FC2ブログ

2019.6.29「飯山観光のゲストさんを連れて、6月末の沼の原湿原に」

「飯山観光のゲストさんを連れて、6月末の沼の原湿原に」

6月末にアグリツーリズモの一環として、ボランティアとしてやっている「長野県飯山探訪の旅」。今回は雨模様の中、2人ゲストさんがいらっしゃいました。早速、雨が落ちる前に斑尾高原の沼の湿原をご案内。6月中旬ですとミツガシワ、サワオグルマ、レンゲツツジなどが咲き乱れ、湿原が白や黄色で埋まりますがこの時期になるとカキツバタやワタスゲがメインの花となります。また、気が早いニッコウキスゲも咲いていました。
沼の原湿原にはロングコース2.8K 90分とショートコース1.6K 50分の2つのコースが用意されています。道はよく整備されていて道に迷うことはありません。今回はショートコースをご案内しました。

IMG_0102_convert_20170612015649.jpg
駐車場の横に湿原への入口があります。

IMG_1902_convert_20190701032403.jpg

IMG_1909_convert_20190701040039.jpg
生憎の空模様ですが、雨は落ちてきません。静かな湿原ハイクとなりました。我々以外はトキ草を探す中年女性二人組のみでした。

IMG_1903_convert_20190701032427.jpg

IMG_1906_convert_20190701035931.jpg

IMG_1976_convert_20190702070751.jpg
紫の鮮やかなカキツバタが咲いていました。アヤメとの見分けが難しいですが、アヤメは乾燥地に育つので、湿原に咲いているものはカキツバタと思って間違いありません。

IMG_1908_LI_convert_20190701040009.jpg
本日のゲストさん。カキツバタとパチリ。

IMG_1910_convert_20190701040101.jpg
イワナニガナも群落を作っていました。

IMG_1916_LI_convert_20190701040220.jpg

IMG_1913_convert_20190701040126.jpg

IMG_1914_convert_20190701040151.jpg
湿原にはヨシなどの湿性植物が繁茂しており、背丈を覆い隠すほどのところもありました。湿原内は木道が敷かれ、分岐にはしっかりした標識が立つているので道迷いはありません。

IMG_1918_LI_convert_20190701040247.jpg
水芭蕉の葉がこんなに大きくなっていて、ゲストさんもびっくり。

IMG_1919_convert_20190701040317.jpg

IMG_1926_convert_20190701040410.jpg
7月中旬頃に咲くニッコウキスゲも結構咲いていました。

IMG_1927_convert_20190701040428.jpg
ワタスゲが風にそよぎます。

IMG_1921_convert_20190701044023.jpg
釣鐘上の花が葉の下にぶら下がる不思議な植物。

長野飯山駅から車で30分ほどで静かな湿原歩きを楽しめます。一度、歩いてみてください。

<参考>
○早春の沼の原湿原 5月頃
2014_0427_091328-DSC_0813_convert_20140503084302.jpg
水芭蕉とともに湿原の女王リュウキンカが咲き誇ります。

2014_0427_091209-DSC_0810_convert_20140503084533.jpg
対岸はリュウキンカで黄色いじゅうたんが広がります。

春の息吹を感じるために、雪融けの瞬間の湿原はおすすめです。早朝の静かなときにスノーシューでサクサク歩くと幸せを感じられます。

〇6月初旬から中旬の沼の原
IMG_0106_convert_20170612015837.jpg

IMG_0112_convert_20170612020013.jpg
この時期の湿原の主役ミツガシワ。

IMG_0114_convert_20170612020105.jpg

IMG_0118_convert_20170612020133.jpg
ミツガシワとともに主役のサワオグルマ。

IMG_0129_convert_20170612020401.jpg
湿原にはちらほらとレンゲつつじが咲いています。美しい花ですが全木にジテルペンのグラヤノトキシン、ロドジャポニンなどの痙攣毒を含み、呼吸停止を引き起こすこともある植物です。。牛や馬にとっても有毒なため、食べ残すので、レンゲツツジの群生地になっている牧場が多のはこのため。花には蜜があり甘いが、吸うの葉非常に危険です。

IMG_0126_convert_20170612020246.jpg
湿原の真ん中をカメラ片手に登山者が行きます。湿原の上をさわやかな風が吹きます。半袖では肌寒いくらいです。

IMG_0133_convert_20170612020458.jpg
白い花のズミも満開。コリンゴ、ヒメカイドウ、コナシなどとも呼ばれ、バラ科のリンゴ属で野生のリンゴとも言えます。
この木の多い場所は小梨平などと呼ばれます。

IMG_0134_convert_20170612020520.jpg
形態が奇天烈なマムシ草。

○早秋の沼の原湿原
DSC_0427_convert_20160905052550.jpg
シラヒゲソウ。白色の花弁の縁が糸状に切れ込んでいる様子を髭に見立てこのながあります。しかし、その形状に感激です。

DSC_0422_convert_20160905051925.jpg
ツリフネソウ(釣船草、吊舟草)

DSC_0444_convert_20160905054100.jpg
オタカラコウ(雄宝香)

DSC_0541_convert_20160906014811.jpg
ギンリョウソウ。別名 ユウレイタケ。キノコではありません。

DSC_0531_convert_20160906014731.jpg
ヤナギラン。 細長い葉がヤナギ(柳)に似ていて,花がランの花に似ていることからこの名があるが、蘭の仲間ではなありません。

DSC_0443_convert_20160905054024.jpg
オオバセンキュウ

DSC_0476_convert_20160905063545.jpg
ユスラウメ

DSC_0432_convert_20160905052652.jpg
フジバカマ

◎沼の原湿原(信州の旅.com)
標高1000mに位置する斑尾高原は、豊かな森と水に恵まれ、3つある湿原のうち最大の広さと花の豊富さを誇るのが原生花園・沼の原湿原。春雪解けと共に水芭蕉、リュウキンカが咲き始め群落を形成し、金黄色のじゅうたんを敷き詰めたように咲き、まばゆい程の彩りを見せる。水芭蕉、リュウキンカの季節が終わると、白いミツガシワの花が湿原を際立たせ、金黄色から清楚感のある白色に色合いを変える。その後、カキツバタや夏のワタスゲ、カキラン、ウメバチソウなどが咲き、9月に入るとシラヒゲソウ、ハンゴンソウ、サラシナショウマ、リンドウなどといった花が見頃となる。また鳥の種類も多く早朝のバードウォッチングも楽しめる。

DSC_0411_convert_20160903073807.jpg
DSC_0412_convert_20160903073948.jpg
今回は1.6K 50分コースを歩きました。他にロングコースとして3.0K90分コースもあります。もっとも、木道は積雪の下なので関係ありませんが。雪の上を好きに歩きました。

DSC_0453_convert_20160905054428.jpg
沼の原湿原で主にみられる花の見ごろ



2019.6.30「飯山サマージャンプ大会でジャンプ台の迫力に感激」

「飯山サマージャンプ大会でジャンプ台の迫力に感激」

6月末にアグリツーリズモの一環として、ボランティアとしてやっている「長野県飯山探訪の旅」。雨も上がった日曜日の午後の最後の案内先として「飯山ジャンプ場」に。ちょうど、朝から「第28回飯山サマージャンプ大会」が行われており、迫力あるジャンプがみれればとお連れしましたが、一歩遅く、大会は終わってました。しかし、多くの関係者や観客が会場にはおり、ゲストさんには雰囲気は味わってもらえました。飯山ではこのジャンプ台で育った竹内択選手のようなオリンピックメダリストも生んでいます。今回も竹内選手が参加しており、成人一般の部で2位。

IMG_1963_convert_20190702070824.jpg
ノーマルヒルK=80、ミディアムヒルK=60、スモールヒルK=30の3台のジャンプ台があります。

IMG_1965_convert_20190702070952.jpg
関係者や観客がまだたくさんいました。

IMG_1967_convert_20190702070913.jpg

IMG_1969_convert_20190702070852.jpg
大会は終了していたので、自分で飛んでみました?

IMG_1970_convert_20190702070932.jpg
ゲストさんも満足そうです。会場には脇から入りました。

飯山は良い意味でも、悪い意味でもいろいろなイベントが行われて楽しいですよ。飯山に来たれ。その際はアグリツーリズモの「ポーレ フジタ」にご用命を。

◎市営飯山シャンツェ
ノーマルヒルK=80、ミディアムヒルK=60、スモールヒルK=30からなるスキージャンプ台。飯山市出身でオリンピックメダリストの竹内択選手を始め、多くの選手を輩出した名ジャンプ台であり、現在でもジャンプを始めたばかりの小学生から実業団の選手まで、シーズンを問わず大会や練習でスキージャンプの技を磨いています。

2019.6.30 寺社73‐②「飯山のあじさい寺 高源院のアジサイは五分咲き」

「飯山のあじさい寺 高源院のアジサイは五分咲き」

長野県飯山市であじさいといえば、あじさい寺として有名な戸狩高原の高源院。毎年、7月上旬の満開の頃を見計らって訪問します。本日はアグリツーリズモのゲストさんをお連れしました。たくさんの花見客が訪れていましたがアジサイは五分咲き。20種800株、1万本のアジサイが満開になった迫力には程遠いものでした。飯山は豪雪のために花芽が折れてしまって花が少ない年もあります。雪に影響される紫陽花寺です。

IMG_1954_convert_20190703072841.jpg

IMG_1957_convert_20190704072443.jpg

IMG_1958_convert_20190704074714.jpg
杉並木の参道の両側のあじさいはまだ5分咲きでした。この杉は樹齢200年以上で見事です。

IMG_1962_convert_20190704074621.jpg
てまりあじさいが主体でガクアジサイは数える程度です。

IMG_1960_convert_20190704074412.jpg
本堂。

IMG_1955_convert_20190704072158.jpg
川沿いのアジサイは見事でした。

<参考>こちらは山門前の同じ場所から撮った2018年の風景。

DSC_0574_convert_20150718133800.jpg

IMG_8617[1]_convert_20160706170452

IMG_8618[1]_convert_20160706170539
山門前の見事なあじさい。七変化はあじさいのことというほど花色が変わる紫陽花。何故花色が変わるかといえば、長く開花していくうちに、花の中の色素が少しずつ分解されておこる現象で、老化現象の一種と言われます。

IMG_8619[1]_convert_20160706170654
美しいものには毒がある。アジサイは強い毒があることで知られています。食べられません。

IMG_8620[1]_convert_20160707060247
本堂。本堂の周りにはアジサイは少ないです。健康祈願をお願いしました。

IMG_8622[1]_convert_20160706170809
下り道からのあじさいの姿も見事です。

◎アジサイの着花習性
アジサイは前年の秋までに伸びた茎の内部に花芽を作ります。剪定でこの花芽を切っていると花が咲かない。
放任しておくのが一番。剪定する場合は花後に花から2節目くらいを早めに切ります。

◎曹洞宗三嶋山高源院(戸狩温泉案内板)
戸狩温泉スキー場の手前に見える立派な石門の奥には杉並木が続きその先に、高源院がある。高源院は、平成11(2000)年に開創600年を迎えた戸狩屈指の古刹。本尊に大恩教主本師釈迦牟尼佛を祀る由緒ある寺院。正式名称は曹洞宗三嶋山高源院といい、寺伝によると、永仁3(1295)年に、前身である真言密院・萬用山慈専院がこの地に開かれ、その後、応永7(1400)年に曹洞宗に改宗。名称を三嶋山興源院とし、さらに大永5(1525)年に現在の三嶋山高源院の名に改称し、今に至る。本堂は享保4(1719)年に建立され、厳かな佇まいからはその歴史の深さを感じる。

長野県飯山市大字豊田6356
0269-65-2202

IMG_8624[1]_convert_20160706170838

2019.6.30「飯山駅前に鎮座する善光寺の仁王像」

「飯山駅前に鎮座する善光寺の仁王像」

北陸新幹線も通るJR飯山駅のすぐ近くで、かつて、善光寺の仁王像として鎮座した仁王像を拝観できます。
仁王門の中に仁王像は鎮座します。この仁王像は数奇な運命をたどった仁王像です。
善光寺の仁王門が明治24年の火災で仁王像と共に焼失し、善光寺は高村光雲に仁王像の制作を依頼したものの、明治45年の御開帳に間に合わ無かったため、飯山の仏師に依頼して制作しました。いわゆる急ごしらえの仁王像。御開帳には焼け残った台座の上に露天で飾られました。:なお、現在の善光寺の仁王門の仁王像は高村光雲と米原雲海の合作による彫刻です。


DSC_0694_convert_20170220195436.jpg

IMG_1892_convert_20190703071510.jpg
仁王門。この仁王像は数奇な運命をたどった仁王像で、善光寺の仁王門が明治24年の火災で仁王像と共に焼失し、明治45年の御開帳に間に合わせるために飯山の仏師に依頼して制作されたもの。御開帳には焼け残った台座の上に露天で飾られたもの。:

IMG_1897_convert_20190703071629.jpg

IMG_1895_convert_20190703071559.jpg
仁王像が収められている仁王門。

IMG_1894_convert_20190703071534.jpg
実際の写真。よく見ると現在展示されている仁王像より迫力と威厳があるように見えます。彩色したからかな。

2019.7.2「なべくら高原の花木農家の雑草取りのお手伝い」

「なべくら高原の花木農家の雑草取りのお手伝い」

アスパラガス農家のアスパラガスの収穫作業が終わると花木農家の作業支援。まずは、花木が品質よく育つように、下草刈りのお手伝い。花木より高く成長した雑草を刈ります。特に、蔓性の雑草は花木に巻き付き除去が大変です。
花木を傷つけないように細心に注意して、根元から雑草を鎌で切り落とすか引き抜きます。結構な重労働です。
花木は作物栽培の中では下草の管理をしていれば特段の世話が必要ないので収益性の高い作物だそうです。生け花をたしなむ人たちのおかげ様です。

IMG_1981_convert_20190708004719.jpg

IMG_1983_convert_20190708004754.jpg

IMG_2049_convert_20190708004608.jpg
雑草に覆われた花木。花木を切らずに雑草を刈りこむのは体力、精神力ともに疲弊します。

IMG_2042_convert_20190708004410.jpg

IMG_2046_convert_20190708004433.jpg
雑草の刈込前と刈込後。彫刻の作業に似ています。花木を削り出すようです。

IMG_2047_convert_20190708004455.jpg
時にはこんな楽しみも。

IMG_2048_convert_20190708004536.jpg

IMG_2041_convert_20190708004333.jpg
畝の一列が100m強あります。すべて刈りこむのに5時間ほどかかりました。

花木は雑草の管理をしっかりすれば、それほど管理も必要なく、育てられるので収益性の高い農産物だと農園主。

◎農林水産省「平成26年度版の営農類型別経営統計」
個別経営における施設花卉作経営の平均農業所得は約340万円となっています。それに対し他の個別経営農業の平均農業所得は、水田作経営が約270万円、畑作経営が約246万円、施設野菜作経営が約424万円、果樹作経営が約188万円、酪農経営が約833万円、肉用牛経営が約354万円、養豚経営が約1416万円、採卵養鶏経営が約502万円、ブロイラー養鶏経営が約826万円という結果でした

2019.6.17「はるちゃんの米作り5年目 ⑧田圃の除草」

「はるちゃんの米作り5年目 ⑧田圃の除草」

当家の田圃は底抜け田圃の上に、今年もモグラかネズミが田圃の土手に穴をあけ流水があり、落水とともにダブルパンチです。当然、除草剤の効果が得られる湛水管理が難しいので除草効果はほとんど得られません。その結果、毎年の悩みは除草対策です。手押しの除草機もありますが、田んぼに入り、一つ一つ除草するのが最も効果的です。6月中旬頃から毎日田圃に入り除草します。結構、つらい仕事です。また、採っても採っても、出てくるので根気のいる仕事でもあります。結果的に減農薬栽培となります。今年は、さらに鴨のつがいが住み着いてくれたので、除草効果を期待しています。

IMG_1746_convert_20190717051050.jpg
一見、雑草が生えていないように見える田圃ですが、ひとたび、田んぼに入ると雑草だらけ。

IMG_1731_convert_20190717050539.jpg
ウキクサが昨年ほどでないですが田圃の水面を覆います。

IMG_1733_convert_20190717050639.jpg
セリも田んぼの畔際に生えますがほっておくと田圃に根をのばして侵入します。

IMG_1734_convert_20190717052406.jpg
スブタ。山間部の水田や、農薬をあまり使わない湿田に今でも生育している。稲穂の間に生育している。スブタは根張りもごく弱く、このように光環境の面からもイネと競合することもないので、イネの収量を落とすようなことはないと思われています。

IMG_1745_convert_20190717051023.jpg
ウリカワ

IMG_1732_convert_20190717050606.jpg
アシカキ。これはたちが悪い。畔から茎を伸ばしてはびこります。

IMG_1731_convert_20190627050416.jpg
まだ、小さいですがイヌビエ。このころに徹底的に取らないと成長すると稲との見分けに苦労します。稲より成長は早く、完全に見逃して大きくなると田圃から抜くのが不可能となります。イヌビエのようなイネ科の雑草のは茎葉がイネと酷似し、イネと同じように成長して、同じように結実するので、イネに擬態して手取り除草による排除を回避していると思われます。

IMG_2930_convert_20180626054602.jpg
クログワイ。細長い花茎だけを伸ばします。

IMG_1743_convert_20190717050905.jpg
FS映画に出てきそうなエイリアンのような形の雑草オモダカ。今年はこれがたくさん繁茂しています。人の顔に似た葉を高く伸ばしている様子を指して「面高」と名がつけられたといわれています。大きくなると60センチほどにもなります。

IMG_1744_convert_20190627050553.jpg
腰をかがめて、雑草を抜き、土の中に埋め込みます。辛い辛い。疲れたー。ほぼ、毎日やらなければいけませんが、毎日が毎週になってしまいます。頑張らねば。

<補足>除草剤散布
基本的には減農薬栽培なので除草剤は少な目です。さらに、除草剤の効果は水管理ができて初めて得られますが当家の田圃は水漏れ田圃なので常に流水と落水があります。したがって、除草剤の効果は得られにくい状態です。しかし、師匠の指示もあり、田植え後に「初期剤」(5月29日)、田植えから15日経過後に「中期剤」(6月9日)を撒きました。初期剤が効かず、中期剤を撒くころには雑草がかなり伸び始めていました。

IMG_2387_convert_20180612025548.jpg
初期除草剤「ビラクロン」。

IMG_2531_convert_20180612025704.jpg
中期除草剤「ハイカット」。ネーミングはグッド。いかにも効果ありそう。

結局、手で散布しました。中期除草剤を撒くころは活着も進み田圃に入り撒きます。

◎田植え後の水管理(千葉県ホームページ)
できるだけ早く活着させることが重要。
活着とは、一般的には新根が3~5本発生して養分や水を十分吸収できる状態になることをいいます。
苗の活着の限界温度は12~13℃、最適温度は25~30℃といわれています。また、風などによる植え傷みにも注意が必要です。田植え直後から5日目くらいまでの間は、低温時や強風時には5~7センチメートル程度のやや深水で管理し苗を保護します。天候が悪い時に水深を保つ効果は、<1>地温と水温を確保して発根を促すこと、<2>苗からの水分の蒸発を抑制して苗をしおれさせないこと、の2つ。
・活着期
水温を高く維持すると活着が促進されます。気温が高いか天気が良い場合、水深は浅いほうが水温が上がりやすくなります。気温が低いか天気が悪い場合は、水深を深くしたほうが水温の低下を防ぎます。
活着する時期の田植後5~10日程度は、風がなく天気の良い日中は3~4センチメートル程度の浅水に、夕方は入水して5~6センチメートルの通常の水深にします。風が強い時や日中でも気温が低い時は、植え傷み防止と保温のため、5~7センチメートル程度の深水に管理します。
・分げつ期
昼夜の温度差が大きいと分げつが促進されます。浅水は昼夜の地温、水温の温度差が大きくなります。昼の気温が低い天候の場合は分げつが抑制されるので、深水にして水温を保ちます。

・除草剤の散布
除草剤散布時の水深は粒剤・フロアブル剤で3~5センチメートル、ジャンボ剤は5~6センチメートルにしましょう。除草剤の効果を保つため、散布後7日間はかけ流しや落水は絶対にやめましょう。また、活着が遅れている場合や、極端な高温・低温時は、薬害防止のため除草剤の使用を控えましょう。安定した効果を得るためには水管理のほか、<1>田面を均平にする、<2>代かきを丁寧にする、<3>除草剤の使用量・使用時期を守る、ことが重要です。田植え前に初期剤を使用する場合は、田植え時に排水することもあるので田植えの7日前までに使用します。

・稲わら等の分解によるガスの対策
水田に足を踏み入れると気泡が発生する、または晴天時に自然に気泡が生じる場合があります。これは、すき込んだ稲わらや雑草の分解が不十分なとき、気温が上昇する5月中旬以降に稲わらが分解しはじめて「ワキ」とよばれる植物の根に有毒なガスが発生するためです。このガスで稲の根が傷み、葉の黄化、苗の枯死など生育障害を起こすことがあるので注意が必要です。対策としては、一度水を落とすか、除草機を使ってガスを抜きます。落水は、昼に気温が高く、夜は曇っていて気温が下がらない日を選んで行います。夕方に水を落としてガスを抜き、翌朝に水を入れます。ガスの発生がひどい場合は数回行います。
・畦畔管理
水管理のために、畦畔や用水路などの管理を適切に行いましょう。畦畔、用水路の周囲は草刈りを定期的に実施し、漏水などがないか点検しましょう。モグラやザリガニの穴がないかも確認し、畦畔板、畦畔シートなどで対処しましょう。

2019.7.7 寺社104「飯山市の名跡① 親鸞聖人ゆかりの榎御坊」

寺社104「飯山市の名跡① 親鸞聖人ゆかりの榎御坊」

長野県飯山市には数多くの旧跡がありますが、旧跡の紹介やアクセスの案内が十分になされていません。郷土誌の「岡山村史」に「藤ノ木集落の南東端近くの道路脇に、寂れた御堂が一つ建っている。榎 えのき 御坊である。 この榎御坊は、親鸞・蓮如ゆかりの地として、大正初期頃までは毎年 4 月 25 日に藤ノ 木御旧蹟と称して、近郷在住の多くの善男善女が参詣し、飯山やその他の商人が出店を張り、門前市をなす賑わいであったという。」とありました。是非、訪れたいと思っているうちに5年がたちました。
この日、偶然、国道292号線の藤ノ木交差点の近くに榎御坊への表示を見つけて、訪れることができました。しかし、御坊の前に来ても大きな表示もなく、半信半疑でした。

IMG_2194_convert_20190708014502.jpg

IMG_2189_convert_20190708014201.jpg

IMG_2191_convert_20190708014257.jpg

IMG_2196_convert_20190708014606.jpg

◎榎御坊

IMG_2193_convert_20190708014418.jpg

当地は、浄土真宗の宗祖である親鸞聖人が流罪を許され、関東に行く途中逗留したとの伝承を残している。さらに、同宗を中興した蓮如上人が、始祖親鸞巡錫のあとを辿って越後から樽本・大川を経て、この地に足を止め、本堂の庭に一本の榎を植えたが、これが良く繁って成長したので、別ぶ榎の御坊と呼んだと伝えられている。
江戸時代から大正末期まで、毎年四月二十五日には、近隣近在の信徒が大勢参詣し、門前市を成すほど宗教上の拠点であった。
その後火災等で景観は一変したが、当地方の民間宗教を知る上で欠かせない重要な場所である。
(飯山市教育委員会・藤ノ木区設置の案内板から)

◎親鸞の流罪(ウィキペディア)
承元の法難は、後鳥羽上皇によって法然の門弟4人が死罪とされ、法然と親鸞ら7人が流罪にされた事件。
「南無阿弥陀仏を認めるか認めないか」という純粋な宗教的対立がきっかけとなった事件ではない。法然の門弟たちが後鳥羽上皇の寵愛する女官たちと密通したうえ、上皇の留守中に彼女たちが出家してしまったため、後鳥羽上皇の逆鱗に触れたという話で、密通事件さえ起きなければ、宗教がもとで人が死ぬことはなかったと言える。

2019.7.7「海王丸パークに美味しいパン屋を発見  B-CUBE 」

「海王丸パークに美味しいパン屋を発見  B-CUBE 」

富山県の氷見に遊びに行った帰りに、国道8号線沿いに射水市に入ると「海王丸パーク」がありました。天気も良いので立ち寄ります。美しい帆船の海王丸が青空に映えた姿に、心が洗われるようでした。海王丸は、商船学校の練習船として、誕生した帆船で、昭和5年2月14日に進水して以来、59年余の間に106万海里(地球約50周)を航海し、11,190名もの海の若人を育てたそうです。海王丸は、現役のまま公開されていて、まだ、立派に航海に耐えるようです。
丁度、お昼時で、混雑しているパンやがありました。「 B-CUBE」。その店名通りに約30種類のパンが並び6cm角の「キューブパン」が主体のパン屋でした。焼きそばやたまご、カレーなどの具材を入れて焼きあげたパンが人気のようです。特に、「あんキューブ」、「あんホイップキューブ」は、射水市の『若狭屋』のあんこを使用して人気です。
早速、いくつか買い込み、お昼にすることにしました。

射水市に行ったら海王丸とともに訪れる価値あるパン屋でお勧めです。

IMG_2184_convert_20190708013819.jpg

IMG_2182_convert_20190708013921.jpg
店内にもイートインスペースがあります。

IMG_2183_convert_20190708014033.jpg
随分、売れてしまった後でしたが、満足できる味のパンを購入できました。1個200-250円です。

IMG_2181_convert_20190708013850.jpg
お昼用にこれだけのパンを買い込みました。これで、1500円弱です。

IMG_2186_convert_20190708014119.jpg

IMG_2185_convert_20190708014056.jpg
この後、親不知にある道の駅「親不知ピアパーク」に移動して、青空の下、日本海を観ながらの昼食となりました。


◎ B-CUBE
富山県射水市海王町8(海王丸パーク内)
駐車場 有 海王丸パーク駐車場利用
営業時間 11:00~17:00
定休日 水曜、ほか不定休あり
☎ 0766-53-5754
◎海王丸パーク
営業期間 9:30~17:00
定休日:水 水曜日が祝日の場合は木曜日
定休日:12月29日~1月3日 年末年始
非公開日:海王丸の船体整備期間は非公開
所在地  富山県射水市海王町8 MAP
☎     0766-82-5181
交通アクセス 高岡駅前から路面電車で39分(万葉線)
         万葉線・海王丸駅から徒歩で5分

IMG_2178_convert_20190708064143.jpg
先日、後ろに見える橋を自転車で走行する動画が危険として、ニュースで話題になっていましたが、ガードレールも低く、車で走っても怖いのに、よくやるもんです。

IMG_2179_convert_20190708064233.jpg

IMG_4832_convert_20181224084418.jpg

IMG_4821_convert_20181224084144.jpg

◎親不知ピアパーク
新潟県糸魚川市大字外波903-1
☎ 025-561-7288
駐車場 大型:15台 普通車:226(身障者用8)台
営業時間 9:30~17:00(季節により異なる)

IMG_2188_convert_20190708064520.jpg

2019.7.6「会社同期の悪友と久々の再会 ブリの氷見」

「会社同期の悪友と久々の再会 ブリの氷見」

会社同期の悪友と白山に行く予定の日。天気予報を信じた同僚が中止を決めた。しかし、天気予報は見事に外れて、晴れ。がっかりしていると私の集落のブランド米「かざまつり」の注文。悪いと思った同僚が取りに来るというので、ぽっかり空いた2日間。折角なので、氷見まで観光がてら持っていくことに。突然のことで、宿がなかなか見つからなかったが氷見と七尾の境にある民宿「汐風」を見つけて投宿。今時こんなに古びた宿があるのかと思ったが、さすがに氷見。寒ブリの季節でないが珍しい海のものをたくさんいただき、満足。宿は快適な造りとは言えませんが、食べるものは美味しい。しかし、旅行するなら計画的にかな。宿泊費は11000円ほど。夕食のビール1本、燗酒(銀嶺立山)1号徳利5本がなんとサービスになってました。

IMG_2118_convert_20190709050758.jpg
写真ではわかりませんが、相当の年代物の建物です。

IMG_2119_convert_20190709050834.jpg
入口はいるとドライブインの食堂です。

IMG_2122_convert_20190709050926.jpg
部屋に落ち着きましたが、お世辞にも綺麗とはいいがたい部屋です。最近は民宿もかなり立派なところが増えてきたんですが、昭和40年代の民宿かな。

IMG_2120_convert_20190709050904.jpg
民宿の窓からは日本海が望めます。前は砂浜で海水浴場のようです。

IMG_2123_convert_20190709050957.jpg
夕食は氷見らしい海鮮三昧。

IMG_2124_convert_20190709051035.jpg
お造り。新鮮な刺身が5種。特に、氷見イカは絶品。

IMG_2125_convert_20190709051105.jpg
煮物。この小さな魚はパット見、ブリ。出世魚の幼児 ツバス。ブリのメッカ氷見に来ないと食べれないかな。

IMG_2130_convert_20190709051221.jpg
氷見といえばブリ。

IMG_2126_convert_20190709051132.jpg
酢の物。これは絶品。アジの甘酢和え。日本酒が進みます。

IMG_2127_convert_20190709051156.jpg
つみれ団子の入った鍋。美味しい。

IMG_2131_convert_20190709051325.jpg
氷見のもう一つの名物 うどん。讃岐うどん(香川県)、稲庭うどん(秋田県)と並んで日本3大うどんと呼ばれることもある美味しさ。独特の強い腰と粘り、餅のような感触と風味、のどごしの良さと歯ごたえ。氷見うどんは「手延べ」という製法でつくられています。

IMG_2134_convert_20190709051430.jpg
宿の前の朝焼けも見事。

IMG_2137_convert_20190709051507.jpg
朝食は新鮮なアジのひもの中心の定番。

宿がもう少し整頓されていると料理は素材活かした新鮮料理なのでお勧めですが。宿のリフォームお願い。

<番外>氷見のお土産として購入したブリの20-30センチ以下のときの名前コズクラのひもの。脂の乗りもよく肉厚で絶品。
2匹で560円の干物。

IMG_2200_convert_20190715075256.jpg



◎民宿 汐風
☎ 0766-79-1173
富山県氷見市中波175

IMG_2136_convert_20190709050732.jpg
ドライブインの隣の建物が宿泊棟ドライブインの


2019.7.12「会社時代の悪友とミャンマー料理に舌鼓 希望の星2号店」

「会社時代の悪友とミャンマー料理に舌鼓 希望の星2号店」

元会社の悪友2人の三人会。どうしてこの3人で飲むようになったかは不明だが、3-4か月に一回、名店といわれる居酒屋を飲み歩き。本日は、テレビで紹介されていたミャンマー料理が提供される「希望の星」に。池袋には2軒あり、ミャンマー人夫婦がそれぞれ店長をしています。このうち、ご主人が店長を勤める「希望の星2号店」に。店は、元スナックをそのまま利用したつくりで、広くはありません。早速、注文します。ミャンマー料理は500円、その他の料理は370円均一。また、アルコールも生ビール250円と安い。美味しければ申し分ありません。ミャンマー料理、その他のつまみも美味しい。コスパ良しです。店内が、もう少し清潔感あればお勧めの居酒屋です。若い女性グループのお客様がいましたので料理は間違いありません。

IMG_2254_convert_20190714042638.jp
付け出しは魚おせんべい。

IMG_2249_convert_20190714042251.jpg
ミャンマー店員お勧めのミャンマー料理を注文。

IMG_2258_convert_20190714042932.jpg
マサラオムレツ。これって、インド料理では。まあ、いいか。

IMG_2255_convert_20190714042725.jpg
蒸し鶏とパクチーのサラダ。パクチーと蒸し鶏の取り合わせが抜群。美味しい。ミャンマーではサラダ全般のことをトウッ(THOU)
というようです。

IMG_2250_convert_20190714042453.jpg

IMG_2256_convert_20190714042756.jpg
牛タンは小さいが、美味しい。それほど辛くない。

IMG_2251_convert_20190714042520.jpg

IMG_2260_convert_20190714043113.jpg
豚軟骨のから揚げ。これもコリコリした触感とともに、味もよい。ミャンマーでは揚げ物がとても人気で、ミャンマーの人は毎食揚げ物を食べていると言っても過言ではないほどだそうです。

IMG_2252_convert_20190714042546.jpg

IMG_2259_convert_20190714043039.jpg
大好物ビーフン。麺の量がちょっと少なめ、味も薄味でした。

IMG_2261_convert_20190714043137.jpg

IMG_2257_convert_20190714042855.jpg
ミャンマー料理以外は370円。レバニラ炒めと揚げ餃子。揚げ餃子はお勧めです。

IMG_2253_convert_20190714042615.jpg
飲み物は激安。それぞれ、250円、ホッピーセット350円。2セットを飲み干しました。

IMG_2262_convert_20190714043218.jpg
店の造りを除けばまずまずとの感想。コスパ良しの店でした。一人2800円のお勘定。

◎居酒屋希望の星 2号店
☎ 080-4853-8880
東京都豊島区池袋2-4-1 越路ビル 2F
交通手段 池袋西口から徒歩5分
営業時間 17:00 ~ 25:00
日曜営業
定休日 無休

IMG_2243_convert_20190714042006.jpg

IMG_2245_convert_20190714043015.jpg

IMG_2246_convert_20190714042103.jpg

IMG_2244_convert_20190714042040.jpg





2019.7.6「氷見温泉の日帰り温泉といえば源泉かけ流し 総湯」

「氷見温泉の日帰り温泉といえば源泉かけ流し 総湯」

会社同期の悪友と氷見でお米の受け渡し。受け渡し前に氷見の日帰り温泉「総湯」で汗を流します。日帰り温泉といっても炭酸風呂、ジャグジー風呂、寝湯、サウナなどもあるクアハウスに近い設備を持つ美しい温泉。露天風からは日本海がすぐ近くに見えます。お勧めの日帰り温泉です。入浴料600円。温泉に入った後は近くの道の駅「氷見番屋街」がおすすめです。

IMG_2107_convert_20190710063013.jpg
入口はこじんまりですが、大きな食堂もある広い施設です。

IMG_2108_convert_20190710063107.jpg

IMG_2111_convert_20190710063203.jpg
内湯。寝湯、ジャグジー風呂等。(パンフレットから)

IMG_2112_convert_20190710063239.jpg
露天風呂。手前が炭酸風呂。発泡してます。(パンフレットから)

〇泉質
源泉名 氷見総湯温泉
 湧出地 富山県氷見市北大町4644
 泉質  ナトリウムー塩化物強塩温泉(高張性中性高温泉)
 泉温 67,7℃
湧出量 157 ℓ/分
 知覚  微弱黄色 微弱混濁 強塩味 辛味 微弱金気味 無臭
 pH 7.0

◎氷見温泉郷・総湯
営業時間 10:00~23:00 (最終入館は22:00です)、 朝風呂:7:00~(毎月土・日・祝のみ)
料金  大人(中学生以上)600円/小人(小学生以下)300円/幼児(3歳以下)100円
☎ 0766-74-2611
アクセス 氷見温泉郷・総湯は、氷見の道の駅である氷見番屋街と隣接。

2019.7.10「芭蕉も通った親不知の奥の細道探訪」

「芭蕉も通った親不知の奥の細道探訪」

国道8号線で親不知を通過すると「天険親不知」の展望台があります。駐車スペースとレストハウスを兼ねた親不知観光ホテルも建っています。ここに車を置いて親不知の断崖に設けられた階段を降りると途中には昭和48年まで走っていた北陸鉄道の隧道があり、さらに下ると荒波洗う奥の細道のあった狭い海岸に出ます。隧道は600mほどで、入口には懐中電灯も置いてあり、歩くことができます。
海岸まで降りて、しばし、芭蕉が見た景色に感嘆します。思わず頭に浮かぶ芭蕉の一句。「荒海や佐渡によこたう天の川」。

荒波が押し寄せる息を狙って渡るのは命懸けだったとわかる景色が続きます。

IMG_2095_convert_20190713201144.jpg
親不知観光ホテルが目印の「天険親不知」の駐車スペース。

IMG_2083_convert_20190713193910.jpg

DSC_0488_convert_20190713180411.jpg

DSC_0490_convert_20190713180643.jpg
駐車スペース横から海岸線に降りる階段があります。うっそうと茂った林の中を下ります。

DSC_0487_convert_20190713175955.jpg
時々、絶壁の真下に荒波と海岸線がが見えます。

IMG_2084_convert_20190713194023.jpg
やがて、ぽっかり大きな口を開けた「親不知隧道」の前に出ました。レンガ造りの600mのトンネルです。

IMG_2086_convert_20190713194832.jpg

IMG_2090_convert_20190713195342.jpg
入口には懐中電灯が用意されていて、歩行できるように配慮されていました。

IMG_2091_convert_20190713194948.jpg
トンネル内はヒヤッとする空気に包まれています。

IMG_2094_convert_20190713195635.jpg
ここからさらに、急な階段を下ります。階段には無数のフナ虫が這っています。これだけ多くのフナ虫は見たことありません。

DSC_0492_convert_20190713182740.jpg

IMG_2093_convert_20190713195512.jpg
下っていくと奥の細道が見えてきました。といっても、整備された道があるわけではありませんが。

DSC_0502_convert_20190713192112.jpg

DSC_0501_convert_20190713192024.jpg
奥の細道に降り立ちました。昔の人はここをどのように歩いたかは想像できませんが、下の写真の岸壁には刻まれた階段の一部が残されていました。

DSC_0498_convert_20190713183020.jpg

DSC_0499_convert_20190713185808.jpg
間断なく荒波が打ち付けていました。芭蕉が見た景色をしばし、感慨をもって眺めました。

IMG_2096_convert_20190713195840.jpg
下った以上は上り返さねばなりません。行きは良いよい帰りは怖いです。駐車スペースに戻ると国道8号線を挟んで「栂池新道」の登山口がありました。学生時代以来の後な立山連峰縦走を再びしてみたくなりました。

親不知を8号線で通過した際にはお勧めの場所です。

◎天険親不知
海岸線まで降りなくても「親不知コミニュテイ道路」という周遊コースがあります。
IMG_2087_convert_20190714033652.jpg

IMG_2082_convert_20190713193239.jpg

2019.7.7「道の駅 能生 敷地内の彫刻が必見」

「道の駅 能生 敷地内の彫刻が必見」

国道8号線を上越から走ると大きな風車が目立つ道の駅「能生」があります。立ち寄る価値のある道の駅です。

IMG_2075_convert_20190714053716.jpg
この大きな風車は遠くからもよく見えます。

IMG_4479_convert_20190714064320.jpg
敷地内に係留展示される「越山丸」。乗船もできます。料金は大人200円 小人100円。
この船は、県立海洋高等学校の実習船として昭和55年6月に進水して、係留展示されるまで多くの航海実習の実績を残し活躍した船とのこと。

この道の駅にある日本海に面して広がる公園には多くの彫刻が展示されていて、見て回る価値のあるものとになっていました。作家は各種美術展での受賞歴が多々ある人たちの作品です。見ごたえはあります。

IMG_2076_convert_20190714053757.jpg
「気の門」 槇 歩作

IMG_2078_convert_20190714063327.jpg
「太陽の門」 浅野 卓司 作

IMG_2079_convert_20190714063611.jpg
「環状母神像」 松本 雄治 作 1953年神戸市生まれ/多摩美術大学大学院卒

IMG_2081_convert_20190714063827.jpg
「進化景色」 土田 義昌 作  武蔵野美術大学(彫刻学科卒業)。このテーマで多くの彫刻を作成

IMG_4494_convert_20190714071215.jpg
「森の詩」 藤巻 秀正 作。二科会会員。

IMG_4497_convert_20190714072519.jpg

IMG_4498_convert_20190714074318.jpg

IMG_4499_convert_20190714074612.jpg

IMG_4500_convert_20190714075611.jpg

IMG_4501_convert_20190714075915.jpg

IMG_4502_convert_20190714080229.jpg
「記念撮影 夕陽と風と」 峯田 俊郎 作。1939年山形生。東京教育大、東京芸大で舟越保武に師事。受賞多数。

IMG_4504_convert_20190714082117.jpg

IMG_4505_convert_20190714082626.jpg
「インサイド アウト インスピレーション」 菅原 二郎 作。1941 奈良県生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。

<余禄>ベニズワイガニの直売所「かにや横丁」
日本一のベニズワイガニの直売所「かにや横丁」が有名。カニ漁船直売なので、味も値段も大満足。

IMG_4491_convert_20190714083535.jpg

IMG_4490_convert_20190714083325.jpg

IMG_4488_convert_20190714082853.jpg

◎道の駅 能生(のう)
新潟県糸魚川市大字能生小泊3596-2
☎ 025-566-3456
駐車場 大型:10台 普通車:438(身障者用2)台
営業時間 9:00~16:30
日本一のベニズワイガニの直売所「かにや横丁」が有名。カニ漁船直売なので、味も値段も大満足。その他にも県内トップクラスを誇る能生漁港でとれた魚などを販売している鮮魚センターも注目。

IMG_4482_convert_20190714065957.jpg

IMG_4492_convert_20190714070624.jpg


2019.7.7 寺社105「前田百万石の威光を示す瑞龍寺」

寺社105「前田百万石の威光を示す瑞龍寺」

富山県の高岡市を訪れると必ず寄っている「瑞龍寺」に久々に行ってみた。前田利長が嫡子がいなかったため、異母弟の利常を前田家の三代目に指名し、その恩義に報いるために利常が利長の菩提を弔うために創建した大伽藍の寺院。ほとんどの建物が国宝や重要文化財となっている名刹。また、仏殿の屋根瓦は鉛で葺いてあり、闘いの際に溶かして鉄砲玉を作る原料としたり、冬の雪が保温性の高い鉛で溶けるようにした工夫があり有名。
特に、総門をくぐり、歩くとその美しさに目を見張る。伽藍の人体配置の法則による造りがそのように思わせるのか。
富山の高岡に来たら一度は訪れたい場所です。その伽藍の壮大さと美しさに息をのみます。

IMG_2149_convert_20190715212241.jpg
「総門」。重要文化財。正保年間に竣工。正面幅三間の薬医門形式

IMG_2147_convert_20190715212218.jpg
総門をくぐる前に展示されていた「法堂の鬼瓦」。

IMG_2155_convert_20190715212505.jpg
総門をくぐると息をのむ。シンメトリーの美しさ。正面に「山門」。国宝。1746年(延享3年)の火災で焼失後、1818年(文政元年)に上棟、1820年(文政3年)に竣工したもの。高さは約18mで寺院内で最も高い。二重門では下層の屋根を上層よりも大きくつくることが多いが、この門では上層と下層の屋根の出があまり変わらない。

IMG_2157_convert_20190715212548.jpg
下層に金剛力士(仁王)像。

IMG_2160_convert_20190715212613.jpg

IMG_2164_convert_20190715212732.jpg

IMG_2161_convert_20190715212639.jpg
「仏殿」。国宝。棟札により1659年(万治2年)の竣工。入母屋造、一重裳階(もこし)付きの総欅造りで、屋根は当初杮(こけら)葺きであったが、現状は総重量約47トンの鉛瓦葺き。鉛製の瓦を用いる理由は、俗説では非常時に鉄砲の弾にするためともいうが、実際は冬季の積雪対策のためだという。

IMG_2162_convert_20190715212707.jpg

DSC_0550_convert_20190716190416.jpg
「法堂」。国宝。1655年(明暦元年)建立。
総桧造りの入母屋造、銅板葺き。内部を土間床とする仏殿に対し、法堂は畳敷きで、横2列、縦3列の6部屋を配する方丈形式の間取りで建坪186坪。二代藩主前田利長の位牌を建物中央奥に安置。

IMG_2167_convert_20190715212937.jpg
法堂から仏殿と山門を見る

DSC_0526_convert_20190715213656.jpg
「南回廊」。重要文化財。大伽藍を囲む周囲約300mの回廊で、北回廊、南東回廊、南西回廊からなる。回廊の左右は白壁となっており、規則正しく並んだ柱と格子枠の障子戸が特徴である。

IMG_2165_convert_20190715212810.jpg
南西回廊の奥にある前田利長、前田利家、織田信長、同室正覚院、織田信忠を祀る5つの石廟。

DSC_0527_convert_20190715213738.jpg

DSC_0529_convert_20190715213814.jpg

DSC_0530_convert_20190715213844.jpg
「僧堂(禅堂)」。重要文化財。南回廊の途中にあります。

DSC_0536_convert_20190715214047.jpg

DSC_0537_convert_20190715214114.jpg
「大庫裏」。重要文化財(北回廊の一部として)。結露を防ぐために天井には漆喰が塗られ曲線になっています。

DSC_0540_convert_20190715214213.jpg

DSC_0538_convert_20190715214244.jpg
正面の厨子内に韋駄天尊像(木像、高さ約90cm)が安置されてました。前田家より寄進されたといわれるもの。

DSC_0541_convert_20190715214332.jpg
南西回廊にある「延命地蔵菩薩」。

DSC_0543_convert_20190715214654.jpg

DSC_0544_convert_20190715220904.jpg

DSC_0545_convert_20190715221001.jpg
重要文化財。防火建造物である土蔵造りの手法を用い、外壁を大壁とし、内部は土天井とするなど大変珍しいものである。防火対策で天井がドームのように弓なりになっているのがわかります。賓頭盧尊者像を安置。

DSC_0549_convert_20190715221040.jpg
北回廊。重要文化財。大伽藍を囲む周囲約300mの回廊の北側に位置する。回廊の左右は白壁となっており、規則正しく並んだ柱と格子枠の障子戸が特徴。

IMG_2168_convert_20190715213004.jpg

IMG_2169_convert_20190715213033.jpg
北回廊の両端にある像。禅宗寺院では浴室、僧堂、東司(とうす=トイレ)は七堂伽藍の1つとして数えられ、「三黙道場(会話談笑が禁じられている3つの場所)」とされています。身体と心を清浄にするための修行の場。
上は東司の神様「木造烏蒭沙魔明王(うすさまみょうおう)立像」。 高さ117cm、同寺最古の室町時代以前の制作で、国内最大級の仏像とされ、前田家より寄進されたといわれる。トイレの神様。
下は浴室の神様「跋陀婆羅菩薩(ばったばらぼさつ)」。

DSC_0552_convert_20190715221302.jpg

DSC_0553_convert_20190715221455.jpg
総門を出て、駐車場に向かう道に大友の家持の詩とともに、歌われたカタクリなどが栽培されてました。

◎瑞龍寺(ウィキペディア)
曹洞宗の仏教寺院。山号は高岡山。本尊は釈迦如来。開基は前田利常、開山は広山恕陽。仏殿、法堂、山門の3棟が近世禅宗様建築の代表作として、1997年(平成9年)に国宝に指定されている。また、重要文化財として、総門、僧堂(禅堂)、大茶堂、高廊下、北回廊、南東回廊、南西回廊が指定されている。2018年(平成30年)現在、富山県唯一の国宝である。

IMG_2152_convert_20190715212410.jpg

IMG_2154_convert_20190715212431.jpg
建築の美しさを決める中で最も重要と言われている要素が「比率」といわれ、人体一致の法則で伽藍が配置するように山上善右衛門が建築。

IMG_2151_convert_20190715212347.jpg



2019.7.15「勝手に育ったパクチーの収穫 薬味には最高」

「勝手に育ったパクチーの収穫 薬味には最高」


梅雨寒とはいえ、作物は勝手に育ちます。昨年とった種をパラパラ播いたパクチーが雑草に負けずに1か月ほどで収穫できるまでになりました。早速、鶏肉の酢の物にあえて食しました。パクチーの独特な香りが鼻を抜け、お酒が進みます。

〇6月13日
肥料とPH調整した畑の一角で台状に畝を作り、昨年収穫したパクチーの種をパラパラと播きます。

IMG_1561_convert_20190717060206.jpg

IMG_1566_convert_20190717060246.jpg

〇7月15日
IMG_2296_convert_20190717055324.jpg

IMG_2295_convert_20190717055221.jpg
梅雨の雨で水分をたっぷり吸って、雑草の中にパクチーの葉が育ちます。

IMG_2299_convert_20190717055410.jpg
ナスやしし唐、玉ねぎなどとパクチーも収穫

IMG_2301_convert_20190717055755.jpg
その日の夜の酒の肴の薬味となりました。蒸し鶏の酢の物。

独特な香りが病みつきになります。

◎パクチーの栽培(ハーブ栽培ポータルサイト)
日当たりが良く水はけのよい土壌で育てます。
タネのまき時期は3~6月の春まきのほか、9月~10月までの秋まきができます。
20度~25度ぐらいが適温です。
ある程度の耐寒性がありますが、秋にタネを植える場合で、特に地植えする場合には、霜にあたらないように藁などでマルチングしたほうがよいでしょう。
タネはそれなりに大きく、2つのタネが1組の球形の形をしていますので、手で少し潰して割れ目を入れるか、2つに分けて一晩水につけてからまきます。
タネは深くは植えずに、薄く土をかける程度にします。
土は、鉢の場合には赤玉土と腐葉土と緩効性の化成肥料を元肥をして混ぜたものを使えばOKです。
地植えする場合には、腐葉土と緩効性の化成肥料の他に、植える2週間前ぐらいまでに苦土石灰を混ぜて酸性度を中和しておきます。

2019.7.20「群馬県 水上の精肉店が経営するレストラン 育風堂」

「群馬県 水上の精肉店が経営するレストラン 育風堂」

東京から移住先の飯山に帰る途中、お昼を食べるために、ちょっと、寄り道して群馬県の湯の里 水上に。目指すは精肉店が経営するレストラン「育風堂」。たびたびテレビでも紹介された「育風堂」という精肉店が2012年にリニューアルオープンしたと聞き、行ってみることに。
国道291号線沿いに、その店はありました。
ドイツソーセージとイタリア、スペイン仕込みのの生ハムで有名な店です。
レストランではソーセージやステーキに加えて、この店の一番人気のかつ丼も食べられます。ドイツ風レストランにかつ丼はミスマッチですが、その豚ロースの厚さで有名とのことでした。
もちろん、私はかつ丼を注文。分厚い豚ロースカツをあまじょっぱいタレと玉ねぎ、卵でとじてありました。評判になるだけあります。930円。愉快な仲間はブラート(焼いた)ヴルスト(腸詰)のお食事セット。自家製ハムソーセージの前菜・季節のひとくちスープ・ドイツパンorライス付です。1480円。
お土産も充実していて、一度は訪れる価値がある店です。価格もリーズナブル。お勧めです。

IMG_2326_convert_20190721074314.jpg

IMG_2327_convert_20190721074336.jpg
店はドイツ風レストランのたたずまい。

IMG_2315_convert_20190721073906.jpg
入口は二つ。左側はレストラン入口。右側はワイン、日本酒の専門店「瀧澤」です。「育風堂」で生ハム買って、「瀧澤」でワインをチョイス。

IMG_2313_convert_20190721072031.jpg

IMG_2314_convert_20190721073824.jpg
入口を入るとショーケースにずらりとソーセージや生ハムなどの製品が並んでいます。もちろん、熟成に熟成を重ねた生ハムもその場で切って提供いただけます。

IMG_2330_convert_20190721074448.jpg

IMG_2323_convert_20190721074205.jpg

IMG_2324_convert_20190721074233.jpg
ショーウィンドの中。美味しそう。この店一押しの生ハムとホワイトソーセージを購入。1480円。

やっと、席について、メニューを覗きこみました。

IMG_2308_convert_20190721071646.jpg

IMG_2309_convert_20190721071720.jpg

IMG_2310_convert_20190721071935.jpg

IMG_2311_convert_20190721071953.jpg

IMG_2312_convert_20190721072009.jpg
美味しそうなメニューが並びます。価格はリーズナブル。コスパ良しです。

IMG_2317_convert_20190721073924.jpg

IMG_2321_convert_20190721074059.jpg
愉快な仲間の注文した。ブラート(焼いた)ヴルスト(腸詰)のお食事セット。自家製ハムソーセージの前菜・季節のひとくちスープ・ドイツパンorライス付

IMG_2320_convert_20190721074038.jpg

IMG_2318_convert_20190721073948.jpg

IMG_2319_convert_20190721074014.jpg

IMG_2322_convert_20190721074127.jpg
一押しのかつ丼。付け合わせのハムと玉ねぎのバルサミコ酢のサラダも美味しい。なにより、かつ丼の厚さにびっくり。評判通り。しかし、柔らかく、ジューシーです。

◎育風堂精肉店
☎ 050-5596-8938
群馬県利根郡みなかみ町大穴814-1
営業時間 ■販売 10:00~18:00
       ■レストラン 平日 11:00~15:00 土日祝と8月 11:00~17:00
定休日  水曜日

2019.7.21「集落の風祭りは豊作と飯山高校甲子園勝利祈願で盛り上がる」

「集落の風祭りは豊作と飯山高校甲子園勝利祈願で盛り上がる」

飯山の農的生活。今年は梅雨寒のなか、水管理に失敗し、稲の生育が今一つで、中干を迎えました。これから穂がついて稲刈りまで大事な時期に巻き返しを図りたいところ。
そんな中、この時期、恒例行事の豊作祈願「風祭り」が行われました。
今年は祭り当日に飯山高校野球部が長野県決勝で伊那弥生が丘高校に5-4の10回サヨナラ勝ちで優勝。甲子園行きを決めました。
幸先良い吉報に大いに沸くお祭りとなりました。お祭りの後の直会(懇親会)、さらに、カラオケ大会と夜遅くまで盛り上がる集落に明るい未来を感じました。

IMG_2351_LI_convert_20190722083604.jpg
集落の鎮守「沖の宮」への参拝のために集会所をスタート。

IMG_2353_convert_20190722083644.jpg
向こうに見える鎮守の杜に「沖の宮」があります。

IMG_2357_convert_20190722083720.jpg

IMG_2360_LI_convert_20190722083801.jpg

IMG_2361_convert_20190722083831.jpg
「沖の宮」の中で、神主による豊作祈願の祝詞が奏上されました。

IMG_2362_convert_20190722084134.jpg

IMG_2364_convert_20190722084206.jpg
梅雨寒にも関わらず稲の生育は順調です。

IMG_2365_LI_convert_20190722084237.jpg
集会所に戻り、直会と呼ばれる懇親会が始まります。例年に比べて参加者が少ないのが気になります。

IMG_2367_LI_convert_20190722084259.jpg

IMG_2369_(2)_LI_convert_20190722084326.jpg
二次会はカラオケ大会。元寿司屋の経営者のご自宅には300万円近い高額多機能のカラオケセットがあり、時々利用させていただきます。本日も大いに盛り上がりました。

<余談>長野県高校野球夏の大会の決勝戦がおこなわれ、飯山高校が優勝。飯山市に感動のあらしが吹きました。1年のうち4か月は豪雪のために練習できない環境での快挙。甲子園に行かねばという気持ちにさせてくれました。飯山に移住してよかったと思える出来事でした。

IMG_2349_convert_20190722080447.jpg

IMG_2350_convert_20190722083503.jpg

<参考>
IMG_3764_convert_20180724024625.jpg
神様へのお供え。それぞれに意味があるものと思われます。

◎沖の宮
沖縄県那覇の社が有名。ここの社は昔々千曲川の洪水に乗って社がこの地に流れ着き、それ以来「沖の宮」と命名されたらしい。

2019.7.10「富山県の回転ずしなら きときと寿し 氷見本店」

「富山県の回転ずしなら きときと寿し 氷見本店」

富山県の回転寿司は全国に展開するチェーン店がないわけではないが、行くなら地元の「きときと寿し」に。きときととは富山の方言で「新鮮」という意味。全国チェーンに比べれは価格的には高いもののネタの新鮮さ、種類の豊富さ、ネタの大きさでは比べようもない。本当の鮨が食べれます。さらに、注文すれば目の前で寿司職人が握ります。
本日はお昼を食べに、「きときと寿し 氷見本店」にやってきました。
食べた皿数からすると全国チェーンの回転すしの支払いの倍はしますが満足度は数倍。コスパはよしです。

IMG_2106_convert_20190722140603.jpg
氷見バイパス沿いに店はあります。

IMG_2099_convert_20190722140755.jpg
テーブル席に案内されました。

IMG_2100_convert_20190722140832.jpg
地元の近海魚中心に魚種も豊富です。本日のおすすめだけでもこんな感じ。

IMG_2104_convert_20190722141004.jpg
注文すると寿司職人がすぐに握ってくれます。もちろん、目の前を美味しそうな寿司が流れてもいます。

IMG_2097_convert_20190722140654.jpg

IMG_2098_convert_20190722140718.jpg

IMG_2101_convert_20190722140910.jpg
注文した一部です。美味しい。全国チェーンの小さなネタ、小さなシャリとはまったく別物の本物の鮨。これが回転ずしで食べれるのですから感謝です。

IMG_2102_convert_20190722140931.jpg
満足して、店を出ようとするとこのポスター。氷見といえば寒ブリ。また、ブリしゃぶを食べに来るかな。

お勧めです。

◎氷見きときと寿し 氷見本店
☎ 0766-91-5114
富山県氷見市上泉65
営業時間 11:00~21:00
日曜営業
定休日 年中無休

2019.7.20「群馬県水上の荒川の清流でラフティング 諏訪峡」

「群馬県水上の荒川の清流でラフティング 諏訪峡」

東京から移住先の飯山に帰る途中、群馬県の湯の里 水上に立ち寄りました。水上を流れる荒川の清流沿いに散策しました。道の駅「水紀行館」に車を置けば、もう、目の前は散策路です。散策路沿いには湯の町らしい足湯もあり、散策につかれた足を癒せます。流れの速い清流では、昔は鮎釣りの太公望がたくさん押しは寄せ、リゾートマンションまで建ったようですが、今や、様変わりし、流れのはやい変化に富んだ渓谷「諏訪峡」をめぐるラフティングですっかりアユも影をひそめてしまい太公望も来なくなり、リゾートマンションも空き室が増えているようです。自然の保護とレジャーの両立はなかなか厳しいようでした。
しかし、ラフティングには多くの歓声が湧いていました。

IMG_2333_convert_20190722101055.jpg


IMG_2334_convert_20190722101220.jpg
向こうに見える大きなマンションは空き室が目立ちます。バブル期の太公望の夢跡かな。

IMG_2338_convert_20190722101328.jpg
マスのつかみ取り池。たくさんの家族の歓声が上がっていました。

IMG_2340_convert_20190722101558.jpg

IMG_2339_convert_20190722101354.jpg

IMG_2341_convert_20190722101700.jpg
ラフティングのボートが次々と急流を下ってきました。飯山でも千曲川で行われていますが、川の流れの速さ、複雑さでこちらの方がスリルがあります。

IMG_2342_convert_20190722102040.jpg
道の駅の遊歩道沿いに「足湯」がありました。

◎道の駅「水紀行館」
群馬県利根郡みなかみ町湯原1681-1
☎ 0278-72-1425
営業時間 9:00~17:00
定休日 【道の駅】11月~6月の第2第4火曜日 【水族館】第4火曜日
IMG_2343_convert_20190722102143.jpg

◎諏訪峡(じゃらん)
水上には利根川沿いに5つの溪谷があるが、このうちの一番下流部が諏訪峡である。清流が水しぶきをあげて巨岩の間を走り、滝となり落ちてゆく。谷川岳を望む笹笛橋付近の景観は絶景だ。溪谷沿いの遊歩道は約1時間のコース。現在は諏訪峡大橋から下流側が通行止めになっています。

IMG_2332_convert_20190722100802.jpg

2019.7.22「千曲川の水量が減少 東電西大滝ダムの故障」

「千曲川の水量が減少 東電西大滝ダムの故障」


長野県飯山の家の前を流れる千曲川の水量が例年に比べ、春先から少なくなっているのが気がかりだったが、やっと、その理由が判明した。当家のある集落から4キロ下流の西大滝集落にある東京電力西大滝ダムの水力発電用の水路に水がありません。
どうやら、発電をするための水を流していないようです。考えられるのは発電をしていない。どこかに故障があるのでしょうか?
そのため、ダムは貯水せずに下流に水を流し放しにしているためダムの上流の水の量が減っているようです。ダムの近くの千曲川は普段は水の下の地形が見えているようです。

IMG_2026_convert_20190723063842.jpg
ダムで貯水した水をダム脇の水路から地下トンネルを用いて21キロ先の信濃川発電所まで運び発電をする仕組み。

IMG_2021_convert_20190723063604.jpg
ダムの水の取入口

IMG_2023_convert_20190723063632.jpg
取入口から地下トンネルにいたる水路はそこが見えています。水が取り入れられていません。

IMG_2029_convert_20190723064016.jpg
取入口の堰の向こうに見えるのが西大滝ダム。

IMG_2018_convert_20190723063400.jpg
西大滝ダムの水門もすべてオープンになってます。千曲川の水はダムにせき止められることなく、下流に。

◎西大滝ダム(ウィキペディア)
所在地 長野県飯山市大字照岡字三十苅
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 14.2 m 堤頂長 115.0 m 流域面積 7,020.0 km² 有効貯水容量 777,000 m³
事業主体 東京電力
発電所名 信濃川発電所
着手年/竣工年 1936年/1939年
西大滝ダム(にしおおたきダム)は、長野県飯山市と下高井郡野沢温泉村との境、信濃川水系千曲川(長野県内における信濃川の呼称)に建設されたダム。高さ14.2メートルの重力式コンクリートダム(堰)で、東京電力の発電用ダムである。同社の水力発電所・信濃川発電所[1]に送水し、最大17万7,000キロワットの電力を発生する

IMG_2028_convert_20190723063937.jpg

2019.7.18「はるちゃんの米作り五年目⑨  中干し」

「はるちゃんの米作り5年目⑨  中干し」

田植え後、目安で40日ぐらいたつと田圃からいったん水を落とす「中干し」をします。これをしっかりとやることで、倒伏させず、目標収量を確保して、良品質の米が実る稲を作ることとなります。

今年は梅雨も長く、おまけに梅雨寒む、さらに水管理に失敗したこともあり、「弐の田圃」の入水口付近の稲の生育がかなり遅れている中での「中干」となりました。7月24日から晴れ間が終日広がるようになりましたが。

IMG_2377_convert_20190727062702.jpg

IMG_2378_convert_20190727062723.jpg

IMG_2380_convert_20190727062808.jpg
「壱の田圃」

IMG_2285_convert_20190727063244.jpg

IMG_2279_convert_20190727063134.jpg
「弐の田圃」。下の写真は入水口付近。底抜け田圃で比較的常時水を入水させているため、入口付近の稲は常に冷たい水にさらされて生育が良くない。

2週間ほど中干して7月30日に水入れしました。コンバインで稲刈りをするなら、しっかり、干しますが、私は手狩りなので多少ぬかるんでも稲刈りできるので、水入れを早めにしました。

◎中干し
〇目的と効果
(1)水を切ることにより生育を抑え、茎数過多を防ぎます。葉の垂れを防ぎ、光が株内によく入るようにします。また、下位節間の伸長を抑え、倒伏しにくい稲に仕上げます。
(2)土壌中に酸素を供給し、還元状態で生成される有害成分(二価鉄、硫化水素、有機酸)を除去して、根を活性化させます。
(3)機械作業に適した土壌硬度を確保します。この時期に一度しっかり干すことで、収穫直前の落水でも容易に田面が硬くなり、機械作業がスムーズに行えます。
〇手順
・中干しの開始
一般には、田植えから40 日程すると中干しの時期です。
正確には、田に入って中庸(どちらにも偏らないほどよいこと)な生育の地点で茎数を数え、2葉以上ある茎が平均して20 本になったら中干しを開始します。
・中干しの程度
(1)茎数の多い、葉色の濃い、排水の悪い、粘土質の田は、土面に1~2cm の割れ目が出来るまで干しこのままの状態を保ちます。極端に乾いて日中葉が巻くようであれば、いったん走り水をして再び干し、これを繰り返します。
(2)茎数の少ない、葉色の淡い、水保ちの悪い、砂質土の田には、土面に細かい割れ目が現れるまで干し、間断潅水を繰り返します。
・中干しの終了
中干し期間は一般に2週間程度を標準としますが、生育の寂しい稲は期間が短く、過繁茂生育の稲は長く行います。以上のようにして、中干し終了後に1株20 本の太い茎を残すことを目標に水管理を調節します。
出穂の25 日前以降の水不足は穂の生育に影響が出るので、遅くともこの時期には中干しを終了して入水します。
一度に湛水状態にすると、酸化状態にあった根が、急激な酸素不足により根腐れする場合があるので2~3回走り水をした後満水とする。
・中干し後の水管理
幼穂形成期から穂揃い期までは浅水管理、穂揃い期以降は7~10 日浅水管理後、1~2日落水管理の間断潅水が理想です。

間断潅水とは、田面に軽い亀裂が生じるまで干した後、入水および自然落水を繰り返すこと。これにより根に酸素供給し稲体の活力を保持させる。

2018.4.24「ドイツ ミュンヘン市内観光⑨ ミュンヘン近郊バスツアーに参加」

「ドイツ ミュンヘン市内観光⑨ ミュンヘン近郊バスツアーに参加」

ドイツ旅行は主な交通機関のチケットはすべて日本でネットで手配。同様に、近郊の町巡りは地元の旅行会社のツアーを日本で予約。homeページは日本語なので現地でやるよりは楽。ミュンヘンではドイツアルプスの麓の町フュッセンや美しい城で有名なノインシュヴァイン城、世界遺産のヴィース教会をめぐるツアーに参加。
当日の朝の集合が心配だったが日本人ガイドということもあり、日本人が14人参加。ガイドは畑田さんという中年女性。グッド。
ガイドからはガイドブックに載っていない、在独者ならではの裏話をたくさん聞けるので現地ガイドツアーは1日は組み込むことをお勧めします。
集合場所のミュンヘン中央駅に7:45に集合し、観光バスでスタートするツアー。やはり、いろいろな観光地を巡るのは現地ツアー会社を利用するのが便利です。

IMG_1519_convert_20190729194248.jpg

IMG_1522_(1)_convert_20190729194435.jpg
スティ先からミュンヘン中央駅に到着。7:45AMにミュンヘン中央駅構内のスタ-バックス前に集合。

IMG_1521_convert_20190729194416.jpg

IMG_1524_convert_20190729194647.jpg
集合場所のスターバックスを確認して、時間があるのでウィンドショッピングや駅をバックに写真を撮ったりして過ごしました。

IMG_1526_convert_20190729194913.jpg

IMG_1525_(1)_convert_20190729194754.jpg
集合時間になると旅行会社の案内板を持ったガイドが参りました。日本人らしい人が集まります。全員日本人らしく、気が楽になりました。

IMG_1527_(1)_convert_20190729194940.jpg
大型バスに移動して、ガイドツアーがスタートしました。時間通り。さすが、几帳面なドイツ。まずは、世界遺産のヴィース教会に。

◎参加ツアー
集合 ミュンヘン中央駅 スターバックス前 7:45
参加費 89ユーロ(約12120円)

ミュンヘン中央駅7:54発-ヴィース教会9:30( 30分滞在)-ノインシュヴァイン城10:00(3時間滞在)-昼食13:05(55紛滞在)-フュッセン
15:00(2時間滞在)-ミュンヘン中央駅18:30



2019.7.28「はるちゃん的野菜づくり じゃがいも5回目 収穫」

「はるちゃん的野菜づくり じゃがいも5回目 収穫」

春霜もないと思われる5月の最初の日に春ジャガイモを植えました。4月中旬に事前に石灰と鶏糞と自前の草木灰をすきこんでおきました。3年前の「インカの目覚め」で失敗、2年前の「キタアカリ」でも早すぎた植え付けで霜にあたり、再び失敗。一昨年は品種も基本的な「男爵」にして、そこそこの収穫。昨年は、「男爵」中心に「きたあかり」を植え、段ボール4箱分の収穫をあげましたが、そうか病による川面にぽつぽつが出たものが男爵に多く、収量的には満足のものの、できには満足できず。今年は5回目。さすがに失敗は許されない中で、そうか病対策の殺菌剤も頭をよぎりましたが無農薬栽培のため、施しませんでした。品種は「男爵」と「きたむかい」を植え付けました。

○5月1日 土づくり、肥料の鋤きこみ
今年はドイツから娘が帰国したため、4月末まで畑の作業ができないので、本来なら、石灰の鋤きこみ、肥料のすきこみは同時に実施しました。肥料は冬の雪が降るまでに作った自家製の草木灰と鶏糞を播いて鋤きこみます。どうやら、野菜には即効性のある鶏糞の方が良いようです。

IMG_0899_convert_20190727165426.jpg
耕運機で冬の間の豪雪で硬くなった畑を耕し、石灰と肥料をまきます。

○5月10日 種芋づくり
IMG_0917_convert_20190727165505.jpg
今年も昨年に引き続き、定番男爵を使用。しかし、試みに「北むかい」という種類も10個ほど植えました。

IMG_0923_convert_20190727170755.jpg

IMG_0924_convert_20190727170825.jpg
半分に縦に切って、腐らないように「草木灰」を塗りますが、昨年に続いて「ジャガイモシリカ」を使用します。目的は腐敗発症抑止・発芽発根促進・根圏土壌改善・強健旺盛な生育のため。

IMG_0920_convert_20190727170303.jpg
幅100センチの畝立てし、マルチをしいて、30センチの間隔で穴を開けました。

IMG_0925_convert_20190727170909.jpg
種芋を一つずつ植えていきます。10センチぐらい掘り起して、切り口を下にして植えます。今年は昨年の倍以上の個の種芋を植えました。うち、「きたむかい」が10個。

〇5月20日
男爵、きたむかいの植付けから10日あまりで、まず、「きたむかい」が発芽し、全体に発芽が始まりました。最終的に男爵は個のうち48個が発芽。きたむかいは 2個しか発芽せず、掘り起こすと種芋は腐っていました。

IMG_1138_convert_20190727175219.jpg
きたむかいの発芽から始まり、少しずつ、全体に広がりました。

IMG_2257_convert_20180528014458.jpg

○6月8日
本来なら、わき芽かきをする必要があるが、今年はわき芽をかかずに栽培してみます。ふつうはそのまま放置しておくと収穫時にイモが小さくなります。ふつうは芽は1株2本を残して、他はかき取ります。わき芽を欠いたあと土盛りと追肥をしますがこれもしません。実はすっかり忘れてました。

IMG_1510_convert_20190727180038.jpg

IMG_1511_convert_20190727183439.jpg
きたむかいの花のつぼみができました。

〇6月20日
IMG_1793_convert_20190727184354.jpg
男爵は順調に育ちます。花も咲き始めました。

〇6月26日
IMG_1868_convert_20190728073740.jpg
男爵の花がほとんど咲きました。

〇7月5日
IMG_2055_convert_20190728074200.jpg
男爵は花がすべて落ちました。

IMG_2056_convert_20190728074234.jpg
きたむかいは花が落ちて、葉が黄色くなりつつあります。

〇7月22日
IMG_2385_convert_20190728074716.jpg
きたむかいは収穫適期ですが、雨続きで収穫を控えています。2日ほど晴天が続いた後が収穫とするのがベストです。ここはがまん。しかし、あまり、放置すると腐ってしまいます。

〇7月26日
IMG_2385_convert_20190728074716.jpg

IMG_2446_convert_20190728075218.jpg

IMG_2445_convert_20190728075139.jpg
きたむかいを掘り出します。10個の種芋で2個しか発芽しませんでしたが、掘り出すと脇芽とり、土盛りをさぼった割には大きな芋が出てきました。しかし、穴あきや表面がかじられたような傷のある芋も多く、殺虫剤をまかない無農薬栽培の難しさを感じます。
穴が開いたのはケラ、表面がかじられたようなのは地ネズミと思われます。きたむかいはひどく、10個の種芋のうち2個しか発芽しなかったのは種芋を食べられたせいではと確信しました。

〇7月27日
IMG_2444_convert_20190728075029.jpg
男爵は地ネズミやケラの食害はほとんどなかったですが、一気に掘り起こすことにしました。台風5号の接近による大雨が夜半からふるということも判断基準となりました。

IMG_2456_convert_20190728080134.jpg

IMG_2453_convert_20190728075634.jpg

IMG_2457_convert_20190728080212.jpg

IMG_2459_convert_20190728080249.jpg
男爵は食害も少なく、大きく美しいジャガイモが取れました。保存のために新聞紙で包んで保存します。今年の収穫は段ボール3箱分。5年目にして、食害あるものの、大きさ、美しさ、量で満足できる結果を得ました。

◎じゃがいもの育て方(JA京都のホームページ参照)
●ジャガイモ栽培のポイント
(1)連作に注意しましょう。
(2)種イモは、毎年必ず更新しましょう。
(3)芽かき作業を必ず行いましょう。
(4)土寄せ作業を行い、うねを高くしましょう。
●畑の準備
ジャガイモは2~3回の連作は行えますが、段々とイモが小さくなり、それと同時にソウカ病の発生が増加しますので注意が必要です。 植え付けの1か月前までに深く耕し、1平方メートル当たりたい肥3キロ、苦土石灰100グラムを土と良く混和します。植え付け1週間前に有機化成肥料150グラムを施し、1条植えであれば幅90センチ、2条植えであれば幅110センチのうねを立てます。

<参考>虫害被害防止であればネキリ虫や穴が大きければケラ。植え付け前にダイアジノン粒剤を混和するのが効果的。表面の食害はねずみの可能性。


●種イモの準備
 種イモは、一片が30~40グラム程度になるように、芽が多く付いている方を上にして縦にイモを切ります。
●植え付け
植え付け間隔は30センチ程度とし、種イモの切り口が乾いてから切り口を下にして植え付けます。
●わき芽かき
植え付けから1か月ぐらいで芽が3~4本出てきます。そのまま放置しておくと収穫時にイモが小さくなってしまいますので、芽は1株2本とします。生育の良い芽を選び、残す芽を残して、他はかき取ります。
●追肥・土寄せ
芽かき作業を行った後、うねの肩に化成肥料を1平方メートル当たり30グラム追肥します。その後、鍬などで株元へ軽く土寄せを行います。ジャガイモは種イモより上に付くので、2回の追肥・土寄せでうねをできるだけ高くします。土寄せが不十分だと、イモが露出して緑色になる原因となります。
半培土:地面に芽がでてから7日~10日ころに5~6?の厚さに土を寄せる。
本培土:半培土後10日目に5~6?の厚さの土を寄せる
●収穫
茎や葉が黄色くなったら収穫可能
植え付けから約3ヶ月(90-100日頃)後が目安。
晴天が2~3日続き土が乾いた日を選んで収穫。
雨の日の収穫は、イモが水分を含んでしまいイモの表面も傷つきやすくなり
腐敗の原因にもなるので避けます。

●常温の保存方法
ジャガイモは冷蔵保存には適していない野菜の1つで、常温保存が最も適していると言われています。

・常温保存のポイント

1. ジャガイモを一つひとつ新聞紙に包みます
2. ジャガイモは湿気を嫌いますので、風通しの良い冷暗所に置きます

もし、一つひとつ新聞紙で包むのが手間な場合は、新聞紙を敷きつめた箱で保存するようにしましょう。また、4~5個くらいまとめて新聞紙に包むことも可能です。なお、新聞紙に湿気を含んできたら、新聞紙を変えます。また、土が付いている状態だと湿気を呼び込んでしまうので、保存する際はよく土をはらいます。
・光を防ぐ方法
ジャガイモに光が当たると、光合成をして皮が緑色になる「緑化」が進んでしまいます。箱に入れて保存する場合は、上から新聞紙を被せたり、穴をあけた黒いビニール袋を被せておきましょう。光を遮断するために何かを被せる時は、風通しを塞がないように気をつけましょう。


2019.7.「田舎の食堂らしい 津南の食堂 ぽぱい」

「田舎の食堂らしい 津南の食堂 ぽぱい」

長野県の北端の豪雪地 飯山市に移住して、ちょっとしたものを買いに行くにも20キロほど走らないとスーバーもhomeセンターもありません。飯山市中心街でも新潟県津南町もほぼ同じ距離です。本日は津南町のスポーツジムに行ったついでに買い物。ちょうど、昼時ということで国道117号線沿いにあった食堂に入ってみることに。「ぽぱい」。黄色いはでな看板で目立ちます。ただし、店は普通の食堂。メニューも弁当形式のものが多く、ちょっとがっかり。味も量も田舎風。リピートは難しいかな。もちろん、まずくはありませんよ。しかし、田舎の定食屋さんは何でこんなに量が多いのかな?量を減らして、価格を下げてくれればコスパ良しとなるのになあ。一緒に行った愉快な仲間はだいたい残します。その結果、私が食品ロス回避のために食べるため、
ジムに通ってもなかなか痩せません。

IMG_2010_convert_20190723062358.jpg

IMG_2011_convert_20190723062904.jpg
店内は小上がりとテーブル席。

IMG_2012_convert_20190723062949jpg” border=”0” width=”500” height=”375
価格はちょっと高め。量は多い。

IMG_2013_convert_20190723063006.jpg
香の物は自由にお取りくださいコーナーで。飲物は、コーヒー、アイスコーヒー、ウーロン茶などはセルフ。

IMG_2014_convert_20190723063038.jpg
私は「ぽぱい重」。900円。この焼肉の味付けは食欲を刺激。白身魚、コロッケ、スバゲティは定番。いただけませんなぁ。

IMG_2017_convert_20190723063130.jpg
愉快な仲間は「野菜炒め定食」。950円。高いなあ。バナナが特徴的やなあ。

◎ぽぱい
☎ 025-765-3458
新潟県中魚沼郡津南町正面丁229-1
営業時間 11:00~21:00
日曜営業
定休日 不定休

2019.7.30「はるちゃんの米作り5年目⑩ 水かけ、穂肥」

「はるちゃんの米作り5 年目⑩ 水かけ、穂肥」

2週間ほど中干して7月30日に水入れをしました。コンバインで稲刈りをするなら、しっかり、干しますが、私は手狩りなので多少ぬかるんでも稲刈りできるので、水入れを早めにしました。
間断かん水を2~3回繰り返し、もとの湛水状態に戻します。「間断かん水」とは、湛水と落水を数日ごとに繰り返す方法です。具体的には浅水程度に水を入れ、水が無くなってもすぐに水を入れず、1~2日待って再び浅水程度に水を入れます。
湛水状態に戻した後は、出穂1週間前頃まで浅水管理を続けます。

また、同時に「穂肥」をします。穂肥(ほごえ)は、穂の籾を充実させることを目的とした肥料で、撒くタイミングが大切です。 本来であれば、稲を割ってみるて、出来かけの穂があれば、このタイミングで施します。 この穂が退化するのを防ぎ、稲の活力を高めて登熟を良くするために、穂肥を施します。出穂した稲がない状態で、穂肥を1反の田圃に2.5キロほど播きました。穂肥のタイミングによっては食味を悪くしてしまいますので一番迷うところです。

IMG_2497_convert_20190804200120.jpg

IMG_2499_convert_20190804200838.jpg

IMG_2498_convert_20190804200712.jpg
田圃にこの時期入ると稲の根を傷めるので畦から福わうちの要領で播きます。特に、成長が遅れていたり、廃炉が悪いところに。


IMG_2502_convert_20190804201005.jpg

IMG_2500_convert_20190804200904.jpg

IMG_2501_convert_20190804200934.jpg
「壱の田圃」。中干の状態と稲の葉色を確認して、水入れを決断。

IMG_2503_convert_20190804201043.jpg

IMG_2504_convert_20190804201115.jpg
「弐の田圃」。成長が遅れていた水入口の稲もかなり成長してきました。こちらも水入れします。

ここからは水管理が大事です。幼穂形成期から穂揃い期までは浅水管理、穂揃い期以降は7~10 日浅水管理後、1~2日落水管理の間断潅水をします。

IMG_2560_convert_20190804203511.jpg
8月1日に二三本の稲に出穂を確認しました。

<参考>穂肥のタイミング 2017年
DSC_0626_convert_20160730092811.jpg
稲を一本取ります。

DSC_0627_convert_20160730092840.jpg

DSC_0629_convert_20160730092921.jpg
根本のほうからカッターで表面をこそげ落とします。

DSC_0631_convert_20160730093000.jpg
茎を割ってみるとすでに稲ができています。出穂した稲も見受けられましたが、穂肥を2年ぶりにすることとしました。成長の良いところは少なめに、成長が悪いところは多めにまきます。

いよいよ、はるちゃんの5回目の稲作も佳境となりました。

◎中干し後の水管理(クボタホームページ)
幼穂形成期から穂揃い期までは浅水管理、穂揃い期以降は7~10 日浅水管理後、1~2日落水管理の間断潅水が理想です。
間断潅水とは、田面に軽い亀裂が生じるまで干した後、入水および自然落水を繰り返すこと。これにより根に酸素供給し稲体の活力を保持させる。

◎穂肥(クボタホームページ)
穂肥(ほごえ)は、穂の籾を充実させることを目的とした肥料で、出穂(しゅっすい)直前に散布します。早く散布しすぎますと、肥料が稲の茎や葉に効いて、徒長することになります。そうなると、穂の籾に実(=お米)が入らなくなります。穂肥の散布は、タイミングが大切です。
出穂の25日前頃が幼穂形成期です。稲は葉を増やすのをやめて、茎の中で、籾の集合体である穂を作ります。稲を割ってみると、出来かけの穂があります。穂肥はこのタイミングで施します。 この穂が退化するのを防ぎ、稲の活力を高めて登熟を良くするために、穂肥を施します。
撒き方は、 この時期、田んぼには入ると稲を傷めるので、穂肥は畦から散布します。撒き過ぎは、禁物です。撒き過ぎると、やはり茎や葉に肥料が効きすぎ、徒長して倒伏(とうふく)の原因にもなります。倒伏すると収穫量も減りますし、品質も低下します。


2019.7.29「新ジャガイモで作る ビールのおつまみ 塩のりじゃがいも揚げ」

「新ジャガイモで作る ビールのおつまみ 塩のりじゃがいも揚げ」

新ジャガイモを収穫した、翌日に小芋で塩海苔りじゃがいも揚げを作ってみました。


材料  新ジャガイモの小芋
     青のり           好み
     塩             好み


①新じゃがいも。掘り出して、すぐの新じゃがいも。無農薬。

IMG_2460_convert_20190729070938.jpg

②新じゃがいもを半分に切る

IMG_2461_convert_20190729071006.jpg


③耐熱ボールに入れて、電子レンジで600ワット10分加熱しました。

IMG_2463_convert_20190729071158.jpg

④フライパンにサラダ油を大匙2杯を入れて、素揚げ状にしました。

IMG_2465_convert_20190729071425.jpg

⑤素揚げした新じゃんがいもをボールに入れて、青のり、塩を好みでいれてかき混ぜる。

IMG_2466_convert_20190729071447.jpg

塩のりじゃがいも揚げができました。調理時間20分ほど、ビールによく合います。夏のおつまみに最適。

IMG_2467_convert_20190729071516.jpg

<参考>新ジャガイモの栽培は拙ブログの「はるちゃん的野菜づくり じゃがいも5回目 収穫」もご参考に。

2019.7.4「スポーツジム併設の温泉 クアハウス 津南 Ⅱ」

「スポーツジム併設の温泉 クアハウス 津南 Ⅱ」

長野県飯山市の豪雪の地に移住してから、冬は除雪以外は屋内にいることも多く、運動不足による体重増加に悩んでいたら、血糖値が上昇し、糖尿病と診断されてしまった。これは大変と東京では10年通い続けたスポーツジムに行こうと飯山市のジムを探すと皆無。20000人都市にスポーツジムがないとは・・・・・。
長野県では隣の中野市にあるが古民家から片道30キロもあります。新潟県で探すと古民家から片道20キロの津南町に「クアハウス津南」を発見。源泉かけ流しの温泉に温泉プール、スポーツジム等が併設と最高の施設。早速、行ってみました。
「ビジターのスポーツジム・温泉利用 1200円。プールと温泉利用 1000円。」の利用料金です。日帰り温泉と思えば格安です。
大変満足な施設で、即、会員になることにしました。お勧めです。

ちょっと、遠いので週一回のジム通いですが、運動後のクアハウスは最高です。


また、津南町は町民の健康増進に施設を上手に活用していて、町内の集落ごとに高齢者のプールでの健康指導やな梅雨隅には小学生にはプールを無料開放など、行政の町民支援の姿勢に拍手です。
長野県飯山市にも同じ豪雪地。こんな施設を作ってほしいものです。

IMG_8313_convert_20190205221927.jpg

IMG_8290_convert_20190205221950.jpg
田舎ならではの敷地面積の大きい2階建ての建物です。

IMG_8307_convert_20190205222512.jpg
温泉の入口はジムの更衣室と同じです。

IMG_8295_convert_20190205222203.jpg
ロッカーがたくさん並んでいます。ここで、更衣して、スイミングやジョグ等をやる人と温泉に入る人が交差します。

IMG_8311_convert_20190205222532.jpg

IMG_8312_convert_20190205222553.jpg
温泉は源泉かけ流しの内湯のみ。洗い場が多く、アメニティーもそろっています。

クアハウスには、打たせ湯、寝湯、気泡湯、ドゴール湯、ジェットバス、サウナ等々、いろんな種類のお風呂がそろい、温泉浴のプログラムも整備されています。

IMG_1998_convert_20190729101007.jpg

IMG_1995_convert_20190729100650.jpg
クアハウス内。いろいろなお風呂があります。

IMG_1997_convert_20190729100729.jpg
寝湯、気泡湯

IMG_2001_convert_20190729102538.jpg
サウナ

IMG_2005_convert_20190729102921.jpg

IMG_2002_convert_20190729102619.jpg
暑い時に身体を冷ます場所。緑が広がり気持ちよい。


○クアハウス津南温泉
泉  質 単純温泉(弱アルカリ性低張性温泉)
泉  温 36.4℃
湧出地 新潟県中魚沼郡津南町大字芦ヶ崎乙203-7
湧出量 500ℓ/分
知覚  ほとんど無色透明、無味、微粒化水素臭
ph   8.0 
源泉かけ流し

加水 なし
加温 している
循環ろ過 源泉かけ流し プールは循環
入浴剤  なし

<併設施設>

IMG_8291_convert_20190205222102.jpg
温水プール、ジャグジー等の風呂

IMG_8293_convert_20190205222131.jpg
クライミング施設

IMG_8298_convert_20190205222225.jpg

IMG_8303_convert_20190205222343.jpg

IMG_8305_convert_20190205222422.jpg
有酸素運動マシーン、筋肉トレーニングマシーンは一通りあります。ただし、腹筋系のマシーンがないのが不思議。

IMG_8299_convert_20190205222313.jpg

IMG_8306_convert_20190205222444.jpg
早速、体験してみました。筋肉マシーンすべてを1セット10回で2セット。ジョギングマシーン 45分、ウォーキングマシーン20分で汗びっしょりとなりました。

久々に良い汗をかきました。即、会員になることに決めました。往復34キロあるので週1回となりますが、回数券会員は50枚12000円でジムと温泉利用で券2枚=480円。日帰り温泉に来たと思えば安い。

運動不足の方にはお勧めです。

◎クアハウス津南
新潟県中魚沼郡津南町大字芦ヶ崎乙203
交通アクセス
●JR飯山線「越後田中駅」より徒歩で10分
●関越自動車道「塩沢石打IC」または「越後川口IC」より車で約50分
駐車場
●普通車:200台(無料)
営業時間
●営業時間:10時~21時
※冬季12月~2月は、20時閉館
●定休日:水曜日(祝日の場合は営業、翌日休業)
料金
【日帰り入浴料金】
●大人:500円
●子ども:300円

水着を着用し、男女が一緒に楽しむ温泉利用施設。
温水プールでは水中運動、水泳教室などをはじめ、本格的な健康増進プログラムを体験することができます。バーデゾーンでは、うたせ湯、寝湯、サウナ、スチームサウナ、トゴール湯など10種類のお風呂が楽しめます。その他にも、トレーニングジム、クライミング体験、バランスボールなど、健康プログラムが多彩です。
2012年8月にリニューアルし、シャワー室に水着不要の内風呂が新たに設置されました。運動して汗をかいた後は、内風呂にゆっくりと浸かってみてはいかがでしょうか。

2018.4.24「ドイツ ミュンヘン観光⑩ 世界遺産 ヴィース教会」

「ドイツ ミュンヘン観光⑩ 世界遺産 ヴィース教会」

ドイツアルプスの麓の町フュッセンや美しい城で有名なノインシュヴァイン城、世界遺産のヴィース教会をめぐる現地観光会社のツアーにミュンヘンで参加。ツアーは日本人ガイドで、日本人が14人参加。ミュンヘン中央駅に集合後。大型バスで、まずは世界遺産のヴィース巡礼教会に。ガイドは畑田さんという中年女性。
ガイドからはガイドブックに載っていない、在独者ならではの裏話をたくさん聞けるのでうれしい。
まずは、ドイツアルペン街道を世界遺産のヴィース巡礼教会を目指します。ミュンヘンから1時間半ほどで到着しました。

IMG_1535_(1)_convert_20190729225905.jpg

IMG_1537_convert_20190729230111.jpg
バスを降りて、橋を渡ると広大な野原の小高い丘に白亜の教会が見えました。その美しさに感動。

DSC_0752_convert_20190730061448.jpg

DSC_0754_(1)_convert_20190730061911.jpg

DSC_0755_(1)_convert_20190730062017.jpg
教会の周辺には牛が草を食み、お花畑が美しい。

DSC_0732_(1)_convert_20190730053408.jpg
いよいよ、教会に入ります。

DSC_0749_(1)_convert_20190730054254.jpg
室内はロココ様式の傑作といわれるにふさわしい素晴らしいもの。絶句。中央祭壇には涙を流したという伝説のある鞭打たれるキリスト像。

DSC_0742_convert_20190730054045.jpg
祭壇から入口の方を観ます。立派なパイプオルガン。1757年に製造されたもので、天井画とパイプオルガンの装飾の美しさは欧州随一といわれているそう。

DSC_0734_(1)_convert_20190730074153.jpg

DSC_0735_convert_20190730053748.jpg
最後の審判のための玉座の左側に表現されている天使。この天使、上部はフレスコ画ですが、左脚はスタッコ装飾。

DSC_0736_convert_20190730053840.jpg
天上を見上げるとフラスコ画。天井は平なのに、絵の効果で丸天井に見えます。「天から降ってきた宝石」とも称えられるほどで美しい。誰も座っていない椅子と閉ざされた永遠の門。イエスキリストが座っていないので、最後の審判が終わっていないことがわかります。善行を積めば天国への扉が開くという意味らしい。

DSC_0737_convert_20190730100038.jpg

DSC_0748_(1)_convert_20190730054134.jpg
中央祭壇の鞭打たれるキリスト像が738年6月14日に涙を流した。これを「ヴィースの奇跡」と呼び、この噂は瞬く間に広まり、人々が押し寄せたそう。


DSC_0739_(1)_convert_20190730054001.jpg
祭壇横の礼拝所

DSC_0738_convert_20190730053922.jpg
キリストの誕生画

DSC_0750_(1)_convert_20190730054450.jpg
教会の前にあるお土産屋の前に像。この建物は教会の設計者が住んでいたもの。

DSC_0758_(1)_convert_20190730062309.jpg
その荘厳さと美しさに感動しつつ、バスに戻ります。もっと、じっくりいたかった。30分では少ないなあ。

◎ヴィースの巡礼教会(Wieskirche)(ウィキペディア)
ドイツバイエルン州南部、ヴィース(行政上はシュタインガーデン)にあるキリスト教教会。1745年から1754年にかけてヨハン・バプティストとドミニクス・ツィンマーマンによって建てられた。内装のロココ装飾によって著名。シュタインガーデンはフュッセンの近郊に位置する自治体。 外観は牧場の中に建つ、非常に質素な教会だが、ロココ様式の内部の装飾はヨーロッパ随一と言われており、特にその天井画は「天から降ってきた宝石」とも讃えられている。ロマンティック街道、ドイツ・アルペン街道の観光スポットの一つとなっている。

◎参加ツアー
集合 ミュンヘン中央駅 スターバックス前 7:45
参加費 89ユーロ(約12120円)
 ミュンヘン中央駅7:54発-ヴィース教会9:30( 30分滞在)-ノインシュヴァイン城10:00(3時間滞在)-昼食13:05(55紛滞在)-フュッセン15:00(2時間滞在)-ミュンヘン中央駅18:30


プロフィール

はるちゃん

Author:はるちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者の方
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR