀泉、3回目は地元の酒「水尾」などの混合。
1回目のつけ始め8月18日、3回目は8月31日につけ始め。さあ、どうなりますか。

手順は1回目の写真を掲載。

IMG_2571_convert_20170811212521.jpg
20センチほどの大きさになったら収穫適期。熟しすぎないように注意。

IMG_2572_convert_20170811212612.jpg
地這植えも支柱植えもかなり枝を伸ばし始めました。一生懸命に人工授粉と蜂や虫に頑張ってもらいます。

漬物だけでなく、信州の食を極めるためにこの本を購入して。奈良漬けレシピはこの本どおりに作りました。

IMG_2609_convert_20170815105438.jpg
この本は購入する価値あり。1700円。

〇材料 (10ℓの樽の分量)
白うり 3.9kg(7本)
塩   うりの30%前後
酒かす 5kg
砂糖(ザラメ) 800g~1kg
IMG_2717_convert_20170828211546.jpg

〇下漬け

IMG_2614_convert_20170815110314.jpg
採りたてほやほや。もちろん、自家の無農薬、有機栽培。

IMG_2611_convert_20170815110232.jpg
10リットルの樽を用意します。

IMG_2613_convert_20170815110252.jpg
あら塩

1. うりは半分に切り、種を外す。くぼみの7分目まで塩を入れ重めの重しをして、水が上がるまで二日以上塩漬けにする。

IMG_2615_convert_20170815110338.jpg
瓜の両端を切り落とす

IMG_2617_convert_20170815110416.jpg
半分に切り、中味をスプーンで取り出す。

2.くぼみの7分目まで塩を入れ重めの重しをして、水が上がるまで二日以上塩漬けにする。この際に瓜は縦向きに並べるのがよい。

IMG_2620_convert_20170815110438.jpg

IMG_2621_convert_20170815110500.jpg

IMG_2625_convert_20170815110535.jpg

IMG_2626_convert_20170815110601.jpg

3.水か十分に上がったら、うりを上がった水で洗うように取り出し、水気を拭き取り、ざるにあげておく。1-2日陰干しにする。

IMG_2680_convert_20170815110023.jpg

IMG_2681_convert_20170815110049.jpg

〇本漬け

1.酒粕とザラメを混ぜ合わせ、なじませておく。塩を30グラム混ぜることを忘れないこと。
清潔な容器の底に酒粕を敷き、くぼみに酒粕を詰め今度は穴を下向きにうり同士がくっつかないよう並べ、酒粕で埋めながら繰り返す。

IMG_2715_convert_20170821050031.jpg
志賀の酒「志賀泉」を酒粕使用。

IMG_2718_convert_20170828211607.jpg
酒粕に分量の砂糖を投入

IMG_2719_convert_20170828211640.jpg
塩を分量投入

IMG_2720_convert_20170828211715.jpg
酒粕をかき混ぜます。砂糖と塩が均等になるようによくかき回す。

IMG_2722_convert_20170828211803.jpg
陰干しした白瓜を用意

IMG_2726_convert_20170828211842.jpg
準備できた酒粕を瓜の真ん中の穴が埋まるまで詰める。

IMG_2727_convert_20170828211915.jpg
樽に漬物用ビニール袋を敷き、底を酒粕で埋める。

IMG_2731_convert_20170828211942.jpg
下向きに白瓜同士がくっつかないように漬け込む。

2..最後はうりが酒粕から出ないようきれいに酒粕をならし、厚手のビニールをかけ、虫がはいらないよう保存する。

IMG_2753_convert_20170828212034.jpg


<番外>
2回目は11キロ近くを収穫したが、水出しのために1週間近く漬け込むと水野上に白カビが浮いた。これを掬い取ればよかったがうまく掬い取れずに陰干しに移行。よくカビがつかないようにしたつもりだが、水自体がカビに汚染され、かつ、屋内干しにしたため、白カビで覆われ、すべてをすてることとなる。

IMG_2886_convert_20170828212329.jpg

IMG_3025_convert_20170828212351.jpg


2017.8.9「「はるちゃんの米作り三年目⑪  出穂(しゅっすい)・追加穂肥」

「はるちゃんの米作り三年目⑪  出穂(しゅっすい)・追加穂肥」

8月に入り、30℃を超える暑い日が続きます。稲も穂肥後に、水管理を徹底した結果、稲の花が咲きだし、稲穂が姿を見せる出穂期となりました。山腹崩壊で農業用水が十分でない中、何とかここまでたどり着きました。水管理を徹底して、暑いので、極力かけ流しにしました。しかし、出穂後の天気は11日晴れ、12日以降ははぐずついた予報です。美味しい米のためには晴天になってほしいものです。

IMG_2467_convert_20170811204001.jpg

IMG_2469_convert_20170811211610.jpg
よくみると清楚な花が咲いています。雄しべが伸び、出ています。雄しべの花粉が、雌しべに受粉すると、緑色の籾が閉じます。

すでに授粉して、実がなっているのもあります。

IMG_2471_convert_20170811211645.jpg
「壱の田圃」。半分ほど出穂しています。

IMG_2476_convert_20170811211801.jpg
「弐の田圃」。出穂が遅れ気味。

・穂肥の追加
稲の成長に多少のばらつきがありますが倒伏を恐れて、出穂していない稲や稲の葉色が黄緑に近い稲はありましたが追加の穂肥を実施するのをやめました。

多くの稲は出穂して、いよいよ稲穂になります。白穂もちらちら。白穂は虫に茎を食べられて栄養がいかないために、穂になれず枯れたもののようです。農業はリスクとの戦い。

s_DSC_0223.jpg

s_DSC_0225.jpg
出穂がまだの部分に、追加穂肥をします。

s_DSC_0226.jpg
s_DSC_0227.jpg
折角、稲穂が出たのに白穂がところどころに見えます。

s_DSC_0228.jpg
出穂した稲は順調です。

s_DSC_0229.jpg
弐の田圃は水の取り入れ口の近い稲ほど、まだ、穂が出ません。

◎白穂
イネ科農作物の穂が水分の異常な欠乏により白色に枯れ上がること。出穂期にフェーンが吹いた場合などにしばしばみられる現象で,出穂直後の軟弱な穂からの急激な蒸散に,根からの水分供給が間に合わないことが原因となる。受精が障害を受けて不稔となるばかりでなく,穂は脱色されて白くなる。その後環境条件が好転しても,回復を期待することはできない。

<番外>
この時期、除草剤を極力まかない農法のため、雑草の稗が目立つようになります。田圃に入るのはこの時期は稲の根を傷めるのでNG。しかし、畔から手に届く範囲は取り除きます。

s_DSC_0728.jpg
稗は相変わらずはびこります。

s_DSC_0230.jpg
s_DSC_0233.jpg
セリの白い花が咲いています。

s_DSC_0232.jpg
雑草の代表選手「オモダカ」。私はエイリアンと呼んでます。

◎出穂(くぼたりたんぼホームページ)
田植えをしてから早稲(わせ)では約50日、晩稲(おくて)では約80日後に穂が出ます。これが出穂(しゅっすい)です。
茎の中で、籾の集合体である穂が育まれます。その穂が完成して、茎から出て来ます。まず、その田んぼで一番早い「走り穂」が出ます。その後、約半数の茎が出穂する時期を「出穂期」、すべての穂が揃うと「穂揃い期」と言います。
出穂後は、稲は葉で光合成をしてブドウ糖を生産し、穂に送り込んで溜めます。これが、私たちが食べるお米です。
収穫を増やすには、出穂から登熟までの期間に晴天が続き、光合成量が大きくなることが大切です。出穂後に晴れて暑い日が続くとおいしいお米が出来ます。人間にとっては厳しい暑さも、稲にとっては恵みです。
出穂以降、稲は全勢力を穂に集中します。養分についても、お米を作ることを最優先します。そのため、根が弱体化してきますので、これを助けるために、水を換えることにより根へ酸素を補給し、また有害ガスを取り除きます。

2017.8.5「植生回復が著しい乗鞍岳の花」

「植生回復が著しい乗鞍岳の花」

89歳をリーダーとした40年以上続く山楽会。89歳のリーダーが若かりし頃から40年近く続く会。乗鞍岳は3年ぶり。乗鞍岳の植生回復に驚愕。コマクサの群落も含めて素晴らしい景色がひろがりました。マイカー規制や登山道整備によって、植生がこんなに回復するのかをまのあたりにしました。

DSC_1082_convert_20170815015342.jpg
バスが乗鞍岳登山の基点「畳平」から鶴ガ池を回り込むように登山道がついており、よく整備された道の山腹に高山植物が多い。

DSC_0012_convert_20170815014604.jpg
アオノツガザクラ

DSC_0013_convert_20170815014622.jpg
コケモモ

DSC_0025_convert_20170815014925.jpg
ハクサンイチゲ

DSC_0028_convert_20170815014942.jpg
イワギキョウ

DSC_1089_convert_20170815015450.jpg
イワツメクサ

DSC_1093_convert_20170815015637.jpg
イワツメクサとミヤマアキノキリンソウの群落

DSC_1095_convert_20170815015705.jpg
オンダテ

DSC_1098_convert_20170815015746.jpg
ウサギギクとヨツバシオガマ、ミヤマアキノキリンソウ

IMG_2304_convert_20170815020710.jpg
高山植物の女王 コマクサ

DSC_1104_convert_20170815015907.jpg
コマクサの群落

<DSC_1122_convert_20170815020321.jpg
コマクサの群落。こんなにコマクサ見るのも久しぶり。植生回復の努力に大拍手。

DSC_1128_convert_20170815020439.jpg
ヨツバシオガマ

DSC_1120_convert_20170815020247.jpg
シナノキンパイ

高山植物も豊富となり、花をめでて気軽に登れる3000mにそこそこの天気も相まってすっかり魅了された愉快な仲間たちでした。

○歩程  
畳平11:57-お花畑分岐12:03-鶴が池からの道の合流点12:11-肩の小屋12:29--乗鞍岳頂上小屋13:10-13:17剣ヶ峰(3028m)13:27-乗鞍岳頂上小屋13:35-肩の小屋14:04-富士見岳登山口14:15-畳平14:32

歩行時間 往路 1時間20分   復路  1時間5分
DSC_1085_convert_20170815015421.jpg

◎アクセス
中央自動車道[松本IC] → R158で乗鞍高原。三本滝より先はマイカー規制。乗鞍高原に広大な駐車場あり。ここから畳平行のバスで畳平に。往復2500円。



2017.8.9「古民家に甥が友達連れて遊びに来た」

「古民家に甥が友達連れて遊びに来た」

海釣り好きの22歳の甥から新潟直江津での釣りの帰りに泊めてくれとの申し出。築170年の古民家でもよければどうぞと快諾。甥の高校時代の友人と一緒とのこと。最近、訪問客が多くてなかなか仕事もはかどらない。それでも飯山の自然を体感して飯山を知ってもらえるだけでありがたいと来るもの拒まずの姿勢で歓迎します。
当日は釣果を楽しみに待っていました。しかし、台風5号の影響で真蛸一杯。美味しくいただきました。

IMG_2497_convert_20170815000016.jpg
まずは疲労回復と汗を流してもらおうと野沢温泉の外湯を2か所はしご。「大湯」前で。

IMG_2507_LI_convert_20170815001959.jpg
見晴らしの良い「足湯」に浸かり、北信の山々を眺めて放心状態の客人。

古民家に戻り、早速、酒盛りスタート。

IMG_2523_convert_20170815000144.jpg
釣りあげられ、お土産となったタコ

IMG_2525_convert_20170815000234.jpg
塩でもんでぬめりを取り、嘴や目を取り除くなど3人でわいわいがやがや調理

IMG_2528_convert_20170815000306.jpg
ゆでれば美味しそうなタコに。生喰いはさすがに抵抗がある様子。

IMG_2529_convert_20170815001537.jpg
当日は得意料理のもつ煮込みなどを肴に大いに飲みます。就職も決まり、社会人生活に夢を語る甥の友人2人と甥は歯学を志しているので卒業までまだまだ。

IMG_2531_LI_convert_20170815001922.jpg
口直しのスイカ。若さ溢れる3人でした。

彼らには、まだまだ負けられないと思いながら盃を傾ける夜でした。

2017.7.26「はるちゃん的 野菜作り アスパラガス 3年目栽培スタート」

「はるちゃん的 野菜作り アスパラガス 3年目」

北信濃から新潟の津南にかけては冷涼な気候を利用してアスパラガス栽培が盛んです。5月の収穫時期ともなると国道沿いに直売所がたくさん並びます。私も近所のみなさんから立派なアスパラガスを食べきれないほどいただきます。

昨年から栽培している我が家のアスパラガスも無事に越冬して、種から育成した2年目の苗は茎をグングン伸ばして葉を広げます。一方、2年生苗を植えたものからはおなじみのアスパラガスがにょきにょきと出ています。アスパラガスは手間暇がかかり、肥料も大量に必要な贅沢野菜といわれますが、ろくな世話しなかったのですが立派に採取できました。
早速、その夜の食卓にクレソンと炒め合わせとしてのりました。

○5月9日
DSC_0540_convert_20170608041521.jpg

DSC_0549_convert_20170608041700.jpg

DSC_0550_convert_20170608041753.jpg
レッドアスパラガスの2年生苗からアスパラガスがにょき。

○6月6日
DSC_0824_convert_20170608041920.jpg

DSC_0823_convert_20170608041842.jpg

DSC_0831_convert_20170608042134.jpg
一定の長さになったので刈り取ります。アスパラガスの採取には専用の鎌があります。

DSC_0832_convert_20170608042203.jpg
3本を収穫。たくさんは採れませんが、育ったことに感激。

DSC_0825_convert_20170608041950.jpg

DSC_0826_convert_20170608042024.jpg
種から育てた2年目の苗。葉を大きく広げます。ベル状の花をたくさんつけています。

DSC_0828_convert_20170608042059.jpg
アスパラガスの大敵「ジュウシホシクビナガハムシ(体長7mm)」。この虫は幼虫も成虫もアスパラガスの葉と茎を食べます。
放置しているといずれ地上部を食いつくされます。食べられた茎は生育不良を起こして、曲がってしまいます。

〇7月14日
IMG_1403_convert_20170904000440.jpg
茎から枝が伸び始めました。収穫から来年の収量を増やすための育成時期になりました。

〇7月26日
IMG_1722_convert_20170904000254.jpg
来年の収量増のために、畝の間に肥料を播き、藁をかけます。

〇8月16日
IMG_2695_convert_20170903234702.jpg

IMG_2694_convert_20170903234750.jpg
アスパラガスは食べるのは茎で、本来の姿はこの写真の姿。大きく枝を広げます。この時期に気を付けるのは倒さないこと。そのため、棒をたてて支えます。倒れると栄養分が根に行かず来春の収穫に影響を与えます。

来年は収量が期待できる3年目。しっかり、準備します。

<参考 昨年の冬越し準備>
・11月24日
DSC_0040_convert_20161125000046.jpg
DSC_1247_convert_20161125000220.jpg
11月になると地上部分は枯れ始めました。しかし、本来ならもっと大きくなるはずでしたが。

DSC_0041_convert_20161125000153.jpg
DSC_0081_convert_20161201234538.jpg
DSC_0083_convert_20161201234614.jpg
株元から5~10cmほどのところでバッサリと刈り取ります。さらに、雪対策のために根元に藁を敷き詰めました。

・11月30日
DSC_0084_convert_20161201234842.jpg
肥料として囲炉裏のためにいただいた灰をふるいにかけて残った残滓をまきました。これで、越冬準備は終わり。

◎アスパラガスの栽培(horti 〜ホルティ〜 ホームページ参照)
①畑 土作り
中性~弱アルカリ性の土を好むので、植え付ける2週間前に苦土石灰、1週間前に完熟堆肥を2~3割ほど、耕した土に混ぜて寝かせる。
②水やり
蒸れに弱いので、植え付け場所にかかわらず、土が乾いたらたっぷりと水やりをする。活動が鈍る冬は、水やりを控えめにする。
③肥料
アスパラガスは肥料を好む植物。植え付けるとき、鶏糞や堆肥などの有機肥料をたっぷりと施します。そして、植え付けた年の1~2月、3年目以降の収穫後にも同様の肥料を土に混ぜていきます。
④アスパラガスの支柱の時期と方法
生長すると、1mほどの高さまで茎を伸ばします。茎葉は細く倒れやすいことから、草丈がある程度まで伸びたら、支柱を立てて株を支える。草丈が伸びてしまってからでは作業がしにくいので、毎年6月頃が目安。
⑤アスパラガスの手入れの時期と方法
・1年目
春に植えた株は、秋になると地上部が徐々に枯れてきます。茎が黄色くなってきたら、株元から5~10cmほどのところでバッサリと刈り取る
・2年目
3~4月に、根をたくさんつけるよう肥沃な土に植え替えます。株を掘り起こし植え付け時と同じように耕した土に、株同士の間隔が30~40cm空くよう植えていきます。このとき、地上部が隠れるように株を土で覆います。
そして、秋になりったら、1年目同様に茎を刈り取ってください。そして、株元から離れた場所に穴を掘り、堆肥や油かすを追加で施します。霜が降りる地域では、地下の部分が凍らないようにワラなどで株を覆い防寒します。
⑥アスパラガスの収穫時期と方法
植え付けてから3年目の春から収穫できるようになります。芽の長さが15~20cmほどになったら、収穫の適期です。株元をナイフで刈り取っていきましょう。大きく育ちすぎると、スジが固くなってしまうので注意。また、たくさん収穫してしまうと株が弱ってしまうので、6月上旬くらいで収穫は一旦やめて、後は株を育てるようにすると翌年以降もたくさん収穫できます。
⑦害虫、病気
・蒸れや冬の寒さが原因でかかる病気です。かかると回復しないことから、感染した株は引き抜いて処分します。一度発生すると他の株にも伝染するので、できるだけ早く発見し、対処することが大切です。


2017.8.14「大学時代の悪友が古民家に来訪」

「大学時代の悪友が古民家に来訪」

大学時代の悪友の一人がお盆の帰省の帰りに古民家に立ち寄ってくれました。実家は石川県の白山市ということで、北陸新幹線で金沢から東京に帰る途中、飯山で降りたというわけです。
まずは、飯山の名所 飯山城址、菜の花公園、野沢温泉などをご案内。お昼は野沢の富倉そばの名店「かごや」に。その後、古民家に移動して、大いに飲みます。実家は2町分の田圃を耕作する米農家ということもあり、13時過ぎから17時すぎまで、日本の農業、地方の活性化など多種多様な話に楽しい時間を過ごしました。最近、古民家を訪ねてくれる人が増えて、ありがたい限り。やはり、人生の最大の財産は「人」です。

IMG_2628_LI_convert_20170816040116.jpg
頭の髪の毛を除けば学生時代と変わらぬ風貌が改札から現れました。

IMG_2630_convert_20170816040532.jpg
菜の花公園。この時期はひまわり公園となっています。千曲川とヒマワリのコントラストが美しい公園です。

IMG_2633_convert_20170816040604.jpg
ここは気に入っていただいたようで、盛んに、写真を撮っていました。

IMG_2635_LI_convert_20170816040632.jpg
野沢温泉に移動して、外湯の上寺の湯で汗を流します。

IMG_2647_convert_20170816040904.jpg
上寺湯からほど近い、富倉そばの名店「かごや」で昼食。この店はお勧めです。

IMG_2663_LI_convert_20170816040739.jpg
古民家に移動して、大宴会スタート。大いに飲み、このパフォーマンス。さすが、趣味が能楽ということもあり、舞も披露?

IMG_2659_convert_20170816040709.jpg
お土産の日本酒「農口」。日本酒本来のこうじのうまみを感じるお酒。

IMG_2668_LI_convert_20170816040811.jpg

IMG_2670_LI_convert_20170816040834.jpg
名残はつきねど。すっかり良い気分となり、17時すぎの飯山線の人となり、東京に帰っていきました。「乗り鉄」で鉄道の本も出しているだけに、豪雪を走る飯山線に乗ること自体が楽しそう。

満足して帰っていただけたかだけが気がかり。またのご来訪をお待ちしてます。

2017.8.14「野沢温泉で蕎麦食いなら かごや」

「野沢温泉で蕎麦食いなら かごや」

野沢温泉の外湯は13か所。一番人気は「大湯」。御殿づくりの上に飲湯もでき、温泉街の中心。大湯と人気を二分するのが中心街からは離れているが自己源泉を持つ「熊の手荒い湯」。しかし、私はゆっくり入りたいので、「上寺の湯」がイチ押し。湯船は小さいが、清潔で空いています。続いて、中心街近くの「十王堂の湯」。こちらは気温によって透明の湯が白濁したりします。本日は「上寺」の湯に入湯。ちょうど昼時でおなかもすいたので、すぐ近くの蕎麦屋「かごや」に。野沢で富倉そばを食べるならここがイチ押し。メニューは「ざるそば」しかありません。大盛か並みの二種類。ただし、おつまみバーがあります。

IMG_2636_convert_20170816161755.jpg
看板に「ぼくち蕎麦」とあるのは富倉集落に伝わる富倉そばのことです。飯山では蕎麦といえば富倉そばのこと。つなぎにオヤマボクチというゴボウの一種を使用しています。腰がよく、つるつるで、鼻から蕎麦の風味が抜けます。

IMG_2641_convert_20170816161923.jpg
メニューは2種類。

IMG_2642_convert_20170816161948.jpg
普通の民家です。

IMG_2643_convert_20170816162253.jpg
おつまみバー。きゅうり、カボチャの煮物、冬瓜の煮物、青唐辛子などがありました。

IMG_2645_convert_20170816162329.jpg
ひととおりいただきます。

IMG_2647_convert_20170816040904.jpg
のりがのっているので、ざるというより、もりか。ざる大盛980円。

IMG_2648_convert_20170816162420.jpg
帳場も民家の一部屋かな。大変美味しうございました。

◎ぼくち蕎麦かごや
☏ 0269-85-2304
長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷寺湯8961
営業時間 11:00~14:30頃
(夏の営業は連休と土曜・日曜のみとなり、冬は毎日営業となります)

2017.8.6「新潟県津南の気になるラーメン屋 十兵衛」

「新潟県津南の気になるラーメン屋 十兵衛」

国道117号を長野方面に走ると津南町に「ごまラーメン」の看板。何度か目にして、気になっていたのでお昼に訪問。ラーメンは基本的に好きでないが食べることには好奇心あり。友が古民家に遊びに来た時に美味しい店に連れていきたいということもあり、気になればラーメン屋でも入ります。

IMG_2353_convert_20170815021611.jpg

IMG_2357_convert_20170815021742.jpg
店内はテーブル席と小あがり。テーブルがべとべとしているのが気になります。食べる前から勝負ありかな。

IMG_2358_convert_20170815021649.jpg
メニューはたくさんありますが、当然、ごまラーメンを注文。670円。

IMG_2360_convert_20170815021803.jpg
シロっぽいスープ。口に含むとごまの香りがすべてに勝る勢いで口に広がりました。麺は中太のちぢれ。こごみがのっているのがめづらしぃ。具材はほとんど入っていません。しかし、くせになる味です。

IMG_2361_convert_20170815021832.jpg
厨房は丸見え。調理場は清潔そうでした。テーブルの表面は削った方がよいなあ。

一度、話のタネに行ってみたらよいかも。

◎十兵衛
☏ 025-765-3530
新潟県中魚沼郡津南町下船渡甲3971
営業時間 [水~月] 11:00~14:00、17:00~20:00
日曜営業
定休日 火曜日

2017.8.20「はるちゃんの米作り三年目⑫  登熟」

「はるちゃんの米作り三年目⑪  登熟」

今年の夏は日照時間が十分でないうえに、山腹崩壊による出穂時の農業用水不足など、イネの成長に不安が残ります。出穂は8月初旬に始まり、8月27日頃には遅れていた場所でも出穂が始まりました。ほとんどのイネは8月20日には登熟して穂を垂れましたが、日照時間が少なく、倒伏や白穂が心配です。
イネの成長を見ながら間断通水をしますが、底抜け田圃だけに、介護で週末帰るときはできないだけに気が気でありません。

IMG_2902_convert_20170828001343.jpg

IMG_2904_convert_20170828001417.jpg
登熟して稲穂が頭を下げだしました。

IMG_2966_convert_20170828001225.jpg
なんとかここまでこぎつけました。

IMG_2990_convert_20170828001301.jpg
まだ、出穂していないところもあります。山からの水の入り口近くと公民館があり、午前中日が当たりにくいところが出穂が遅れています。

◎登熟期の水管理
土壌からの窒素発現は、土壌を乾燥させると減少し、過度に乾燥させると著しく抑 制されます。水稲は収穫されるまでの間、根から窒素を吸収し続け、この窒素吸収量 が必要十分であれば稲体活力は維持され、登熟が向上して収量・品質が高まります。 このため、登熟期間は飽水管理を継続して、地力窒素の発現を促し、後期栄養の維持 を図りましょう。

また、登熟後期まで根の活力を高く維持することで葉鞘の枯れ上がりを防止し、稈 の支持力を高め倒伏軽減が図られます。早期落水は、下葉の枯れ上がり根の活力を 低下させ倒伏・品質低下を助長します。落水期は出穂後 25~30 日とし、それまでは 飽水管理を継続します。 用水からのかん水が可能な期間の終期には、十分湛水して可能な限り遅くまで土壌 水分を維持し、過度な土壌乾燥を防止しましょう。 カドミウム吸収抑制対策として湛水管理に取り組んでいる地域では、地域毎の用水 の実情に合わせて適宜水を更新しましょう。 異常高温、強風フェーン時には速かに湛水し、稲体からの急激な蒸散による光合 成能力の低下、白穂着色粒等の障害発生を防止しましょう。 なお、クサネム等の雑草種子が玄米に混入しないよう収穫前に抜取りを徹底します。

2017.8.20「ある日の古民家の昼食 トマトソースパスタのビーツポタージュにロメインレタス炒め添え」

「ある日の古民家の昼食 
トマトソースパスタのビーツポタージュにロメインレタス炒め添え」


本日のお昼はトマトとロメインレタスを収穫したのでトマトパスタとロメインレタスのマヨネーズ炒め。それに加えて、昨日作ったビーツのポタージュ。ビーツはゲオスミンという成分が含まれ、そのまま調理すると土臭さが残りますが、一日置くと不思議に土臭さは消えます。トマトソースの材料は玉ねぎを除き、トマト、ニンニク、ローレルはすべて畑から調達。

IMG_2856_convert_20170820152458.jpg

<材料>
トマト 3個
玉ねぎ 1/2個
オリーブオイル 大さじ3
ニンニク 1かけ
米酢 大さじ2
塩 小さじ1
ローレル 1枚

①トマトは乱切り、玉ねぎは半月切りにして、それ以外の材料をすべて入れてミキサーでペースト状に。

IMG_2840_convert_20170820131302.jpg
雨続きで割れてしまったトマトを使用

IMG_2841_convert_20170820131336.jpg

IMG_2842_convert_20170820152029.jpg

②ローレルを加えて煮詰めます。

IMG_2843_convert_20170820131403.jpg

③バジルとロメインレタスを刻みます。

IMG_2850_convert_20170820152301.jpg
いつも目の前にあるバジル。葉を採っても出てきますよ。

IMG_2851_convert_20170820152318.jpg
バジルとロメインレタスわざっくりと刻みます。

④フライパンで②で煮詰めたトマトソースとゆでたパスタを絡めます。③のバジルとロメインレタスを入れます。

IMG_2852_convert_20170820152342.jpg

IMG_2853_convert_20170820152407.jpg

⑤出来上がり
IMG_2855_convert_20170820152427.jpg

<番外>ロメインレタスの炒め

IMG_2844_convert_20170820152055.jpg
ロメインレタスをザク切り

IMG_2845_convert_20170820152127.jpg
今、CMで盛んに宣伝中。ロメインレタス料理。

IMG_2847_convert_20170820152154.jpg
マヨネーズをお好みでフライパンにのせ、融けてきたら、ロメインレタスのザクきりを会えるように炒めます。こ

IMG_2848_convert_20170820152217.jpg

IMG_2849_convert_20170820152240.jpg
感性。シャキシャキの食感と塩味で酒の肴になります。

毎日、無農薬の朝採り野菜。夏野菜もそろそろ。秋以降の野菜の一番として、白菜を植えました。


2017.8.3「久々の岡谷 懐かしい仲間が集まり痛飲」

「久々の岡谷 懐かしい仲間が集まり痛飲」

久々に岡谷に宿泊。会社時代の地元の仲間が集まりました。当時よく飲んだ「鳥かつ」で昔話に花が咲きました。あっという間に、諏訪の名酒「高天」の酒瓶がごろごろ。諏訪の女性は美しく、酒に強い。何年たっても、こうして集まり、昨日のことのように話ができる仲間は人生の宝。私を除いて全員、現役なのでご迷惑かけないためにマスク。自分にかける必要なかったな。

IMG_2126_LI_convert_20170815024206.jpg

鳥かつは岡谷駅からほど近い住宅街の中にあります。料理は美味しく、コスパは最高。出張の折にはすぐ近くのビジネスホテル「湊屋」に泊まり、夕食に飲みに来るのが良いでしょう。

本日は愉快な仲間の幹事がお店の美味しいコース料理を注文してくれていました。

IMG_2112_convert_20170815023906.jpg
私が一番乗り。

IMG_2111_convert_20170815023935.jpg
美味しそうな肴が並びます。

IMG_2114_convert_20170815024230.jpg
本日の先付

IMG_2115_convert_20170815024253.jpg
揚げたかぽちゃの乗ったサラダ

IMG_2116_convert_20170815024315.jpg
ナス田楽

IMG_2117_convert_20170815024335.jpg
トマトのあんかけ煮

IMG_2118_convert_20170815024354.jpg
マイタケと揚げ豆腐の煮びたし

IMG_2119_convert_20170815024422.jpg
岡谷の蕎麦

IMG_2120_convert_20170815024445.jpg
鳥わさ

このほかにも魚のおつくりなども出ていたような気もしますが、何せ、飲んべえの愉快な仲間たち。地酒の高天を心行くまで飲み、すっかり良い気分となってしまいました。

持つべきものは友。楽しい夜となりました。

◎鳥かつ
☏ 0266-23-8526
長野県岡谷市中央町3-1-8
交通手段 岡谷駅から730m
営業時間 [月~土] 17:00~23:00
定休日   日曜日

IMG_2108_convert_20170815023823.jpg

2017.9.6「はるちゃん的 野菜作り モロッコインゲン」

「はるちゃん的 野菜作り モロッコインゲン」


耕作放棄していた畑の再生にいろいろな野菜を試していますが、昨年に引き続き、畑の耕作機械ともいえる「豆類」を今年も栽培。「丹波の黒豆」、「大豆」、「白いんげん」、「モロッコインゲン」、「南京豆」。無農薬なので害虫との戦いで収量が限られるのが悩みですが。
ゆでてショウガで食べるモロッコインゲンは大好物。初めてのモロッコインゲン作りです。2か月ほどで豊作となりました。早速、ショウガ醤油でいただきます。ついでに、モロッコインゲンの肉巻きも作ってみました。

〇7月17日
IMG_1341_convert_20170907064203.jpg
種は100円で売ってました。もっとも、10個ほどしか入っていませんでした。

IMG_1342_convert_20170907064344.jpg
モロッコインゲンの種

IMG_1343_convert_20170907064302.jpg
まずは苗づくり。ポットに種を播きます。

〇7月23日
IMG_1592_convert_20170907064704.jpg
種まいて一週間ほどで発芽しました。

〇7月26日
IMG_1711_convert_20170907072450.jpg
苗が大きな葉を広げました。早速、畑に移植します。

〇8月9日
IMG_2466_convert_20170907092853.jpg
長い棒を立てて弦を絡ませます。

〇8月20日
IMG_2809_convert_20170907093829.jpg
ずいぶん大きくなりました。

〇9月5日
IMG_3443_convert_20170907091142.jpg
10日ほど前から花が咲き始めました。白い蘭のような花です。

IMG_3437_convert_20170907091210.jpg
収穫できるほど大きなものもぶら下がり始めました。

〇9月11日
早速、初収穫して、ショウガ醤油で酒の友に。大きな大きなインゲンです。

IMG_3843_convert_20170913013504.jpg
ズッキーニ2本も収穫しました。ズッキーニと比較するとその大きさがわかります。

IMG_3451_convert_20170913013042.jpg
軽く茹でて、ショウガ醤油で食べます。お酒が進む。

IMG_3870_convert_20170913012956.jpg
モロッコインゲンの肉巻き。歯触り良く、インゲン特有の青臭さが抜群の肉巻きです。

◎モロッコインゲン栽培
①石灰をまいて耕す。
畝:幅60㎝、高10㎝
②畝にまき溝を作り、その溝の中に25㎝間隔で2粒ずつ種をまく。土を被せて手で軽く押さえたら、水をたっぷりと。
まき溝:1本(畝中央)、深さ2㎝
③7〜8㎝になったら株元に肥料を足し(追肥)、土寄せして株を安定させる。
④1株に1本ずつ支柱を立て、支柱と茎を地面から10㎝の部分で結びつける。
⑤サヤにふくらみが出てきたら手で折って切る。


2017.8.2「八ヶ岳山麓の湧水百選 三分一湧水」

「八ヶ岳山麓の湧水百選 三分一湧水」

八ヶ岳山麓に住む昔の上司に呼び出された日。面白いところがあると連れてこられたのが「三分一湧水」。数えきれないほど八ヶ岳山麓に来ているがこんな場所があることすら知らなかった。
山腹崩壊で農業用水の確保に難渋している身には水利権争いはよく理解できるところ。しかし、昔から知恵者がいたことを知れる場所です。

IMG_1960_convert_20170815022415.jpg
記念館と湧水を使用して打った蕎麦が食べられる店のある広い駐車場に車を置きます。

IMG_1963_convert_20170815022454.jpg

IMG_1964_convert_20170815022534.jpg
遊歩道のついた公園の中を歩きます。

IMG_1969_convert_20170815022706.jpg

IMG_1968_convert_20170815022621.jpg
解説版には土石流の文字。わが集落が置かれているのと同じような状況がここでもあったのかと感慨深い。

IMG_1974_convert_20170815022823.jpg
湧水が滾々と湧き出ています。この水が3つの集落の田畑を潤していました。

IMG_1971_convert_20170815022748.jpg
湧き出た水は水路を通り、ここで均等に3方向に分けられる仕組みです。手前の水路から湧水が供給されています。

IMG_1984_convert_20170815022917.jpg
公園内には湧水を引いて、水力発電する施設もありました。

歴史のロマンを感じたい人にはお勧めです。

◎三分一湧水
豊富な水量を誇る湧水を農業用水として利用するための堰。
戦国時代の頃、水争いをしていた三つの村に等配分するために武田信玄が築いたという伝説が残っており、その堰の真ん中には三角石柱が設置されていて当時の知恵が現在も残っています。八ヶ岳の懐から1日に約8500トンという豊かな湧出量を保ち、水温は年間を通じて約10℃。日本名水百選にも選定されています。

山梨県北杜市長坂町小荒間292-1
交通手段 中央自動車道長坂ICから車で約10分/JR小海線甲斐小泉駅から徒歩約10分
駐車場   80台強調文
少し大きい文字
文字色

2017.8.18「東京に帰った夜は旧交の場 いせや」

「東京に帰った夜は旧交の場 いせや」

介護のために3年間毎週続ける長野県飯山と東京の520キロの往復。大変だが生活へのアクセントにもなり、大抵、東京に帰った夜は旧友や知人と旧交を温める場となっています。本日も吉祥寺の老舗「いせや」で会社時代のシステム系の同期3人と情報交換かねての飲み会となりました。まだ、会社で頑張るのは一人。定年とともに別会社に転籍したもの、定年前に会社を辞めた自由人の3人。いせやのコスパの良い美味しいやきとりを食べながらわいわいがやがや。やはり、人生最大の宝は「人」を実感するひとときです。時間はままたくまに過ぎ、次回の再会を約して別れました。

IMG_2761_LI_convert_20170823032435.jpg

IMG_2764_convert_20170823032607.jpg
「いせや」は昼間から焼き鳥を肴に酒をあおる人たちのたまり場。吉祥寺の昔から続く風景です。焼き鳥と煮込みを注文。一本80円とは有り難い。

IMG_2763_convert_20170823032543.jpg
これもいせや名物のシュウマイ。

IMG_2762_convert_20170823032520.jpg
こちらもお勧めの鳥から。

IMG_2765_convert_20170823032659.jpg
豆腐がおかかで見えない冷ややっこ

IMG_2766_convert_20170823032730.jpg
締めはおしんこの盛り合わせ。

本日も封印していた日本酒を中心に大酒となりました。明日はとんぼ返りで飯山です。最近の日照不足で稲作が心配です。

◎いせや 総本店
営業時間:12:00~22:00
電話:0422-47-1008
定休日:火曜日定休
住所:東京都武蔵野市御殿山1-2-1



2017.8.3「久々の八ヶ岳 美しの森」

「久々の八ヶ岳 美しの森」

八ヶ岳の山々は冬も含めて何度も登った山。しかし、最初に、八ヶ岳山麓で登ったのが、若かりし頃、サークルの合宿で仲間とワイワイガヤガヤで登ったのが美しの森。八ヶ岳登山では登路にも下山路でも通過する場所。主峰赤岳にのぼった後、アルバイトの長い真教寺尾根の下りで使います。ここから見た八ヶ岳は美しく、忘れがたい。愉快な仲間と久々に登ってみました。もちろん、登山ではないので軽装です。目的もここで売られているソフトクリームを食べるためという動機です。

IMG_1988_convert_20170815023042.jpg
天気は高曇り。とても、登山者と見えない愉快な仲間は軽快に長い階段を上ります。

IMG_1991_convert_20170815023114.jpg
振り返ってみる茅が岳方面。今にも雨が落ちてきそう。

IMG_1994_convert_20170815023229.jpg

IMG_2001_convert_20170815023337.jpg
レンゲツツジはさすがに終わってますが、タカネグンナイフウロウなどが咲いています。

IMG_1995_convert_20170815023321.jpg
愉快な仲間はすごい勢いで登ります。

IMG_2004_convert_20170815023419.jpg
美しの森のゲストハウスに到着。「え」。ガスで八ヶ岳が見えないのはしょうがありませんが、昔は草原状の美しい場所でしたが木々が高く生えています。これも地球温暖化のせいでしょうか。

IMG_2006_convert_20170815023518.jpg

IMG_2007_convert_20170815023700.jpg
この窓を通してみると写真のような風景が見えるはずですが天気が悪く残念。

IMG_2013_convert_20170815023627.jpg
景色も見えないので有名なジャージー乳のソフトクリームを買います。ソフトクリームは行列のできる清泉寮が有名ですが、ここは看板にあるように同じもののようです。250円とコスパもよいです。

IMG_2011_convert_20170815023555.jpg
いただきます。

IMG_2015_convert_20170815023255.jpg
ソフトクリームを食べたら雨も落ちてきそうな天気なので、早々に下山しました。

簡単に展望を得られ、遊歩道も整備されているのでお勧めです。

◎美しの森(日本大百科全書の解説)
山梨県北杜市北部にある輝石安山岩の小丘。標高1543メートル。八ヶ岳の主峰赤岳から南東に延びた真教寺尾根の最下部に相当する。小丘上のレンゲツツジの群落、南方約500メートルの地の国指定天然記念物「美森)の大ヤマツツジ」(花期6月中旬)は、頂上からの展望とともに著名。八ヶ岳中信高原国定公園に含まれ、付近には観光諸設備が備わり、八ヶ岳東麓観光の中心地となっている。JR小海線清里駅からバス
IMG_2005_convert_20170815023444.jpg

2017.8.24「晩夏に咲く花 ナツズイセンが集落で咲きはじめました」

「晩夏に咲く花 ナツズイセンが集落でさきはじめました」

雨の多い梅雨のような天気が続く8月も終わりかけた日。晩夏の花ともいえる「ナツズイセン」が当家や集落のそこかしこで咲き始めました。ヒガンバナのように地面から茎がいきなり伸びてその先にラッパ状の百合のようなピンクの花を咲かせます。この時期には同種でオレンジの花を咲かせるキツネノカミソリも有名です。美しいものには毒があるというように、ナツズイセンも全草に毒があります。

IMG_2972_convert_20170825034157.jpg
地面からいきなり茎が。もっとも、花が咲くころに水仙の葉に似た葉は枯れてしまうのでこんな形になります。

IMG_2967_convert_20170825034232.jpg

IMG_2968_convert_20170825034318.jpg

IMG_2969_convert_20170825034256.jpg


◎ナツズイセン(ウィキペディア)
ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草
秋から翌年の春にかけてスイセンに似た葉を出す。
8月中旬から下旬に鱗茎ひとつに対して1本、60cmほどの花茎を伸ばし、ピンク色の花を咲かせる。花茎が伸びる頃には葉は残っておらず、花茎と花だけの姿となる。
有毒植物

2017.8.12「浅間サンラインの鬼門の場所のラーメン屋 はやつ」

「浅間サンラインの鬼門の場所のラーメン屋 はやつ」

浅間サンラインを上田方面に走り、道の駅「雷電くるみの里」を通過してすぐの右側にラーメン屋の看板。この場所はラーメン屋の鬼門で、最初は次郎系ラーメン屋から始まり、何軒かが出店しているが1年以上続いたためしがなく、そのたびに別のラーメン屋に代わっているところ。今回も新しいラーメン屋に代わっていた。ちょうど昼時で、さらに、三刀麺の看板につられて車を止めました。太麺と細麺なら二刀麺ですが、さらに、別の太さの麺が入っていて、三刀麺。さらに、チャーシューが低温で作った生ハム的なもの。鶏ガラスープも好きなので、大いに期待して入店。

IMG_2774_convert_20170827223007.jpg
駐車場が比較的広く、蕎麦屋の隣なのでわかりやすい。

IMG_2771_convert_20170827223209.jpg
14時ころに入店したためかガラガラ。いやな予感。

IMG_2772_convert_20170827223728.jpg
奥に座敷の部屋。よく見ると「託児所」の文字。これは珍しい。子供が小さい家族連れにはありがたい。

IMG_2778_convert_20170827223340.jpg
当然、鶏ガラスープラーメンを注文。750円。

IMG_2780_convert_20170827223421.jpg
低温チャーシューが三枚重ねてのってます。これは美味しい。スープは淡白なあっさりしたスープ。太さが違う麺にはスープがよく絡む。

IMG_2781_convert_20170827223501.jpg
三刀麺。よく見ると三種類の太さがありました。

IMG_2779_convert_20170827223914.jpg
ラーメンと一緒に持ってこられたのは梅干しの皮。これが付け合わせの理由は不明。

まあ、最近のチェーン店のまずいラーメンよりは良い。しかし、コスパをもう少しよくするとよいかな。

◎中華そば はやつ
☏ 0268-75-8251
長野県東御市滋野乙4750-1
営業時間
11:00~14:30
17:30~22:00

IMG_2776_convert_20170827223659.jpg


2017.9.12「国道8号線たら汁街道 ドライブイン金森でランチ」

「国道8号線たら汁街道 ドライブイン金森でランチ」

金沢で悪友と飲んで長野県飯山の自宅に帰る道すがら、国道8号線を通るたびに一度は食べたいと思っていた「たら汁」。テレビのケンミンショーでも富山のソウルフードとして紹介されています。

国道8号線の富山県朝日町境に入ると「たら汁」ののぼりが国道沿いにはためきます。俗に、「たら汁街道」と呼ばれる地域です。ちょうどランチの時間なので、その中の一軒「ドライブイン金森」によりました。「栄食堂」の評価が高かったのですが、なんとなく吸い寄せられました。

IMG_3833_convert_20170918092108.jpg
左の道が国道8号。たら汁ののぼりと建物が大きいのでわかりやすいです。

IMG_3818_convert_20170918182753.jpg
店は3階建てのビルの一階にあります。

IMG_3821_convert_20170918182832.jpg
時間も14時に近く、お客もまばらです。食堂風のテーブルがたくさん並んでいます。駐車場が大きいのでトラックの運転手が多いい様です。

IMG_3823_convert_20170918183006.jpg
定食屋のたたずまいでメニューを見ると何でもあります。当然、たら汁定食を注文。

IMG_3827_convert_20170918183059.jpg
たら汁定食。1100円。焼き柳カレイがついています。本日は、たら汁。

IMG_3830_convert_20170918183132.jpg
たら汁。新鮮なタラをぶつ切りにし、身やアラ、頭も、キモも、白子まで、余すところなく鍋に入れ、味噌で煮込んだ野趣あふれる一品のはずですが、ここのたら汁には安良キモが入っていなく残念。

次回はやはり人気の「栄食堂」に立ち寄ってみよう。場所は確認してあります。

〇たら汁のはじまり
もともとは漁に出た夫の帰りを待つ女房たちが、浜辺で作った漁師の朝食でした。これを付近の温泉宿などがお客さんに出したところ、素朴ながらも豊かな滋味が評判になりました。そのおいしさが次第に口コミで広がり、やがて土地の名物料理になったもの。

◎金森
☏0765-83-1525
富山県下新川郡朝日町境704
交通手段 国道8号線沿い (黒部市方向側)
JR越中宮崎駅から徒歩約15分~20分
営業時間 8:30~22:00
朝食営業、ランチ営業、日曜営業
定休日 第4月曜

2017.8.3「愉快な仲間と美ヶ原トレッキング」

「愉快な仲間と美ヶ原トレッキング」

88歳のリーダーによる40年以上続く山楽会。百名山中心に北海道から九州まで数々の名山に上ってきたが、リーダーもよる年波に勝てず、近年は楽ちん登山に移行。百名山の中でも楽ちん楽ちんの何度目かの美ヶ原に。高山植物が咲き誇り、リーダーも年を感じない軽快な歩きで楽しいトレッキングとなりました。

DSC_1048_convert_20170828221438.jpg
山本小屋前の駐車場に車を置いて、「美しの塔」を目指します。明日の乗鞍岳もあるので時間がなく、王が頭に行くのは最初からあきらめています。

DSC_1040_convert_20170828221242.jpg
美ヶ原に広がる牧場にたくさんの牛が放牧されています。

DSC_1042_convert_20170828221307.jpg
遠くに蜃気楼のように王が頭ホテルと放送・通信塔が浮き上がります。

DSC_1052_convert_20170828221516.jpg
晴れていましたがガスっていて、一瞬に前が見えなくなりました。

DSC_1058_convert_20170828221649.jpg

DSC_1059_convert_20170828221712.jpg
牛だけでなく、馬もいました。一頭が寝たきりで元気がなく心配です。

DSC_1063_convert_20170828221812.jpg
遠くに美しの塔が眺められます。1954年(昭和29年)に霧で視界が悪い時に登山者のために鳴らす鐘の塔として建てられました。美ヶ原産の鉄平石でできた高さ6メートルの塔で中は避難場所となっています。

DSC_1044_convert_20170828221336.jpg
88歳のリーダーがストレッチで気合を入れます。

DSC_1067_convert_20170828221902.jpg
だいぶん近くなりました。

DSC_1062_convert_20170828221743.jpg
美しの塔からは王が頭ホテルがこんなに近くに見えます。

DSC_1070_convert_20170828221935.jpg
美しの塔に到着。中には鐘があり、だれでもつけるようになっています。

DSC_1073_convert_20170828222014.jpg
早速、子供たちが引手にぶら下がり、ガンガンと鳴らす鳴らす。

DSC_1072_convert_20170828222129.jpg
美しの塔の窓から外を見る。

2000メートルの高原状の山にビーナスラインで簡単に登れる美ヶ原のトレッキングは高山植物も豊富でお勧めです。

<今回見かけた高山植物>

DSC_1038_convert_20170828221201.jpg
クルマユリ

DSC_1039_convert_20170828221220.jpg
エーデルワイス

DSC_1050_convert_20170828221358.jpg
タカネナデシコ。群落してました。

DSC_1077_convert_20170828222043.jpg
ノアザミ

DSC_1054_convert_20170828221555.jpg
タテヤマウツボグサ

DSC_1057_convert_20170828221624.jpg
マツムシソウ

◎美ヶ原(ウィキべディア)
八ヶ岳中信高原国定公園北西部にあり、長野県松本市、上田市、小県郡長和町にまたがる高原。日本百名山の一つ。
フォッサマグナ西縁近くに噴出した第四紀の火山である。
安山岩質の組成を持つ火山の浸食地形。最高峰は、王ヶ頭(2,034m)。他に、王ヶ鼻(2,008m)、茶臼山(2,006m)、牛伏山(1,990m)、鹿伏山(1,977m)、武石峰(1,973m)といったピークがある。山頂付近は平坦な台地状の地形で、美ヶ原牧場と呼ばれる牛の放牧地となっている。長野県のほぼ中央に位置し、県内の広範囲を見渡すことができる。このことから各種、放送・通信の要衝となっている。




プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR