FC2ブログ

2018.7.1「浜松といえばウナギ、駅近の名店 丸浜」 

「浜松といえばウナギ、駅近の名店 丸浜」

姪の結婚式で久々に浜松に来た日。披露宴後、帰りの新幹線まで3時間ほどあるので浜松名物の「餃子」と「もつ焼き」を肴に一杯飲んだあと、浜松といえば浜名湖のウナギ。最近、浜松でも本当に浜名湖産か怪しい店もあると聞きますが、間違いなく浜名湖産のウナギが食べれる店に行きます。浜名湖養魚漁業協同組合の直営店「丸浜」。暖簾をくぐって入ると満員御礼状態。それでも何とかカウンターに案内されました。披露宴、居酒屋と梯子したので、ここは蒲焼が半身のうな重を注文。2800円。とても、コスパが良いです。おすすめです。

IMG_3254_convert_20180703024109.jpg

IMG_3255_convert_20180703024126.jpg

IMG_3256_convert_20180703024146.jpg
暖簾をくぐるとお土産品のウナギが並ぶショーケース。浜名湖産ウナギが豊富に入荷する浜名湖養魚漁業協同組合の直営店ならでは。

IMG_3257_convert_20180703024206.jpg
店内はカウンターとテーブル席

IMG_3259_convert_20180703024255.jpg

IMG_3260_convert_20180703024232.jpg
昼から3軒目のはしご。お腹も膨らんでいるのでうな重の「竹」を注文

IMG_3262_convert_20180703024333.jpg

IMG_3261_convert_20180703024315.jpg
うな重が来ました。半身と思っていたら、1.5入ってました。肝吸いと香の物も。浜松のウナギらしい脂ののったほくほくのうなぎです。たれも程よい甘味で山椒との相性も抜群。コスパ良し。

うなぎもいただき、すっかりお腹も膨れて、東京行きの新幹線「ひかり」に乗車。当然、爆睡。

◎丸浜 (まるはま)
☎ 053-454-2032
予約不可
静岡県浜松市中区砂山町322-4 ビックカメラ館内
交通手段 浜松駅から144m
営業時間 11:00~20:30(L.O.20:00) ランチ終了後準備中の場合あり
日曜営業
定休日 不定休

2018.6.29「会社時代の仲間と常会 神田 野らぼう」

「会社時代の仲間と常会 神田 野らぼう」

会社時代の労働組合の愉快な仲間と常会。もう、何年も続く楽しい会。ほとんどの人が第二の人生に足を踏み入れ、小説家を目指す人、大学に再入学し、さらに大学院に進学した人、親の介護で広島と東京を往復する人、再就職してホテルマンになり、支配人と間違われる人などいろいろです。もちろん、現役もいます。私は移住して、観光と農業中心に地域活性化に取り組みます。
今回は仲間の従兄弟が経営する「神田 野らぼう」で開催。大手町あたりを中心に数店を展開。佐川急便の運転手から一念発起して讃岐うどん中心に繁盛店に。会社員時代はよく行きました。料理も美味しく、なにより、四国 香川の酒「金陵」が飲めます。また、コスパもよい店です。神田北口店は駅前なので「ちょい飲み」におすすめです。

IMG_3135_convert_20180713043553.jpg
野ら房の一号店。いや、本店かな。ここから店を始めたそうです。

IMG_3136_LI_convert_20180713043619.jpg
今回も愉快な仲間が集まり、近況報告などなどで大賑わい。

IMG_3132_LI_convert_20180713043514.jpg
私が言い出しっぺで始めましたが、長野在住では幹事もできず、そのあとを継いでくれた同期。もちろん、現役で頑張ります。

IMG_3129_convert_20180713043326.jpg

IMG_3130_convert_20180713043422.jpg
飲み放題の4000円コースでしたがコスパは良いです。

本日も楽しい会が続きました。健康を誓い、次の忘年会での再会を約して解散。もちろん、二次会に神田駅前に。

◎野らぼー 内神田店
☎050-5890-6178
東京都千代田区内神田2-2-1 鎌倉河岸ビル B1F
交通手段 地下鉄丸の内線大手町駅A1出口 徒歩2分
       JR神田駅西口 徒歩4分
営業時間 月~金 11:15~14:00、17:00~22:30
定休日   土・日・祝日・年末年始(12/30-1/3)・お盆

IMG_3125_convert_20180713043257.jpg
店は鎌倉橋からほど近く雑居ビルの地下です。

 

2018.7.2「はるちゃんの野菜作り 3回目のジャンボにんにく栽培に挑戦 収穫」

「はるちゃんの野菜作り 3回目のジャンボにんにく栽培に挑戦 収穫」

古民家を得てから3回目の冬に向けて、ニンニクを植えます。過去2回は決して誉められる出来ではなかったので、今回は、畑を変えてチャレンジします。また、ニンニクも普通サイズから大きな島根産のジャンボニンニクの玉を購入しました。798円と高額ですが成功したら大収量が期待できます。そもそも、ジャンボニンニクはネギ属に属する植物で、無臭ニンニクとも呼ばれて販売されています。ニンニクとは別の種で、リーキと同じ種の別変種で、背が高くて中実の花柄と広くて平らな葉はリーキによく似ています。ニンニクに似た鱗片からなる大きな鱗茎を作ります。
においはニンニクと全く同じではなく、リーキよりはニンニクに近いかんじとのこと。刺激は少なくマイルドで、スープの具・サラダなどに利用され、生食の場合に口当たりがはるかによいと感じられることもあるようです。


〇2017年9月3日
IMG_3314_convert_20170907101521.jpg

IMG_3310_convert_20170907101341.jpg
さすがジャンボ。玉一つがこんなに大きい。分球の必要はありません。これが一つのりん片。

IMG_3302_convert_20170907100004.jpg

IMG_3303_convert_20170907101128.jpg
壱の畑にマルチシートを敷きます。ここはとにかく大きな石が耕作するとゴロゴロ出てきます。今回も石のおかげでスコップを壊してしまいました。

IMG_3312_convert_20170907101444.jpg
マルチに穴をあけます。

IMG_3316_convert_20170907101538.jpg
5-7センチの穴をあけて、肥料を施して、よく土をかき混ぜます。

IMG_3311_convert_20170907101402.jpg
肥料はニンニク専用のこれを使用。

IMG_3317_convert_20170907101722.jpg
とがったほうを上にして、玉を穴に入れて、土をかぶせます。

IMG_3313_convert_20170907101503.jpg
すべてに播き終わりました。来春が楽しみです。

立派に育てよ。

〇2017年9月24日
IMG_3983_convert_20170924215523.jpg
3週間で芽が出てきました。

〇2017年10月26日
IMG_4841_convert_20180703013856.jpg
種芋植えてから2か月弱。茎が伸び始めました。

〇2017年11月14日
IMG_5274_convert_20180703014719.jpg
秋も深まり、寒い日々になりました。成長も一段落かな。

〇2017年12月11日
IMG_5994_convert_20180703015303.jpg
雪が降り始め、葉も黄色くなり、うなだれます。いよいよ、豪雪の冬。雪の下での我慢の日々が始まります。

〇2017年12月12日
大雪が降りました。このまま雪の下になりました。
IMG_6042_convert_20180703015637.jpg

〇2018年5月21日
IMG_2209_convert_20180703020731.jpg
豪雪の冬を乗り越え、暖かくなると茎がぐんぐん伸び始めました。塔立ちを始めます。


〇2018年5月26日
茎の中心から花茎をが伸びます。花芽のついた花茎が伸びてきたのではさみで切って摘みます。

IMG_2360_convert_20180703021543.jpg

IMG_2306_convert_20180703021108.jpg

IMG_2390_convert_20180703021948.jpg

〇2018年6月18日
IMG_2897_convert_20180703022247.jpg
葉先が黄色くなり始めました。

〇2018年7月2日
IMG_3296_convert_20180703022709.jpg

IMG_3297_convert_20180703022735.jpg
葉の5割近くが黄色くなったので収穫します。-土が固いのニンニクを傷つけないように周りにスコップを入れたうえで引き抜きます。

IMG_3302_convert_20180703163926.jpg
大きなニンニク玉が取れました。むかごのように、大きなった球根の外側に付く小さなモノは種球根といって、これを植えればまた一回り、二回り大きくなります。2~3年続けると、それなりの大きさの「ニンニク」に成ります。


IMG_3325_convert_20180703171930.jpg

IMG_3326_convert_20180703171958.jpg
種球根もこんなに取れました。今年植え付ける時に堅い茶色い外皮を剥がして植えると来年の収穫でゴルフボールよりやや小さい位になります。それをまた種にして 3年目にはまたジャンボニンニクが収穫出来ます。

IMG_3308_convert_20180703164004.jpg

IMG_3309_convert_20180703171644.jpg
収穫したら、まず、根を切ります。

IMG_3322_convert_20180703171750.jpg
こんなに取れました。

IMG_3323_convert_20180703171907.jpg
早速、つるして干します。

何とか、大きなしゃんぽニンニクを収穫できました。来年は種球根も植えてみたいと思います。

◎ジャンボニンニク栽培(ニンニク栽培COM)

⑴畑の準備 
1.植え付け場所を耕す
植え付ける場所を、深さ20cm~30cmほど掘り返して、よく耕します。
大きな石や他の植物の根やごみなどを見つけたら、取り除いておきましょう。

2.必要なものを混ぜる
土をよく耕せたら、次は必要なものを混ぜていきます。
1㎡あたり完熟堆肥を5握り~6握り、緩効性化成肥料を大さじ7杯~8杯、
苦土石灰を100gほど加えてよく混ぜます。
堆肥と化成肥料は、長い栽培期間中にじわじわと効くための元肥です。
苦土石灰は酸性に傾いた土を調整する役割があります。

ジャンボニンニクは酸性土では育ちにくくなるため、
苦土石灰は必ず入れるようにします。

3.畝を作る
水はけがよくなるよう、畝は高さが15cmのものを作ります。
畝の長さは、ジャンボニンニクを植え付ける数で変わります。

株間を20cm~25cmとって、必要な畝の長さを計算しておきましょう。
幅はジャンボのまま雪に埋もれます。ニンニクを何条植え付けるかによって変わります。

ジャンボニンニクは、普通のニンニクよりも葉の広がりが大きくなるため、
十分な条間が必要となります。
条間が30cm~40cmとして計算し、必要な幅で畝を作ります。

4.マルチを敷く
畝を作ったら、上から黒マルチを敷いておきましょう。
黒マルチを敷くことにより、地温を確保して生育が促進され、
雑草が生えるのも予防してくれます。

⑵植え付け
ジャンボニンニクの植え付けは、9月~10月が適期です。
適期よりも植え付けが早いと、気温が高すぎてしまい、
土の中で鱗片が傷んだり腐ってしまいます。
反対に植え付けが遅いと、休眠するまでに伸びる葉の数が少なくなり、
株が充実しにくく大玉に育ちにくいです。

種球をばらして大きさを揃えておきます

植え付ける前に、鱗片を1つずつはずしてばらばらにしておき、
表面の薄皮は剥かずに、そのままにしておきます。

マルチをした畝に、株間20cm~25cmで鱗片を植え付けていきます。
鱗片はとがっている方から芽が出るので、そちらを上にします。

深さ5cm~7cmほどになるように植え付けます。
植え付けた後は、水をたっぷり与えておきます。

⑶水やり
土を湿らせ過ぎるのも良くないですが、
逆に、乾燥しすぎると、中の鱗片が乾いて芽が出なくなったり、
生育が悪くなったりするので水やりは大切な作業です。
植え付け後は、暑い日もあるので、発芽まではあまり乾燥させず、
土が乾いていると感じたら水を与えるようにします。

芽が出て葉数が増える頃には、気温も下がり土も乾きにくいですが、
雨が降らずに土が乾燥していたら、たっぷりと水を与えておきます。

⑷追肥
地植えの場合、元肥をしっかりと入れ、
日当たりの良い場所で育てていれば、追肥の必要はありません。
ただし、冬季以外に、葉の色が薄くなったり、葉の枚数が少ない時は、
肥料切れのことが多いので、液体肥料を与えてみます。

液体肥料は、決められた通りの濃さに薄めてから、
水の代わりに与えるようにします。一度与えたら、2週間ほど様子をみます。

まだ調子が戻らないようであれば、また液体肥料を与えて様子をみます。
葉の色が悪くなったり、生育が鈍るのは、
肥料切れの他に日照不足や根の損傷の場合があります。
その場合は、いくら肥料を与えても状況が改善しません。

⑸脇芽かき
鱗片を植え付けた後、しばらくすると芽が伸びてきます。
この芽が、本来は1本伸びるはずが、複数の芽が出ることがあります。

これは脇芽が伸びてきている状態なので、芽かきをします。
芽かきは、細い方の芽を取り除くだけですが、
この時、必ず地中の部分からきちんと取り除くようにします。 

地上部だけを取り除くと、地中に残った部分からまた脇芽が出てしまいます。
脇芽をそのままにしておくと、養分が分散して球の肥りが悪くなります。
もったいない感じがしますが、必ず取り除くようにしましょう。

⑹花蕾摘み
5月頃になると、ジャンボニンニクもトウ立ちを始めます。
茎の中心から花茎を伸ばし、その先にネギ坊主のような花を咲かせます。

花を咲かせてしまうと、そちらに養分をとられてしまい、
地中の球根に栄養が届かず大きくなりません。

花芽のついた花茎が伸びてきたら、手で折って摘んでおきましょう。
摘む時はハサミを使わず、できるだけ手でポキンと折るようにします。
折った花蕾は炒め物などにすると美味です。

⑺収穫
6月に入ると、ジャンボニンニクの葉が枯れてきます。
葉先から黄色く枯れてくるので、
全体の三分の二くらいが枯れてきたら収穫できます。

スコップなどは使わず、株元を持って引き抜くようにします。
思うように抜けない場合は、ジャンボニンニクを傷つけないように、
少し遠くからスコップを入れて掘り上げるようにします。

収穫は必ず晴れの日に行います。
土が湿気た状態のままだと、中の球根も湿っています。

その状態で収穫すると、
湿気を帯びたままになり、傷みやすくなります。

収穫後に天日に干す必要もあるため、
できれば一日中晴れている日が最適です。

⑻保存方法
乾燥させず、そのまま調理して食べることもできますが、
乾燥させた方が長期保存が可能になります。

収穫したジャンボニンニクは、
根を切って半日~数日の間、天日に干しておきます。

乾燥させたものは、不要な茎を切り、ネットなどの風通しの良いものに入れます。
あるいは、茎葉の部分を三つ編み状にして、物干しなどにかけておきます。

⑼病害虫
まれに病気にかかったり、害虫がつくことがありますが、
とても丈夫で育てやすい香味野菜です。
・さび病
葉の表面に、さびが浮いたような病斑が出る病気です。
土の水はけが悪かったり、湿気が多い時に発生が増えます。
・アブラムシ
葉にくっついて吸汁します。
数が少ないうちに粘着テープにくっつけるなどして捕殺します。
繁殖力が強いため、数が増えると厄介です。

■ジャンボニンニク栽培のコツ
1.品質の良い種球を選び抜きます
2.元肥を入れて土作りをしっかりとします
3.乾燥させすぎないように注意します
<参考 JA長野の栽培解説>

IMG_3304_convert_20170907101150.jpg

IMG_3305_convert_20170907101209.jpg

IMG_3306_convert_20170907101226.jpg

IMG_3307_convert_20170907101249.jpg

IMG_3308_convert_20170907101307.jpg

IMG_3309_convert_20170907101326.jpg


2018.7.1「浜松餃子の名店 濱松たんとで一杯」

「浜松餃子の名店 濱松たんとで一杯」

姪の結婚式で久々に浜松に来た日。披露宴後、帰りの新幹線まで3時間ほどあるので浜松名物の「餃子」と「もつ焼き」を肴に一杯飲みます。浜松に何軒か居酒屋を展開し、餃子の評判が良い居酒屋「たんと」の浜松駅前店の暖簾をくぐります。
浜松といえば宇都宮と餃子消費量日本一を競う町。一度、食べてみたいと思ってました。
駅前なので飲みすぎても新幹線に乗り遅れることもないでしょう。

IMG_3235_convert_20180703023626.jpg
宇都宮と餃子消費量を争う浜松の名店のひとつ「濱松たんと」の駅前店に。


IMG_3240_convert_20180703023807.jpg
カウンターとテーブル席がぎっしり入った店。カウンターに座ります。私の隣は女性の一人客2組。

IMG_3237_convert_20180703023659.jpg

IMG_3238_convert_20180703023720.jpg
メニューはこの二つとおつまみ程度。この二つを注文すれば十分です。

IMG_3239_convert_20180703023747.jpg

IMG_3245_convert_20180703023851.jpg
餃子なのでホッピーを注文。日本酒は徳川家康の城下町だけに地酒「出世城」。

IMG_3244_convert_20180703023834.jpg
まずはホッピーが来ました。500円。中をおかわりしたら250円。付け出しは豆腐に青のり汁をかけたもの。

IMG_3248_convert_20180703023940.jpg
浜松餃子の特徴は、肉の比率が多めであること、使われている野菜はキャベツと玉ねぎが中心であること、そして付け合わせにもやしが付いていることだそうです。玉ねぎを使っているのは珍しい。しかし、ほとんどわかりません。肉が多めなのでジューシー。もやしはさっぱりと食べるため。たくさん注文すると、盛り方が円形に並べて焼いた餃子の真ん中に、もやしがドンと盛られるとのことです。

IMG_3250_convert_20180703024001.jpg
つけ汁セット

IMG_3247_convert_20180703023918.jpg
もう一つの名物「ホルモン焼き」。浜松にはホルモン焼きの店も多い。濃厚な味噌だれで焼いたもの。甘辛で絶妙な美味しさとともにホルモンが柔らかい。お酒の肴にピッタリ。

もう少し、飲みたかったが、浜松の名物といえばもうひとつ。「うなぎ」。新幹線が車で店を変えて「うなぎ」屋に。

◎濱松たんと 浜松駅南口店
☎ .053-458-0777
浜松市中区砂山町325-4 ザ・ゲンズ・ホテル1階 TEL.053-458-0777
交通手段 浜松駅から徒歩3分
営業時間 15:00~翌1:00
定休日 無休

2018.4.12「浅草周辺のぶらり散歩 スカイツリー・待乳山聖天・山谷堀」

「浅草周辺のぶらり散歩 スカイツリー・・待乳山聖天・山谷堀」

移住先の愉快な仲間と浅草に泊まった翌朝。早朝、ぶらり散歩に出ました。日中の喧騒はどこに行ったのかと思うほど静かな朝です。昔から江戸の中でも庶民の生活が息づいた町だけあって、いろいろな発見がありました。観光名所とは違う浅草を見ることができました。


IMG_0343_convert_20180710035051.jpg
宿泊したホテルから1キロ弱の隅田川に。隅田川両岸は「隅田川テラス」という散策路が整備されています。ぶらぶらスカイツリーを見ながら歩きます。

IMG_0337_convert_20180710034853.jpg

IMG_0339_convert_20180710035017.jpg

IMG_0349_convert_20180710035415.jpg
隅田川テラスを歩くとスカイツリーも見る場所により、変化を楽しめることがわかります。下の写真の橋は桜橋。

IMG_0350_convert_20180710035444.jpg

IMG_0345_convert_20180710035206.jpg

桜橋から少し先で隅田川テラスから離れて、ホテルの方に戻ります。その途中、「待乳山聖天」に立ち寄りました。

IMG_0369_convert_20180710035940.jpg

IMG_0363_convert_20180710035901.jpg

裏から入ると天狗坂といわれる急坂。階段を上ると小高い丘の上にある本殿に着きました。

IMG_0355_convert_20180710035554.jpg

IMG_0358_convert_20180710035642.jpg

IMG_0359_convert_20180710035715.jpg
歌川広重作の浮世絵にも描かれた江戸の名所。天狗坂も描かれています。

IMG_0361_convert_20180710035833.jpg
なんと、ゴンドラのエスカレーターまで設置されています。

IMG_0370_convert_20180710040031.jpg

IMG_0371_convert_20180710040113.jpg
「待乳山聖天」の横には池波正太郎の生家跡の石碑がありました。1923年(大正12年)1月25日、東京市浅草区聖天町(現在の東京都台東区浅草7丁目)に生れたようです。父・富治郎は日本橋の錦糸問屋に勤める通い番頭、母・鈴は浅草の錺職・今井教三の長女で、正太郎は長男でした。

「待乳山聖天」からほど近いところに遊歩道。ここは「山谷堀」といわれる堀を埋め立てて、公園とした場所でした。ウィディペギアによると 『江戸時代には、新吉原遊郭への水上路として、隅田川から遊郭入口の大門近くまで猪牙舟が遊客を乗せて行き来し、吉原通いを「山谷通い」とも言った。船での吉原行きは陸路よりも優雅で粋とされた。界隈には船宿や料理屋などが建ち並び、「堀」と言えば、山谷堀を指すくらいに有名な場所だった』。

IMG_0374_convert_20180710040151.jpg

IMG_0375_convert_20180710040218.jpg

IMG_0376_convert_20180710040432.jpg

IMG_0380_convert_20180710040501.jpg
公園入口に干支を配した噴水がありました。水は出ていませんでしたが。散歩でかいた汗が日陰の公園の中で引いていきます。

IMG_0382_convert_20180710040543.jpg
今回、ぶらり歩いたあたりの地図。ぶらりぶらりと1時間ほど歩きました。下町の横丁に入ると江戸の歴史を感じられる場所がそこここに残っています。おすすめです。

◎隅田川テラス(ウィディペギア)
隅田川両岸に沿って整備された親水テラスの総称。治水上の高水敷にあたる部分をテラス化したもので、舗装や緑化が施されることによって平時には憩いの場、散策路など、公園としての役割が与えられていjr

IMG_0344_convert_20180710035116.jpg

◎待乳山聖天(ウィディペギア)
聖観音宗の寺院で、浅草寺の子院のひとつである。山号は待乳山。本尊は歓喜天(聖天)・十一面観音で、正式な寺院名は本龍院。この寺には浅草名所七福神のうち毘沙門天が祀られている。隅田川べりの小高い丘(待乳山)にり、この丘は595年(推古天皇3年)9月に出現して龍が守護したと伝えられ、浅草寺の山号(金龍山)の由来となったと伝えられる。待乳山は、かつては周囲が見渡せる山であり、江戸時代には文人墨客がこの地を訪れている。例年1月に行われる「大根まつり」でも知られる。

東京都台東区浅草7-4-1

IMG_0346_convert_20180710035245.jpg


2018.7.4「遅い味噌の仕込み。初めての自家大豆使用」

「遅い味噌の仕込み。初めての自家大豆使用。」

味噌作りも3年目に突入。今年は2年前の初回に使った新潟県の百川みその大豆に加えて、昨年、採った自家製大豆を初めて使用します。味噌づくりには遅い7月初旬に仕込みました。米麹は新潟産こしひかり。

DSC_0446_convert_20160402100922.jpg

IMG_3303_convert_20180705042300.jpg
左側が自家製大豆(2017年産)

〇材料 
大豆 1.4キロ うち、自家製0.4キロ
塩   658グラム
米麹 1.1キロ(1.4キロが理想 大豆の量から)

①仕込む前日に大豆を洗って、一晩水に浸します。
大豆の表面のごみを落とします。洗い終わったら鍋に大豆を入れて大豆の2-3倍の水を入れ、一晩(10時間以上)浸す。大豆は倍の、大きさになりました。

IMG_3304_convert_20180705042322.jpg
良く洗います。

IMG_3305_convert_20180705042350.jpg
大豆に分量の水を入れて一晩つける。今回は鍋にひたひたになる水を投入。

IMG_3337_convert_20180705042415.jpg
一晩おくと大豆は倍の大きさに。

②水を入れ替えて、大豆を煮ます。最初は強火で(吹きこぼし注意。吹きこぼしました)、沸騰したら弱火で5時間。指でつぶせるようになったら火から降ろします。

IMG_3350_convert_20180705043526.jpg
なお、この間に冷凍している米麹を解凍しておきます。

③大豆を冷ます。大豆1キロに煮汁を100ccとる。今回は4キロなので400CCとる。(今回は水で代用)

IMG_3342_convert_20180705043301.jpg
湯切りしてざるに大豆入れて冷ます。ひと肌になるまで冷ます。(30℃)

④大豆をつぶす。
ペースト状につぶします。ミンサーでやります。フードプロセッサーでも構いません。

IMG_3345_convert_20180705043325.jpg

IMG_3347_convert_20180705043405.jpg
おー。引き大豆がでてきました。感動の一瞬。

2IMG_3349_convert_20180705043430.jpg
30分ほどですべてひき切りました。

⑤米麹と塩を混ぜる。
米麹と塩を混ぜ合わせておきます。塩がまんべんなく大豆の間に入り込んだかを麹を見ればわかるからです。

IMG_3351_convert_20180705043547.jpg

IMG_3358_convert_20180705043609.jpg

IMG_3360_convert_20180705043645.jpg

⑥大豆のペーストを米麹と塩を混ぜたものに加えていきますこの時に混ぜやすいように大豆の煮汁を加えていきます。
 途中で種味噌も混ぜます。ポイントは塩がまんべんなく混ざるか。米麹がまんべんなく混ざれば塩がまんべんなくまざっているということ。

IMG_3361_convert_20180705043708.jpg
テーブルにビーニーㇽシートを敷いて、材料をそろえれば準備完了。

IMG_3370_convert_20180705043728.jpg

IMG_3372_convert_20180705043753.jpg

IMG_3373_convert_20180705043819.jpg
大豆ペーストを徐々に塩麹と混ぜ合わせて練ります。時々、煮汁または水を混ぜ合わせます。

DSC_0487_convert_20160403154243.jpg
種味噌も混ぜ合わせます。

IMG_3374_convert_20180705043839.jpg
まんべんなく塩が混ざるまで根気よく混ぜます。力が要ります。なんとか混ぜ合わせ終了。

DSC_0494_convert_20160403154359.jpg

DSC_0495_convert_20160403154423.jpg
⑦桶を用意して、みそ種を入れます。

IMG_3375_convert_20180705043859.jpg
空気が入らないように一握りずつ押し込みます。

IMG_3376_convert_20180705043920.jpg

IMG_3378_convert_20180705043937.jpg

IMG_3379_convert_20180705043956.jpg
つめ終わったら塩を軽くまき、ラップをかけて終了。ラップは空気が入らないようにするため。

⑧重石をのせる。
重石の重さは味噌の重さの10%程度。重石を乗せることで味噌の空気を抜き、味噌の品質を均一化する効果があります。発行が進むと二酸化炭素が出てくるのでそれを外に逃がすためです。
IMG_3380_convert_20180705044013.jpg

毎年、準備から実行まで細かい注意が必要なため、疲れます。今後、数か月から1年間、常温で熟成。

この後9月半ば頃にかき混ぜます。均質なやわらかさにするためです。

◎みそ発酵の科学(宮島醤油ホームページ)
味噌づくりにおいては、まず米(あるいは大麦)に水を吸わせて蒸し、デンプンを糊化したうえで、これにコウジ菌を接種して米コウジ(あるいは麦コウジ)をつくります。いっぽうで大豆を加圧釜で蒸しておき、蒸した大豆と米コウジとを混ぜて発酵させたものが米味噌、蒸した大豆と麦コウジとを混ぜて発酵させたものが麦味噌です。また、米コウジと麦コウジを混ぜたものを「合わせコウジ」と呼び、それと蒸した大豆とを混ぜて発酵させたものが合わせ味噌です。
いっぱんに穀物から発酵食品をつくるには、高分子(大きな分子)であるタンパク質やデンプンを分解して、低分子(小さな分子)にする必要があります。これを「消化」と言います。人間の胃や腸で行われる過程といっしょです。味噌づくりにおいては、穀物をカビさせることで、つまり微生物の一種であるカビの力で高分子の分解を行うという手法を採ります。この微生物をコウジカビあるいはコウジ菌(麹菌)と言い、この菌が出すプロテアーゼという酵素の力でタンパク質はオリゴペプチド、更にはアミノ酸という低分子になります。いっぽうアミラーゼという酵素は、デンプンを糖という低分子に変えます。だいたい一週間から数ヶ月かけて、この生化学過程は進行します。

◎味噌作り(百川味噌ホームページ)
①仕込み時期
基本的にいつでも大丈夫。雑菌の付きやすい夏場は避けて、冬から初夏までに仕込むと良い。11月から7月初旬ぐらいの間に仕込むと良いでしょう。仕込んだ後、夏場の暖かい温度を経験させることで、味噌の発酵が進んできます。
②食べ時
夏を過ぎて、秋ごろ(10月ごろ)から食べごろです。夏場にあまり温度が上がらなかったりすると、発酵の進みも遅く、色も淡い状態です。逆に暑い夏の場合は、発酵が進み、色も濃くなります。仕込む時期に関係なく、夏を過ぎたころが食べ時になります。肝心なのは夏を越すということです。暖かい温度を経験することで、発酵が進み、美味しい味噌になります。ただし、確かに仕込む時期のよっても味噌の温度経過が異なってきますので、味にも若干の違いが出てきます。
寝かせる期間でいろいろな味噌が楽しめます
おすすめは1年ぐらい寝かせた状態です。塩かども取れ、くせも少なくバランスの良い時期です。




2018.4.22「ドイツ ミュンヘン市内観光① ドイツ狩猟漁猟博物館」

「ドイツ ミュンヘン市内観光① ドイツ狩猟漁猟博物館」

ミュンヘン観光のスタートはミュンヘン中央駅から「カールス門」を経て、ミュンヘンの中心「マリエン広場」に至るノイハウザー通りを歩きます。。ちょうどカールス門からマリエン広場までの中間地点辺りに、横座りするイノシシと、大口を開けた魚の銅像がありました。「ドイツ狩猟漁業博物館」の入口です。折角なので入ることに。ヨーロッパの狩猟と漁業の道具や歴史を紹介しており、獲物の革で作られた家具などが展示されていました。特に、狩猟の絵画のコレクションは充実していて、当時の習俗もうかがい知れ、興味深いです。狩猟関係ではヨーロッパ最大級の博物館とのことです。
昔からドイツでは狩猟が盛んで、その結果、「熊」は絶滅してしまったそうです。最近の日本の熊騒動も、狩猟人口の減少による個体数の増といわれているのに合点がいきます。

DSC_0424_convert_20180711005354.jpg
カールス門。この門からミュンヘン中心街に。ミュンヘンも城塞都市であったことがわかります。

DSC_0448_convert_20180711005442.jpg

DSC_0450_convert_20180711005515.jpg
歩いているとこの銅像。猪とナマズでしょうか。なかなかの迫力です。

DSC_0452_convert_20180711005540.jpg
この銅像の前に白い瀟洒な洋館が博物館となっています。

DSC_0470_convert_20180711005659.jpg
館内の移動は階段です。

DSC_0456_convert_20180711005834.jpg

DSC_0472_convert_20180711005627.jpg

DSC_0487_convert_20180711010126.jpg

DSC_0460_convert_20180711005802.jpg
獣や魚のはく製が多数展示されています。

DSC_0458_convert_20180711005734.jpg
自然のジオラマの中で、動物の生態がわかるような展示もありました。

DSC_0478_convert_20180711005942.jpg

DSC_0480_convert_20180711010014.jpg

DSC_0463_convert_20180711005911.jpg

DSC_0484_convert_20180711010057.jpg
狩猟と漁業の道具や歴史も詳細に紹介されていました。

この他に狩猟関係の絵画のコレクションが充実し、当時の狩猟や獲物の様子がわかり興味深い展示となっていました。
絵画関係は拙ブログ「ドイツ ミュンヘン市内観光① ドイツ狩猟漁猟博物館 絵画」をご覧ください。

◎ドイツ狩猟漁猟博物館
ミュンヘンは自然に囲まれた農業地帯ですが、狩猟と漁業も昔から盛んです。この博物館では、狩猟と漁業の道具や歴史を紹介しています。

Neuhauser Straße 2, 80331 München
入場料  € 5.0
営業時間 9:30-17:00
木曜日のみ9:30-20:00
休業日 カーニバルの火曜日、12/24、12/31

2018.4.22「ドイツ ミュンヘン市内観光① ドイツ狩猟漁猟博物館 絵画」

「ドイツ ミュンヘン市内観光① ドイツ狩猟漁猟博物館 絵画 」

「ドイツ狩猟漁業博物館」の絵画のコレクションが充実していて、当時の狩猟や獲物の様子がわかり興味深い展示となっていました。何点かをご紹介します。

DSC_0467_convert_20180711012237.jpg

DSC_0468_convert_20180711012318.jpg

DSC_0474_convert_20180711012818.jpg

DSC_0475_convert_20180711012752.jpg

DSC_0476_convert_20180711012911.jpg

DSC_0481_convert_20180711012947.jpg

DSC_0482_convert_20180711013034.jpg

DSC_0489_convert_20180711013130.jpg

DSC_0491_convert_20180711013208.jpg

DSC_0494_convert_20180711013306.jpg

DSC_0495_convert_20180711013416.jpg

DSC_0499_convert_20180711013448.jpg

絵画の中にはドイツでは絶滅した「熊」も描かれていて、かつては生息していたことがわかります。また、ドイツの最大の都市ベルリンはドイツ語で熊を意味するBärと関係があるとされており、ベルリンの紋章にも熊が表現されていることからも生息していたことを推測させます。

◎ドイツ狩猟漁猟博物館
ミュンヘンは自然に囲まれた農業地帯ですが、狩猟と漁業も昔から盛んです。この博物館では、狩猟と漁業の道具や歴史を紹介しており、獲物の革で作られた家具などが展示されています。

Neuhauser Straße 2, 80331 München
入場料  € 5.0
営業時間 9:30-17:00
木曜日のみ9:30-20:00
休業日 カーニバルの火曜日、12/24、12/31

2018.6.11「はるちゃん的野菜づくり じゃがいも4回目」

「はるちゃん的野菜づくり じゃがいも4回目」

春霜もないと思われる5月の最初の日に春ジャガイモを植えました。4月中旬に事前に石灰と鶏糞と自前の草木灰をすきこんでおきました。3年前の「インカの目覚め」で失敗、一昨年の「キタアカリ」でも早すぎた植え付けで霜にあたり、再び失敗。昨年は品種も基本的な「男爵」にして、そこそこの収穫。4年目の今年は、「男爵」中心に「きたあかり」を植え、昨年を越える収量の拡大を目指します。

○4月14日 土づくり、肥料の鋤きこみ
今年はドイツ旅行のために4月中旬から下旬まで畑の作業ができないので、本来なら、石灰の鋤きこみから1週間おいてやる肥料の鋤きこみを同時に行いました。どうなるやら。肥料は牛糞を使おうと思っていましたが、例年同様に自家製の草木灰と鶏糞を播いて、鋤きこみます。どうやら、野菜には即効性のある鶏糞の方が良いようです。

DSC_0749_convert_20170430051422.jpg
使用した鶏糞  15キロ190円と安価。

DSC_0549_convert_20180502024033.jpg
自家製草木灰

○5月1日 種芋づくり
DSC_0548_convert_20180502023905.jpg
今年も昨年に引き続き、定番男爵を使用。追加できたあかりも10個ほど植えました。

DSC_0759_convert_20170430052127.jpg

DSC_0554_convert_20180502024627.jpg
半分に縦に切って、腐らないように「草木灰」を塗りますが、昨年に続いて「ジャガイモシリカ」を使用します。目的は腐敗発症抑止・発芽発根促進・根圏土壌改善・強健旺盛な生育のため。

DSC_0551_convert_20180502024444.jpg
幅100センチの畝立てし、マルチをしいて、30センチの間隔で穴を開けました。

DSC_0556_convert_20180502024817.jpg
種芋を一つずつ植えていきます。10センチぐらい掘り起して、切り口を下にして植えます。今年は昨年の倍以上の50個の種芋を植えました。うち、「きたあかり」が10個。(きたあかりの種芋の植え付けは5月4日。マルチは施工せず)

〇5月14日
男爵の植付けから2週間で発芽が始まりました。最終的に50個のうち48個が発芽しました。

IMG_1862_convert_20180528013806.jpg

きたあかりは5月23日に発芽を確認。10個のうち8個が発芽しました。

IMG_2257_convert_20180528014458.jpg

○5月23日
わき芽かき。そのまま放置しておくと収穫時にイモが小さくなるので、芽は1株2本を残して、他はかき取ります。わき芽を欠いたあと土盛りと追肥をします。

IMG_2248_convert_20180528014053.jpg

IMG_2250_convert_20180528014117.jpg

IMG_2253_convert_20180528014229.jpg
欠いたわき芽も結構な量となりました。これも植えるとジャガイモが収穫できるようです。来年はやってみます。

IMG_2252_convert_20180528014309.jpg
わき芽を欠いているとアマガエルが。

IMG_2254_convert_20180528014359.jpg
土盛りと追肥をします。

IMG_2258_convert_20180528015819.jpg
すべての作業を終了した男爵の畑

〇6月9日
すくすくと育ち、花が咲き始めました。種芋の植付けから1か月ほどです。

IMG_2532_convert_20180613004153.jpg

IMG_2534_convert_20180613004209.jpg

〇6月13日
本培土。さらに土寄せを5-6センチしました。


〇7月17日
地上部が枯れてきたので、まず、「男爵」を収穫

IMG_3457_convert_20180712063958.jpg

IMG_3466_convert_20180712064053.jpg

IMG_3469_convert_20180712064140.jpg

IMG_3468_convert_20180731061650.jpg
大きなサイズの芋が結構獲れました。脇芽かきの2本仕立てが結構大事を痛感します。収量は2本仕立てがした。

IMG_3658_convert_20180731061948.jpg
数日後に「きたかり」の収穫。マルチ仕立てでなく栽培しましたが、立派に育ちました。こんなに大きな芋も採れました。

IMG_3622_convert_20180722015759.jpg

IMG_3625_convert_20180722015914.jpg
「きたあかり」の収穫で茎にトマトのような実がなっています。ジャガイモはナス科のため実ができる種類があります。「きたあかり」は特にできやすいです。

IMG_3660_convert_20180722020102.jpg
「きたあかり」も苗が少なかった割に収穫は多かった。

IMG_3851_convert_20180731062224.jpg
全部でミカン箱で4箱分もとれました。

今年は大量収穫になり、来年の栽培に期待が膨らみました。

◎じゃがいもの育て方(JA京都のホームページ参照)
●ジャガイモ栽培のポイント
(1)連作に注意しましょう。
(2)種イモは、毎年必ず更新しましょう。
(3)芽かき作業を必ず行いましょう。
(4)土寄せ作業を行い、うねを高くしましょう。

連作障害

ジャガイモは連作障害が発生しやすい。連作を行うと土壌のバランスが崩れ、単純に生育が悪くなるだけでなく、病害や寄生虫が発生しやすくなる。ジャガイモに限らず、ナス科の植物は基本的にこの性質を持ち、さらに例えばジャガイモの後にナスを植えた場合にも連作障害を起こす場合がある。

●畑の準備
ジャガイモは2~3回の連作は行えますが、段々とイモが小さくなり、それと同時にソウカ病の発生が増加しますので注意が必要です。 植え付けの1か月前までに深く耕し、1平方メートル当たりたい肥3キロ、苦土石灰100グラムを土と良く混和します。植え付け1週間前に有機化成肥料150グラムを施し、1条植えであれば幅90センチ、2条植えであれば幅110センチのうねを立てます。
●種イモの準備
 種イモは、一片が30~40グラム程度になるように、芽が多く付いている方を上にして縦にイモを切ります。
●植え付け
植え付け間隔は30センチ程度とし、種イモの切り口が乾いてから切り口を下にして植え付けます。
●わき芽かき
植え付けから1か月ぐらいで芽が3~4本出てきます。そのまま放置しておくと収穫時にイモが小さくなってしまいますので、芽は1株2本とします。生育の良い芽を選び、残す芽を残して、他はかき取ります。
●追肥・土寄せ
芽かき作業を行った後、うねの肩に化成肥料を1平方メートル当たり30グラム追肥します。その後、鍬などで株元へ軽く土寄せを行います。ジャガイモは種イモより上に付くので、2回の追肥・土寄せでうねをできるだけ高くします。土寄せが不十分だと、イモが露出して緑色になる原因となります。
半培土:地面に芽がでてから7日~10日ころに5~6?の厚さに土を寄せる。
本培土:半培土後10日目に5~6?の厚さの土を寄せる
●収穫
茎や葉が黄色くなったら収穫可能
植え付けから約3ヶ月(90-100日頃)後が目安。
晴天が2~3日続き土が乾いた日を選んで収穫。
雨の日の収穫は、イモが水分を含んでしまいイモの表面も傷つきやすくなり
腐敗の原因にもなるので避けます。

2018.6.22「群馬産の南高梅を手に入れて。3度目の梅干しづくり」

「群馬産の南高梅を手に入れて。3度目の梅干しづくり」

群馬渋川市内を国道17号で新潟方面に走ると右側に「上州・村の駅」があります。野菜や六次産物の品ぞろえもよいので東京と飯山の行き帰りに時々立ち寄ります。完熟気味の「南高梅」1キロを300円で手に入れました。梅雨の晴れ間が出た日(6月22日)。梅干しを作ることに。今年で3年連続3回目です。

IMG_3033_convert_20180707034836.jpg

〇材料
梅 (完熟梅) 1kg
粗塩 (あら塩) 200g
焼酎 ホワイトリカー(度数35% 少量)消毒用。
漬物容器 容量5リットル程度
漬物用ビニール袋 1枚
落し蓋 1枚
重石 2~4kg程度

IMG_3042_convert_20180707034924.jpg

①使うものの消毒
梅干作りで大敵なのが「カビ」。南高梅もしばらく置いたらカビがでて5個ほど捨てました。
必ず熱湯や焼酎等をかけて消毒が必要
漬物容器は、熱湯消毒のうえ、ホワイトリカーを少し入れて容器を振って全体に行き渡るようにまわしアルコール消毒。
プラスチック容器を使用するので 内側に敷いた漬物用ビニール袋にもホワイトリカーを入れ消毒。

②梅の水洗い
流水で梅を洗います。梅はやわらかいので、手でやさしく丁寧に汚れを落としてください。清潔なふきん等で水気を拭き取り、タオル等の上に並べてしばらく乾燥させます。ザルにあけて水切りをしてもOK。完全に乾かす必要はありません。表面が少し湿っているくらいのほうが塩が付きやすい。
梅はアク抜きのために一晩つけました。
水に浸けると茶色く変色するようです。

③ヘタ取り
奥に残っているヘタを、楊枝を使って梅にキズがつかないよう注意しながら取り除きます。
IMG_3044_convert_20180707035015.jpg

④ 容器に梅と塩を入れる
容器にビニール袋を敷き、底に塩を一掴みふります。次に梅を平らに並べ、その上にまた塩をふり、梅と塩を交互に入れていきます。梅と梅に隙間が無いように塩を入れ、上に行くほど塩の量を増やします。できれば一番上は塩で隠れるようにする。その上に落し蓋を乗せます。
漬けた梅から梅酢を早く上げるために、予め用意しておいた梅酢を少し入れると梅酢の上がりがよくなります。毎年梅干作りをされる方は梅酢を少し残しておくこと。

IMG_3043_convert_20180707034944.jpg

IMG_3045_convert_20180707035329.jpg

IMG_3046_convert_20180707035408.jpg

⑤重石(おもし)を乗せる
落し蓋の上に重石を乗せます。漬物袋を使う場合は重石ごと包み込むように縛ります。(※重石も予め消毒しておきます)3~5日して梅干が隠れるくらいまで梅酢が上がってきたら重石の量を半分以下に減らします。
梅酢を早く上げることが重要です。梅酢の上がりが遅い場合は重石を増やすなど調整をしてください。重石はペットボトルに水を入れたものなどでも代用可能。

IMG_3047_convert_20180707035429.jpg

⑥保管方法
ホコリ等が入らないよう上からビニール袋をかぶせて日陰の涼しい場所で保管します。3~5日すると梅酢が、落し蓋付近まで上がって来ますので、重石の重さを半分以下に減らします。梅は常に梅酢に完全に浸かっている状態にしてください。ときどきカビが発生していないか確認しましょう。

IMG_3049_convert_20180707035446.jpg

7月4日。漬けてから6日目。梅酢がかなり出ています。梅干しらしくなっています。カビはもちろん生えていません。

(注)カビが発生した場合
梅酢の表面に白いカビが発生した場合はすくって捨ててください。梅の表面の一部にカビが発生していた場合は、その梅をすぐに取り除きます。梅や梅酢全体にカビが広がっている場合は取り返しがつかない場合もありますので、道具の消毒や保管場所、容器内を綺麗にしておく事を心掛けましょう。

(注)紫蘇漬けにする場合
紫蘇漬けにする場合は梅酢が上がりましたら、梅の上に乗せてそのまま漬けておきます。土用干しの際は紫蘇も一緒に干してください。

⑦天日干し
漬け始めて一ヶ月程度が経ち、梅雨明け頃に、晴天が4日間続きそうな日を選びます。ザルを用意し、土台の上にザルを乗せ風通しを良くします。

7月19日に梅干しを天日にさらしました。

IMG_3690_convert_20180723015115.jpg
程よく漬かっています。

IMG_3691_convert_20180723015135.jpg
まずは漬けて出た水を回収。梅酢として利用します。

IMG_3692_convert_20180723015152.jpg
まだまだ柔らかい天日干し直前の梅干し

IMG_3694_convert_20180723015217.jpg
ざるに並べて、太陽の光を浴びさせます。

<干し方>

・1日目
ザルに梅を間隔を開けて平らに並べ日光に当て干します。日中一回は梅を裏返しましょう。皮が破れやすいため裏返し作業はやさしく行ってください。夕方になる前に屋内に取り込み、梅酢の入った容器に梅を漬け戻します。
・2日目・3日目
日中は1日目と同様に干し、今度は夕方前に取り込まず、そのまま夜も干したままにして夜露にあてます。万一の雨に備えて夜間は屋内に移動させておきます。
・4日目
自分の好みの乾燥具合になったところで取り込みます。しっとりめが良ければ朝に、乾きめが良ければ夕方に取り込みます。
(注)土用干し中に、天候が雨や曇りになった場合
湿気はカビの原因にもなりますので、外に出さず屋内で保管して晴れた日に続きを再開してください。

7月24日。6日間も家に入れたり出したりして干しました。表面に塩が浮き立ちます。本日で天日干し終了。
IMG_3812_convert_20180724151729.jpg

IMG_3813_convert_20180724152310.jpg

⑧梅干しの保存
その後、ガラスや陶器、プラスチックなどの密閉できる保存容器に入れて冷暗所、または冷蔵庫にて保管します。干し上がり後はすぐに食べることもできますが、3ヶ月~半年ほどで塩分の角がとれて次第にまろやかな味になった頃がおすすめです。

IMG_3849_convert_20180731232745.jpg

◎上州・村の駅(ホームページ)
野菜の王国群馬。名産の下仁田ねぎ、こんにゃくをはじめ、地元の農家さんから毎朝届く新鮮な野菜やお惣菜、地酒にギフト。
群馬の美味しいものを取り揃えました!ここ「上州・村の駅」から全国へお届けします!
上州・村の駅では、信頼できる地元の農家さんと契約し、毎朝新鮮なな野菜を届けていただいています。
素材にこだわり、丁寧にこだわり、群馬が大好きな農家メンバーがここ「上州・村の駅」に集結しました!

群馬県渋川市白井2261番地
☎ 0279-25-8500
渋川伊香保I.C(関越自動車道)から国道17号[新潟方面]走行で約10分(約3.6km)

2018.7.8「大規模農家のズッキーニ栽培の手伝い ①マルチ敷」

「大規模農家のズッキーニ栽培の手伝い ①マルチ敷」

アスパラ栽培の手伝いをしている農家は豪雪の冬を除いて、一年を通して収入があるように野菜栽培をしています。5-7月がアスパラガス、7月-9月がズッキーニ、10月以降冬までが生花。6月中旬にもなるとアスパラガスの収穫と並行してズッキーニ栽培の準備に入ります。早朝7時から10時くらいまで広大なアスパラ畑を収穫のために巡り、その後、80歳の農園主が耕起し、肥料を撒いたズッキーニ畑にマルチシートを敷きます。広大なズッキーニ畑もなべくら高原に点在しています。一畝100メートルくらいの長さのものが100畝近くあります。これにすべてマルチシートを敷きます。今年は梅雨明けからは酷暑が続き、厳しい作業となりました。農業は本当に労働対価の安い労働を実感します。

IMG_3431_convert_20180717234934.jpg
なべくら高原に、この規模のズッキーニ畑が6枚点在します。

IMG_3438_convert_20180717235057.jpg

IMG_3432_convert_20180717234954.jpg

IMG_3439_convert_20180717235124.jpg
マルチシートを敷くトラクター。マルチシートを両側の車輪が抑え、車輪を覆うようについている歯車がシートに土をかけて、シートがめくれないようにします。我々は農園主が操るトラクターの後ろを鍬をもって歩き、うまくシートに土がかからなかったところに土をかけて歩きます。ふかふかの土の畑のため結構な重労働です。1日10000歩8キロほどを歩きます。

IMG_3433_convert_20180717235015.jpg
美しくシートが敷けました。

2018.7.22「はるちゃん的 野菜作り2018 丹波の黒豆 生育」

「はるちゃん的 野菜作り2018 丹波の黒豆  生育」

6月初旬の晴れた日に販売を目指して「壱の畑」で丹波の黒豆を本格栽培。2年間の経験を活かして収量の増大を図ります。もちろん無農薬栽培なので、虫がつきにくい黒豆でも、20% は食われるのを覚悟で苗の本数も決めてスタート。50本の苗を作る予定です。丹波黒大豆といっても、 枝豆の一種。枝豆には「白毛種」と「茶毛種」と呼ばれる2種類があり、 さらに、茶毛種には、「茶豆種」、「黒豆種」、「毛豆種」があるそう。
我々が一般食べている枝豆は、さやに白い毛を持つ白毛種。、さやに褐色の毛を持つのが茶毛種。

丹波の黒豆は甘みがあり、大粒でおいしいといわれるこの種の昨年採取した3代目の種を栽培します。

DSC_0315_convert_20160628104630.jpg

〇6月7日
昨年より1日遅く苗作り。へその部分を下に植え付けました。まずは苗づくり。昨年の保存した種(3代目)を播きます。

IMG_2481_convert_20180607110100.jpg

IMG_2482_convert_20180607110323.jpg
3代目の丹波黒です。遺伝の関係で食味はどうなのかな。

IMG_2493_convert_20180607110345.jpg

IMG_2494_convert_20180607110402.jpg

IMG_2495_convert_20180607110424.jpg
へそを下にして全部で25個をとりあえず準備。すべて発芽してくれるかな。

〇6月12日
種まきから6日で、発芽が始まりました。

IMG_2586_convert_20180613003836.jpg

〇6月14日
IMG_2617_convert_20180619181310.jpg
かなりの発芽率です。鎌首を上げ始めました。

〇6月19日
子葉の双葉が出始めました。
IMG_2951_convert_20180706022356.jpg

〇6月26日
苗が順調に育ち、、本葉第1葉が展開したので子葉節まで土がかかるように畑に深植えをします。

IMG_3072_convert_20180706022640.jpg

IMG_3070_convert_20180706022711.jpg

IMG_3071_convert_20180706022738.jpg
畑にマルチを敷きます。田圃であった土地を借りて、耕した畑です。

IMG_3076_convert_20180706022808.jpg

IMG_3079_convert_20180706022832.jpg
条間90~120cm、株間40~50cmで穴をあけます。

IMG_3080_convert_20180706022856.jpg

IMG_3081_convert_20180706022919.jpg

IMG_3083_convert_20180706022949.jpg
子葉節まで土がかかるように深植えをします。

〇7月11日
IMG_3486_convert_20180713034411.jpg
移植後2週間ほどたちました。すくすくと成長しています。元田圃で水を含んだ畑でもなんとか定植できそうです。

IMG_3488_convert_20180713034435.jpg
この日、定植に自信をつけて、畝をもうひとつ作りました。

〇7月22日
IMG_3736_convert_20180802234525.jpg
種播きから1か月半。順調に生育しています。

立派な丹波の黒豆になってほしいと願います。水はけが消してよくない土地に水はけの悪い土地を嫌う丹波の黒豆が育つか。

◎黒豆の育て方(「JAつやまホームページ参照)
①土づくり・ほ場の準備
地力向上のため、完熟たい肥を1aあたり100~200kg程度使用する。
また、土壌pHを矯正するため、炭酸苦土石灰(粒)を1aあたり10kgを施用する。
特に、連作している場合は、連作障害が出やすいので、深耕や土づくりに心がける。
また、湿害に弱いので、暗きょや明きょの設置、排水溝などを設ける。
②播種・定植
ほ場の条件や栽培面積等により、直播栽培、移植栽培を行う。
・播種時期
6月10日~6月15日ころ
・育苗方法
苗床で行う場合は播種間隔は8×5cmに1粒播種し軽く覆土を行う。
・定植方法
播種後12~14日ころで、本葉第1葉が展開したころに子葉節まで土がかかるように深植えをする
③ 栽植密度
条間90~120cm×株間40~50cm
④施肥
⑤雑草対策
雑草は徹底的に抜く
⑥中耕・土寄せ
中耕・土寄せは、倒伏防止、根の発達促進などがあり増収効果が高い。
1回目
播種25~30日後(本葉3~4葉期ころ)
2回目
1回目の15~20日後(本葉5~6葉期ころ)
⑦.収穫・乾燥
(1) 収穫、乾燥・脱穀
茎葉が黄変し、莢が80~90%褐色になったころに、収穫し、架干し、島立てなどで10~15日程度乾燥する(必要に応じ収穫前に、葉もぎを行う)。
脱穀は、子実の乾燥を確認してから行う。
高水分、過乾燥で脱穀すると品質の低下、収穫ロスが発生する。
(2) 選別・仕上げ乾燥
被害粒、裂皮粒、扁平粒、しわ粒などを除去する。
直射日光のあたらない屋内で、爪が立たない程度まで乾燥させる。
選別機、黒大豆用篩で規格に選別し仕上げる。
⑧病害虫対策
モザイク病
(アブラムシ類)
アブラムシ類により媒介される。

カメムシ類
着莢期~子実肥大期の発生で被害が大きく、落莢、子実の変色、変形、奇形粒の原因となる。
8月下旬、9月上旬を中心に、マメシンクイガもあわせて防除を行う。

2018.7.22「はるちゃん的野菜作り2018 さといも」

「はるちゃん的野菜作り2018 さといも」

5月中旬になって、やっと暖かくなってきたので里芋を植え付けることにします。里芋の栽培は初めてなのでわくわくします。畑に石灰を撒き、鶏糞をほどこし、干し藁をかけて、種芋を植えました。種芋は8個植えました。

IMG_1872_convert_20180613005234.jpg
550グラムの8個入を購入。698円。50個は収穫したいところです。

〇5月15日
IMG_1871_convert_20180613005159.jpg
畑に苦土石灰と鶏糞を撒いて、よく鋤きこみ、一週間ほど寝かせました。

IMG_1874_convert_20180613005311.jpg

IMG_1876_convert_20180613005338.jpg

IMG_1877_convert_20180613005358.jpg

IMG_1878_convert_20180613005417.jpg
種芋の芽を上に向けて、化成肥料を施したうえで、15センチほどのところに植付けました。肥料は緩やかに長期間効くものを使用しています。

〇6月12日
なかなか、発芽せずに気をもんでいましたが、やっとこの日、1枚の発芽を確認しました。発芽まで1か月弱かかりました。
植えた後には敷き藁かマルチをした方が乾燥しなくてよさそうです。

IMG_2575_convert_20180613010428.jpg

〇6月22日
IMG_2988_convert_20180713033624.jpg
8個のうち、この日までに発芽したのは5個。

〇7月6日
IMG_3405_convert_20180713033031.jpg
ほったらかしていたらずいぶん大きくなりました。そろそろ、土寄せと追肥をしなければ。怠ると芋が大きくなりません。

〇7月22日
IMG_3656_convert_20180804041500.jpg

IMG_3657_convert_20180804041552.jpg
土寄せと追肥をしました。土寄せはこまめなほうが良いようです。

発芽率は悪かったですが、おいしい芋になって欲しいもの。

◎里芋栽培
・生育温度 25~30℃。
・土壌酸度 5.5~6.5。
・連作障害 あり。3年~4年(できれば5年以上)はあける。
・育てやすい品種 石川早生(子芋用)、土垂れ(子芋用)、八ツ頭(親子兼用)、セレベス(親子兼用)など。
・元肥 苦土石灰と元肥を入れる。
・植えつけ時期 4月中旬~下旬(十分に暖かくなってから)。
・植えつけ方法 幅:90cm。
           黒マルチ:どちらでも良い。
株間:2列、40cm~50cm。
植え方:7~8cmの深さで芽を上向きに植える。
・栽培中の管理 追肥:6月下旬頃に化成肥料で追肥。
土寄せ:5月下旬頃、6月下旬頃、梅雨明け頃。
           除草:こまめに除草する。
           敷き藁:梅雨明け頃。
           潅水(水やり):乾燥時期。
・収穫 早生種は9月中旬頃、ほかは10月下旬頃から。
・病害虫 主な病気:乾腐病など。
      主な害虫:アブラムシ、ハダニ、ハスモンヨトウ、セスジスズメなど。
・栽培のポイント
 種類によって食用になる部分(親芋用、子芋用、親子兼用)が異なるため、目的に合った種類を選ぶ。
 丸くふっくらとした大きい種芋を用意する。
3年~4年(できれば5年以上)は連作しない。
十分に暖かくなってから種芋を植える。
種芋を植える前にできるだけ深く耕す。
定期的に土寄せを行う。
除草した草や藁で株元を覆って乾燥を防ぐ。
乾燥時期は朝や夕方に潅水(水やり)を行う。
収穫は霜が降りる前までに終わらせるか、保存する。

IMG_1873_convert_20180613005253.jpg

2018.4.22「ドイツ ミュンヘン市内観光② ミヒャエル教会」

「ドイツ ミュンヘン市内観光② ミヒャエル教会」

ミュンヘンに着いて、ビヤガーデン パーク カフェでお昼を食べて、いよいよミュンヘンの中心「マリエン広場」に向かいます。カールス門を通って、マリエン広場に至るノイハウザー通りを歩きます。。ちょうどカールス門からマリエン広場までの中間地点に教会。ヨーロッパアルプス以北では最大の丸天井を持つ教会「ミヒャエル教会」です。

DSC_0424_convert_20180711005354.jpg
カールス門

DSC_0426_convert_20180719024941.jpg
ノイハウザー通り

DSC_0428_convert_20180719025024.jpg

DSC_0433_convert_20180719025157.jpg
ミュンヘンブルーに映える白亜の教会が姿を現しました。ミヒャエル教会です。正面の大きな壁のような姿に圧倒されます。

DSC_0429_convert_20180719025121.jpg
教会の前でアラブ系と思われる人々が踊りを踊っていました。国旗と思しき旗を振っていましたが、どこの国かわかりませんでした。

DSC_0434_convert_20180719025231.jpg
この世の悪と戦う大天使ミヒャエルのブロンズ像

DSC_0439_convert_20180719025453.jpg

DSC_0442_(1)_convert_20180719025610.jpg

DSC_0437_convert_20180719025312.jpg
世界で2番目に大きい、独立型のアーチ天井。天井と、光がさし込むエントランスの大きな窓により、明るく、優雅な雰囲気を感じさせてくれます。

DSC_0441_convert_20180719025715.jpg
「悪魔と戦う聖ミヒャエル」の祭壇画

DSC_0438_convert_20180719025417.jpg
聖ミヒャエ.ルと思われる像が教会内にもあります。

DSC_0440_convert_20180719025529.jpg
正面の十字架にかかるイエスの像の下にはマリアと思われる像が見上げます。

この壮大で大きな教会は必見です。地下には墓所があるそうですが今回は見ませんでした。

◎ミヒャエル教会
1597年完成のこの教会の正面の三角形の切妻屋根は、あまり教会らしい印象を与えませんが、アルプス以北の最大規模のルネッサンス様式の教会です。正面には大きな「悪魔と戦う聖ミヒャエル像」とバイエルン地方を800年近く支配したヴィッテルスバッハ家の歴代の王の像が壁に施されています。さらに、教会には、ヴィッテルスバッハ家の代々の人々(41人)が埋葬されています。
教会内に入ると、世界第2の大きさの丸天井から差し込む光を、白い壁が包み込み、明るく、厳かな雰囲気に溢れています。繊細で緻密な漆喰装飾がそれはそれは美しく、いつまで見ていても飽きないくらいです。


◎聖ミヒャエル(ウィキペディア)
旧約聖書からユダヤ教、キリスト教、イスラム教へ引き継がれ、教派によって異なるが三大天使・四大天使・七大天使の一人。彼はユダヤ教、キリスト教、イスラム教においてもっとも偉大な天使の一人。
甲冑をまとって天の軍団の先頭をいく、といったイメージが一般的。背には翼が広がっているものが多く、右手に剣、左手には魂の公正さを測る秤を携えている姿で描かれる。

2018.7.11「はるちゃん的野菜づくり じゃがいも4回目 収穫」

「はるちゃん的野菜づくり じゃがいも4回目 収穫」

春霜もないと思われる5月の最初の日に春ジャガイモを植えました。4月中旬に事前に石灰と鶏糞と自前の草木灰をすきこんでおきました。3年前の「インカの目覚め」で失敗、一昨年の「キタアカリ」でも早すぎた植え付けで霜にあたり、再び失敗。昨年は品種も基本的な「男爵」にして、そこそこの収穫。4年目の今年は、「男爵」中心に「きたあかり」を植え、昨年を越える収量の拡大を目指します。

○4月14日 土づくり、肥料の鋤きこみ
今年はドイツ旅行のために4月中旬から下旬まで畑の作業ができないので、本来なら、石灰の鋤きこみから1週間おいてやる肥料の鋤きこみを同時に行いました。どうなるやら。肥料は牛糞を使おうと思っていましたが、例年同様に自家製の草木灰と鶏糞を播いて、鋤きこみます。どうやら、野菜には即効性のある鶏糞の方が良いようです。

DSC_0749_convert_20170430051422.jpg
使用した鶏糞  15キロ190円と安価。

DSC_0549_convert_20180502024033.jpg
自家製草木灰

○5月1日 種芋づくり
DSC_0548_convert_20180502023905.jpg
今年も昨年に引き続き、定番男爵を使用。追加できたあかりも10個ほど植えました。

DSC_0759_convert_20170430052127.jpg

DSC_0554_convert_20180502024627.jpg
半分に縦に切って、腐らないように「草木灰」を塗りますが、昨年に続いて「ジャガイモシリカ」を使用します。目的は腐敗発症抑止・発芽発根促進・根圏土壌改善・強健旺盛な生育のため。

DSC_0551_convert_20180502024444.jpg
幅100センチの畝立てし、マルチをしいて、30センチの間隔で穴を開けました。

DSC_0556_convert_20180502024817.jpg
種芋を一つずつ植えていきます。10センチぐらい掘り起して、切り口を下にして植えます。今年は昨年の倍以上の50個の種芋を植えました。うち、「きたあかり」が10個。(きたあかりの種芋の植え付けは5月4日。マルチは施工せず)

〇5月14日
男爵の植付けから2週間で発芽が始まりました。最終的に50個のうち48個が発芽しました。

IMG_1862_convert_20180528013806.jpg

きたあかりは5月23日に発芽を確認。10個のうち8個が発芽しました。

IMG_2257_convert_20180528014458.jpg

○5月23日
わき芽かき。そのまま放置しておくと収穫時にイモが小さくなるので、芽は1株2本を残して、他はかき取ります。わき芽を欠いたあと土盛りと追肥をします。

IMG_2248_convert_20180528014053.jpg

IMG_2250_convert_20180528014117.jpg

IMG_2253_convert_20180528014229.jpg
欠いたわき芽も結構な量となりました。これも植えるとジャガイモが収穫できるようです。来年はやってみます。

IMG_2252_convert_20180528014309.jpg
わき芽を欠いているとアマガエルが。

IMG_2254_convert_20180528014359.jpg
土盛りと追肥をします。

IMG_2258_convert_20180528015819.jpg
すべての作業を終了した男爵の畑

〇6月9日
すくすくと育ち、花が咲き始めました。種芋の植付けから1か月ほどです。

IMG_2532_convert_20180613004153.jpg

IMG_2534_convert_20180613004209.jpg

〇6月13日
本培土。さらに土寄せを5-6センチしました。


〇7月11日
茎や葉が黄色くなってきたので「男爵」を1/2株掘り返してみました。 植え付けから約2ヶ月ほど。晴天が3日ほど続いた日に収穫。過去に比べて立派なジャガイモがとれました。無農薬ジャガイモの大量収穫です。

IMG_3457_convert_20180712063958.jpg
半分ほどが黄色く葉が枯れ始めました。茎はまだ青々してますが。

IMG_3466_convert_20180712064053.jpg
土を掘ると収穫してもよい大きさのジャガイモが顔をのぞかせます。

IMG_3467_convert_20180712064120.jpg
10株ほど試し堀します。

IMG_3469_convert_20180712064140.jpg
立派な男爵イモが採れました。

IMG_3470_convert_20180712064157.jpg
10株ほどで10キロほど取れました。

〇7月18日
男爵を掘り終えたので、きたあかりの掘り出しをしました。団者を越える大きなものも出てびっくり。また、きたあかりの茎にトマトのような実がなっていて、さらにびっくり。我々が食べているじゃがいもは、地下茎の塊茎と呼ばれる部分で、品種によっては実がなるようです。特に、きたあかりはできやすいそうです。実はジャガイモはナス科の植物。

IMG_3622_convert_20180722015759.jpg

IMG_3623_convert_20180722015826.jpg

IMG_3625_convert_20180722015914.jpg

IMG_3659_convert_20180722020042.jpg

本日ですべての収穫を収量。ミカン箱で3個分のジャガイモを収穫しました。大量収穫になりました。

IMG_3660_convert_20180722020102.jpg
きたあかり

IMG_3851_convert_20180806001749.jpg
今年の収穫は段ボール箱4箱分。

◎じゃがいもの育て方(JA京都のホームページ参照)
●ジャガイモ栽培のポイント
(1)連作に注意しましょう。
(2)種イモは、毎年必ず更新しましょう。
(3)芽かき作業を必ず行いましょう。
(4)土寄せ作業を行い、うねを高くしましょう。
●畑の準備
ジャガイモは2~3回の連作は行えますが、段々とイモが小さくなり、それと同時にソウカ病の発生が増加しますので注意が必要です。 植え付けの1か月前までに深く耕し、1平方メートル当たりたい肥3キロ、苦土石灰100グラムを土と良く混和します。植え付け1週間前に有機化成肥料150グラムを施し、1条植えであれば幅90センチ、2条植えであれば幅110センチのうねを立てます。
●種イモの準備
 種イモは、一片が30~40グラム程度になるように、芽が多く付いている方を上にして縦にイモを切ります。
●植え付け
植え付け間隔は30センチ程度とし、種イモの切り口が乾いてから切り口を下にして植え付けます。
●わき芽かき
植え付けから1か月ぐらいで芽が3~4本出てきます。そのまま放置しておくと収穫時にイモが小さくなってしまいますので、芽は1株2本とします。生育の良い芽を選び、残す芽を残して、他はかき取ります。
●追肥・土寄せ
芽かき作業を行った後、うねの肩に化成肥料を1平方メートル当たり30グラム追肥します。その後、鍬などで株元へ軽く土寄せを行います。ジャガイモは種イモより上に付くので、2回の追肥・土寄せでうねをできるだけ高くします。土寄せが不十分だと、イモが露出して緑色になる原因となります。
半培土:地面に芽がでてから7日~10日ころに5~6?の厚さに土を寄せる。
本培土:半培土後10日目に5~6?の厚さの土を寄せる
●収穫
茎や葉が黄色くなったら収穫可能
植え付けから約3ヶ月(90-100日頃)後が目安。
晴天が2~3日続き土が乾いた日を選んで収穫。
雨の日の収穫は、イモが水分を含んでしまいイモの表面も傷つきやすくなり
腐敗の原因にもなるので避けます。

●常温の保存方法
ジャガイモは冷蔵保存には適していない野菜の1つで、常温保存が最も適していると言われています。

・常温保存のポイント

1. ジャガイモを一つひとつ新聞紙に包みます
2. ジャガイモは湿気を嫌いますので、風通しの良い冷暗所に置きます

もし、一つひとつ新聞紙で包むのが手間な場合は、新聞紙を敷きつめた箱で保存するようにしましょう。また、4~5個くらいまとめて新聞紙に包むことも可能です。なお、新聞紙に湿気を含んできたら、新聞紙を変えます。また、土が付いている状態だと湿気を呼び込んでしまうので、保存する際はよく土をはらいます。
・光を防ぐ方法
ジャガイモに光が当たると、光合成をして皮が緑色になる「緑化」が進んでしまいます。箱に入れて保存する場合は、上から新聞紙を被せたり、穴をあけた黒いビニール袋を被せておきましょう。光を遮断するために何かを被せる時は、風通しを塞がないように気をつけましょう。


2018.6.26「大規模農家のズッキーニ栽培の手伝い ②種まき」

「大規模農家のズッキーニ栽培の手伝い ②マルチ敷き、種まき」

アスパラ栽培の手伝いをしている農家がズッキーニ栽培の準備を始めるために、早朝からのアスパラガスの収穫が終わるとその準備の手伝いをします。晴天が続き、太陽が照りつける中での作業は体力を奪います。畑に機械と人手でマルチシートを敷いた後は、マルチシートに種を播く穴を一定間隔(70センチ)で開けます。中腰でやるのでなかなか大変です。さらに、種植えはもっと大変です。穴に殺菌剤を撒き、その上に種を真ん中に平らに置き、土をかけて圧着します。歩行だけでも単純計算で一日1.5キロは歩きながら、種を植え付けます。作業は過酷です。

IMG_3066_convert_20180718002738.jpg
マルチシートを敷きながら同時並行で、穴あけと種まきを実施します

IMG_3065_convert_20180718002838.jpg

IMG_3068_convert_20180718002813.jpg
70センチの目印の着いた棒を物差し代わりに、ガスバーナでマルチシートを溶かして、玉子大の穴をあけます。

s_IMG_0286.jpg
マルチシートに穴をあけ終わった畝から種を播きます。

s_IMG_0310.jpg
種植えの3点セットを持って、種播きに。辛い。

IMG_3088_convert_20180718002936.jpg

IMG_3089_convert_20180718002957.jpg
新しい系統の殺虫剤で、きゅうり、ナスなど野菜の定植時に植え穴処理をすることによって、アブラムシ類やミナミキイロアザミウマを長期間防除することができるそうです。穴に殺虫剤を2つまみ入れ、その上に種を穴の真ん中に平らに置きます。

s_IMG_0770.jpg
その上に、土をかけ、圧着して、終了。

毎日、炎天下で、この作業は大変です。腰がまがってしまうのではと思うほど。農業はおいしい野菜を食べさせたいという使命感が無いと、とても続けられません。

◎ゼルダ・ネロ(トキタ種苗ホームページ)
果長20?前後、太さ2.5〜3?の均等な円筒形。果色は、極濃緑色で光沢がある。花落ちは小さく、肉質は緻密で高品質で多収。
 生育早く、葉柄に刺が少なく管理しやすく、果梗が長いので収穫作業が容易。ウイルス病(ZYMV、WMV、CMV)に対して強く、栽培しやすい。

2018.7.14「根津の名店 焼き鳥の松好でお昼」

「根津の名店 焼き鳥の松好でお昼」

健康の異常が発見されて、千駄木にある大学病院に通い始めて2年半。今は半年に1回の経過観察。出身大学の近くということもあり、よく知った場所。通称「谷根千」の一角。老舗や有名なお店が集まるところ。お昼の食事を楽しみに行きます。

本日は根津の焼き鳥の名店「松好」。お昼のランチの焼き鳥丼を楽しみに入ります。「焼き鳥丼をお願いします」。「すいません。焼き鳥を焼く人がまだ来ていないので、今はできません」と店員。がっかりしましたが、気を取り直して「親子丼」を注文。しかし、老舗として、ありえないなあ。
親子丼の鶏肉も焼き鳥を思わせ、やわらかく、炭であぶった味で美味しい。この店では釜めしも人気です。

IMG_3539_convert_20180717002905.jpg
不忍通り沿いに店はあります。

IMG_3542_convert_20180717002952.jpg
店内はテーブル席と焼き鳥の焼き場の前のカウンター。お昼少し前に入りましたが、すぐに満席となりました。

IMG_3544_convert_20180717003034.jpg
カウンター席に。焼き場に人がいないので嫌な予感。予感的中し、焼き鳥丼食べれず。

IMG_3548_convert_20180717004048.jpg
しょうがないなあと思いつつ、地鶏親子丼を注文。ほとんどの人が釜めしを注文していました。

IMG_3545_convert_20180717003054.jpg

IMG_3546_convert_20180717003129.jpg
地鶏親子丼。1100円。地鶏はぷりぷりして美味しい。もう少し卵がふわふわだとよいなあと思いつつ、美味しくいただきました。

◎松好 (まつよし)
☎ 03-3821-4430
予約可否
東京都文京区根津1-18-10
交通手段 地下鉄千代田線根津駅1番出口から徒歩5分
営業時間 11:30~14:00, 17:00~23:00
日曜営業
定休日 無休

IMG_3541_convert_20180717002933.jpg

IMG_3543_convert_20180717003013.jpg

2018.7.13「気の合う会社の仲間と定例の会 ぼでこん亭」

「気の合う会社の仲間と恒例の会 ぼでこん亭」

千歳烏山周辺に住む会社時代の気の合う愉快な仲間の定例の飲み会「烏山会」。人事異動などで会員が減ったり、増えたりの会。今回は会社に入った頃から通う寄席「末廣亭」前にある「ぼでこん亭」で開催。昔ながらのバーの雰囲気を保つ店。また、ウィスキーやバーボンの水割りを380円から飲める店。料理もいろいろあり、コスパは最高。本日も、ワイワイガヤガヤ楽しい会となりました。

IMG_3519_convert_20180717020016.jpg
店は新宿三丁目の居酒屋の激戦区の中にあります。

IMG_3520_convert_20180717020041.jpg
寄席「末廣亭」の前に店があります。初見の人には入りにくい雰囲気かな。

IMG_3521_convert_20180717020102.jpg
店内は3階まであり、意外と広い。モダンレトロな、あたたかな独特の雰囲気が漂います。昔ながらのバーの雰囲気を残しています。

IMG_3522_LI_convert_20180717020123.jpg
この会ではかかせない3人。本日も、大いに盛り上がります。3人ともに会社員として現役。頭が下がります。

本日の注文した主な料理。コスパよく、美味しいです。

IMG_3523_convert_20180717020142.jpg
彩り野菜のぼでこんサラダ。680円

IMG_3525_convert_20180717020202.jpg
ジャーマンポテト

IMG_3527_convert_20180717020219.jpg
サラミピザ。これはチーズたっぷりで美味しいよ。

IMG_3528_convert_20180717020235.jpg
牛蒡チップス。グー。

IMG_3529_convert_20180717020255.jpg
夏野菜のアヒージョ

IMG_3531_convert_20180717020314.jpg
こんなのもあります。韓国料理のチヂミ。

IMG_3533_LI_convert_20180717020335.jpg
大いに盛り上がったところで記念撮影。みんないい顔している。

全員、話疲れたところで、次回の日程を決め、再会を誓い解散します。8人で、女性を除き5000円弱。アルコールもかなり飲んだのでコスパがとても良い店です。この店では私はバーボンの水割り一辺倒。ハーパーとアーリ―タイムズの水割りを飲みました。

再会を約して、外に出ると「末廣亭」の前に長蛇の列。最近、「深夜寄席」と称して、若手落語家が集い、かつ、500円で楽しめるとあって、若い人に人気。趣旨は、「二ツ目」の勉強会。落語家には前座見習い・前座・二ツ目・真打ちと4つの階級があります。
この深夜寄席は1971年(昭和46年)からはじまり、高座に上がる機会が少ない二ツ目たちに場所を末廣亭が提供して始まりました。

IMG_3536_convert_20180717020400.jpg

IMG_3538_convert_20180717020422.jpg

◎ぼでごん亭 ジャンル
☎ 03-3354-6945
東京都新宿区新宿3-7-5
交通手段 東京メトロ丸の内線・副都心線新宿三丁目駅C3出口より徒歩2分
営業時間 17:00~01:00
日曜営業
定休日 年中無休

2018.7.15「「新潟南魚沼にヒグマラーメンを発見。札幌ヒグマでなかった」

「新潟南魚沼にヒグマラーメンを発見。札幌ヒグマでなかった」

南魚沼の国道17号を新潟方面に走り、石打インター近くの右側に「ラーメン ヒグマ」の看板。これは札幌ラーメン横丁の名店「ひぐま」の支店かと思い入店。入ってみたら、どうやら関係がなさそう。札幌ひぐま名物の味噌ラーメンが前面に出ていないうえ、札幌らしい広告もなし。極めつけは、ラーメンセットのお土産もなし。同じ店名だけでした。紛らわしい。さらに、札幌のひぐまはひらがな、こちらはカタカナでした。

IMG_3553_convert_20180722023005.jpg

IMG_3563_convert_20180722023214.jpg
このかわいらしいシンボルマークで札幌のひぐまでないと悟ります。しかし、折角なので入店。

IMG_3555_convert_20180722023039.jpg

IMG_3559_convert_20180722023102.jpg
店内は広く、テーブル席、カウンター席、小上りの席もあります。

IMG_3561_convert_20180722023139.jpg

IMG_3562_convert_20180722023157.jpg
札幌ひぐまでないので、醤油ラーメンを注文して、店の味を確かめます。スープの色は濃いですが意外とあっさり系で、生姜の風味が際立ちます。麺は中太。チャーシューは脂身多く薄い。パサパサしていて美味しくはない。シナチクときぬさやなるとにのりが入ってます。同じものを愉快な仲間も頼みましたが、私のとスープの色と味が違います。私のは濃厚、愉快な仲間のは薄味でしょっぱい。どうやら、スープの量が違います。ラーメンのタレに加えるスープの量で味がかなり違うラーメン。まずまず。

◎らーめん ヒグマ 塩沢店
☎ 025-783-3822
新潟県南魚沼市上一日市97
交通手段 石打駅から1,051m
営業時間 11:00~20:00
材料終了時閉店
日曜営業
定休日 月曜日(月曜日祝日の場合営業

IMG_3560_convert_20180722023122.jpg
メニューは無くて、券売機で選びます。この時点で札幌の出ないと確信。味噌ラーメンが最初にきていません。


2018.4.23「ドイツ ミュンヘン市内観光③ マリエン広場 新市庁舎」

「ドイツ ミュンヘン市内観光③ マリエン広場 新市庁舎」

ミュンヘンの観光の中心は「マリエン広場」。
カールス門から入り、ノイハウザー通りを市の中心部に向かい歩くと大きな広場につきます。ここがマリエン広場です。または、Uバーンでマリエンスプラッシュ駅で降りると広場の中心に出ます。
広場の中心にあるのは、壮大な新市庁舎。その大きさと偉容には圧倒されます。この新市庁舎の仕掛け時計は11時、12時、17時からに10分動きます。その時間になるとはるか上を見上げる観光客で広場が埋まりました。

DSC_0508_convert_20180808153052.jpg

DSC_0550_convert_20180808153927.jpg
マリエン広場に着きました。この尖塔のある大きな建物が「新市庁舎」です。尖塔にはドイツで最大といわれる「仕掛け時計」があります。グロッケンシュピールと呼ばれています。

DSC_0515_convert_20180808153436.jpg

DSC_0518_convert_20180808153531.jpg
尖塔を正面から見ると「仕掛け時計」がよく見えます。

DSC_0571_convert_20180808154224.jpg
尖塔の時計を見上げると11時まで10分余り。これは見ないといけないと周りの観光客とともに「仕掛け時計」を見上げます。

DSC_0514_convert_20180808153403.jpg

DSC_0569_convert_20180808153829.jpg

DSC_0570_convert_20180808154003.jpg
定刻に大きな金の音とともに仕掛け時計が動き出しました。下の写真に見える中央の人形がバイエルン大公ヴィルヘルム5世とロートリンゲン(ロレーヌ)の公女レナーテ。二人の結婚式を祝う様子が演じられます。

DSC_0550_convert_20180808153927.jpg

DSC_0513_convert_20180808153323.jpg

DSC_0512_convert_20180808153244.jpg
新市庁舎前には高い尖塔が立っています。てっぺんには黄金の像が立っていました。

DSC_0510_convert_20180808153150.jpg
「フィッシュブルンネン」と呼ばれる噴水。広場の東側の端にあります。ふぐのような魚が中央に乗っていました。ここには魚市場があったからのようです。

DSC_0551_convert_20180808154104.jpg
マリエン広場の西側にある白い建物が「旧市庁舎」で、おもちゃ博物館になっていました。

DSC_0552_convert_20180808154138.jpg
「旧市庁舎」の時計塔の下はアーチ状の通りになっています。その場所に右胸が金色になった像。イタリア・ベローナから贈られたジュリエット像です。願いを込めて多くの観光客が触ったことで金色となったのでしょうか。 数年前にイタリアを旅行した時にベローナのジュリエット像を見ましたが同じようになっていた記憶があります。

DSC_0519_convert_20180808153710.jpg
建物にはたくさんの装飾がなされています。こんな像が壁にへばりついていました。

ミュンヘン観光はこの広場から始めると名所旧跡を効率的に回れると思います。

◎新市庁舎(ことばバンク)
ドイツ南部、バイエルン州の州都ミュンヘン(München)市街中心部のマリエン広場にある、同市の市役所の建物。1867~1908年にかけて建設されたネオゴシック様式の建物で、3つの建物からなる。中央の高さ85mの塔にある仕掛け時計グロッケンシュピール(Glockenspiel)が、新市庁舎の最も有名な見どころといわれる。
ドイツ国内では最大、ヨーロッパ全体では5番目に大きい仕掛け時計である。毎日11時、12時、17時からの約10分間、仕掛けが動き出す。人間とほぼ同じ大きさの32体の人形が、1568年のバイエルン大公ヴィルヘルム5世とロートリンゲン(ロレーヌ)の公女レナーテとの結婚式の様子を演じる。また、21時には時計の左側の出窓からホルンを鳴らす夜警の人形が、右側の出窓からはミュンヘンのシンボルの「ミュンヘン小僧」が登場する。
なお、同じマリエン広場に面した白い建物が旧市庁舎である。戦後再建・復元された、1417年完成のゴシック様式の建物で、その塔は現在、おもちゃ博物館として使用されている。

2018.7.16「はるちゃんの米作り四年目⑨  中干し・追加穂肥」

「はるちゃんの米作り四年目⑨  中干し」

田植え後、目安で40日ぐらいたつと田圃からいったん水を落とす「中干し」をします。これをしっかりとやることで、倒伏させず、目標収量を確保して、良品質の米が実る稲を作ることとなります。

今年は梅雨も短く、梅雨明け以降は雨がほとんど降らず酷暑の日が続きます。中干も水を落とすと順調に田が渇いてきました。

IMG_3633_convert_20180722012340.jpg

IMG_3634_convert_20180722012249.jpg

IMG_3635_convert_20180722012228.jpg
「壱の田圃」

IMG_3668_convert_20180722012012.jpg

IMG_3667_convert_20180722012047.jpg

IMG_3664_convert_20180722012135.jpg
「弐の田圃」。一番下の写真は入水口付近。底抜け田圃で比較的常時水を入水させているため、入口付近の稲は常に冷たい水にさらされて生育が良くない。

2週間ほど中干して7月28日に水入れしました。コンバインで稲刈りをするなら、しっかり、干しますが、私は手狩りなので多少ぬかるんでも稲刈りできるので、水入れを早めにしました。

◎中干し
〇目的と効果
(1)水を切ることにより生育を抑え、茎数過多を防ぎます。葉の垂れを防ぎ、光が株内によく入るようにします。また、下位節間の伸長を抑え、倒伏しにくい稲に仕上げます。
(2)土壌中に酸素を供給し、還元状態で生成される有害成分(二価鉄、硫化水素、有機酸)を除去して、根を活性化させます。
(3)機械作業に適した土壌硬度を確保します。この時期に一度しっかり干すことで、収穫直前の落水でも容易に田面が硬くなり、機械作業がスムーズに行えます。
〇手順
・中干しの開始
一般には、田植えから40 日程すると中干しの時期です。
正確には、田に入って中庸(どちらにも偏らないほどよいこと)な生育の地点で茎数を数え、2葉以上ある茎が平均して20 本になったら中干しを開始します。
・中干しの程度
(1)茎数の多い、葉色の濃い、排水の悪い、粘土質の田は、土面に1~2cm の割れ目が出来るまで干しこのままの状態を保ちます。極端に乾いて日中葉が巻くようであれば、いったん走り水をして再び干し、これを繰り返します。
(2)茎数の少ない、葉色の淡い、水保ちの悪い、砂質土の田には、土面に細かい割れ目が現れるまで干し、間断潅水を繰り返します。
・中干しの終了
中干し期間は一般に2週間程度を標準としますが、生育の寂しい稲は期間が短く、過繁茂生育の稲は長く行います。以上のようにして、中干し終了後に1株20 本の太い茎を残すことを目標に水管理を調節します。
出穂の25 日前以降の水不足は穂の生育に影響が出るので、遅くともこの時期には中干しを終了して入水します。
一度に湛水状態にすると、酸化状態にあった根が、急激な酸素不足により根腐れする場合があるので2~3回走り水をした後満水とする。
・中干し後の水管理
幼穂形成期から穂揃い期までは浅水管理、穂揃い期以降は7~10 日浅水管理後、1~2日落水管理の間断潅水が理想です。

間断潅水とは、田面に軽い亀裂が生じるまで干した後、入水および自然落水を繰り返すこと。これにより根に酸素供給し稲体の活力を保持させる。

2018.7.22「集落の豊作を祈願する風祭りに思わぬ珍客」

「集落の豊作を祈願する風祭りに思わぬ珍客」

飯山の農的生活。今年も稲作は中干を順調に迎え、いよいよこれから穂がついて稲刈りまで大事な時期を迎えます。毎年、この時期には集落で豊作祈願の「風祭り」が行われます。今年は集落の班を取りまとめる伍長という仕事をいただき準備等に当たるので忙しい祭りとなりました。
お祭りにも高齢化の波が押し寄せて、本来ですと社への参道に大きな柱を立てて、幟をはためかすのですが過去に事故があったということもあり、今年も中止となりました。若い人たちが移住してくれるとありがたいなあ。
集落の人々が集まり、集落の鎮守「沖の宮」に向かおうとしていると外国人が登場。なんと隣村でゲストハウスを営むアメリカ人。アメリカ人のゲストファミリーを千曲川サイクリングにご案内中とのこと。しばらくするとゲストファミリーの両親とお子さん4人が自転車でやってまいりました、折角なので、風祭を見学したらと誘います。
国際色豊かなお祭りとなりました。今年も豊作が決まったかな。

IMG_3740_LI_convert_20180724024042.jpg
集落の鎮守「沖の宮」への参拝のために集会所をスタート。

IMG_3744_LI_convert_20180724024118.jpg
その時、外国人のサイクルニストがやってきました。日本を旅行中のアメリカ人ファミリーです。

IMG_3746_LI_convert_20180724024212.jpg

IMG_3751_LI_convert_20180724024253.jpg
思わぬ珍客に、スタートも中断。隣の栄村在住のアメリカ人のコーディネーターのガイドで日本を旅行しているファミリーでした。戸狩野沢温泉駅から西大滝までの県道408号線を千曲川を見ながらのサイクリング中でした。

IMG_3749_convert_20180724024332.jpg

IMG_3752_convert_20180724024402.jpg
彼らも連れて、いよいよ「沖の宮」に向けてスタートしました。

IMG_3756_convert_20180724024504.jpg

IMG_3761_convert_20180724024534.jpg
「沖の宮」の中で、神主による豊作祈願の祝詞が奏上されました。

IMG_3763_LI_convert_20180724024555.jpg
アメリカ人ファミリーとコーディネーターも神妙に儀式に参加しました。

IMG_3764_convert_20180724024625.jpg
神様へのお供え。それぞれに意味があるものと思われます。

無事、お祭りが終わり集会所で楽しい「なおらい会」。神様にささげたお神酒をいただき、会がスタート。楽しい時間となりました。

◎沖の宮
沖縄県那覇の社が有名。ここの社は昔々千曲川の洪水に乗って社がこの地に流れ着き、それ以来「沖の宮」と命名されたらしい。

2018.7.19「はるちゃん的 野菜作り2018  らっきょう栽培2回目 収穫」

「はるちゃん的 野菜作り2018  らっきょう栽培2回目 収穫」

昨年の9月に2回目のチャレンジとして植えたらっきょうが厳しい冬を越えて、雪解けとともに茎をのばしました。自然農法のために雑草に覆い隠されながらも成長し続け、ついに収穫の時期を迎えました。今年は2回目ということもあり、多くの収穫を得て、昨年同様にらっきょう漬けを作ります。

〇2017年9月20日
IMG_3847_convert_20180727042149.jpg
今年はこのらっきょうの球根を使います。植え付け後すくすくと茎をのばしましたが12月の声を聞き、雪の下に埋もれました。

<球根の植付け>

DSC_1078_convert_20161026080943.jpg

DSC_1079_convert_20161026074247.jpg
らっきょうの種芋は分割して一粒ずつ植えます。

DSC_1080_convert_20161026074333.jpg
種芋についた皮をできるだけ除きます。

DSC_1082_convert_20161026074434.jpg

DSC_1085_convert_20161026074505.jpg
10センチ間隔で深さ5センチ、頭がかくれるくらいに土をかけます。20個ほど植え付けました。

〇2018年5月1日
DSC_0604_convert_20180726061023.jpg
3メートルを超える積雪の中で冬を越えて、暖かくなり、茎をのばします。

〇2018年7月19日
IMG_3678_convert_20180723014911.jpg
ラッキョウの葉が黄色くなり枯れてきました。いよいよ収穫します。

IMG_3688_convert_20180723015036.jpg
まずは、試し堀りをします。土の中にらっきょうが見えています。今年の夏は酷暑で雨らしい雨もなく、土はコチコチに固まっているためスコップで慎重に掘り上げます。

IMG_3683_convert_20180723015013.jpg
立派ならっきょうが採れました。すべてのらっきょうを収穫します。

IMG_3695_convert_20180723015239.jpg

IMG_3696_convert_20180726060245.jpg
昨年以上の大きならっきょうが収穫できました。

◎らっきょうの栽培(JA京都ホームページ)
○栽培特性
(1)土壌の適用範囲は広く、砂地、赤土、やせ地でも栽培できます。
(2)連作障害はほとんど発生しません。
(3)生育期間が大変長いので、作付け計画を十分考える必要があります。

○植え付け前の準備
球根は1球ずつにばらして枯れ葉を取り除きます。

○畑の準備と植え付け
ラッキョウは、やせ地や砂地でも育つので施肥はほとんどいらない野菜です。植え付けは1球植えとし、球を立てて土に差し込み、球の上に厚さ3cmほど土をかけます。球の間10-12センチ

○追肥・土寄せ
追肥は通常施しませんが、あまりに葉色が薄いときは3月頃に追肥をし、軽く土と混ぜます。4月頃、生育が盛んになってきたら土寄せをします。 

○収穫
6月から7月にかけて、葉が枯れてくると収穫時期になります。 鎌で刈り取り、くわで球を掘り上げる。
翌年6月下旬から7月上旬、長卵形に肥大し、球のしんの青みがごく少なくなったころ、葉が完全に枯れる前に収穫する。
IMG_3848_convert_20180727043624.jpg

2018.4.23「ドイツのテレビ番組にサスケそっくりの番組を発見}


「ドイツのテレビ番組にサスケそっくりの番組を発見}

ドイツ旅行の最中、テレビはBGM代わりに流していました。ある日、なんとはなしにテレビを見るとどこかで見たような風景。TBS系列でやっている「SASKE」そっくりの番組です。「SASUKE Ninja Warrior」とい名前の番組と分かりました。
日本と違うのは女性一人を含む3人一チームの対抗戦。勝ったチームは次々と挑戦チームと戦う勝ち抜き戦。
アトラクションのレベルは日本に比べかなりレベルが低いが結構失敗しているので参加者のレベルも今一かな。
しかし、日本発の番組が輸出されているを海外で見るのは気持ちよいものですなあ。

IMG_1432_convert_20180809074821.jpg
司会者と解説者がまじめにゲームについて掛け合いしてます。

IMG_1434_convert_20180809074851.jpg

IMG_1438_convert_20180809074927.jpg
IMG_1440_convert_20180809074950.jpg

IMG_1442_convert_20180809075014.jpg
真剣に取り組んでいる参加者。外国人は体重がありすぎるためか筋骨隆々でも失敗しています。











2018.7.30「北八ケ岳 双子山2224.1mから双子池へ」

「北八ケ岳 双子山2224.1mから双子池へ」

山の愉快な仲間の夏の山行。90歳の仲間に合わせての登山となります。90歳でも標高差200メートル程度は平気で上がれる仲間です。何せ、平地なら走れます。40年近く続く仲間。

今年は卒寿祝いを兼ねて、八ケ岳の双子山(標高2224.1m)から双子池をめぐります。大河原峠(標高2093m)の登山口から登りました。前日は迷走台風12号が猛威を振るったため、安全を見込んで林道から双子池チームと二手に分かれました。林道コースは片道3キロの道のりです。双子山山頂からは台風一過のおかげで、真っ青な空の中、素晴らしい360度の展望に出会えました。

双子池(標高2032m)で合流して、平日の静かな双子池ヒュッテで美味しい引き立てコーヒーに舌鼓。お手軽ハイキングコース。

DSC_0992_convert_20180731142429.jpg

DSC_0993_convert_20180731142500.jpg
大河原峠。駐車場あり。双子山方面と蓼科山の登山口。

DSC_0994_convert_20180731142523.jpg
蓼科山の詳細な地図もあります。

IMG_3959_LI_convert_20180731093613.jpg
双子山経由双子池ヒュッテ班。残りは90歳リーダーのもと林道経由で双子池へ。それでも、往復6キロあります。

登路は良く整備されていて、灌木と草原の道が交互に現れ、最後に草原状の広い山頂に出ました。

DSC_0996_convert_20180731142613.jpg

DSC_0997_convert_20180731142640.jpg

IMG_3961_convert_20180731093703.jpg

DSC_0999_LI_convert_20180731142714.jpg
途中にケルンがありました。愉快な仲間をパチリ。

DSC_1001_convert_20180731142744.jpg
蓼科山がだんだん大きくなると山頂も近いです。

DSC_1002_convert_20180731142814.jpg
いよいよ山頂の道標が見えてきました。

DSC_1004_LI_convert_20180731142840.jpg
山頂に到着。愉快な仲間とパチリ。標高2242.1m 心地よい風に思わず昼寝したいなあと思っていたら。

IMG_3962_convert_20180731093640.jpg
愉快な仲間に先を越されました。

DSC_1005_convert_20180731143025.jpg
山頂からは蓼科山がこんなに大きく見えます。

DSC_1007_convert_20180731143052.jpg

IMG_3964_convert_20180731093507.jpg
広い山頂を双子池に向かいスタート。

DSC_1008_convert_20180731143224.jpg

DSC_1011_convert_20180731143250.jpg

IMG_3965_convert_20180731093534.jpg
クマザサか覆う急な道を一気に下ります。標高差200m。

DSC_1013_convert_20180731143317.jpg
30分ほど下ると双子池ヒュッテが見えました。

DSC_1017_convert_20180731143417.jpg

DSC_1019_convert_20180731143445.jpg

DSC_1014_convert_20180731143346.jpg
双子池ヒュッテと双子池。雌池と雄池。

IMG_3968_LI_convert_20180731093420.jpg

IMG_3967_convert_20180731093440.jpg
林道経由のチームと合流して、双子池ヒュッテ名物の挽きたてコーヒー500円を注文。

IMG_3972_LI_convert_20180731093356.jpg
帰りは双子池から大河原峠に林道経由で帰ります。

〇歩程
大河原峠(8:27)⇒双子山(8:47-8:55)⇒双子池(9:31-10:50)⇒大河原峠(11:20)

標高差 大河原峠⇒双子山   131m
     双子山⇒双子池   -214m 

2018.7.22「酷暑の夏のお伝馬にへろへろ 流水溝の浚渫」

「酷暑の夏のお伝馬にへろへろ 流水溝の浚渫」

酷暑が続く7月下旬の日曜日。集落の田圃や畑をうるおす2本の流水溝の周りと集落からなべくら高原に上がる道のU字溝の草刈りとどぶ浚いをします。2組に分かれての作業ですが酷暑の中の大変な重労働。へろへろになりながら、3時間ほどかかり終了。その後、有志で流水溝の取入口の整備に向かいます。昨年の土石流災害以降、取水している出川の砂防ダムや堰堤の工事で土砂が間断なく落ちて、取水口を埋めるため、定期的な整備が必要となります。既に、相当、体力を消耗した中での作業で、さらに、出川への転落のリスクもある危険な作業です。
こんな作業が年間を通じてあります。集落が協力しないと1人では生きていけない厳しい現実が田舎にはあります。
住民総出の作業文化が息づきますが、高齢化の著しい集落ではアルバイトを雇ってやるところもあるようです。一刻も早い地域活性化策の検討が待たれます。

IMG_3720_convert_20180725205717.jpg
流水溝の取入口近く。勢いよく水が流れていますが、工事による土砂が厚く堆積しています。人力で取り除きます。油断すれば3メートルほどの出川に転落します。

IMG_3722_convert_20180725205805.jpg
取入口の柵にはたくさんの枝や枯葉が引っかかっていました。

IMG_3721_convert_20180725205745.jpg

IMG_3724_convert_20180725205526.jpg
流水溝への川水の引き込みは大きな石を並べて引き込みます。その水路にも土砂がたまり、浚渫します。

IMG_3723_convert_20180725205504.jpg
大きな石が崩れた場所を人力で修復します。

IMG_3725_convert_20180725205546.jpg
なんとか、普段の流量に戻りました。

2018.8.4「自家栽培のラッキョウでらっきょう漬けをつくる 2018」

「自家栽培のラッキョウでらっきょう漬けをつくる 2018」

らっきょうを収穫。昨年に比べて、倍以上の収穫がありました。無農薬のうえに、ほとんど肥料なしの栽培でも自家用としては十分です。豪雪に耐えて、立派に成長してくれたらっきょうに感謝です。
すぐに、らっきょう漬けづくりにとりかかるつもりが収穫後10日ほどたってしまいました。収穫後、すぐに漬けたほうがよさそう。少し痛みが出ていました。酷暑のせいかもしれません。らっきょう漬けにするために収穫後、根と茎は切りました。

らっきょうの本場鳥取県のJA鳥取の本漬けのレシピを参考に作りました。しかし、JA鳥取のホームページには本漬けレシピ以外に「簡単らっきょう漬けビデオ」がついており、そのレシピにしたがい、14日間の発酵期間は置きませんでした。

〇らっきょう漬けの材料
らっきょう
塩 ひとつかみ
らつきょう酢 らつきょうがひたひたに漬かるくらい
氷砂糖 適量
鷹の爪 適量

〇作り方
①泥を流水でよく落とす
IMG_4109_convert_20180805112821.jpg

②根と茎をらっきょう漬けサイズに切ります。
IMG_4111_convert_20180807201055.jpg

③さらに、よく流水で洗います。
IMG_4113_convert_20180807201133.jpg

④塩をひとつかみ入れてよくまぶします。1時間ほど置きます。
IMG_4114_convert_20180807201200.jpg

⑤塩をよく水で洗い流し、10秒間熱湯の中につけます。今回は塩を流すのを忘れました。
IMG_4118_convert_20180807201236.jpg

⑥ざるに取り上げて冷まします。

⑦煮沸消毒した瓶にらっきょうを入れ、氷砂糖100グラムと鷹の爪3本を入れてひたひたに漬かるぐらいらっきょう酢を入れます。
IMG_4120_convert_20180807201336.jpg

IMG_4128_convert_20180807201403.jpg

IMG_4129_convert_20180807201435.jpg

⑧できあがり。10日ほどで食べられますが、1か月は漬けたい。それまでは冷蔵庫で保存します。
IMG_4130_convert_20180807201457.jpg

自家製の無農薬、自然肥料のらっきょうで加工した「らっきょう漬け」の完成です。昨年9月の植え付けから11か月がかりでした。

◎JA鳥取ホームページ
rakkyou_honduke_convert_20170802024251.jpg



2018.8.5「迫力とボランティア感あふれるクラッシックコンサートに感激」

「迫力とボランティア感あふれるクラッシックコンサートに感激」

小林研一郎といえば我々が若かりしきころから新進気鋭の指揮者として有名な人。71歳となるいまでも世界で活躍。その小林研一郎が「コバケンとその仲間たちオーケストラ」を率いて、飯山の「なちゅら」でコンサートをするというので行ってみました。なちゅら大ホールは満席。駐車場も仮設を含めて満車。大変な人気です。

当日の、演目も一般の人が良く知る曲が披露され、元テレビ朝日アナウンサーの朝岡聡さんの軽妙な司会もあり、楽しい時間となりました。こんな、文化的な事業で質の高い企画を今後とも期待したいと思う演奏でした

IMG_4132_convert_20180808054145.jpg

IMG_4134_convert_20180808055117.jpg
「なちゅら」前の駐車場は満車。臨時の駐車場に移動します。

IMG_4135_convert_20180808055140.jpg

IMG_4137_convert_20180808055421.jpg
「なちゅら」の700人収容の大ホールの入り口前には入場者の列ができています。また、楽屋側では出演者がリハの真最中。

IMG_4180_convert_20180808114635.jpg
主だった゜出演者の皆さん

IMG_4140_convert_20180808055522.jpg
市民合唱団の皆さんが入場を始めました。

IMG_4141_convert_20180808055542.jpg
休憩中の間、朝岡元テレビ朝日アナウンサーの軽妙な語り口の解説で観衆を飽きさせません。前の白いワイシャツの男性は飯山市長。

あっという間の2時間が過ぎました。観客を巻き込んだ県歌「信濃の国」の大合唱あり、最後のアンコールにはビゼーの「アルルの女」の演奏に会場の大ホールが震えるほどの音響の中でコンサートは終演しました。


◎コバケンとその仲間たちオーケストラ(ナチュラホームページ)
IMG_4143_convert_20180808055619.jpg

なちゅら音楽祭2017
コバケンとその仲間たちオーケストラin飯山
主催 長野県、(一財)長野県文化振興事業団、飯山市、コバケンとその仲間たちオーケストラ

後援 長野県教育委員会、飯山市教育委員会、信濃毎日新聞社、(公財)八十二文化財団、長野朝日放送(株)、(株)週刊長野新聞社、北信濃新聞社、北信ローカル/りふれ、(株)テレビ飯山

協力 (一社)信州いいやま観光局、飯山市芸術文化協会、三井生命保険(株)、ヤマハ(株)

日時 2017年8月6日(日) 15:00開演(14:00開場)

会場 飯山市文化交流館 なちゅら 大ホール

出演 小林研一郎〔指揮〕 朝岡 聡〔司会〕 瀬崎明日香〔ヴァイオリン〕 生野やよい〔オペラ〕  瑞宝太鼓〔和太鼓〕 
     コバケンとその仲間たちオーケストラ 他
共演 吹奏楽 長野県内高校生
合 唱 長野県内市民合唱団有志
出演者全員のボランティアによるコンサートです。

主な演奏曲目

ヴェルディ 歌劇『アイーダ』より「凱旋行進曲」
サラサーテ チゴイネルワイゼン
ブラームス ハンガリアン舞曲第5番
小林研一郎 パッサカリアより「夏祭り」
時勝矢一路 漸新打波
シベリウス 交響詩「フィンランディア」
モーツァルト レクイエムよりラクリモーサ
チャイコフスキー 序曲『1812年』 他

料金 全席指定 3000円
※なちゅら音楽祭2017 3公演セット料金は8000円

IMG_4179_convert_20180808114607.jpg


IMG_4142_convert_20180808055603.jpg

IMG_4144_convert_20180808055645.jpg

IMG_4145_convert_20180808055659.jpg

IMG_4146_convert_20180808055815.jpg

IMG_4147_convert_20180808055759.jpg

2018.7.30「女神湖畔に泊まった朝 ぶらり散歩」

「女神湖畔に泊まった朝 ぶらり散歩」

山の愉快な仲間と女神湖畔の貸別荘「森の家」に泊まった翌朝。前日の二日酔いを抜くために、女神湖畔をぶらり散歩。湖畔には多くのスポーツ、レジャー施設が点在します。

IMG_3947_convert_20180801204136.jpg
別荘が点在しています。貸別荘「森の家」はペンション「風」も経営するご夫婦か運営しています。

IMG_3949_convert_20180801204224.jpg

IMG_3951_convert_20180801204504.jpg
女神湖畔まで10分ほどです。テニスコートやレジャー施設、飲食店が点在します。

IMG_3950_convert_20180801204248.jpg
パターゴルフ場の上に早朝の月

IMG_3952_convert_20180801204314.jpg
大きなサッカー場もありました。

IMG_3953_convert_20180801204342.jpg
朝日があたる蓼科山

IMG_3954_convert_20180801204404.jpg
女神湖は静かに迎えてくれました。

IMG_3957_convert_20180801204428.jpg
女神湖から蓼科山を臨む

1時間ほどのぶらり散歩。二日酔いは抜けて、すがすがしい気分となりました。

◎女神湖(ウィキペディア)
蓼科山から北西方向に約4キロメートル離れた地点に位置。湖面標高1,540メートル、面積0.12平方キロメートル、周囲1.5キロメートル、水深は平均で4メートルである。
1966年、赤沼と呼ばれる湿地に温水ため池として完成。江戸時代に開削された農業用水路・塩沢堰に施された改良事業の一環として建設されたものである。貯水容量は32万立方メートルで、下流に広がる1,537.3ヘクタールの農地を潤す。蓼科山は別名を女神山(女神は「めのかみ」と読む)といい、これにちなんで女神湖と命名。

IMG_3948_convert_20180801204201.jpg
.
◎貸別荘「森の家」(ホームページ)
蓼科山麓女神湖から白樺林を抜け5分・・・静かな森にたたずむ貸別荘「森の家」。
和室・洋室に、リビング、キッチン、バス・トイレ…と、別荘内の施設と設備はこのまま暮らせそうなほど万全。
また広い庭で用具持参(レンタル有り)でバーベキューも楽しめます(夜9時までなので夕方5時までには到着して下さい。 夜9時以降の庭やテラスでの飲食、会話などは周辺別荘の迷惑になりますのでお控え下さい。花火は禁止です)
別荘はお二人で、またグループや御家族で、自由気ままに過ごしたい方に、おすすめです。
また女神湖や周辺観光の基地の施設としても、いろいろ自分流に利用できます
白樺湖(車8分)車山、霧が峰、蓼科高原(車20~30分)美ヶ原高原、諏訪湖(車60分)軽井沢(車75分)など。

長野県北佐久郡立科町芦田八ケ野426 MAP
アクセス 中央高速諏訪IC、又は上信越道佐久ICより50分
パーキング 有り(無料) 2台
※ 車 ⁄ 冬期道路凍結のためタイヤ滑り止め必要
部屋・部屋施設 2~8用棟 棟数2棟
調理器具付
全室バストイレ・全室シャワー・全室暖房(有料)・テレビ・空の冷蔵庫
風呂 あり

プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR