FC2ブログ

2018.3.「野毛の会の愉快な仲間と平和島 三代目 茂」

「野毛の会の愉快な仲間と平和島 三代目 茂」」

野毛を中心に3か月に一度飲み歩く愉快な仲間を平和島の名店「三代目 茂」にご案内。平和島といえば競艇。愉快な仲間は競艇で勝負してからご参加。ビギナーの女子が三連複をゲット。意気揚々と「三代目 茂」に乗り込んできました。日本酒好きには超お勧めの店。日本酒の品ぞろい、肴もよく、コスパは最高の店です。お酒にうるさい愉快な仲間も大満足でした。

IMG_9928_LI_convert_20180402091313.jpg
本日集まった野毛の会の面々五人。一人は撮影役。まだ、飲み会前のしらふです。

IMG_9927_LI_convert_20180402091245.jpg
飲み会後の酔っぱらい。私がパチリとやりました。

<余禄>
IMG_9926_convert_20180402091216.jpg
平和島競艇で軍資金を用意

IMG_6360_convert_20171229050417.jpg
入り口から「田酒」の酒蔵の前掛けが見えます。

IMG_6363_convert_20171229050514.jpg
店内はそれほど広くありません。カウンターとテーブル席に小さい小上がり。

<本日 飲んだお酒>

IMG_9933_convert_20180402091433.jpg
青森の「田酒」、新潟の「村祐」、山口の「獺祭」、三重の「而今」。キラ星の銘酒からスタート。すべて、110ミリリットル500円。ただし、それぞれ、一杯のみ。

IMG_9717_convert_20180402092743.jpg
これも三重の銘酒「作」。

ここからは今が旬の春酒に。冬から春にかけては、新酒の季節。まだ熟成が進んでいない、若々しいフレッシュなお酒が楽しめます。

IMG_9932_convert_20180402091421.jpg
山形県の酒「栄光冨士 煌凛」。純米大吟醸無濾過生原酒。すっきり、美味しい。

IMG_9929_convert_20180402091328.jpg
群馬の酒「尾瀬の雪どけ」。

IMG_9930_convert_20180402091355.jpg
左側 秋田五城目町の酒「一白水成」。酒米「美郷錦」を使い、ふくらみのある味わいを感じれる。
原料米 秋田県産 美郷錦、精米歩合50%、アルコール度 16度

右側 千葉の酒々井の酒「春酒香んばし」。純米吟醸生酒。華やかな吟醸香とハリのある吞み口。アルコール度数17%、使用米麹米 山田錦、掛米 美山錦、精米歩合55%

IMG_9931_convert_20180402091408.jpg
埼玉にこんなうまい酒があったのかと思った羽生の酒「花陽浴」。すっきりとしていて飲んだ後にしっかり麹の香が残り理想的。


IMG_6369_convert_20171229050828.jpg

<本日の肴>
IMG_9716_convert_20180402092724.jpg
ちくわの磯辺揚げ

IMG_9710_convert_20180402092444.jpg
本日のお通し

IMG_9712_convert_20180402092532.jpg
イワシの梅煮つけ

IMG_6402_convert_20171229052524.jpg
鮪かつ

IMG_9713_convert_20180402092605.jpg
牡蠣のソテーニンニクの芽ぞえ

IMG_9715_convert_20180402092625.jpg

IMG_9719_convert_20180402092801.jpg
キャベツの味噌添え

うまい酒のオンパレードで心地よく酔いました。当然、二次会など行きません。良い酒の心地よい気持ちをもって帰路につきました。

<日本酒ラインナップ>
ご主人の思いが詰まったメニュー
IMG_6364_convert_20171229050552.jpg
110ミリリットルのコップで銘柄にかかわらず480円。十四代、獺祭も480円。

IMG_6366_convert_20171229050647.jpg

IMG_6372_convert_20171229050947.jpg

IMG_6373_convert_20171229051911.jpg
「限定酒」。この酒は当日一杯限り。限定酒を一杯ずつ飲むのはOK。十四代、獺祭、而今、鍋島、田酒、村祐、飛露喜と並びます。

IMG_6377_convert_20171229051201.jpg

IMG_6378_convert_20171229051440.jpg

IMG_6381_convert_20171229051521.jpg

IMG_6382_convert_20171229051251.jpg

IMG_6374_convert_20171229051034.jpg

IMG_6375_convert_20171229051101.jpg

IMG_6376_convert_20171229051130.jpg

IMG_6376_convert_20171229051349.jpg

IMG_6382_convert_20171229051552.jpg

IMG_6383_convert_20171229051315.jpg

IMG_6384_convert_20171229051636.jpg

IMG_6385_convert_20171229051701.jpg

IMG_6386_convert_20171229051727.jpg

IMG_6387_convert_20171229051749.jpg

IMG_6388_convert_20171229052005.jpg

IMG_6389_convert_20171229052049.jpg

◎三代目茂
☏ 03-5493-0388
東京都大田区大森本町2-5-6 1F
交通手段 京急本線平和島駅 徒歩6分
営業時間 17:00~翌1:00
定休日 日曜日




2018.4.1「皇居周辺を早朝ぶらり散歩  散りゆく桜を惜しむ」

「皇居周辺を早朝ぶらり散歩  散りゆく桜を惜しむ」

母親の米寿を祝う会を竹橋にある「KKR東京」で開催した日。車で来たため、その日は宿泊。翌朝、朝5時半から起きだして、皇居の周りをぶらり散歩。竹橋から千鳥ヶ淵まで桜を見ながら歩きました。桜は満開から3分ほど散り、皇居のお堀には花筏がいくつもできていました。花をめでながらすがすがしい空気の中の散歩は良いものです。

IMG_9845_convert_20180403011825.jpg
宿泊したKKR東京からの眺め。

IMG_9850_convert_20180403112658.jpg
まだうす暗い早朝、ホテルをスタート。5時半。

IMG_9851_convert_20180403112728.jpg
皇居の一周道路沿いで初めて見た桜。

IMG_9853_convert_20180403011756.jpg

IMG_9855_convert_20180403112807.jpg
満開の桜も風に吹かれて多くの花びらをお堀に敷き詰めます。

IMG_9854_convert_20180403112752.jpg
それでもまだまだ見どころ

IMG_9857_convert_20180403112836.jpg
皇居平川門の上にブルームーンを発見

IMG_9858_convert_20180403112942.jpg
桜越しに平川門を見る。

IMG_9861_convert_20180403113142.jpg
佐川問題で話題の公文書を補完する国立公文書館前の桜並木

IMG_9863_convert_20180403113208.jpg
平川堀の桜

IMG_9866_convert_20180403132348.jpg
桜も美しいがミツバツツジもまた良い。

IMG_9868_convert_20180403132407.jpg
勇気と力技と健康を競う人々を楽奏で称える乙女

IMG_9870_convert_20180403132427.jpg
色鮮やかなシャクナゲ

IMG_9872_convert_20180403132449.jpg
北桔橋門前の見事な枝垂桜。満開。

IMG_9873_convert_20180403132512.jpg
北桔橋門

IMG_9875_convert_20180403132556.jpg

IMG_9878_convert_20180403132618.jpg
千鳥ヶ淵に向かう道。ランナーの数が増えてきました。

IMG_9879_convert_20180403132634.jpg
皇居周辺は自然がいっぱい。土筆もしっかり頭を出していました。

IMG_9881_convert_20180403132657.jpg

IMG_9883_convert_20180403132719.jpg
千鳥が淵に到着。菜の花とのコントラストが美しい。

桜の名所「千鳥ヶ淵公園」の桜。会社が馬場先門にあったので、よく花見に来ました。
 
IMG_9884_convert_20180403132738.jpg

IMG_9885_convert_20180403132801.jpg

IMG_9898_convert_20180403132941.jpg

IMG_9897_convert_20180403132920.jpg

IMG_9892_convert_20180403132849.jpg

IMG_9891_convert_20180403132825.jpg

満開の桜。しかし、すでに散り始め、花筏が見事

IMG_9899_convert_20180403133002.jpg

朝日が昇り始めました。そろそろホテルに帰って朝食にありつこう。

IMG_9907_convert_20180403133031.jpg

IMG_9908_convert_20180403133048.jpg

ホテルに到着。ちょうど1時間の皇居ぶらり散歩。

IMG_9910_convert_20180403133116.jpg

<余禄>素晴らしい皇居の景色をながめながらの朝食です。
IMG_9925_convert_20180403133154.jpg

IMG_9923_convert_20180403133139.jpg

◎皇居周辺

IMG_9849_convert_20180403112448.jpg
宿泊したKKR東京は平川門のすぐ近く。東西線竹橋駅から徒歩1分

IMG_9865_convert_20180403132328.jpg

IMG_9874_convert_20180403132532.jpg

2018.4.3「はじめてのそば打ち体験  粉篩から練りまで」

「はじめてのそば打ち体験 篩から練りまで」自分で蕎麦を栽培しても収穫した蕎麦を引いてそば粉にすることもなく、単に実を保存するだけでした。そんな話をしていると集落のそば打ち名人が教えてくれることになり、初めて蕎麦打ちを経験しました。見るとやるとでは大違い。悪戦苦闘の末、師匠の蕎麦とは太さの違う蕎麦が出来上がりました。さっそく、湯がいていただきました。いままで、食べた蕎麦のなかでそれでも一番美味しいと感じました。

「二八そば」を作ります。

IMG_9961_convert_20180404062523.jpg

IMG_9963_convert_20180404062142.jpg

①材料の配分
二八蕎麦なので、中力粉2にそば粉8の割合と思っていたら、「外2」と言って、そば粉と中力粉を混ぜた10に対して、中力粉をさらに2の割合で加えるそう。したがって、中力粉2に対してもそば粉10の割合となります。

そば粉・・・500g
小麦粉・・・100g(中力粉)
水・・・320cc(水分量表参照)
   
②粉篩い
そば粉と小麦粉を同じメッシュの篩にかけて粒子を揃え、混ぜやすくします。
篩のメッシュは60メッシュくらい。
IMG_9964_convert_20180404062211.jpg

IMG_9970_convert_20180404062344.jpg

③篩ったそば粉と小麦粉を指先を使ってよくかき混ぜます。混ざりが悪いと、次の水回しに支障が出るそう。
IMG_9965_convert_20180404062229.jpg

➃水回し(加水)
「水回し」は、そば打ちの最重要ポイント
この作業で粉に均等に水を含ませて馴染ませなければ、そばは上手く繋がらない。加水しすぎると、伸しては生地が板に張り付いて破れ、切っては麺どうしがくっついてしまう。

加水は2回に分けて加水します。最後の20ミリリットルは、粉全体に少しずつ水を含ませながら微調整ができるようにします.

・水分量は次
IMG_9969_convert_20180404062319.jpg

・加水1回目
①粉の山を作り、真ん中に水を注ぐ窪みを作って300ccの水を注ぐ。
②指先を使って粉をかき回し、粉に水を回す。

IMG_9971_convert_20180404062405.jpg

IMG_9974_convert_20180404062709.jpg

・加水2回目
残りの水の20 ccを注ぎ、1回目と同様に指先でかき混ぜ.るとだんだん大きな塊ができていき、やがて大きな玉として一体化います。

IMG_9973_convert_20180404062626.jpg

IMG_9977_convert_20180404062739.jpg

➄水回し(微調整)
・そば粉ひと粒ひと粒に水をやるような気持ちで霧吹きで水を加え、指先で粉をかき混ぜる。粉どうしがくっついて粒が大きくなってきたら、粉が繋がり始めたという合図。
・小さなそば玉をを練って、玉を平らに潰してみて縁がひび割れしなければOK。縁がひび割れするようならまだ水が足らない証拠なので、見極めながら慎重に水を加える。

IMG_9979_convert_20180404062835.jpg

⑥くくり練りから菊練り
・水回しがうまくいったら、粉を握りつぶして一つにまとめていく。この作業がくくり練り。
・掌の付け根に体重を乗せるようにしてよく練り込む。ここで水が足らないと感じた場合、練りの初期ならギリギリ間に合うので霧吹きで加水してよく練り込む。
・左手は動かさずに右手で巻き込むように左手の蕎麦粉に重ねる。(生地を外側から内側に折り込んで、シワを真ん中にまとめる)

IMG_9980_convert_20180404073533.jpg

IMG_9984_convert_20180404073628.jpg

IMG_9991_convert_20180404073650.jpg

⑦へそ出し
①菊練りしたそば玉を横にしてコロコロ転がして、空気を抜きながらシワを1カ所に絞り込み、円錐形の艶々した玉を作る。
②へそを下にして押しつぶし、へその部分が残っていたら指で完全に閉じる。これで練りの行程が終了。
IMG_9993_convert_20180404073712.jpg

IMG_9995_convert_20180404073736.jpg
円錐形を掌でつぶした蕎麦玉

IMG_9996_convert_20180404073803.jpg
捏ね鉢を濡れた布巾で蕎麦をふき取って蕎麦玉づくりは終了。

このあと、「地のし」からのしの過程に入ります。拙ブログ「はじめてのそば打ち体験 のしから切り」をご覧ください。


2018.4.3「はじめてのそば打ち体験  のしから切り」

「はじめてのそば打ち体験 のしから切り」

自分で蕎麦を栽培しても収穫した蕎麦を引いてそば粉にすることもなく、単に実を保存するだけでした。そんな話をしていると集落のそば打ち名人が教えてくれることになり、初めて蕎麦打ちを経験しました。見るとやるとでは大違い。悪戦苦闘の末、師匠の蕎麦とは太さの違う蕎麦が出来上がりました。さっそく、湯がいていただきました。いままで、食べた蕎麦のなかでそれでも一番美味しいと感じました。

今回は「のしから切り」までです。「粉篩から練り」までは拙ブログ「はじめてのそば打ち体験 粉篩から練りまで」をご覧ください。

〇地のし
麺棒を使わず手のひらで伸す行程

①そば玉を置く場所に軽く打ち粉を振り、そば玉を置く。
②そば玉を回しながら2時方向から10時方向に向かい、手の平の腹で周辺部を伸します。真ん中の膨らみは後で押して平らにします。
③厚さ2ミリくらいまで伸ばして丸い生地にします。

IMG_9999_convert_20180404073953.jpg

IMG_0002_convert_20180404074012.jpg

IMG_0004_convert_20180405013104.jpg

IMG_0003_LI_convert_20180405065611.jpg

〇丸出し
麺棒を使って、地のしと同じ要領で2時方向から10時方向に向かい、生地を回しながら伸し、直径40~50cmの均一な厚さの丸い生地にする。この際、周縁部まで伸ばさない。

IMG_0005_convert_20180405013119.jpg

〇角出し
巻き取りと回転を繰り返して、丸く伸した生地を四角にする行程が角出し。

①手前から麺棒に生地を巻き取り、3~4回板の手前から奥まで転がしたら手前に引き寄せる。
手で軽く中央から恥に向かって広げるように回します。
②麺棒に巻き付けたまま180度反回転させて生地を開き、手前から巻き直し、3~4回前方に転がす。
③麺棒に巻き付けたまま90度回転させて生地を開き、再び手前から巻き直し、同じように前方に転がす。
④更に生地を180度反回転させて巻き直し、同じように前方に転がす。
⑤麺棒に巻き付けた生地を斜めに置いて広げると、四角い生地が出来る。


IMG_0013_convert_20180405013429.jpg
手前から麺棒に生地を巻き取り、3~4回板の手前から奥まで転がしたら手前に引き寄せる。

IMG_0011_convert_20180405013349.jpg

IMG_0012_convert_20180405013410.jpg
麺棒に巻き付けたまま180度反回転させて生地を開き、手前から巻き直し、3~4回前方に転がす。

IMG_0013_convert_20180405013429.jpg
手前から巻き直し、3~4回前方に転がす。

〇本のし
①角出しした生地を手前から麺棒に巻き取り、手前に半分くらい広げる。
②もう一つの麺棒で広げた半分を生地の厚さが1ミリ厚くらいの均一な厚さの生地に伸す。
③のした生地を綿棒に巻き付け、残りの半分を広げて、同じようにのす。
上記の動作を何回か繰り返し、1ミリ厚くらいの均一な厚さの生地に伸して完成。

IMG_0015_convert_20180405013458.jpg
角出しした生地を手前から麺棒に巻き取り、手前に半分くらい広げる。

IMG_0016_convert_20180405013522.jpg
もう一つの麺棒で広げた半分を生地の厚さが1ミリ厚くらいの均一な厚さの生地に伸す。

IMG_0017_convert_20180405013540.jpg

IMG_0018_convert_20180405013555.jpg

IMG_0054_convert_20180405064911.jpg
のした生地を綿棒に巻き付け、残りの半分を広げて、同じようにのす。

〇畳み
打ち粉は、「のし」までは少なめに、「畳み」~「切り」では生地と生地がくっ付かないようにたっぷりと振る。そばの長さは畳みの幅で決まるので、なるべく幅を出した方が長いそばになります。

①生地の半分強の面積にたっぷりと打ち粉を振り、生地の端を麺棒に引っ掛けて、生地が切れないように慎重に持ち上げて重ねて、2つ折りにする。
②同様に半分強の面積にたっぷりと打ち粉を振り、生地の端を両手でつまんで慎重に重ねて、4つ折りにする。
③再び半分強の面積にたっぷりと打ち粉を振り、慎重に重ねて8つ折りにして畳み完了。

IMG_0051_convert_20180405064949.jpg

IMG_0050_convert_20180405065001.jpg

IMG_0049_convert_20180405065013.jpg
生地の半分強に打ち粉をたっぷり振る。高いところからまんべんなくかけます。

IMG_0051_convert_20180405064949.jpg
生地を広げます。

IMG_0047_convert_20180405065036.jpg
麺棒に生地の端を掛けて持ち上げ、2つ折りにする。

IMG_0046_convert_20180405065050.jpg
生地の半分強に打ち粉をたっぷり振る。

IMG_0045_convert_20180405065102.jpg
さらに、半分に折って4つ折りにする

〇切り
切りは包丁で決まります。良い包丁3万円程度のものは手に入れたい。

①まな板に打ち粉を振って、畳んだ生地を折り目を手前にして置き、生地の上にもたっぷりと打ち粉を振る。生地に振った打ち粉は小間板の滑りを助け、切った麺どうしがくっ付くのを防ぎ、まな板に振った打ち粉は、板の歪みを粉の厚みで補正して、下の麺が切れずに繋がったままという状態を回避する効果がある。
②生地の上に小間板を乗せ、包丁を垂直に小間板に当て、やや前方に押し出すようにして包丁を入れる。前に押し出すと包丁の重みで楽に刃が生地に入って切れていく。真下に押し切るのではなく、やや前方に押し出す感覚で切るのがポイント。
③下まで包丁が入ったら包丁を少し倒して包丁で小間板をずらし、次に切る麺の幅を出す。駒板に沿える手は軽く押す程度駒板とまな板のラインは常に水平に保つ。
④切ったそばは軽く打ち粉を払い落とし、1回の鍋で茹でる分量(30回程度の切り分)に分ける

IMG_0044_convert_20180405065114.jpg

IMG_0043_convert_20180405065136.jpg

IMG_0042_convert_20180405065153.jpg

IMG_0041_convert_20180405065206.jpg

IMG_0039_convert_20180405065222.jpg

IMG_0038_convert_20180405065233.jpg

IMG_0036_convert_20180405065249.jpg

〇茹でる~洗う

IMG_0023_convert_20180406055245.jpg

IMG_0028_convert_20180406055350.jpg

IMG_0027_convert_20180406055303.jpg
上が私、下が師匠が切った蕎麦。私のはきしめんのよう。切りが蕎麦の美味しさをひきたてます。


2018.3.29「雪融けもまだまだの中、千曲川の川べりで釣り糸を垂れる」

「雪融けもまだまだの中、千曲川の川べりで釣り糸を垂れる」

雪融けもすすむ中、千曲川の川べりで釣り糸を垂れてみた。今年も例年同様に漁協組合の通年遊漁証を5000円で購入。5000円に見合う釣果は毎年得られないが釣れた時の喜びからすれば安いもの。早春の川からの水か流れ込むポイントで狙う。1時間ほどで引きもないのであきらめて糸をあげた。まだまだ、寒くて魚も動きがにぶそう。今年は千曲川の鮭の遡上調査の手伝いも頼まれたので、釣果を上げたいもの。

IMG_0147_LI_convert_20180409175429.jpg
例年同様にゲット。イワナの稚魚等を放流している漁協に感謝。

IMG_9778_convert_20180409175623.jpg
雪原を歩いて千曲川の土手を降りて、屋から流れ込む川口に。

IMG_9782_convert_20180409175639.jpg
いつものあたりのあるあたりに投げ込んでみる。

IMG_9783_convert_20180409175653.jpg
一向に引きかがない。せっかちな性格なのですぐにポイントを変えてしまうのがたまに傷。

IMG_9784_convert_20180409175710.jpg
そのうち、浮きをみるより、周りの景色をみるようになっていることに気づき、早々に竿を収めた。今年は長い、イワナは何とかゲットしたいもの。

2018.4.8「東京の奥座敷の名店 うかい竹亭」

「東京の奥座敷の名店 うかい竹亭」

東京の奥座敷の高尾にある和食の名店「うかい竹亭」に行ってみた。何かの集まりの時に使うと便利なお店。奥多摩の自然の中でゆったりとした時間を美味しい料理を食べながら過ごせます。今回も新緑の美しい中で楽しい時間を親戚の皆さんと過ごしました。

IMG_0096_convert_20180411015733.jpg
玄関を入るとこの都の向こうの待合室に通されます。案内があるまでしばし待ちます。広大な敷地の中に個室の建物が点在します。

IMG_0095_convert_20180411015702.jpg
案内係の先導のもとに会食の場所に向かいます。

IMG_0110_convert_20180411015857.jpg
会食のための建物が点在する店の玄関は待合室のあった敷地と葉別のところにあります。

IMG_0112_convert_20180411015919.jpg

IMG_0116_convert_20180411015939.jpg

IMG_0118_convert_20180411015955.jpg
やっと、本日の懐石会場の建物に着きました。

IMG_0119_convert_20180411020014.jpg
玄関を入るとこの佇まい

IMG_0121_convert_20180411020031.jpg

IMG_0142_convert_20180411020349.jpg
会食の部屋の前の廊下と庭の風景

<本日の会食> 棒葉焼懐石をいただきました

IMG_0124_convert_20180411020059.jpg

IMG_0126_convert_20180411020116.jpg
鰆、桜鱒、鰊、蛍烏賊、ヒスイ豆と旬の食材が並ぶお膳

IMG_0127_convert_20180411020135.jpg
旬の筍の焼き物

IMG_0129_convert_20180411020151.jpg
桜鯛のおすまし

IMG_0130_convert_20180411020208.jpg
お刺身。マグロとブリ。

IMG_0133_convert_20180411020226.jpg
揚げ物。小鮎、タラの芽、ふきのとう。

IMG_0135_convert_20180411020244.jpg
牛肉の棒葉焼

IMG_0139_convert_20180411020300.jpg
竹の子ごはん

IMG_0140_convert_20180411020324.jpg
デザートはバニラと抹茶アイスの最中。

お昼の懐石でしたが季節を感じる食材を使って、良い気分で食事の時間を過ごせました。たまには季節の良い時のプチ贅沢にはおすすめです。

◎うかい竹亭
☎ 042-661-8419
東京都八王子市南浅川町2850
交通手段 京王線「高尾山口駅」よりバス送迎あり(乗車時間 約10分)
       高尾山口駅より往復送迎バスが運行しております。
営業時間 【平日・土曜日】 11:30~19:30  【日・祝日】 11:30~19:00
定休日  水曜日(時期によって変動あり)、年末年始、冬期休業日

2018.3.14「飯山市内の新規オープンのラーメン屋 竹信」

「飯山市内の新規オープンのラーメン屋 竹信」

飯山市内に新しいラーメン屋が新規オーブ゜ンしたというので行ってみました。国道117号線の伍位野交差点から市内に向けて車を走らせると左側にその店はありました。昼時ということもあり、駐車場は満車。期待が膨らみます。時間をおいて訪問してみました。店内は普通のラーメン屋さんです。

IMG_9410_convert_20180411024750.jpg
店は国道沿いで分かりやすいところにあります。

IMG_9424_convert_20180411025014.jpg
店内は普通のラーメン屋さんの作り。テーブル席に収まりました。駐車場が満車で出直してきましたがお昼時を過ぎると店内はガラガラでした。一気に不安に。まさか、昼だけの店?

IMG_9413_convert_20180411024833.jpg
味噌ラーメン専門店のようです。長野は信州みそが名物ということもあり、味噌ラーメンの店が多いです。


IMG_9412_convert_20180411024809.jpg

IMG_9418_convert_20180411024857.jpg
黒・赤・白の三種類の味噌ラーメン。

IMG_9419_convert_20180411024912.jpg
愉快な仲間は黒味噌ラーメン 670円を注文。辛そうですが意外とさっぱりした味です。

IMG_9420_convert_20180411024927.jpg

IMG_9423_convert_20180411024959.jpg

IMG_9421_convert_20180411024942.jpg
私は基本の赤味噌ラーメン660円にミニチャーハンを注文。ごく普通の味噌ラーメン。中太面も知るが十分に絡まないストレート麺。チャーハンはパラパラ感と中華チャーハン本来の鶏のだしを利かした美味しさもなく、単なる焼き飯の感じ。

特段の感動もなく、一度くればよいかなの感想とともに店を後にしました。

◎麺屋 竹信
☎ 0269-63-1038
長野県飯山市静間2187-1
営業時間 [月・水~金] 11:00~15:00 17:00~22:00  [土・日] 11:00~22:00
定休日 火曜日

2018.4.11「電気ブランの浅草 神谷バー」

「電気ブランの浅草 神谷バー」

長野県飯山の集落の愉快な仲間と浅草に繰り出しました。浅草に着いたのが昼時。まずは、腹ごしらえに浅草の名物レストラン「神谷バー」に。当然、名物の「電気ブラン」を味わいます。
あわせて、ビール中ジョッキ―とランチセットを注文し、2日間の浅草漫遊がスタートしました。私はというと集落の一員でもあり、添乗員でもあります。浅草に行って、ランチならコスパもよいので「神谷バー」おすすめです。

IMG_0180_convert_20180413083533.jpg

IMG_0181_convert_20180413083638.jpg

IMG_0183_convert_20180413083719.jpg
東武浅草駅と雷門の中間にその店はあります。3階建てで、ランチ時間はランチの客は2階に通されます。

IMG_0189_convert_20180413083943.jpg

IMG_0190_convert_20180413084148.jpg
1階店内。大きな料理のディスプレーに圧倒されます。

IMG_0208_convert_20180413084317.jpg
2階は空いていました。2組のグループが。一組は定年杉のおじさんたちがすでに顔を赤くして大騒ぎ。もう一組は、いかにも、会社の歓迎会ランチのグループ。我々も定年グループに負けずに中ジョッキ―をオーダー。なお、中ジョッキ―といえども今の大ジョッキーです。

IMG_0193_convert_20180413084029.jpg
ランチは酒の友として、日替わりランチを注文。

IMG_0204_convert_20180413084238.jpg
まずは、本日のアルコール。一番右は神谷ワインロゼ。真ん中が本日の主役電気ブラン。

IMG_0207_convert_20180413084259.jpg
まずは、電気ブランで乾杯

IMG_0211_convert_20180413084336.jpg
日替わりランチ。結構なボリュームでコスパ良し。本日は鶏むね肉のチキンかつ。

IMG_0215_LI_convert_20180413085115.jpg
すっかり良い気分となった面々。さあ、次はどこに行く。

浅草漫遊の旅は始まったばかり。


〇電気ブラン(ウィキペディア)
神谷バーの創業者、神谷伝兵衛が作ったブランデーが混合されたアルコール飲料。
明治時代に誕生した、ブランデーベースのカクテル。当時、「電気…」を冠に着けるのが流行しており、それにブランデーの「ブラン」を合わせたのが名前の由来。
その度数は当時45度と高く、口の中がしびれる状態と、電気でしびれるイメージとが一致していたため、ハイカラな飲み物として人気を博した。ブランデー、ジン、ワイン、キュラソー、そして薬草が配合されている。
度数により、電気ブラン(30度)、電気ブランオールド(40度)の2種類がある。神谷バーのメニューでは前者をデンキブラン、後者を電氣ブランとしている。

◎神谷バー
☎ 03-3841-5400
東京都台東区浅草1-1-1 1F・2F・3F
交通手段 地下鉄銀座線浅草駅下車3番出口 徒歩0分
営業時間 11:30~22:00
定休日火曜日

IMG_0185_convert_20180413083801.jpg

IMG_0184_convert_20180413083900.jpg

IMG_0194_convert_20180413084221.jpg


2018.4.11「浅草 雷門から仲見世通り、浅草六区にぶらり」

「浅草 雷門から仲見世通り、浅草六区にぶらり」

長野県飯山の集落の愉快な仲間と浅草に繰り出しました。さっそく、浅草寺界隈をぶらり歩き。雷門から仲見世通りは外国人の観光客でごった返しています。ものすごい人。日中も人がほとんどいない飯山の我が集落の皆さんはその光景にびっくり。写真を撮るのも一苦労です。何とか人をかき分けて浅草寺でお参りしました。浅草寺から浅草六区方面に。ホッピー通りではすでにジョッキーを傾ける人が多いこと。しかし、活気あふれる浅草界隈のぶらり歩きはとても楽しいものです。

IMG_0216_convert_20180413091530.jpg
浅草観光の中心 浅草寺の雷門

IMG_0218_LI_convert_20180413091553.jpg
早速、愉快な仲間とパチリ。晴れ着姿の外国人の多いことにびっくり。

IMG_0221_convert_20180413091611.jpg
雷門のシンボル大提灯。松下電器の松下幸之助氏の寄贈で有名。

IMG_0223_convert_20180413091629.jpg
仲見世通りはラッシュアワーの様相。観光客の多さにびっくり。平日も関係ない外国からのお客様が多い。

IMG_0225_convert_20180413091648.jpg
スカイツリーはどこからも望めます。

IMG_0227_convert_20180413091739.jpg
仲見世通りをいきようようと良い気分で歩く面々。電気ブランが効いてます。

IMG_0246_convert_20180413091802.jpg

IMG_0248_convert_20180413091857.jpg
浅草寺を抜けて、浅草の大衆芸能の地「浅草六区」に。大衆演劇の「木馬館」。

IMG_0255_convert_20180413092709.jpg
落語の寄席「浅草演芸ホール」。ここは後で、落語聞くために入りました。

IMG_0247_convert_20180413091833.jpg
浅草寺境内を抜けると閑散とした道もあります。

IMG_0250_convert_20180413091919.jpg
愉快な仲間がさっそうと歩きます。だいぶん、アルコールは抜けたようです。

IMG_0251_convert_20180413091941.jpg

IMG_0294_convert_20180413092824.jpg
もつ煮込みの店がひしめき合う、通称「ホッピー通り」。すでにどこの店からも嬌声がこだまします。まだ、午後二時。

IMG_0289_convert_20180413092732.jpg
浅草六区の名物居酒屋「捕鯨船」。浅草芸人の御用達で有名。まだ、開店前。

IMG_0290_convert_20180413092757.jpg
店の前には多くの芸能人の写真。店内には色紙であふれます。ここの牛筋煮込みは絶品。

IMG_0295_convert_20180413092851.jpg
芸人や映画スターの手形が道沿いに飾られている「オレンジ通り」。雷門から浅草寺へ続く参道、それと平行にあるのがオレンジ通り。雷門から2本国際通り方面に進んだ場所にあります。

IMG_0296_convert_20180413092909.jpg
雷門周辺にはたくさんの車夫が集まり、乗車を勧誘します。結構、外国人が乗車。浅草周辺を観光しながら回ります。

浅草周辺のぶらり歩きに疲れたので、浅草六区に戻り、「浅草演芸ホール」に吸い込まれました。

〇浅草六区(ウィキペディア)
神谷バーの創業者、神谷伝兵衛が作ったブランデーが混合されたアルコール飲料。
明治時代に誕生した、ブランデーベースのカクテル。当時、「電気…」を冠に着けるのが流行しており、それにブランデーの「ブラン」を合わせたのが名前の由来。
その度数は当時45度と高く、口の中がしびれる状態と、電気でしびれるイメージとが一致していたため、ハイカラな飲み物として人気を博した。ブランデー、ジン、ワイン、キュラソー、そして薬草が配合されている。
度数により、電気ブラン(30度)、電気ブランオールド(40度)の2種類がある。神谷バーのメニューでは前者をデンキブラン、後者を電氣ブランとしている。

◎神谷バー
☎ 03-3841-5400
東京都台東区浅草1-1-1 1F・2F・3F
交通手段 地下鉄銀座線浅草駅下車3番出口 徒歩0分
営業時間 11:30~22:00
定休日火曜日

2018.4.11「浅草演芸ホールで大笑い」

「浅草演芸ホールで大笑い」

長野県飯山の集落の愉快な仲間と浅草に繰り出しました。折角なので、大いに笑ったうえで夜の飲み会でもりあがろうと浅草演芸ホールに行きます。この日の昼の部は林家一門を中心の出演者でテレビでおなじみの鈴々舎馬風、林家ぺー、林家三平、林家正蔵、林家木久蔵、柳家さん喬など。2800円の入場料を払えば一日いるのも可能な演芸場。すでに、1階は満席で、2階から見ます。腹がよじれるほど面白いとは言えませんが、大いに話芸を楽しませていただきました。落語以外にも曲回しの勝丸さんなどの出演もありました。浅草に行ったら、やはり、演芸ホールは外せない場所です。すっかり、顔が緩んだ面々と次はいよいよ、東京ナイトクルーズともいうべき屋形船の旅です。隅田川の吾妻橋の乗船場に向かいます。

IMG_0255_convert_20180413092709.jpg

IMG_0257_convert_20180413095701.jpg
切符売り場で入場券を購入。2800円。これで一日いれます。我々は昼の部の後半を楽しみます。

IMG_0258_convert_20180413095722.jpg
昼の部の締めは林家三平。

IMG_0270_convert_20180413095920.jpg
馬風から聞けました。まだまだ元気で毒舌全開。

IMG_0262_convert_20180413095804.jpg
権太楼

IMG_0263_convert_20180413095822.jpg
二階席から見るとこんな感じですが気楽です。

IMG_0268_convert_20180413095855.jpg
一階席は満席。

IMG_0266_convert_20180413095838.jpg
入口から入ると案内係がいます。

IMG_0271_convert_20180413095943.jpg
中入り後のトップは木久蔵。二世落語家。父親は林家木久扇。笑点メンバー。

IMG_0273_convert_20180413100001.jpg
続いて、この人。あれパー子は?

IMG_0277_convert_20180413100019.jpg
あらまあ、兄貴が先に出てきたよ。正蔵。

IMG_0279_convert_20180413100049.jpg
つづいて、さん喬。

IMG_0283_convert_20180413100118.jpg
勝丸さんという曲芸が入ります。こんな色物も楽しい。

IMG_0284_convert_20180413100139.jpg
締めは、林家三平。まだまだ、修行が足りないなあ。父親に似た芸風で動作は大きく、身振り手振りの落語です。

IMG_0287_LI_convert_20180413100208.jpg
大いに笑い、疲れも酔いも醒め、元気を取り戻した面々。

いよいよ、次はお楽しみの東京ナイトクルーズ。なんといっても、飲み放題です。

◎浅草演芸ホール(ウィキペディア)
東京都台東区浅草の通称「公園六区」と呼ばれる歓楽街の中心に位置する寄席。都内に4軒ある落語定席の一つで、落語を中心に、漫才、手品などの色物芸が多数執り行われている。
客席数は1階が239席、2階が101席の計340席と、都内にある寄席の中では最大。1階は全席椅子席。2階席には階段でのみ行き来が可能。1階には売店があり、酒類も販売している。また自動販売機もある。飲食しながらも可能。

2018.4.11「魅惑の東京ナイトクルーズ 屋形船」

「魅惑の東京ナイトクルーズ 屋形船」

長野県飯山の集落の愉快な仲間と浅草に繰り出しました。夜は今回の旅行のハイライト「東京ナイトクルーズ」。しかし、この日は春の嵐ともいえる強風が吹き荒れ、隅田川の水上バスは欠航しており、屋形船の運行も心配されましたが、杞憂に終わり、無事、吾妻橋のたもとの乗船場からスタートしました。今回は「濱田屋」さんの船。飲み放題付き2時間運航で10230円。食事は揚げたての天ぷらから刺身までたくさんの料理が提供されます。幸い80名定員のところ、20人ほどのお客様でしたのでスペースを広々とつかえてラッキーでした。船外には隅田川沿いの美しい風景が広がります。途中、スカイツリー前で停泊し、船上の屋上にあがり、夜風に吹かれて夜景を楽しむ時間もあります。東京の夜を楽しむなら、屋形船のナイトクルーズはおすすめです。また、屋形船は多くの業者がいるので迷ったら「屋形船組合」を通じて紹介してもらうのもよいです。

IMG_0301_convert_20180430090215.jpg
吾妻橋の袂に屋形船の発着場があります。

IMG_0305_LI_convert_20180430090321.jpg
愉快な仲間と吾妻橋の上でパチリ。

IMG_0307_convert_20180430090346.jpg
屋形船がやってまいりました。

IMG_0308_LI_convert_20180430090420.jpg
乗船前にわくわく顔の愉快な仲間と。本日は飲み放題です。

IMG_0309_convert_20180430090442.jpg
80人定員に20名と大名遊覧となりました。

IMG_0311_convert_20180430090518.jpg

IMG_0313_convert_20180430090545.jpg

IMG_0331_convert_20180430090810.jpg

IMG_0327_convert_20180430090744.jpg
刺身あり、鍋あり、揚げたての天ぷらが次継ぎ。

IMG_0319_LI_convert_20180430091102.jpg
すっかりご満悦の愉快な仲間。

IMG_0332_convert_20180430090833.jpg
忘れていけないというより、最高の酒の肴は東京隅田川沿いの夜景。

料金は通常10000円から12000円。これで贅沢な船上の宴会がひらけるならコスパは最高です。

◎東京都屋形船協同組合
東京都台東区柳橋1-5-11 篠塚ビル3F  
☎ 03-5825-5526
営業時間10:00~18:00 
定休日:火・日・祝日屋形船



2018.4.11寺社94「観光客でごった返す浅草寺に詣でる」

寺社94「観光客でごった返す浅草寺に詣でる」

長野県飯山の集落の愉快な仲間と浅草に繰り出しました。浅草に着いたのが昼時。まずは、腹ごしらえに浅草の名物レストラン「神谷バー」に。その後、雷門、仲見世通りを経て、浅草寺境内に。創建年が628年といわれ、都内最古の寺であり、観光のメッカでもあります。雷門から仲見世通りは芋の子を洗うような混雑。それでも、本堂まで出ると広いだけに、混雑からは解放されました。さっそく、祈願します。東京観光なら外せない観光スポットを再認識しました。

IMG_0216_convert_20180413091530.jpg

IMG_0221_convert_20180413091611.jpg
「雷門」。赤い大提灯がシンボル。この門と提灯は松下電器の松下幸之助の寄贈。向かって右の間に風神像、左の間に雷神像を安置されてます。正式には「風雷神門」といいます。

IMG_0224_convert_20180430201007.jpg
「仲見世」。雷門から宝蔵門に至る表参道の両側には土産物、菓子などを売る商店が立ち並ぶ。商店の数は東側に54店、西側に35店。

IMG_0230_convert_20180430201038.jpg

IMG_0233_convert_20180430201139.jpg
「宝蔵門」。「仲見世」を抜けると大きな門が姿を現します。門の左右には金剛力士(仁王)像を安置していて、向かって左の阿形(あぎょう)は仏師・錦戸新観、右(東)の吽形(うんぎょう)像は木彫家・村岡久作の作。阿形像のモデルは力士の北の湖、吽形像のモデルは明武谷と言われている。

IMG_0238_convert_20180430201323.jpg

IMG_0241_convert_20180430201201.jpg
「本堂」に到着。参拝参拝。

IMG_0242_convert_20180430201222.jpg
外陣にある川端龍子筆「龍の図」、堂本印象筆「天人散華の図」の天井画も見落としなく。

IMG_0231_convert_20180430201119.jpg

IMG_0236_convert_20180430201251.jpg
「五重塔」

浅草寺の伽藍は関東大震災では倒壊を免れたが、昭和20年の東京大空襲で焼失し、戦後再建されたもので鉄筋コンクリート造りなのは少し残念。

◎浅草寺(ウィキペディア)
東京都内最古の寺。山号は金龍山。本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)。元は天台宗に属していたが第二次世界大戦後独立し、聖観音宗の総本山となった。観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」と通称される。東京都内では、唯一の坂東三十三箇所観音霊場の札所(13番)。江戸三十三箇所観音霊場の札所(1番)でもある。

所在地 東京都台東区浅草2丁目3番1号

2018.4.12「移転が決まった築地市場 場外市場をぶらり」

「移転が決まった築地市場 場外市場をぶらり」

長野県飯山集落の愉快な仲間と築地の場外市場に繰り出しました。築地の豊洲移転も決定したので、最後の築地をぶらり歩きをしながうまいものを食べようという趣向です。朝7時に場外市場にある築地川第1駐車場に車を止めて、さっそく、築地市場に繰り出しました。朝食は、新年のマグロの初セリで常勝「すしざんまい」に競り勝ったマグロ卸の「やま幸」グルーブの系列店「幸弥」さんに勤める元部下の世話で5000円のマグロお造りの朝食です。そのために、まずは朝食の食材集め。おにぎりは「丸豊」。厚焼き玉子は「松露」。お酒は「ローソン」でゲットして、朝食会場の「築地魚河岸」の屋上に。青空の下で美味しく、楽しい朝食とにりました。この屋上での食事はおすすめ。場内で美味しいものを買い集めて、ここで宴会は最高。元部下に感謝しつつ、飯山への帰還の途につきました。

IMG_0385_convert_20180413105639.jpg
場外は朝8時近くのピークを迎えてすごい買い物客。外国人がいっぱい。こんなマグロの頭も、外国人を引付けるひとつかな。

IMG_0387_convert_20180413105708.jpg

IMG_0390_convert_20180413105733.jpg
まずは、朝食の食材集めから。おにぎりは「丸豊」さんで梅にぎりをゲット。混んでました。並びました。

IMG_0392_convert_20180413105757.jpg

IMG_0394_convert_20180413105824.jpg

IMG_0395_convert_20180413105848.jpg
続いて、卵焼き。テリー伊藤の実家の「丸武」を通り過ぎ、「山長」は土産にするので、美味しい「松露」で卵焼きゲット。

IMG_0443_convert_20180413111435.jpg
美味しい卵焼きの松露で卵焼きをゲット。680円。

IMG_0397_convert_20180413105919.jpg

IMG_0399_convert_20180413105939.jpg
食材とお酒も購入したので、お世話になるマグロ卸の店「幸弥」の入る築地魚河岸に。ピンクの建物が目印で2棟に分かれて、多くの店が入っています。ここの屋上が食事スペースとして開放されてます。

IMG_0401_convert_20180413110002.jpg

IMG_0402_convert_20180413110024.jpg
建物内は海鮮、鮮魚の店が゛軒を連ねます。

IMG_0404_convert_20180413110052.jpg

IMG_0406_convert_20180413110144.jpg
建物の一番奥に元部下が看板娘を務める「幸弥」がありました。

IMG_0437_convert_20180413110514.jpg
「おー。居た居た」。なかなかゴムの前掛けが似合う看板娘

IMG_0438_convert_20180413110552.jpg
こんなものも売ってました。築地でないと鯨はなかなか手にはいりません。

IMG_0414_convert_20180413110207.jpg
早速、勉強値段のまぐろのお造り5000円。赤身、中トロ、大トロ。

IMG_0433_convert_20180413110453.jpg
食材を。持って、屋上に移動し、朝食開始。食事スペースがあります。

IMG_0422_LI_convert_20180413110330.jpg
さあ、朝食開始。本日の競り落としのマグロの大トロ、中トロ、松露の卵焼き、丸豊の梅にぎり。味噌汁はマルコメのアオサ汁。という、豪華版。私を除く、皆さんはビールにウィスキーをガンガン。

IMG_0431_LI_convert_20180413110356.jpg
今回、お世話になった看板娘とツーショット

IMG_0436_convert_20180413110532.jpg
ここからは築地場内市場の活気ある風景も見えます。

全員、お腹も満たされて、大満足の気配。藤田観光の面目も躍如されます。さあ、飯山に帰ろう。ちょっと待って、西銀座チャンスセンターに寄ってというので、ドリームジャンボ購入までご案内。当たったら少し分け前ちょうだい。

<お土産>
IMG_0444_convert_20180413111511.jpg

IMG_0447_convert_20180413111554.jpg

IMG_0448_convert_20180413111532.jpg
お土産は、山長の卵焼き680円。社長自ら販売、美味しさをアピール。

IMG_0440_convert_20180413111616.jpg
これも美味しい鰹節の専門店

◎築地場外市場
東京都中央区築地4丁目16-2

築地川第1駐車場
東京都中央区築地4丁目16-1
☎ 03-3543-6791

2018.4.16「3度目のドイツ訪問 ルール地方から南ドイツ ①」

「3度目のドイツ訪問 ルール地方から南ドイツ ①」
ドイツを民泊を利用しながらルール地方のヘルネ、エッセン、ボーフムなどの都市をめぐり、後半はニュルンベルグ、ミュンヘン、フュッセンと南ドイツをめぐる旅を2週間ほどしました。ドイツに嫁いだ娘、孫とご主人のご両親に会うのも目的の一つでした。ドイツはすでに過去に二度ほど訪問しており、ベルリン、フランクフルト、ジュッセルドルフ、ボン、ケルンなどの都市は行ったことがあったので南ドイツに焦点を絞った旅です。
海外旅行はホテルやツアーでなく、民泊中心に自らスケジュールを組み立てていきます。今はネットがあるので宿や鉄道の切符、現地ツアーの確保も日本で簡単にできるので海外旅行の予約も一気に楽になっています。

IMG_0516_convert_20180429135837.jpg
およそ、11時間でデュッセルドルフ空港に到着しました。

IMG_0520_convert_20180429135857.jpg
空港で出迎えてくれたのは、この大きなキリンの親子。

IMG_0524_convert_20180429135922.jpg

IMG_0537_convert_20180429140058.jpg

IMG_0538_convert_20180429140113.jpg
空港からはデュッセルドルフ空港駅に向かいます。モノレールに乗車して10分ほど。

IMG_0526_convert_20180429135939.jpg

IMG_0529_convert_20180429140023.jpg
早速、ルール地方のヘルネに向かいます。ドイツの交通機関は長距離列車(ICE、DB)、中近距離列車(DB)、トラム、バス、地下鉄があります。各国語で切符を買うことができますが、この券売機には日本語がありませんでした。

IMG_0527_convert_20180429135954.jpg
ドイツには改札はありません。切符を買うと入場時間の打刻機に通して乗ります。ただし、無賃乗車が判明すれば、乗車運賃の40倍の料金が取られるそうです。

IMG_0553_convert_20180429140216.jpg

IMG_0548_convert_20180429140144.jpg
モノレールから列車(DB)に乗り換えます。ちょうど帰宅時間帯で混んでいないか心配しましたが運よく座われました。

こうして、2週間弱に及ぶドイツ民泊の旅が始まりました。

2018.4.28「2週間ぶりの日本での最初の食事 地蔵」

「2週間ぶりの日本での最初の食事 地蔵」

2週間ほど娘家族と孫に会いにドイツに。帰国して最初の食事は「とんかつ」。自宅に帰る前にスーツケースを持って、立ち寄りました。美味しいと評判の店。テレビでも何度か紹介されています。この日もしばらく待たされて店内に。とにかく、美味しいものを食べてくださいとスタッフからの熱意が伝わる接客が素晴らしい。有名店には「たべさせてやる」的な接客で嫌な感じの店もありますが、この店は皆無。美味しいものを気持ちよく食べられます。肉汁が溢れる柔らかい豚肉がカリッとした衣をまとってでてきます。日本に帰ってきたことを実感。「ごちそうさま」。

IMG_1712_convert_20180502210149.jpg
すでに店の前に並べられた椅子には待つ人達が。並んで食べる価値ある店です。

IMG_1710_convert_20180502210206.jpg
ロースかつ定食 1380円。キャベツはお代わり自由。ご飯は白米と五穀米からチョイス

IMG_1711_convert_20180502210221.jpg
愉快な仲間はヒレカツ(3枚)定食。ヒレカツ1枚が大きく、やわらかく、ジューシー。

帰国して、この店で、日本のおもてなしを実感。日本のこの文化は良いなあ。

◎地蔵
☎ 03-3923-7939
東京都練馬区東大泉1-30-9 TKビル 1F
交通手段 西武池袋線大泉学園駅(北口)の一階出口から徒歩2分
営業時間 [月~土] 11:30~23:30
[日・連休最終日]   11:30~21:30

IMG_1709_convert_20180502210133.jpg

IMG_1708_convert_20180502210115.jpg

2018.5.2「春の暖かさに誘われて花見 出川周辺」

「春の暖かさに誘われて花見 出川周辺」

2週間ほどドイツを民泊利用しながらの旅から帰ると翌日には飯山の古民家に。遅れている稲作の準備や畑の土づくりを進めます。疲れ果てますが、疲労回復のためにこの時期の楽しみはぶらりと古民家周辺の花を見ながらめぐること。初春の福寿草、アズマイチゲ、水仙からカタクリ、延齢草、二輪草、チューリップ、山吹、八重桜が満開です。ドイツに行っていたため、飯山のソメイヨシノを見れませんでしたが。古民家周辺には花が溢れています。

DSC_0590_convert_20180503214142.jpg
昨年、山腹崩壊で土石流に襲われた「出川」沿いはカタクリや延齢草の群生地です。家から5分ほどのところです。

DSC_0569_convert_20180503211004.jpg
入口から100メートルもいかないところでカタクリを発見

DSC_0571_convert_20180503211026.jpg
道の真ん中にもたくさんあります。すでに、最盛期は過ぎて花が終わっているものが多いです。

DSC_0570_convert_20180503210944.jpg

DSC_0593_convert_20180503214225.jpg

DSC_0594_convert_20180503214245.jpg
入口あたりには二輪草が群生していました。

DSC_0583_convert_20180503212548.jpg

DSC_0584_convert_20180503212527.jpg
延齢草も群生しています。花はこれからかな。

DSC_0585_convert_20180503212616.jpg
こごみを発見と思いましたが・・・・。今年は海外に行っていたのと暖かく季節が早く進み、こごみはすでに収穫時期を過ぎてしまいました。

DSC_0589_convert_20180503212658.jpg

DSC_0588_convert_20180503212640.jpg
オダマキのような花ですが。名前がわかりません。

DSC_0573_convert_20180503211115.jpg

DSC_0579_convert_20180503212413.jpg

DSC_0580_convert_20180503212441.jpg
土石流発生時には農業用水の取入口も土砂で埋まりましたが、今は土砂も取り除かれて、元の状態に戻りました。それでも真ん中の写真にあるように流木が残っています。

DSC_0575_convert_20180503211152.jpg
取入口付近でまだ咲いているアズマイチゲを見つけました。

DSC_0592_convert_20180503214202.jpg
タチツボスミレ

ブラっと出ただけでこんな場所がたくさんあるところに住む幸せを感じる瞬間です。

〇出川周辺の山腹崩壊の修復工事

修復工事が行われています。下流では大きな石がごろごろと当時の激しさを物語ります。主に護岸工事が行われていました。

DSC_0574_convert_20180503211135.jpg

DSC_0581_convert_20180503212505.jpg


2018.5.1「はるちゃん的 野菜作り アスパラガス 3年目 収穫」

「はるちゃん的 野菜作り アスパラガス 3年目 収穫」

北信濃から新潟の津南にかけては冷涼な気候を利用してアスパラガス栽培が盛んです。5月の収穫時期ともなると国道沿いに直売所がたくさん並びます。私も近所のみなさんから立派なアスパラガスを食べきれないほどいただきます。

一昨年から栽培している我が家のアスパラガスも無事に越冬して、種から育成した3年目の苗は茎をグングン伸ばしだしました。細いものはほっておいたら葉を広げだしました。あわてて、5月の声を聴いて、すぐに、収穫しました。アスパラガスは手間暇がかかり、肥料も大量に必要な贅沢野菜といわれますが、ろくな世話しなかったのですが立派に収穫できました。細いですが。
早速、その夜の食卓に炒めてのりました。

○5月1日
DSC_0541_convert_20180502022338.jpg

DSC_0542_convert_20180502022522.jpg
ひょろひょろ伸びてますが、中にはしっかりしたのもあります。

DSC_0562_convert_20180502022950.jpg
収穫しました。さっそく炒めて食べます。間違いなくアスパラガス。見かけはどうあれ、無農薬、自然肥料で育てました。

◎アスパラガスの栽培(horti 〜ホルティ〜 ホームページ参照)
①畑 土作り
中性~弱アルカリ性の土を好むので、植え付ける2週間前に苦土石灰、1週間前に完熟堆肥を2~3割ほど、耕した土に混ぜて寝かせる。
②水やり
蒸れに弱いので、植え付け場所にかかわらず、土が乾いたらたっぷりと水やりをする。活動が鈍る冬は、水やりを控えめにする。
③肥料
アスパラガスは肥料を好む植物。植え付けるとき、鶏糞や堆肥などの有機肥料をたっぷりと施します。そして、植え付けた年の1~2月、3年目以降の収穫後にも同様の肥料を土に混ぜていきます。
④アスパラガスの支柱の時期と方法
生長すると、1mほどの高さまで茎を伸ばします。茎葉は細く倒れやすいことから、草丈がある程度まで伸びたら、支柱を立てて株を支える。草丈が伸びてしまってからでは作業がしにくいので、毎年6月頃が目安。
⑤アスパラガスの手入れの時期と方法
・1年目
春に植えた株は、秋になると地上部が徐々に枯れてきます。茎が黄色くなってきたら、株元から5~10cmほどのところでバッサリと刈り取る
・2年目
3~4月に、根をたくさんつけるよう肥沃な土に植え替えます。株を掘り起こし植え付け時と同じように耕した土に、株同士の間隔が30~40cm空くよう植えていきます。このとき、地上部が隠れるように株を土で覆います。
そして、秋になりったら、1年目同様に茎を刈り取ってください。そして、株元から離れた場所に穴を掘り、堆肥や油かすを追加で施します。霜が降りる地域では、地下の部分が凍らないようにワラなどで株を覆い防寒します。
⑥アスパラガスの収穫時期と方法
植え付けてから3年目の春から収穫できるようになります。芽の長さが15~20cmほどになったら、収穫の適期です。株元をナイフで刈り取っていきましょう。大きく育ちすぎると、スジが固くなってしまうので注意。また、たくさん収穫してしまうと株が弱ってしまうので、6月上旬くらいで収穫は一旦やめて、後は株を育てるようにすると翌年以降もたくさん収穫できます。
⑦害虫、病気
・蒸れや冬の寒さが原因でかかる病気です。かかると回復しないことから、感染した株は引き抜いて処分します。一度発生すると他の株にも伝染するので、できるだけ早く発見し、対処することが大切です。


プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR