FC2ブログ

2018.11.6「秋雨の一日にサンクゼールの丘に」

「秋雨の一日にサンクゼールの丘に」

秋雨が朝から降り続く日。お米の配達準備や精米もできないので、前々から行こうと思っていた「サンクゼール」に行ってみた。飯山の古民家から車で34キロほどのところにあります。サンクゼールの丘と名付けられた丘の上にレストラン、スーベニアーショップ、ワイナリー、ブドウ畑が点在しています。生憎の雨でしたがガスがかかる幻想的な美しい風景の中で、美味しい料理をいただき充実した日が過ごせました。

IMG_6628_convert_20181106223628.jpg
「ワイナリーレストランサンクゼール」と教会。雨の中、ガスがかかった幻想的な雰囲気に包まれます。

IMG_6637_convert_20181106224009.jpg
教会も解放されていて、入室できます。

IMG_6632_convert_20181106223858.jpg

IMG_6671_convert_20181107040218.jpg
レストランのデッキからみる。左にはブドウ畑が広がります。

IMG_6633_convert_20181106223919.jpg

IMG_6636_convert_20181106223949.jpg
ブドウも紅葉していました

IMG_6634_convert_20181107040323.jpg
こちらもチャペルです。

IMG_6635_convert_20181107040342.jpg
チャペルからレストラン方向を見上げます。

IMG_6673_convert_20181107040259.jpg
正面はスーベニアショップ。左の黄色い建物がワイナリーです。


IMG_6677_convert_20181107040622.jpg

IMG_6674_convert_20181107040407.jpg

IMG_6675_convert_20181107040431.jpg
スーベニアーショップの中には軽食喫茶も併設されています。よりリーズナブルな価格で料理も提供されていました。

IMG_6679_convert_20181107040555.jpg
1日に何回か無料のワイナリーツアーが開催されているようです。

IMG_6676_convert_20181107040455.jpg

IMG_6678_convert_20181107040530.jpg
中庭の紅葉が素晴らしい発色をしていました。

IMG_6631_convert_20181106223837.jpg
サンクゼールの丘にはたくさんのリンゴの木も植えられており、真っ赤な実をたわわにつけていました。

ゆったりした時間が静かに流れる場所で美味しい料理と景色に舌鼓を打ちながら過ごす至福の時をいただきました。

*「ワイナリーレストランサンクゼール」は拙ブログ「サンクゼールでいただく美味しい料理がお勧め」をご覧ください。

◎サンクゼールの丘(homeページ)
飯綱町芋川1260 地図
ワイナリー・直売・飲食
営業日 1~3月の水曜(祝日除く)・1/1 以外無休
営業時間 9~17時(1~3月は10~16時)
☎ 026-253-8002
アクセス(車) 上信越道信州中野ICから約15分・長野市街地から約40分
アクセス(公共交通) 牟礼むれ駅からタクシー約5分・徒歩約40分

St. Cousairは、ソース・ドレッシング・スパイス・オイル・ジャム・ワインなどを製造し、おしゃれなロゴと瓶で、新宿京王デパートなど全国30以上の店舗で販売する人気ブランドです。
その本店は、長野県の飯縄町の高台にあり、「サンクゼールの丘」として、毎日無料のツアーもあるワイナリーの他、ジャム工場・直売店・レストラン・結婚式場まであるスポットとなっています。見晴らしがとても良く、散策するにもいい場所です。直売店にもサンクゼールのいろいろな商品が売っていて、通常価格より値引きされているものもあります。
サンクゼールのワインの中では、シャルドネのワインがフランスのワインコンテストで金賞を獲ったこともあり、人気があります。また、信州一のリンゴの名産地でもある飯縄町産のリンゴを使ったシードルは、地元ですぐに売り切れ、他の店舗には出回りません。
サンクゼールの経営者の久世良三さんは、東京から長野県にIターンして大成功された先駆者です。1975年にまず斑尾高原でスキー客向けのペンションを始め、その後奥さんの手作りの無添加ジャムを商品化、(株)斑尾高原農場を設立。その後欧風田舎料理のレストラン「サンクゼール」をオープン、ワイナリーも始め、社名も「サンクゼール」に変更しました。久世さんはクリスチャンで、サンクゼールの丘には「サンクゼールチャペル」は、結婚式用ではなく、毎日曜日礼拝も行っています。近年は中国での展開も積極的に図っています。

2018.11.06「サンクゼールでいただく美味しい料理がお勧め」

「サンクゼールでいただく美味しい料理がお勧め」

秋雨が朝から降り続く日。お米の配達準備や精米もできないので、前々から行こうと思っていた「サンクゼール」に行ってみた。飯山の古民家から車で34キロほどのところにあります。サンクゼールの丘と名付けられた丘の上にレストラン、スーベニアーショップ、ワイナリー、ブドウ畑が点在しています。生憎の雨でしたがガスがかかる幻想的な美しい風景の中で、美味しい料理をいただき充実した日が過ごせました。


IMG_6628_convert_20181106223628.jpg
「ワイナリーレストランサンクゼール」と教会。雨の中、ガスがかかった幻想的な雰囲気に包まれます。

IMG_6638_convert_20181106224031.jpg
レストランの入り口。奥に広い接待スペースが見えます。

IMG_6639_convert_20181106224050.jpg
受付の横から階下に待合スペースも用意されています。

IMG_6640_convert_20181106224109.jpg
接待スペースには中央に団体客用と思われるテーブル。両脇の個人客用のテーブルが用意され、どこからも美しい景色が眺められるようになっていました。

IMG_6655_convert_20181107035718.jpg
アウトドアビュッフェを楽しみたい向きにはアウトドアデッキにもたくさんのテーブルが配されています。

IMG_6641_convert_20181106224411.jpg

IMG_6648_convert_20181107035625.jpg
たまたま空いていたこともあり、眺めの素晴らしいテーブルに案内されました。

IMG_6630_convert_20181106223810.jpg
料理の一例。これにはすべて焼き立てのパンが付きます。サラダも欲しければ豊富なサラダメニューが用意されています。すべて、何人かでシェアーして食べる量となっています。

IMG_6643_convert_20181107035419.jpg
いろいろ説明を受けましたが、面倒なので、「信州プレミア牛セット」を注文しました。

IMG_6645_convert_20181107035512.jpg
セットされたお皿もおしゃれです。楓の葉をモチーフとしたもののようです。

IMG_6656_convert_20181107035740.jpg
出来立てのパンが運ばれてきました。サンクゼールのパンは美味しいとの評判ですが、やはり、ジャムが美味しい。

IMG_6649_convert_20181107035651.jpg
ジャムはたくさんの種類が取り放題となっています。ほとんどはスーベニアショップで購入できますが、ここでしか食べれないものもあります。シェフがその日採った食材で作ったジャムです。

IMG_6658_convert_20181107035802.jpg
愉快な仲間はワインを頼んでいましたが、私は車の運転があるのでウォーターで我慢。しかし、この水差しはおしゃれだなあ。

IMG_6659_convert_20181107035824.jpg

IMG_6660_convert_20181107035848.jpg
サラダの盛り合わせ。信州サーモン、鹿肉なども添えられています。取り分けました。

IMG_6661_convert_20181107035913.jpg

IMG_6662_convert_20181107035939.jpg
パルミジャーノレジャーノのリゾット。パルミジャーノチーズの塊の半分をくりぬき、そこにご飯を入れてチーズを削りながら混ぜます。濃厚なチーズにご飯が混ざっているように感じるほど濃厚。牡蠣のパスタが私は良かったのですが、愉快な仲間が食べれないので。これはどちらかをチョイスします。

IMG_6663_convert_20181107035958.jpg
メインデュッシュの「信州プレミアム牛のもも肉の炭火焼き」。上手いの一言。絶品。1人125g。

IMG_6667_convert_20181107040104.jpg
いよいよ最後のデザート。7種類からチョイスできます。愉快な仲間は洋ナシのコンポート。皿のふちにお客様の心遣い。おもてなしを感じます。

IMG_6670_convert_20181107040149.jpg
私は「思わず笑みのこぼれるティラミス」

店員の応接もよく、心遣いを感じるサービスに癒され、ゆったりした時間が静かに流れる場所で、美味しい料理と景色に舌鼓を打ちながら至福の時をいただきました。

<ランチメニュー>
IMG_6644_convert_20181107035448.jpg

IMG_6646_convert_20181107035536.jpg

IMG_6647_convert_20181107035600.jpg


◎サンクゼールの丘(homeページ)
飯綱町芋川1260 地図
ワイナリー・直売・飲食
営業日 1~3月の水曜(祝日除く)・1/1 以外無休
営業時間 9~17時(1~3月は10~16時)
☎ 026-253-8002
アクセス(車) 上信越道信州中野ICから約15分・長野市街地から約40分
アクセス(公共交通) 牟礼むれ駅からタクシー約5分・徒歩約40分

St. Cousairは、長野県の飯縄町の高台にあり、「サンクゼールの丘」として、毎日無料のツアーもあるワイナリーの他、ジャム工場・直売店・レストラン・結婚式場まであるスポットとなっています。見晴らしがとても良く、散策するにもいい場所です。直売店にもサンクゼールのいろいろな商品が売っていて、通常価格より値引きされているものもあります。
サンクゼールのワインの中では、シャルドネのワインがフランスのワインコンテストで金賞を獲ったこともあり、人気があります。また、信州一のリンゴの名産地でもある飯縄町産のリンゴを使ったシードルは、地元ですぐに売り切れ、他の店舗には出回りません。

2018.11.7「なべくら高原の清冽な水にはぐくまれた かざまつりを届ける」

「なべくら高原の清冽な水にはぐくまれた かざまつりを届ける」

「美味しいお米づくり」の最後の仕事は精米して、全国のご注文をいただいたお客様にお届けすること。この仕事も精米、袋詰め、配達または配送と結構な負荷のある仕事となります。全国のお客様に「飯山和水地区」の美味しいお米を食べていただき、「この値段でこんなおいしいお米」とお褒めの言葉を励みに頑張ります。今年から清らかななべくら高原の雪解け水に育まれお米 かざまつり」とネーミングもつけてお届けしています。ご注文をいただいたのに十分にお答えできなかった皆様にも来年はしっかりお届けできるように頑張ります。
気が付けば周りの山々は紅葉が最盛期を迎えていました。

IMG_6478_convert_20181112232505.jpg
最後の最後まで湛水管理し、ハゼかけた美味しいお米「かざまつり」

IMG_6688_convert_20181112232040.jpg

IMG_6689_convert_20181112232101.jpg
全国のご注文いただいた皆様にオリジナルシールを付けた袋に封入してお送りします。

IMG_6594_convert_20181112232153.jpg
もちろん忘れてはいけない新米シール

IMG_6581_convert_20181112232335.jpg
気が付けは裏山は紅葉も終盤。


IMG_6590_convert_20181112232234.jpg
田に清冽な雪解け水をながしこんでくれる恵みのなべくら高原も紅葉。

作業はお客様の顔を思い出しながら一生懸命にやっています。11月いっぱいまでかかりそうです。

IMG_6928_LI_convert_20181130024150.jpg
飲み会を兼ねて、お米をお届け。

2018.11.29「なべくら高原の花木農家のお手伝い」

「なべくら高原の花木農家のお手伝い」


稲作の最後の仕事である精米、袋詰め、配達・配送が佳境を迎えた11月初旬に花木農家から作業支援の☎。忙しい中ですが、頼まれると断れない性格で何とかなるだろうと安請け合い。子全中、花木の採取の仕事に出ます。なべくら高原に生け花に使用する花木を切り倒す仕事です。切り倒した花木を畑に1週間ほど放置して葉を枯れ落とし、芽が噴き出すのを待ちます。噴き出したら出荷ができます。
枝を根元から切り落とすので結構な重労働です。鎌で体を傷つけないように注意して進めます。雪の季節もすぐそこまで来ているので雪が降りだす前に作業を終えるために季節と競争です。

IMG_6697_convert_20181115055215.jpg

IMG_6698_convert_20181115055150.jpg
花木畑。2種類の花木を栽培しています。まずは、左手前と奥の畑に広がる黄色い葉の花木の採取をします。


IMG_6684_convert_20181115055306.jpg

IMG_6682_convert_20181115055537.jpg

IMG_6683_convert_20181115055341.jpg

IMG_6681_convert_20181115055459.jpg
花木は背丈より高く育っており、根元に腰をかがめて、斜めに切り落とします。相当のコツが必要。

IMG_6700_convert_20181115055100.jpg
花木には蔓性の植物が巻き付き、切り倒すだけでなく、枝を傷めずに採取するのに神経を使います。

IMG_6699_convert_20181115055123.jpg
それでも相当切り倒して地面に寝かせます。1週間もたてば、葉が落ち、芽が出たら出荷準備です。

IMG_6815_convert_20181203233653.jpg

IMG_6816_convert_20181203233720.jpg
こちらは、また、別の種類の花木です。すでに葉は落ちているので枝を切り落とします。

IMG_6818_convert_20181203233743.jpg
眼を上げればアスパラ畑のイチョウが美しい。

IMG_6879_convert_20181203233448.jpg

IMG_6880_convert_20181203233516.jpg
今年は雪が遅く、花木作業が遅れ気味でありがたい。しかし、寒さは確実に忍び寄り、霜が立つ日も多くなります。

IMG_6878_convert_20181203233604.jpg

IMG_6877_convert_20181203233541.jpg
サンゴと呼ばれる花木。赤い色が美しい。

花木は雑草の管理をしっかりすれば、それほど管理も必要なく、育てられるので収益性の高い農産物だと農園主。

◎農林水産省「平成26年度版の営農類型別経営統計」
個別経営における施設花卉作経営の平均農業所得は約340万円となっています。それに対し他の個別経営農業の平均農業所得は、水田作経営が約27万円、畑作経営が約246万円、施設野菜作経営が約424万円、果樹作経営が約188万円、酪農経営が約833万円、肉用牛経営が約354万円、養豚経営が約1416万円、採卵養鶏経営が約502万円、ブロイラー養鶏経営が約826万円という結果でした

2018.11.13「集落の愉快な仲間と瀬波温泉呑み倒れツアー 最高の夕陽」

「集落の愉快な仲間と瀬波温泉呑み倒れツアー 最高の夕陽」

長野県飯山の集落の愉快な仲間と稲作作業も終わったので、新潟瀬波温泉に飲み倒れツアー。瀬波温泉は新潟県村上市にある夕陽で有名な温泉。露天風呂に入りながら夕陽を眺め、その後、1年の疲れを酒で流そうとの趣向の旅です。幸い天気も良く、夕陽には絶好の日となりましたが、途中でお酒を飲みすぎ、宿泊先の「大観荘 せなみの湯」に到着したのは太陽が水平線に沈むギリギリに。受付もそこそこに部屋から日没寸前の夕陽を眺めました。感動。当然、その日は、よる遅くまで集落や飯山市の活性化を肴に熱い話がつづきました。

IMG_6766_convert_20181119195353.jpg
村上の名物 塩引き鮭がかかる本日の宿泊場所「大観荘 せなみの湯」に日没ぎりぎりに到着。

IMG_6718_convert_20181120063622.jpg
受付している間にも太陽はつるべ落とし状態。温泉から見るのをあきらめて、せめて眺めの良い部屋に脱兎のごとく急ぎます。

IMG_6719_convert_20181120063648.jpg

IMG_6722_convert_20181120063710.jpg
水平線にはくもがかかっているものの、何とかすぱらはーしい夕陽に出会えました。

IMG_6733_LI_convert_20181120063808.jpg
温泉にゆっくり使った後は、いよいよ楽しみな酒宴のはじまり。夜遅くまで、集落や飯山市の活性化の熱い議論が続きました。


◎瀬波温泉(ウィキペディア)
日本海の瀬波海岸に面して、11軒の旅館およびホテルと1軒の日帰り入浴施設がある。無料の足湯も2カ所。
黄金崎不老不死温泉などと同様に、日本海に沈む夕日が有名で、2008年7月1日にNPO法人の地域活性化支援センターから、恋人の聖地として認定されている。秋にサケが遡上することで有名な三面川(みおもてがわ)が村上市内を流れていることから、各旅館などでは、名物の各種サケ料理などを夕食時などに味わうこともできる。

開湯は明治37年である。豊富温泉、羽根沢温泉、月岡温泉などと同様、石油試削中に発見された。与謝野晶子が訪れたこともある。
アクセス 車:日本海東北自動車道 村上瀬波温泉ICより国道345号、新潟県道3号新潟新発田村上線経由で11分。
     鉄道:羽越本線 村上駅下車。バスで10分。




2018.11.13「新潟県村上といえば "さけの町"酒と鮭」

「新潟県村上といえば "さけの町"酒と鮭」

長野県飯山の集落の愉快な仲間と稲作作業も終わったので、新潟瀬波温泉に。折角なので村上市中心街まで足を延ばします。村上は日本酒とサケ漁で昔から有名な町。造り酒屋は今でこそ少なくなったが井原西鶴の「好色一代女」にも記載があるほど多くの造り酒屋があったところです。また、この時期の村上の町を歩くと軒先に鮭がぶら下がり、冬の風物詩になっています。ぶら下げ方と腹の咲き方に特徴があります。

村上の酒といえば全国的には「〆張鶴」が有名ですが、日本酒の通の我々は村上の14の造り酒屋が統合してできた「大洋盛酒造」の蔵を訪問しました。当然、利き酒を散々した挙句、四合瓶2本を購入し、夜の宴会に持ち込みました。肴は漁が真っ盛りの鮭。塩引き鮭が有名で、これを購入して、日本酒で大いに盛り上がる二次会に。

IMG_6716_convert_20181121062018.jpg
大洋盛酒造。蔵めぐりもできます。案内の社員は若いのに造形深く、なかなかの色男。蔵めぐりはお勧めです。

IMG_6715_convert_20181121061957.jpg
こちらで日本酒の利き酒や蔵の歴史を垣間見えます。「和水蔵」といい、我が集落と同じ名前に大拍手。


IMG_6713_convert_20181121061918.jpg

IMG_6717_convert_20181121062110.jpg
和水蔵の中には統合した14の造り酒屋の銘酒が並んでいました。

IMG_6714_convert_20181121061937.jpg
愉快な仲間は利き酒にいそしみます。原酒の量り売りもあり、一本購入しました。アルコール度20度。

IMG_6812_convert_20181121061803.jpg
量り売りの「蔵出しの原酒」。もろみが強く、口に広がる芳香は酒好きにはたまりません。1080円。

IMG_6814_convert_20181121061833.jpg
当然、蔵の実力を図る「純米酒」も購入。1500円。

<余禄>
街の軒先には塩引き鮭がつるされています。村上の風物詩ともいえます。宿泊した「大観荘 瀬波の湯」の玄関。鮭には価格札がついてましたが、どれも10000円以上。一番下の写真。

IMG_6766_convert_20181120063905.jpg

IMG_6770_convert_20181119195438.jpg

◎大洋盛酒造株式会社 (homeページ)
村上は、古くから酒造りの盛んな土地でした。 江戸時代、井原西鶴は「好色一代女」に、「村上のお大尽(だいじん)が、京都の島原で、廓(くるわ)遊びをしたときに、京都の酒はまずいからと、村上の酒を持ち込んで飲んだ」話を入れています。 

大洋酒造株式会社の歴史は、地元の古い14の酒蔵が合併した時から始まります。
1945年に下越銘醸株式会社、酒名「越の魂(たま)」として発足し、その5年後に社名を大洋酒造株式会社、酒名を「大洋盛」に改名しました。 このように会社設立は、昭和の時代ですが、母体となった各酒蔵の歴史は大変古く、井原西鶴の「好色一代女」創刊よりも前の寛永12年(1635年)創業の蔵もあり、営々と酒造りを続けてきた歴史と伝統を誇りとしています。

所在地 新潟県村上市飯野1-4-31
☎ 0254-53-3145(代表)
設 立 1945年(昭和20年)

・和水蔵
営業時間 9:00~12:00、13:00~16:00
展示場休業日 12月31日~1月3日
※ その他、都合により休業させていただく場合がございます。
旧仕込み蔵見学(要予約)

◎塩引き鮭
村上近海で獲れた雄鮭の内臓やエラを取り出し、特選の粗塩をすり込み、仕込んだ鮭を数日置いてから水洗いし、村上地方特有の浜風で寒風干しにして仕上げたもの
頭を下にするのは村上独特の吊り下げ方。城下町だった村上では、鮭でさえもお殿様に頭を高く出来なかった、というのがその理由と言われている。
また、腹を全部切り開かずに、腹びれのあたりでつなげているのも特徴。この製法は城下町村上の独特の作り方で、腹を切っていない(切腹をきらい)というしるしとなります。

IMG_6771_convert_20181121065743.jpg

2018.12.4「はるちゃん的 野菜作り2018 さといも 」

「はるちゃん的野菜作り2018 さといも」

5月中旬になって、やっと暖かくなってきたので里芋を植え付けることにします。里芋の栽培は初めてなのでわくわくします。畑に石灰を撒き、鶏糞をほどこし、干し藁をかけて、種芋を植えました。種芋は8個植えました。もちろん、無農薬で育てます。

IMG_1872_convert_20180613005234.jpg
550グラムの8個入を購入。698円。50個は収穫したいところです。

〇5月15日
IMG_1871_convert_20180613005159.jpg
畑に苦土石灰と鶏糞を撒いて、よく鋤きこみ、一週間ほど寝かせました。

IMG_1874_convert_20180613005311.jpg

IMG_1876_convert_20180613005338.jpg

IMG_1877_convert_20180613005358.jpg

IMG_1878_convert_20180613005417.jpg
種芋の芽を上に向けて、化成肥料を施したうえで、15センチほどのところに植付けました。肥料は緩やかに長期間効くものを使用しています。

〇6月12日
なかなか、発芽せずに気をもんでいましたが、やっとこの日、1枚の発芽を確認しました。発芽まで1か月弱かかりました。
植えた後には敷き藁かマルチをした方が乾燥しなくてよさそうです。

IMG_2575_convert_20180613010428.jpg

○6月22日
IMG_2988_convert_20181204215932.jpg
10日もたつと分決したのか別の茎・葉が伸びた。

○7月22日
IMG_3405_convert_20180713033031.jpg
かなりの葉が出てきます。

○9月26日
IMG_5891_convert_20181204221317.jpg
結果的に5個が発芽し、4個が大きく葉を広げました。土寄せに注意するくらいで、無農薬、減肥で育てます。

○10月23日
IMG_6447_convert_20181204221822.jpg
周りで育てていた多くの作物が収穫され、さといもの大きな葉だけが目立ちます。

○12月4日
雪が大変に遅い冬となりました。今冬、少しばかりの雪が降りましたが積雪にはなりません。今週末は積雪との予報。その前に季節外れの温かさの一日に、サトイモの葉が枯れ始めたので収穫しました。スコップで茎を中心にかなり広く円状に掘ります。

IMG_7044_convert_20181204222118.jpg

IMG_7045_convert_20181204222144.jpg
茎の下にサトイモが見えています。

IMG_7047_convert_20181204222233.jpg
一気に掘り出します。

IMG_7048_convert_20181204223128.jpg
サトイモにはたくさんのひげのような根が付いているのでこれを取り除きます。まるでコンニャクイモのようです。

IMG_7050_convert_20181204222322.jpg
結果的に、これだけの無農薬のサトイモが取れました。正月のお節料理の材料野菜では、丹波の黒豆に次いで、無農薬の材料の収穫に成功しました。

来年も今年の経験を生かして、発芽率を高めて、さらなる多くのイモの収穫を目指したいものです。


<番外>さっそく、茎芋は長く置くとえぐみが出るというので、豚汁の具材として使用しました。


IMG_7153_convert_20181211000437.jpg

IMG_7154_convert_20181211000503.jpg

IMG_7155_convert_20181211000538.jpg
あたたかい豚汁に、日本酒で温まる寒い夜。

◎里芋栽培
・生育温度 25~30℃。
・土壌酸度 5.5~6.5。
・連作障害 あり。3年~4年(できれば5年以上)はあける。
・育てやすい品種 石川早生(子芋用)、土垂れ(子芋用)、八ツ頭(親子兼用)、セレベス(親子兼用)など。
・元肥 苦土石灰と元肥を入れる。
・植えつけ時期 4月中旬~下旬(十分に暖かくなってから)。
・植えつけ方法 幅:90cm。
           黒マルチ:どちらでも良い。
株間:2列、40cm~50cm。
植え方:7~8cmの深さで芽を上向きに植える。
・栽培中の管理 追肥:6月下旬頃に化成肥料で追肥。
土寄せ:5月下旬頃、6月下旬頃、梅雨明け頃。
           除草:こまめに除草する。
           敷き藁:梅雨明け頃。
           潅水(水やり):乾燥時期。
・収穫 早生種は9月中旬頃、ほかは10月下旬頃から。
・病害虫 主な病気:乾腐病など。
      主な害虫:アブラムシ、ハダニ、ハスモンヨトウ、セスジスズメなど。
・栽培のポイント
 種類によって食用になる部分(親芋用、子芋用、親子兼用)が異なるため、目的に合った種類を選ぶ。
 丸くふっくらとした大きい種芋を用意する。
3年~4年(できれば5年以上)は連作しない。
十分に暖かくなってから種芋を植える。
種芋を植える前にできるだけ深く耕す。
定期的に土寄せを行う。
除草した草や藁で株元を覆って乾燥を防ぐ。
乾燥時期は朝や夕方に潅水(水やり)を行う。
収穫は霜が降りる前までに終わらせるか、保存する。

IMG_1873_convert_20180613005253.jpg

2018.11.17「千歳烏山周辺に住む元の会社の仲間と飲み会 酒場アカボシ」

「千歳烏山周辺に住む元の会社の仲間と飲み会 酒場アカボシ」

千歳烏山周辺に住む会社時代の気の合う愉快な仲間の定例の飲み会「烏山会」。忘年会なので原点の千歳烏山の飲み屋「酒場アカボシ」に。
「アカボシ」とはサッポロビールの赤ラベルの赤い星から命名したそう。したがって、ビールはサッポロラガービールの赤星ラベルの瓶ビールのみ。その代わりに、日本酒の品ぞろえがいろいろ。しかし、その品ぞろえには思想はなさそう。「十四代」、「鍋島」、「紀土」などの銘酒がある一方、「菊姫」のように東京の居酒屋ではあまりお目にかかれない酒も混在します。さらに、お魚のお造りや馬刺しがある中、亭主の一押しはポテトサラダ。居酒屋の味を知る指標は「ポテトサラダ」と信じている私にとっては、「亭主。よう言った。」の思い。
今回は、新しいメンバーも加えて、わいわいがやがや楽しい時間が流れます。

さんざん飲んだ割には4000円とコスパは良い店でした。日本酒は良いが、料理はいまいちかな。

IMG_6821_convert_20181122000638.jpg
まさに、赤星が目印。

IMG_6826_convert_20181122000808.jpg
店内は調理場を囲むカウンター席と我々が陣取った奥のテーブル席。テーブル席は10人で一杯。

IMG_6827_convert_20181122000827.jpg
壁には肴のメニューがずらり。

IMG_6825_convert_20181122000748.jpg
ちょっと早く来すぎて、我慢できずに、赤星に店長お勧めの冷ややっこ。塩でいただきます。特に、大豆の風味があるわけでもないがなあ。450円。

IMG_6834_LI_convert_20181122001025.jpg
ちびちびと飲んでいると愉快な仲間が一人一人と現れます。

IMG_6829_convert_20181122000859.jpg
店長お勧めのポテトサラダ。480円。うむ。

IMG_6836_convert_20181122001102.jpg
これは変わり種の焼きポテトサラダ。550円。これはひどい。表面を焼きすぎて、まったく美味しくない。

IMG_6832_convert_20181122000937.jpg
なかなか手に入らない人気ナンバーワンの日本酒「十四代」。本丸特別本醸造。甘い。女の子向け。日本酒好きには無理。600円。

IMG_6833_convert_20181122000956.jpg
鳥から。これも自慢のメニューとのことですが、今ひとつ。

IMG_6835_convert_20181122001044.jpg
厚いハムカツ。480円。

IMG_6838_convert_20181122001158.jpg
ゴマかんぱち。750円。

IMG_6843_convert_20181122001329.jpg
ここで日本酒は和歌山の酒「紀土」の純米酒。500円。

IMG_6842_convert_20181122001244.jpg
ピーマンの肉詰め。530円。

IMG_6840_convert_20181122001219.jpg
佐賀の銘酒「鍋島」特別純米酒。500円。

IMG_6837_LI_convert_20181122001130.jpg
全員、さらにお酒が入り、口が回る回る。

IMG_6845_convert_20181122001347.jpg
イワシのシソ揚げ。やっと美味しいと思う肴。

IMG_6848_convert_20181122001409.jpg

IMG_6849_convert_20181122001428.jpg
美味しい肴に出会ったので、日本酒をもう一杯。山形の酒「山吹極」。生もと純米無濾過原酒。500円。これは初めてのむ銘柄。山形県の穀倉地帯、村山盆地の中央に位置する河北町谷地に有る朝日川酒造(株)の酒。江戸時代から続く造り酒屋。

本当に日本酒の味を知る人の酒かな。すっきりしたフルーティーとは対極。口当たりは柔らかいけれど個性のある太い味わい華やかな香りや爽やかな口当たりはない。

アルコール 19.1% 日本酒度  +5 酸度    1.9 アミノ酸度 2.2  原料米  山酒4号 精米歩合 60% 使用酵母 山形KA
酒母   生もと酒母

IMG_6860_convert_20181122001448.jpg
締めは焼きそば。これもダメでした。600円。

日本酒の品ぞろえはそこそこなのに、大事な酒の友の料理、肴が今一。今後の料理の腕が上がることを期待。

◎酒場アカボシ
☎ 03-6279-6263
東京都世田谷区南烏山6-29-2 プラタナスタカサゴ 1F
交通手段 千歳烏山駅 北口から徒歩3分
営業時間 火~日曜日17:30~3:00 日曜営業
定休日 月曜日

IMG_6823_convert_20181122000708.jpg

IMG_6824_convert_20181122000727.jpg

2018.12.4「はるちゃん的野菜作り2018 丹波の黒豆」

「はるちゃん的 野菜作り2018 丹波の黒豆 」

6月初旬の晴れた日に販売を目指して「壱の畑」で丹波の黒豆を本格栽培。2年間の経験を活かして収量の増大を図ります。もちろん無農薬栽培なので、虫がつきにくい黒豆でも、20% は食われるのを覚悟で苗の本数も決めてスタート。50本の苗を作る予定です。丹波黒大豆といっても、 枝豆の一種。枝豆には「白毛種」と「茶毛種」と呼ばれる2種類があり、 さらに、茶毛種には、「茶豆種」、「黒豆種」、「毛豆種」があるそう。
我々が一般食べている枝豆は、さやに白い毛を持つ白毛種。、さやに褐色の毛を持つのが茶毛種。

丹波の黒豆は甘みがあり、大粒でおいしいといわれるこの種の昨年採取した3代目の種を栽培します。

DSC_0315_convert_20160628104630.jpg

〇6月7日
昨年より1日遅く苗作り。へその部分を下に植え付けました。まずは苗づくり。昨年の保存した種(3代目)を播きます。

IMG_2481_convert_20180607110100.jpg

IMG_2482_convert_20180607110323.jpg
3代目の丹波黒です。遺伝の関係で食味はどうなのかな。

IMG_2493_convert_20180607110345.jpg

IMG_2494_convert_20180607110402.jpg

IMG_2495_convert_20180607110424.jpg
へそを下にして全部で25個をとりあえず準備。すべて発芽してくれるかな。

〇6月12日
種まきから6日で、発芽が始まりました。

IMG_2586_convert_20180613003836.jpg

〇6月14日
IMG_2617_convert_20180619181310.jpg
かなりの発芽率です。鎌首を上げ始めました。

〇6月19日
子葉の双葉が出始めました。
IMG_2951_convert_20180706022356.jpg

〇6月26日
苗が順調に育ち、、本葉第1葉が展開したので子葉節まで土がかかるように畑に深植えをします。

IMG_3072_convert_20180706022640.jpg

IMG_3070_convert_20180706022711.jpg

IMG_3071_convert_20180706022738.jpg
畑にマルチを敷きます。田圃であった土地を借りて、耕した畑です。

IMG_3076_convert_20180706022808.jpg

IMG_3079_convert_20180706022832.jpg
条間90~120cm、株間40~50cmで穴をあけます。

IMG_3080_convert_20180706022856.jpg

IMG_3081_convert_20180706022919.jpg

IMG_3083_convert_20180706022949.jpg
子葉節まで土がかかるように深植えをします。

〇7月11日
IMG_3486_convert_20180713034411.jpg
移植後2週間ほどたちました。すくすくと成長しています。元田圃で水を含んだ畑でもなんとか定植できそうです。

IMG_3488_convert_20180713034435.jpg
この日、定植に自信をつけて、畝をもうひとつ作りました。

〇7月22日
IMG_3736_convert_20180802234525.jpg
種播きから1か月半。順調に生育しています。

〇8月27日
IMG_4330_convert_20180828024913.jpg

IMG_4875_convert_20180828024955.jpg
順調に生育し、この日に花が咲いているのを見つけました。

立派な丹波の黒豆になってほしいと願います。水はけが消してよくない土地に水はけの悪い土地を嫌う丹波の黒豆が育つか。

〇9月6日
IMG_5163_convert_20181212022809.jpg

IMG_5170_convert_20181212023032.jpg
順調に育っていた黒豆ですが、この日、異変が。一本の茎が動物らしきものに食い倒されていました。

IMG_5164_convert_20181212022835.jpg

IMG_5165_convert_20181212022906.jpg
食い倒された無残な茎

IMG_5161_convert_20181212022746.jpg

IMG_5167_convert_20181212022936.jpg

IMG_5169_convert_20181212023001.jpg
早速、防獣対策用のネットで囲いました。その後は収穫まで被害はありませんでした。

〇11月25日
IMG_6945_convert_20181212021944.jpg

IMG_6944_convert_20181212022003.jpg
かなり葉が枯れてきました。鞘を獲ってみると豆はまだ小豆色です。しかし、そろそろ収穫を考えないと雪が降ったらおしまいです。

〇11月27日
IMG_6952_convert_20181212021234.jpg
葉がかなり枯れてきました。まだ青い鞘もありますが、降雪すると収穫が難しくなるので、収穫を始めました。

IMG_6953_convert_20181212021258.jpg

IMG_6954_convert_20181212021323.jpg
丁度良いように鞘が枯れたのもありますが、もう少しこのままかわかしたいところです。

IMG_6973_convert_20181212021006.jpg
収穫した茎から鞘を外して脱穀します。小豆色の黒豆が混ざっています。

〇12月1日-10日
初雪が降る前に豆類を収穫し、脱穀します。殻を一つ一つ向いて、乾かします。本来は鞘がかれるまで収穫しないでとっておきたいところですが雪に埋もれては収穫できないので早いと思っても収穫します。初雪前は焚火にあたりながら、初雪で積雪に畑が覆われたら家の中で脱穀を続けます。

IMG_7028_convert_20181212015637.jpg

IMG_7032_convert_20181212015659.jpg
焚火にあたりながら黒豆の脱穀。鞘をすぐに燃やせるのが良いです。もちろん、温かい。

IMG_7040_convert_20181212015741.jpg

IMG_7039_convert_20181212015719.jpg
家の中で、丹波の黒豆、白いんげん、うずら豆の脱穀です。

IMG_7043_convert_20181212015449.jpg
黒豆は早取りすると小豆色ですが乾かすと黒くなります。

〇12月10日
IMG_7158_convert_20181212013814.jpg
すべての黒豆の皮をむき終わりました。無農薬栽培なので3割近くは虫に食われていました。それでも2.5キロほどの収穫となりました。

今年の正月も美味しい黒豆煮が食べれそうです。

◎黒豆の育て方(「JAつやまホームページ参照)
①土づくり・ほ場の準備
地力向上のため、完熟たい肥を1aあたり100~200kg程度使用する。
また、土壌pHを矯正するため、炭酸苦土石灰(粒)を1aあたり10kgを施用する。
特に、連作している場合は、連作障害が出やすいので、深耕や土づくりに心がける。
また、湿害に弱いので、暗きょや明きょの設置、排水溝などを設ける。
②播種・定植
ほ場の条件や栽培面積等により、直播栽培、移植栽培を行う。
・播種時期
6月10日~6月15日ころ
・育苗方法
苗床で行う場合は播種間隔は8×5cmに1粒播種し軽く覆土を行う。
・定植方法
播種後12~14日ころで、本葉第1葉が展開したころに子葉節まで土がかかるように深植えをする
③ 栽植密度
条間90~120cm×株間40~50cm
④施肥
⑤雑草対策
雑草は徹底的に抜く
⑥中耕・土寄せ
中耕・土寄せは、倒伏防止、根の発達促進などがあり増収効果が高い。
1回目
播種25~30日後(本葉3~4葉期ころ)
2回目
1回目の15~20日後(本葉5~6葉期ころ)
⑦.収穫・乾燥
(1) 収穫、乾燥・脱穀
茎葉が黄変し、莢が80~90%褐色になったころに、収穫し、架干し、島立てなどで10~15日程度乾燥する(必要に応じ収穫前に、葉もぎを行う)。
脱穀は、子実の乾燥を確認してから行う。
高水分、過乾燥で脱穀すると品質の低下、収穫ロスが発生する。
(2) 選別・仕上げ乾燥
被害粒、裂皮粒、扁平粒、しわ粒などを除去する。
直射日光のあたらない屋内で、爪が立たない程度まで乾燥させる。
選別機、黒大豆用篩で規格に選別し仕上げる。
⑧病害虫対策
モザイク病
(アブラムシ類)
アブラムシ類により媒介される。

カメムシ類
着莢期~子実肥大期の発生で被害が大きく、落莢、子実の変色、変形、奇形粒の原因となる。
8月下旬、9月上旬を中心に、マメシンクイガもあわせて防除を行う。



2018.11.14「新潟で発見 とても美味しいとんかつ 政ちゃん」

「新潟で発見 とても美味しいとんかつ 政ちゃん」

新潟市内に行ったとき、ちょうど昼時。とんかつ大好き人間の私としては新潟でいくつかの店を展開している評判の高い「とんかつ 政ちゃん」に立ち寄ります。
新潟の名物はタレかつ丼。秘密のケンミンショーでもここのタレかつ丼が紹介されていました。福井のヨーロッパ軒と同様にどんぶりからあふれるとんかつがのり、秘伝の甘しょっぱいタレがかかります。

IMG_6801_convert_20181203225718.jpg

IMG_6802_convert_20181203225745.jpg
新潟市内にいくつかの店を展開していますが、本店に行かねばと沼垂にある本店に来ました。


IMG_6803_convert_20181203225809.jpg

IMG_6810_convert_20181203230045.jpg
店内はカウンター席と座敷席。座敷席にすわり、まずはビールを注文。

IMG_6804_convert_20181203225838.jpg

IMG_6805_convert_20181203225906.jpg
メニュも豊富です。

名物タレかつ丼よりもとんかつ大好き人間としてはタレかつ2枚と生ビールセット1000円を注文。さくさくした揚げと柔らかい肉に甘じょっばいタレが絶品。美味しい。

IMG_6808_convert_20181203225939.jpg

ビールが進む進む

IMG_6809_convert_20181203230020.jpg
アジフライを追加。これがふわふわの触感でとても美味しい。お勧め。いつの間にか、熱燗「〆張り鶴」を注文していました。

新潟に行ったら、「とんかつ 政ちゃん」はコスパの観点からもおすすめです。

◎とんかつ政ちゃん 沼垂本店
☎025-245-2994
新潟県新潟市中央区沼垂東5-12-1
営業時間 11:00~15:00/17:00~21:00
日曜営業
定休日 無休

IMG_6806_convert_20181203225959.jpg


2018.11.26「アグリツーリズモの一環でリンゴを都会に届けます」

「アグリツーリズモの一環でリンゴを都会に届けます」

田舎で作った農産物を都会に届けて、生産地を都会の人に尋ねていただく、きっかけをつくるアグリツーリズモ。その一環で、お米が一段落したので長野名物のリンゴを都会に届けることにしました。栗や果実の生産で有名な小布施町のリンゴ農園のご協力でコスパよく、都会のお客様に届けます。寒暖の差の激しいこの時期に、蜜をため込んだサンフジの蜜入りリンゴ。ご賞味あれ。

IMG_6864_convert_20181126094020.jpg
蜜入りのサンフジ。

IMG_6871_convert_20181126094157.jpg

IMG_6874_convert_20181126094221.jpg
小布施町のリンゴ畑。この辺りは有名な栗だけでなく、リンゴや桃畑が広がります。

IMG_6869_convert_20181126094134.jpg
農園主。自分の栽培リンゴの味に絶対的な地震を持たれています。多くの都会のお客様に格安に届けたいものです。

IMG_6865_convert_20181126094044.jpg
中玉の袋詰め。6個入り。500円。

IMG_6867_convert_20181126094106.jpg
傷あり、色あせが混ざる大玉30個入の箱。3500円。

IMG_6949_convert_20181126143519.jpg
しっかりと蜜が入っています。リンゴの蜜は「ソルビトール」という糖質アルコールの一種です。ソルビトールとは、葉の光合成によって作られる物質で、成長段階において葉から軸を通ってどんどん果実内に運ばれます。そしてソルビト-ルは果糖やショ糖に変わり甘味となります。

多くの人の口に入るようにしたいなあ。

◎サンフジ
サンフジのサンはSUNの意味で太陽の光をしっかり浴びたフジリンゴという意味です。
鮮やかさはあまりなく、ざらざらした見た目ですがリンゴのなかでも、味がよく、品種によっては蜜が入りやすいのが特徴です。甘味・酸味・歯ごたえの三拍子が揃った人気品種です。
リンゴの蜜は「ソルビトール」という糖質アルコールの一種です。ソルビトールとは、葉の光合成によって作られる物質で、成長段階において葉から軸を通ってどんどん果実内に運ばれます。そしてソルビト

2018.11.23「久々の川崎 丸大ホール 本店」

「久々の川崎 丸大ホール 本店」

桜木町の野毛の居酒屋を飲みつくす会の愉快な仲間と忘年会。野毛から離れて久々の川崎。川崎の居酒屋といえば「丸大ホール 本店」。テレビの人気番組「吉田類の酒場放浪記」でも放映された名店。
大変なにぎわいの駅前を京浜急行の川崎駅方面に歩き、5分ほどで店に着きます。朝8時半からやっている店で、店内は多くのお客で満席、幸い我々は予約を取っていたので待たされる心配はありません。
既にメニューの中には「売り切れ」の表示がかかるからびっくり。まだ、17時なのになあ。次々と愉快な仲間が参集し、わいわいがやがやと楽しい時間が過ぎていきます。この後、さらに2軒をはしごして、川崎を堪能した夜でした。

IMG_6893_convert_20181128012515.jpg

IMG_6894_convert_20181128012546.jpg
川崎駅前からわずか5分で時代をタイムスリップしたようなレトロの店があります。

IMG_6895_convert_20181128012611.jpg
暖簾をくぐり、中に入れば、17時というのに満席。次々とお客は入れ替わります。居酒屋定番の肴以外に「大衆酒場食堂丸大ホール本店」との店名通りに料理メニューが並びます。飲んで締めのラーメンもここで行けます。肴も食堂だけに美味しい。


IMG_6896_convert_20181128012731.jpg
愉快な仲間が集まる小一時間を冷奴と日本酒「利休」の燗酒でちびちび。400円。冷ややっこは豆腐1丁の大きさ。

IMG_6897_convert_20181128012753.jpg
メニューは壁一面にぐるりと張り出されています。値段はリーズナブル。

愉快な仲間も勢ぞろいして、肴を次々と注文。

IMG_6898_convert_20181128012814.jpg
ポテトサラダにキムチもやし

IMG_6899_convert_20181128012846.jpg
厚揚げ。300円。

IMG_6900_convert_20181128012908.jpg
鳥から。

IMG_6901_convert_20181128012927.jpg
レバニラ炒め。

IMG_6909_convert_20181128013048.jpg
名物のもつ煮込み。350円。

IMG_6930_LI_convert_20181128013002.jpg
大いに盛り上がった野毛の会のメンバー。

すっかりお腹も一杯、良い気持ちとなり、吉田類風に愉快な仲間ともう一軒ひっかけに川崎の町に。


<余談>丁度、忘年会シーズンで飲み会が多いので、ついでに、お米の配達もしています。

IMG_6928_LI_convert_20181130024150.jpg

◎大衆酒場食堂丸大ホール本店

☎044-222-7024
住所 神奈川県川崎市川崎区駅前本町14-5
交通手段 京急川崎 ヨドバシ口より徒歩3分。京急川崎駅から139m
営業時間 8:30~22:00

京急川崎駅の近くに、昭和初期から地元で働く労働者に愛された大衆酒場食堂が「丸大ホール本店」。朝食代わりに立ち寄るサラリーマンや、徹夜明けの職人達で朝から賑わいを見せる。当然食事と酒の肴と二つにメニューは分かれるが、営業中はその全てを楽しむことが出来る。60年以上この店を守ってきたママさんと元気なベテランスタッフのフロアーガールが常連を切り盛りする川崎の名店。



2018.4.23「ドイツ ミュンヘン市内観光⑥ レジデンス」

「ドイツ ミュンヘン市内観光⑥ レジデンス」

ミュンヘンの観光の中心は「マリエン広場」から歩いて10分ほどのところにオペラハウスがあり、その前は広大なマックス・ヨーゼフ広場。 広場中央にはマックス・ヨーゼフ1世の銅像があります。その広場の建物の中心は「レジデンツ」。旧バイエルン王国ヴィッテルスバッハ王家の王宮。現在は博物館や劇場として公開されています。
どこかに似ていと思ったら、ロシアのサンクトペテルブルクにある「エルミタージュ宮」に広大な広場と建物の配置がよく似ています。

王宮は1385年シュテファン3世によって建設が開始され、その後ヴィッテルスバッハ家の宮殿として増改築を繰り返して現在の配置となり、その後、ドイツ革命でバイエルン王国が廃止された後に公開施設となったそうです。
現在の施設としては、レジデンツ博物館(Residenzmuseum)、宝物庫(Schatzkammer)、諸聖人宮廷教会(Allerheiligen-Hofkirche)、キュビリエ劇場(Cuvilliés-theater)、ヘルクレスザール(de:Herkulessaal:バイエルン放送交響楽団の本拠)があります。

早速、入場。レジデンツ博物館に入館。7ユーロ(約950円)。
印象に残ったのは古代彫刻を展示したアンティックヴァリウムや貝殻をびっしり敷き詰めた洞窟をイメージしたグローテンホーフ、ヴィッテルスバッハ家の肖像画、黄金の装飾に圧倒される祖先画ギャラリーは圧巻でした。

IMG_1475_convert_20181211110348.jpg
「レジデンツ」。かつてのヴィッテルスバッハ家の壮大さを想像させる建物

IMG_1476_convert_20181211110427.jpg
マックス・ヨーゼフ広場と広場中央のマックス・ヨーゼフ1世の銅像。その後ろの建物はオペラハウス。

IMG_1478_convert_20181211110450.jpg
「アンティークヴァリウム」。レジデンツ見学の最大の見どころといわれる場所。16世紀のアルプレヒト5世時代に建てられたもので、現存するレジデンツの中では最も古い。奥行きは69mで、ルネサンス様式の丸天井には見事なフレスコ画が描かれています。この巨大空間には荘厳さすら感じました。

IMG_1484_convert_20181211110756.jpg
「先祖画ギャラリー」。ヴィッテルスバッハ家の王と一族の肖像画121枚が展示された回廊。金の細工が絢爛豪華 です。

IMG_1481_convert_20181211110708.jpg

IMG_1482_convert_20181211110642.jpg
館内にはたくさんの部屋が並んでいて、自由に見学できました。ほとんどすべての部屋の装飾に金の細工が施されており、絢爛豪華な部屋ばかりです。また、至るところに絵画が飾られており、また宝物レベルの高価な装飾品もあちこちに展示されていました。王家の権勢の強さを見せつけられます。

IMG_1479_convert_20181211110515.jpg

IMG_1483_convert_20181211110731.jpg
大きな鏡の前でセルフポートレイト。

IMG_1489_convert_20181211110819.jpg

IMG_1490_convert_20181017024508.jpg
出口近くに置かれたギリシャ神話に材を撮ったと思われる銅像。迫力満点。

IMG_1492_convert_20181017024555.jpg
出口から出ると歴代の王がお見送り。写真は神話に魅了され長じては建築と音楽に破滅的浪費を繰り返した「狂王」の異名で知られるルートヴィヒ2世 (Ludwig II., 1845年8月25日 - 1886年6月13日)。第4代バイエルン国王(在位:1864年 - 1886年)。ノイシュヴァンシュタイン城やバイロイト祝祭劇場の建造を命じた。

◎レジデンツ博物館(VELTRA)
バイエルン地方を支配したヴィッテルスバッハ家のかつての王宮で、現在は、博物館や劇場として公開されています。レジデンツ博物館では、王・王妃の住居、礼拝堂、アンティークヴァリウムを始めとする、多様なスタイルで作られた部屋の数々を見学することができます。バイエルン地方の王家が、過去においてどのような生活を送ったか、また、彼らが、建築物や芸術を、力の象徴としてどのように利用したかを見ることができる、貴重な機会を与えてくれる博物館です。

ヴィッテルスバッハ家は、数世紀に渡り、膨大な数の陶器、銀製品、絵画、彫刻、タペストリーなど、多種多様の芸術品を収集していました。博物館では、16~19世紀の、これらの特出する素晴らしい芸術品が展示されています。また、長さ68mの壮麗な「アンティークヴァリウム」や「石の部屋」、各々の部屋の類を見ない装飾、稀有で貴重な家具、時計やシャンデリアなどの調度品も目を見張るものがあります。博物館の見学とともに、庭と噴水の見学もできます。1613年に造園が始まり、数世紀に渡ってデザインしなおされてきた美しい庭です。16世紀作の噴水も必見です。

◎ヴィッテルスバッハ家 (ウィキペディア)
ドイツのバイエルン地方を発祥とするヨーロッパの有力な君主、諸侯の家系。バイエルンの君主(バイエルン公(選帝侯)、バイエルン王)の家系として有名だが、その他にもプファルツ選帝侯(ライン宮中伯)、ブランデンブルク辺境伯(選帝侯)、スウェーデン王の家系として続いていた。また神聖ローマ皇帝、ギリシャ王も一族から出ている。プファルツ系その他の全ての家系を含めて「バイエルン家」(フランス語: Maison de Bavièreなど)とも呼ばれる。
長い歴史を有する家系であるが、三十年戦争におけるプファルツ選帝侯フリードリヒ5世とバイエルン公マクシミリアン1世に顕著なように、同族内でしばしば内紛を繰り返し、ハプスブルク家やホーエンツォレルン家に後れを取ることになった。




2018.11.23「激辛ラーメンの蒙古タンメン 中本に行ってみた」

「激辛ラーメンの蒙古タンメン 中本に行ってみた」

川崎で飲んだ後、小腹が空いたので、激辛で有名な「蒙古タンメン 中本」に行ってみた。店の前には行列が。そんなに美味しいのかと期待が高まります。

IMG_6911_convert_20181129014846.jpg

IMG_6913_convert_20181129014937.jpg
なんとか店内に入り込みます。長いカウンター席でもくもくとラーメンをすするお客様。

IMG_6917_convert_20181129015117.jpg
待っている間にメニューを観ます。あまりに辛そうな写真に、初心者向けという、肉、野菜たっぷりで辛すぎない味噌味のタンメン「味噌タンメン」を注文。辛さ度:3だそうです。

IMG_6919_convert_20181129015143.jpg
なんとか席に座り、いよいよ初蒙古タンメン。

IMG_6916_convert_20181129015033.jpg

IMG_6918_convert_20181129015056.jpg

IMG_6920_convert_20181129015205.jpg
味噌タンメンが来ました。紅ショウガをトッピングして恐る恐るスープをすするとそれほど辛くありません。麺は中太面、ぼそぼそした固めで美味しくない。味噌スープも味噌本来の美味しさを辛さが消してしまい残念。スープも残します。

IMG_6916_convert_20181129015033.jpg
愉快な仲間が注文した「蒙古タンメン」。人気No.1メニュー。味噌タンメンの上に特製辛子麻婆豆腐がのったもの。辛さ度:5

辛いものが好きな人にはたまらないのでしょうが、本来のラーメンスープの旨味を辛さが消しているようで、私は好きになれないタンメン。タンメンは、塩味に限ります。

<余談>
蒙古というのでモンゴルの名物ラーメンと思っていましたが、まったく関係ないそうでした。創業者が寒い土地では辛いものを食べるんじゃないかというイメージでつけた名前だそうです。

◎蒙古タンメン 中本(ウィキペディア)
特徴は一味唐辛子を大量に加えた激辛スープと太い麺、および他店にはあまり見られないメニュー名にある。メニューの大半は辛い料理だが、辛いものが苦手な人や家族連れで来店した際に同伴の小さな子でも安心して食べられるように、全く辛くないメニューも少数であるが存在する。また、「北極ラーメン」や「冷し味噌ラーメン」などの極度の辛さのメニューには「初めての方はご注意ください」と警告文が併記されている。

・蒙古タンメン中本 川崎店
☎ 044-222-1230
神奈川県川崎市川崎区砂子2-5-7
交通手段 JR川崎駅東口 徒歩3分
営業時間 11:00~23:00
日曜営業
定休日 無し

IMG_6912_convert_20181129014917.jpg


2018.11.23「新所沢で見つけた美味しい上海料理の店 寒舎」

「新所沢で見つけた美味しい上海料理の店 寒舎」


愉快な仲間の実家のある新所沢は「餃子の満州飯店」の発祥の地。きっと、美味しい中華があるとお昼を食べるために探索。前から気になっていた上海料理の店 「寒舎」に入ってみた。店名が面白い。「感謝」をかけたのかと一瞬思う。伝統的な中華料理よりも油脂の量、刺激的な味付けを控え、新鮮な海の幸、山の幸のうまみを引き出し、中国古来の”医食同源”の料理哲学に沿って滋味豊かで体にやさしい料理を提供するというキャッチフレーズ通りの店。上海料理と銘打っているので濃厚な味を連想したが、料理はしつこくなく、むしろ、さっぱりした味で美味しい。コスパもよく、リーズナブルな値段で美味しい料理を楽しめました。

IMG_6885_convert_20181130024226.jpg
それほど大きくないお店

IMG_6886_convert_20181130024249.jpg
丁度ランチ時。本日のランチが豚肉、卵ときゅうり炒め。きゅうり炒めに誘われて、本日はこれに決定。

IMG_6887_convert_20181130024329.jpg
ランチメニューもいろいろあります。

IMG_6889_convert_20181130024355.jpg
かわいい中国人形がお出迎え

IMG_6892_convert_20181130024455.jpg
店内はテーブル席と個室があります。ちょうど昼時で混んでいました。

IMG_6890_convert_20181130024416.jpg

IMG_6891_convert_20181130024431.jpg
本日の日替わり定食。きゅうりの炒めものはきゅうりにもこんな使い方あるのかと目からうろこ。美味しい。春巻きは絶品。具材がぎっしりとつまり、しょうゆやからしをつけないでそのままの味が楽しめます。ご飯はお替り自由。ただし、美味しくなく残念。
食後にドリンクサービスあり。コーヒーかアイスコーヒー。
これで、850円はお得感あり。おすすめです。ひばりが丘にも店があります。

◎上海料理 寒舎
☎ 04-2943-6738
埼玉県所沢市北所沢2219
交通手段 西武新宿線新所沢駅東口より直線にバス通りを進み、武蔵野銀行を左折し徒歩5分 北所沢町交差点そば
営業時間 年中無休
       ランチタイム  11:00~14.30
       ディナータイム17:00~22:30
日曜営業
定休日 無休
プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR