FC2ブログ

2019.1.31「新潟県松之山 美人林でスノーシューウォーク」

「新潟県松之山の美人林でスノーシューウォーク」

新潟県松之山の山奥に素晴らしいブナ林があります。樹齢90年ほどのブナ林が広がっています。ここのブナの林は、すらりとした立ち姿が美しいので、「美人林」と呼ばれるようになったようです。
午後2時近くについて、ブナ林の中を歩きました。雪が舞ってましたがシーンとした音のない世界で時折雪が木々から落ちる音や風の音しか聞こえません。サクサクと歩いていると目の前をテンが横切りました。

DSC_0276_convert_20190201132854.jpg

IMG_8175_convert_20190201133635.jpg
夏は美人林の入口まで車で入れますが、冬は県道までしか除雪されていません。県道に車を置いて入口まで歩きます。、

IMG_8162_convert_20190201133444.jpg
美人林の入口にある東屋は雪に埋もれていました。

DSC_0279_convert_20190201132938.jpg
入口には杉林。ここを通過すると美人林といわれる樹齢90年ほどのブナが林立しています。

DSC_0280_convert_20190201133010.jpg

DSC_0283_convert_20190201133058.jpg

DSC_0285_convert_20190201133127.jpg

DSC_0287_convert_20190201133149.jpg

DSC_0290_convert_20190201133217.jpg

IMG_8174_convert_20190201133607.jpg
ブナ林の木々の間から見える赤茶けた巨大な構造物は自然科学をテーマとした教育研修施設の「森の学校 キョロロ」です。34メ-トルの塔は壮観。

IMG_8175_convert_20190201133635.jpg
美人林の中を1時間ほど歩き回りました。テンが目の前をスーと歩きました。

DSC_0295_convert_20190201133239.jpg

DSC_0299_convert_20190201133310.jpg
野菜の直売所や売店の建物が雪の中に見えます。

DSC_0302_convert_20190201133337.jpg
雪原にあったのはカモシカの足跡

IMG_8176_convert_20190201133658.jpg
私も負けじとスノーシューの足跡を付けました。

<参考>夏の美人林入口付近
IMG_5612_convert<br /><br /><a href=IMG_5613_convert_20181004032031.jpg

◎美人林(十日町市homeページ)
十日町市松之山松口1712-2付近
交通手段  北越急行ほくほく線「まつだい駅」よりバスで15分
        関越自動車道「越後川口インターチェンジ」より車で60分、または「塩沢石打インターチェンジ」より車で60分
        北陸自動車道「上越インターチェンジ」より車で60分
駐車場   30台(普通車)

2019.1.31「日本三大薬湯 松之山温泉 鷹の湯」

「日本三大薬湯 松之山温泉 鷹の湯」

新潟県松之山の北部にある美人林でスノーシューウォークをした後、汗を流すために近くの松之山温泉に。雪降る中、小さな温泉街を歩きます。平日ということもあり、温泉客とすれ違うこともなく、日帰り温泉の「鷹の湯」に入ります。松之山温泉は兵庫の有馬温泉、群馬の草津温泉とならび称される日本三大薬湯のひとつです。ホウ酸含有量は日本一で、1Lあたりの含有量は349.5mg。メタケイ酸も豊富に含んでいます。山間の温泉ながら塩分濃度が高く、太平洋戦争中は塩の採取も行われていたそうです。約1000万年前の化石海水が、地圧によって湧出してくる「ジオプレッシャー型温泉」で、日本で一般的な火山型の温泉とは異なるものです。

IMG_8195_convert_20190201134155.jpg
松之山温泉街の入口に大きな駐車場があります。夏は「鷹の湯」の前にも駐車場ありますが、冬は積雪で停められません。

IMG_8180_convert_20190201133754.jpg

IMG_8194_convert_20190201134134.jpg

IMG_8192_convert_20190201134039.jpg
松之山温泉街。山奥の秘湯。寒い日で、さらに小雪が舞い人が歩いていません。

IMG_8193_convert_20190201134102.jpg
街灯にはこの旗が。これは薬効ありそうと思いますね。源泉98℃はうれしい。

IMG_8181_convert_20190201133817.jpg

IMG_8182_convert_20190201133900.jpg
駐車場から5分ほど歩くと「鷹の湯」に着きます。

IMG_8183_convert_20190201133842.jpg
小さな休憩所の横から料金を払いあがると奥に温泉があります。

IMG_8185_convert_20190201133919.jpg
ロッカーは無料の鍵付きですが、簡単に開いてしまうのか?「盗難注意」の張り紙。

IMG_8188_convert_20190201133955.jpg
内湯。源泉が熱いので蒸気がもうもうです。窓からは雪見。

IMG_8187_convert_20190201134020.jpg
内湯から露天風呂を見下ろします。こちらももうもうと。ぼんやりとしか見えません。露天風呂からは小雪の降るなかで目の前を流れる川をみながら、身体を沈められます。

○松之山温泉
源泉名 鷹の湯混合泉
泉  質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(弱アルカリ性高張性高温泉)
泉  温 88.7℃
湧出地 新潟県十日町市松之山湯本54-2、524番地4、1147番地2
湧出量 882ℓ/分
知覚  無色透明・微油臭、塩味・苦味
ph   7.8 
源泉かけ流し

日本の三大薬湯とされる「松之山温泉」は、日本国内で普通見られる火山型の温泉ではなく、「ジオプレッシャー型温泉」と呼ばれる、地質学的特殊な温泉。

IMG_8179_convert_20190201133733.jpg

○ジオプレッシャー型温泉とは
海底に堆積し、海水を多く含んだ地層が、隆起運動によってお椀を逆さまにしたような地形となり、長い年月を経て、ガス、石油、水に分離する。その水が温泉の起源となる。これは、メキシコ湾岸の油田開発で認識されたもので、その熱水系の深さは、2~7kmに位置する。水を透さない、熱を伝えにくい地層に挟まれて、ガスや、石油が貯留するシステムによく似ている。地層に挟まれているため、かなり高い圧力がかかっている。

DSC_0556_convert_20170103013237.jpg

IMG_8191_convert_20190202002300.jpg

◎鷹の湯
新潟県十日町市松之山湯本18-1
☎ 025-596-2221
公式HP
入浴料:500円(小学生未満無料)
営業時間・期間 4月~11月は10時~21時30分(22時閉館) 12月~3月は10時~20時30分(21時閉館)
休業日 第2・第4木曜日※祝日の場合は翌日
アクセス 北越急行ほくほく線まつだい駅から頸城バス松之山温泉行きで25分、松之山温泉下車すぐ
       関越自動車道塩沢石打ICから国道353号を松之山方面へ35km
駐車場  10台(無料)

2019.1.10「我が集落の飲み会処で集落の仲間の誕生日会を開催」

「我が集落の飲み会処で集落の仲間の誕生日会を開催」

私が移住した集落は飯山市街地まで20キロ。新潟県境まで20キロの辺境の地。JR飯山線で飯山駅まで1時間(単線のためにすれ違いで待ち時間を要します)。したがって、集落の気の合ったもので飲もうとなっても簡単にはいきません。そこで、愉快な仲間の一人の家が飲み会処となっています。何か理由をつけては皆が集まって、わいわいがやがやと飲みまくります。遂には、愉快な仲間の誕生日を肴に飲み会開催の指令が来ました。誕生日のお祝いも持参との指示。60歳を超えたおじさんに500円相当のプレゼント。難しい。いつもの会では肴となる料理やお酒を持参。時に、会費制の時もあります。
今回はスパーリングワインとウィスキーの製氷器を持参しました。
移住者にとっては集落の生活や住民の人たちを知る貴重な機会にもなります。居酒屋がなくても理由を見つけては飲み会をする楽しい集落ライフが送れる我が集落に移住者来たれ。

IMG_7730_convert_20190122153339.jpg
飲み会処の主人が腕を振るった料理が並びます。

IMG_7733_LI_convert_20190122153404.jpg
本日の主賓の愉快な仲間を中心に乾杯!

IMG_7729_convert_20190122153313.jpg
私の誕生日プレゼント。球体の氷をつくる製氷器。こうしてウィスキーを飲むと美味しく感じるから不思議。

IMG_7729[1]_convert_20180126183403
外は豪雪です。帰りは雪の上に寝ないようにしないと。

2019.2.3「斑尾高原 全面結氷の希望湖にスノーシューツアー」

「斑尾高原 全面結氷の希望湖にスノーシューツアー」

長野県飯山の鍋倉高原にある「森の家」。2月の第一週に「スノーシューフェスティバル」を毎年開催しています。これに合わせて、ここ数年、自らスノーシューツアーを開催して、愉快な仲間に好評をいただいています。今年も昨年同様にスノーシューツアーとして全面結氷した湖を歩く「斑尾高原の希望湖を歩く」を開催しました。今冬は雪の日が多いですが、この2日間は抜けるような青空が広がりました。昨年も同じで、つくづく「晴れ男」を実感。参加した面々は全面結氷した湖を歩き大満足のツアーとなりました。

コースは3つあり、健脚向きの「かもしかコース」、中級者向け「熊さんコース」、初心者向けの「リスさんコース」。今回は72歳の女性がいたので迷わず「リスさんコース」。ただし、このコースは谷筋を歩くので雪が深く、大雪の後はお勧めできません。

IMG_8247_convert_20190205084407.jpg
登山口でスノーシューを装着。初心者というより、全く初めての女性4名を連れてのツアーです。最初は72歳の女性の体力を心配しましたが、杞憂に終わりました。女性はたくましい。また、雪も前日の寒さでしまっており、スノーシューも沈まず、体力を奪われない状況でした。

IMG_8250_convert_20190205085015.jpg
コースには一定間隔に目印の旗があるので道迷いの心配はありませんが、ただし、山の天気は気まぐれ、いつ、天候が悪化するかわからないのでコンパスで位置を確認します。

IMG_8249_convert_20190205084504.jpg
たくましく、がつがつ登る人も。新雪に自分の足跡を残す爽快感は、はまります。

IMG_8255_convert_20190205084600.jpg
「熊さんコース」と「リスさんコース」の分岐。リスさんコースは谷筋に降りていきます。

IMG_8253_convert_20190205084526.jpg
ゲストさんは雪を天空に播いて、遊ぶ余裕が出てきました。

IMG_8257_convert_20190205084649.jpg
谷筋の道を湖に向かいます。

IMG_8262_convert_20190205084735.jpg
湖に到着。全面結氷した湖の上に雪が1mほど積もっていました。

IMG_8266_convert_20190205084831.jpg
疲れも感じずにゲストさんたちは湖を縦断します。

IMG_8264_convert_20190205084806.jpg
振り返ると斑尾山が雄大な姿を見せました。もちろん、湖の上だからこんな写真も撮れます。

IMG_8267_convert_20190205084858.jpg
このコースは帰りが谷筋から稜線に上がるところだけアルバイトが必要です。

ポーレ和水ツアーは楽しく、やさしくをモットーにゲストの皆さんを大自然にお連れしています。

全行程 2キロほど。1時間程度の山歩き。熊さんコースは3キロ 2時間。

◎斑尾高原スノーシューコース

nozomiko-724x1024_convert_20170305222514.jpg

◎山の家(ホームページ)
長野県飯山市斑尾高原11492-70
☎  0269-64-3222
営業時間 9:00~17:00
定休日・閉館日 なし
標高1,000メートル、斑尾高原の玄関口に建つビジターセンター。斑尾高原でのレジャーの拠点。
木の香りいっぱいの館内の1階にはゆったり寛げるソファや眺めのいいテラスがあり、誰でも気軽に利用できる。2階は広いホールと各種体験ルームがあり、そば打ち体験や陶芸体験、各種クラフト体験の他、高さ7mのクライミングウォールに挑戦するインドアクライミングなどの自然体験プログラムも開講。

DSC_0547_convert_20170307055259.jpg

DSC_0088_convert_20161223211703.jpg

DSC_0087_convert_20161223211637.jpg
山の家の自販機は通常料金か割安の料金設定のものもあります。


◎希望湖(のぞみこ)
長野県と新潟県の県境にある斑尾高原のペンション街から約2.5kmくらいの場所にある、周囲を森に囲まれた小さな湖です。
地元ではもともと沼池と呼ばれていたのですが、斑尾高原観光協会が借り上げてワカサギ、ニジマス、フナなどの卵・稚魚を放流し、人気の釣り場に成長しました。例年5月初旬から10月上旬にかけて多くの釣り人が訪れます。
特にブラックバスフィッシングは斑尾山を挟んだ野尻湖や、近くの斑尾赤池などとともに盛んで、バスフィッシングの穴場として知られます。
また斑尾高原はたくさんのトレッキング、ウォーキングコースがあり、この希望湖も周囲を歩いて1周できるコースや、近くの斑尾高原沼の原湿原に通じるコースなどが整備されています。
自然が豊富でウグイス、ホトトギス、カッコウ、キセキレイなどたくさんの野鳥が囀り、周辺には水芭蕉、リュウキンカ、ニッコウキスゲなどいろいろな花も咲きます。

2019.2.2「飯山の冬の風物詩 かまくら祭り 2019」

「飯山の冬の風物詩 かまくら祭り 2019」

飯山の冬の風物詩といえば「雪まつり」と「かまくら祭り」。「かまくら祭り」が一足早く始まりました。信濃平の常設会場にたくさんの「かまくら」が作られました。予約をすると名物の「のろし鍋」が食べられます。今年は早々に予約で埋まってしまいました。2割程度は外国のお客様とのこと。
本日はアグリツーリズモの一環で毎年開催しているスノーシューツアーのゲストをお連れしました。たくさんの「かまくら」に感激していました。是非、一度、訪れられることをお勧めします。


IMG_8229_convert_20190205093130.jpg
たくさんのかまくらが並びます。

IMG_8274_LI_convert_20190205093330.jpg
お連れしたゲストさんも大満足。

IMG_8228_LI_convert_20190205093204.jpg
全員でかまくらに入って、笑顔でパチリ。

IMG_8272_convert_20190205093255.jpg
最後はかまくら神社に参りました。

◎19回飯山かまくら祭り
開催期間 平成31年2月9日(土曜)、10日(日曜)
開催会場 飯山市外様地区 レストランことぶき村周辺
内容    雪原に、たくさんのかまくらが並びます。
       各イベントの最新情報は、公式ホームページにてご確認ください。
詳しくは「第19回かまくら祭り」公式サイトをご覧ください。
公式サイトURL http://shinanodaira.web.fc2.com/



2009.2.1「除雪作業は石切り場の作業なり」

「除雪作業は石切り場の作業なり」

12月の雪の降りだしが遅く、今年は小雪と油断していたら、年末から雪の日が続き、あっという間に家の周りは場所によっては3メートルの積雪。蔵の周りは除雪車も入れないので、手作業で除雪をします。スノーダンプという鉄製の除雪器具を使って、雪を切り出します。背丈よりはるか高く積もった雪の崩落に注意しながらの作業です。さながら、石の切り出し現場のようです。大きな雪のブロックを切り出したら、流雪溝に投げ込みます。この際も、スノーダンプごと流雪溝に転落する事故が絶えません。流れは速く、一気に暗渠の中に流されれば命はありません。

IMG_8208_convert_20190205095129.jpg

IMG_8221_convert_20190205095156.jpg
蔵の周りの積雪を除雪します。

IMG_8223_convert_20190205095216.jpg
雪の塊に、スノーダンプでブロックになるように切り込みを入れます。

IMG_8225_convert_20190205095237.jpg
切り出したブロックはスノーダンプに乗せて流雪溝に運びます。

IMG_8226_convert_20190205095257.jpg
流雪溝の穴に、ブロックを投げ込みます。この作業を雪がなくなるまで延々とやり続けます。体力と忍耐と気力が必要な作業です。


2019.2.2「なべくら高原の大雪原にスノーエンジェル」

「なべくら高原の大雪原にスノーエンジェル」

長野県飯山のなべくら高原にある「森の家」。2月の第一週に「スノーシューフェスティバル」を毎年開催しています。これに合わせて、ここ数年毎年、自らスノーシューツアーを開催して、ゲストさんに好評をいただいています。。今年も、開催しました。今年は昨年に引き続き、スノーシューツアーとして全面結氷した湖を歩く「斑尾高原の希望湖を歩く」を開催しました。お客様には全くの初心者ももいるので、前日に森の家のスノーシューコースから大雪原まで足を延ばして足慣らし体験のトレッキングを実施しました。特に、深雪での歩き方や体力の消耗を体験してもらいます。2か所に大きな池があり、冬は雪の下に隠れているため、池にはまらないように歩きます。その途中、ふわふわのパウダースノーにスノーエンジェルを残しました。全員がいろいろなエンジェルを作ってくれました。

IMG_8045_convert_20180205142235.jpg
「森の家」ではスポーツ用品メーカーがブースを設けて、商品販売とともに、最新のスノーシューを無料で試乗させてもらえます。

IMG_8230_LI_convert_20190205100726.jpg
参加したゲストさんがそれぞれ好きなメーカーの最新型のスノーシューを借りて準備OK。

IMG_8233_convert_20190205100829.jpg

IMG_8234_convert_20190205100849.jpg
コースは圧雪されていて、歩きやすく道を間違えることはありません。この日はコースから外れて大雪原に出ました。

全員を深雪に。ここで、純白の新雪の上でスノーエンジェルに挑戦。

IMG_8232_convert_20190205100808.jpg

IMG_8231_convert_20190205100746.jpg
美しいスノーエンジェルも出現。

IMG_8235_LI_convert_20190205100913.jpg
大雪原の小高い山に登り、全員満足の表情でパチリ。

IMG_8236_convert_20190205100934.jpg
道路の反射鏡も頭だけ出して雪の下。全員で記念撮影。

IMG_8237_convert_20190205100956.jpg
宿泊した「森の家」のコテージも半分以上雪に埋もれています。美しい星空を見に外に。

IMG_8244_convert_20190205101041.jpg

IMG_8277_convert_20190205101139.jpg
朝は朝焼けが美しい。

ゲストさんは大変に満足していただいたポーレフジタのスノーシューツアー前日の足慣らしでした。でした。

<余禄>
IMG_8276_convert_20190205101205.jpg
豪雪の地をゆったりと流れる千曲川

◎なべくら高原・森の家
 長野県飯山市照岡1571−15
 ☎ 0269-69-2888

DSC_0043_convert_20160303042519.jpg

DSC_0044_convert_20160303043009.jpg
夏はハイキング、冬はスノーシューコースが整備されています。

IMG_8054_convert_20180205142311.jpg
タイプの違う11のコテージが湯用意されています。冬には入口は雪の下。





2019.1.31「飯山の農的生活 屋根の雪下ろし 2019」

「飯山の農的生活 屋根の雪下ろし」

1月下旬の大寒波で関東平野の大雪も予報された日から雪が間断なく降りつづけます。大雪警報が発令しっぱなしの29日も朝になっても雪が終日降り続きます。
午後3時になり、小雪になったので、除雪に出ました。母屋から県道挟んだ反対側にある車庫が雪に埋もれて、屋根からの雪が落ちなくなっていました。放置すると雪が凍って縮む力で屋根を引きずり落とし、車庫が破損します。車庫の裏に回るには積雪3m近いところを歩く必要があります。スノーシューを履いての作業です。
除雪時は地面から積雪のために屋根までつながった雪を切り離すと屋根の雪が一気に滑り落ちます。これに埋まると身動きが取れなくなるので注意します。

IMG_8147_convert_20190207095646.jpg
3m以上ある車庫が雪に埋まっています。

IMG_8139_convert_20190207095443.jpg
屋根から落ちた雪のためにその積雪が屋根の雪とつながり、屋根から雪が落ちなくなっています。

IMG_8142_convert_20190207095534.jpg
雪原の上にまずは上りました。

IMG_8144_convert_20190207095600.jpg
広い真っ白な雪原が広がります。

IMG_8151_convert_20190207095730.jpg

IMG_8146_convert_20190207095623.jpg
雪原にはカモシカと思われる足跡が残ります。これも除雪作業の楽しみの一つ。

IMG_8148_convert_20190207095706.jpg
屋根の下を覗くとこんな感じ。

IMG_8152_convert_20190207095753.jpg
隣の車庫はもっとひどい状況。屋根に積もった雪も50センチほどあります。

IMG_8153_convert_20190207095818.jpg

IMG_8154_convert_20190207095843.jpg
屋根から落ちない雪をスノーダンプで切り離しで除雪します。

IMG_8156_convert_20190207095908.jpg
無事に屋根が見えるまで除雪しました。

IMG_8157_convert_20190207095948.jpg
車庫から母屋方面を見る。雪に母屋も埋まり、屋根しか見えません。


2019.2.5「長野県北端の栄村に美味しい中華店を発見 楼蘭」

「長野県北端の栄村に美味しい中華店を発見 楼蘭」

飯山市の隣村の栄村に美味しい中華店があると聞いていた。この日、新潟県津南町に行った帰りに立ち寄ってみました。国道117号線を横倉で脇道を下ると大きな集落に入りました。こんなに大きな集落(50戸ほど)があるのにびっくり。森集落。その中に目指す「楼蘭」がありました。
もともと世田谷に居た人でこちらで開業して10年とのこと。ランチは14:30まで。到着は14:28でしたが快く入店させてくれました。
店内には薪ストーブか勢いよく燃えて温かい。五目蕎麦大好きフリークですが、塩味がメニューにありません。しかし、注文に応じてくれました。800円。愉快な仲間はこの時期のみのおすすめ「ぽかぽか塩蕎麦」900円を注文。
麺は細麺。味は本格中華店の味。大満足。野菜もたっぷり入っていて、コスパ良しです。豚肉もしっかり衣が付いて揚げてありました。
店主、奥様ともに気さくな人で、暫く、いろいろ話し込んでしまいました。また、一人、人縁が広がりました。

IMG_8314_convert_20190205193025.jpg
豪雪地帯ですが、きれいに店の周りは除雪されていました。

IMG_8316_convert_20190205193046.jpg
店の中心で薪ストーブが温かい火を放っています。

IMG_8324_convert_20190205193354.jpg

IMG_8326_convert_20190205193436.jpg
たっぷりの野菜に丁寧な調理の豚肉、イカも豊富に入っていました。スープは適度な塩味でうまい。麺が細麺で大拍手。

IMG_8325_convert_20190205193415.jpg
ぽかぽか塩麺。ショウガと玉ねぎがたっぷり入っています。食べていると汗が吹き出しました。

長野県栄村の国道から外れた集落で本格中華の出会いに感激。

◎栄村 樓蘭
☎ 0269-87-3095
長野県下水内郡栄村堺1406-1
交通手段 平滝駅から807m
営業時間 11:30-15:00(Lo.14:00)
定休日   日曜・第3月曜


IMG_8317_convert_20190205193104.jpg

IMG_8318_convert_20190205193133.jpg

IMG_8319_convert_20190205193152.jpg

IMG_8320_convert_20190205193218.jpg

IMG_8321_convert_20190205193241.jpg

IMG_8322_convert_20190205193305.jpg



2019.2.5「スポーツジム併設の温泉 クアハウス 津南」

「スポーツジム併設の温泉 クアハウス 津南」
長野県飯山市の豪雪の地に移住してから、冬は除雪以外は屋内にいることも多く、運動不足による体重増加に悩んでいたら、血糖値が上昇し、糖尿病と診断されてしまった。これは大変と東京では10年通い続けたスポーツジムに行こうと飯山市のジムを探すと皆無。20000人都市にスポーツジムがないとは・・・・・。
長野県では隣の中野市にあるが古民家から片道30キロもあります。新潟県で探すと古民家から片道20キロの津南町に「クアハウス津南」を発見。源泉かけ流しの温泉
に温泉プール、スポーツジム等が併設と最高の施設。早速、行ってみました。
「ビジターのスポーツジム・温泉利用 1200円。プールと温泉利用 1000円。」の利用料金です。日帰り温泉と思えば格安です。
大変満足な施設で、即、会員になることにしました。お勧めです。

IMG_8313_convert_20190205221927.jpg

IMG_8290_convert_20190205221950.jpg
田舎ならではの敷地面積の大きい2階建ての建物です。

IMG_8307_convert_20190205222512.jpg
温泉の入口はジムの更衣室と同じです。

IMG_8295_convert_20190205222203.jpg
ロッカーがたくさん並んでいます。ここで、更衣して、スイミングやジョグ等をやる人と温泉に入る人が交差します。

IMG_8311_convert_20190205222532.jpg

IMG_8312_convert_20190205222553.jpg
温泉は源泉かけ流しの内湯のみ。洗い場が多く、アメニティーもそろっています。

○クアハウス津南温泉
泉  質 単純温泉(弱アルカリ性低張性温泉)
泉  温 36.4℃
湧出地 新潟県中魚沼郡津南町大字芦ヶ崎乙203-7
湧出量 500ℓ/分
知覚  ほとんど無色透明、無味、微粒化水素臭
ph   8.0 
源泉かけ流し

加水 なし
加温 している
循環ろ過 源泉かけ流し プールは循環
入浴剤  なし

<併設施設>

IMG_8291_convert_20190205222102.jpg
温水プール、ジャグジー等の風呂

IMG_8293_convert_20190205222131.jpg
クライミング施設

IMG_8298_convert_20190205222225.jpg

IMG_8303_convert_20190205222343.jpg

IMG_8305_convert_20190205222422.jpg
有酸素運動マシーン、筋肉トレーニングマシーンは一通りあります。ただし、腹筋系のマシーンがないのが不思議。

IMG_8299_convert_20190205222313.jpg

IMG_8306_convert_20190205222444.jpg
早速、体験してみました。筋肉マシーンすべてを1セット10回で2セット。ジョギングマシーン 45分、ウォーキングマシーン20分で汗びっしょりとなりました。

久々に良い汗をかきました。即、会員になることに決めました。往復34キロあるので週1回となりますが、回数券会員は50枚12000円でジムと温泉利用で券2枚=480円。日帰り温泉に来たと思えば安い。

運動不足の方にはお勧めです。

◎クアハウス津南
新潟県中魚沼郡津南町大字芦ヶ崎乙203
交通アクセス
●JR飯山線「越後田中駅」より徒歩で10分
●関越自動車道「塩沢石打IC」または「越後川口IC」より車で約50分
駐車場
●普通車:200台(無料)
営業時間
●営業時間:10時~21時
※冬季12月~2月は、20時閉館
●定休日:水曜日(祝日の場合は営業、翌日休業)
料金
【日帰り入浴料金】
●大人:500円
●子ども:300円

水着を着用し、男女が一緒に楽しむ温泉利用施設。
温水プールでは水中運動、水泳教室などをはじめ、本格的な健康増進プログラムを体験することができます。バーデゾーンでは、うたせ湯、寝湯、サウナ、スチームサウナ、トゴール湯など10種類のお風呂が楽しめます。その他にも、トレーニングジム、クライミング体験、バランスボールなど、健康プログラムが多彩です。
2012年8月にリニューアルし、シャワー室に水着不要の内風呂が新たに設置されました。運動して汗をかいた後は、内風呂にゆっくりと浸かってみてはいかがでしょうか。

2019.2.6「危険な集落の共同作業 2019 流雪溝のゴミ取り」

「危険な集落の共同作業 流雪溝のゴミ取り」

流雪溝の水の流れが滞りがちとなったため、今冬2回目の流雪溝の入水口をふさぐ落葉や枯れ枝の除去も含めて除雪に向かいます。お伝馬の中で、最も危険な作業です。冬山の技術も必要です。特に、今冬は大雪続きで積雪も半端でありません。出川の渡渉のための橋が流されたため、一度、川底に降りて、流れの速い川を渡る必要があります。川底まで降りるのにも危険が伴います。
雪原を輪かんじきを履いて歩いて入水口に向かうため体力と冬山技術も求められます。集落の人々は慣れた手つきで作業を淡々とこなします。
田舎生活の維持のためには集落の助け合いによる共同作業は不可欠です。しかし、今回のメンバーは私を除くと65歳以上。5年後には集落の生活を維持するこの作業はどのように維持すればよいのか。

行政は手をこまねくばかりで対応策を示しません。対応策として建築した井戸も集落が水がたまるか危惧したとおりにたまらず、一度も稼働しないままです。

IMG_8327_convert_20190207102204.jpg

IMG_8328_convert_20190207102227.jpg

IMG_8330_convert_20190207102314.jpg

IMG_8332_convert_20190207102334.jpg

IMG_8333_convert_20190207102354.jpg

IMG_8334_convert_20190207102419.jpg
川の流れは速く、深いところははしごを渡して渡渉。雪庇もいたるところにあり、スリップ事故にも注意しながら。昔は橋が架かっていたが土石流で流されました。
せめて、ロープでもはってくれるといいが・・・・。すでに、移住者の中には、この作業を拒否するものまで出ています。まあ、命懸けだから当然かな。

2019.2.9「武蔵野の面影残す新座周辺をぶらり散歩」

「武蔵野の面影を残す新座周辺をぶらり散歩」

今季最大の寒波が東京を覆った日。朝から霙まじりの雪が舞う中、運動不足解消に練馬の家から8キロ先の新座駅に向けてぶらり散歩。新座周辺は平林寺や野火止用水など武蔵野の面影が残り楽しく歩けます。
特に、新座駅付近から、平林寺周辺は散策路が整備され、気持ち良く歩くことができます。この日も気が付けば20キロほど歩きました。

IMG_8364_convert_20190212140832.jpg
JR新座駅前。大きな水車が動いています。

IMG_8365_convert_20190212140857.jpg
新座駅から野火止用水、平林寺周辺をめぐる散策路が整備されています。

IMG_8366_convert_20190212140917.jpg
散策路は野火止用水に沿って伸びます。この歩道橋は散策路上に作られたもので国道254号線をまたいでいます。

IMG_8367_convert_20190212140940.jpg

IMG_8369_convert_20190212141003.jpg

IMG_8368_convert_20190212141023.jpg
歩道橋を渡ると野火止用水が姿を現します。

みぞれ交じりの中を武蔵野の自然を感じながら歩くのもよいものです。しかし、寒かった。

◎野火止用水(ウィキペディア)
幕府老中で上水道工事を取り仕切っていた川越藩主松平信綱は、多摩川の水を羽村から武蔵野台地を通す玉川上水を開削した。その後、玉川上水から領内の野火止(新座市)への分水が許され、承応4年(1655年)に家臣の安松金右衛門と小畠助左衛門に補佐を命じ、野火止用水を作らせた。工期は40日、費用は3000両だった。玉川上水7、野火止用水3の割合で分水した[2]。主に飲料水や生活用水として利用され、後に田用水としても利用されるようになった。
開削に前後して川越藩では農民や家臣を多数入植させ、大規模な新田開発を行った。野火止用水の開削によって人々の生活が豊かになったことを信綱に感謝し、野火止用水を信綱の官途名乗りである「伊豆守」にあやかって伊豆殿堀と呼ぶようになった。

2019.2.9「浦和の中華料理店 彩湖 で会社時代の営業の仲間と恒例の年始会」

「浦和の中華料理店 彩湖 で会社時代の営業の仲間と恒例の年始会」

元会社の浦和で働いていたころの営業社員がここ数年開いてくれる年始会に今年も参加します。いつまでも若く、夢があり、楽しい営業職員の会で、元気と勇気をもらえる会です。こんな仲間と仕事ができたことを感謝し、さらに頑張らねばと思う時間です。もちろん、私が栽培するコシヒカリ「かざまつり」を強力に販売支援し、美味しさをアピールしてくれる仲間でもあります。この日は浦和駅からほど近いパインズホテルのなかの中華料理店「彩湖」で行われました。店は清潔感があり、料理もおいしいのでリピートとしてもよい店です。生ビールとランチコースで4500円で、食材や料理は満足できます。

IMG_8346_convert_20190213170723.jpg
浦和はサッカーの町。浦和レッズ一色。ここで仕事をしているときも浦和レッズさまさまでした。

IMG_8347_convert_20190213170807.jpg
浦和で一番のホテル「パインズホテル」の21階に本日の会場があります。仕事しているときはよく訪ねたホテルです。

IMG_8348_convert_20190213170829.jpg
エレベーターを降りれば中華料理レストランの入口でした。

IMG_8350_convert_20190213170850.jpg
一番乗り。やはり、相手が女性なので先乗りは意識します。もっとも、ホテルの入口でおひとりとあってしまい一緒に来ました。

IMG_8351_convert_20190213170918.jpg
本日のランチメニュー。これで2400円(税別)ですからコスパ良しでしょう。

IMG_8355_convert_20190213171003.jpg
前菜。クラゲ、金柑甘煮、トマト、大根の酢の物。

IMG_8356_convert_20190213171026.jpg
あさりと生エビのとろみスープ。これは美味しい。

IMG_8357_convert_20190213171046.jpg
クワイ、ゆり根、鶏肉のオイスターソース炒め。お供は生ビール。

IMG_8358_convert_20190213171233.jpg
ぶりのから揚げピリ辛黒豆ソース

IMG_8359_convert_20190213171252 - コピー
細きり豚肉と高菜の餡掛け焼きそば。

IMG_8360_convert_20190213171313 - コピー
杏仁豆腐と庵饅頭。

IMG_8352_LI_convert_20190213170940.jpg
愉快な仲間。ワイワイガヤガヤで楽しい楽しい。

ほとんどの人が60歳から70歳を超えた人たちばかり。いまや、まさに、青春を謳歌。現役組と定年組の混在ですが当時とまったく変わらない元気さに人生百年を実感した時間でした。

<番外>
IMG_8544_convert_20180220070503.jpg
浦和のアイドル「うなこちゃん」。前は駅前にありましたが心無い人に壊され、今は、伊勢丹前に移築されていました。浦和は「うなぎ屋」が多く、名物です。

◎彩湖 広東料理
☎ 050-5570-4302
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 ロイヤルパインズホテル浦和 18F
JR 浦和駅(高崎・宇都宮線、京浜東北線)西口 徒歩7分
営業時間 ランチ [平日]11:30~14:30、[土・日曜日・祝日]11:00~15:00
       ディナー [平日]17:30P.M.~21:00 [土曜日]17:00~21:00 [日曜・祝日]17:00~20:30
定休日 無休

2019.2.13「大寒波が居座り雪の日が続いた日々のホツトした瞬間」

「大寒波が居座り雪の日が続いた日々のホツトした瞬間」

2月上旬の大寒波の影響は中旬近くまで残り、雪が降り続く毎日。除雪に外に出るものの、寒さも加わり、家に踵返しで入り、押し込められます。しかし、お米の追加注文があり、配送のために郵便局まで、往復3キロの雪の中を歩く。歩いているといつのまにか雪が止み、青空が広がった。

IMG_8386_convert_20190214092734.jpg
郵便局の建物が見えるとともに青空が広がりました。

IMG_8389_convert_20190214092827.jpg
車の車高よりはるかに高く積もった雪。道も乾いてきました。

IMG_8390_convert_20190214092847.jpg
ちょっと寄り道。隣の集落にある鎮守様に向かいます。

IMG_8391_convert_20190214092915.jpg
積雪に埋もれた反射鏡に私の姿が・・・・。

IMG_8395_convert_20190214093014.jpg
積雪に大きな手の跡。宇宙人か?。はたまた?

IMG_8396_convert_20190214093034.jpg
鎮守様の名立神社。秋の例大祭は県の重要無形文化財。農民の文化を伝承する神楽は国の重要文化財とすべし。

IMG_8398_convert_20190214093055.jpg

IMG_8399_convert_20190214093114.jpg
雪に覆われる飯山線の鉄路

IMG_8400_convert_20190214093146.jpg
千曲川を渡る市川橋。対岸の野沢温泉村とをつなぎます。

家に着いたら、早速、貴重な晴れ間を利用して除雪。

IMG_8402_convert_20190214093210.jpg
飯山線が当家の積雪越しにに見えます。

IMG_8403_convert_20190214093234.jpg

IMG_8406_convert_20190214093428.jpg
蔵が雪で覆われそうなので、はしごをかけて積雪に登ります。

IMG_8404_convert_20190214093307.jpg

IMG_8407_convert_20190214093330.jpg
除雪に汗をかいているといつの間にか太陽が西に傾き、夕陽に雪が映えます。

2019.2.16「谷根千の根津の軍鶏専門店 鷄はな」

「谷根千の根津の軍鶏専門店 鷄はな」字色

2年前から大学病院に経過観察のために通います。最寄り駅が千駄木。昔の下町情緒が残る根津界隈。たくさんの美味しい名店があり、食事には困りません。本日は大学病院や根津神社に近い、軍鶏料理の店「鶏はな」に。カウンターとテーブル席のこじんまりした店。カウンターは焼き場を囲むようにできています。カウンターの焼き場のすぐのベストポジションに座り、注文した「焼き鳥丼」1280円ができるのを待ちます。鶏肉の焼けるなんともいえないお腹をたたく香りが漂います。期待にたがわず柔らかく、たれが絶妙な「焼き鳥丼」でした。お勧めです。昼時は混雑して待たされます。
なお、軍鶏は東京軍鶏。生産数が限られた中で希少性が高く、うまみ、コク、赤身の締り具合、脂肪分が少なくさっぱりとした味わいなど、日本の伝統的な味わいを最大限に発揮した鶏肉です。

IMG_8449_convert_20190220174756.jpg

IMG_8443_convert_20190220174616.jpg
細い入口からこれまた細い階段を上がるとカウンターに座るお客様が見えます。

IMG_8444_convert_20190220174632.jpg
焼き場前の特等席に座れました。

IMG_8447_convert_20190220174654.jpg

IMG_8448_convert_20190220174710.jpg
焼き鳥丼。1280円。

〇ランチメニュー
IMG_8442_convert_20190220174552.jpg

<余禄>NHK大河ドラマ「いだてん」の主人公 金栗四蔵で台東区は町おこし。この旗が街灯にはためきます。
IMG_8439_convert_20190220174442.jpg
日本のマラソン選手、師範学校教師、熊本県初代教育委員長。東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の開催に尽力し、日本に高地トレーニングを導入したり日本マラソン界の発展に大きく寄与するなど日本における「マラソンの父」と称された

◎鶏はな
☎ 050-5868-8666
東京都文京区根津1-27-1 第二高野ビル2F
交通手段 千代田線千駄木駅、根津駅より根津神社方面に歩いてきていただき千駄木2丁目交差点を曲がって根津神社北門の       手前のお店の2階です。
営業時間 昼12:00~14:00(LO13:30) 夜17:30~22:30(LO21:30)
       日曜日・祝日17:30~21:30(LO20:30)
日曜営業
定休日  月曜





2019.2.14「道の駅 信越さかえ またたび の豚汁定食はおすすめ」

「道の駅 信越さかえ またたび の豚汁定食はおすすめ」

東京の練馬から新潟周りで移住先の長野県飯山市の古民家に戻る際に、いくつかの道の駅を通過します。ときどき、道の駅の食堂やレストランにはいりますが、総じて、価格が高くて、美味しくないのが相場です。しかし、国道117号を新潟と長野県の県境を超えたところにある道の駅「信越さかえ またたび」はお勧めの料理があります。「豚汁定食」600円。ここの豚汁定食は具沢山で信州味噌が絶品でとても美味しい。お米がもっと美味しければ文句のつけようがない。ただし、それ以外の料理は蕎麦も含めてお勧めできませんが。

IMG_8408_convert_20190219181741.jpg
雪降る寒い日に、温かいものが欲しくて立ち寄りました。

IMG_8409_convert_20190219181804.jpg
土産物売り場の奥に御食事処「またたび」があります。

IMG_8410_convert_20190219181823.jpg
午後3時ということもあり、店内はガラガラです。蕎麦は何度か食べて、美味しくないので、初めて「豚汁定食」を注文しました。

IMG_8411_convert_20190219181846.jpg
切り干し大根の煮つけとキャベツの漬物がついた豚汁定食。

具沢山のうえに、肝心のお汁が美味しい。信州みその甘さが良く出て絶品。汁を久々に飲み干しました。ただし、お米が今一。お米が美味しければ二重丸。

◎道の駅 信越さかえ 「またたび」
☎ 0269-87-3180
長野県下水内郡栄村大字北信3746-1
交通手段 練馬I.C→(関越自動車道)→藤岡J.C.T→(関越自動車道)→塩沢石打I.C→(R353)→旧中里村→(R117)→津南町→栄村
営業時間 10:30~17:30
定休日 火曜日 12/31-1/2

2019.2.15「山の仲間との新年会はドイツレストランアルテリーベ東京」

「山の仲間との新年会はドイツレストランアルテリーベ東京」

最近は定期的に訪れるドイツレストランアルテリーベ東京。本日は「山の会」の新年会で訪問しました。ビールは最高の上に、プロの声楽家が歌う歌の数々、また観客を巻き込んでの楽しいアトラクションに時間を忘れで飲み続けました。アイン、ツバイ、ドライ。

IMG_8729_convert_20180306025234 - コピー
新橋駅からほど近くの飲み屋街の中に、この特徴ある入り口が出迎えます。

IMG_8418_convert_20190221181107.jpg
本日、ご出演の皆さんのご紹介が張り出してあります。飲み代とは別にミュージックチャージが必要です。

IMG_8737_convert_20180306025316 - コピー
店内は舞台を中心に細長いテーブルかぜ配置されています。我々はグランドピアノの前の席をいつもいただきます。

ミュージックは18:45頃から始まります。それまでビールと料理に舌鼓を打つことに。

IMG_8419_convert_20190221181142.jpg
ビールはエルディンガーバイスビアー。1350円。ドイツで最も売れている小麦ビール。心地良い酸味に、小麦モルトの香りが加わり、ホップの苦みは柔らかで、とてもまろやか。炭酸ガスが強い為、泡立ちが木目細かく良く、とてもクリーミィーな口当たり。 製造はエルディンガー・ヴァイスブロイでミュンヘンに1935年に創立。バイエルン地方を代表するヴァイスビアの醸造所で最大のもの。

IMG_8421_convert_20190221181228.jpg
チーズの盛合せ¥1,600

IMG_8420_convert_20190221181204.jpg
8種類のソーセージ盛り合わせザワークラウト添え¥3,700

すっかりお腹が膨れたところで3回のコンサートがあります。今回は初回から2回を聞いて帰りました。

IMG_8423_convert_20190221181403.jpg

IMG_8425_convert_20190221181424.jpg
本日の出演者の皆さん。店を揺るがす大きな声と美声

IMG_8430_convert_20190221181512.jpg
乾杯の歌をみんなで歌います。アイン、ツヴァイ、ドライでプロージット(Prosit!)

IMG_8434_convert_20190221181610.jpg

IMG_8435_convert_20190221181707.jpg
観客全員が輪になって店の中をダンスで歌いながら踊ります。

IMG_8415_LI_convert_20190221181017.jpg
山の仲間で今年の健闘を誓います。30年以上の付き合いの人もいます。最高齢は92歳。まだ会社で頑張られています。今回は山でよくお世話になった盛岡の仲間も特別参加してくれました。

楽しい中に、夜が更けていきました。もちろん、この後、盛岡の仲間を囲んでの二次会。

◎アルテリーベ東京
☎ 03-3519-7007
東京都港区新橋2-12-5 池伝ビル B1F
JR新橋駅 日比谷出口 徒歩3分/地下鉄都営三田線内幸町駅 徒歩2分
営業時間 17:00~23:00
定休日   日曜・祝日

IMG_8738_convert_20180306025456 - コピー

IMG_8739_convert_20180306025511 - コピー

IMG_8740_convert_20180306025526 - コピー

IMG_8755_convert_20180306031317.jpg

IMG_8750_convert_20180306025715.jpg


2019.2.17「猿ヶ京温泉に巨大な藁人形が出現」

「猿ヶ京温泉に巨大な藁人形が出現」

国道17号線を長野県飯山に向かって通過中に猿ヶ京温泉に大きな藁人形が見えて途中下車。大きな藁人形のイノシシがお出迎え。仏像、蒸気機関車、鷲など巨大で精緻な藁人形がずらり。その正確な描写にびっくり。わら細工とはよく言うがこんなに巨大なのは初めて見ました。これは一見の価値があります。
実はこれらの藁人形は近くの「たくみの里」で藁アート展として展示されていたものの一部を集めて展示しているものだそうです。入場は無料。

IMG_8465_convert_20190222051121.jpg
広場に大きな藁人形が一堂に集結。

IMG_8461_convert_20190222051059.jpg
猿ヶ京関所跡の前でイノシシがお出迎え。

IMG_8453_convert_20190222050749.jpg
像の上にのるお釈迦様と大仏

IMG_8454_convert_20190222050815.jpg
この奇妙な動物は何だろう?

IMG_8455_convert_20190222050845.jpg

IMG_8456_convert_20190222050907.jpg
精緻に藁で作られたD-51。すべての作品に解説版が付いています。

IMG_8457_convert_20190222050929.jpg

IMG_8458_convert_20190222051031.jpg
馬だけでなく、馬車も。いまにも動きそうなこの躍動感。

IMG_8459_convert_20190222050952.jpg
ひときわ異彩を放つ巨大なイヌワシ。

この展示は素晴らしい。派手な宣伝がないので行きかう車は素通り。みなさん必見ですよ。


2019.2.22「今、勢いのある居酒屋 秋吉の池袋店に行ってみた」

「今、勢いのある居酒屋 秋吉の池袋店に行ってみた」

居酒屋の「秋吉」といえば福井発祥の全国展開している居酒屋。鳥貴族が価格改定で落ち目の中、東京周辺でもたくさん展開しています。金沢で二度も「秋吉」に行き、そのコスパの良さに感心したので、東京でも行ってみました。池袋店。池袋駅西口から東京芸術劇場の裏にありました。駅前とはいいがたい立地です。それでも店内は満員御礼。二時間制を申し渡されました。立地が悪くてもコスパが良い店には人が集まるという証左。本日は会社時代の腐れ縁の同期と後輩。定期的に飲んでいる仲間。

IMG_8495_convert_20190226051757.jpg

IMG_8496_convert_20190226051821.jpg
入口は広く、秋吉としては広々とした店。

IMG_8507_convert_20190226051935.jpg
コの字形のカウンターを中心に周りにテーブル席が用意されています。本日はテーブル席に。

IMG_4689_convert_20180917091150.jpg

IMG_4688_convert_20180917084508.jpg
基本は串焼き、揚げ物、一品もの。リーズナブルな値段です。あとは美味しければ、コスパ良し。

IMG_4690_convert_20180917091210.jpg
飲み物も大したものないが安い。

IMG_8499_convert_20190226051848.jpg
まずは漬け汁の2点セット。からし、たれは串焼き。福井では3点セットでこの他にソースが揚げ物用としてあったが、ここでは揚げ物ごとにソースが付いていました。

IMG_4695_convert_20180917091250.jpg
きゅうり3本140円。

IMG_4696_convert_20180917093314.jpg
キャベツ。140円。

IMG_8508_convert_20190226052007.jpg
焼き鳥。5本セットで310-380円。特徴的な物は「純けい」。厳選されたメス鶏だけを使用し、歯ごたえとジューシー差がたまらない。美味しい。「シロ」。豚肉のホルモン(腸)の美味しい部分のみ使用。うまい。豚足まであります。写真は砂肝とネギマ。
串焼き乗っている台は保温されていて、冷めないような工夫があります。

IMG_8509_convert_20190226052031.jpg
つくね。これは2本で提供。290円。

IMG_8511_convert_20190226052112.jpg
串揚げ。串カツ。一口牛肉の串カツ。5本350円。レンコンも美味しかった。

IMG_8501_convert_20190226051911.jpg
うずら卵。320円

IMG_8510_convert_20190226052053.jpg
玉ねぎフライ。280円

IMG_8512_convert_20190226052132.jpg
本日のお勘定。一次会としては飲みすぎ食べすぎの一人4000円強。

IMG_8522_convert_20190226052207.jpg
本日の愉快な仲間というより、おじさん3人衆。

メニューが斬新で、味も良いので癖になりそうな串焼きやです実際、金沢、福井の本場の店で味占めて、本日、初めて、東京の池袋店に。東京にも14店も出店しているそうです。リピートします。「鳥貴族」から乗り換え決定。

◎秋吉 池袋店
☎ 03-3982-0601
東京都豊島区西池袋3-30-4 K&Hビル 1F
交通手段 池袋駅から417m
営業時間 [火~土] 17:00~24:00 [日・祝] 17:00~23:00
日曜営業
定休日 月曜日定休(振替あり)





2018.4.25「ドイツ ミュンヘン市内観光⑧ ケバブの店が多く、美味しく、安い」

「ドイツ ミュンヘン市内観光⑧ ケバブの店が多く、美味しく、安い」

ドイツの町を歩くとケバブを販売している店が多い。ドイツの消費税は一般的な食料品や生活必需品などは消費税7%ですが、それ以外は19%です。したがって、レストランなどには一般庶民はあまり行きません。価格も高いと感じます。さらに、チップも必要ですから。しかし、駅構内などにあるケバブの店はチップがいらないうえに、持ち帰りのため消費税が安いのか、手ごろな値段で買えます。また、美味しい。
今回はDURUMを購入。デュラム小麦の生地で野菜やビーフ肉などを巻いたもの。美味しかった。4.9ユーロ(666円)。
本日は、ミュンヘン中央駅で見つけたケバブを購入して、駅から近い公園のベンチでお昼にしました。ミュンヘンブルーの青空の下、ますます美味しいお昼になりました。

IMG_1616_convert_20190226160345.jpg

IMG_1611_convert_20190226160233.jpg

IMG_1610_convert_20190226160208.jpg
ケバブを筆頭にいろいろなものを売っていて、野菜や肉をチョイスして調理してくれます。

IMG_1614_convert_20190226160310.jpg
トッピングの種類は豊富。

IMG_1615_convert_20190226160328.jpg
アルミホイールに包んでくれます。温かい。

IMG_1617_convert_20190226160411.jpg
ミュンヘン中央駅から歩いて5分のところにある元植物園であった公園に。

IMG_1618_convert_20190226160433.jpg

IMG_1621_convert_20190226160457.jpg
ベンチに座って昼食開始。肉汁とサラダとドレッシングが素晴らしくマッチして美味しい。ドイツで久々に美味しいものに出会う。




プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR